愛を育てる時間の長さ

こんばんは♡

今日は、愛を育てる時間について

お話ししたいと思います。

本物の愛を育てる時間って

考えたことありますか?

Tiaraは

自己愛性人格障害のひと以外にも

それなりに恋愛を経験していますが、

本当にその人のことを分かろうと思うと

相当な時間が必要だと思うのです。

変な話、今、恋をしていなくても

明日にはどうなっているか

誰にもわかりません。

明日、誰に会うかなんて

だいたいの予想はつきますが

それ以外でもふいに

誰かに出会うことってありますよね?

Tiaraは元旦那さんと離婚したとき

次の恋なんて

考えていませんでした。

それなりに長い間

結婚生活を送っていたので

特別さみしいと思わなかったですし、

正直元旦那さんといて

大変だったこともたくさんあったので

離婚したほうが

楽になったと考えていました。

Tiaraには子供もいましたので

1人ではありませんでしたし、

落ち着いて、誰か好きな人ができたら

その時は付き合ってもいいけど

もし、だれもいなかったら

このまま1人でいても

自分で選んだ人生なので

後悔はありませんでした。

ですが、ある程度の歳で

女が1人でいると

勝手に周りが心配をしだします。

「誰かいい人はいないのか?」

「金持ちのおじいさん探したらいいんだよ。」

なんてみんな勝手なことを言って

からかっているのか

本気で心配しているのか分かりません。

会社の人たちが勝手に世話をやいて

他部署の男の子と

飲み会のセッティングをしてくれたり、

心配してくれたりしていました。

「あんた一人でなんかもったいないなあ。。」と

会社のおじいちゃんが言うので

「うん。でも出会いとかないし」と

笑って言っていました。

その時に同じ部署の人が言っていたのですが、

「総務に独身の男のひといるよ?」

とか

「明日は分からんじゃん。

恋なんて案外1日でするもんじゃない?」

それを聞いたとき、

意外とそうかもしれないな、

と思ったのでした。

だって、今まで何とも思っていなかった人に

ふとしたことで急にドキッとして

それから意識しだしたりすることなんて

よくありますよね?

そうです。

恋なんて1日で、

というか一瞬でするものなんです。

ですが、始まりはそうだったとしても

1人の人と長く付き合ったり

深くお互いを知るには

本当に時間がかかると思うんです。

初めのうちは、

全然違うところで育った

全然考え方の違う二人が

ぶつかることなんて

よくあることですよね?

そして、ぶつかりながら

自分の気持ちを

相手に分かってもらいたいと思ったり

自分の考えを曲げてでも

相手の気持ちを

尊重してあげなきゃいけないときもあると

思うんですよね。

自分のやりたいことがあるから

暇な時だけ恋人と会ってなんて

そんな片手間でできることではありません。

それで、お互いに相手のことも

認め合いながら

自分のことも

分かってもらうようになるまでは

そうとうな努力と

なんでもない会話の積み重ね、

悲しい出来事や辛い出来事も

支えあい、ぶつかり合いながら

お互いが少しづつ成長していくには

自分の時間を削って

相手と会う時間を作ったり

自分の言いたいことを我慢して

まず、相手の話に

耳を傾けることも必要なんですよね。

そうやって

あなたも自己愛性人格障害の彼も

お互いと合う時間を

作ってきたはずなんです。

それなのに、それを

本当にちょっとしたことで

ほおりだすことなんて

なかなかできないのが普通だと思います。

だから、積み重ねてきた時間って

二人にとってとっても

大事なもののはずなんです。

被害者であるあなたも

彼との未来を夢見てきたからこそ

自分の時間を割いて

彼と会う時間を作ってきたんですよね。

自己愛性人格障害の被害者って

たいてい彼にしてもらったことばかり言います。

私なんて、とか

私より彼のほうがよっぽどいい人だ、

とか、

彼にものすごくいろいろやってもらったんだ、

と、彼からやってもらったことばかり言います。

Tiaraも彼と別れたばかりのころは

そうでした。

でも、Tiaraも5年という長い間、

仕事と家事以外は

ほとんど彼のことばかりだったんです。

ご飯だってTiaraのうちにきて

食べていたことのほうが多いですし、

彼が出してくれて外食をしたことも

彼の手作りのご飯を頂いたことも

もちろんありますが、

Tiaraのほうが作る回数は明らかに多いし、

たしかに彼からいろいろな素敵なプレゼントを

いただきましたが、

Tiaraだって相当心を込めて

彼に喜んでもらえるよう

何か月も前から彼のことを思って

プレゼントを選んであげていたことは

事実なんですよね。

ところが、あの頃は彼に

やってもらったことばかり言っていましたし、

彼も「俺がこんなにしてあげているのに」

と言っていたことも何度もありましたが、

Tiaraはいつも「ごめん。」と謝っていました。

でもよく考えたら、Tiaraも彼に

身も心も

時にはプレゼントやご飯や

お弁当だって作ったりしていたんですよね。

そして、

いつものように彼から出した別れ話に

Tiaraが初めて承諾をして

別れると言ったとき、

彼からの電話があまりにも

鳴りやまず、

怖くなって

警察に駆け込んだとき

「でも彼にはいろいろなことを

してもらったんです!」と

彼をかばうようなことも

言っていました。

ところが、

そこにいた婦人警官のお姉さんが

「あなただってやったでしょ?

ね、付き合っているときは

彼だけじゃなく

お互いに相手のためを思って

いろいろするものなの。

そーいうものなのよ。」と言われたとき

はっとなりました。

お互いにやっている、ということを

忘れてしまっていたのです。

彼にしてもらったことばかり考えて

自分が粗末に扱われていることに

気づかなかった。

Tiaraが

何か月も前から悩んで

彼の喜んだ顔が見たくて

選んだ本当に素敵だとTiaraが思うプレゼントは

彼は1度も使ってくれたところを

見たことはありませんでした。

彼からもらったプレゼントは

Tiaraはもらった次の日から

毎日つけていたので、

悲しくもありましたが、

戸棚にきちんとしまってあるところを見ると

(大事にしまってくれているのかな?)と思って

できるだけいいように思うように

していました。

(とんでもなく

Tiaraがセンスが悪い

とは思わないでくださいね。

Tiaraは男物を選ぶのも

かなりセンスがいいと

自負しています。

現に年頃のおしゃれなお兄ちゃんからも

「カッケ!」

と言われています(笑))

彼の誕生日に

Tiaraがあげたプレゼントは

持ってくれませんでしたが、

同じ日に

彼の妹からもらったというプレゼントは

毎日身に着けていたので

彼はそれを気に入っているんだなと

思ってほほえましく思っていました。

妹思いの彼なんだなって。。

今、考えると

とんだお人よしですよね。

というよりバカですよね。

怒りもしなかったです。

傷つけられていることすら

彼に恋をしているから傷ついている、

と思い込んでいて

こじつけで無意味にやっていた嫌がらせに

全然気づいていなかったんです。

そして、今、Tiaraの

恋愛相談室を訪れるほとんどの方が

Tiaraと同じようなことを言っていて

しかも被害に遭っていることに気づきながらも

彼のことを尊敬し、自慢げに話し、

彼ほど素敵な人はいないので別れたくない!と

口をそろえて言うのです。

彼ほど素敵な人はいない、

自己愛性人格障害の被害者の人は

みんなそう言います。

そして、その心理を

Tiaraはとてもよくわかります。

Tiaraが彼に対して思っていた感情と

同じものをみなさん持っています。

ですが、今、

自己愛性人格障害の症状がよくわかったので

自己愛性人格障害のひとの感じの良さは

異常に感じられます。

目を大きく見開き

にっこりと笑って大げさなほど

「お願いします。」と丁寧に

とても感じよく言っています。

以前にTiaraならその様子を見て

「なんていい人!」と

目を輝かせていたと思いますが、今は

(ああ、自己愛性人格障害で

本人も気づいていないんだね。。)

となんだか必死になっている姿が

不自然に見えます。

そしてそんなことを

絶えずしている自己愛性人格障害のひとは

とても疲れていることでしょう。

その人のそばにいる人が

もしかしたら被害に遭って

自己愛性人格障害のひとのうっぷんを

すべて向けられているのかもしれません。

本当は

「そんなことしなくてもいいんだよ。」

と言ってあげたいですが、

それは、自己愛性人格障害のひとから見たら、

上に立たれた!と被害者意識しか持てず

お前に何が分かる!

と牙をむくことでしょう。

自己愛性人格障害のひとには

優しさも思いやりも通じないのです。

自己愛性人格障害のひとが

満足することはただ一つ。。

自分が人よりも上に立てたときだけです。

そんなことよりも

大切な事があると理解するには

自己愛性人格障害のひとは

あまりに傷つきすぎています。

あなたの愛情は伝わらず、

あなたに敵意をむけるだけに

なってしまうのです。

あなたは彼が

自己愛性人格障害だとは知らずに

彼との愛をはぐぐむつもりで

長い間、あなたの生活は

ほとんど彼だけになっていたことでしょう。

彼に分かっってもらおうと

必死になって話し合いをしたり彼に合わせたり

理不尽な目に遭っても

かれとうまくやっていくために

あなたの時間も趣味も

すべて彼に合わせてきたことでしょう。

恋愛を育てるには

かなりの時間が必要になるのです。

片手間でできるほど簡単ではありません。

それだけの気持ちと時間を彼に費やしたのに

彼との別れが来てしまうことは

あなたにとって

とても辛いことだと思います。

ですが、彼が自己愛性人格障害である以上

彼にまともな話は通じないのです。

彼を信じれば信じるほど

ショックが大きくなるだけでしょう。

あなたが愛を向ければ向けるほど

あなたは彼に恨まれる存在に

なってしまうだけでしょう。

Tiaraはそれが辛すぎたので

彼と別れる決心はすんなりつきました。

ああ、この人と一緒にいても

ヘタしたら人生もお金も職も

友達関係もつぶされてしまい

すべてを彼に奪われてしまうだけなのです。

自分の好きな人に

そんなことをされたら

まともではいられないと思います。

自分の人生をかけて

彼にささげたあなたの愛は

簡単にごみ箱に

捨てられてしまうでしょう。

そのショックを想像しただけで

心臓が止まる苦しみを

容易に想像できたので

彼とはすっぱり別れることにしました。

そして彼を遠くから思うことにして

自分のなくした時間を取り戻したいと

思いました。

Tiaraはもう歳をとってしまいましたが

彼との経験は無駄ではなかったと

思っています。

人にはいろいろな体験から

本人も気づかない間に

習慣や考え方が身についてしまい

それを普通だと思い込んでしまっていることを

変えることがなかなかできない人たちが

いるという事がよくわかりました。

これが自分の彼でなかったら

怖くて逃げただけで

終わっていたかもしれません。

自己愛性人格障害の彼に

今まで出会ったことない魅力を感じてしまって

それにき興味を持ち、

いろいろ調べるうちに

自分の思いだけではどうしようもないことがあると

気づいたから

今まで不安になっていたり、

腹が立ったり、理解に苦しむ一番難しいタイプの人を

理解できたら

もう怖いものはなくなったのと同時に

恨む気持ちもなくなったことが

自分にとって

とてもためになったと思います。

自分の中の何が原因で

そういう人と付き合うことになったかも

そういう人から攻撃されることになったのかも

すべて理解することができましたので

今後の人生は

今まで起きたトラブルは

事前に避けることができます。

そして自分のせいでないことで悩んで

無駄な時間を過ごさずに済み

今までの自分の時間を取り戻すとともに

本当の友達や恋人になる人を選ぶことが

可能になりました。

いまのTiaraにとっては

普通の人のほうが難しいです。

普通の人と恋愛をし、

相手がなにに怒ってなにを喜ぶのか

Tiaraのどんなところが好きなのか

どんなところが嫌なのか

普通に理解していくことが楽しみです。

まだ恋愛はできていませんが、

いつか好きな人ができたら

やっと普通の人間関係が築けると思います。

そして恋人だけでなく

会社の同僚や友達、

親ともどんなふうに距離を取り

どんな風に付き合っていくのか楽しみです。

現在、自己愛性人格障害の被害に

遭っている人は

1日知でも早く抜け

あなたの幸せを取り戻してほしいと

思います。

この世からすべての被害者が

いなくなりますように

Tiaraは強くお祈りをしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする