心の中で無視をする、という付き合い方

こんばんは♡

 

元カレと付き合う前は、

Tiaraはとても人を信じやすいタイプでした。

 

別の言い方をすれば、

騙されても気づかないタイプでした。

いわゆるお人よしです。

 

世間では「お人よし」という言葉を

なんとなくいい意味で使っているように

思えます。

 

人がいいから騙されちゃうけど、

なんか憎めないよね~、みたいに。

でも、その、「お人よし」が

そんな生易しいものじゃなく

とんでもなく恐ろしいことを生み出していることに

みんな注意がいっていません。

 

あ、それだと少し語弊があるように思います。

正確には、周りがみんな、普通の人ならば

「お人よし」は個性の1つとして

そんなキャラをみんなが分かり合って

成り立っていくでしょう。

 

でも、相手が自己愛性人格障害だった場合、

「お人よし」は

確実に

ターゲットになってしまうでしょう。

昔は信じやすい性格だったTiaraも

もう2度とそんな思いはしたくないので

自己愛性人格障害には敏感です。

 

少しでも、自己愛っぽい人を見ると

そんなに親しい間柄でない場合、

なるべく近寄らないようにします。

 

仕事で関わる人だったり、

どうしても無視できない人物の場合は

関わりは最低限で

仕事の話以外はしません。

 

この時、敵意は持ってはいけません。

 

どうしてかというと、自己愛性人格障害は

敵意を見せると

全力でつぶしにかかってきて

絶対に勝てないからです。

 

どうすればいいのかというと

仕事の話はきちんとして

その話が終わったらさっと引いて

もうその人のことは

全く関心がないようにし、

また、打ち合わせなどが入った場合は、

きちんと話をし、そしてまた、

関わらないようにすればいいのです。

 

心の中で無視をする、といいますか、

決して態度に出してはいけません。

 

あくまでも、

(あなたには関心がありませんよ)もしくは

別のことに夢中になっている、

という態度をとればいいのです。

すると、相手もあなたに興味を持ちません。

 

すると、不思議なことに

争いは起きなくなります。

これが敵対心ではなく、相手が異性で

恋心を持ったとしても

はじめのうちは幸せかもしれません。

 

でもだんだんと、気づかないうちに

自己愛性人格障害から、

精神的な、あなたが自分で気づかない虐待を

受けることになっていくのです。

 

一番平和に過ごすのは、

同じクラスの違う仲良しグループの子、

というイメージを持つことが、

一番平和に過ごす付き合い方です。

けっして、個人的な付き合いになるのは

避けましょう。

自己愛性人格障害を見分けるポイント

こんばんは♡

最近は自己愛性人格障害の見分け方や、

あなたの感じ方について

具体的に話を進めてきました。

 

あなたの大好きな彼を疑ってきた人も

いるかもしれません。

 

でも、あなたの大事な彼です。

もし、

間違って自己愛性人格障害だと判断してしまったら

大変です。

 

大好きな彼と間違って別れてしまう、

ということを選択してしまうことにも

なりかねません。

 

そうなってしまったら、

悔やんでも悔やみきれません。

 

だから、Tiaraは本当に人格障害なのか、

というところにも

疑いを向けて彼をずっと見てきました。

普通の人でも、

自分勝手な理由で怒ることはあります。

けんかをした後に何日も無視をする、

ということもあります。

 

判断する、ポイントは、

理由なく、何度も繰り返しているか、

ということになります。

 

あと、別れた後も、あっけらかんとしていたら

別れを切り出してきたにも関わらず、

彼は、あなたのことに

さほど腹を立てたりもしていません。

 

それなのに別れ話を切り出したり、

けんかをした時は、

あなたの悪いところを

無理やりにでも作り出し、

責めたて、あなたを切り離して、

あなたのほうが悪い理由があるから別れる、

というでしょう。

 

なぜ、そんなことをする必要があるのか?

 

普通の人は、そんなことわざわざ

絶対にしないでしょう。

相手が、

自分の腹が立つことや許せないことを言ったときに

怒ったり、けんかになったりするのでしょう。

 

仲がいい時にわざわざ、

相手のミスをつついたり、

相手を傷つけるようなことはしません。

 

世間の大半の人たちはそんなことをする、

なんて

常識で考えてもないだろう、と思うでしょう。

 

自己愛性人格障害は、普通の人が、

そう考える、とわかっていて

あなたにわざわざ、

けんかや、別れ話を切り出しているのでしょう。

 

普段、周りの人に

あなたに優しくしているところを見せている彼。

 

あなたも彼に優しくされ、この人だ!と思い

信じてついてきたわけですね。

 

Tiaraは今になって気づいたことが

あります。

Tiaraの元カレは、人が見ているところでは

Tiaraに優しい話し方で語り掛け、

大変な思いをしているときに

「大丈夫か?」と声をかけてくれて、

Tiaraのことを手伝ってくれたりしました。

 

そんな彼にTiaraもずっと惹かれていたんです。

 

でも、二人っきりになると彼はほぼ話しません。

 

二人でいてもずっとスマホを触っているか、

彼の好きな(Tiaraのではない)

映画やスポーツをずっと見ているのです。

 

ほったらかしではありません。

露骨な態度はTiaraが気づきます。

 

Tiaraが気づかなかったのは、

ソファに寝転がりずっとTiaraのことを

なでてくれながら見ていたからです。

 

それは幸せな恋人同士の姿でもあります。

普通のカップルもこんな幸せな時間を過ごしていることでしょう。

 

そもそも自分でいうのも何ですが、

Tiaraはわがままをほぼ、言いません。

Tiaraのわからないスポーツを見ていても

たまにはTiaraも見たいな、って思う

テレビや映画もありました。

 

彼に言ったこともあります。

 

そんな時、彼は優しくこう言います。

「じゃ今度はTiaraの好きな映画を見よう。」

 

でも、付き合っている間、

ただの一度もTiaraの見たい映画を

見に行ったり、

Tiaraがすきなテレビを見たことは一度もなかったのです。

気づいていませんでした。

 

その時は(ま、いいか。)とか

彼と一緒にいることで十分だったので

(そんなちょっとしたことくらい、)と

軽く流していたのです。

 

彼に合わせていることがほとんどだったのです。

 

Tiaraが見たいと言ったり、好きな芸能人、

大切にしていると伝えたこと、

 

優しい言い方で、今度にしよう、

俺はあんまりそういうのは好きじゃないな、

今日はやろうと思っていたけど時間がなかったね、

また今度にしよう(彼が寝ていただけ)

など、いろいろもっともらしい理由をつけたり、

または「あ!忘れてた!ごめんね。。」

 

などすべてにおいて

Tiaraの好きなことはしないよう徹底していたのです。

 

言い方が優しかったり、

もっともらしい理由をつけている、

Tiaraが彼に合わせるタイプなので気づかなかった。

 

そしてだんだんTiaraがやりたいことは

言わなくなっていったのです。

 

ほんとに彼に合わせてもいい、

と思っていた部分もありました。

 

どうせ彼に言ってもやらないだろうな、という

無意識のうちのあきらめも

加わっていったのです。

 

そして一番のポイントはそれらを繰り返すこと

 

それなのに人が見ているとき、

別れ話をされたときにTiaraが

戻ることをあきらめていた時だけ、

彼は必死になってTiaraに優しくするのです。

 

だから全く気づきませんでした。

 

あなたの彼はあなたがしたいことに

付き合ってくれることは

たくさんありますか?

 

嫌がらせを繰り返されていませんか?

 

ポイントは、何度も理由なく繰り返すのです。

彼が、あなたに優しい時は、

周りに人がいる時ではありませんか?

よく考えてみてください。

 

Tiaraの彼も、

ソファーで頭をなでてくれるようなことは

するのです。

 

二人の時にあなたに合わせてくれているところが

ありますか?

付き合いはじめのうちはあると思います。

 

少しづつ、徐々に、

気づいたらあなたは自分の意見を

言えなくなっているのです。

 

彼の機嫌が悪くなると、

あなたが彼に合わせるように

徐々に

自然になっていくのです。

 

自己愛性人格障害のやり方は

本当にわかりにくいです。

 

あなたと二人きりの時の言動や行動で

判断してください。

自己愛性人格障害は他人から見たら分からない。

こんばんは♡

最近よく、

「どうしてそんなにひどいことされてるのに

気づかないの?」

という質問を受けます。

 

今日は、自己愛性人格障害からの被害に

どうして気づかないかをお話しします。

 

Tiaraは元カレが自己愛人格障害だったので、

自己愛性人格障害についての記事や、

ブログを読んだり聞いたりすれば

それが自己愛性人格障害の話なのか、

それとも違うのか分かります。

それは目の前で、長い間、話を聞いたり、

彼をしっかり見てきたので

分かります。

 

でも自己愛性人格障害と関わったことのない人は、

「話を聞いてもそれが本当のことなのか、

本当にそんなことがあるのか分からない。」と言います。

 

やはりそんな非常識なことは

想像ができないんだと思います。

 

だから普通の人は

Tiaraのブログを読んでも 

本当にそんなことがあるのかどうかわからない

思います。

 

でも被害を受けたことのある人は、

Tiaraのブログを読んでいれば

あなたの彼が自己愛性人格障害かどうか、

わかると思います。

 

これはわからない他人に

わかってもらう必要はないのです。

 

実際、男の人でTiaraの話を聞いて

前の会社でその人が受けたことは

自己愛性人格障害からの嫌がらせだったと

気付いた人もいました。

(これは自己愛性人格障害の人も男の人だったらしいのですが)

 

Tiaraも同じ思いをしたので、気持ちはわかります。

友達や周りの人にわかってもらおうと、

話したことがあります。

 

でも、だれにでもある恋愛の話だと

思われてしまうことがほとんどです。

 

そのことがさらにTiaraを苦しめます。

分かってもらえない。。。

 

でも、あなたが被害にあっていることを

周りに知ってもらわなくてもいいんです。

 

周りにわかってもらわなくても

あなたが、わかりさえすれば、

あなたが、自分を守るために

彼から離れる何らかの行動をすることができます

 

自己愛性人格障害を知ることは

周りの人に分かってもらうためでも、

彼に分かってもらって謝らせるためでも、

彼に分かってもらうことは無理です。

ひどいことをした、という自覚症状のないことが

自己愛性人格障害という病気なので。)

 

周りに分かってもらってみんなに

彼にひどいことをやめるように伝えてもらうため

でもないのです。

あなたが彼から逃げるためです

 

あなたが、

彼からひどいことをされていることにも

気づかず、

彼のことを好きでいれば

状況はますます悪くなります

 

彼がひどいことをした後、

あなたに優しくするのは、

あなたが彼から逃げていかないためです。

 

逃げられることは、自己愛性人格障害の人にとって

普通の人よりも恐ろしく恐怖でもあるのです。

それなら

そんなことやめればいいのではないか、

と、思うでしょう?

 

それでも彼もそれをやめることは恐怖で、

どうしてもやめられないのです。

 

自己愛性人格障害の人にとって

自分から離れないあなたの存在は

自分が安心して怒りをぶつけられる安全な人間だから

逃げられるのが怖いし、

そばにいると

どうしても

虐待してしまうのです。

 

頭は正常ですから、

暴力を振るったりすることは、

法律に触れるので

いけないことだと認識しています。

 

でも心を傷つけることは、

周りにばれなければ、

罪にはならないと思っています。

 

周りの人に分からないようにやるので

周りの人にばれていないことは知っていますが、

いつか、被害者であるあなたが

ひどいことをされていることに気づき、

逃げていくことを恐れています。

 

だから優しくしたり、

そんな意味で言ったんじゃないよ。」だとか、

「あなたのことが好きだからだ!」などと

やっていることと真逆のことをいうので、

彼のことが好きなあなたは、

彼が悪くないほうの意味の言葉を

信じてしまうのです。

 

だから、

彼からの精神的な虐待に気づかないのです。

 

それでは、その虐待は加速して

あなたをつぶしにかかってきますので、

彼に気づかれないようにすこしづつ、心を離し、

彼から逃げる準備を始めてください。

自己愛性人格障害は人を傷つける

こんばんは♡

今回は自己愛性人格障害の別れ話を繰り返す、ということについて

説明します。

 

Tiaraが初めて彼のことを少しおかしい、と思い始めたきっかけは

別れ話を繰り返す、ということからでした。

 

そして、何度も説明しているように、そのあとしばらくすると

彼のほうから連絡があり、よりを戻す、という自己愛性人格障害としては

大道のやり方です。

 

初めて別れ話をされたときは、電話だったのですが、

会話の途中で「こんな人だとは思わなかった。もう話したくない」

と言われ、「待って」と言っても聞いてくれず、

「今は話したくないんだ」と言われ2,3日全く連絡をくれませんでした。

 

でも、Tiaraは社内恋愛です。

次の日も会社で当たり前に会うのです。

しかもかなり席は近かったです。

 

彼に「話したくない」と言われ、折れそうになっている心のまま

会社に行くと

「おはよう。」と普通に挨拶をしてくるのです。

もう4年半ほど前ですから、あまりはっきりは覚えてはいませんが

たぶん初めは、この態度の変わらない彼に驚いたと思います。

ほんとに全然普通なのです。

(そのあとは何度もあるので慣れましたけど)

 

たぶんTiara だけが震えていて、今にも泣きだしそうなのを

我慢しながら会社に通っていたと思います。

 

ものすごく辛いのに同僚にきづかれないように

普通に仕事をしていなければならないのです。

 

すると彼はこう声をかけてきたと思います。

 

「お互い大人なんだから、会社では普通にしていようよ。」

 

その時もほんとに優しく語りかけてきてくれたと思います。

 

それでも仕事が終わってラインでもしようものなら

「話したくない、って言ったよね?わからないの?」と

突っぱねられてしまいます。

 

たぶんおうちでも息もできないほどだったと思うし、

震えていたし本当に不安だったと思います。

まるで拷問です。

 

それなのに、会社ではほんとにびっくりするほど普通の態度で

しかも向こうから接してくるのです。

そして彼がどう思っているのかも聞けないまま、3日ほど経ちました。

すると、会社の帰り、突然彼からラインが入ってきたのです。

「あはは。罰が当たったよ。

カマ掘られた。。」

 

Tiaraも車を運転中でしたが、

「大丈夫?」

おもわず、ラインを送ってしまいました。

 

すると彼から電話がかかってきたのです。

「あはは。カマ掘られたよ。ばちがあったったんかなあ?」

すっとぼけた彼の声。。。

 

「大丈夫なの?けがは?」

 

「なんかね、信号待ちしてたら突然。

ぼっろい自分で修復したような跡がある古い形のクラウン。

しかも中から出てきた男がカタコトで

「スイマセン。。。私オカネナイ。ゴメンナサイ。」っていうから

あちゃーって思ってさ。保険入ってるか心配だったけど、

保険は入ってるっていうからよかったけど。。。

バチがあたったかな?」

 

おどけて言う彼にちょっとほっとした。

なんだ。。普通にしゃべってくれた。。。

 

「落ち着いたらまた連絡するね。」

という彼にほっとしてお家に帰りました。

 

しばらくして彼から連絡があり

「会いたい」と。。

それから二人で話し合いそしてもとに戻ることにしました。

 

でも、それが何度となく繰り返されたのです。

そのたびにTiaraは不安になり、もうそろそろかかってくるかな、と思ってもだんだん

かかってこなくなり、もう今度こそダメだ。。。

 

と思った頃に連絡が来る。

また戻る。

 

けんかの間も彼の素敵なところを会社で見せつけられ

優しくされ、でも連絡すると怒る、だんだんとTiaraのほうからは

いいたいことも言えない、聞きたいことも聞けない、

という風になっていきました。

 

それでも戻ってくる彼にほっとして戻る、ということを

繰り返し、だんだんとおかしい、と思うようになっていきました。

 

彼は本当にむごいことをします。

おととし何十回目かの別れ話で、Tiaraもだんだん慣れてきて

(どうせすぐ戻ってくるよ。。。)と思うようになりました。

 

Tiaraも上手になり、彼から別れ話をされても会社では

普通に仕事の話だけは普通にしてまたどうせ彼から

連絡がある、そんな風に思うようになっていったのです。

 

すると、ある時会社の休憩室で休憩しているTiaraに

「俺、引っ越すから!」

と急に言ってきました。

 

心の中では(また脅しだ)と思いました。

それでも「うん。分かった。」とだけ言いました。

だって、信用していませんでしたから。

 

すると、彼は怒って「本当に引っ越すからね!

今月末であのマンションを出る!」

それでもTiaraは信用していませんでした。

 

だってそんなことは幾度となくり返されてきたから。

「転勤する!」

「元カノに戻るね。」

「Tiaraとは、もうやっていけないんだ!」

 

そのたびにTiaraは過呼吸になり、

ひどい顔になり、呼吸さえできないときもあったし、1週間泣き続けていた時もありました。

 

それでも、彼は、かならず「会いたい!」

「お願いだよ。俺ともう一度、付き合って。」

「あなたがいないと生きていけない!」。。。。

 

言い出したらきりがありません。

 

だんだん別れている期間が長くなっていきました。

1日、3日、1週間、2週間。。。

 

それでも彼は必ず戻ってきていたんです。

まだ、彼と戻っていない日曜日、近いので

たまたま、(というかほんとに道1本違うだけなので

買い物に行くとき、友達の家に行くとき、彼の家の前を通ることは多いのです)

彼の家のそばを通りました。

 

すると、本当に引っ越しをしている彼の家が見えたのです。

 

この時、Tiaraの中で何かが切れました。

(もう、彼とは本当に縁を切ろう)

それでも、まだ終わりではなかったのです。

 

ここから先が、Tiaraが(彼がふつうではない。)

と疑いだしたきっかけになりました。

付き合いだしたとき、彼には彼女がいました。

 

だからTiaraは相手にしていなかったのです。

でもTiaraが彼を信用した一番の理由は、その彼女と別れ、

Tiaraの家のすぐそばに引っ越してきてくれたんです。

 

さすがにそれはびっくりしましたけど、

これは本物だ、と思いました。

 

彼女が別れきれなかったので

Tiaraは彼に「もう一度彼女とちゃんと向き合って。

それでも、どうしてもだめだったら、またTiaraのところに来て」

と言いました。

 

すると彼は、「もう駄目なんだ。Tiaraのことが好きになっちゃったんだよ。

彼女は子供を欲しがっている。

 

でも、今、俺がTiaraのことを好きなまま、彼女のもとに

戻ったらどうなる?

 

俺は我慢をすることになるし、そしたら俺がかわいそうだし、

Tiaraのことを好きなまま戻った俺と一緒にいても

彼女もかわいそうだ。

 

彼女はまだ若い。

今なら、俺なんかじゃなく、彼女のことを本当に好きな人と結婚して

その人の子供を産んだほうが、彼女にとっても幸せなんだ。。

無理やりもどってもみんなが不幸になる。。。」

 

彼は泣きながらそう、いいました。

 

そういわれて、言葉が出なくなりました。

しばらくして彼は彼女と別れました。

そしてTiaraのおうちのそばに引っ越してきてくれたのです。

 

それから彼はこういいました。

「俺はみんなの幸せを考えてるんだ。TiaraもTiaraの子供たちも

絶対幸せにする。

俺は、Tiaraの元旦那さんともほかの彼たちとも違うんだ。

俺はTiaraを本当に幸せにするよ。

 

だからって元カノのことも何とも思ってないわけじゃない。

可愛そうな思いはさせてしまったけど、

彼女にも幸せになってほしい。

俺とはダメだったけど、

俺じゃない、ほかの彼女のことを本当に思ってくれる人と

結婚して、そしてその人の子供を産んでほしい。

 

そしたら、今は辛いかもしれないけど

その時は彼女も本当に幸せになれるんだ。」

 

Tiaraはそれはそうだ、と思いました。

そして、いけないこともしたけど

この人は本当に信頼できる人だ、と思って付き合ったのです。

本当に幸せになれると思っていました。

 

その時に引っ越してきてくれたお家を

本当に引っ越して行ってしまったのです。

 

自己愛性人格障害とは

相手の恋愛心を使った虐待だといえます。

決して、自己愛性人格障害の人と一緒にいてはいけません。

自己愛性人格障害からのプレゼント

こんばんは♡

 

今回は自己愛性人格障害の人は

プレゼントをするのが好き、

ということを説明します。

 

自己愛性人格障害の人は、

自分が気に入った人にプレゼントをします。

Tiaraも気が付いたら、

ものすごくたくさんのプレゼントを

頂きました。

 

正直、プレゼントを頻繁にくれる、

ということは

相手が本気なんだ、

ともらうほうは、思います。

 

ほとんどの人は、特に、

付き合いだしたばかりのころは、

いろいろ相手に喜んでもらえるような

素敵なプレゼントを

考えたりするとと思います。

でも、付き合いが長くなってくると、

だんだんあげる物もなくなってくるし、

相手と一緒にいることも慣れてくだろうし、

だんだんイベントがなくなってきたり、

記念日を

忘れがちになりがちな人も多いと思います。

 

中には、ずっと記念日には

(例えば結婚記念日や誕生日)

プレゼントや素敵なお店にお食事に行く、

という素敵なカップルも

たくさんいると思います。

 

ただ、自己愛性人格障害の人は、

ほんとにマメに、ほんとに頻繁に、

細かいプレゼントや(机の上に飴を置いていく)とか

すごく気の利いたプレゼントをしたり、

すごく高いプレゼントをしたりするんです。

(プレゼントを頻繁にする人、

全部が自己愛性人格障害、

というわけではありません)

 

ほんとによくプレゼントをします。

 

だから余計に愛されてるって

思っちゃうんです。

 

Tiaraは物にも気持ちがこもってると思います。

 

自己愛性人格障害の人も

とても素敵なプレゼントをします。

でも、その時の心情は、

「こんなに素敵なプレゼントをしてる素敵な俺」にスポットが

当たっているのです。

 

もしくはこんなに俺は気が利くんだから

嫌いにならないでね。とか

こんなにすごいプレゼントをする俺を

好きになってね、とか。

どこかに出かけたら、

必ずお土産を買ってきてくれます。

 

仕事をしてて疲れてきたころに「はい!」と

机の上に

絶妙なタイミングで

コーヒーを置いていったりします。

 

ほんとに素敵なものをたくさんもらいました。

 

そんな時、優しいなとか、素敵だなとか、

センスがいいなとか

思ってしまうんです。

 

ただ、プレゼントをたくさんする人が

自己愛人格障害ですよ、

ってことではないんです。

そこは誤解しないでくださいね。

 

だから、自己愛性人格障害の特徴の1つに

「プレゼントをする」

というのを読んだときに

すぐにピンときました。

 

自己愛性人格障害の被害者の人は、

自己愛性人格障害の人の特徴を

どこかで目にしたときにピンとくるんです。

 

だから、これを読んでもピンと来ていない人は

あなたの彼は、

自己愛性人格障害ではないのかもしれません。

 

普通の人が読んでも

何を言ってるのかわからないと思います。

 

 

わからない人は、

自己愛性人格障害の人がそばにはいない人です。

 

自己愛性人格障害の特徴はいろいろありますが、1つか2つ

あてはまるだけでなく、

いくつか当てはまって確信が持てるようになるまでは

彼が自己愛性人格障害ではないのではないか?

と思うようにして、

当てはめていってください。

 

もし、これを読んでピンと来た人は、

できるだけ自己愛性人格障害のプレゼントは

受け取らないようにしてください。

 

理由は次回お話しします。

自己愛性人格障害は真実を使う

こんにちは♡

前回は、自己愛性人格障害の嘘について話しました。

 

今回は真逆で、

自己愛性人格障害は真実を言っている、

ということについて説明します。

 

自己愛性人格障害というのは、普通の人よりも、

正直で裏表がないように見えます。

どうしてそんなことができるのでしょうか?

 

それは、他人が聞いている限り、

本当のことしか言わないからです。

 

被害者の人をいたぶるにしても、

被害者の人の失敗や欠点を使います

(誰にでもあること)

 

例えば会社の先輩と後輩が

自己愛性人格障害と被害者の関係だったとしましょう。

 

被害者の人が社内で使う書面を

作成したとします。

 

それについて、自己愛性人格障害の人が、

「ここは、もう少し太字にしたほうがいい。」

「ここはオレンジじゃなくて

赤にしたほうがはっきりする。」

というような

アドバイスをしたとします。

 

被害者の人は、基本的に素直なので、

自分のミスを認め、

また必死で作り直してきます。

 

するとまたそこで、

「ここは箇条書きにしたほうがいい。」

「いろんな人から見て

分かりやすい文章にしたほうがいい。」と

少しイライラしたような口調や

ため息交じりに大げさに下を向いたりして、

「もう一度作り直してこい」と

いうようなことをいいます。

被害者の人は必死にやり直しますが、

次から次へといろいろ注意されるので、

へとへとになってきます。

 

それを何度となく繰り返し、

「もういいよ。。。」といって、

被害者にやらせることをやめます。

 

もちろん周りの人は聞いていますが、

何度も何度も失敗している被害者を見て

可愛そうに、と思ったり、ダメな奴だな、

と思うようになります。

 

そして自己愛人格障害の人は、

彼(彼女)がいかに何度も印刷をし、

時間と用紙代を無駄にしたか、

報告書にまとめて、上司に提出します。

 

「僕がフォローしましたが、

もう彼(彼女)には任せられません。

と言い、その仕事を

自己愛性人格障害の人がやります。

 

でも、自己愛性人格障害の人が言っていた失敗とは、

別に赤じゃなくても、

オレンジでもいいかもしれません。

もしかしたら

太字じゃなくてもいいかもしれません。

 

それをあたかも、被害者の人が失敗し

何度も何度も失敗するから

有能な俺が面倒を見てやったのに、

自分がしりぬぐいをしなければならないから、

困り果てている。。。

 

という形を何度となく取ります。

すると自然に周りの人からは、

しかたないけど被害者の人が、悪い、とか、

先輩がしりぬぐいをさせられて大変だな。。

と思い始めます。

 

これは「パワハラ」か「会社の不満」

のような記事で見たと思うのですが、

Tiaraはこのやり方は

自己愛性人格障害のやり方だと思いました。

 

もちろん先輩の言っていることは、

よくよく見てみないとわからないのですが、

自分も仕事をしている合間に

なんとなく周りから聞いている分には

先輩の言ってることが、正しく

後輩が、何か何度言われても失敗している、

という風にしか見えないでしょう。

 

こういったように真実をうまく使って、

ほんとに正しいのかわからないような

あいまいなことを使って、

周りから孤立させ

どんどん被害者を追い詰めていくのです。

そして、

彼の言うことを聞けば

助けてやる、というような形を

被害者の前で取ります。

 

被害者は、

助けてもらえる、という救われるような気持と

彼には逆らえない、というような

気持ちを

自分でも気づかないうちにもっていくのでしょう。

敵対心のない嫌がらせ

こんにちは♡

 

前回、モラハラの怖さというものが、

どれだけ怖いか、

どうしてターゲット本人にもわからず、

事態が悪化していくのか

なんとなくわかっていただけたのではないでしょうか?

 

今はこんな感じで好きなことをしているTiaraですが、

去年の今頃は

自分のことどころではなかったんです。

 

ほんとに彼が悪化したのか

長い間付き合っていたのでターゲット化したのか、

それともTiaraの発言が火をつけてしまったのか

それはわかりません。

 

今まで一番の味方だと思っていた彼が

あなたを陥れるようなことをしている。

すごいショックですよね。

Tiaraもすごいショックでした。

 

 

日常的に細かいことが多いので

指摘するほどにはなりません。

同じ会社でしたので帰りは「一緒に帰ろ」

と言われることも多かったのですが、

車で一緒につるんで走っていると

突然方向転換をされ、

スピードを上げて曲がっていったり。

 

(はじめのころは「どうしたの?」

とかラインを送ったりすることもあったんですが)

 

「ん?スタンド寄っただけだよ」とか言われると

「なんだ」と言いつつも、

その時はドキッとしましたし、

正直いい気はしないですよね。

 

3,4か月に1回別の場所で

研修があったりしたのですが、

社内システムを使って好きな時に予約するのですが、

「一緒の日にしよ♪」って

嬉しそうに言われるので

Tiaraもうれしくなって、

二人とも同じ日に予約していました。

 

付き合いだして間もないころは、

一緒に会社を出て

彼の車で、研修所まで行っていました。

 

Tiaraが会社に入って間もないころは

わりとTiaraは人気者でした。

 

みんなに「研修一緒にいこ」って

言われていたのですが

毎回、彼と行く、というので(付き合っていることは

おおっぴらにはしていませんでした。)

だんだん、みんなもTiaraを誘わなくなりました。

 

でも、ほんとに一緒に行ったのは

会社に入って5年間で1、2回だけです。

(何十回と研修はありました。)

 

毎回、何も言わずにいつの間にか、

会社からいなくなってしまっていたり、

「あ、一緒に行くこと忘れてた。」

と言ったり。

 

毎回、予約するときは「研修いつにする?」と

彼のほうから聞いてきて予約するので、

Tiaraは毎回、一緒に行くのか、

と思っていました。

 

でも、毎回、前日にけんかをしたり、

(もちろんなんで怒るのか分かりません。)

気づけば、ずっと嫌がらせをするために、

わざわざ、同じ日に予約をしていたのです。

 

でも普通、何度もこんなことされたら、

けんかになるに決まっています。

でも、Tiaraは言えなかったんです。

[ad#co-1]

 

彼には、意地悪をしていても話をするときに

敵対心がないのです。

とても紳士的だったり

穏やかな話し方だったりをするんです。

 

 

普通、意地悪をする人は、

敵対心をむき出しにしてします。

だから、

嫌がらせをされていると気付くのですが、

自己愛人格障害は敵対心のない虐待

と言われています。

 

だからモラハラに気が付かないのです。

 

でもあなたもそうだと思いますが、

約束していておいていかれると嫌な気持ちになると思います。

それを日常的に繰り返すのです。

 

はじめは1か月に1回、2回、

気づかないレベルです。

ただ、それ以外の時はとてもやさしいです。

好きだよ、と言ってくれたり、

Tiaraのことを本当に大切にしているよ、

と言われる。

 

嫌がらせもいろいろなやり方で

手法を変えて仕掛けてきます。

 

おいてったときも前日にけんかをし

「明日は一緒にはいかないから。」といわれることもあれば、

「あれ?そうだっけ?」ととぼける。

たぶん、「一緒にいこって予約したよね?」

って言ったときもあります。

 

そしたら「別に一緒に行かなくても向こうで会うから

いいじゃん。」と言われました。

その時の言い方も、

ぶっきらぼうに言ったのではなく

とても優しくて、(ま、そっか)

と納得してしまうレベルです。

 

でも、いやな感じは残りますよね。

しかも、頻繁にやられると。

 

分からない程度にチクチク、じわじわと、

そしてTiaraに優しくしているところを

みんなが見てる。

 

本当にわかりにくいと思います。

でも、その嫌がらせの頻度も、

強さもだんだん加速していきます。

 

できるだけ早く気づきましょう。

 

あなたの相手は、

あなたが傷ついているのを知っていて

自分だけが紳士に見えるように、

巧妙にあなただけを

落としいれているのです。

 

何に一番ごまかされるか。。。

他の方はわかりませんが、Tiaraの彼は

声と顔、そして態度でした。

 

ほんとに嫌なことするときは、

「どうしたの?」「そんなことしてないよ?」

「Tiaraどうしたの?もしかして生理?」

 

こんな感じです。。。

ほんとに穏やかな顔と態度で。。。。

 

「よく勘違いされるんだよね。俺、怒ってるみたいに見えるみたいだよね~。」

そうなんだ。。。

 

彼の顔立ちは、無表情で

まったく心の中が読めません。

 

でも、時折、

子供のように屈託ない笑顔で笑ったり

正義感に燃えることも言うんです。

 

ほんとに、自分が勘違いしてしまったのかな?と思ってしまうくらいに。。

今まで、Tiaraが嫌だと感じてきた人たちは

・しゃべり方が威圧的な人

・態度が威圧的な人

・嫌な顔をする人

などでした。

 

優しくしてくれた人、

Tiaraのことを好きだといってくれた人には

基本、嫌なことはされたことがないです。

 

だからバツイチだったTiaraのことが

好きだと告白してくれた時には

正直、ほんとにうれしかったんです。

 

日曜日、

もし暇なら喫茶店にでも行きませんか?

と誘われ、

元旦那さんと別れて以来、

特に何をするでもなかったTiaraが

子供に

「ねえ、会社の人に喫茶店に誘われちゃった。行ってもいい?」

と聞くと「いいよ~」とのんきな子供の声。

 

日曜日の午後、子供とごろごろしてたんです。

突然の告白に正直びっくりして

カチカチになって帰ってきました。

 

Tiara :「コクられちゃった~」と机に突っ伏して子供に打ち明けると

子供    : 「おい、うそだろ、母さん。そんなわけないよな~w」

Tiara   :    「ほんとだよ~」えへへ(〃´∪`〃)ゞ

子供  : 「好きでもないのに付き合わないよな!なあ?」

Tiara :    「・・・」

子供   :  「おい、嘘だろ!まじかよ。。。」

 

たぶん、久々の告白に舞い上がっていたんだと思います。

それに会社ではすごく仕事のできる彼。。。

こんな人にコクられるなんて。。。

 

そのあと、子供2人もすぐに彼のことが好きになり、

いっぺんに楽しい生活に変化していきました。。。

 

その彼が、まさか、そんなことするわけはないよね。。

あまりのギャップにTiaraが考えすぎなのでは?とおもっていったんですよね。

自己愛人格障害は、ほんとに普段の態度と

ギャップがあるように思えます。

 

だから自分の勘違いなんだ!と

勘違いしてしまうことが多いのです。

 

あなたも口調や態度が穏やかでも、

やっていることをよ~く見てください。

 

彼のやっていることが、

本当に好きな人にできることなのかを。。。

自己愛性人格障害の罪悪感

こんにちは♡

Tiaraのブログを読んで、

少しでも心が晴れていますか?

あ、そーいうことっだったんだ、って

納得できてるといいんですけど。。。

 

Tiaraは分かってもらえないことに対して、

周りの人に

とても迷惑をかけてしまいました。

 

最後までTiaraと彼がうまくいくように

相談にのってくれた人には

「もう何年も相談にのってきたのに

病気ってどういうこと?

けっきょく

私の相談にのってた時間ってなんだったの?」と。

 

自己愛性人格障害の被害にあった人は、

彼とうまくいかないことを、

彼には言えなくなっているため

他の人に相談する、という人が多いと思います。

 

でも、ほとんどの人が常識の範囲内で

相談にのってくれるでしょう。

 

だから、なんにもしてないのに嘘つかれる、

などというと

「なんにもしてないのに、

そんなことするわけないでしょ。」とか

「嘘つくような男なら信用できない。」など。

でも、常識で考えられないようなことを

しているので

なかなか分かってもらえないんです。

 

嘘は日常的につきます。

そんなこと嘘ついてどうするの?と

理由もわからないような嘘もつきます。

 

普通の人が嘘をつく理由と

全く違う理由で嘘をつくのです。

そして、嘘をつくことに

全く罪悪感がないのです。

 

自分で嘘をついた時でさえ

「そんなこといってないよ!」

と熱く語ります。

 

知らない人が見たら、

あそこまで言ってるなら

彼は嘘をついていないんじゃないか?

と思うほど。

 

普通の人が嘘がばれるときは、

罪悪感から、(しまった)というような顔をしたり、

罪悪感からうつむいたり。

罪悪感から目が泳いだり、逃げ出したり。

罪悪感から「ごめんなさい。」と言ってしまったり。

 

こういった反応が全くないから分からないのです。

ただ、つじつまが合わない、という事実があるだけ。

 

判断のポイントはあなたの中の違和感だけです。

その違和感をよく考えてみてください。

 

あと、嘘だと気付いても

彼に直接指摘しないでください。

 

彼に敵対心を持ったと思われてしまうと

後で

全然関係ない時に嫌がらせをされてしまうので

もし、嘘だと気づいても、

彼には言わず、心の中で

彼を無視してください

 

そして、そのあと、

自分から積極的に話しかけるのをやめてください。

 

できれば接触を断つのが一番いいと思うのですが、

できない場合、(夫婦や同じ職場など)

心の中で無視をしてくださいね!

 

自己愛人格障害を疑われる方には

それが

最善の接し方だと覚えておいてください。

サイトマップ