自己愛性人格障害の人は尊大な自分を見せつける事をやめられない

こんにちは

久しぶりにブログを更新します。

お元気でしたか?

もうTiaraがブログを更新する事をやめてしまったと思われた方が

多いと思いますが、そんなことはありません。

 

ただ、少し訳があってブログを更新する事をやめていましたが、

今後も書けるときは更新していきたいと思いますし、

恋愛相談室には現在も数多くの相談がお申し込みされています。

 

今もなお、増え続ける自己愛性人格障害の人たちと共に

生活をしながら感じた事を書き続けていきたいと思いますので

またいつでもこのサイトを訪れてくださることを

お待ち致しております。

 

また、近いうちにしばらくお休みしていた交流会も

開催していきますので、来られる方はいつでもTiaraに

会いにきてくださいね。

 

Tiaraがお休みしている間に Tiaraのサイトを離れることができた方は

おめでとうございます。

 

また、今でもTiaraのブログを読み続けていてくださる方々には

Tiaraの知る自己愛性人格障害の情報をお届けして参りますので、

あなたの力になれるよう深い内容でお届けしていきたいと思います。

 

さて今日のテーマ、自己愛性人格障害の人は

尊大な自分を見せつける事をやめることは出来ない、

ということについてお話ししていきたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人は今でもなお、

まだTiaraの周りに数多くいますが、

自己愛性人格障害という病気のことを知ってから

自己愛性人格障害の人をみていますと

意識していなくとも、いえ、

意識になるべく入れないように最大限の努力を必死にしていたとしても

どうしてもTiaraの意識に深く入ってきてしまうほど

自己愛性人格障害のひとの話し方は強烈です。

 

どんなにあらがおうと思っても視界にどうしても入ってきますし、

自分がいかに素晴らしいか、語る事をやめませんので

どうしても自己愛性人格障害の人には意識がいってしまいます。

 

全ての集中力が持っていかれてしまい、

抗おうとすると、こころが強烈に疲ます。

 

自己愛性人格障害の人は、

ほんとうにあなたの人生を無駄にします。

 

あなたよりも

自己愛性人格障害の人に魅了されて信じてしまう人が

大勢います。

 

どうしても自分が素敵な存在だとアピールすることをやめることができず

しかも、それが自然にできてしまう(やってしまう)ので

それを見て素敵だと思ってしまう人がいることのほうが自然です。

 

どうしても聞きたくなくても、

あなたの耳に自己愛性人格障害にひとの声が聞こえてくるように

尊大な自分を見せつけずにはいられないのです。

 

Tiaraも

特に魅力的な男性には気を付けていますが、

女性の自己愛性人格障害であっても

どんどんtiaraに近づいて仲良くなり、

Tiaraがどんなにその人を拒否しても

尊大な自分を聞こえるようにアピールすることを

やめられないのがわかります。

 

自己愛性人格障害を知らない純粋で人を信じやすい人が、

普通に信じてしまうことが容易にわかります。

 

ただ、現在tiaraがいるところには

自己愛性人格障害の人が大勢いて、昔から

力を奮っているために潰される人が多いため、

自己愛性人格障害の人を警戒している人も大勢います。

 

大勢の人が、

tiaraのように自己愛性人格障害という病名までは知らないにしても

そのようなことがあることは知っている人が多く、

自然に自己愛対策をしている人を多く見かけます。

 

今、世界的にコロナが大流行していて、

マスクをすることが常識になりつつありますが、

コロナがはやる前からマスクをして表情を隠し、

本当の自分を隠して何を考えているのか分からないようにしている人を

多く見かけます。

 

それは女性に限らず、男性も、普段は明るい人も

仕事中はほとんど無表情で声を発しないひとの方が大部分です。

 

知っているのか知らずにしているのかは分かりませんが、

自然に自己愛対策をしているのです。

 

天然で何も考えていない人は

早くにやめていく羽目になる様です。

 

その人自身に過大なストレスがかかり

みんなの前で怒って辞めていった人がいる、とか

鬱状態になり、自然に涙が出てくる、

と言っていた女の人の話も聞いていますが、

おそらく自己愛性人格障害の人に

何らかの圧力をかけられていたと思います。

 

理由は分かっていない人も多く

辞めていった人が悪いと思っている人もいますし、

仕事ができなくてやめていったと思われている人もいるようですが

おそらくそんな人は1人もいないでしょう。

 

大人である以上、

普通に今まで別の場所でも仕事をしてきた経験のある人なら

初めは分からなくても

だんだんとできるようになるものだと思っていますし、

ほとんどの方が、生活もあるので

入ってきていきなり自分からトラブルを起こす人のほうが

まれだと思います。

 

 

自己愛性人格障害の人は

自分は何もしていないように見えて

周りの人をおかしく見せることを

やめることができないので

どうしてもそんな不思議なことが起こり続けているのでしょう。

 

こういった環境の場合は

本当のことを読み取る力のある人がいないと

どんどん人が辞めていき

求人をし続けなければならないので

企業にとっては大ダメージを受けるのです。

 

それなのに

自己愛性人格障害を見破ることができず、

自己愛性人格障害の人が長く会社にい続け

役職を手にしていることも多くあります。

 

下の人間が続かず、

いつも何らかのトラブルで

引継ぎができず、仕事がガタガタになっている企業は

一度、自己愛性人格障害の存在を疑ってみる必要があるでしょう。

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください