相手が自己愛性人格障害の要素を持つと気付いたら全面的に信じることはとても危険

こんばんは♡

今日は、相手の人に

自己愛性人格障害の要素が見えたら

全面的に信じることは

とても危険だということについて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害のひとを

全面的に信じることはとても危険です。

今はまだ

そんなに被害に遭っていない人でも

相手が自己愛性人格障害だと気付いたら

どんなに親切に見えたり

あなたのことを

分かってくれようとしているように

みえたとしても

それを全面的に

信じてしまうことは

とても危険なのです。

Tiaraはここのところ連日

会社の自己愛性人格障害の

女性の話をしているので

彼女の話で例えると

自己愛性人格障害のひとは

尊大な魅力や親切心を魅せつけてくるので

あなたのほうから

寄っていってしまうことも

あるかもしれませんが

たいていは向こうからすごい勢いで

あなたのペースに入ってきます。

そしてあなたを痛めつけても

あなたが自分に反撃してこないと

判断したらとことん攻撃を仕掛けてきます。

Tiaraは初め

彼女にまったく興味を

持っていませんでした。

Tiaraの好きなタイプではないし、

そもそも自己愛性人格障害のことを

とてもよく知っていますので

初めは慣れるまで

おとなしくしようと決めていました。

もちろん新しい友達が欲しいわけでもなく

仲良くしたいわけでもありません。

ただ自己愛性人格障害のひとに

狙われないように

しているだけなのです。

それが向こうから

すごい勢いで仲良くなり

不自然なほどキャーキャー言って

みんなの前で仲良しアピールをします。

Tiaraも彼女に公的に

話し出したそのころ

もともと静かで低い

彼女の声は聞き取りずらかったのですが

その静かな声で地味に

何を聞いても

「そんなの自分で調べたらいいじゃん。」

「私に聞かれても私そんなの知らない。」

「自分で見れば分かるじゃん。」

というような冷めた口調で静かに言っていても

モラハラだとは気が付きませんでした。

ですが、Tiaraが仲良くなり始めた頃には

絶対に否定なんてしなかったのです。

彼女が自己愛性人格障害ではなかったとしても

人のことを否定ばかりする人は

そもそもおかしいです。

Tiaraが本当に

訳の分からないことばかり聞いて

うざかったのなら

それはそれで仕方ないでしょう。

ですが、自己愛性人格障害のひとは

何かにつけて難癖をつけだすのです。

彼女がTiaraに怒りだした理由は

むしろ彼女のほうから言ってきたことですし、

会社の男性が

膝を割っていつ出てこれるか分からない、

という話題は

しばらくしつこく聞いても

おかしくない話題だと思います。

しかもTiaraは

自己愛性人格障害について

詳しくなってしまったので、

本気で人にすり寄っていく

という行為はほとんどしません。

なのでまだ仲良くなって

間がない彼女には

そんなに嫌がるほど

うざい行為は取っていないはずです。

それなのに彼女は

(もう、いい加減にして!)と

いうような態度でした。

不自然極まりない態度なのは

普通の人から見ても

分かるレベルなのですが

Tiaraは普通のひとよりも

自己愛性人格障害に

ついてばかり考えているので

気づかないはずがありません。

それにも関わらずやってきた行為なので

相手が自己愛性人格障害じゃなかったら

何なの?という感じです。

興味のある話題を降っておきながら

2,3回聞いてきたら

キレる、という感じです。

それはわざわざTiaraに

男性の足のことについて

一言二言聞かせた後に

こじつけで怒っているからと

機嫌の悪い態度をとり続け

入ってきたばかりのTiaraを無視して

もともと彼女の仲良かった人との

穏やかな関係を魅せつづける、

というあの自己愛性人格障害、

独自のやり方です。

ですが、Tiaraは

自己愛性人格障害について

初めからよく知っていたので

彼女の課の人たちと

もともと仲良くなりたい、

とか私のことを見て!と

そもそも思っておりません。

だから彼女がやっていることは

不自然極まりないのです。

人は

たまたま機嫌が悪い時に

話しかけられた!という時は

自己愛性人格障害でなくても

このような態度をとるかもしれません。

でもそのあとも、

避ける、無視をする、という態度を

とり続けるのはあり得ないことなのです。

Tiaraは堪える、というよりは

あれ?このひとなんかおかしい、

と興味がわきました。

惹きつけておいて

拒否をするという態度を

きっと本人も辛かろうに

ずっとやり続けているのです。

もともとそんなにも

惹きつけられていないTiaraは

「何してんの?」という感じです。

ですのでTiaraには

彼女がおかしいということは

一目瞭然でしたので

彼女のご機嫌を取ろうと

必死になるわけではなく

むしろ彼女は避けて

それ以外の人に

どうしてこんな風になってしまったのかの

事情を説明したのです。

そして

「Tiaraは彼女の邪魔をしたいわけでも

彼女を好きでも嫌いでもない。

業務的に全く接点のない彼女と

同じグループの席に座り

それぞれ別々の仕事をこなし、

終わったら気持ちよく

「お疲れさまでした。」と言えれば

それでいいんです。

それなのにあのガン無視は理解できない。

彼女がガン無視をするので話せませんが

別にTiaraは彼女を無視したいわけでもない。

話せないから

話していないだけですので

Tiaraが彼女を無視していても

変な風に思わないでほしい。

と言って回ったのです。

もちろん

自己愛性人格障害の彼女が

知らない間に。。

なのになんで

必死であんなに

Tiaraの存在を

否定していることが不思議です。

それさえ言っておけば

別に自己愛性人格障害のひとに

理解してもらわなくても

誰もTiaraのほうが

無視しているとは思わないでしょう。

彼女が無視して3種間ほど経ちますが

昨日、彼女たちの部署で

飲み会があったのですが

足を負傷した男性に無理やり送ってもらって

行っているはずです。

ちなみにこの彼女ですが、

この飲み会にそんなにも行きたいとは

思っていなかったと思います。

飲み会に行く目的はただ1つです。

Tiaraに飲み会に行くよ?

というところを見せたかっただけだと

思います。

だからTiaraの目の前で

わざわざ

飲み会に行く話を出さなければ

この飲み会に行く意味はなかったと思います。

そして、その話を聞いて

Tiaraに飲み会に行って

みんなと楽しくTiaraの話をするの?

と怯えてほしかったんだと思います。

Tiaraの話を

本当に飲み会で

出したか出さないかは

分かりませんが

Tiaraに

Tiaraの話を出すかもしれない恐怖

感じてもらわなければ

彼女が飲み会に行く意味は

ほとんどありません。

朝からTiaraに聞こえよがしに

「昨日美味しかったよね?

あの、牡蠣のスープ美味しかったよね?」と

ご機嫌な調子で話をしていますが

おそらく本当に楽しかったから

話しているわけではないと思います。

Tiaraが聞いていないと意味がないのです。

もちろんTiaraは

この二人の席の目の前なので

聞いていました。

ですが全く気になりません。

いいな、私の知らない間に

どんな話をしていたんだろう?

私のことなんて言われたのかな?

この男性に嫌われらたどうしよう?

そんなことはみじんも思いません。

やっぱりな、としか思っていません。

そしてこの彼女が

自己愛性人格障害だと

毎日どんどん確信していきます。

そして、もし

この男性に嫌われたら

Tiaraはこの男性も

よくは思わないでしょう。

何も知らないのに、

この嫌味をいったり

Tiaraを無視する彼女の言うことを

うのみにして

Tiaraを嫌ったり、

一緒になって笑うような人だったら

あら?あなたもそっちのタイプなのね。。

という感じでそういった人間とは

お付き合いをすると

ろくなことになりませんので

これからは避けると思います。

ですが、この男性も

彼女のやっていることは

嫌だと思っているようで

彼女は気難しいと思っているようですので

彼女が昨日の飲み会で

そんなことを言っていたとしても

正しい判断はできると思います。

ただ、この男性自体が

被害者になりそうなほど優しすぎるので

彼女がそういったことを言っても水に流して

彼女を助けようとし、

Tiaraにも

普通に優しくしてくれると思います。

だから全く心配はしていないし、

そもそも自己愛性人格障害の被害は

何をやっているか分からないから怖いので

何をやっているのか

すべて分かっているTiaraは

もう自己愛性人格障害のひとは

怖くないのです。

ただ厄介なので関わりたくないですし、

勝手に

悪い噂をたて

あることないこと言われそうなので

迷惑なだけなのです。

自己愛性人格障害のひとは

Tiaraは徹底的に避けます。

そして別に1人ぼっちでいるつもりもなく

堪えるつもりもありません。

そういったことが分かる常識的な人と

付き合うだけなのです。

Tiaraは

理不尽な噂を信じる女の人も

よく見ています。

もし、そういった人がいたら

その人からも即効逃げます。

いっさい仲良くする気はないので

相手もそう思っていてくれたら

利害関係は一致するので

とても安心なのです。

しゃべりかけてこられないほうが

Tiaraのイメージを操作されずに済みます。

自己愛性人格障害のひとは

裏切って

相手をへこませることを

やめられませんので

付き合うつもりはないのです。

だから無視をされると

こっちも堂々と

無視をできることになるので

助かるのです。

自己愛性人格障害のひとは

引寄せておいて

いつでも急に裏切りますので

信じたらだめです。

本当は病気なので

彼らのせいではありませんが、

だからと言って被害者を出して

いいことにはならないのです。

自己愛性人格障害のひとは

本当は臆病なので

自分の攻撃に堪える人には

とことん攻撃しますが

相手に自分の正体がばれていると思うと

今度はあなたのことが怖くて仕方がないのです。

そしてこの彼女も3週間も

Tiaraを無視しているので

後には引けなくなってしまい、

Tiaraがみんなと仲良く話しているときは

中に入ってこられません。

というより自分から

拒否している感じです。

ですが声は震えていて

Tiaraが「お疲れさまでした。」というと

消え入りそうな震えた声で

「お疲れさま。。で。した。。」

というようになっています。

原因はTiaraが彼女からの嫌がらせに

堪えなかったことです。

これではTiaraのほうが

悪いことをしたみたいですが

Tiaraは一切何もしていないのです。

それに自己愛性人格障害のひとは

普通のひとよりも自尊心が低く

誰かにかまってもらえないと

勝手に堪えていくのです。

自分がやりだした無視で

まさかTiaraがここまで堪えない

とは思っても見なかったのでしょう。

自己愛性人格障害のひとは

そうなると本当に怯えますから

むしろかわいそうに思えてくることが

あります。

ですがここでかわいそうだな、

反省もしているみたいだし

明日から話してあげようかな?

また仲良くしてあげようかな

と思ってしまうと

とんでもないことになります。

明日の朝、

「おはよう!」と明るく声をかけてしまうと

嫌がらせはさらにひどくなるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする