自己愛性人格障害の人との適切な距離感

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の臆病な性格を利用する

ということについて

お話したいと思います。

 

Tiaraのサイトを訪れてくれる方は

多くの方が、大好きな彼が

何も原因がないはずなのに

なぜか被害者のせいになり

急に別れを切り出されたり、

冷たくされたり、

音沙汰がなくなって悲観している人が

とても多いです。

そのくせ、被害者の目に留まるところで

他の人とは

とても穏やかな関係を築けているような

様子が見て取れ

なぜ自分だけ、と自尊心を傷つけられたり

何か自分が悪いことをしたのか、と

何もしていないはずなのに

それどころか、彼のために心を寄せて

自分を犠牲にしてでも彼を優先するくらいなのに

罪悪感に苛まれると言うような

理不尽な状態に苦しみます。

 

でも、それは

あなたが悪いわけではなくて

あなたを悪者にすることで

自分の自尊心を上げていなければ生きていけない

自己愛性人格障害からきている

彼の精神状態が原因だと言うことは

もうわかっていると思います。

 

自己愛性人格障害とは

幼い頃にありのままの

自分を受け入れてもらうことができず、

想像を絶する不安の中で育った子供が、

認めてもらいたい気持ちだけが非常に過大した状態で

共感力を使うことなく育ち、

まわりの人のことを

極端に考えられなくなった病気ですね。

 

共感力を全く持たないことで

罪悪感を持つことなく

あなたにひどいことができるので

平気で何もしていない人を悪者にして

自己愛性人格障害の人の気分次第で

あなたを使ってスッキリすることができます。

 

普通、罪悪感があったら

そんなひどいことは

全くの赤の他人にでも

ほとんどの人がすることはできません。

 

それがうまい具合に

自己愛性人格障害の人に働いて

世間の人から

いくらなんでもそんなにひどいこと

何もしていない人にするわけがないでしょ?

と思われるため、

万が一、ひどいことをしていることがばれたとしても

世間の人は何も考える事なく

あなたの方に何か原因があるんじゃないのかと

何も考えずに自然に考えてしまうのです。

 

自分を素敵に見せることが

幼い頃から常に癖のようになっていて

知らなければとても魅力的に見えるので

ついてくる人も多く、

その高揚感を感じ続けるために

尊大な振る舞いをし続けます。

 

見ていると自己愛性人格障害の人は

どんなにひどいことをしていても

それは反撃してこないような安心できる存在にだけ

見えるようにしていて

周りの他の人の前では

とても穏やかに振る舞ったり、

紳士的に振る舞ったり、

冗談ぽくくったくなく笑ったりしているので

とても好感度が高いです。

 

だから被害者から見ると

なぜ?自分にだけ?

と自尊心を傷付けられたり

またとても怖い思いをしているのに

周りの人に言っても信じてもらえないと不安になってしまい、

知らないとなんとか攻撃をされないように

必死で言うことをきいてしまい、

結果それが自己愛性人格障害の人に

服従するようになってしまうのです。

 

普段が素敵なだけに

自己愛性人格障害の人を

極端に信じてしまい

離れられなくなった人に

安心して自分の怒りをぶつけたり、

自分に縋り付いてくるその人を振り落とすことで

自尊心を持ち上げて高揚する病気なので

自分の自尊心を上げてくれる被害者に

ひどいことをしているようで実は依存しています。

 

また被害者も

尊大な振る舞いや

親切にしてくれる自己愛性人格障害の人をみて

この人に捨てられらた私は生きていけないと

理不尽な願いも聞き続けて

ボロボロになるまで縋り付くので

精神が壊され、

ひどいと病気になってしまいます。

自己愛性人格障害の人は

そばにいるととても怖いので

離れた方がいいのですが、

Tiaraの本当の願いは

自己愛性人格障害の被害者をなくすことと、

自己愛性人格障害の人もできるだけ

安定しておとなしくしていられれば

それが一番だと思っています。

 

自己愛性人格障害の人の極端に

人に嫌われることを恐れる臆病な面を使えば

もしかしたら、自己愛性人格障害の人が

他人に攻撃することなく、おとなしいまま

その場にいられるかもしれない、と思っているのです。

 

それには、被害者側が

やられるだけでなく

きちんと自己愛性人格障害の人の脳の構造を理解し、

自己愛性人格障害の人から攻撃してもいい相手、

と判断されることなく

距離を置いて、

ひどいことをされれば引く、

ということさえきちんとできれば

もしかしたら自己愛性人格障害の人は

おとなしいままいられるのかもしれない、

と思っているのです。

 

もちろん、自己愛性人格障害の人にも

タイプがありますので、

その人によって少しは違うのですが、

それぞれのタイプによって対処を変えれば

根本的な自己愛性人格障害の部分に関しては

みんな同じですので

そこさえ押さえることができれば

それぞれの個性でそれなりに

対処はできると思っているのです。

 

1つ勘違いして欲しくないことは

そこには「愛」はなく

ただ、ひどいことをすれば

相手から拒否されるということを

きちんと

自己愛性人格障害の人に

わかってもらえるようにすれば

自己愛性人格障害の人は

個人を攻撃することはできなくなる、

と思っているのです。

 

それには

あなたが、

自分を大切にする気持ちがとても大事です。

 

彼から優しい言葉をかけられたとしても

もしかしたらそれは

あなたから嫌われたくないだけなのかもしれませんし、

あなたに優しくしている自分を

周りの人から見て魅力的に見せて

女性にモテる自分をアピールしたいだけかもしれませんし、

とにかく、

あなたに対する愛情から出ている行動かどうかを

あなたがしっかりと見ることが大切なのです。

 

自尊心が低い人ほど、

こんなに優しくしてくれるから

と自己愛性人格障害の人を信じてしまい

離れられなくなってしまう人が多いのです。

 

自分を大切にしている人は

まわりの人から見ても

この人は大切に扱わなきゃダメなんだ、

という印象を持たれます。

 

自分を大切にしていない人は

まわりの人から見ても

この人は大切に扱わなくてもいいと判断され

軽く見られたり、

大切に扱われなくなってしまいます。

 

だから、あなたは自分を大切にしなければなりません。

 

あなたに価値がないように見せているのは

本当は被害者よりももっと自尊心ない

自己愛性人格障害の人が

生きていくためにあなたの価値を落としているからなのです。

 

そしてそれを信じてしまった何も考えていない周りの人と

あなた自身があなたには価値がないと

思わせているだけで本当はそんなことはないのです。

 

あなたが素敵だと思っている人その彼は

ただの自己愛性人格障害の人で

あなたのためにはならないかもしれません。

 

むしろ、一緒にいることでどんどんあなた自身も

あなたの周りの人も

あなたを悪く思ってしまい、

あなたは濡れ衣を着せられて

悪者にされてしまい

何もしていないのに

あなたのいるその環境で

生きていけなくなってしまうかもしれないのです。

 

もしあなたの彼が自己愛性人格障害かもしれないと気付いたなら

その環境を離れ、

あたらしい世界で生きていく方が

手取り早く、

その苦しみから逃れることができると思いますが、

彼から攻撃されないように

持っていくことができたら

今いる環境で

生きやすくなれるかもしれません。

 

もしその彼が

あなたの恋人や旦那様だった場合、

愛情を持つことはいけないとは言いませんが、

普通の恋人同士や夫婦のような

お互いに思い合い、というような

普通の関係は望まない方がいいです。

 

Tiaraも自己愛性人格障害の人に愛情はありますが、

それはその人と本当の愛を築きたい、

ということは少しも思いませんが、

元彼のことも含め

できるだけ、

悪い状態に持って行かないようにしてあげることが

自己愛性人格障害の人への愛だと思っています。

 

もちろん一番は、

被害者の人が精神的に攻撃されたり

その場を追いやられて悪者になるような状況を一番に避け、

その上で、

自己愛性人格障害の人が攻撃したいと思う状況を

できるだけ避けて

もし、ひどい状況を見てしまったとしても

(本当は忘れていませんが)

忘れたふりをして

普通に距離を置きながら付き合ってあげるという

ことで自己愛性人格障害の人を拒否しない事です。

 

自己愛性人格障害の人も被害者になってしまう人も

どちらかが立派だということはなく

どちらも同じ価値のある人間なのです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください