自己愛性人格障害のひとの信頼性

こんにちは♡

今日は、久しぶりに

自己愛性人格障害のひとの

信頼性について

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

身近にいる逃げていく確率の低い人を

ターゲットにして

嫌がらせをしたり

自分の尊大さを見せつけてファンにし、

その人に評価されることによって

自分を価値のある存在に見せつけることが

とても上手です。

 

 

嫌がらせをしていることを

見破られないためにも

普段は、極端なほど

いい人にふるまっていて

驚くほど紳士的だったり、

品が良く淑女のようにふるまい

時に無邪気な面を見せたり、

子供っぽいところも見せたりして

相手を油断させます。

 

 

普通の人は

いちいちそんなことをしている人が

いるなんて

思いませんから

自己愛性人格障害のひとの評判は

とても良くいい人だと

思われている可能性も高いです。

 

 

ですが、長年同じ場所にいたり

長年同じ人とお付き合いをしていると

だんだんとばれていってしまうケースが多く

自己愛性人格障害のひとも

ばれて嫌われることを

普通の人よりも極端に恐れているので

その恐怖から

よりいい人に見せることに

極端に用意周到です。

 

ですが、その結果

周りから見た自己愛性人格障害の人は

周りの人を魅了していることがよくあります。

自己愛性人格障害の被害に遭いやすい人は

本当に素直な人が多く

本当に優しくて、

人のことを考えているので

逆にそんなことを考えたことすらなく

ありのままの自分でふるまっています。

 

ですが、ありのままの自分でいるだけでは

自己愛性人格障害のひとに

あなたの見え方をコントロールされることが

とても簡単になってしまうのです。

 

 

おまけにあなたは

周りの目をそれほど気にしていないので

自己愛性人格障害のひとに

あなたの評判を落とされたり

あなたが失敗ばかりしているような

人間に見せかけられていることに

気づかないことがとても多いので

気づいたら、

だれもあなたを信じてくれなくなっていた、

なんてことはよくあることなのです。

 

あなたがもし

自己愛性人格障害のひとのターゲットに

なりたくないのなら

自己愛性人格障害のひとの行動に

いち早く気づかなければなりません。

 

そして、できるだけ

自己愛性人格障害のひとに

あなたの弱みを見せない様に

気をつけなければならないのです。

 

自己愛医性人格障害のひとに

ターゲットにされてしまうと

きづいたら

身動きが取れなくなっています。

 

そして、なにもしていないのに

あなたの周りからの評判は落ち、

信頼を無くしてしまい

その場にいづらくなってしまっているのです。

 

そうなってしまうと最悪で

あなたの失敗も

あなたがやったはずではない失敗も

徹底的にすべて

あなたのせいにされます

 

すると

あなたは

自分がやった失敗ではないはずのものまで

あなたのせいだと思われて

周りの人から

白い目で見られることになるのです。

こうなってしまうと

あなたが違うと言っても信じてもらえなくなり

こうなってしまうと

もうあなたの印象を悪くすることは

とても簡単になります。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

周りの人をどんどん巻き込んでいき

あなたの評判を落としていくことで

自分はいい人だとアピールするとこが

簡単になるのです。

 

 

 

それを避けるためにも

あなたはどんな小さな失敗も

見せてはいけません。

 

天然で

なんでもあからさまに口にしてしまう人というのは

自分の失敗談を笑いにしてしまう、

という人も多いのですが

このやり方は

人から好かれる方法でもあるのですが

もし万が一、

周りに自己愛性人格障害のひとがいると

そこからあなたを引きづり下ろす

ヒントになってしまいます。

 

ところが、自己愛性人格障害のひともこの方法を時々使います。

 

 

自己愛性人格障害のひとの使い方は

明らかに計算で使っています。

 

自分の尊大さや有能さを見せつけて

周りを脅しながら自分怖さを認識させた後

わざと失敗して

「こんなこともあるよね?」と

ペロッと可愛く舌を出します。

 

 

こうすることで

自分も失敗してもそんなにうるさくない

さっぱりとした人間なんだ、と見せかけることができ

相手を安心させます。

 

 

この威嚇とかわいらしさを絶妙にミックスして

怖いけど悪い人じゃないよね?

周りの人に悪く思われすぎないよう

コントロールしていて

自分が本当に失敗してしまったときは

みんなが軽く許してくれるように

コントロールしています。

 

ですが、そこで安心していると

ターゲットが失敗してしまったときは

どんなに小さな失敗でも

(仮に失敗とは呼べないよな些細なことでも)

それによって大きく迷惑をかけられたと

大げさに悲しんでみたり、

辛そうにしてみたり、

はたまた、強く怒りを表したりして

周りの人があなたを良く思わないように

していきます。

 

なのでみんなが

自己愛性人格障害のひとに騙されていたとしても

あなたは

自己愛性人格障害のひとのそんなコントロールに

騙されないようにしてください。

 

あなたの失敗が本当に失敗なのか

自己愛性人格障害のひとの失敗が

本当に許されるべきものなのか

あなたの失敗とそんなに差があるのか、

それによって周りをコントロールするために

自己愛性人格障害の人だけが許されるように

冗談で受け流してごまかしていないか

判断するようにしてください。

 

それによってもしあなたの失敗が

自己愛性人格障害の人に

コントロールされているだけのものだと判断したら

あなたの罪悪感を感じることをやめてください。

 

そして同時に自己愛性人格障害の人が

ごまかしているだけだと知ったら

自分だけが最悪感を持つことをやめ

そして自己愛性人格障害の人が特別な人ではない

ということを知っていてほしいのです。

 

 

そして自己愛性人格障害の人は

有能な特別な人物ではなく

むしろ自尊心がまったくないがために

必死で自分以外の人を蹴落として

自分のほうが立派に見えるように

操作しているだけだと

気づいてほしいのです。

 

自己愛性人格障害の人には

共感力がまったくありませんので

あなたを蹴落としても

あなたをどんなに傷つけたとしても

罪悪感も人をかわいそうだとも全く思わない

優しい人ではないと

気づいてほしいのです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください