自己愛性人格障害は真実を使う

こんにちは♡

前回は、自己愛性人格障害の嘘について話しました。

 

今回は真逆で、

自己愛性人格障害は真実を言っている、

ということについて説明します。

 

自己愛性人格障害というのは、普通の人よりも、

正直で裏表がないように見えます。

どうしてそんなことができるのでしょうか?

 

それは、他人が聞いている限り、

本当のことしか言わないからです。

 

被害者の人をいたぶるにしても、

被害者の人の失敗や欠点を使います

(誰にでもあること)

 

例えば会社の先輩と後輩が

自己愛性人格障害と被害者の関係だったとしましょう。

 

被害者の人が社内で使う書面を

作成したとします。

 

それについて、自己愛性人格障害の人が、

「ここは、もう少し太字にしたほうがいい。」

「ここはオレンジじゃなくて

赤にしたほうがはっきりする。」

というような

アドバイスをしたとします。

 

被害者の人は、基本的に素直なので、

自分のミスを認め、

また必死で作り直してきます。

 

するとまたそこで、

「ここは箇条書きにしたほうがいい。」

「いろんな人から見て

分かりやすい文章にしたほうがいい。」と

少しイライラしたような口調や

ため息交じりに大げさに下を向いたりして、

「もう一度作り直してこい」と

いうようなことをいいます。

被害者の人は必死にやり直しますが、

次から次へといろいろ注意されるので、

へとへとになってきます。

 

それを何度となく繰り返し、

「もういいよ。。。」といって、

被害者にやらせることをやめます。

 

もちろん周りの人は聞いていますが、

何度も何度も失敗している被害者を見て

可愛そうに、と思ったり、ダメな奴だな、

と思うようになります。

 

そして自己愛人格障害の人は、

彼(彼女)がいかに何度も印刷をし、

時間と用紙代を無駄にしたか、

報告書にまとめて、上司に提出します。

 

「僕がフォローしましたが、

もう彼(彼女)には任せられません。

と言い、その仕事を

自己愛性人格障害の人がやります。

 

でも、自己愛性人格障害の人が言っていた失敗とは、

別に赤じゃなくても、

オレンジでもいいかもしれません。

もしかしたら

太字じゃなくてもいいかもしれません。

 

それをあたかも、被害者の人が失敗し

何度も何度も失敗するから

有能な俺が面倒を見てやったのに、

自分がしりぬぐいをしなければならないから、

困り果てている。。。

 

という形を何度となく取ります。

すると自然に周りの人からは、

しかたないけど被害者の人が、悪い、とか、

先輩がしりぬぐいをさせられて大変だな。。

と思い始めます。

 

これは「パワハラ」か「会社の不満」

のような記事で見たと思うのですが、

Tiaraはこのやり方は

自己愛性人格障害のやり方だと思いました。

 

もちろん先輩の言っていることは、

よくよく見てみないとわからないのですが、

自分も仕事をしている合間に

なんとなく周りから聞いている分には

先輩の言ってることが、正しく

後輩が、何か何度言われても失敗している、

という風にしか見えないでしょう。

 

こういったように真実をうまく使って、

ほんとに正しいのかわからないような

あいまいなことを使って、

周りから孤立させ

どんどん被害者を追い詰めていくのです。

そして、

彼の言うことを聞けば

助けてやる、というような形を

被害者の前で取ります。

 

被害者は、

助けてもらえる、という救われるような気持と

彼には逆らえない、というような

気持ちを

自分でも気づかないうちにもっていくのでしょう。

敵対心のない嫌がらせ

こんにちは♡

 

前回、モラハラの怖さというものが、

どれだけ怖いか、

どうしてターゲット本人にもわからず、

事態が悪化していくのか

なんとなくわかっていただけたのではないでしょうか?

 

今はこんな感じで好きなことをしているTiaraですが、

去年の今頃は

自分のことどころではなかったんです。

 

ほんとに彼が悪化したのか

長い間付き合っていたのでターゲット化したのか、

それともTiaraの発言が火をつけてしまったのか

それはわかりません。

 

今まで一番の味方だと思っていた彼が

あなたを陥れるようなことをしている。

すごいショックですよね。

Tiaraもすごいショックでした。

 

 

日常的に細かいことが多いので

指摘するほどにはなりません。

同じ会社でしたので帰りは「一緒に帰ろ」

と言われることも多かったのですが、

車で一緒につるんで走っていると

突然方向転換をされ、

スピードを上げて曲がっていったり。

 

(はじめのころは「どうしたの?」

とかラインを送ったりすることもあったんですが)

 

「ん?スタンド寄っただけだよ」とか言われると

「なんだ」と言いつつも、

その時はドキッとしましたし、

正直いい気はしないですよね。

 

3,4か月に1回別の場所で

研修があったりしたのですが、

社内システムを使って好きな時に予約するのですが、

「一緒の日にしよ♪」って

嬉しそうに言われるので

Tiaraもうれしくなって、

二人とも同じ日に予約していました。

 

付き合いだして間もないころは、

一緒に会社を出て

彼の車で、研修所まで行っていました。

 

Tiaraが会社に入って間もないころは

わりとTiaraは人気者でした。

 

みんなに「研修一緒にいこ」って

言われていたのですが

毎回、彼と行く、というので(付き合っていることは

おおっぴらにはしていませんでした。)

だんだん、みんなもTiaraを誘わなくなりました。

 

でも、ほんとに一緒に行ったのは

会社に入って5年間で1、2回だけです。

(何十回と研修はありました。)

 

毎回、何も言わずにいつの間にか、

会社からいなくなってしまっていたり、

「あ、一緒に行くこと忘れてた。」

と言ったり。

 

毎回、予約するときは「研修いつにする?」と

彼のほうから聞いてきて予約するので、

Tiaraは毎回、一緒に行くのか、

と思っていました。

 

でも、毎回、前日にけんかをしたり、

(もちろんなんで怒るのか分かりません。)

気づけば、ずっと嫌がらせをするために、

わざわざ、同じ日に予約をしていたのです。

 

でも普通、何度もこんなことされたら、

けんかになるに決まっています。

でも、Tiaraは言えなかったんです。

[ad#co-1]

 

彼には、意地悪をしていても話をするときに

敵対心がないのです。

とても紳士的だったり

穏やかな話し方だったりをするんです。

 

 

普通、意地悪をする人は、

敵対心をむき出しにしてします。

だから、

嫌がらせをされていると気付くのですが、

自己愛人格障害は敵対心のない虐待

と言われています。

 

だからモラハラに気が付かないのです。

 

でもあなたもそうだと思いますが、

約束していておいていかれると嫌な気持ちになると思います。

それを日常的に繰り返すのです。

 

はじめは1か月に1回、2回、

気づかないレベルです。

ただ、それ以外の時はとてもやさしいです。

好きだよ、と言ってくれたり、

Tiaraのことを本当に大切にしているよ、

と言われる。

 

嫌がらせもいろいろなやり方で

手法を変えて仕掛けてきます。

 

おいてったときも前日にけんかをし

「明日は一緒にはいかないから。」といわれることもあれば、

「あれ?そうだっけ?」ととぼける。

たぶん、「一緒にいこって予約したよね?」

って言ったときもあります。

 

そしたら「別に一緒に行かなくても向こうで会うから

いいじゃん。」と言われました。

その時の言い方も、

ぶっきらぼうに言ったのではなく

とても優しくて、(ま、そっか)

と納得してしまうレベルです。

 

でも、いやな感じは残りますよね。

しかも、頻繁にやられると。

 

分からない程度にチクチク、じわじわと、

そしてTiaraに優しくしているところを

みんなが見てる。

 

本当にわかりにくいと思います。

でも、その嫌がらせの頻度も、

強さもだんだん加速していきます。

 

できるだけ早く気づきましょう。

 

あなたの相手は、

あなたが傷ついているのを知っていて

自分だけが紳士に見えるように、

巧妙にあなただけを

落としいれているのです。

 

何に一番ごまかされるか。。。

他の方はわかりませんが、Tiaraの彼は

声と顔、そして態度でした。

 

ほんとに嫌なことするときは、

「どうしたの?」「そんなことしてないよ?」

「Tiaraどうしたの?もしかして生理?」

 

こんな感じです。。。

ほんとに穏やかな顔と態度で。。。。

 

「よく勘違いされるんだよね。俺、怒ってるみたいに見えるみたいだよね~。」

そうなんだ。。。

 

彼の顔立ちは、無表情で

まったく心の中が読めません。

 

でも、時折、

子供のように屈託ない笑顔で笑ったり

正義感に燃えることも言うんです。

 

ほんとに、自分が勘違いしてしまったのかな?と思ってしまうくらいに。。

今まで、Tiaraが嫌だと感じてきた人たちは

・しゃべり方が威圧的な人

・態度が威圧的な人

・嫌な顔をする人

などでした。

 

優しくしてくれた人、

Tiaraのことを好きだといってくれた人には

基本、嫌なことはされたことがないです。

 

だからバツイチだったTiaraのことが

好きだと告白してくれた時には

正直、ほんとにうれしかったんです。

 

日曜日、

もし暇なら喫茶店にでも行きませんか?

と誘われ、

元旦那さんと別れて以来、

特に何をするでもなかったTiaraが

子供に

「ねえ、会社の人に喫茶店に誘われちゃった。行ってもいい?」

と聞くと「いいよ~」とのんきな子供の声。

 

日曜日の午後、子供とごろごろしてたんです。

突然の告白に正直びっくりして

カチカチになって帰ってきました。

 

Tiara :「コクられちゃった~」と机に突っ伏して子供に打ち明けると

子供    : 「おい、うそだろ、母さん。そんなわけないよな~w」

Tiara   :    「ほんとだよ~」えへへ(〃´∪`〃)ゞ

子供  : 「好きでもないのに付き合わないよな!なあ?」

Tiara :    「・・・」

子供   :  「おい、嘘だろ!まじかよ。。。」

 

たぶん、久々の告白に舞い上がっていたんだと思います。

それに会社ではすごく仕事のできる彼。。。

こんな人にコクられるなんて。。。

 

そのあと、子供2人もすぐに彼のことが好きになり、

いっぺんに楽しい生活に変化していきました。。。

 

その彼が、まさか、そんなことするわけはないよね。。

あまりのギャップにTiaraが考えすぎなのでは?とおもっていったんですよね。

自己愛人格障害は、ほんとに普段の態度と

ギャップがあるように思えます。

 

だから自分の勘違いなんだ!と

勘違いしてしまうことが多いのです。

 

あなたも口調や態度が穏やかでも、

やっていることをよ~く見てください。

 

彼のやっていることが、

本当に好きな人にできることなのかを。。。

自己愛性人格障害の罪悪感

こんにちは♡

Tiaraのブログを読んで、

少しでも心が晴れていますか?

あ、そーいうことっだったんだ、って

納得できてるといいんですけど。。。

 

Tiaraは分かってもらえないことに対して、

周りの人に

とても迷惑をかけてしまいました。

 

最後までTiaraと彼がうまくいくように

相談にのってくれた人には

「もう何年も相談にのってきたのに

病気ってどういうこと?

けっきょく

私の相談にのってた時間ってなんだったの?」と。

 

自己愛性人格障害の被害にあった人は、

彼とうまくいかないことを、

彼には言えなくなっているため

他の人に相談する、という人が多いと思います。

 

でも、ほとんどの人が常識の範囲内で

相談にのってくれるでしょう。

 

だから、なんにもしてないのに嘘つかれる、

などというと

「なんにもしてないのに、

そんなことするわけないでしょ。」とか

「嘘つくような男なら信用できない。」など。

でも、常識で考えられないようなことを

しているので

なかなか分かってもらえないんです。

 

嘘は日常的につきます。

そんなこと嘘ついてどうするの?と

理由もわからないような嘘もつきます。

 

普通の人が嘘をつく理由と

全く違う理由で嘘をつくのです。

そして、嘘をつくことに

全く罪悪感がないのです。

 

自分で嘘をついた時でさえ

「そんなこといってないよ!」

と熱く語ります。

 

知らない人が見たら、

あそこまで言ってるなら

彼は嘘をついていないんじゃないか?

と思うほど。

 

普通の人が嘘がばれるときは、

罪悪感から、(しまった)というような顔をしたり、

罪悪感からうつむいたり。

罪悪感から目が泳いだり、逃げ出したり。

罪悪感から「ごめんなさい。」と言ってしまったり。

 

こういった反応が全くないから分からないのです。

ただ、つじつまが合わない、という事実があるだけ。

 

判断のポイントはあなたの中の違和感だけです。

その違和感をよく考えてみてください。

 

あと、嘘だと気付いても

彼に直接指摘しないでください。

 

彼に敵対心を持ったと思われてしまうと

後で

全然関係ない時に嫌がらせをされてしまうので

もし、嘘だと気づいても、

彼には言わず、心の中で

彼を無視してください

 

そして、そのあと、

自分から積極的に話しかけるのをやめてください。

 

できれば接触を断つのが一番いいと思うのですが、

できない場合、(夫婦や同じ職場など)

心の中で無視をしてくださいね!

 

自己愛人格障害を疑われる方には

それが

最善の接し方だと覚えておいてください。

サイトマップ