自己愛性人格障害の人はあなたの物を全て奪うためにあなたに近づいてくる

こんばんは

今日は、自己愛性人格障害の人は

あなたのものを全て奪うために

あなたに近づいてくる

ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人は

とてもじゃないけど悪い人には見えない

ということが多いと思います。

 

特に

出会ったばかりの初めの頃は

むしろ他の人よりもいい人に見える、

ということがほとんどです。

 

あなたに好かれるために

とても親切にしてくれたり

面倒をみてくれたりするでしょう。

 

周りの人から見ても

あなたはとても

大切に扱われているように見えるので

あなた自身も

とても嬉しく思ってしまうと思うのですが、

付き合いが深くなるにつれて

本当に少しづつですが、

あなたの事を突き放したり、

まるで気にも止めていないような

態度にでることが出て来て

あまりのギャップにあなた自身も

「あれ?」

と思うことが出てくるでしょう。

 

ですが、その態度に

もっともらしい理由をつけたり

またはまた突然親切になったりして

あなたはほっとしたり

不自然に思うことが出てくると思います。

 

気のせいかな?

と思うこともあると思うのですが

後になってから気づくことですが

それは気のせいではありません。

あなたと自己愛性人格障害の人が

そのまま恋人同士になったり

友達になったりすることは

よくあることなのですが、

気づいたら

あなたの友達も仕事も

恋人や両親まで

あなたよりも彼のことを

信じるようになっていたりしませんか?

 

その行為は

あなたの大切な人たちと

良い関係を保ってくれるということなので

それは、いいことなのかもしれませんが

それだけでなく

あなたの周りの人たちが

あなたを信用するよりも

彼のいうことを

信じるようになってしまうのです。

 

彼もあなたのことを

大事にしてくれるのなら

それはそれでいいことだと思うのですが、

相手が自己愛性人格障害の場合、

あなたが何もしていなくても

周りの人から

信じてもらえなくなるように

してしまいます。

 

あなたに関係の深い

あなたの大切な人たちが

あなたを信用しなくなるように

洗脳していくのです。

 

彼の方が

あなたの周りの人から信用されたり

大事にされることで

あなたはどんどん自分の大切な人を

奪われていきます。

 

あなたが何か変だな、

と思い始めたときには

あなたは

周りの人たちからの信用を失っていたり

そんざいに扱われても仕方のない人間と

思われるようになってしまっていて

取り返しがつきません。

 

自己愛性人格障害の人は

たとえあなたのことを

好きだとしても

まわりのひとが

彼よりもあなたのことを

好きになることもどうしても許せないので

あなたの悪口を言わないように

あなたが悪く思われるような

言い方をするのがとてもうまいので

自然に彼の方が好かれて

あなたの立場が落ちてしまうようなことを

平気でしてしまうのです。

 

それでもあなたが

彼を信じてしまっている場合には

さらなる悪ことが待ち受けています。

 

自己愛性人格障害の人は

あなたが周りの誰かと話していて

楽しそうにしていたり

誰かと仲良さそうにしていると

機嫌が悪くなると思いますが、

それは

普通の恋愛関係におけるやきもちでは

ないのです。

 

あなたの方に恋愛感情があると

あなたはつい

自分のことを好きだから

やきもちを妬いているのかな

と思ったりして

彼のことを思って

他の人と話さないようにしたり

少し嬉しく思ったりすることも

あるかと思うのですが、

そうではないのです。

 

自己愛性人格障害の人は

その自尊心が低すぎるために

たとえ恋人でも

周りの人から好かれてしまうと

本当はそんなことはないのですが

自分が惨めな存在だと

言われているような気になり

どうしても

周りの人から

あなたが好かれないようなことを

してしまうのです。

 

自己愛性人格障害の人も

あなたをおとめようとしているというよりは

自分がよく思われることに

尋常でないくらい必死すぎて

必死で自分が惨めな存在にならないように

彼の周りにいる人すべてが

よく思われる事を許せないのです。

 

だから

自己愛性人格障害の人のそばにいるのは

恐いのです。

 

自己愛性人格障害の人は

とても魅力的に見せる事を

常にしていますので

才能があったり

優しかったり

面白かったりしそうで

ついついその魅力に惹かれて

そばにいる人が集まってきたりするのですが

その中で誰かが楽しそうにしていたり

人気が出そうな人が出てくると

とたんに不安になり

その人が

絶対に好かれないようなことを

常にしてしまうので

それを見て信じてしまった人が

被害者をだんだんと避けるように

なっていってしまうのです。

 

それと同時に

自分が嫌われることには

ひどく臆病なので

自分が被害者に

ひどいことをしているようには

見えないように

被害者だけが

悪く思われるようにしてしまうので

それを信じてしまった周りの人に

結果、被害者は悪く思われたり、

無能に思われたり

ぞんざいに扱ってもいい存在だと

だんだんと周りの人に

思われるようになってしまうのです。

 

 

それをされるくらいなら

自己愛性人格障害の人に

周りの人から好かれていると思われない方が

ずっとマシです。

 

魅力のない、誰からも相手にされない人

と思われていれば

自己愛性人格障害の人から

悪い評判を立てられたりしませんので

意外と普通にすごせたりするのです。

 

そんな特徴からTiaraは

被害者の人たちは

元々は普通の人よりも少し

魅力的な人たちだったのではないかと

思います。

 

現に

Tiaraの恋愛相談室を訪れた方たちは

みなさんお綺麗な方たちばかりです。

 

なぜ、

こんなにもステキな人が

惨めな思いをするの?

と不思議に思うほどの

人たちばかりだったのです。

 

Tiaraはこの仕事をするまでは

気づかないでいました。

 

被害者はむしろ魅力的な人達ほど

ひどい目にあっているのです。

何も知らない周りの人たちは

魅力的な自己愛性人格障害の人を信用して

被害者を自然な形で信用しなくなり

自分で判断して

被害者が悪いと思い込むようですが

本当はそれは

自己愛性人格障害の人に

コントロールされているのです。

 

ただ、魅力的な人たちがすべて

自己愛性人格障害というわけではなく

人を潰したり、

立場を追い詰めたりすることがなければ

魅力的な人でも普通の人はいっぱいいます。

 

だからちょっとだけ

普通の人よりも魅力的な人でも

他人を潰すことさえなければ

本当にただの

魅力的な才能あふれる

ステキなひとなのです。

 

自己愛性人格障害の人の怖さは

身近にいる人を

自分の存在価値を上に上げるために

他人を限度なく

潰してしまうところにあります。

 

自己愛性人格障害の

被害者になった人たちは

どうしても

その場にいられなくなるほど

追い詰められ、

会社をやめたり

仲間に入れなくなったり

惨めな存在だと

周りから軽く扱われることになります。

 

どんなに努力しても

認めてはもらえないのです。

 

離れることが、一番手っ取り早いですが

そんなことをしていたら

会社は辞め続けなければなりませんし、

結婚していても

離婚をしなければいけませんし、

仲間がいても

そこを離れなければなりません。

 

とてもつらくて

我慢できない人も大勢見えますが

一番楽になる方法は

悪人になることです。

 

これは

本当に悪人になるわけではなく

周りの人にも、自己愛性人格障害の人にも

一生懸命わかってもらおうとしたり

認めてもらおうとしないことです。

 

悪人だと思われていても

本当に悪人になるわけではないので

分からない人には仕方ないと

割り切ってしまえると

本当に楽になります。

 

それに自己愛性人格障害の人は

悪人に仕立てようとしてきますので

それに堪えてしまうと

攻撃が効いていると

気分が高揚して更に

あなたを追い詰めることに

喜びを感じてしまうのです。

 

あなたが堪えなければ

一人でしていることになりますので

一生懸命あなたを貶めようとしたり

あなたよりも

自分の方が価値があると

振る舞う事をやめられないのですが、

その目的は

あなたに嫌がらせをすることではなく

あなたの惨めな姿をみることなのです。

 

だからあなたが

惨めな気持ちになっているところを

見せなければ

自己愛性人格障害の人は

共感力がないので

あなたが本当は

辛い思いをしているということが

わかりません。

 

わからないと気分も高揚しないので

何のために

あなたに嫌がらせをしているか

わからなくなるのです。

 

もともと

自分が人を嫌うことはいいのですが

人から嫌われることに

極端に恐怖心を持つ

自己愛性人格障害の人にとって

あなたに嫌がらせをしていることが

周りの人にバレてしまうことを

ひどく恐れます。

 

自己愛性人格障害の人も

あなたの惨めな姿を見て

それより自分の方がまし、と

少しでも自尊心を上げるために

嫌がらせをしているだけなので

嫌がらせをすること自体が

目的ではありません。

 

それなのに

あなたが悪人だと思っていればいいよ、

と余裕の表情をして普通にしていたら

自分のしたことが恥ずかしくなるのです。

 

あなたが惨めな思いをしたり

悪人だと思われることで

周りの人も自己愛性人格障害の人を

信じてしまうので、

あなたが普通にしていたら

自己愛性人格障害の人の行動の方が

不自然に浮き立ってくるのです。

 

だから自己愛性人格障害の人のいうことが

本当になってしまわないためにも

あなたは

自己愛性人格障害の人に

振り回されて

取り乱してはいけません。

 

あなたが取り乱すと

本当にあなたの方が悪く見えてしまうので

取り乱すことなくあなたには

普通にしていて欲しいのです。

 

悪人になる覚悟を持つことで

あなたの心に余裕ができるので

だんだんと冷静になってきて

気持ちが楽になります。

 

そのためにも無関心になることが

大切なのです。

 

あなたが落ち着いていると

周りの人も何かおかしいと

気づき出すので

自己愛性人格障害の人の言うことを

疑いだします。

 

そうなると

敏感な自己愛性人格障害の人は

その変化に即座に気付いて

自分が悪く思われるのが怖いので

急におとなしくなります。

 

おとなしくなったからといって

安心してまたいつものあなたに戻ると

また攻撃を仕掛けてきて

同じことを繰り返しますので

あなたの態度をゆっくりと戻していき

完全には元に戻さずに

少しだけ

いつも常に

自己愛性人格障害の人と

以前より距離を置くようにしてください。

 

その距離を決して戻してはいけません。

自己愛性人格障害の人は戻ると

以前より必ず強くなります。

 

自己愛性人格障害の人は

だんだんと強くなりますから

対処をした後は

絶対に後戻りはしてはいけないのです。

 

それを踏まえて繰り返していると

自己愛性人格障害の人と

だんだんと距離が離れていきますので

そうなると

いつの間にか自己愛性人格障害の人は

あなたに攻撃を仕掛けても

あなたが反応をしないと満足できないので

反応をしてくれる次のターゲットに

自然に移っていきます。

 

それでやっとあなたは

自己愛性人格障害の被害者から

脱出できるのです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください