自己愛性人格障害の被害に遭いやすい人の空気を読むことのうまさ

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の

被害に遭いやすい人の

空気を読むことのうまさについて

お話ししたいと思います。

 

 

最近では

もうあまり言われないのかもしれませんが

ちょっと前まで

空気を読むとかKYと言って

空気を読めない人はダメ、みたいな風潮が

世の中的にありましたよね。

 

 

あれって

空気を読んで

相手の感情を先読みして

周りの人が嫌な思いをしないように

気をまわせるひとが

素晴らしいみたいに

言われていたと思います。

 

 

自己愛性人格障害の被害に遭いやすい人

というのは

まさにこの、空気を読むことが

とてもうまいです。

 

相手が嫌な思いをしないように

先回りして

相手のことを肯定してあげたり

相手の気持ちに寄り添って

自分の気持ちは後回しにしてしまう

とてもいい人が多いです。

 

そして、被害者になりやすいタイプの人は

相手に嫌な思いをさせることが怖い

という気持ちも持っています。

 

そして、自分は

いい人だと思われたい

という気持ちと同時に

自分の気持ちを優先してしまって

相手から嫌われることが怖いために

どうしても相手に合わせてしまうのです。

 

被害者のそんな特徴も

自己愛性人格障害のひとは

とてもよく分かっていて

それでいて

ターゲットのせいにして

わがままを言います。

 

自己愛性人格障害の人も

人から嫌われることを極端に恐れていると

以前にもお話ししたことが

あると思うのですが、

自己愛性人格障害の人は

それと同時に人を蹴落として

自分を持ち上げる、

ということも同時にします。

 

つまり、自己愛性人格障害の人と

被害者になりやすい人というのは

同じ気持ちを持っていながらも

まったく正反対のやり方をするのです。

 

本当は自己愛性人格障害の人が

被害者に対して

ものすごく失礼なことをしているのですが

これを冗談のように見せかけて

笑いに変えたりしてごまかしているので

そこで怒ると怒ったほうが

空気が読めない人のように

なってしまいます。

 

 

被害者の方も

本当は傷ついているはずなのに

自分の気持ちにふたをして

本当は自分が傷ついているはずの

自己愛性人格障害の

彼からの言葉を

被害者本人が

肯定して寄り添って

合わせたりしまいます。

 

時には、

自分がみじめな思いをしているはずなのに

自分が被害を受けている

自己愛性人格障害の人に対して

被害者自らが、みんなの前で

かばってしまうシーンも見られます。

 

Tiaraだけが

はたからみて分かっているのですが

それを話しても、

周りの人にも、被害者本人にも

分かってもらえないことが多いです。

 

ですが、世間でいう常識的な考えを

持っていればいるほど

被害に遭いやすくなります。

 

普通の人からは

空気を読むひとのほうが好かれるはずなのに

あなたが

空気を読んで我慢をすればするほど

自己愛性人格障害の人にかかれば

あなたがどんどん悪者になっていくのです。

 

 

被害者は

本当は自分が傷ついているはずなのに

自分でも「そんなことない」、

と強がりながら

自己愛性人格障害の人の

被害者に向けてのひどい言葉を

被害者自らも

自己愛性人格障害の人をかばったりして

彼を周りの人に分かってもらおうと

したりしてしまいます。

 

ですからはたから見た人も

あなたは平気なのだと思い込んでしまい

自己愛性人格障害の人も

そんなにひどいことをしていないように

見えてしまいます。

 

自己愛性人格障害に気づいてみて

感情を戻して、物事を冷静に見てみると

明らかに

自己愛性人格障害の人が

ひどいことを言ったり

いわゆるディスりのようなことをしているのに

それをジョークだと感じてしまい

深く受け止めないようにして

みんなで無意識のうちに

自己愛性人格障害の人に協力して

自己愛性人格障害の人が悪くないように

見ていることに気づきます。

 

だから、自己愛性人格障害の人が

少々ひどいことを言っても

許されてしまうし

被害者になりやすい人は

何もしてなくても

だんだん味方がいなくなるように

自己愛性人格障害の人が仕向けることも

成功してしまうのです。

 

 

自己愛性人格障害に

まったく気づいていなかったころは

Tiaraも本当に分かりませんでした。

 

だから世間の人が気づかないことにも

深く納得できます。

 

ですが、これをされ続けた被害者は

どうなってしまうのでしょう?

 

自己愛性人格障害の人のターゲット1人に

立て続けに常にやられることで

被害者本人も周りの人も

本当に被害者自身が

悪いと思い込んでしまったり

被害者が

自己愛性人格障害の人に迷惑をかけている、

と本当に思うようになってしまうのです。

 

自己愛性人格障害の被害に

遭いやすい人というのは

空気を読んで

相手の立場に立って考えられる人が多く

そんなことはおかしい!と

自分の身を守れるような人は

ターゲットにはなりにくいのです。

 

 

自己愛性人格障害の人を

止めることはできませんし

自己愛性人格障害の人も

自分でも自分がそんなことをしているとは

気づいていません。

 

厳密にいえば

本当は気づいているのですが

自分がそんなひどいことをしていると

認めることも怖いので

自分でもそんなことはしていない、

と全力で思い込もうとしてしまいます。

 

今は、そばで見ていると

本当に分かりやすいほど

自己愛性人格障害の人の心情が

とても良く分かります。

 

 

ですから、できれば

自己愛性人格障害の人には

わらないほうがいいのですが

自己愛性人格障害の人は

ちょこちょこ惹きつけ行為を行うので

被害者になりやすい人は

その彼を信じてしまいます。

 

Tiaraはもう

自己愛性人格障害の人の

存在に気付いているので

自己愛性人格障害の人が

人から好かれるように

愛想を振りまいたり

惹きつけ行為をしていることにも

気づくのですが

自己愛性人格障害を知らない人たちは

そんなことにも気づかず

本当はいい人なのかなと

思い込んでしまっていることにも

気づきます。

 

 

自己愛性人格障害の人は

自分が嫌がらせ行為をしていることを

なんとなく分かっていて

自分がターゲットに対して

ひどいことをしたときに限って

よけいに被害者やその周りの人に対して

親切にしたり、

話しかけて笑わせるようにしながら

自分が嫌がらせ行為をしていることが

ばれないように

周りの人や時には被害者にも

必死でいい人だと思われるように行動して

回っているのです。

 

それを見て

周りの人は

自己愛性人格障害の人を

いい人だと思ってしまいます。

 

それは、あなたがとても空気を読み

周りの人のことを考え

自分の気持ちを

我慢してしまうからなのです。

 

自己愛性人格障害の

被害に遭いやすい人というのは

そんな特徴を持っているのです。

 

 

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください