自己愛性人格障害の人は自分のために人を潰しても平気


こんにちは♡

今日は自己愛性人格障害の人は

人を潰しながら社会的に生き残る、

というお話をしていきたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人を見ていますと

自分がしていた悪いことがばれそうになると

急に大人しくなり、自分を

ぐっとおさえているところを目にします。

 

モラハラが加速していき、

周りの人間関係を壊したりして

周りの人にも

あの人は何かおかしいのではないか、

と思われ始めてきたことがわかると

それがバレないように息を潜めます。

 

Tiara自身、大好きな彼が

自己愛性人格障害だったことに気づいてから

あの優しさや面白いところ、

知的で紳士的なところ

TiaraやTiaraの子供達にまで

尽くしてくれていると思えたことまでもがすべて

Tiaraのためではなく

自分をよく見せるために

必死でしていたことだと理解しました。

 

それがわかった時

ショックもとても大きかったですが、

自分をよく見せるために

必死でしている努力があんなにも

周りから見たらいい人に見える、

ということがよく理解できました。

 

優しさや親切、

そして才能や有能さまでもが

人のためではなく、

すべて周りの人に

信頼してもらうためにしているだけの人が

いることに気づいたのです。

 

そして

そうやっていい人に見せることで得た信頼を

ある特定の人にだけ

裏切ることで相手にショックを与え

自分の方が上だと高揚し

それを止めることができない精神状態だと知った時

とても恐ろしいと感じました。

 

そのたった一人以外から見たら

その人は本当にいい人で

被害者が言っても信じてもらえない事態に落ち入る

ということがとても恐ろしかったのです。

 

何も知らずについてきた人を

潰し、そして潰したことに対して

何の罪悪感も持たず、

その人が悪いと責めるだけでなく

周りの人からも

その人が価値のない存在だと

思われるように毎日の言動や表情、

態度で少しづつ少しづつ思わせていくのです。

そして気づかない間に1人になってしまったその人を

味方のいない状態にしてしまってから

潰すのです。

 

なぜそんな事をするのかというと

その人の自尊心を潰すことで

周りの人から

自己愛性人格障害の人のしていることが

分からないようにして

被害者が自ら辛くなり

潰れていくところを見ていたいのです。

 

でも言い換えるとそれは精神的なダメージで

そのことに気づきさえすれば

表面上は何もされていないのです。

 

要するにそこは

とても大きな思い込みの世界です。

 

自己愛性人格障害の人にも

どうしてもそう行動してしまうので

やめろと言ってもやめることはできません。

 

自己愛性人格障害の人も

ない恐怖に勝手にさらされて

勝手に必死で相手に勝たないと

自分が潰されてしまうと思い込んでいるので

悪気があるわけではなく、

むしろ恐怖心から虚勢をはり

自分の方が上だと常に見せつけていないと

安心できないのです。

 

どうしたら良いのでしょうか?

という質問をよく受けるのですが、

自己愛性人格障害の人は変えることができないので

あなた自身が変わるのです。

 

相手は変えることはできませんが、

あなたの考え方はあなた自身が

変えることは可能なのです。

 

どう変えるのかというと

人に認めて貰いたいという気持ちが強ければ強いほど

辛くなります。

 

愛されたい、とおもえば思うほど

辛くなるのです。

 

自己愛性人格障害の人の考え方に気づいてから

Tiaraはずっと1人です。

 

厳密にいえば

友達がいて家族がいますが、

家族といえどもTiaraには旦那さんはいなく

愛する子供たちだけです。

 

子供たちももう自立しており、

基本的には母親がいなくても平気です。

 

その上で勝手にこちらが

愛しているだけのことで

いつも基本的に行動はバラバラです。

 

友達もいますが、

今は滅多に会う事がなく

たまたま

この前懐かしい旧友から連絡をもらい、

久しぶりに3人で会いましたが、

そんなのはなくても

別に平気です。

2人はとてもいい子達で

たまたま2人とも

今時珍しい子沢山で

1人は子供4人、1人は5人子供がいて

2人とも旦那さんがいます。

 

途中で「旦那さんのどこが好き?」

なんて話が出ましたが、

Tiara的には

へえ、なんか乙女チックな話をし出した

と思っただけで

なぜかその感覚が懐かしい感じもしました。

 

2人とも幸せそうで何よりですが、

1人の子は10歳くらい年下の旦那さんで

4人の子供たちは前の旦那さんの子供で

今の旦那さんの子供が1人です。

 

彼女の前の旦那さんもモラハラだったそうで

そんなに詳しく聴いたわけではありませんが

なんとなくtiaraにはその子の様子が

とてもよくわかりました。

 

今のかなり年下の旦那さんは

本当に優しくいい旦那さんのようです。

 

久しぶりにランチをして

その後美味しいケーキのお店にもいきましたが

気持ちの上ではいつも1人で

1人の方が気楽で自由です。

 

たまに誘われれば

そうやって友達にも会いますが

普段は特に友達が

恋しいということもありません。

 

昔のTiaraでは考えられないくらいです。

 

自己愛性人格障害の人は

人を自分のために利用しようと思って

近づいてきます。

 

この友達はそんなことは一切無く

本当に珍しいほどいい子達ですが、

友達がいると楽しいからとか

淋しさを分かち合える、とか、

お互いの近況が気になってどうしてるかな?と思ったり

顔を見て話したい、という気持ちで会う約束をしますが

Tiaraにはその感覚はほとんどなくなりました。

 

でもいい人と近づいてはいけない人がわかるので

こうやって普通になんの抵抗もなく

会える友達がいることは

とても恵まれているなあと思ったので

会うことにしました。

 

 

友達関係とは本来

その人のことが好きだとか

寂しさを紛らわしたり何かを一緒に楽しんだり、

一緒に成長していきたいという気持ちを持って

相手と会うものだと思います。

 

そういう気持ちは

厳密にいえば

自分が楽しむために人を利用する、といえば

そうなのかもしれませんが

それで傷つく人はいないでしょう。

 

普通はお互いにそうなのですから。

 

昔、自己愛性人格障害の元彼が

こんな事を言っていました。

 

「誰だって自分のためにしていることだ。

例えば友達関係だって親切にするけれど

人に親切にしたことで

自分をよく思ってもらいたい、だとか

自分がよくしたから今度は

友達によくしてもらえると考えるものだ。

 

その人のために何かをしてあげたい、という気持ちも

その人の笑顔を見ることで

自分が幸せな気持ちになるためなのだから

厳密に言えばそれも自分のためだよ。

そういう意味では

誰でも人を利用している

ということになるよ?」

 

でもその時はそれは違うと思っていました。

 

Tiaraは本当に自分の好きな人に

幸せになってもらいたかったのです。

 

それがTiaraといることで

幸せを感じてくれるのなら

こんなにも幸せなことはないと感じていましたし、

実際に自分が相手のために役に立っている、

と感じることで

満足感も得ていたのです。

 

でも彼は少し違っていました。

 

彼は本当に自分が何かを与えたり、

優しくすることで、相手が幸せな気持ちになることで

本当に満足しているのでしたら

嫌がらせなんてするはずはありません。

 

彼は自己愛性人格障害だったので、

自分の考え方にある日疑問を持って

でも誰だって自分のために人を利用する、

自分がおかしいわけじゃないんだ!

と思いたかったのかもしれません。

 

その時はお互いの思いのそのニュアンスが

少し違うことにあまり気づいてはいませんでした。

 

今、周りの人を見ていても

話をしていても

本当には自己愛性人格障害の人が

なんのためにそんなことをするのか

厳密には気づいていない人がほとんどです。

 

昔のTiaraが気づかずに

いつかわかってくれる、いつか喧嘩をしなくなる

いつかお互いの考えがわかるようになり、

本当にわかりあうことができるようになる、

と思っていたことは

どんなに努力しても叶うことではなかったのです。

 

自分が被害にあってようやく気づくのです。

 

自分が被害に遭っていない人は

どんなに被害者が真実を訴えたとしても分からず、

必ず被害者の方にも原因がある、と思ったり、

被害者が単に悪く考え過ぎだ

と思ってしまうことがほとんどです。

 

だから周りの人に相談してしまうと

あなたがわるく思われてしまうのです。

 

だからもし被害に遭いそうになったら

できるだけ早く周りの人にいうことです。

 

そうでなければ言わないほうがマシだった

ということになってもおかしくありません。

 

いう時は、冷静に判断できると思える人だけに

言って、もし信じてもらえなくても仕方がない、

ということを覚悟した上で言ったほうがいいでしょう。

 

あとあなたの大好きな彼が

自己愛性人格障害だったとしたら

分かり合えることはもう諦めて

距離をおいたほうがいいでしょう。

 

わかってもらいたい、という気持ちを

自己愛性人格障害の人に持ったとしても

自己愛性人格障害の人は変わることがないのです。

 

だったらあなたは、

もう彼に自分のことをわかってもらうことをやめて

あなたのことをわかってくれる人と

一緒にいたほうが

あなたも嬉しい気持ちになると思います。

 

動かない相手を動かそうとして

悲しい思いをすることをやめないと

あなたの心に強いストレスがかかり続けます。

 

あなたにはあなたの考えというものがあるし、

それを他人にわかってもらう必要はないでしょう。

 

ですが、それは全員ではなく

ある一部の人は

あなたの熱烈なファンになってくれるかもしれません。

 

そんなあなたのファンが現れるまでは

わざわざ探すようなことをするのは困難ですし、

ましてや絶対にあなたを賛同しない相手を

変えようとすることはもっと難しいと思います。

 

それならあなたの考えを隠して

あなたの思いを潰されるチャンスを

自己愛性人格障害の人に与えることなく

あなたが自由に行動したほうが

間違いなくあなたは気持ちよく過ごせます。

 

どこにでもいる自己愛性人格障害の人を

一所懸命に見てわかってもらおうとするのではなく

自己愛性人格障害の人を避けまくって

あなたがのびのびと過ごせる環境を

少しづつ掴んでいくのです。

 

それは1個所からすべて与えられるわけではなく、

お金はここから、愛情はここから

知識はここから、友情や気晴らしはここからと

あちこちから分散していただきましょう。

 

例えば職場環境が悪い人は

ここからはお金をいただいている、と

人間関係を諦めて、仕事にだけ淡々と向き合うことで

自己愛性人格障害の人からの

ストレスを減らすことができます。

 

ですが、職場だけですと

いい人間関係がないので

別で友達に会う、とか恋人を作る、

ということをしたほうがいいでしょう。

 

今はサブスクの時代ですので

Net FlixやAmazon primeなどで

娯楽は24時間見られますし、

習い事や趣味で出会いは

いくらでも見つけられます。

 

友達はいろいろな人とお付き合いをするより

本当に信頼できる友達が2.3人いれば

十分かなと思います。

 

手を広げ過ぎて

嫌な人間関係でも

無理矢理付き合っている人たちも大勢いますが

今はそんなのはナンセンスです。

 

フォロワーは何万人もいなくてもいいでしょう。

 

職場の人間関係に悩む人も大勢いますが、

そもそも、職場とは

気のあったもの同士が集まったわけではなく

みんなビジネスという名のプロジェクトに

各専門家がバラバラに集まった集団なので

自己愛性人格障害の人が紛れ込んでいる可能性も高く

その人たちと無理矢理に仲良くする必要はありません。

 

仕事のことだけを淡々とこなしていたほうが

自己愛性人格障害の人にターゲットにも

されにくいです。

 

人間関係もいいほうが

仕事にハリが出る事も間違いはありませんが、

全ての長所を1箇所から集めることの方が

遥かに難しいので

それならそれであきらめて

いろいろな部分で分散させる方が現実的です。

 

あなたの感情が乱れにくい方が

自己愛性人格障害の人からも狙われにくいです。

 

自己愛性人格障害の人は

その人が落ち込む姿が生きがいのようなものなので

あなたが悲しそうな顔を見せたり、

精神を揺さぶられたり

ビクビクおどおどしたりする方が

自己愛性人格障害の人はより高揚して

あなたにしがみつきます。

 

どんなによく見えても

それは見せかけだけのものなので

自己愛性人格障害の人には

できるだけ関わらない方があなたは幸せです。

 

あなた以外の人とは

うまくいっているように見えたとしても

それはあなたに見せつけて

あなたに惨めな気持ちを味合わせるために

しているだけのことなので

あなたがその場から離れると

その人間関係も大してよくありません。

 

なんなら、自己愛性人格障害の人が

周りの人と仲良くしているところを見かけたら

さりげなく席を外してみてください。

 

何度もそれを繰り返していると、

あなたを外して

あなた以外の人たちと仲良くしているところを

あなたに見せることができないので

自己愛性人格障害の人は

周りと仲良くすることになんのメリットもなくなるので

周りの人と仲良くすることをやめてしまうでしょう。

 

あなたも嫌な思いをしなくて済みます。

 

あなたがいないところで

自己愛性人格障害の人が何を話しているのか

気になってしまう人は、

よりターゲットにされる可能性が高くなります。

 

自己愛性人格障害の人が何を話しているのか

気になってしまう人は

計画的に席を外す事を頻繁にしてみてください。

 

その上で、あなたの評判がもし落ちてしまったら

評判を聞いたその人も自己愛性人格障害の人ごと

あなたの意識から外してください。

 

その人と個人的に付き合ったとしても

いいことはありません。

 

こうやって調節していくうちに

あなたは意識のコントロールが上手くなり、

今までよりも人に依存しなくなると思います。

 

それにも慣れてくると

あなた自身が楽に生きられるようになり

同時に友達に対するこだわりも

薄れてしまうでしょう。

 

ですが、そうやって冷静になったときに

人の判断ができるようになっていますので

あなたが選んだいい人とだけ関わるようにすると

自己愛性人格障害の被害に悩むことも

だんだんと減ってくるでしょう。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください