自己愛性人格障害のひとは恋愛心理学を逆利用する

こんばんは♡

今日は恋愛心理学の盲点について

お話ししたいと思います。

 

男の人が理想の女性像として

尽くしてくれる子がいいな、とか

常にラインで

連絡を取ってくるような子は嫌だ、

もう少し信用してほしい、とか

相手の気持ちを思いやってくれる

優しい子がいいなとか

よく言うのですが、

自己愛性人格障害のひとは

この理想をうまく利用します。

 

 

自己愛性人格障害の被害に

遭うような女の子は

まさにこの男の理想を絵にかいたような

従順で何一つ文句を言わない、

相手の行動を

いちいち詮索しないような

女の子なのです。

 

相手の気持ちを思いやり、

少しおかしいな、

と思うようなことがあっても

許してしまったり

また、まったく疑わないような子も

います。

その結果、自己愛性人格障害の

被害に遭ってしまうのです。

 

 

ですが、それが

自己愛性人格障害の被害に遭うと

まったく真逆のことを

言われてしまったりします。

 

そして人は他人のことを

いちいち深く詮索したりしないので

彼女のほうがいちいち詮索してくる、

とか何もしていないのに

すぐに疑われるから嫌になったと言っても

それが簡単に信用されてしまい

被害者のほうが悪くとらえられてしまうのです。

 

 

被害者になるような人は

特に普通の人よりも

素直で疑うことを知らない

純真無垢な人が多いので

まさかそんな真逆のことを

いうひとがいるとは思わず

簡単に信用してしまい、

自分だけがひどい扱いを受けてしまうのです。

 

 

自己愛性人格障害までいかないとしても

自分の身を守るために

本当はありもしないことを言って

人を悪者にする人も

案外と多いものです。

 

人を信頼できることは

素晴らしいことなのですが

そのために自分がこれ以上ないくらい

悪者にされてしまうことも多いのです。

 

すべての人がそうだとは言いませんが

人から悪く思われている人の半分が

この人から悪く思われることを

極端に恐れている人が

本当は、自分ほうが

ひどいことをしたときの言い訳に

相手をありえないほど悪人に仕立て上げる人が

数多くいるので

まったくの善人が悪者になっていることも

多くあるのだと思います。

そしてそういった人ほど

信じられないほど

多くの人から嫌われてしまっていることも多いのです。

 

人の言うことを簡単に信用しすぎる人と

極端に臆病で自分だけは

嫌な思いをしたくないという

極端に悪く思われたくない臆病な人たちが

逆療法で

相手をコテンパンに悪者に

初めからしておくことで

もし自分がひどいことをしたのだとしても

相手は驚くほど従順な人なので

言うことはありませんし、

自己愛性人格障害のひとが

先に言ったことが

早い段階で浸透してしまっていて

被害者が気づいたときには

もう誰からも

信じられなくなっているのです。

 

そんなときに大騒ぎすれば

逆効果となり

さらに悪く思われることになるので

騒ぐこともできません。

 

 

できることはその場から

逃げることだけなのです。

 

あなたのいいところが

利用されるようなところは

あなたの方から自主的に離れてください。

 

それが

あなたが自分自身を守る

最も簡単で速い方法なのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

変わることがありません。

 

説得しようとしたり

分かってもらおうとすることは

あなたの状況を

さらに悪くする結果となるだけなのです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください