自己愛性人格障害の人の子供の引寄せ方

こんばんは♡

久しぶりにブログを更新します。

今日は、自己愛性人格障害の旦那様に

子供を引き寄せられたときの対処法について

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害とは

自分の魅力を常に周囲に病的に魅せつけていないと

極端な恐怖心を持つ特徴を持ちます。

 

そのため、常に魅力的にふるまったり

親切にしたり、

自分の得意なことをして感謝されることを

極端にやめられないでいます。


そのため、とても魅力的に感じてしまう人や

とてもいい人だと思われているケースが

非常に多いです。

 

ですが、それはほんとうは

自己愛性人格障害の人が

育つ環境で

ありのままの自分を

受け入れてもらえなかったために

起きる現象なのですが、

魅力的に見える自己愛性人格障害の人を見て

そんなネガティブな思いがあるということに

気付ける人は

ほとんどいないでしょう。

 

そしてその非常にネガティブな感情から

自分以外の人間が

周りの人から称賛を得ていたり

上手くいっている姿に極端なやきもちを妬き

本当はそんなことはないのですが

自分の存在価値を危ぶまれると

勝手に思い込んだ自己愛性人格障害の人が

その称賛の対象となる人を

落し入れていくことは

日常的によくあることです。

 

そしてそれが、

たとえ自分の妻だったとしても

子供たちから好かれる母親を見ることは

耐えられず、

自分のほうが魅力的だと魅せつけたり

力やお金があると思わせて安心させたり

そして時には子供たちに

母親をバカにされるようなことを言って

笑いものにしたりするのですが

驚嘆に臆病な自己愛性人格障害の人は

自分がひどいことをしていると

ばれたくないがために

冗談めいた言い方をして

自分が悪く見えないように

妻を蹴落としたりします。

 

その結果、

子供たちが

自己愛性人格障害の人の妻を

軽く見るようになったり

父親についたりするケースも

よく見かけます。

 

いざ、自己愛性人格障害の人から

離れようとした妻が

自分から離れていかないようにするために

自分の魅力を魅せつける

自己愛性人格障害の人もいます。

 

つまり子供たちを自分の都合のいいように

コントロールされているわけですが

こんな時、

自己愛性人格障害の旦那様から離れたい妻が

子供たちと別れたくないために

旦那様と離婚することを

断念しようとすることがあります。

 

こんな時、考えてほしいのですが

子供たちを無理やり旦那様から

離そうと思っても

母親は余計に信頼を失うだけです。

 

ですが、自己愛性人格障害の人が

子供をコントロールしているということは

子供たちの脳にも

過剰なストレスがかかっている

と思われます。

 

父親の魅力的な部分を

本当に尊敬している

自己愛性人格障害の人の子供の場合は

引き離すことがなかなか難しいですが、

子供たちも父親からのコントロールに

ストレスを感じていた場合は

自覚無自覚を別にして

本当はどちらが自分のことを

思っていてくれているのか

本能では分かっているときも多いです。

 

ただ、自由に母親のところにいけないように

自己愛性人格障害の人が言葉巧みに

行動をコントロールしているだけなのです。

 

そんなときは

子供と話す機会を持ち

自己愛性人格障害の旦那様のいないところで

あなたがどんなに子供のことを思っているか

常に教えて上がるようにしてください。

 

あなたが

幼いころから子供に無償の愛情を

注ぎ続けていた場合は

ほとんどがあなたのことを

信頼してついてきてくれると思います。

 

それでも子供がどうしても

親の離婚を望んでいなくて

あなたについてこない、と感じた場合は

そのまま離れてみるのも

1つの手だと思います。

 

あなたが幼いころから

子供に愛情をかけてきている場合には

ほとんどの子供が母親の気持ちを

読んでくれると思います。

 

それでも、子供がついてくるか不安で

離婚できない人は

旦那様とい続けることで

子供にどんなメリットがあり

どんなデメリットがあるか

考えてみるといいでしょう。

 

子供が大きくなるまで離婚を待っていたら

子供はすっかり自己愛性人格障害の人に

精神を支配され

将来的に自己愛性人格障害になるか

被害者になるかの

どちらかになってしまうでしょう。

 

子供を危険にさらすということは

精神を支配されることです。

 

お金の問題なら

後から考えることができるので

子供の健全な成長を願うなら

できるだけ早く

自己愛性人格障害の人から

離れたほうがいいと思います。

 

その場で悩んでその場にい続けることは

環境を変える必要がないので

すぐにできることなのですが

(そのままでいればよい)

そのまま洗脳を受け続けることは

子供が将来的に健全に

育たなくなってしまうのです。

 

子供たちの前で自信を持って行動をすると

子供たちは安心します。

 

不安定な母親には

ついていけないのです。

 

子供は

自分の意思のない母親についていくことは

とても不安に思うのです。

 

まず、あなたが

自信満々でいる必要があります。

 

自己愛性人格障害の人から

モラハラを受けている被害者の方は

考える間もなく

家を出ることのほうが先決です。

 

あなたがあなたの意思を強く持つことです。

 

あなたが

あなたの意思を強く持つことが

最優先なのです。

 

あなたが自信を持つことで

子供に安心感を与えてあげましょう。

 

それからお金のことは考えましょう。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください