自分を愛してくれる人を完全につぶしてしまう

こんにちは♡

 

昨日は自己愛人格障害は

自分を愛して慕ってくれる人物を

完全につぶす、というお話をしました。

 

ではなぜ自分を愛してくれて

慕ってくれる存在を

潰してしまうのでしょう?

 

潰すのなら、

自己愛人格障害の人が

嫌いな人、いやな人をつぶせばいいのではないか?

と思う人もいるでしょう。

 

むしろそっちのほうが

自然だと思いませんか?

 

でも、不思議なことに

自分のことを

嫌いな人にはできないのです。

自己愛人格障害とは

自分が嫌われることを

極端に恐れます。

 

でも、自分の中にある

自尊心が極端に低いことからくる怒りを

誰かにぶつけていないと

生きていけないので

ぶつける相手を無意識に探しています。

 

自分を受け入れてくれそうな人が

いると

優しい言葉で近づき、

初めはちょっとした

ブラックジョーク的な

嫌がらせで

相手を試していきます。

 

相手が軽く受け流してくれたり、

ジョークだと思い、

怒ったりもせず、

受け入れてくれると

徐々に嫌がらせを強めていって

相手を試します。

 

自己愛人格障害も

そういう人を求めているので

愛情深い言葉もかけるでしょう。

 

そういう意味では

恋人同士になっていくことは

自然なことなのです。

そして被害者の人も

気づかず、どんどん彼を許すようになっていき

気づいた時には

なんか分かんないけど

苦しい、という状態まで進んでいるでしょう。

 

だから、気づいた時点で

逃げるべきなのです。

 

彼はあなたを信頼しています。

 

信頼しているからこそ、

あなたは、

彼にどんなにひどいことをされても

自分から離れていかないという

絶対的な自信を持ているのです。

 

だから、あなたが

逃げれば

自分は信頼されていない

という恐怖心から

あなたに何もできなくなるでしょう。

今まで

あなたが持ってきた常識とは

すべてが反対なのです。

 

好きなら、彼から

全力で逃げてください

 

あなたが危ないです。

 

好きなら大事にしてもらえる、

という考え方を持たないほうがいいでしょう。

普通の人なら

それでいいのですが、

自己愛人格障害は

逆なのです。

 

世の中の常識が

相手のことを大事にすれば

自分も大事にしてもらえる、

ということになっていますので、

なかなか気づかないと思いますが、

自己愛人格障害の人は

常識とは逆で、

自分のことを好きだから

あなたには

何をしても許してもらえる

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください