自己愛性人格障害のひとはあなたの行動をすべて無駄にする

こんにちは♡

今日は自己愛性人格障害は

あなたがした行動をすべて無駄にする、

ということについてお話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の被害に遭うような人は

人を信じ過ぎている傾向にあることが

多いです。

 

Tiaraも昔はそういう考え方でしたし、

その方がポジティブで

自分も前向きになれるし、

愛を向ければすべての人から

愛が返ってくる、

と無心に信じていたかもしれません。

 

今は自己愛性人格障害の人の心が

どのように動くのかが分かるので、

まだ事が起きていない前から

今後、

自己愛性人格障害のひとが

どのように動くのかが分かってしまうので

初めから、自己愛性人格障害のひとには

いっさい期待はしていません。

 

そうなってしまうのは脳の動き上、

自己愛性人格障害のひと本人も

どうしてもそうなってしまうので

仕方のない事だし、

自己愛性人格障害のひとを

恨んだり、憎んだり、

軽蔑したりすることはないのですが

自己愛性人格障害のひとに

いっさい期待をしないTiaraの方が

どうも冷たく見えるようです。

 

とはいえ、普通の人とは

普通に気持ちも向けるし、

むしろ、

普通の人と、自己愛性人格障害の人の違いが

明らかに分かるので、

安心して普通の人とは

普通に気持ちを向けるので

元々の共感力の高さから、

どうしても仲良くなってしまうようです。

 

こちらが気持ちを込めて相手のために動けば

返してくれる、とまではいかなくても

普通に感謝してもらえるし、

相手も

Tiaraのために動いてくれようと

しているのが分かるので

安心して心を込める事ができます。

 

多少、お互いに思い違いをしていて

機嫌が悪くなったり、

相手に対して、

どうしてそれを言ってくれなかったの?

と思うこともあるのですが、

相手のひともそのことをなんとなく気づいて

次からは言ってくれようとしてくれたり

しばらく変な雰囲気になり

距離を置いたりしても

すぐにお互いに

今度はうまくやろうとしている事が分かるので

すぐに関係性は戻っていきます。

 

この感覚は、

自己愛性人格障害でもあるので

勘違いしやすいのですが、

ポイントは、その後もわざわざ故意に

何度も何度も行き違いを起こすのが

自己愛性人格障害です。

 

普通の人は、大抵前回の経験で学んで

次からは関係をよくしようと努力します。

その結果、合わないならお互いに離れていくし

合わないものを

わざわざ引き戻そうとしないのが

普通の人です。

 

自己愛性人格障害の被害に遭いやすい人は

その人も

また人から強く求められることを望むので

自立した相手では

少し物足りない、

と感じてしまうかもしれません。

 

あなたがもし、そう感じてしまうのなら

あなたは

幼い頃の育ち方で

無償の愛情を与えられておらず

人から求められる事を

普通の人以上に強く求めるので

自分が必死に相手のために尽くすことで

相手に分かってもらおうとします。

 

ですが、あなたがもし

そんな気質を持っておられるのでしたら

相手が普通の人なら

そんなあなたを邪険に扱ったりしません。

 

自己愛性人格障害のひとは

極端に自分に尽くす相手を潰してこそ、

ようやく自分を認められるのです。

 

あなたが

彼のためにした行動でさえ

無駄にします。

 

あなたが彼のために尽くせば尽くすほど

その行動を潰すことに快感を覚えるので

あなた彼のために自分を犠牲にすればするほど

ひどい事をすると自己肯定感が上がるのです。

 

ですが、その自己肯定感も

すぐに消えて

また自分の存在価値を高めていないと

気が済みません。

 

自己愛の度合いが強ければ強いほど

その気持ちは長い時間保っている事ができず

またすぐに人の惨めな姿を見たいのです。

自己愛性人格障害のひとは

自分に価値があると

常に認めていないと気が済まないので

自分を嫌うような人物がいたり

一切自分の脅しに、動じない人がいると

普通の人よりも、極端に傷つくので

怖くてその人のそばにいられなくなります。

 

もしくは、自分を嫌っている人に

それは勘違いだよ、と思わせるために

人柄のいいところを必死で見せてくるので

あなたは

あれ?

こないだは

たまたま機嫌が悪かったのかな?

とか、

私の勘違いで、

この人は本当はいい人なのかも、

と思ってしまうかもしれません。

 

でもそれは違うのです。

 

自己愛性人格障害の人は

自分を認めるために

必死であなたに自分をいい人に見せ、

信じた人を安心して虐待できるまでに

育て上げます。

 

お金や生活の面倒を見たり

プレゼントをしてきたり

甘い言葉をかけてくるのも

自分から離れられないようにしてから

精神的に虐待するためです。

 

虐待とまでも酷いことをしないまでも

あなたが気づかないような

小さなことも何度も何度も無駄にして

あなたの気持ちを踏みにじります。

 

あなたが作ったご飯を無駄にする、とか

彼のためにやった行動を無駄にしたりして

あなたが気づかないように

ちょっとしたことでショックを与えて

それでも離れていかない

(もしくは離れていけない)あなたを見て

ちょっとだけ満足するのです。

こんなことをされるために

彼のそばにいたら

あなたの自尊心はどんどん下がっていき

酷いと自殺にまで追い込まれたりもします。

 

彼になんとか認めてもらおうと

あるいは彼に

なんとか許してもらおうとするのですが、

そもそも

あなたの意思を尊重されていない時点で

あなたは大切にされてはいないのです。

 

そんな

あなたを大事にしてくれない人のそばにいると

あなたはどんどん自分のしたことを

潰され、

あなたが彼のためにしたことですら

すべて無駄になります。

 

あなたの足を

引っ張る人をあなたのそばに置いていると

あなたは人生の大半を

無駄にしてしまうのです。

 

どんなに良く見えても、

自己愛性人格障害のひとは

あなたをつぶし、あなたの足を

積極的に引っ張って喜ぶので、

そんな人をそばにおいてはいけません。

 

どんなに素敵に見えても

どんなに有能に見えても

優しくされても

あなたに協力してくれたりしても

それはあなたの気を引きたいだけで

あなたを大切にするためではないのです。

 

全ては自分をよく見せるための道具で

周りの人とわきあいあいとやっているように見えても

それも本当に仲が良いわけではなく

あなたにいいな、と思わせたり、

または周りの人から

いい人だと思われるためにしているだけで

本当に楽しんでいるわけではないのです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください