自己愛性人格障害のひとには本当のあなたを見せてはいけない

こんにちは♡

今日は自己愛性人格障害の人は

自分をよく見せることで

周りの人を信用させてしまう

ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人は

実にコスパ良く

自分を良く見せています。

 

そのため

ターゲットに酷いことをしていることが

とても分かりにくいのですが、

そばでみていても

なかなか証拠が見当たらいことが

分かります。

 

普通の人の感覚として

ひどいことをする人は

怖い顔をしていたり

ひどいことを言っていたり

悪いことを隠しているような

素振りが見えると思うのですが、

自己愛性人格障害の人は

罪悪感がまったくないために

ひどいことをしていても

爽やかに

とてもいい人で

い続けることができるのです。

 

感じの良い話し方をやめようとはせず、

分かっていると少し演技じみているほど

周りの人に親切に爽やかに見えるような

話し方をしています。

 

たまに人をディスる時もありますが

抑えきれない怒りが爆発する時以外は

とても穏やかで

しかも癖がなく

裏表のない感じの良い話し方をしていて

とても酷いことをするようには見えません。

 

やり方としては

被害者を孤立させるかのように

その存在を無視して

それ以外の人にだけ

聞こえるように

爽やかに、たまに悪い言葉も口にしながらも

なにも考えていないからこそ

言っちゃったけど本当のことだもん、

とばかりに

屈託なく人の欠点を上手にアピールします。

 

あ、ごめんね、

つい言っちゃったけど

あなたも迷惑してるよね、

でもわかってあげようよ、

とばかりに

自分のことは良く見せて、

その被害者を

うまい具合にカッコ悪くみせることができます。

 

周りにいる

自己愛性人格障害の人を信用した人は

言い方きついところもあるけど

本当のことだもんね、

と自己愛性人格障害の人の気持ちを

わかってあげようとするので

言われているターゲットは

どんどん無価値化されていきます。

 

自己愛性人格障害という病気を知らなければ

自己愛性人格障害の人は

裏表のない爽やかな人で悪い人じゃない、

という印象を持ちます。

 

しかし、気づいてみると

常に自分を良く見せるような言動を繰り返し、

自分のミスは

仕方ないじゃない、とばかりに軽く

受け流してしまいます。

 

周りにいる人も

誰だってミスはするよね、

と自己愛性人格障害の人に同意をすることで

その攻撃がやりやすいようにしてしまうので

どんどん被害は大きくなってしまいます。

 

一番怖いのは

周りにいる人たちが信用してしまうことで

被害者に

同情しにくい環境を作ってしまうのです。

 

自己愛性人格障害の対処法のやり方としては

自己愛の人の言っていることに

賛同しないことから始まりますが

そこに敵対心がでてしまうと

あなたがターゲットにされてしまうので

敵対心は

見せないようにしなければなりません。

 

できるだけNoとは言わずに

ただ賛同しない事をやり続けるのです。

 

お手本はあなたが対象にしている

自己愛性人格障害の人のやり方をマネます。

 

マネると言っても

あなたが自己愛性人格障害に

なるわけではありません。

 

自己愛性人格障害の人は

何もしていない人に徹底的に

攻撃し、その攻撃を止めることなく

続けて行くことで

だんだんと被害者が

周りの人から信用されなくしていき

被害者の声が

周りの人に届きにくい環境を作ってしまいますが

あなたは何もしていない人に

するわけではありません。

 

そうすることで

自己愛性人格障害の人が

あなたがどんな人間か分からないようにし

あなたが攻撃をしても

反撃してこない人間か分からないようにするのです。

 

自己愛性人格障害の人は

その相手がじぶんよりも弱い人間か

または優しすぎる人間で

大抵のことは許してくれる平和主義の人だと

確信できた時しか

攻撃を仕掛けてきません。

 

だからあなたがどんな人間かわからないうちは

自分の魅力を見せつけて

信用することしかしません。

 

誰が見ても、誰も警戒しないような

優しすぎる人や弱い人には

初めから攻撃的な態度をとって来たり

舐めた感じで軽く扱う場合がありますが、

そうでない場合は

わかるまでは親切にしていることが多いのです。

 

自己愛性人格障害の人は

普段はとてもそんな風には見えないのですが

普通の人よりもとても臆病で

極端に人から嫌われる事から

極度に怯えています。

 

だからまだ出会って間もないうちは

あなたがどんな人間か分からないので

自分がひどいところを絶対に見せません。

 

ところが相手が弱い人間だとわかると

途端に態度を豹変させて来る場合が多いのです。

 

仕事などでは自分よりも有能な人間の前では

おとなしくとても従順ですが、

まだ入ったばかりの何も分からない新人や

自分よりも能力が低いとみなした人間には

その部分で勝手に戦いを挑んでくるのです。

 

また、被害者に仲間が多いうちは

周りの人にも全て攻撃をしてしまうと

自分がひどい人間だと周りにバレてしまうので

被害者が1人になるまで周りをコントロールしながら

被害者が周りから信用されなくなってから

攻撃を仕掛けてくるのです。

 

なので被害者が

他の人と話しているだけでも

恐怖を感じてしまいますので

被害者が話す人や

被害者と仲がいいひとにほど

被害者を嫌うようにコントロールしていきます。

 

だからできるだけ自己愛性人格障害の人の前では

あなたが誰と仲良くしているか

知られないようにしてください。

 

自己愛性人格障害の人を

信用してしまった人たちは

自己愛性人格障害の人と

よく話をしますから

自分のこと持っているものを

自己愛性人格障害の人に後から

盗られることになります。

 

自己愛性人格障害の人は

普段は裏表の無い

とても爽やかな人物に見せていますので

とてもそんなふうには見えないので

信頼してしまう人もとても多いのです。

 

今はあなたは被害に遭っていないとしても

あなたが自己愛性人格障害の人と仲良くすることで

共感能力が極端にない

自己愛性人格障害の人は

あなたの持ち物は全て

自分のものだと思うようになります。

 

あなたの知識も、

あなたの友達も

あなたの仕事でさえ

自己愛性人格障害の人から見たら

自分がやるべきことで

あなたがしていることに

イライラして感情が抑えられなくなるのです。

 

初めのうちは仲良くしていても

仲良くしながら貴方の知識を聞き出していき

完コピのうまい自己愛性人格障害の人は

すぐにものにしていきます。

 

そしてあなたがしたことも全て

自分がしたことのように

話されてしまうのです。

 

あなたの友達は

あなたのことが好きで友達になったのに

あなたと一緒にいることで

その人に近づき

あなたの事を

時間をかけて無価値化していきながら

自分の魅力をアピールして

いくことがうまいので

いつの間にか

あなたは周りの人と

うまくいかなくなってしまいます。

そして、いつの間にかあなたのポジションは

自己愛性人格障害の人が

とることになっているのです。

 

自己愛性人格障害の人は

初めのうちはあなたと一緒にいたい

と思っているかもしれませんが

いつの間にか

あなたの持ち物を全て奪っていきます。

 

そしてあなたを無価値化して

全て奪ったあとに捨てるのです。

 

自己愛性人格障害の人も意識をせず

どうしてもそんな事をしてしまうので

自己愛性人格障害の人には

極力興味を持たれないように

気をつけてください。

 

また、被害者になりやすい

人のいい、他人を信じやすい人は

自分から近づかなくても

どうしても自己愛性人格障害の人に

好かれてしまいますので

自己愛性人格障害の人に

どんな人物だか

分からないように過ごすことが肝心です。

 

それには

自己愛性人格障害の対処法を身につけ

習慣化することで

あなたのものが

自己愛性人格障害の人に取られないように

用心しておくことが

あなたが生きやすくなる鍵となります。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください