あなたにとってとても大切な自己愛について



こんばんは♡

今日は、自己愛の大切さについて

お話ししたいと思います。

 

いつも

自己愛性人格障害の特徴について

できるだけわかりやすく

記事を書いているのですが、

今日は、自己愛性人格障害の人が

異常にこだわっている自己愛について

考えてみたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人と

被害者の大きな違いは

自分への自己愛の

大きさの違いにあると思います。

 

本当は、自己愛性人格障害の人も

本来自尊心がまったくない為に

自分には

生きる価値がないと思い込んでいて

それが世の中の人々にバレてしまうと

世間から

受け入れてもらえないと考えています。

 

だから

自分に価値がないことが

世の中の人にバレる事を

極端に恐れていて

その恐怖から逃れるために

自分には価値がある!と

極端に強く思い込まないと

辛くて生きていけません。

 

そのため、

自分にも周りの人にも

自分が尊大な存在だと思われるように

振る舞い続けていますが、

本当にそういう人物だというわけではないので

必死で

立派な人間を

演じ続けることは

本当はとても大変なのです。

 

そのため、自分でも

とても寛大な自分を演じたり、

有能な人間を演じたり、

尊大な存在だと思われるよう必死なので

結果的に

とても自己愛の高い人間だと

思われることが多いのですが、

本当は作り物だと

バレることを非常に恐れています。

 

一方、

自己愛性人格障害の

被害者になるような人もまた

その育った環境により、

親や周りの人間たちから

そのままの自分を認めてもらえず、

育ってきたので

自己愛は非常に低いです。

 

つまり本来、自己愛性人格障害の人と

被害者になるような人は

両方とも自己愛はないのです。

 

ですが、被害者になるような人は

そんな価値の無い自分を

周りの人から認めてもらうために

相手のために

気づかれないように

必死で自分を差し出して

尽くし続け、

そんな自分を認めてもらおうとします。

 

どちらも

自己愛が本当になく

そのことが原因で

それを隠そうとして

本来の自分を捨てて

極端に人格者に見せるために

振る舞い続ける自己愛性人格障害と

自己愛がまったくないために

自分には価値がないと思い込んで

相手のために必死で尽くし続けて

自分を認めてもらおうとする被害者は

特徴が

まったく逆になってしまいました。

 

ところが

最後の最後で本当のところは

自尊心がないとはいえ、

最後までそのままの自分で

あり続けようとした人が被害者になり、

また、自己愛性人格障害の人は

自尊心がないそんな自分を恥じていて

それを必死で隠しながら

尊大な自分を演じ続け

必死で他人よりも上に立とうとすることで

自分には価値がないことを

隠そうとするのです。

 

ですが、その場その場で

1番都合がいいように振る舞うために

言うことがコロコロ変わるので

周りから見たら立派な人物に見えるのですが、

その場の状況に応じて

自分をコロコロと変えることのできる

自己愛性人格障害の人は

本当の自分というものを捨てています。

 

お互いに自尊心がない2人ですが、

本当の極限のところでは

被害者の方が、

最後まで自分を持っているのです。

 

そして、最後まで

自分を捨てずに自分のまま

相手に必死で尽くす被害者の方が

本当に惨めな存在にされ、

自分を捨てて

尊大な自分を演じ続ける

自己愛性人格障害の人が

周りの人からは

本当の人格者だと思われてしまうことが

多いのです。

 

本当に皮肉な話だと思いませんか?

 

それほどまでに大切な自己愛ですが、

本来、

本当に自己愛の高い人間は

自分に自信を持っているため堂々としていて

わざわざ周りの人から惨めな存在を作り出し、

それを眺めるなんて

そんな行為はしないのです。

 

周りの人を気にしている暇はないほど

自分に夢中で

自分のやりたい事をやっているだけで満足ですので

周りの人をコントロールしようなんて

思わないのです。

 

 

この本来、

本当に自己愛をもっている人間と

自己愛性人格障害の

区別が付かない人は

大勢おみえになるのです。

 

ですが、両方とも

本来、大切にするべきは

自分を大切に扱い、

自分に自信を持って

自分の思った通りに行動することができる

自信と確信です。

 

つまり、自分を大切に扱う

自己愛がないことから

こんな複雑なことに巻き込まれるのです。

 

周りの環境や幼い頃の育った環境により

自分には価値がないと思っている両者ですが、

本当はそんなことはないのです。

 

貧乏な人と裕福な人の違いは

いかに自己愛を持っているかです。

 

そう言った意味では、

自己愛性人格障害の人も裕福な人も多いのですが、

本来はない自己愛を

自分には価値がないと

バレたくないがために

必死で隠そうとするので

常に自己を大きく見せている

自己愛性人格障害の人は

その恐怖心から必死で逃れるために

極端に肥大した自己愛を

持っているのです。

 

そのため、有能に見せたり、

魅力的に振る舞うことで

周りをコントロールすることで

本当に有能な人だと思われたり、

また必死で自分を

よく見せるために

極端な努力をするために

本当に仕事ができるようになる人も

自己愛性人格障害の人の中には

大勢いるのです。

 

一方、相手に思い切り合わせて

相手に尽くすことで

自分を認めて貰おうとする被害者は

相手に合わせることに

必死で自分を殺してしまっています。

 

つまり、自己愛性人格障害の人は

他の人がどうでもよくなるくらい

極端な自己愛を持っているのに比べて

被害者になるような人は

共感力が高く、

相手に認めてもらおうとするために

相手のことばかりを考え、

自分のことなどどうでもいいのです。

 

自己愛性人格障害の人とは真逆で

まったく自己愛をもっていないと言えます。

 

つまり、あなたがもし、

自己愛性人格障害の人の

被害に遭いやすいと感じるのなら

変えるべきは相手ではなく

あなた自身が自分を大切に扱い、

自分に対して敬意をはらい、

自分を大切にする自己愛を持つことが

大事なのです。

 

Tiaraの恋愛相談を見ていても

相手のことばかりに気を取られている

被害者の方が大勢お見えになります。

 

自分の話はあまり出てこず、

あの人は

どういう思いでこんなことをしたのだろう?

あの人は、本当はどうしたかったんだろう?

わたしがあの人を

傷つけてしまったから

こんなことになってしまったのではないか?

全て自分が悪く、

相手の気持ちを汲み取ろうとする

相談ばかりなのです。

 

そんな人たちが、離婚をネタに脅され、

職場を追いやられ、

所属しているコミュニティから外され、

誰にも話を聞いてもらえず、

被害者なのに

まるで加害者のような言われ方をして

拒否されている人たちが大勢いるのです。

 

あなたは反省するべきではありません。

 

本当のことはあなたにしかわかりません。

 

おかしいと感じるなら

それはあなたの心が

感じていることなのです。

 

どうして自分を信じてあげないのですか?

 

どうして

辛い目にあっているのはあなたなのに

あなたが反省ばかりするのですか?

 

あなたは自分を

どんなふうに扱っているのですか?

 

あなたが自分を

どんなふうに扱うかで

周りの人たちが

あなたをどんなふうに扱うかが決まります。

 

あなた自身が1番

あなたを信頼してあげていないのです。

 

あなたの心はもうすでに

悲鳴をあげているのです。

 

そこまであなたが苦しんでいるのは

天からのあなたへの

愛のメッセージなんですよね。

 

あなたが

自分を大切に扱っていないことに

気づきなさいって。

 

そんなに苦しい思いをしているのに

まだ相手の気持ちばかりが

気になるのですか?

 

その人はあなたを

大切に扱ってくれていますか?

 

あなたは本来もっと

大切にされるべき存在なのです。

 

あなたにないものはあなた自身を大切にする

自己愛です。

 

自己愛性人格障害の記事を書いておきながら

1番大切にするべきは

あなたの自己愛なのです。

 

自己愛が大きければ大きいほど

あなたは安心します。

安心して自分に自信を持つことができると

他人のことが気にならなくなります。

 

Tiaraもこの勉強をするまでは

他人の目が気になって仕方がない人間でした。

 

自分に自信がなく、

自分の意見に自信を持つことができず、

まず周りの意見を聞いてからでないと

安心して行動をすることが

できませんでした。

 

でも、今は、

いっさい人に聞くことはありません。

 

だって、人は人を操作するために

いかにももっともらしいことを言って

Tiaraを

コントロールしようとする人もいますし、

その人の意見も

正しいかどうかなんてわからないのです。

 

今は、他人に聞くことなく、

自分でなんでも判断することが

できるようになりました。

 

その人がTiaraをコントロールしようとして

言っていることなのか、

それともほんとうに

Tiaraを思って言ってくれていることなのか、

それとも、本当に

その人の意見や考え方なのかも

話していればだいたい分かるように

なりました。

 

話していて相手が笑っていても

愛想良くしていても

親切にしていても

その中身が真実なのかは

すぐに分かるようになりました。

 

 

だからTiaraは

そのひと本来の自分で話してくれる人としか、

コミニュケーションは取りません。

 

世の中全ての人と

上手くやる必要なんてないのです。

 

だいたい、

すべての人とうまくやるなんて不可能です。

 

 

あの人は周りの人とうまくやっている、

とみえる人でも

本当は仲の悪い人がいることや

その人のことを支持していない人がいることは

分かるようになりました。

 

すべての人とうまくやれる人なんていません。

 

もしそう見える人がいたら

その人は明らかに不自然で

周りをコントロールしようとしていることが

わかるのです。

 

その人の影で息を潜めて見つからないように

苦しそうにしている被害者が

必ずそばにいます。

 

Tiaraはそれを見逃しません。

 

その人を犠牲に

自分だけがうまくやろうとするなんて

人間ではないですよね?

 

だからすぐに分かるのです。

 

そしてそういう人はそれが

周りにバレることを恐れているので

Tiaraが見ていることに気付くと

顔を真っ赤にして

それまで偉そうにしていたくせに

急に近づいてこなくなります。

 

そうやって自己愛性人格障害の人は

Tiaraから自然に離れていき、

近づいてくることがなくなるので

Tiaraが自分の感覚で

この人は大丈夫と思う自分と波動の似た人や

裏表や損得で

Tiaraと付き合っている訳ではないとわかる人は

安心して話すので

どんどん仲が良くなっていくし、

自己愛性人格障害の人は

どんどんTiaraから離れていきます。

 

そうなることによって

自然とトラブルがなくなり、

楽に付き合える人間同士が

仲良くなっていくのです。

 

Tiaraと仲良くなった人をコントロールして

その人を無視したり、その人の意見にだけ

返事をしなかったり、

その人にだけ挨拶をしない、

ということもする人もみえますが、

そうなった場合に

Tiaraと距離をおいた方がいいんじゃないかと

恐怖を感じだす人は

被害者になっていきます。

 

Tiaraはできるだけ

その人に被害が及ばないように

自己愛性人格障害の人のみていないところで

親切にしますが、

それでも怖がる人は自尊心が低いのです。

 

逆に攻撃されても

まったく気付かず

素のままに振る舞うことができる人は

自己肯定感が高く、

自尊心を持っていますので堂々としています。

 

つまり、強い自己愛を持っているのです。

 

自己愛性人格障害の人も慣れないと

この自尊心を持っている人と

見分けがつかない人もいるのですが、

必ず、人を攻撃する要素を持っていますので

しばらくつきあうと

すぐにわかるようになります。

 

あなたには自己愛が足りません。

 

この断固たる自己愛を

もっているかもっていないかで

その人の不安定さが大きく変わるのです。

 

人は誰でも生まれてきた時点で

価値をもって生まれてきています。

 

それは誰にも変わらないのです。

 

あなたには価値がないと思っている人は

自己愛性人格障害の人も被害者も同じです。

 

両方とも価値のある存在なのです。

 

自己愛性人格障害の人も本当は

他人を潰すことで

自分を大きく見せようとしなくても

キラキラ光る魂の塊なのです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください