あなたの自己愛性人格障害のひとに対する愛は本物

こんばんは♡

今日は、あなたの

自己愛性人格障害の人への愛は本物

ということのついて

お話ししたいと思います。

あなたの彼が、

自己愛性人格障害だと気付いて

別れを決意したとしても

彼との出会いには

たくさんの思い出があるので

とても辛いと思います。

普通の恋愛でも

もちろん別れは辛いものですが、

あなたの彼が自己愛性人格障害だった場合

何よりも辛いのは、あなたの気持ちが少しも

彼に通じていなかったことです。

そして彼からの愛も本物だと思っていたのに

それは病気の症状からきたものだったのです。

いつも優しく

Tiaraにもいろいろなことをしてくれましたし

その姿はとても嘘には思えませんでした。

嘘ではないのです。

その彼の思いの行き先が

Tiaraのためではなく、

自分がいかに素敵に見えるか、

自分がいかに上手にできるか、

というところに

的をしぼったものだったからです。

その時の彼はとても一生懸命でしたし

とても魅力的でした。

でもそれは、自分がいかに素敵に見えるか

自分がいかに上手にそれができるか

彼を超える才能の持ち人はいない、

というほど頑張っていたから

とても大切にしてくれているように見えたり

とても素敵に見えたりしていたのです。

嘘ではないのです。

彼の情熱の矛先が

すべて彼自身に向かっていたことが

分からなかっただけです。

でも、それはそれで素敵だと思います。

普通のひとなら

そんなにも夢中になれるものがあったら

とても幸せだと思います。

ところが自己愛性人格障害は

自尊人が低いため、

自分には価値がないと思っているため

そんなことない、と思い込むために

必死になってやっていることで

幸せでも何でもなく、

とても辛い状態なのです。

こんな悲しい病気があったことが

本当にびっくりです。

そんな心情を持つ人がいるなんて

誰が考えるでしょう。

だからあなたの彼が素敵に見えたのも

全く不思議なことではありませんし、

あなたのためにやってくれていると

あなたが幸せを感じても

何の不思議もないのです。

そしてそれをあなたは彼からの

あなたへの本物の愛だと思って

幸せを感じていました。

そして、幸せを感じていたからこそ

彼に対する愛も本物だったのです。

あなた自身は、

自己愛性人格障害という病気を知らずに

彼に本物の愛を向けていました。

だから彼が病気だと分かったことは

とてもショックだったと思います。

ですがそれも仕方のないことなのです。

自己愛性人格障害の彼は

あなたの愛を利用して

あなたに精神的な虐待をし続けていました。

ですがそれはすべて

病気の症状から来るもので

自己愛性人格障害のひとも

悪気があってやっているわけではなく

むしろ必死なのです。

話して分かるほどのことなら

病気ではありません。

話せば分かる人なら

こんなにも何度も何度も

理不尽なトラブルは

起きないのです。

Tiaraが、

自己愛性人格障害を知ったときよりも

ネットの力で自己愛性人格障害は

今、かなりメジャーになりつつあります。

ですから以前よりも

自己愛性人格障害のひとに気づく人も

増えているはずです。

だんだんと自己愛性人格障害のことが

世間の人に知れ渡っていくと

自己愛性人格障害のひとは

やりにくくなるでしょう。

するとモラハラできる人たちも

減っていくのです。

自己愛性人格障害のひとがするべきことは

自分には価値がない人間ではない、と

理解することです。

生きているだけで

人は、本当は十分に価値があるのです。

でも理解できないから

病気になってしまったわけで

理解できていれば

そんなことをする必要もないのです。

ですが、これだけメジャーになってしまうと

虐待行為ができなくなるので

ターゲットを作ってターゲットを悪者にし

大ぴらに感情をぶつけることが

許されなくなってきます。

今まで人を下に見下すことで

少しだけ

自分を保つことができた

自己愛性人格障害のひとが

それができなくなると

辛くなってきます。

でも、本当は、辛くなる必要はないのです。

だって自己愛性人格障害のひとは

普通のひとよりも魅力的な人が多く

いちいち人を見下してつぶしたりしなくても

充分に世間に認められる人だったり

するからです。

これを話したところで

自己愛性人格障害のひとが

理解できるか分かりませんが

精神的虐待ができなくなっても

自己愛性人格障害のひとは

充分に幸せなはずなのです。

それを治療するなり

自分で自覚するよう意識するだけでも

随分と違うと思います。

そして自己愛性人格障害のひとも

少しでも穏やかに過ごせることを願います。

被害者の人たちも

本当は自己愛性人格障害の彼にも

もちろん幸せになってほしいからです。

そして世の中から

自己愛性人格障害の被害者が

これ以上でないことを

心の底から願っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする