自己愛性人格障害の人と一緒にいてはいけないわけは?

こんばんは♡

早いもので

2017年に自己愛性人格障害の執筆を始めてから

もう、4年になります。

 

大好きな大好きな元彼が、

おかしいということに気づいてから、

こんなにもTiaraを捉えたテーマは

今までありませんでした。

 

幼い頃から多趣味で、一旦やりだすと

かなり長い間そのことについて取り組むので

好きなことはいろいろあるのですが、

いつも人間の精神には興味持ってきた気がします。

 

ですが、それがなんなのかまったく分からず

苦しんできたことが多い人生でしたが、

それ以外に夢中になれることがいっぱいあったので

案外幸せだったと感じます。

 

人から見たら、Tiaraはとてもポジティブだし、

パワーが溢れているように見えるようですが、

いったん人間関係がこじれると

そのことばかりに頭がいき、

まだこだわっているの?と友達に

あきられることがとても多かったと思います。

 

どうしても不思議でたまらなかったのは、

自己愛性人格障害の人たちだということが

とてもよく分かりました。

 

そして、残念なことに

Tiaraは自己愛性人格障害の人以外の人には

あまり興味を持っていなかったんだと思います。

 

あまりお互いに気にならない人。。

 

そんな人は、仲良くなることも少なく、

そして好きになることも恋人になることもありません。

 

Tiara自身が、自己愛性人格障害の人にとても惹かれ、

男性であっても女性であっても

あんな人と仲良くなれたらいいなあ、

と思って見てしまっていたと思います。



そしてまた、自己愛性人格障害の人も

Tiaraがとても気になるようで、

必ず向こうから近づいてきて、

Tiaraのことをチラチラ見たり、

なんとか話しかけようと必死になってきたりします。

 

これが、自己愛性人格障害の人からの好意に見えて

Tiara自身も喜んでしまっていたと思いますし、

自己愛性人格障害の人も自分の気持ちを

好きだと勘違いしていたのかもしれません。

 

ですが、それは幼いころからの育ち方で

人からどう思われているかが

異様に気になってしまうことと

喜んで自己愛性人格障害の人をみているTiaraをみて

この人なら自分のわがままをどこまでも聞いてくれる、

と思ってしまっていたのかもしれません。

 

それは一見幸せなことのようですが、

自己愛性人格障害の人は限度を知らず、

どんどん相手に要求していくので

被害者は、

相手に求められることをどんどんしてしまい、

それをだんだん当然のように思えてくる

自己愛性人格障害の人は

徐々にそれが当然のことのように思えてきて

どれだけ犠牲になってくれるかを

極限まで求めてしまい、

被害者をボロボロにしていくのです。

 

ですが、Tiaraの自己愛性人格障害の元彼は

Tiaraにひどいことをしてきた、

というイメージはありません。

 

むしろ、とても幸せでしたし、

一緒にいてとてもおもしろかったです。

自己愛性人格障害のブログを書いていますと、

Tiaraは

自己愛性人格障害の人が大嫌いで、

自己愛性人格障害の人は

とてもひどい人間だと思っている

と思う人がほとんどなのですが、

そうではありません。

 

ですが、やがて

自分でもそんな気はなくても

被害者が傷つくことに高揚し、

被害者が傷つくところを見ていたいという

衝動が抑えられなくなり

そしてそれがどんどん強くなってしまいますので、

Tiaraは1人でも多くの被害者の方を救い出すために

このサイトを止めることができません。

 

自己愛性人格障害の人とのお付き合いが

幸せに思えるのは、

自己愛性人格障害の人は

自分のことを異様に好きになってもらわないと

普通の人が

感じることがないほどの恐怖を感じてしまうので、

どうしても異様に優しくしてしまったり、

自分を魅力的に見せることを

抑えることができないのです。

 

それを見て

まだやっていける、と思ってしまいがちですが、

すべてを奪われたのちに

あなたの評判をガタ落ちにされ、

やってもいないことでその場から追いやられて

挙げ句の果てには自分が

1人ぼっちにしたあなたを

簡単に捨ててしまいます。

 

自己愛性人格障害の人と結婚をしている人もいますし、

現に別れていないカップルもいるのですが、

それは、幸せではなく、

被害者が多くの犠牲をはらって

ひどい目に遭いながらも

自己愛性人格障害の人から

離れていかないだけなのです。

 

例えば、

自己愛性人格障害の人の収入が必要だったり、

あるいは子供がいるため別れたくないからと

我慢をして知るケースも非常に多く見られます。

 

Tiaraも

自己愛性人格障害の人が嫌いなわけではなく

できれば、幸せになれるのなら

幸せになれるところをみてみたいと思っていますので、

どうしてもみてしまいます。

 

今は離れてしまった自己愛性人格障害の元彼が

幸せになれるかと重ねてしまうのです。

 

Tiaraは今、自己愛対策をしながら、

自己愛性人格障害の人を避けているので

何をされても

自己愛性人格障害の人がひとりでしている事になり、

実害はあまり受けません。

 

堂々と一貫して

自己愛性人格障害の人を避けているので

もし、自己愛性人格障害の人が

Tiaraの評判を落とそうとしても

まったく気になりませんし、

普通の人たちと

本物のコミニュケーションを取れていますので

もし、それを聞いた人たちも

ただ単に仲が悪いだけだと思うだけなので

一方的にTiaraが悪者になったりしません。

 

さらに言えば、

普通の人たちも

人から嫌われたくはない人の方が多いので

自己愛性人格障害の人の言うことを間に受けて

Tiaraを避けたりすれば、

Tiaraは一瞬でその人たちも一緒に断ち切るので

そんなTiaraの態度を見て、

自分だけはTiaraに好かれようと

普通に接してくるようになるので

結果、自己愛性人格障害の人が

ひとりでしている事になります。

 

逆に周りの人達と一緒に

自己愛性人格障害の人が

急にTiaraに溶け込もうとしても

Tiaraがいっさい受け付けませんので

周りの人達と

一緒に仲良くすることもできないので

自己愛性人格障害の人が困ってる様子を目にします。

 

ここで可哀想だなと思って受け入れてしまうと

今、せっかくTiaraが仲良くしているひとたちの信用を

落とすこともできてしまうので

絶対に受け入れたりはしません。


その人のことが嫌いなわけではありませんが、

そのあとどうなるかが分かってしまうのです。

 

自己愛性人格障害の人でも

どちらかというと惹きつけ行為を繰り返し

Tiaraに近づこうとしてくる自己愛性人格障害の人には

相手が普通にしている限りは

Tiaraも普通に接しますし、

普通に仲よく笑あったりもします。

 

ですが、少しでも変な動きをしたら

それと同時に一瞬で

Tiaraも拒否をすることができますし、

信用し切る事はありません。

 

こちらが信用しなければ、

自己愛性人格障害の人には

どうすることもできないのです。

 

多くの被害者が、

自己愛性人格障害の人に

気に入られたいと思っていますし

その気持ちを利用されて

精神的虐待をされますし、

周りの人もコントロールされてしまいます。

 

ですが、自己愛性人格障害の人に

無理に好かれたいと思わなければ

普通に仲の悪い人同士なのです。

 

自己愛性人格障害の人が

魅力的に見える理由の一つに

自己愛性人格障害の人を素敵に見せることに

協力してしまっている被害者を多く見かけます。

 

「本当に素敵な人なんです」とか

「私が悪いのは分かっています。」とか

自己愛性人格障害だと気づいていたとしても

「私じゃなきゃ彼を救うことはできないんです。」

と言って、被害を受けている人たちが

ほとんどなのです。

 

その人はあなたを本当に大事にしてくれているか

自分の気持ちに冷静になって考えてみてれば

わかると思います。

 

あなたが傷ついているかどうかを。

 

あなたを傷つける人に

寄り添おうとしてはいけません。

 

あなたに辛い思いをさせる人に

親切にして、好かれようとすればするほど

あなたはひどい立場に置かれていき、

やがてはその場にいられなくなります。

 

あなたに自然に接してくれて

あなたが身に覚えがないのに

急によそよそしくなった人と

無理矢理仲良くしようとしてはいけません。

 

誰とでもうまくやれるわけはないのです。

 

あなたに合わない相手とは

距離を置くことで被害も受けなくて済みます。

 

あなたと合う人とだけ付き合っていればいいのです。

 

それがあなたの恋人だったとしても。

あなたが不幸になる人とは

一緒にいてはいけないのです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください