自己愛性人格障害の人の愛情は嘘ではないのか?

こんにちは

今日は、自己愛性人格障害の人の

愛情表現についてお話したいと思います。

 

人の気持ちがわからない自己愛性人格障害の人ですが、

どうしてあんなにも愛情表現が

豊かに見えるのか、ほんとうに不思議です。

 

熱いことも言うし、人情深いことも言うので

彼に心がないなんて

はじめのうちは信じられませんよね?

 

もっとも、彼自身には、もちろん感情はあるのです。

ただ、その感情の中でも不安と怒りの感情が

かなりの割合を占めていて、

自分の中の不安定な感情さえ、恥ずかしいと思っていて

人前では普段はあまり見せません。

 

だから分からないのです。

 

ただ、自己愛性人格障害にも程度がありますので、

まだ、若いうちは分かりにくいと思います。

 

本人も、歳を追うごとにトラブルばかりが増えていくので

途中で、何かおかしいとうすうす気づくこともありますが、

自分自身尊大な自分でないと我慢できないので、

気づいても瞬時に気づいていないフリをして

自分でも自分はおかしくない、と思い込みます

それで、普段の冷静な自分を保っていると言えるでしょう。

 

自己愛性人格障害の人は、他人にだけでなく自分にも嘘をつきますから

本当に自分は尊大な自分だと思って

常に演技の中で生きています

 

だから特別、嘘をつくことにも

普通の人よりも罪悪感なくできるのです。

 

常に演技の中で生きていて

それを本当の自分だと思い込みますから、

嘘っぽさが全くないのです。

 

 

その中で映画や本で見た愛情表現をしますから、

本当にそうだという風に見えます。

 

 

そして被害者のほうも、人を信じやすい人が多いので、

両方がそこで歩みより

完ぺきな愛情だと双方が思い込みます。

 

そして被害者は幸せを感じ、

自己愛性人格障害の人を

自分から深く愛するようになり、

彼をますます満足させていくのです。

 

ただ、自己愛性人格障害の人の愛情は

初めのうちは

あなたの気持ちを自分に向けさせるための愛情表現ですので

あなたとの愛情が通じ合ったことに喜びを感じるのではなく、

あなたがだんだんと彼の思い通りになっていくことに喜びを感じているので、

それを見て

あなたは本物の愛情だと思い込みます。

そういう人でないと

自己愛性人格障害の人の相手はつとまらないのです。

 

自己愛性人格障害の被害に合う人は

騙されているわけではなく、

自分から相手を信じようと全力で努力します。

 

だから、多少彼に、

おかしいな、という部分があっても気づきにくいのです。

 

だから、自己愛性人格障害の人との恋愛関係が成立してしまうのです。

 

 

いったん、恋人同士になると

自己愛性人格障害の人は

あなたをなかなか離しません。

 

それを本物の愛だとあなたも強く思い込み

どんどん彼にのめりこんでいくのです。

 

ちょっとでも、おかしいな、と感じたら

少し立ち止まって冷静に彼の行動を見てください。

 

 

あなたのことが好きであるがゆえの行動であるか

しっかりと見極める必要があります。

 

それは、愛する人に向ける行動や言動かを

しっかりと見極めて

彼とやっていくべきか、深く考えてみてください。

自己愛性人格障害の人の人格否定


こんにちは♡

 

今日は、自己愛性人格障害の人の

人格否定についてお話ししようと思います。

 

自己愛性人格障害の人のけんかの特徴として

よくあるのが恋人や奥様に対する人格否定です。

 

例えば、あなたは仕事ができない、だとか、

怠けている、だとかお料理がまずいだとか。。。

それはだんだんとひどくなり

激化すると、

あなたには生きている価値がないだとか

あなたが人の役にたつことがあるの?

などといった、あなたの存在まで否定してきます。

 

その時もちろんあなたは傷つきますが、

たとえ嫌いな人にでも、普通の人は

そんなことまで言いません。

 

 

自分のことを愛してくれている人、

自分が愛する人の人格まで否定する人はいません。

 

たとえ本当にそうだとしても

愛する人のことなら

欠点までも愛せると思いませんか?

現にあなたは、今、

彼のそういう欠点まで受け入れようとしていませんか?

 

そんなこと否定してくることが

もうすでにおかしいのです。

 

たとえお料理ができなくったって

多少不満は言う人は結構いると思いますが、

「今日ちょっと味が濃いね。」とかその日によって

言われることもあると思います。

 

Tiaraはよくハンバーグを焦がします。

でも今までの彼は、

笑って許してくれたり、

「これはちょっと食べられないよ。」とか

「う~ん、ごめん。これはさすがに焦がしすぎじゃない?」とか。。

 

Tiaraがどれだけ焦がしてるんだよ、と思いでしょうが、

そこは流してくださいね。

 

怒られたり、自分でも失敗しちゃったな、って思う時は

言われてもしょうがないな、って思うんです。

 

 

でも、元カレは毎回ダメ出しでした。

 

 

以前、そのことを友達に言ったことがあるのですが、

「信じられない。料理人だって奥さんの料理は黙って食べるっていうのに。」と

激怒した友達がいましたが、

Tiaraは、でも、Tiaraがまずいんだから仕方ない、とも思っていましたし、

彼は舌が肥えているんだな、とも思っていました。

今考えたら、自己愛性人格障害の人は

ただ、他人を否定したいだけなのです。

 

確かに付き合い始めたばかりのころは

彼に料理を何度か作ってもらったことがありますが、

ちょっと一味加えていて、

下手なお店で食べるよりもおいしくて感動したことがあります。

 

彼って料理もうまいんだな、

そう思っていました。

でも、よく考えたたら

作ってくれたのは

付き合い始めた半年ほどだけでした。

 

後はたまに

「今日は俺が作るよ。」という時もあるのですが

たいてい30分以内で作れるレトルトを使った料理でした。

 

1から作ったのは、はじめのころの10種類程度だけです。

 

Tiaraはずっと主婦ですので、料理はもう何十年も

毎日作っています。

 

得意料理って誰でも数種類は持ってると思うのですが、

今考えたら、彼は

料理が得意なのではなく、

得意料理を数種類作っただけだったんじゃないかな?と思います。

 

 

その数種類を食べて、

この人料理得意なんだ、とTiaraが思い込んでしまっただけじゃないのかな

と思います。

 

人格否定、せっかく作ってくれた料理を「まずい」と捨てる

自己愛性人格障害もいるようです。

 

人格否定のようなものをされたら

彼が、していることが

本当に愛している人にできることかどうか、

一度疑ってみるといいのかもしれません。

自己愛性人格障害の人の特徴は、被害に合ったことのある人には必ず分かるようになる

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の怖さについて

お話ししようと思います。

 

自己愛性人格障害の人は、

手を出さなくても、言葉だけで、

相手の心臓を止めることができます。

 

これはたとえですが、本当に心臓が止まるくらい

怖いのです。

 

大きい声を出す必要もありません。

怖い顔をする必要もありません。

 

時には、「あなたから離れたくない!」とか

「あなたを愛しているんだ。」

というような一見すると、愛情あふれるような言葉でさえも、

あなたを、恐怖のどん底まで突き落とすことができます。

周りにいる人には絶対に分かりにくい絶対に分からないのです。

 

人は、

本来、めんどくさがる生き物です。

何かを教えてあげようかな?と思っていても、

相手から「分かるからいいよ。」と言われれば、

「あ、分かるんだ。じゃやっといてね。」という具合に

わざわざ説明しなくても相手が分かっているなら、

よかった、と楽なほうに逃げます。

 

人が大変な思いをしていても、関係のない人なら

「かわいそうだな。」とちょっと思う程度で、素通りしてしまいます。

 

街中で知らないカップルがけんかしていようものなら、

よっぽど正義感の強い人なら止めるかもしれませんが、

たいていの人はめんどくさい出来事から逃げようとするのが

普通です。

 

 

だからこんなにもめんどくさい内容の

自己愛性人格障害の人が

分からないのです。

 

普通はそこまで深く考えないので、

大変分かりづらいです。

 

Tiaraは彼のことが大好きだったので、

本当に疑問だらけで、彼のことを深く考えて調べるようになっていったのです。

 

そしてそれを全部彼と照らし合わせていったから

気づいたのです。

よっぽど好きな人でないと

ここまで調べるでもなく、さっさと逃げてしまいます。

 

そして調べて自己愛性人格障害だと理解した後も

もしかしたら、違うかもしれないと、

糸筋の光に願いを込めて、丁寧に彼の言動や

たまにこれは彼の本当に心の中の気持ちだと

思うようなことも言っていたので

より彼の気持ちが分かるようになりました。

 

たぶん彼も、

自分の中の不可解な感情にどこかで疑問は持っていたのだと思います。

 

そういった行動の一つ一つでさえも

自己愛性人格障害の証拠にしかなりませんでした。

 

 

それでも、とても頭よく、一度目にした情報は瞬時に覚えて

そして何をするにも丁寧で早く

仕上がりもきれいなので

どんどん彼に魅了されていきました。

 

それが精神的な異常から来るものだなんて

誰が想像できるでしょう。

 

それでも、単に常識では考えられないほどの

残酷なことを

天使のような顔のままするのです。

 

恐ろしさで背中が凍り付くようなことが

何度もありました。

ただTiaraも自己愛性人格障害のことについて書かれた書籍や

メンタルカウンセラーの講習会に行ったり、

自己愛性人格障害を体験した人のブログなどを読んで

すべてのことがTiaraと彼のことではないかと思うくらい

そっくりでした。

 

だからTiaraのブログを読めば

あなたの彼がもし、自己愛性人格障害ならば

必ずピンと来るはずです。

 

Tiaraの周りには自己愛性人格障害のことについて

知っている人がいなかったので

Tiaraが大げさに言っているように思われたり

被害妄想に見られたりして

とても辛かったです。

 

だから自己愛性人格障害を体験した人が

どんどん情報を与えるべきだと思うし

世間の方もこういったことがあるという事実を知ってほしいのです。

 

 

そうすれば今まで不可解な出来事に苦しんできたあなたも

自分の思ってきたことにすべて納得できるはずです。

 

その不可解な出来事が

自己愛性人格障害という病気の症状だと

気づくことができるでしょう。

自己愛性人格障害の人は、そばにいる人の成功が許せない

こんにちは♡

 

今日は、自己愛性人格障害の人は、

そばにいる人の成功が許せない、ということについて

お話したいと思います。

 

ここまで自己愛性人格障害の人について

いろいろ学んできましたが、

自己愛性人格障害の人は、自分の見える範囲にいる人を

つぶして生きていないと、自分の価値がまったくないように

思えて怖いので、全力でつぶしにかかります。

 

人の業績がいいことを喜べない人も結構多いとは思いますが

自己愛性人格障害の人のそれは

尋常ではないのです。

普通のでも人の幸せを喜べる人と喜べない人といますよね?

人の幸せに嫉妬してしまうというか、羨ましいのか、

自分が一番じゃないと気が済まないというか。。

 

それでもちょっと嫌な感じがするのですが、

自己愛性人格障害の人は、それを嫌な感じ1つなく

強烈に嫌がらせをすることができます。

 

自己愛性人格障害の人の嫉妬は尋常ではなく、

相手から輝きのようなものが見えそうになると、

途端にそれが、恐ろしいほどの恐怖となり、

その人が何もしていなくても

全力でつぶしに来ます。

 

事あるごとに分からないように

ちまちまと、小さな嫌がらせ、大きな嫌がらせ、

見せしめ、周りの人からの信用を奪うような言動や行動をし続け、

周りにいる人が、

ちょっとかわいそうだなとは思いつつも、

触らぬ神に祟りなしと

あなたから離れていくのです。

輝くどころではありません。

あなたはそこで、普通に過ごすことさえできなくなります。

 

 

自己愛性人格障害の前では、業績を上げることはしてはいけないのです。

 

代わりに、目立たないような人には、何も思いません。

 

自己愛性人格障害の前では、

輝いている人ほど、恐ろしい目に合うのです。

 

かといってダメダメを演じ続けていても、

虐められるターゲットとなります。

 

潰されることが怖すぎて

だんだんと目立たなくしていくと

そこでだんだんと、本当に落ちぶれた存在になっていってしまうのです。

 

これは恋人であれ、夫婦であれ、ただの友達であれ

自己愛性人格障害の人の扱いは、変わらないのです。

 

あなたは自己愛性人格障害の人のターゲットになりたくないがために

そこで落ちぶれた存在になってもいいのですか?

 

恋人や夫婦の場合でも、

別れたくないと言っている場合ではありません。

同じ職場なら、辞めなければならない状態までおちいります。

それかそこに居座り続けると、

どれだけ努力をしようが徹底的につぶされていくのです。

 

あなたは、その彼がいいですか?

その彼は本当にいい人ですか?

 

自己愛性人格障害の場合、

本人の責任ではありませんが、

どうしても脳の構造上、そうなってしまうのです。

 

あなたが彼のことを好きな場合、

この事実自体も

とても辛いものになるでしょう。

 

彼自身も助けたくなるかもしれません。

でも、治らないのです。

 

治るとか治らないの問題ではなく、

そうなるように育ってしまっているので、

彼にとっては、それが当たり前の世界になってしまっているのです。

 

もちろん彼自身も、

非常に生きづらい人生になってしまっています。

 

でも、どうすることもできないのです。

 

悲しいですが、自己愛性人格障害とは、

どうしようもない恐ろしい精神状態なのです。

 

自己愛性人格障害の人はそばにいる人を基準に自分を上げてみている

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人が

なぜ、恋人や奥さんなど

本来普通の人が、一番大事にしている人を

つぶしていくのか、ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

あなたが彼に

小さな嫌がらせを日常的にされるのは、

あなたの精神をつぶしていくことに高揚しているわけですが、

なぜ、一番近くにいる人を大事にせず、つぶして

あまり関係のない人に嫌がらせをしないのでしょう。

 

 

むしろ、普通の人は

そっちのタイプのほうが

多いのかもしれません。

それは、自己愛性人格障害の人は、

自分は生きている価値がないと思っているほど

自尊心が低いので、

そばにいる人を見てその人のほうが、

自分よりレベルが低いことに安心します

 

そうやって自分の精神を保っていないと、

恥ずかしくて生きていけないほどなのです。

 

だから、常にそばにいる存在であるあなたを

つぶすことで、

自分のほうが価値がある、、自分のほうがレベルが高いと思って安心していられるのです。

 

あなたのほうが

レベルが高いなどと思ってしまったら

最悪です。

爆発しそうな彼の怒りと不安が彼を押しつぶしてしまいます

 

だからあなたを全力でつぶしにかかるのです。

 

自己愛性人格障害である彼は、

あなたのレベルが上がることに対して

ものすごい恐怖を感じるのです。

 

だから自分が上でいるために

あなたを下げてみて

自分に満足して安心しています。

 

 

自己愛性人格障害の人は、

そしてそういう自分にとって都合の良い相手である

あなたを離しません。

 

これをよく愛だと勘違いしてしまうのです。

 

だからあなたも彼からこんなにも愛されている、

だから、彼のそばから離れたくないと思ってしまうのでしょう。

 

でも実は真逆で、

自己愛性人格障害の人と一緒にいると

自己愛性人格障害の彼が、

平常心でいられるように

ボロボロにされてもついてくるあなたを必要とします

 

言わば、虐待されるために

そばにいるようなものなのです。

あなたはそれを知っても

魅力的な彼と一緒にいたいですか?

 

怖くないですか?

 

げんに、怖い思いは何度もしていると思うのですが、

彼の何が怖いのかよくわかりません。

 

たまに別れ話を出され、捨てられる恐怖から

彼の言いなりになってしまいがちですが、

普段は優しいため、

彼の何が怖いのか、あなたにもよくわからないのです。

 

彼もまた、自分が何をしているのかいまいちわかっていません。

 

とにかく怖くて、

そばにいるあなたを常につぶしていないと

恐怖と怒りがこみあげてくるのです。

それが、育った環境により

無意識のうちに、

自分に自信が持てなくなってしまっているからなのですが、

それを自覚してしまうと

本当に自分に価値がないように思えてしまってあまりにも怖いので

その事実からも

目をそらしています

 

加害者被害者、両方が、なぜそんなことになっているのか気づかないのです。

 

 

気づかないうちに加害者は、

どんどんモラハラ行為を強めてしまい、そこに依存して生きていて

そしてまた、

気づいていないうちに被害者は、

どんどん彼のことが怖くなっていき

だんだんともはや彼のことが好きで一緒にいるのか、

それとも彼が怖いから言うことを聞いてしまって

彼のことを好きだから、と思い込んでいっていることすら

気づきません。

この状態が、双方にとって

どれだけ危ない状況なのか分かるでしょう。

 

気づいた時点で、被害者は、

全力で逃げ、加害者は、気づいた時点で

自分から人のそばにいないことです。

 

そうして離れていくことで

お互いが、

精神的にリラックスできるような

そんな不思議な関係なのです。

 

だから何度も言うように、

自己愛性人格障害の人とは

距離を持ったほうがお互いにリラックスして生きやすくなるのです。

自己愛性人格障害の人にターゲットにされないためにはどうしたらいいの?

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人に

ターゲットにされないためには、

どうしたらいいのか、

ということについて

お話ししたいと思います。

 

Tiaraは自己愛性人格障害の彼と

5年間、

お付き合いをし、

結婚まで考えて彼に夢中でした。

 

Tiaraの友達は、

Tiaraは元カレのことを

いつも絶賛していたといいます。

 

本当に素敵な人だと

思っていたんです。

(素敵なだけじゃなく、

この人についていけば安心、とも

彼がTiaraの家族を

大切にしてくれる、とも

思っていました。)

 

それが、その魅力的な彼と

一緒にいられなくなるほど

怖い思いをし、彼もTiaraも

同じ職場にはいられなくなるくらいの

経験を得て、

彼が忘れられないときも越えつつ、

だんだんと落ち着いた生活が

できるようになりました。

彼のことが、あまりにも

強烈すぎたため、(良くも悪くも)

自己愛性人格障害の人には、

絶対に近づかなくなりました。

 

たぶん、そのままにしていると

Tiaraから出ている雰囲気が、

自己愛性人格障害の人を

引き寄せてしまうので、

本当にいろいろ考えながら

行動しています。

 

おかげで今は、

自己愛性人格障害の人は

ちらほら見えますが、

相手にしないことで、

被害を最小限に抑えています。

 

たぶん被害者になったことの

ある人は、

もう被害に合いたくないと思うので、

この方法をすこしづつ

お教えしますね。

 

まず、簡単に自己愛性人格障害の人を

防ぐ方法をまとめてみます。

 

①愛想よくするが、関わる時間は

最短にする。

②言いなりにならない

③怒られたときは、

言葉丁寧にどうしたらいいかを聞き

自己愛性人格障害の人に

しゃべらせるようにする。

④話は無表情で聞き、終わったら

「分かりました。」と短く返事をして

その場をできるだけ早めに去る。

⑤自己愛性人格障害のひとは、

言っていることは正論を使うので

(周りに人がいるときは)いうことを聞いても問題はない。

むしろ参考になることも多いと思う。

⑥できるだけ2人きりにならない

⑦プライベートでは

一切付き合わない。

⑧動揺しない

⑨堂々としている

⑩時に脅してみても

いいかもしれない。

(自己愛性人格障害の人は

本来は臆病なので、怖いかも?と

思った人には手出しをしてこない。)

⑪脅しは、言葉は使わず、

少しだけドアを強めに閉めてみる、

とか、

ときおり「はぁ~」とため息をつき

怒ったような顔をする、とか

書類をわざとちょっとだけ

音を立ててそろえてみる。

 

これは、なるべく

自己愛性人格障害の人にだけやる。

 

他の人にまで聞こえてしまうと、

ほかの人まで脅してしまうことに

なるので。

これをやるだけで自己愛性人格障害の人が、

Tiaraに気を使ってくるときが

あります。

 

ただし、効いていないな、

と感じたら、

自己愛性人格障害の人からは

すぐに距離を取ってください。

 

効いているかも、と感じた場合は、

普段はおとなしめにしていて

時折やるといいかもしれないです。

 

この後、自己愛性人格障害の人が、

気を使って話しかけてきたら

普通に対応しましょう。

 

何をするにも、

敵対心を見せないのがポイントです。

 

ちょっと意地悪なやり方ですが、

自己愛性人格障害の人には効きます。

くれぐれも普通の人には

やらないでくださいね。

あなたがただ単に

嫌な奴になってしまいますw

 

これをやるとターゲットが

別の人に移ります。

 

別の人がターゲットになっているな、と感じたときも、

その人が、自己愛性人格障害の人を

怖がっている様子が見えたら

呼ぶなどして、

自己愛性人格障害の人から

さりげなく離してあげましょう。

 

何とも思っていなければ、

何もする必要はないです。

 

自己愛性人格障害の人は、

本来はものすごく臆病なのです。

臆病だから、

やられる前にやるのです。

 

あなたが怖い人なのか、

本当は優しい人なのか、

どっちか分からない雰囲気に

常にしていましょう。

 

そして、周りの人とはよい交流を

心がけましょう。

1人ぼっちでない人に

自己愛性人格障害の人は、

なかなか手だしできないのです。

自己愛性人格障害の彼があなたを愛しているように見えるわけ

こんにちは

今日は、自己愛性人各障害の彼に

愛を感じたことがあることについて

お話したいと思います。

 

さて、いかにも感情がないかのような自己愛性人格障害の人ですが、

彼もTiaraのことが好きだと感じたことはあります。

だからこそ付き合ってきたというか。。。

 

まだ、付き合い始めたばかりのころ、

初めての別れ話を,彼が切り出してきたんです。

 

細かい内容はもう忘れてしまいましたが、

仕方がないけど別れようとか言うものだったと思います。

 

そもそも別れ話など、自己愛性人格障害の方の

嫌がらせの一環なので、内容自体がこじつけなので

覚えているはずもありませんが。。。

とにかく、なんとなくそれは、

別れなければ仕方ない、というような

内容だったと思います。

 

たぶんそのころは、

まだそんなにマインドコントロールも進んではいなかったと思いますので

Tiraもすぐにそうか、と納得し、別れるんだな。。と思っていました。

 

同じ職場でしたので、

当然、出勤すれば彼に会います。

彼も別れたとしても

Tiaraには毎日会えるから、ということも言っていました。

 

そういわれると

別れるけど、彼はまだTiaraのことが好きなように

聞こえます。

 

なぜ、そんな言い方をするのか。。

 

顔が見られるから、

別れたとしても、Tiaraがどうしているか分かるから

まったく会えなくなるわけじゃないからいいんだ、

ともいました。

 

 

付き合っていたらいいことはないから。。

とも言っていました。

 

 

もしかしたら付き合い続けたら

自分が虐待してしまうことも気づいていたからの

別れ話だったかもしれません。

 

付き合っていると、いつも最後はぐちゃぐちゃになってしまうということは、

自己愛性人格障害の人は、

すでに何度も経験済でしょう。

 

まだ付き合いの浅かったTiaraは(付き合いだして3ヶ月くらいだったでしょうか?)

まあ、そういうこともあるな、と

彼から切り出された別れ話を普通に受け入れようと

思っていたのです。

でも、別れ話をした次の日、

彼の様子が違いました。

 

なんとなく気まずい顔をしているのです。

仕事で外出しようとしていた彼に

廊下であったのですが、

彼がとてもおどおどしているように見えました。

 

おびえた小動物のように。。。

大量の荷物を持ったまま、

出かけようとしている彼が、ドアを開けられずに

引っかかっていました。

 

ドアを開けてあげようと

Tiaraが手を伸ばすと、(いいからいいから)とでも言うように

Tiaraにそばに来てほしくない感じで、

Tiaraを拒否しましたが、

顔が意識しているのが分かります。

(厳密に言えばそうではないのですが。。)

 

そこで、いいよ、という感じで

Tiaraは扉を開けました。

 

すると、ありがとうとでも言うように

遠慮がちに頭を下げましたが、

もういいよ、あっちに行って、とでも言うように

Tiaraを押しぬけて出ようとしましたが、

そのおどおどした様子に思わず、

「○○くん、あたしのこと好きじゃん。」というと

やはりおどおどした感じで

頭を下げて

仕事に出かけていきました。

 

その時のTiaraには、彼がTiaraと別れるのが

怖くて、おどおどしているように見えたんです。

 

今だったら、あの時の彼の気持ちが分かります。

 

あの時、彼は

Tiaraと別れるのが怖かったのではなく、

自分がTiaraをふって、その後Tiaraが必死で追いかけてくると思ったのに、

Tiaraがそのまま自分のこと嫌いになったらどうしようと

自分が嫌われることが

恐ろしく怖かったんです。

 

 

彼が言っていた意味のわからないことも

自己愛性人格障害の脳の仕組みがわかった今では

たいていのことが分かります。

 

 

彼は好きな人を大事にしたいから別れることもあるんだ、

とも言っていました。

 

彼は、なんとなく自分がおかしいことに

気づいていたのかもしれません。

あなたは傷ついた分、本当に幸せになれる

こんばんは♡

 

今日は、自己愛性人格障害に傷つけられて苦しんでいるあなたに、

傷ついた分、

普通の人よりもはるかに幸せになれる、

ということについてお話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害は、本人に自覚がないとはいえ、

本当にひどいことをします。

 

何もしていないどころか、自己愛性人格障害の人に

これ以上ないほどの愛情を注いでくれる人を

めった刺しにします。

 

もう倒れたところへ何度も何度も剣を刺すほどの勢いで

潰してきます。

 

これほどひどいことはないと思います。

しかもひどい場合は、

ターゲットになった人が、

そこでは生きていけないほど評判を落とされて

誰にも信じてもらえないくらいにします。

 

そしてしかも、自分がやったとは思っていなくて

天使のような顔をしているのです。

 

 

そんなことがあるわけないだろ、と

身内からも信じてもらえず、

親とも絶縁状態になった人も、大事な本業を辞めざるを得ない状態になった人もいます。

 

そして自己愛性人格障害の人は、

そんなことはしていないような顔をして

仕事も人間関係もうまくやっているのです。

 

それを自分が愛する彼にやられるのです。

 

ショックで自殺してしまう人もいるでしょう。

 

でも、本当は、被害者になった人は、

誰にも信じてもらえなくても、

本当に愛情深く、我慢強い人が多いです。

 

自分を犠牲にしてでも

相手を守ろうとします。

 

自己愛性人格障害が相手でなければ、

本当にいい人が多いのです。

 

報われるには、健常者と付き合うべきです。

普通の人なら、あなたの愛情をいとしく思ってくれるでしょう。

 

そしてけなげなあなたを本気で愛してくれるはずです。

 

自己愛性人格障害の彼と別れてしばらくは、

他の人と付き合う気にはなかなか、なれないと思います。

 

それも仕方のないことでしょう。

でも、傷ついた分、普通の人よりも

幸せな気分を味わえるのです。

感動が大きいと思います。

何年も自己愛性人格障害の彼と付き合ってきた人は

普通の感覚を忘れているでしょう。

初めて付き合った人が、自己愛性人格障害なら

なおさらかもしれません。

 

健常者の人には、自己愛性人格障害の人のような

特別感はないかもしれません。

もっと平凡な幸せかもしれません。

 

それでも心の結びつきを感じたときには、驚くほど

感動して涙が出るほどかもしれません。

 

あまりに感動するあなたを見て

新しい彼は、純粋な子だと思ってくれて大事にしてくれるかもしれません。

 

自己愛性人格障害の人は、

何もかもが普通の人と真逆です。

 

自己愛性人格障害の人のように

ちょっとしたことで機嫌が悪くなる、なんてこともないので

びっくりするかもしれません。

でも、それが普通の感覚なのです。

 

自己愛性人格障害の人のほうが、

ありえないことで激怒するのです。

 

もう彼の前でびくびくする必要はありません。

ケンカをしても

きちんとした話し合いができます。

 

あなたが作ってくれた料理に

感動してくれるでしょう。

 

すべてが喜びになるのです。

そして1度、被害に合った人は、

次は、自己愛性人格障害の人が

見抜けるようになるのです。

 

たとえ好みだとしても、

自己愛性人格障害の人は

友達になることも徹底的に避けてくださいね。

 

するとあなたは、

被害に合って辛い思いをした分、

次に付き合った人とは、お互いに幸せになれるのです。

 

今度こそ、本物の愛を見つけてくださいね。

あなたは自己愛性人格障害の彼と付き合って幸せでしたか?

こんにちは♡

今日は、あなたが自己愛性人格障害の彼と付き合って

幸せだったか?ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害という病気のことを知って、

もしくは彼の様子がなんか普通じゃないということに気が付いて

このサイトにきた方がほとんどではないかと思うのですが、

Tiara自身も思うことなので

あなたに聞いてみたいことがあります。

 

あなたは自己愛性人格障害の彼と付き合って

苦しい思いや怖い思いをいっぱいされてきたと思うのですが、

自己愛性人格障害の彼と付き合って

別れたくないと思ったのであれば、

彼に心があるにせよ、ないにせよ

幸せだった時もあったんじゃないかなと思います。

[ad#co-1]

 

確かに、年齢と共に、また付き合った期間が長くなればなるほど

自己愛性人格障害はひどくなります。

 

 

でも、彼が尊大な自分を見せつけることをやめられないのだとしても

あなたの心の中には

間違いなく愛があり、そして素敵なものをたくさん魅せられてきたんじゃないかと思います。

 

Tiaraも、自己愛性人格障害の人には

健常者にはない不思議な魅力があることをいっぱい見せてもらいました。

 

恋愛は、それなりに経験していますので、

楽しいことはたくさんあったし、

辛いことや心の結びつきなど貴重な経験もたくさんあります。

 

 

でも、

自己愛性人格障害の自分の得意なものをたくさん見せつけられてきて

彼の努力なども確実に、

普通の人よりもあったと思うのです。

 

よく、自己愛性人格障害の人は、

うわべだけで中身がないと言いますが、

本当にそんな否定的な部分だけではなく、

仕事や知識など、

本当に本人が努力している部分もたくさんあったと思うのです。

[ad#co-1]

それを見せてもらえたことは、

Tiaraにとっても、子供たちにとっても

貴重な体験となっています。

 

自己愛性人格障害の人のいいところだけ見ると

確かに魅力的なのです。

 

一度目にしたものはわすれることがなく、確実に彼の知識となっていましたし、

仕事も完ぺきで、ほとんどミスなどありませんでした。

 

モラハラが激化したときなどは、

本人も相当動揺しているのか、車をこすったり、

いつもなら絶対しないミスをしたりということが

たびたびありましたが、

普段落ち着いているときは、本当にお手本にしたい部分がたくさんあります。

 

いままでTiaraがいい加減に流してきたことも、

ちゃんとやれば、自分のスキルとなって身につくということを

身をもって知ることができましたし、

彼から見習うところもたくさんあったと思うのです。

[ad#co-1]

 

だから、あなたも辛い思いはたくさんしたと思いますが、

彼との素敵な日々を彼がいなくても過ごせるように

彼に頼らなくても、彼にしてもらっていたことを

自分でできるようにしていくと

彼がいなくても大丈夫だと思えるようになって

結果、彼と別れても平気になっていくのです。

 

被害者の人は、彼に幸せにしてもらえると思っている人が多く、

他力本願な部分もあると思います。

 

それが、彼が自己愛性人格障害だったために、

彼に幸せにしてもらえると思っていたことに

執着しすぎて辛いのです。

 

 

彼にやってもらっていたことは、

なんでも自分でできるようにして、

そしてさらに、

彼がすごいと思ってしまうような

そんな魅力を身に着けてほしいです。

 

そうすると、

自己愛性人格障害の彼と付き合っていた

長い期間も無駄だったとは思わなくなりませんか?

 

あなた自身が

周りから憧れられるような素敵な人物になりましょう。

[ad#co-1]

何度も何度も何年も繰り返される自己愛性人格障害の人の嫌がらせ行為

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の

何度も繰り返される嫌がらせ行為について

お話ししたいと思います。

 

 

彼が自己愛性人格障害だと気付いても、

彼のことが忘れられず、この先が不安だという人は多いと思います。

 

 

Tiara自身、元カレのことが素晴らしい人だと思い込んでいて、

彼といれば大丈夫だと確信していて、

結婚ももう間近だと安心していました。

 

いろいろあったけど

乗り越えたんだと。。

 

彼のモラハラ行為もなくなっていっていたころでした。

Tiaraが一番不安だったのは、「別れる」と言われることでした。

 

「別れる」と言われないように努力し、でも彼に言いたいことも言えるようにならなきゃ

彼とこれからやっていくのに

元旦那さんの時みたいに、離婚してしまうのが

嫌だったんです。

 

今度こそ幸せになれる、そんな思いもありました。

 

何度目かの別れを経験し、戻るときに

彼も「もう2度と別れる、とは言わない。約束する。

俺にはTiaraしかいないんだ。もし俺、Tiaraが結婚してくれなかったら

もう誰とも結婚できないと思うんだ。

お願いだから俺と結婚して。」

もう戻るのは嫌だ、同じことの繰り返しは嫌、というTiaraに

彼はTiaraの両手をしっかり握り、目をじっと見て言ってくれたんです。

 

 

もうほとんど信用はできない、と思っていました。

ここで戻ってまた同じことをされたら何のために戻るのか分からなくなる、

でも、彼のことは好きで、もし彼がこの約束を守ってくれるのなら。。。

 

そう思いながら彼の目をじっと見ました。

 

とても嘘をついているようには見えませんでした。

 

これは本物だ。

ここまで言って嘘なはずがない。

 

Tiara自身も

彼が誰かと結婚できるような人じゃないと思っていました。

 

それを彼は自分自身で言ったのです。

「もう、Tiaraと結婚できなかったら誰とも結婚はできない」と。。。

 

そうだと思いました。

 

Tiaraも、

Tiara以外の人と彼は、結婚なんてできるわけがない、と思いました。

 

だってこんなめちゃくちゃな人、

Tiara以外の人が、そんなにも彼の思いを尊重して怒らずについていく、とは

思えなかったんです。

しばらくはしあわせな日々が続きました。

子供たちとも、Tiaraとも楽しい日々が続いて、

もう彼は「別れる」とは言わなくなったんです。

 

本当にあれ以来、変なことでは怒らなくなったし

「別れる」とは言わなくなった。。

 

もうほとんど安心していました。

 

彼と最後に戻って1年半ほど経っていました。

 

ある日、彼の異変になんとなく気づいたのです。

 

二人で過ごしているときに、

彼がふいにTiaraの体をよけたんです。

 

ん?と思いました。

どうしたのかな?何か変だな。。。そう思いました。

 

 

それからです。

また彼の嫌がらせが始まったのは。。。

 

もう大丈夫。

そう思っても自己愛性人格障害の嫌がらせは何度も繰り返されます。

 

彼自身も止まらないのです。

自分で止めることができないのです。