あなたが受けている苦しみは実は、自己愛性人格障害のひとの苦しみである


こんばんは♡

今日は、あなたが

今まで受けてきた苦しみは

自己愛性人格障害のひとの苦しみ

ということについて

お話ししていきたいと思います。

 

あなたは、今まで生きてきて

何回ほど

自己愛性人格障害のひとに

遭ってきたでしょう?

 

TiaraはTiaraの大切な彼が

なんかおかしいと思い

あんなにも一緒にやっていける、

と思っていた彼の不可解な行動が

心の不安定さからくるものではなく

自己愛性人格障害という

病気の症状だった、

ということに気づき、

とても驚いたのですが

自己愛性人格障害の特徴について

知れば知るほど、

今まで何回も

自己愛性人格障害のひとに

会っていたことに、気づきました。

 

彼は、お互いを思いあっている

恋人だからこそ

おかしい、と気づいたのです。

 

 

それもTiaraの勘違いなどではなく

周りの人から見ても

Tiaraはとても大切にされていたと

感じていたようなので

なおさら意味の分からない、

無視や

定期的な別れ話が

おかしいと気付いたのです。

 

彼のその大きな愛も

厳密に言えば

普通の人が感じる愛ではなく

尊大な自分を演じるための

フィクションのようなものだったのです。

 

 

それでも

何回も同じ事を繰り返さなければ

気づきませんでした。

 

むしろ同じことが

何回も続いたからこそ

ちょっとおかしい、

と気づいたのです。

 

ですが、普通に友達に

意地悪されていたと

気づいたときも

友達なんだから裏切られても

突然二人の間に何もないのに

無視をされたりしても

そういう意地悪な女の子も

いるものだ、

とあまり気にしていなかったのです。

 

ですが、それもすべて

自己愛性人格障害のひとの

やり方だと

とてもよくわかりぞっとしました。

その意地悪の仕方や

ほかの子にも何回も同じことを

繰り返し、そのときのターゲットが

だれとも話せなくなったり

孤立したりするので

自己愛性人格障害の特徴を

知ったときに

まさに重なったのです。

 

そして、しばらくすると

また普通に話しかけてきて

いつのまにかもとに戻っています。

 

 

あなたがもし、

今まで学校や職場などで

意味もなく意地悪をされて

孤立していたりいつの間にか

居心地が悪くなっていたり

したことがあったのなら

それは自己愛性人格障害のひとの

せいなのかもしれません。

 

自己愛性人格障害のひとは

自分のおなかの怒りを人にぶつけたり

こじ付けて誰かを悪者にしていないと

気が済まないので

どうしても誰か弱い人や優しい人を

どうしてと

つぶしたくなってしまい、

その人がつぶれたり

悲しんでいるところを見ると

少しだけ高揚するのですが

この気持ちを常に味わっていないと

不安で不安で生きていけないほど

辛いのです。

 

あなたはとてもやさしいので

どうしても

人に寄り添いすぎてしまうので

相手の気持ちに入り込みすぎて

しまうのです。

 

その結果、それを利用して

自分の中の怒りや辛さを

あなたに転化しているのです。

 

あなたが今まで味わってきた

理不尽な思いは

あなたを自分の代わりにしないと

生きていけない自己愛性人格障害の

ひとのせいなのです。

 

その苦しみは

あなたが彼から

擦り付けられているだけで

本来、あなたか受ける必要のない

苦しみなのです。

 

自己愛性人格障害のひとの責任を

負ってはいけません。

 

自己愛性人格障害のひとは

遠慮なくあなたを悪者にします。

 

あなたが彼のそばで悪者でいてくれると

彼はすべての責任をあなたのせいにできますし

あなたが悲しんでくれるおかげで

自己愛性人格障害のひとの株が上がります。

 

自己愛性人格障害のひとは

あなたを悪者にすることで

彼の面倒見の良さや、できの良さが

引き立つのです。

 

 

だから自己愛性人格障害のひとは

あなたには

なにがなんでも悪者でいてもらおうと

いろいろな話をこじつけてきます。

 

相手が自己愛性人格障害だと

あなたはどんなに頑張っても

認めてもらえません。

 

 

自己愛性人格障害のひとの怒りは

そっとその人にお返ししてください。

 

それは本来自己愛性人格障害のひとのもので

あなたが負うべき責任ではないのです。

 

あなたは共感力がつよすぎるために

相手の話を聞くと

まるで自分のことのように

思いが入ってしまい

なんとかしようとしてしまい

自己愛性人格障害のひとは

上手にあなたのせいにして

しますので、

自己愛性人格障害の人がしたことの

責任は、あなたが負うべき責任では

ないので

自己愛性人格障害のひとの怒りは

そっとその人にお返しして

ください。

 

その怒りはあなたがしたから

自己愛性人格障害のひとが

機嫌を悪くしたわけてはなく

もともと自己愛性人格障害のひとの

おなかにあったものなので

あなたには関係がないのです。

 

あなたのせいではないので

あなたが自ら受けないだけで

自己愛性人格障害のひとは

あなたに攻撃できなくなります。

 

自己愛性人格障害のひとは

自分が悪く思われることは極力避けたいので

自分から責任をとってくれようとする

あなたのような優しすぎるほど

優しい人にしか攻撃をすることが

できないのです。

 

あなたには自分自身を大切にする気持ちに

欠けています。

 

だから、あなたは

自分に関係のない怒りは

絶対に受けないと心に誓ってください。

 

 

そうすれば、自己愛性人格障害のひとは

あなたに

手出しをすることが

できなくなっていくのです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください