自己愛性人格障害の被害の忘れ方

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の被害から

立ち直る方法について

お話ししたいと思います。

 

 

あなたの彼がもし

自己愛性人格障害だと知ってしまったら

とてもショックは大きいですよね

 

大好きな彼がすべてを演じるように

無意識のうちに

自分に都合のいいストーリーを

作っていたなんて

そんな人がいるだなんて

とても信じられないですよね。

 

ですが、自己愛性人格障害の特徴と

あまりにも当てはまりすぎて

彼が何を考えていたのか

ようやくわかったときは

本当にショックだったと思います。

 

自己愛性人格障害とは

他人から自分が

価値のない人間だと思われてしまうことに

極端なほどの恐怖心をいだき

その恐怖心から

他人のことなんて考える余裕もなく

自分の周りにいる人を下げて

自分を持ち上げるということを

常に必死になってしまう病気なので

自分が悪いことをしているとも

思っていません。

 

でも、

本当はなんとなくひどいことをしている、

とどこかで自覚しているのですが

そのショックからも

無意識に逃げようとして

自分を正当化してしまうので

そのために周りの人間が悪いと

思い込んでしまいます。

 

ですが、その快楽も一瞬の出来事ですので

やがて自己愛性人格障害の人から

気づいた被害者が逃げ出すと

結局自己愛性人格障害の人は

また1人になってしまうので

その恐怖から逃げるために

また新たな被害者を無意識のうちに見つけて

同じことを繰り返して生きているのです。

 

自己愛性人格障害に気付いたら

どんなに彼を好きな気持ちがあっても

ほとんどの人が逃げ出してしまうか

病気になってしまうかのどちらかなので

どうしても彼から離れようと

必死になりますよね。

 

それでやっと離れられたとしても

ほとんどの人が

まだ彼を好きな気持ちは残っていますので

自己愛性人格障害の彼と別れてからも

なかなか忘れられない、

という方が多く

普通の失恋よりも

驚くほど長くかかってしまうことが

ほとんどです。

 

今、Tiaraは自己愛性人格障害の人が

周りにほとんどいませんので

自己愛性人格障害の対処や

自己愛について考えることを極力やめて

自分を元の自分に戻そうとしています。

 

もともと持っていた

感動しやすい性格や

相手の気持ちに寄り添う性格に戻していくと

やはり自然で素の自分に戻った気がして

本当に楽になります。

 

そして、気持ちいいとさえ感じます。

 

ですが、恋愛映画などを見て

相手の感情に入り込むようなことがあると

以前は心地いいと感じていた愛情に

苦しいほどの恐怖を感じることがあり、

これ以上のめり込むのが怖いと

自分の感情にストップをかけてしまいます。

 

まだ自己愛性人格障害の元彼と別れてから

本物の恋をしていないので

映画やドラマなどなのですが

それでもその胸の苦しみは異常に強く

恐怖心から途中で切ってしまったりして

最後まで見られないことが多くあります。

 

「シルク」という

蚕の卵を求めて

日本に来たフランス人の青年が

故郷に残した美しい妻を思いながらも

日本人の謎めいた少女に魅せられ

本当は何もなかったのですが

妻の不安とさみしさを

妻がなくなってから知るという

切ない映画を見ました。

 

妻がそんな不安をいだきながらも

夫を想い

待っていたという事を知った瞬間、

胸がしめつけられるような思いがしました。

 

もう亡くなってしまった後だったので

何も言ってあげることができない男性の

気持ちと

長期間、日本に旅立った夫を想いながら

不安に耐えながら待つ妻の思いに

ヤバいくらい胸が締め付けられて

苦しくなり

少し、見なければよかった

と後悔をしました。

 

そして、映画の中の世界でも

こんなに苦しくなるのに

現実に自分が恋をしてしまったら

どうなるのか

という恐怖心がわき

もう恋をすることが

怖くなってしまいました。

 

他にも元彼と別れてから

数本は切ない映画を見ているのですが

以前よりは

見られるようになったのではないかと

実験的な意味も込めて見てみた結果です。

女性がかっこよく活躍するアクション映画や

女性のスパイものや主人公が圧倒的に強い

スカッとするようなアクションは

見ていて気持ちがいいのですが、

切ないものや悲しいものは

以前は好きだったのですが

今は胸が苦しくなるほどです。

 

昔の映画で「AI」という

ロボットの子供が人間に育てられて

人間の母親が死んだ後も

ロボットの子供が

母親を想い続けるという映画を見て

感動したので

「すごくよかったよ!」

と友達に言ったことがあるのですが、

その友達に「何がいいの?!

あんなの見るんじゃなかった。」

と怒られたことがあったのですが、

あんないい映画を

なんで嫌だったのか聞いてみると

その友達は小さいころに両親が離婚していて

父親に育てられたのですが

ずっと会いたいと思っていたお母さんが

どこにいるかやっとわかったときには

ガンで亡くなっていたそうです。

 

友達はお母さんに会いたい!と

ずっと思っていたそうで

そのお母さんに会うことができずに

勝手に死んじゃってて

私の思いは何だったの?って

すごくお母さんに腹がたったそうです。

 

生きている間に

どうして会いに来てくれなかったの?って

ずっと思っていたそうです。

 

Tiaraは両親がずっとそばにいるので

毒親ですが、

そういったさみしい思いはしていないので

お母さんを想う気持ちは

なんて素敵なんだ!って

そのロボットの子供を見て感動したのですが

自分の経験によって

思いは1つじゃないんだ、と

初めて知った出事でした。

 

 

だから

恋愛映画や人を想う気持ちは素敵!って

そう思うのは

ずっと平和に過ごしてきた人たちだけで

自己愛性人格障害の被害に

遭ってしまった被害者の人たちにとっては

人を深く愛することは

もしかしたらもう

怖いことなのかもしれません。

 

それでも人間の感情は

自分でも無意識のうちに

動いてしまうものだし

もしかしたらTiaraだって

また誰かを好きになってしまうことだって

あるのかもしれません。

 

自己愛性人格障害の

被害に遭ってしまった人は

自分が不安になるような恋は

もう絶対にできないと思います。

 

あなたが

安心感を持って一緒にいられる人となら

もしかしたらもう一度幸せな思いが

できるのかもしれません。

 

あなたを不安にさせても平気な人や

我慢を強要する人、

たとえ不安にさせてしまうようなことが

あったとしても

「ごめんね」って

あなたをいたわってくれてる

思いやりのある人となら

また恋愛をしてみたいと

思うのかもしれません。

 

自己愛性人格障害の傷は本当に深く

そして自己愛性人格障害の人は

自分をきれいに魅せることが

とてもうまいので

もしかしたら普通の人だと

物足りないって思ってしまうかも

しれません。

 

でも、あなたを不安にしても

平気でいられるような人との

幸せはあり得ませんし

ただでさえ

困難にぶつかることのある人生なのに

一緒にいる人が

お互いの心を大切にできないのであれば

一緒にいる必要はないと思います。

 

自己愛性人格障害の被害者もまた

自尊心が低いと言われていますが

本当はそんなことはないのです。

 

あなたも生まれてきて生きている以上は

必ず誰かの役に立っているし

誰かの心の支えになっているのです。

 

 

人は承認欲求があると言われていますが

他人に求められなくても

自分がしたいように生きているだけで

誰かのためになっているのです。

 

無理に誰かに認めてもらったり

求めてもらいたいと思わず

あなたがあなた自身を

認めてあげてください。

 

子供は親孝行をしなくても

生まれてきただけで

一生分の親孝行をしたことになります。

 

Tiaraは子供を2人も亡くしているので

今いる子供たちは生きていてくれるだけでも

とても幸せです。

 

それは子供たちにも充分に伝わっているし

だからこそ自分に自信が持てて

堂々としていられるのです。

 

Tiaraは親にけなされてばかりいたので

自分では意識したことはないのですが

もしかしたら自分自身で

どこかで自分の存在を恥じているのかも

しれないです。

 

ただ、両親のどちらからも

受け入れてもらえなかった

というわけではないので

半分半分で育っていると思います。

 

たしかに自尊心の低いところも見られ

自己愛性人格障害の彼と別れるまでは

自分で自分の意見は言えませんでした。

 

必ず友達や誰かにどう思うか聞いてみて

それに従うようにしていました。

 

自分で決めたことは

間違っているかもしれないと

自分の意見に自信が持てなかったのです。

 

これがけなされて育った結果なのかな?

と思いますが

自分に自信が持てないと

どんどん他人に流されてしまいます。

 

ですが、

自己愛性人格障害という病気を知ってからは

何も知らないのに拒否されたり

不信に思われることはおかしい、

ということに気付き始めました。

 

たしかに人によって

普通に話を聞いてくれる人もいますし

そういった人と一緒にいるときは

トラブルが起こることがないのです。

 

不思議に思うこともありませんし、

普通にTiaraの意見が通じますし、

Tiaraにも相手の言っていることが

良く分かります。

 

そもそも話が通じない人や拒否的な人とは

合わないだけだったのです。

 

今では、何が正しくて何がいけないのかが

はっきり分かります。

 

そして人間は誰とでも合うわけでもなく

話せば必ず分かってもらえる

というものでもありません。

 

人間は1つではないのです。

 

人によっては考え方が違う場合もありますし

それはその人の意見で

それが絶対に正しい

ということもありません。

 

長年いっしょに過ごしてきた夫婦だって

意見が食い違うこともありますし

同じではないのです。

 

たとえばあなたが間違っていることが

あると思いますが

だからといって全面的に

拒否されることでもありませんし

あなたが絶対に悪いという事でも

ありません。

 

人によっては口がうまい人もいますし

味方をつけることがうまい人もいます。

 

でもだからと言って

そういう人たちが必ず正しい

というわけでもないのです。

 

あなたの目で何が正しいかをきちんと見極め

その意見に自信を持ってください。

 

 

そのうえであなたと意見の違う人は

いると思いますし

それはそれでいいのです。

 

あまり深く考えず

1人の人と出会ったら

なにがなんでもその人と一緒に

いなくてはならない、

というわけでもなく

もし合わなければ

いつでも離れることができるのです。

 

そういったことを考えながら

あなたは自分の意見に

自信を持って行動するように

してください。

 

それができるようになると

周りのおかしい人にも気づきはじめ

ずっと同じとことにいなくても

大丈夫だと気付き始めるのです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください