自己愛性人格障害の人の行動について

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の

行動についてお話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人は、

どうしても、ターゲットを決めて

自分の言うことを聞いてくれるような

安心できる存在に対して

ひどいことをしてしまいます。

 

ひどいことをして楽しむことが目的だというよりは

ひどいことをして、

自分よりも惨めな存在がいることを

目で見て確認しなければ

自分の存在価値がないと感じてしまう惨めな気持ちに

耐えることができないので

本当はそんなことはしたくないんだけど

どうしてもしてしまう、と言うのが

深層心理です。

 

そして、その

本当はそんなことはしたくない、

という気持ちも、

共感力からくる

相手が惨めな思いをして

かわいそうだと感じる気持ちは

共感力のない自己愛性人格障害の人にはありません。

だから、そうではなくて

自分がひどいことをする人間だと

自覚することにも耐えられないので

被害者の方が

そんな事をされても仕方の無い人間だから

と思い込むことで

自分がひどい事をしている責任感から

全力で逃げて楽になろうとしているだけです。

 

ですがまあ、そんなわけで

どうしても近くにいる人に

ひどいことをしてしまうわけですが

自己愛性人格障害の人がおかしいことに

どうしても気づく時期が来てしまいますので

被害者が逃げようとする時期は

割と当たり前のようにやってきます。

 

今回は、Tiaraも

自分から逃げたわけではありませんが、

部署移動をして1年ほど前に離れた上司と

今はまた、同じ部署で過ごしているのですが、

彼はTiaraが避けていたことを知っています。

 

以前の部署で

もちろんできるだけ関わらないように

していたのですが、

どうしても彼の方から

近づいてくることはよくありましたし、

いちお、付き合いが短いため

そんなに大きなトラブルはなかったのですが、

Tiaraがどうしても

自己愛性人格障害に気づいてしまうため、

付かず離れずの距離を保っていました。

 

頭がよく、仕事もできて

立場も会社の中ではわりと上の方にいます。

 

いくつかの部署を取りまとめる統括で

年齢も40代半ばでルックスも悪くなく

かわいらしい雰囲気も持っていて

語学も堪能です。

 

器用に立ち回り、女性のファンも多いですが、

Tiaraは仲良くしていないわけでは無いのですが、

いざと言うときに避ける傾向にありました。

 

普段はほとんど話さず、黙々と仕事をしながら

でも、上司に話しかけられた時や

話をしなければいけない場面では普通に話をし、

ですが飲み会のお誘いや、自分できめられる仕事の時は

なるべくこの上司と一緒になるのはさけ、

「どうしてきてくれないの?」と

膨れっ面をされたことは何度もありました。

 

自分でも流石におかしいと思うくらい

お断りをしていて

でも話す時は、にこやかにあっさりと

でも、どうしてもいけない理由を述べて

「ではまたの機会に」とニッコリと

立ち去るようにしていました。

あまりにTiaraへの近づき方に

変だと思っていた男性社員もいて

「あの人にとってTiaraさんはそういう存在です」

と笑いながら冗談っぽく

言ってくる人もいました。

 

その人は自己愛について

多少は理解していて

自分も

別の自己愛性人格障害の被害にあったようで

1年ほど休職をしていた人です。

 

今は復帰して、

Tiaraの以前いた部署で働いていますが、

そういう人には気をつけているようです。

 

自己愛性人格障害という病気まで

知っているわけではなさそうですが

ある程度、そういうことがあることは

理解しているようです。

 

以前の職場でこの男性が

上司がTiaraに近づくことを防御していたため

Tiaraに話しかけることが

難しくなってしまった上司がキレて

Tiaraに意味のわからないことで怒鳴り込んだことが

最後にありました。

 

これはTiaraの予想なのですが、

自分が部署を移動することになり、

最後にTiaraを引きつけたかったのに

引き付けれられなかったから

なんとかしようと必死になっていたので

それでも避けられてブチギレたんだと思います。

 

いくら自己愛性人格障害を知っているTiaraでも

この上司は元彼と非常によく似ているので

悲しかったのと怖かったのと

いろんな感情が入り混じり泣いてしまいました。

 

逆に自己愛性人格障害を知らなかったら

ただ単にびっくりしただけだと思います。

 

その日は、もう、明日から

違う部署に行くというのに

仕事が終わり、会社を出た後も

Tiaraの個人携帯に電話をかけてきて

「今日の勤務表きちんと入力した?」とか

どうでもいいことで電話をかけてきたりして

どうしてもTiaraを惹きつけたかったのが

とてもよくわかります。

 

そして1年後、移動のお誘いですから

ふつうなら断るのが

自己愛性人格障害としても対処法なのですが、

向こうにも自己愛性人格障害の女性がいたため、

その上司がいなくなってからは

その女性に苦労をしていたので

もううんざりしていて

たまたま1人だけではなく、

仲のよい男女がもう2人、行くことになったので

決心して、以前の上司のところに移動してきました。

 

彼は惹きつけ行為もあるので

恋愛ではありませんが、

Tiaraが元彼の時に一番勉強した

恋愛関係の自己愛対処が使えると思います。

 

現在、元上司と2ヶ月ほど

そばで仕事をしていますが、

割と距離を保ちながら仲良くできています。

 

直接この上司と一緒に仕事をする機会はなく

ですが、上司の承認をもらうときや

何かの申請の時にはこの上司を通さねばなりません。

 

以前の職場では

仕事も同じ関係の仕事をしていたのですが、

今回は転勤のお話があった時も

以前の部署の上司に

自己愛性人格障害の上司の

直属の部下は嫌だと伝えてあるので

間接的にしか関わらなくて済みますが

席は割と近くで

いつもTiaraの行動や誰と話しているのか

チェックをしているのがわかります。

 

今の部署は若い子が多く、

みんな仕事に燃えているので一生懸命仕事をしますし、

連絡も蜜に取り合い、

いつも話をして和気藹々とやっています。

 

お仕事はとても大変ですが、

とてもやりがいがあり、

以前の部署で

自己愛性人格障害の女性から

情報を遮断されてやっていたときよりは

よほどのびのびと仕事ができます。

 

残業も遅くまで続いていて

Tiaraも夜遅くまで会社にいるので

上司が気にして

「まだ帰らんの?流石に遅いぞ?」とか

「明日もあるんだから。。」とか

必死で帰そうとしてきますが

まだやることはあり、他の子達も残っているのに

Tiaraだけ帰そうとするのはおかしいです。

 

ただ、女性は8時ごろには

ほとんど帰ってしまいますので、

女性で残っているのはTiaraだけですし、

明らかにヤキモチを妬いているように見えます。

 

周りの子達もそう思っているようで

以前は「Tiaraさん、

こっち手伝ってもらっていいです?」とか

「今日は何時までできますか?」

と言って手伝ってもらおうとしていた男の子たちが

最近では

まだやらなけらばいけないことが

たくさんあるのに

「Tiaraさん、今日はここまででいいですよ?」とか

「大丈夫です。」と言ってきます。

 

ですが、「人が足りないけど

うちのチームにはもう人は入らんの?」とか

「限界。キツイ」などと話している様子も

たまに目にします。

 

隣の席の男の子は

明らかに元気がなくなってきているのが

よくわかりますし、

「大丈夫?」と言うと苦笑いで

「だんだん、意識が遠のいてきますね。」とか

「考えられなくなってくる。あはは。。」と

頼りなげに笑います。

 

「まだ残っても良いよ?」とか

「大変だったら何か手伝うから

声をかけてね?」と言うのですが

「だいじょうぶです。」と言います。

 

もしかしたらTiaraが帰った後、

上司に何か言われてるのかもしれないし、

この上司がTiaraに

「帰らんの?」とか言っているので

遠慮しているのかもしれないです。

 

Tiara的にも、手伝いたいし、

スキルもあがるし、バツイチなので

ここの会社は給料がいいことで有名なので

生活が潤うし、いい事づくめなのですが

適当に帰ります。

 

上司がTiaraのこだわっているようにも見えますし

気遣ってくれているようにも見えます。

 

ですが、この上司は自己愛性人格障害で

以前の職場でTiaraに避けられていたので

今は必死で自分の印象を

挽回させたいのだと思います。

 

それって好きな気持ちに反応が

とてもよく似ていますよね?

 

ですが、そうでは無いのです。

 

自分が嫌われたくない、と言う気持ちが

自尊心がまったくない自己愛性人格障害にとって

嫌われることは

極端におそろしいことなのです。

 

もちろん普通の人も人から嫌われることは

嫌だと思いますが、

自己愛性人格障害の人は

その次元ではありません。

 

普段、堂々としている姿からは

とても想像ができないのですが、

それがばれることも怖いので

完璧に隠しているからわからないのです。

 

自分が前の部署で、

最後に品のない

ヤクザのような声を出して脅してきたことで

Tiaraに嫌われているかがとても気になっています。

 

徐々に普通に話すようになってきているTiaraに

嬉しそうな態度を取ることもしばしばあります。

 

人目をはばからず、

嬉しそうな声を出してはしゃいでいるので

周りも多少引き気味ですが、

自己愛性人格障害は共感力がないので

そんなことはお構いなしです。

 

そんなところが、

自己愛性人格障害の人を子供っぽく見せ、

そしてそれをいいふうに受け取れば、

素直で純真な人、とも捉えられることがあるので

自己愛性人格障害の人が

人気がある理由にもなっています。

 

ですが、それを信用してしまい、

素直に受け止めてしまうと

こちらのことをお構いなしに蹴落としてくるので

後からとても怖い思いをします。

 

現在のその上司は

自分をいい人に見せようと必死で

穏やかに周りの人たちと談笑したり

仲良く話して楽しそうな雰囲気を醸し出していますが、

自分からはほとんど

Tiaraに近づいてきたりはしません。

 

まあ、仕事もなんとなく関わってはいるのですが、

ほとんど関わりはないので

直接の指示は出しにくい状況です。

 

とはいえ、同じチームの違う班、と言う感じなので

少し関わったり微妙な感じです。

 

いちお立場は上なので

Tiaraの様子や

周りの状況をうまいこと持っていき、

Tiaraたちの

チームに関わることにできる立場にあるので

徐々にこちらに近づいてきているのがわかります。

 

いちお、1人だけ彼より上の立場の上司がいますが、

年齢的にも自己愛性人格障害の上司と同じくらいらしく

他の子の話を聞くと、

どうもこの二人は同期らしいです。

 

だから俺がこっちをやるよ、といえば

きっと彼のその上司もいいよ、

といいそうな雰囲気なので

どうとでもなりそうです。

 

自己愛性人格障害の上司の1つ上の立場の上司ですが、

この人もまた素敵な人でしかも

自己愛性人格障害ではありません。

 

若い子の話によるとこの人は人たらしらしく

優しくて雰囲気は穏やかで

普段はおおおらか、

でも締めるところはビシッと言える人、

ということです。

 

ですが、本当にいい人そうなので

Tiaraは少し心配ですが、

本当に締めるところはビシッと言える人は

穏やかな人の中にもいますから

若い子の言う通り

本当にそうなら大丈夫かもしれないです。

 

ただ、普段はおおらかなため、

誰の意見でも「やってみよっか?」と

認めてくれる人なので

自己愛性人格障害の上司にも

「いいよ、じゃ、やってくれるかな。」

と普通にいいそうです。

 

Tiaraのチームの30代前半の

とても仕事ができる

一生懸命なイケメンの男の子がいるのですが

最近、よく自己愛性人格障害の上司のそばで

長く話をされています。

 

笑いながら話をしていますが、

その男の子の顔が

なんとなくひきつっているようにも見えて

大変そうです。

 

 

何を言っているのかはよくわかりませんが、

取り込んで逆らえないように

徐々に洗脳して言っている途中に見えます。

 

その子はTiaraのチームで

平社員の中では将来の出世株だと思います。

 

重要な会議で発言していることも多いので

将来は、

会社で重要な仕事を任せられる立場になりそうですが

この子とTiaraも仲がよく

この子の仕事の手伝いもよくしているので

この子からTiaraに来ないか、少し心配です。

 

Tiaraのチームは6人いて

6人でよく残って夜遅くまで仕事をしているのですが、

自己愛性人格障害の上司の方をチラッと見ると

黙々と1人でパソコンにむかって

仕事をしているのですが

とても怖い顔をしていて顔が真っ赤です。

 

本当は爆発しそうな怒りがあるのに

それを出さないように我慢しているように見えます。

 

それが、9時、10時になってくると

ソワソワして落ち着かなくなり、

Tiaraのところに来てちょっかいを出し始めますから

きっとTiaraがみんなと仲良く仕事をしているのが

嫌なのでしょう。

 

Tiaraも、

自己愛性人格障害の思い通りにはならない、と

この上司を洗脳するつもりで

まったく彼を無視してみんなと一生懸命

仕事をしていましたが、

最近少し、かわいそうになって来ました。

 

とはいえ自己愛性人格障害には

同情するととても恐ろしいことになるのですが、

Tiaraはそれを知っていますので

本当に心を許すことがありません。

 

だったらもう、Tiaraを思い通りにできない、

と思うところまで来たら

できるだけ

みんなとわきあいあいとやっている姿は

見せない方が、

自己愛性人格障害の人の心情的には

楽だと思います。

 

楽だとはいえ、

先天的な怒りを常に抱えていますから

自己愛性人格障害の人が人の活躍や

仲のいいところをみて

穏やかでいられるはずもないのですが、

少しでも楽なように

小声で話して、

極力笑ったりしないで連絡を取り合いながら

できるだけ動きは地味にしていたほうがいいでしょう。

 

その上で、

自己愛性人格障害の人が見ているからと

まだ仕事があるのに帰って

みんながしんどい思いをしたりする必要は

ありませんが、

仕事がある時は残るけど、

その状況に口出しはできないが

できるだけ

自己愛性人格障害の人が

怒りも持たないようにすることが

お互いのためになるでしょう。

 

まだまだこの上司を

コントロールして行く必要がありそうです。

 

ただ、自己愛性人格障害の人は

この人1人ではないので、

そのほかの自己愛性人格障害の人も

できるだけ刺激をしないように

そしてみんなが我慢をしたり、

仕事が一部の人に偏ったりしないように

コントロールして行くことが肝心になります。

 

やはり、仕事のできる人や

この業界で重要なポジションをとって来た人には

その傾向が見られます。

 

若い子に話すと

「ああ、理数系の人に多いタイプだなと思います。」

と言っていました。

 

確かに理数系の人に多いかもしれませんが、

理数系のタイプが

自己愛性人格障害になるというよりは

自分の正解に黙々と浸りやすいので

周りのことを気にしないで済む時間が多いので

自己愛性人格障害の人が少しでも楽な世界なのかも

しれません。

 

専門性の高い職種なので

頭の良い人も多く、有名な人も多いですし、

博士号などを持っている人も多いですが、

確かに少し離れたとこにいたころは

穏やかで本当に優しい人に見えていた人も

近くで仕事をするようになると

気難しそうに1日中パソコンの前で

なんとなくイライラした雰囲気を出しながら

仕事をしていたりします。

 

かと思うと、ほかの人がその人に惹きつけられたように

話をしていてしかもその人たちの顔が笑いながらも

苦しそうにみえます。

 

もしかしたら、

そういった人たちも

自己愛性人格障害なのかもしれないな

と思うようになりました。

 

何気なく仕事をしていたり、

会話をしていたりすると

とんでもないことになります。

 

まだ、自己愛性人格障害の恐ろしさに

気づいていないのです。

 

ですが、彼らも苦しく、

そしてトラブルが起きることも

自分でも知っていると思いますので

苦しそうに

今にも出そうになる大きな怒りを

我慢をしているのです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください