愛とは自然に湧き上がってくるもの

こんにちは♡

今日は、あなたの中にある愛について

お話ししたいと思います。

 

彼から熱烈に口説かれて、

この人とならと、信じてついてきた相手が自己愛性人格障害だったと

気づいてショックな気持ちがあると思います。

 

自己愛性人格障害の人は

嫌がらせもすごいですが、

口説くときも普通の人よりも上手な人が多いように思います。

 

なぜそんなにもあなたの心に深く入り込んでしまったかというと

これも自己愛性人格障害の特徴の一つで

限界が分からない、というところからきていると思います。

限界なく嫌がらせを続けているから怖くて、

相手がちょっとかわいそうだな、とか

これ以上やったら

相手が死んでしまうからやめておこう、というような

相手を思いやる気持ちが

極端にないところからきています。

 

ある程度までなら人は我慢できますが、

特に共依存の人は

我慢強い人が多いです。

 

どんなに嫌なことも信念で貫いて

乗り越えて見せるという

根性を見せて頑張ります。

 

この根性が、

自己愛性人格障害の人の、限界なく

嫌がらせを強めてしまうところまで

我慢してしまい、普通の人ならとっくに逃げ出しているところを

あなたの我慢強さのために

気づいたらものすごくひどい状態になっていた、ということになります

 

それとは逆に

愛情表現も限界なくやり続け、

初めのうちは相手にしていなかったあなたも

びっくりするくらい愛情表現を

限界際なりなくされ続け、

こんなにも愛されている、と思い込んでしまい、

完全に彼のペースにはまってしまうのです。

 

世の恋愛マニュアルのようなものは

一般の人向けに作られているので、

それに自己愛性人格障害の人を当てはめてしまうと

彼は、ものすごくあなたのことが好きで

不器用なため、あまのじゃくな発言をしてしまったり

照れて本心が言えなかったりするので

私が支えてあげなきゃと

共依存の人は、思ってしまうわけです。

 

自己愛性人格障害の人は、

非常に分かりにくく、一般の常識では考えられないような

ものの考え方をするので、しばらく一緒にいて

あれ?何かがおかしいな、と違和感を感じるようになるまでに

かなりの時間がかかります。

ましてや一生気づかずに、人生を終えてしまう人もいるので、

本当に分かりづらいです。

 

あなたはTiaraのサイトに来ているので

奇跡的に自己愛性人格障害に気づいた人なので、

離れるところまで行ければ

新しい人生を始めることができます。

 

自己愛性人格障害の特徴の

限界が分からないということからきている

愛情表現で

こんなにも素敵な恋はない、思ってしまったのは

仕方のないことですが、

それが、錯覚だったなと、

思うことができると、彼と別れることも仕方がないことだったなと

思うことができます。

 

彼は、あなたに嫌がらせをしようと思って

近づいてきたわけではなく、

自己愛性人格障害という特徴のため、

そうなってしまったのは仕方のないことなんです。

 

彼も自分がそんなことをしているつもりは

ないのです。

 

気づいたら、いつも、なぜかこうなってしまって

自己愛性人格障害の人にも

自分の何がいけないのか分からないのです。

 

被害者のあなたは、それに気づくことができるので

自己愛性人格障害の人から離れれば、

穏やかな日常が送れるのは間違いのないことなのです。

 

彼との人生が壊れてしまっても

あなたは、またそこから新しい人生を歩むことができます。

 

愛とは、

あなたが嫌な思いをして

彼から「俺のことを分かって分かって」と強制されながら

あなたが根性を出して

何とか勝ち取ろうとするものではありません。

 

今度は、いきなり心をさらわれるような恋愛ではなく

心から自然に、その人に対する愛情が

湧き上がってくるような恋愛をしましょう。

自己愛性人格障害の人は浮気性?

こんばんは♡

今日は自己愛性人格障害の人は、

2人の女の人の間を行ったり来たりする、ということについて

お話ししたいと思います。

 

最近、自己愛性人格障害の人のあまりにも多すぎる

共通点について気づいたのですが、

やたらと浮気の相談が多いのです。

 

浮気と言っても付き合っている彼女がいるのに

別の女の子とも遊んでいた、というオーソドックスな浮気のほかに

元カノのところにもいっていた、というものが

非常に多いのです。

 

登場人物を入れ替えれば、職業や環境によって

多少の違いがあるだけで、

言っていることややっていることは

ほとんど同じなのです。

自己愛性人格障害の人にとって

浮気という概念はなく、

2人女の人がいる(あるいは複数の人もいます)というのは

非常に都合がいいのです。

 

元カノのところに行くことで

今の彼女を不安にさせることもできるし、

元カノには、今は新しい人がいる、ということで

傷つけることができます。

 

そして傷つけることによって

彼女たちを「私のそばにいてほしい」と執着させることができるのです。

 

共依存症ではない、女の人の場合、

ほかの女の人のところに行っていた、ということが分かると

「あ、そう。じゃそっちいけば?」となります。

 

ところが、共依存の女の子も

見捨てられ不安が強いので、

捨てないで!と彼の言うことを聞くことによって

彼に認めてもらおうとします。

あとTiaraもシングルですが、意外とシングルの方も多いです。

 

中には、結婚するよ、と言われていて

生活全般を自己愛性人格障害の彼に

みてもらっている人もいます。

 

何も彼氏じゃなくても

旦那様が、自己愛性人格障害だった場合も

生活全般を見てもらっているので、離婚したくない!と

どんなにひどい目に合っていても

私さえ彼に合わせれば、と彼を責めるどころか

余計に尽くしてしまうこともあります。

 

あなたに「愛してる」といえば

向こうの女の子にも「愛してる」と言っています。

 

でも、彼の中でどちらがいい、ということはないのです。

 

あるとすれば、今はこの子のほうが

都合がいい、です。

 

共依存症の場合、

自己愛性人格障害の人からは

滅多打ちでしょう。

 

前回のお話にもあたように

自己愛性人格障害の人の中の怒りや不安を

ぶつける相手になってしまうと

とことん何時間でも

自己愛性人格障害の人が満足するまで

言葉や、馬鹿にした態度で痛めつけられます

 

もはや家の中に恐ろしい

あなたの精神を潰してくる犯人がいるようなものなのです。

 

そんな彼に依存してしまって

あの子より私を選んでとあなたが彼に執着してしまうと

彼はますますやりやすくなってしまって

モラハラ行為が激化します

 

お互いに病んでいく最も効果的なやり方なので

彼にもう一人女の人がいることが分かった場合は

すぐさま、あなたなんかいらない、と言って

あなたが彼を捨ててしまえばいいのです。

 

悲しんだり、なんで私ばかりがこんな目に合うの?と

悲しむ必要はありません。

 

自己愛性人格障害の人は、

自分が不安なため、2人の女の人を自分から

離れていかないようにするため、

気づいた時点で、分かってよかったと離れるべきなのです。

会社でのモラハラ行為は周りも迷惑している

こんばんは♡

今日は自己愛性人格障害の恐ろしいほどのしつこさ

についてお話ししたいと思います。

 

今日は、恋愛ネタではないんですが、

会社で見た自己愛性人格障害の人の話のしつこさにびっくりしたので

皆さんと共有したいと思います。

 

Tiaraの会社に自己愛性人格障害らしき

おじさんがいるのですが、見た目は優しそう物腰の柔らかそうな

話し方をします。

 

外見も品が良く、

近所にいたら感じのいい普通のおじさんだと

思うでしょう。

 

 

ところが、Tiaraは結構早い段階で

この人が自己愛性人格障害ではないかと思っていました。

 

若い男の子がいるのですが、

その子はまじめで前向きな性格をしています。

まだ若いのでたぶん入社してからそんなにもたっていないと思いますが、

まだ見習のような感じで

仕事を教わったりしています。

 

この子に当たるときのおじさんがすごいのです。

このおじさん、この子にほぼ集中狙いです。

 

他の人にも冷たい言い方をしますが、

他の人は適当にあしらっているので、

この子ほど「はい!はい!」って聞かないんです。

 

たぶんTiaraもはじめは、ターゲットにしようと

思っていたのだと思いますが、

Tiaraの反応があまりにも薄いので

今ではこのおじさんからは

完全にターゲットから外れています。

 

むしろTiaraには親切にしてもらっています。

 

この男の子は、外出していることが多く、

あまり社内にはいないのですが、朝の数時間とか

夕方とか、たまに1日いたりしますが、説教がすごいのです。

 

特に何かしたわけではありません。

もっと早くできないのか、ちゃんと調べたのか?

これで3回目だよ?など物腰が柔らかいので気づきにくいかと思いますが

この子を育てている、というようにも見えますが

基本的にはけなしています。

 

自己愛性人格障害の人への対応として

この子の何がいけないのかというと

Tiaraが思うには、反応しすぎです。

 

まじめだと思うのですが、「はい、はい」

「じゃあ、どうしたらいいですかね?」

「分かりました。」

とにかくずっと相槌を打っています。

 

きちんと聞いて、前向きなところをアピールしているのだと思いますが、

これが自己愛性人格障害のおじさんの話が

びっくりするくらい話が長いんです。

前は本当に厳しく、

「なんでできないの?」

「前にも言ったよね?」

「何回言ったら分かるの?」

明らかにピリピリした雰囲気で、2時間くらいずっと話していました。

 

その子も逃げないんですよね。。

聞いてるほうが、「そんなに言ったら病気になっちゃうって」と

言いたくなります。

 

最近は、Tiaraがこのおじさんを自己愛性人格障害として

対応しているので、おじさんもTiaraにはやりにくくなってきています。

 

なので、意識しているのか、いないのか分かりませんが、

Tiaraがこのおじさんが何をしているのか

気づいていることにおじさんもなんとなく

気づいていると思うんですよね。。

 

そこで怒っているような話し方ではなかったのですが、

(だから話し方の部分においては前と変化してきています)

でも、笑いながら、「そうだよね。だからさあ、こうすればいいと思って~」

フレンドリーにその男の子に話しているのですが、

内容的には、以前は男の子が怒られているような感じ、

今日は、教えてあげているような感じだったんですが、

延々4時間くらいその子に自己愛性人格障害の人が、

「こうしたらいいと思うんだよね。」

「あーしたらさあ、はやかったんじゃないのかな?」

 

話す時間が異常なんです。

ずっとです。

今日は4時間くらいだったでしょうか?

ほんとにそばにいるから聞こえているんですけど

いくつか仕事をこなし、気づけばまだしゃべってるのか?という感じです。

 

たぶんばれているという怖さが

そのおじさんから、少しにじみ出ていました。

 

その子、そのおじさんお話を聞いているだけで

仕事、何にもできないですよね~。

Tiaraはいくつかの仕事を終えましたが、

この子はたぶん脳みそはおじさんの話でいっぱいになっていることでしょう。

 

その人は部長なんですが、

その上の支店長は外出して事務所にいませんでした。

 

たぶんだからかな?

 

その子が現場から帰ってきたから

たぶんおじさんはうれしかったんでしょうね。

 

この子でストレス発散ができる!って。

この子はけなげに聞いてくれる!って。

 

まさにおじさんのストレス発散で

お給料をもらったようなものです。

 

でも、もしかしたら何かやりたくて

事務所に帰ってきたかもしれないのに。。。

 

たぶんその男の子は、数年後には心臓を悪くしてしまうか

精神的に壊れてしまうか、

死んでしまうでしょう。

 

あんなにも人からのストレスを受けていたら

心臓も止まります。

 

Tiaraの読みとして

このおじさんも自己愛性人格障害でしょう。

 

物腰は柔らかいですよ?

仕事はできますよ。

でもこのおじさんがしていることは、人を潰しています。

自己愛性人格障害の人のモラハラ行為が激化しているときの心境について

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人のモラハラ行為が

激化しているときの心境について

お話ししたいと思います。

 

 

あなたは辛い思いをしていても

彼とこのまま一緒にいたら、

いつか分かり合える日が来るんじゃないかと思って

彼との未来を頑張って歩んでいるのかもしれません。

 

たしかに普通の恋愛でも

いろいろな乗り越えなければならない壁があって

一緒に乗り越えることができたとき、

彼と一緒にいてよかったと

努力が報われて、長年かけて彼と分かり合えるようになることのほうが

多いと思います。

 

しかし、相手が自己愛性人格障害だった場合、

あなたの苦労は無駄になります。

[ad#co-1]

自己愛性人格障害の人は、

あなたを完全に自分のものにして

少々のモラハラ行為ではあなたが逃げてはいかないと

自身を持った瞬間から、だんだんにモラハラ行為の勢いを

強めていきますが、

その強さを自分で調整できません。

 

調節できないからこそ、

びっくりするほど嫌がらせや別れ話などが

頻繁になったり

勢いを強めすぎると

あなたがなんとなく彼の異常性に気が付いて

逃げ出します。

 

すると事故亜聖人格障害の人の中に

極度の不安状態におちいるため、

一時的にあなたに愛情を全力でぶつけてくることがあります。

 

これも激化の一種なのですが、

これでもあなたが、

彼の元に戻らないと

何としても自分が長い時間かけて育てた

ターゲットを取り戻そうと

脅しのようなモラハラ行為を急に強めてくることがあります。

この時に

あなたが怖くなり、

彼のごめんなさいと謝って

彼の恐ろしさから怖くなり

 

彼の言うことを聞いてしまうと、

彼は、安心して、あなたをだましながら自分のほうへ

おびき寄せ、

あなたが油断したところで以前よりもっとモラハラ行為を強めます。

 

では、もし逆に

彼のモラハラ行為が激化したときに

彼からもっと離れたらどうなると思いますか?

 

彼はもっと怒りを強めて

あなたを襲ってくるので怖いと思うと思いますが、

そこで彼の思い通りになってはいけません。

 

彼が勢いを強め、激化したときに

あなたを操作することができないと

彼はあなたにモラハラ行為をするどころか、

あなたには、何もできなくなるのです。

 

びっくりするほど、おとなしくなります。

あなたには何もしてこなくなります。

 

自己愛性人格障害の人は、

あなたに原因があるから嫌がらせをしているのではなく、

ただ単に、やりやすいところにやっているだけです。

 

それは、彼だけでなく、

今、会社にいる自己愛性人格障害っぽい人も

やりやすいところにだけ

自分が正しい、お前はダメだ、ということを

こんこんと

何時間も語っています。

 

できない人には、その人が失敗しようと何をしようと

できません。

 

自己愛性人格障害の人は、

自分を持っていないので、

自分が操作できない相手には、

とことん服従するのです。

 

どうしても何をやっても

彼のご機嫌を損ねないように

彼の考えを聞いてしまうと

あなたはもっと強いモラハラ攻撃を受けることになってしまうのです。

自己愛性人格障害の人にターゲット認識されないためには?

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は、

わざわざ何度も何度も傷つける、ということについて

お話ししたいと思います。

 

男女のお付き合いをしていて

お互いのことを思いあっていても

どうしても相手をきずつけてしまう、ということは

よくあると思います。

 

ケンカしたことない、なんていうカップルも

少数派ながらもいると思います。

 

でも、付き合いが長くなってこればなるほど

分かり合おう、分かってもらおうとすればするほど

どうしても傷つけてしまう、ということは

普通にあると思います。

 

 

しかし、相手が自己愛性人格障害だった場合、

これを彼の意思で、傷つけよう傷つけようと思って

わざわざ何度も傷つけることをします。

 

それによって

あなたを見下し、自分が優位にたとうとしているのです。

 

これは別に彼の性格が悪い、ということではなくて

彼の中にある自己愛性人格障害という病気がそうさせます。

 

 

一番近くにいる決して逃げていかない相手を

傷つけて一瞬の高揚感に浸るのです。

 

自己愛性人格障害の人は

あなたが困っている顔を見るとひどく高揚します。

 

Tiaraはもう彼とは離れてしまったので

もう会うことはありませんが、

会社にいる自己愛性人格障害の人を見ていると

同じことをしています。

 

Tiaraの元カレよりは多少ピリピリして

神経質な感じがありますが、くらいの高い人、怖い人、外部の人の前では

驚くほど紳士的です。

 

 

そしてやはり仕事は丁寧できれいで速いです。

 

そしていつも近くにいる後輩や失敗ばかりしている人に

お説教をしながらピリピリした雰囲気を醸し出しています。

Tiaraは、今は、

自己愛性人格障害の人には

どうやって対応すればいいか分かるので、

入って1,2か月の間に、自己愛性人格障害の人から

ターゲットから外されるよう行動していたので

彼もTiaraには、何も言いません。

 

そして、穏やかなのですが、

ちょっとした失敗にも目をキラキラさせます。

 

はっきり言うと、

自己愛性人格障害という病気を知らなければ

共依存のTiaraにとって少し魅力的にも映るかもしれません。

 

でも、どうなるか分かっているので

決して近づきません。

 

今日、年末も差し迫り、年末調整の用紙を提出するよう頼んであったのですが、

この自己愛性人格障害の人が、

Tiaraに少し遅れてもいいか、訪ねてきました。

 

25日までに提出するよう頼んであったのですが、

25日は土曜日で会社は休みです。

「25日までって書いてあったけど土曜日でいいんですか?」

「あ、すいません。24日ですね。」

「24日の何時までに出せばいいですか?ぎりぎりまでいいんですか?それとも朝?」

 

 

なんでこんな細かいこと聞いてくるんだろう?

Tiaraは2週間くらい前にみんなに言ったので

本社に送るのがいつまでだったか覚えていません。

 

「えっと。。。ちょっと待ってくださいね。。」

 

彼が自己愛性人格障害だと気付いているので

ちょっと怖いです。

細心の注意を払いながら、ターゲットにされないようにふるまって

書類やメールを確認していました。

 

いつまでに出せばいいか書いてある情報をさがしているTiaraを

キラキラした目で見ています。

(これを自己愛性人格障害を知らない人は、

自分に恋をしているの?と勘違いしてしまうかもしれません。)

 

月末までに出せばいいという情報を見つけました。

 

「あ、月末までに出せばいいんで月曜日でもいいですよ?」

彼にそう告げると

あ、なんだ、情報見つけちゃったか、とちょっと残念そうな顔をしたのが

Tiaraには分かります。

 

自己愛性人格障害は、

常に無意識のうちにターゲットになりそうな人を探しています。

 

Tiaraは分かっているので、冷静に対処していますが、

これが、どたばた一生懸命に、

待たせちゃ悪いとか思いながら、必死で探し、

「あれ~どこ行っちゃったんだろう!ごめんなさいね!」と

けなげにやっていれば

何かのきっかけにすぐにターゲット認識されます。

 

Tiaraは「けなげに」とか「一所懸命に」とか「必死に」とかいう姿を

自己愛性人格障害の人に見せません。

 

ちょっとかわいくないですよね~。

 

でもこれがいいんです。

 

普通の人には必死になって探し、謝り、ごめんね~と茶目っけたっぷりに

愛想を振りまいている女の子は

可愛いと思ってもらえるかもしれません。

 

でも、自己愛性人格障害の人には、

ターゲット認識されてしまうのです。

 

必死になる子、一生懸命な子、けなげな子、

尽くす子、ほど、マインドコントロールされやすいのです。

 

彼は、あなたが必死になって探しものをしたりしているときに

キラキラした目で高揚してあなたを見つめていませんか?

 

慣れてくると、それが本当に好意を持ってもいているのか

ターゲットにできそうだ、と高揚してみているのか

分かるようになります。

自己愛性人格障害の人は

普通の人となんでも感覚が真逆だと

覚えておきましょう。

自己愛性人格障害の人は、相手にしてはいけない。

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は、

一緒にいるとものすごく怖いけど、

一緒にいなければ、

全く怖くないということについて

お話ししたいと思います。

 

 

よく自己愛性人格障害の彼が、

激化すると、

想像もしないようなことが起こり、

怖くなって

あんなに好きだった彼と

離れようとする人がいます。

 

怖いから離れたいのだけれど

別れ話や、あなたと一緒にいたくないと

自己愛性人格障害に人に言えば、

彼が、逆ギレして、

ものすごく怖いことになってしまうと

思って、別れるのも、一緒にいるのも

怖いと、言う人がいます。

でも、自己愛性人格障害の人は、

相手に嫌がらせ行為をしてそれをどんどん強め

相手が嫌になって逃げだすと、

びっくりしてしがみつき行為に出ます。

 

そのしがみつき行為がとても強烈で

今まで長く付き合ってしまった人は、

彼から恨まれるのではないかと、

不安に落ちいります。

 

Tiaraもはじめは

そう思っていました。

 

でも、自己愛性人格障害の人は

それでも相手がまったく堪えず、

自己愛性人格障害の人が、

何度攻撃しても効かない、と思う時、

自分のやっていることに意味がなくなり、

パタッと嫌がらせ行為をやめてしまうのです。

 

自己愛性人格障害の人が

この子には勝てる!と思う人限定で

嫌がらせ行為をしているのです。

 

普通の人と感覚が全く逆なのです。

 

普通の人は、この子は大切にしてあげなきゃ、と思うような

弱い子や、騙されてばかりいるような

大丈夫かな?と

心配になってしまう子を見ると、

自己愛性人格障害の人は、

やった!この子にはどんなに嫌がらせをしても

大丈夫だ!となります。

 

びっくりするかもしれませんが

本当です。

彼が、あなたに痛がらせ行為をしているのは、

あなたに嫌がらせ行為をすれば、

泣いたり、取り乱したり、

何らかの反応が、あるからしていることで

もし、あなたが

何の反応も示さなければ、

自己愛性人格障害の人は、

モラハラ体質が治るわけでは、ありませんが、

何の攻撃も効かないあなたには

攻撃しようという気すら

起きなくなっているのです。

 

ちょっと、あなたが拍子抜けするくらい。。。

 

自己愛性人格障害の彼は、

その場その場で、

尊大な自分を魅せつけていなければ

常に不安状態で、

その怒りを、弱そうに見えるあなたに常に、

都合のいい時に

浴びせます。

 

ところが、その行動には、

何の意味もありませんので

自分で考えてしているわけでも

ありません。

 

その行動にはつながりも、

何の意味もありませんので、

あなたに反応がないだけで

ピタッとその行為をやめてしまいます。

 

あなたは、彼から好かれたい

と思っている場合ではありません。

 

 

彼の関心を、

あなたから離さなければいけないのです。

 

彼の関心が、あなたから離れると

彼はびっくりするほど

あなたには何もしなくなります。

 

これ本当の話だから、皆さんも

ちょっとやってみて!

彼があなたに関心を向けないように

意識して行動するだけです。

 

 

この時注意したいことは、

これを急激にやるのではなく、

少しづつ、彼に気づかれないように、

だんだんと

彼があなたに関心を向けないように

意識を強めていき、

決して後戻りしないことです。

 

無関心に過ごしていて、

しばらくしゃべらなかったのに

彼に話しかけられて、

急にうれしそうな顔をするのは

やめてください。

 

初め、連絡を取るのを毎日だったのを

3日に1回にしてみる。とか

そのあと1週間に1回にしてみる。とか。

 

話をするペースもだんだんに少なくしていき、

反応も少しづつしないようにしていきます。

 

初めは難しいと思いますので、

意識してゆっくり、

あなた自身も彼に興味を持つことを

やめていってください。

 

彼はだんだんに

あなたに攻撃をしにくくなります。

 

そして、彼は、

びっくりするほど、

おとなしくなるのです。

あなたが苦しんでいるのは、自己愛性人格障害の彼を変えようとしているから

こんばんは♡

今日は、

あなたが苦しんでいるのは、

自己愛性人格障害の彼を変えようとしているから、

ということについて

お話ししたいと思います。

 

あなたがもし、彼の理不尽さに気づいていて

それでも何とか彼とやっていきたいと思っているのだとしたら

彼の頭のいいところや仕事のできるところ、

手先の器用なところ、スポーツ万能なところなど

彼の魅力的なところと

こんな素敵な彼から熱烈に愛を語られ優しくされたあの頃に

今でも戻れると思っているからでは

ありませんか?

 

あなたの言うあの頃は、

まだ彼は、あなたを支配できていなくて

彼があなたを、自分の手に入れるために

必死で尊大な自分を魅せつけ、長期戦で

途切れることなく愛を訴え続け、

あなたを完全に信用させようとしていたころのことだと思います。

そのころは、まだあなたが、彼がどんなことをしようと

逃げていかない人間かどうか

彼もわからず、

コントロールできるかできないか分からない人間には、

自己愛性人格障害の人は

モラハラ行為をしようとも思わないからです。

[ad#co-1]

不思議なことに、

自己愛性人格障害の人は

他人を、全力で叩き潰していないと生きていけない病気ですが、

支配できるかできないか分からない人間には

精神的虐待を行いたいという気持ちは

少しもわかないのです。

 

つまり、はじめからあなたをターゲットとして

狙っていたわけではないのです。

 

自己愛性人格障害の人も

初めは、普通の男女のように

あなたに何らかの魅力を感じて近づいてきて、

あなたに、尊大な魅力を魅せつけ

あなたに全力で、彼のことを好きになってもらいたいのす。

 

でも、時間をかけてだんだんあなたが

彼を信用するようになると

不思議なことに、だんだんとあなたにモラハラ行為をしたくなり

まだ、不安な気持ちが残っているときは

時々優しくし、時間をかけて

徐々にモラハラ行為を強めていきます。

 

そして、あなたが普通の男女のように

付き合いを重ね、だんだん年月をかけて

彼を信用するようになると

時間とともに彼は、あなたのことがどうでもよくなります

 

またあなたとトラブルになると不安になり

また優しくし、それを繰り返しながら、モラハラを極限まで強めたとき

もう彼は、あなたを完全に支配できる自信を持っています。

 

そこまで来ると、

もうあなたが離れていかないか

不安な気持ちはほとんどなくなりますので

支配をされたあなたは、どんどん弱っていき

思考がストップして自分で物事を考えられなくなり、

そうなってしまったときには、

もう彼が元に戻ることはないのです。

自己愛性人格障害の人は、自分を犠牲にして必死になって彼を追いかけてくる人が好き

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は

優しくて自分にどこまでもついてくる人が好きということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人って

優しくてあったかい人が好きなんです。

 

冷たくしてもひどいことをしても

けなげにどこまでもついてくる人が好きなんですよね。

 

そして、それをかばって人に言わないでいてくれる人が

好きなんです。

 

だって都合がいいからなんです。

 

だってそれだけひどいことをして

自己愛性人格障害の人の中の

今にも爆発しそうな怒りを発散させても

捨てないで、あなたが好きよ、愛してるんです、

ってあなたがいっていたら

自己愛性人格障害の人は悪者になりません。

自己愛性自己愛性人格障害の人は

尊大な自分を見せつけていなければ

自分に価値がないような気になって極度の恐怖を覚えるんです。

 

だから、もし、自分があなたに

ひどいことをしているなんて

周りの人に知れたら恐怖で生きていけません。

 

そしてそれを隠しているというこそこそした行動を

自分がとっている、ということも

認められませんから、

自分でもそんなことはしていない、と

本気で思い込みます。

 

だから、彼自身もそんなことはしていないと思っています。

 

そして見事にあなたが彼の希望通りに動いてくれている間は

彼はあなたを絶対に離したくありません。

 

だってこれほど便利なものはないから。

 

例えば、彼とショッピングモールに行ったとします。

 

自己愛性人格障害の人の特徴として

姿をくらます、ということがありますが、

あなたがどれだけ彼を追ってくるか試して

あなたの愛情を確かめ、ほっとします。

 

わざと隠れたりするのです。

 

そしてあなたが息を切らして必死で彼を探し、

「あれ?どこに行ったのかな。

帰っちゃったのかな?」と顔色を変えて、不安になっているところを

陰から見ていたりします。

 

自分は喫茶店に入ってコーヒーを飲んでいたりするんです。

 

あなたが必死になって探し、

やっと彼を見つけて

「どこ行ってたのよ?」なんていうと

「ばかやろう!心配したんだぞ!」と逆に怒られたり、

「どこいってたんだよ。俺も探したよ。」なんて

心配してたフリをしたりするんです。

 

 

普通の人と自己愛性人格障害の人の違うところは、

必死になって息を切らし、ゼイゼイ言いながら探しているあなたを見ても

ちっともかわいそうだとも思っていないところなんです。

 

でもあなたは、そんなこと思いもしません。

現に彼も「探していた」と言ったり、

心配したり怒ったりしたものですから、

彼も必死だったんだと思います。

 

でも、自己愛性人格障害の人は

わざと隠れるということを頻繁にし

途中で帰ってしまったり、ということもしたりするんです。

 

それを何のためにやるのかというと

あなたが苦しむところを見て満足したいのです。

 

あなたが必死になって彼を探し、不安になっているところをみて

優越感に浸るのです。

 

そしてかわいそうと思うのではなく、

完全に支配している、と高揚しているだけで

あなたのことなど少しも考えていないのです。

 

そしてそれを悪いとも思っていないのです。

自己愛性人格障害の人からターゲットにされない方法

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人から

ターゲットにされない方法について

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の被害者が

被害に合っていてなぜかその被害をうまく説明できない

ということがあります。

 

 

うまく説明できないから

被害に合っていることに気づけないのです。

 

自己愛性人格障害の人に

何かひどいことをされても

「あれ?」気のせいかな、と思う程度で済んでしまうのです。

 

もし、自己愛性人格障害の人が、

何をしているのか、気づけるようになれば、

モラハラ被害を防ぐことが、

できるようになります。

 

しかし、人の常識ではとても考えられないような思考をしているため

普通の人ではモラハラ被害について

気づくことは、なかなか難しいのです。

 

対処できるようになるにはまず、

目の前で、その理不尽な行動を目にして

長い間、嫌な思いをし続けた人にしか分かりません。

 

長い間、時間をかけてずっと同じようなことを

繰り返しされているうちに

あれ?っと思いだす人もいるのです。

 

でも、中には、ずっと危害を受け続けて

気づかず、私が悪いのかな?と思い続けて

一生、添い遂げる人もいます。

あなたは、モラハラ被害を受けやすい体質をしているのですが

それが分かるようになると

普通の人では自己愛性人格障害の対処は

難しいのですが、

あなたは、自己愛性人格障害の人に

対処できるようになるかもしれないです。

(ここは、自己愛性人格障害を治せるようになる、

とは勘違いしないでください。

自己愛性人格障害の人側は変わることなく

あなただけが変わり、

あなたが防ぐことができるようになる、と言っているのです。)

 

Tiaraの周りには、

今でも自己愛性人格障害っぽい人はいます。

 

でも、周りにいる人は攻撃を受けても

Tiaraはその人たちにアドバイスすることで

ずいぶんモラハラ行為を防いでいますが、

たまにこじつけのような感じで

自己愛性人格障害の人が

注意してくるときがあります。

 

でも、Tiaraは、自己愛性人格障害の人に対して

注意は軽く受けて注意されたことを直して後は知らん顔をしています。

敵対心を見せず、

Tiaraのせいではない間違いを

こじつけて注意してくる自己愛性人格障害人に

「はい。じゃ直しておきますね。」とだけ言い

間違いだけをさっと直したら

その場をすぐに離れます。

 

 

自己愛性人格障害の人が

そのあと必ずTiaraの様子をうかがっていますので

普通にしています。

 

 

特に敵対心を持つでもなく、

悲しむでもなく、怖がるでもなく

普通にその自己愛性人格障害の人が言ったこじつけの間違いを直して

次の仕事にかかるだけです。

 

この間、その様子を見ていた上司が

「あいつばっか立てることないんだよ。あいつだって間違えたって

絶対に謝らないんだから。」と言ってきましたが

立てているつもりはありません。

 

自己愛性人格障害の人は

関わるとめんどくさいのです。

 

自己愛性人格障害の人は、こじつけてくるし、

機嫌を損ねるボーダーラインは

彼を基準に判断されます。

 

正直ほかの人にその基準が分かるわけがないのです。

 

だから言われたとおりに直すだけです。

 

例えばここで

「この間違いは私じゃない。」だとか

「これはまちがいではない。」と

自己愛性人格障害の人に言った場合、

彼を挑発したことになり、自己愛憤怒を起こし

もっとめんどくさいことになります。

 

だから自己愛性人格障害の人の言ったことをそのままにしておきます。

 

そして、怒られたことを悲しむでもなく、

気にするでもなく、無視するでもなくして

後は、普通にしているだけです。

 

すると、自己愛性人格障害の人は

Tiaraに自分の攻撃が効いているのか効いていないのか

分からなくなり、

攻撃しても何の面白みもない奴、になります。

 

ここでそれを聞いていた人が

びっくりしたり、おどおどしたり

次は自分も言われるんじゃないかとびくびくしていたら

その人がターゲットになります。

 

自分は言われたくないからと

自己愛性人格障害の人のご機嫌を取ったり、

仲良くしようとする人も

いつでもターゲットになる可能性を秘めています。

 

自己愛性人格障害の人には

あまり反応したり、表情を変えたり

泣いたり怖がったり

逆に無視したり言い返したりしてはいけないのです。

 

 

何にもしないのです。

ただ、自己愛性人格障害の人の攻撃に堪えず、

知らん顔をして普通にしていると

だんだんその人には攻撃をしようとも

思わなくなるのです。

自己愛性人格障害の人には、直接言い返してはいけない

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人には、

直接言い返してはいけない、ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の彼とけんかになったとき

理不尽なことが、多いと思うのですが、

その時に、「あなたはこうで、こうだから。。。」と

直接言わないほうがいいです。

 

そもそも自己愛性人格障害の人とのけんかは、

自己愛性人格障害の人が、

あなたを精神的に追い詰めて

虐待しようとしているだけですので、

あなたが、彼に何か言ったとしても

それが正論だろうが間違っていようが、

自己愛性人格障害の人には、

関係ありません。

ただ、あなたの話を間違っている方向に理論づけして

あなたを責めるだけです。

 

そして、自己愛性人格障害の人は、

その理論付けがとてもうまいです。

 

あなたには、勝ち目がありません。

 

自己愛性人格障害とは、そもそもそういうものです。

 

 

だから、あなたが彼に言い返したり、

彼に勝とうとしたり、

彼を納得させようとすれば、

彼は、あなたにたたきのめされるかもしれないという

極端なまでの恐怖心を持ち、

あなたを全力でつぶそうとします。

 

だから、自己愛性人格障害の人に直接言い返してはいけないのです。

 

直接彼に言い返すということは、

彼を挑発することになり、

彼があなたの話に納得するどころか、

あなたに対する攻撃を極限まで強めてしまいます。

 

これが言葉だけで

あなたの心臓を止めてしまうほどの威力を持つ

自己愛性人格障害の人の

言葉の秘密です。

 

言葉は、

強くなくとも、

静かで諭すような言い方をされるだけで

あなたは、彼に言い返すこともできなくなり、

すっかり逆らう気を無くしてしまいます。

 

そうなってしまったあなたは、

あとは、

彼の気分で

潰したいだけ潰されるだけです。

 

だから自己愛性人格障害の人に

直接言い返してはいけないのです。

 

あなたの側にそんなつもりはなくても、

自己愛性人格障害の人にとっては、

もともと自尊心が低く、自分に価値がないことを

極限までに恐れているので、

恐怖におののいた人間が勝とうとするその威力には

凡人は勝つことができないのです。

 

ましてやあなたは、そんな彼が、

そんな人間だとは思っていないので、

恐怖はまた一段と怖いものになります。

 

自己愛性人格障害の人への対応としては

あなたにそんな気があろうが、なかろうが、

自己愛性人格障害の人を

挑発してしまうことになりかねないので、

自己愛性人格障害の人に、直接、言い返すことは

絶対にやめてください。