実はあなたが気づいていない、自己愛性人格障害の被害に遭いやすい人の考え方のくせ



こんにちは♡

今日は、あなたが気づいていない

自己愛性人格障害の被害に

遭いやすいひとの

考え方のくせについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の被害に遭いやすい人は

自分で自分を守ることができません。

 

それはなぜかと言うと

自分に自信がないからです。

 

幼い頃からの癖で

あなたを褒めてくれる人よりも

自分を非難する人の意見にこそ

耳を傾けてしまっていませんか?

 

自分に自信がなく、

せっかくあなたを褒めてくれる人がいても

素直に受け取れない、

なんか恥ずかしくて非難された方が

何となく安心してしまう気持ちがないか

改めて自分に聞いてみてください。

 

自己愛性人格障害の人も

自己愛性人格障害の被害に遭いやすい人も

何らかの理由で、幼い頃に

本当の自分を認めてもらえないまま

育てられて

何となく自分に自信が持てません。

 

否定されて育ったり、

または習い事や勉強など

かなりのいい成績をおさめても、

なかなか認めてもらえない家庭で育っていたり、

両親の仲が悪く

その両親を何とか仲直りさせようと

必死になっていた人

または、両親のどちらかが

もう片方をモラハラしているところを見てきて

何とか助けようと必死になってきて

自分のことどころでは無かった人など

育った環境はそれぞれですが、

何らかの理由でそのままの自分を

のびのびと認められる環境で

育って来ていない人が

自己愛性人格障害か

もしくはその被害者として育ちます。

 

同じ環境で育った二人が

そこから逃げるためにモラハラ側に着いたか

最後まで自分を捨てず何とか正義を保ったまま

育ったかによって加害者か被害者に別れます。

 

最後まで共感力を失わなかった人が

被害者になるわけですが、

どこかお互いの気持ちがわかってしまうふたりが、

皮肉にも

被害者と加害者になったりします。

 

最後まで共感力を失わなかった被害者が

何となく

自己愛性人格障害の人の苦しみを

わかってしまうのはそのためです。

 

ところが、

その後の人生は皮肉なもので

被害者の方がどんどん落ちぶれていってしまいます。

 

その違いは、

自分が苦しすぎることに耐えられない

自己愛性人格障害の人は

自己愛を極端に肥大させることによって

人からの賞賛を求めて

尊大な自分を演じ続けることとは反対に

被害者になるような人は

全ての責任は自分にあると考えてしまい、

自分が悪いと自分を責め続けます。

 

あなたが自分が悪いのではないかと

悩み続けたり

気に入ってもらうためには

どうしたら良いのか?

と深く悩むことによって

その思いを強めてフォーカスしてしまっています。

 

あなたが強く思えば思うほど

その思いはその思いを現実にして

あなたの目の前に広がってしまいます。

 

あなたの願いは叶ってしまうのです。

 

あなたが心配になればなるほど

あなたの状況は

どんどん悪くなっていきます。

 

あなたはあなたの考えで

自分を創造しているのです。

 

嫌な思いを外そうと思っても

自己愛性人格障害の被害者は

あなたが悪いという状況を

自己愛性人格障害の人に作られてしまうので

それを弾き飛ばすことは

なかなか難しいと思います。

 

ですが、もし、あなたが自分を信じていれば

自己愛性人格障害の人が

一人でやっていることになるので

自己愛性人格障害の人がやっていることが

逆に浮き彫りになっていきます。

 

逆にあなたが動揺すればするほど

周りから見たらあなたの方が

おかしく見えてしまうのです。

 

すると何が悪いのかというと

あなた自身の不安がどんどん大きくなり、

本当にあなたの状況が悪くなってしまうのです。

 

だからそもそも

自己愛性人格障害の人のそばにいることは

危険なのですが、

それでもあなたが

自分を信じて堂々としていたり、

あなたがウキウキすることにフォーカスして

そのことに集中していると

あなたの周りでは

あなたがフォーカスしているワクワクの方が

大きくなっていくのです。

 

周りで起きていることは

あなたにはまったく関係がないのです。

 

だから他人のしていることに

気持ちを向けることを

いっさいやめることです。

 

これが他人軸で生きていると

他人のすることが気になり、

他人から褒めてもらうこと

他人から認めてもらうこと

他人にいい人だと思ってもらうことに

フォーカスしていると

あなたの周りの他人に振り回されてしまうのです。

 

あなたの周りにいる人が

いい人ばかりならそれでもいいのですが

あなたを陥れようとしている人や

あなたに活躍してもらっては困る人

あなたが人から好かれることを

許さない人たちが、あなたの周りにいる場合は

あなたの共感力の高さを利用して

あなたを振り回すことができるのです。

 

他人にひどいことをして

普通の顔をしていたり

いい人のふりをしていられる人間を

相手にしてはいけません。

 

まともに相手にしてはいけないのです。

 

でも、あなたさえ自分を信じていれば

あなたが信じること

あなたがやりたいこと

あなたがワクワクすることだけに

フォーカスして生きていると

あなたの目の前にその現実が現れるのです。

 

他人のすることには目を向けないでください。

 

その人がすることは

あなたには一切関係がないんですよね。

 

恨んだりする必要もありません。

 

その人たちは

その人たちで自分がしたことは

必ず自分に返ってくるようになっているのです。

 

その人たちがしていることも

きちんとその波動が出ていて

必ず本人に同じようなことが

返ってくるようになってるんですね。

 

逆にあなたが恨みを持ったり

その人たちのことを考えて

暗い気持ちにずっとなっていると

その波動があなたの体から出てしまい、

あなたにその波動が返ってきてしまいます。

 

あなたが今まで

自己愛性人格障害の人に振り回されて来たのは

あなたが他人の気持ちばかりを優先したり

気にしたりするからです。

 

他人がすることは

あなたには関係がないのに

あなたがそれを重視することによって

あなたの目の前の人生が

他人が出したいやな波動を

あなたまで出すことになってしまうのです。

 

あなたは自分を信じてください。

 

極端なことを言えば、

あなたは、自分が信じること

自分がワクワクすることのみを

やればいいのです。

 

そのために

あなたの心のセンサーのいうことを

よーく聞いてみてください。

 

大切なことほど

他人に相談してはいけません。

 

あなたの心によーく聞いてみるのです。

 

あなたの心がじわーとあったかくなることなら

やってみてOKのサインです。

 

逆に、あなたの心がざわついたり

いやーな気持ちがすることは

進んではいけません。

 

あなたは自分を信じることです。

 

あなたのために動いてくれる人は

あなたしかいないのです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください