自己愛性人格障害の人はとても自分に自信があるように見える

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は

とても自信があるように見えることについて

お話ししたいと思います。

 

以前のブログでも

お話ししたことがあると思うのですが、

自己愛性人格障害の人は

とても自分に自信があるように見えます。

 

これは、自己愛性人格障害の特徴として

尊大な自分を常に

見せ続けていないといられないので

どうしても自分の得意な面を

大袈裟なほど

みんなにわかるように

アピールし続けることをやめられません。

 

または本当はできないことまでも

いかにも自分にはできるかのように

振る舞ってしまっている場合も含めて

周りの人から見たら

とても自分に自信があるように

見えると思います。

ですが、本当に長い間、

そばにいる人にしかわからないのですが、

本当は自分というものがなく、

常にその場で都合のいいように

くるくると言動を変えるので

自分というものがありません。

 

ですが、常にその場で

一番都合の良い行動をとってしまうので

周りの人から悪く思われる可能性が

極端に低くなってしまうのです。

 

その人をよく知っている人や、

深い関係にある人は

この前と言っていることが違う、

などと気づくことも多いと思うのですが、

余り深い関係でない方が、

あまり意識もせず、

なんとなく

自己愛性人格障害の人の言っていることが

聞こえているくらいの人たちにとっては

知らず知らずのうちに意識していないうちに

自己愛性人格障害の人を

信じてしまうようになる、

という特徴を持ちます。

 

これは

他人のことは

あまり気にしていない人たちから見ると

自己愛性人格障害の人の印象が

だんだんとよくなっていってしまうのです。

 

なんとなく聞こえている、

からですよね。

 

だから自己愛性人格障害の人は

知らない人を味方につけることが

非常に得意です。

 

これが自己愛性人格障害の人の

怖さなのです。

深く関わっている人たちよりも

周りにいる、あまり深い関係のない人達を

自然に味方につける特徴を持っていますが、

本当は

大袈裟に自分を良く

アピールしているだけなので

嘘も

被害者を悪者にしている場合も

大いにあるのです。

 

ただ、この自己愛性人格障害の人の

常に人から好かれるように

振る舞っていないと気が済まない性格は

自己愛対策に非常に効率的に

使うことができるのです。

 

自己愛性人格障害の人は

自分が人を見下すほど

極端にバカにしていないといられないほど

極端に自尊心が低いのですが、

そのため他人をよく馬鹿にしたりする、

嫌ったりすることがよくあります。

 

ですが、自己愛性人格障害の人は

自分が他人を嫌うのは良いのですが

自分が他人から嫌われることには

ひどく臆病なので

あなたにひどい扱いをしていたとしても

あなたから嫌われることには

非常に臆病なので

この気持ちを使うと

あなたへの攻撃を

抑えることができるかもしれないのです。

 

優しい人やまた

ちょっとしたことは少々いやな気はしても

何かあったんだろうな、と

分かってあげようとしたり、

または、ちょっとしたことくらいなら

水に流してあげるようなおおらかなひとほど

自己愛性人格障害の人から

ターゲットにされているところをよく見ます。

自己愛性人格障害の人は

そういった優しい人にほど

安心して悪者にすることができますので

そうやって水に流しているうちに

あなたが悪者になってしまっていることは

よくあります。

 

普通ならそんなことは

罪悪感があってできないのですが、

自己愛性人格障害の人は

極端に共感力がないので

他人がどうなろうとどうでも良いのです。

 

だからターゲットになる人ほど

いい人が多いのに

自己愛性人格障害の人はターゲットを

悪く見せて

同時に自分をよく魅せることを

やめられずにいますので

自己愛性人格障害の人の方が

いい人で魅力的に見えることもよくあるのです。

 

そして善人ほど、ターゲットになって

周りの人からは悪者だと思われていることも

珍しくないのです。

 

Tiaraは

そういった自己愛性人格障害の人の特徴を

よく知っていますので

どちらが善人で本当はどちらが

コントロールして自分を良く見せている方か

よくわかります。

 

 

ですが世間にはそれがわからない人が

多すぎるのです。

 

だから逆に見ええていることも多く

それはとても恐ろしいことなのです。

 

本当はいい人で

自己愛性人格障害の人を

信じてしまった人たちが

大変な目に合っていることを

よく耳にします。

 

あなたがそうならないためには

周りに分かってもらうことよりも

あなた自身がまず

ターゲットにならないようにすることが

大切なのです。

 

自己愛性人格障害の人は

自分を信じてしまった人に

安心して攻撃をすることができますので

そういった信用できる人間を探すために

常にためし行為を行っています。

 

だからそこで

嫌なことをされた時に

ちょっとしたことなら水に流してあげたり

わかってあげようとすればする人程

後からあなたの気付かないうちに

悪者にされてしまうか

必要のない人間にされてしまうかの

どちらかなのです。

 

そして

自己愛性人格障害の人は

自分でひどいことをしているその人にまで

親切にすることをやめられませんから

被害者が気付いていないことも

多くあります。

 

ですが、あまりにも理不尽な状況が

重なってくるがために

被害者の方が

どんなに優しい人でも

だんだんにストレスがたまってきて

イライラしたり、

長い間の不満が募って

自分の身近にいる人に不満をぶちまけたり、

愚痴を言うことがやめられなくなって

だんだん周りの人に

迷惑な存在になっていくことが

よくあるようです。

そのため

自分をよく見せる自己愛性人格障害の人は

知らん顔をして

その周りの人が揉めている、

という状況もよくあります。

 

あなた自身がそうならない為にもまず、

自己愛性人格障害の人に

できるだけ早く気づいて

心から相手にしないことが肝心なのです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください