あなたは自分を大事にしていますか?

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は

ぜんぜんたいしたことでないことを

まるで重大なことのように言える、

ということについてお話したいと思います。

彼が自己愛性人格障害だということに

なんとなく気づいていても

いまいち納得できない人は多いと思います。

Tiaraも、彼の行動がおかしいことに

明確に気づいているにもかかわらず、

とても記憶力がよく、

人にものを伝えるときにも

的確に分かりやすく伝えられる彼が

病気だとはとても思えませんでした。

それに何より、

Tiaraのことを大好きだといつも言っていて

たくさん愛情表現をしてくれる彼に

とてもそんなことができるのか

どうしても納得できなかったのです。

だから、どうしても納得できなくて

手探りで

彼が病気ではなく、

Tiaraが理解できないだけで、

Tiaraのほうに責任があるのではないかと

ずっと考えていました。

自己愛性人格障害の被害にあうような人は

何でも自分に原因がある、

と考えてしまうから分からなくなるのです。

彼が普通の人ならそれでいいです。

自分の悪いところを振り返り

それを反省してあやまる。

あなたに悪いところがあるから

彼が怒ったのです。

あなたが自分の悪いところに気づくと

分かってくれたんだね、と

彼は喜んでくれるでしょう。

でも、自己愛性人格障害の人は

違います。

そもそも過失のないあなたを

悪者にしようとこじつけています。

自己愛性人格障害の人にとって

自分がわるく思われることは致命的なのです。

だから、あなたに悪いところがあり、

温和な彼もさすがに怒る。

これが、彼の目指すところなので

あなたに悪いところがないと困ります。

そうでないと、彼の自由に

あなたに怒りをぶつけることができません。

だからあなたが悪いということを

あなたにも周りにも

認めてもらう必要があるのです。

だから、世の中の常識を使い、

あなたが悪い、という理由を

もっともらしい理論をつけて

並べ立てます。

そこで、あなたが反省してしまっては

彼の思い通りなのです。

よく考えてみてください。

自己愛性人格障害の人の怒りは

それは赤でも黄色でもいいところを

「どう考えても赤だろ!

常識だろ!考えたら分かるだろ!」という言い方をします。

自己愛性人格障害の人でも性格がありますから

もっと優しい言い方をするかもしれません。

「どう考えても赤でしょ?

考えたら分かるよね?

どうしてわからないの?」

言い方は関係ありません。

もっと客観的に彼を見てください。

彼の言っていることは本当にあっていますか?

たとえあっているとしても

そこまで怒られるようなことを

あなたはしましたか?

彼の言っていることは重要ではありません。

なぜなら彼は

どんなに小さなことでも拾い出して

あなたが悪いように仕向けます。

それは彼でもするようなことです。

でも、彼は自分が同じことをしたときは

「間違えちゃった。」と軽くすませるのです。

でも、あなたが同じことをしても

彼の怒りをぶつけたいタイミングでしたときは

理論的に

いかにあなたがいけないことをしたかを

突き付けます。

自己愛性人格障害は

あなたを責めるときに本当のことを使います。

例えば遅い、とか

今はそれをしてほしくなかった、など。

あいまいな

どうとでもとれるようなことを

使います。

あなたのしたことは、どんなに小さなことでも

とんでもなく、ひどいことをしたように

大きくされ、

彼がしたひどいことは

どんなにひどいことをしても

そんなこと、してもいないような顔をされるのです。

だから分からないのです。

でも、彼が、同じことをしても

あなたは優しいので

ま、いっか、

とそんなことは気にもとめません。

だから彼のしたことは

だんだんと普通に、

簡単に許されるようになってしまうのです。

そしてそれが

たとえどんなにあなたを傷つけようと

それはあなたが我慢するのが

当たり前になっていきます。

あなたがそれで怒れば

あなたのほうが悪者になってしまうのです。

そしてだんだんとあなたは

彼に何も言えなくなっていきます。

そしてそれはだんだんと当たり前になり

そのうち

あなたは何もしていなくても

悪い、とされてしまうようになるのです。

ここまで話しても

普通の人には分かりません。

本当にそんなことあるの?と。

常識では考えられないことなので

今度は周りの人まで

何もしていなくて

しかも何も言えなくなってしまっているあなたに

あなたが何かしなければ

彼が怒るわけがない、と

誰もあなたのことを

信用しなくなるのです。

彼は人の欠点を集めて

全てデータ化して頭にいれているので

瞬時に相手を責めることができます。

そしてそれを理論的に

いかに悪いことか説明することができるので

だんだんと彼がおかしいとは

誰も考えにくくなります。

脳は正常なのです。

心やものの考え方がおかしいのです。

ものの考え方、とはいっても

数学や文章などを覚えるのは普通にできます。

何が違うのかと言うと

相手が傷つくとか相手が悲しい気持ちになる、

と言うことに共感力がほぼ0なのです。

共感しないどころか

痛めつけていないと

落ち着いていられないのです。

どこかで彼のおなかの中にたまった怒りを

発散させないとその辺でいらいらしてしまいます。

その辺でいらいらしてしまうと

彼がひどいひとみたいに思われるからです。

自分がひどい人みたいに思われるのは

自己愛性人格障害の人にとって

耐えられないほどの恐怖なのです。

だからそれはもともと避けたいので

あなたが悪いから

仕方ないから彼が怒るはめになる、

仕方がないんだ、と言う姿勢をとることが

非常に好きです。

それは彼の尊大さを保ったまま、

あなたに

自己愛性人格障害のおなかの中の怒りをぶつけて

思う存分、ストレスを発散させることが

できるからです。

後で「ごめん。。。言い過ぎた。。。」

と言ってもいいでしょう。

そしていかにも

自分が迷惑をかけられているほうだと

言うふうにふるまいます。

小さなことでも彼があげ足を取り

何度も言っていることによって

あなたは

自分が本当に失敗した気になってきます。

自己愛性人格障害とは、

病気であって性格が悪いわけではないので

あなたを愛していないけど、

愛しているふりをして、いじめてやろう、

と考えているわけではないのです。

もちろん彼も、

あなたを愛していると思っているし

精神的虐待をしてやろうなどと思っていません。

脳は正常できちんと物事を判断できるし

物事を覚えることもできるのです。

でもその判断で、

自分が得をしないと思うことは

一切やろうとしません。

あなたに虐待をしていることが分かると

彼は悪く思われてしまいますよね?

だから彼は、周りの人に悪く思われるようなことは

決してしません。

でも、自分から離れたくなくて

誰にも言わないような

自分がしたことに気づきもしないで

たとえ気づいたとしても

誰にも言わないあなたに

自分のイライラをぶつけます。

あなたも、

自己愛性人格障害の彼のことが好きなので

彼が周りの人に悪く思われるようなことは

言いたくありません。

そして、もし、

あなたにそれがばれそうになっても

「そんなことするわけないじゃないか。」

とあなたを納得させてしまいます。

怖いとは思いませんか?

それは、あなたが彼を大切にしすぎて

自分の嫌な気持ちをきちんと言わないことから

だんだんとそうなっていくのです。

あなたは彼を守ることばかり考えて

自分のことを全く大事にしていません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする