自己愛性人格障害の被害者は無関心になることで自由になれる

こんばんは♡

今日は無関心になれることであなたは自由になれる

ということについてお話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の被害に遭いやすい人というのは

共感力が高すぎる人が非常に多いと思います。

 

共感力が高すぎるため

周りにいる人の感情を優先してしまい

自分が辛くなっていることに気づいていません。

 

あなたは自分のことよりも

相手の気持ちの方が気になったりしていませんか?

 

冷たくされると

何か自分に原因があるのではないかと探してしまい、

嫌われないように

必死で努力をしてしまうかもしれません。

 

普通の人間関係の場合は

それでいいと思うのですが

相手が自己愛性人格障害だった場合

あなたの性格やものの考え方が

あなた自身を追い込んでいってしまうかも

しれません。

 

自己愛性人格障害の人は

自分のために犠牲になってくれる人を

強烈に求めますので

あなたのような共感力の強い

真面目な人を見抜く能力に長けています。

 

とはいえ、自己愛性人格障害の人は

共感力が全くありませんので

あなたが目に見てわかる態度でないと

判断することができませんので

わからないうちは好かれようと

必死に努力をしてきます。

 

それがあなたの目からみると

とてもいい人に見えたり

優しそうに思えてしまうので

自然と仲良くなることが多いでしょう。

 

仲が良くなってしまえば

あなたがは自分の気持ちを伝えたり

相談したりするので

相手はあなたがどんな人間か

わかるようになってきます。

 

あなたがもし

自己愛人格障害の人を信頼してしまって

相談事を持ちかけたり

手伝って貰ったりすると

自己愛性人格障害の人は

初めのうちは喜んで協力してくれるかも

しれませんが、

しばらくすると

あなたが困ったタイミングでほっておかれたり

無視されたりし出します。

ですが、それには訳があるように見えて

実はわけなどありません。

 

ただ単にあなたが苦しむところが

みたいだけなのです。

 

そんな事をする人などいるとは

思わないかもしれませんが、

自己愛性人格障害の人は自尊心が押しつぶされて

まったくないので自分が価値のない人間だと

思われてしまうことに

極端な恐怖心を抱いています。

 

その気持ちが強すぎて

いつ、他人から価値がない人間だと

思われるかということに恐怖感を抱いているために

自分を立派な人物に見せながら

自分のすぐそばに惨めな存在を置いて

眺めていないと安心できないのです。

 

あなたにはわからないかもしれませんが

自己愛性人格障害の人は

共感力がないのでみただけでは

人の気持ちが分かりません。

 

例えば無表情な人や感情が表に出ない人だと

何を考えているか分からないので

自己愛性人格障害の人は全く手を出せません。

 

後、本当は悲しくもないのに

悲しそうなふりをしたり、逆に本当は辛いのに

無理をして笑っている人なども

普通の人なら状況やその人の性格や雰囲気などから

なんとなく無理をしているな、

などとわかるものなのですが、

自己愛性人格障害の人は目で見たことしか

分からないのです。

 

何を考えているか分かりにくいタイプの人は

もしかしたら自分よりも強いかもしれないし、

もしかしたら自分なんて

見下されてしまうかもしれない、という

わけのわからない恐怖に怯えているので

全く感情が読めない人や

明らかに頭がよく敵わない人やお金持ちの人、

自分よりも立場が強い人だったり

役職が上の人には驚くほど従順なのです。

 

逆に自分を頼りにしてくれる人だと

気持ちを込めて訴えてくれたり

悲しそうな顔をしたり

嬉しそうな顔をしたりするので

どんなことで傷つくのか、

どんなことをすれば嬉しいのか

わかるようになります。

 

それがわかるようになるまでは

とても良い人を演じますが

あなたが、もし弱い所をみられてしまったり

落ち込むところをみられてしまうと

自分の方が上に立てる、と高揚し

どんどん追い詰めて来ることをやめられないのです。

 

だから自己愛性人格障害の人に

感情を見せてはならないのです。

 

ましてやあなたが自己愛性人格障害の人を

好きだったり、

うまくやっていきたい、と思っている人だったりしたら

ほっておけば勝手にしがみついてくるので

自己愛性人格障害の人は

おもしろくてたまらないのです。

 

だから、残念ですが、

あなたが苦しい思いをしないためにも

自己愛性人格障害の人には

無関心になる事をお勧めします。

 

あなたがどうしても彼から離れたくなくて

どうしても寄り添ってしまう場合は

どんどん無価値化して

あなたをほっておくようになります。

 

もっと状況が進むとあなたをほっておいて

周りの人に親切にしているところを見せつけ

あなたとの扱いの差をどんどん広げていきます。

 

人間は誰でも承認欲求があり、

それは本能のようなものなので

赤ちゃんからおばあさんまで

ほっておけばおくほど

その人が気になり始めます。

 

あなたはだんだん辛くなりますが、

周りの人から見たら

自己愛性人格障害の人は

他の人にはとても親切で優しいし

あなたとの扱い方の差をつけているだけで

あなたにひどいことをしているようにも見えないので

自己愛性人格障害の人は

悪い事をしているようにはとても見えません。

 

 

ですが、あなたがもし

自己愛性人格障害の人の恋人だったりしたなら

自分よりも

周りの人と円滑に

コミニュケーションをとっている

自己愛性人格障害の人をみて

さらに傷つくと思います。

 

 

普段は意識して、他人から認めてもらいたい、

と思うようなタイプではない人でも

極端に自分だけまったく相手にされず、

周りの人とだけ

極端にうまくいっているところを見せつけられれば

しがみつきの感情が強くなり、

精神的にきつくなるのです。

 

Tiaraが見ていても自己愛性人格障害の人は

症状が進むと必ずどのタイプでもそうなり

そして被害者は必ず、しがみつきたくなり

なぜ自分だけが相手にされないのか

自分が悪いのか、

自分が何かしたのか

悩み苦しみ、一方的に自分ばかりが

連絡を取ろうとしてしまったり、

連絡が来ないことに悲しんだりして

自己愛性人格障害の人から離れられなくなります。

 

ところが、その苦しみがどん底まで来ると

今度は自分が自己愛性人格障害の人のすることで

取り乱したりまともでいられなくなってしまう事に

恐怖を覚え、気づいて離れようとし出します。

 

そして自己愛性人格障害という病気をしり、

だんだんと相手にしなくなったり

無関心になったり、

本当はけっして無関心になっている訳ではないのだけど

無理に対処法を実行して

無関心に見えるようにそっけなくなります。

 

 

すると今まで精神的に追い詰めてきた被害者が

離れていくことが怖くなり

自己愛性人格障害の人が

しがみついてくるのです。

 

被害者がどんなにひどいことをしても

自分から離れていかないことに

安心して虐待していた自己愛性人格障害の人が

今度は被害者が

つらい思いをしているところを

見られなくなる恐怖から

被害者を追い求めてくるのです。

 

自己愛性人格障害の人は

自尊心がなく、

自分には価値がないと思い込んでいるので

人が自分よりも下だということを確認していなければ

冷静ではいられないのです。

 

冷静でいられなくなった自己愛性人格障害の人は

できるだけ早く

次のターゲットをみつけようと必死になって

周りの人に親切にしたり

強烈にしがみついて

またその人にも同じ事をし出します。

 

そうやって落ちぶれた自分にしがみつく相手を

見ていないと冷静ではいられなくなるのです。

 

あなたがもし被害者になってしまったら

あなたの仕事も信用も愛情も全て失います。

 

だから自己愛性人格障害の人には無関心になって

表情を見せず、

自分の好きなことや苦手なことは

自己愛性人格障害の人のいないところで

しなければならないのです。

 

そうすることで

自己愛性人格障害の人は

あなたに手をだすことはできませんし、

あなたについている人を奪うこともできません。

 

被害者がいなければ

自己愛性人格障害の人は何もできないのです。

 

自己愛性人格障害の被害に遭いやすい人は

孤立させられることが多く、

自分の気持ちをきてもらうことが少ないので

人から自分の気持ちを

わかってもらうことに飢えています。

 

だから少し話を聞いてくれるひとや

自分に優しくしてくれるひとを

すぐに信用してしまうのでくせがあるのですが、

その相手が自己愛性人格障害かそうでないかを

見抜くことができなければ

あなたはまた、

自己愛性人格障害の被害に遭ってしまうことが

多くなってしまうのです。

 

あなたの話や貴方の気持ちをわかってもらうときは

自己愛性人格障害の人ではない人だと

見抜いてからにしてください。

 

まだ分からないうちに

あなたの存在を分かってもらおうと

いろいろ話してしまったり

相談したり、

追い求めてしまうようなことをしてしまうと

あなたはそんなひどい人間ではないのに

勝手に孤立されられてしまい、

あなたはますますしがみつきを強めてしまい、

冷静ではいられなくなってしまうかもしれません。

 

そうなるとますます、

尊大な魅力を見せつけながら

あなたに優しくして近づいてくる自己愛性人格障害の

ターゲットになってしまいますから

あなたの感情は、普通の人にだけ見せて

普通の人と関係を深めるようにしてください。

 

相手が普通の人なら

いまのままのあなたでも

なんのトラブルもなく

関係を深めていけると思います。

 

恋人にしろ、友達にしろ

同僚にしろ

相手が自己愛性人格障害かもしれない、と

疑えるうちは

あなたの感情を見せず

淡々と過ごす方が、

自己愛性人格障害の人は近づきにくくなるのです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください