自己愛性人格障害のひとの一貫性について


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとの

一貫性について

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとと

お話をしていると

話しが食い違って

イライラすることが多いかと思いますが

そこでイライラしてはいけません。

 

自己愛性人格障害のひとは

そもそも話が通じないことがほとんどで

誠心誠意話をすればするほど

揚げ足をとられ、話がしにくくなります。

 

また、自己愛性人格障害のひとと

言葉を交わすということは

解決に導くということは

まずできないうえに

自己愛性人格障害のひとから

あなたを攻撃する材料を

与えてしまうことになります。

 

だから、自己愛性人格障害のひととは

あまり会話を交わさないほうが

いいのです。

 

あなたが彼に

分かってもらおうとすればするほど

あなたの意見は全く通じることはなく

また、あなたにも

自己愛性人格障害のひとが

言っていることが

分からなくなります。

正論というものが全く通じず、

以前言ったことも本人も

忘れてしまっていることも多いので

話しに全く一貫性はありません。

 

どんなに責任感の強いことを言っても

どんなにもっともらしい事を言っても

その話に一貫性はありません。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

ただ単に

あなたを攻撃するためだけに

話をしているだけなのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

ただもっともらしいことを言うだけのために

あらゆる理由を使い

あなたをもっともらしく

悪者にしようとしているだけで

その話に正当性は全くありません。

 

そして、自己愛性人格障害のひとが

あなたを責めることに

理由はありません。

 

あなたが悪い理由は

あなたの方にはまったくないのです。

 

正義感の強い人やまじめな人ほど

混乱すると思いますが

それでは自己愛性人格障害のひとの

思うつぼなのです。

 

自己愛性人格障害のひとの機嫌によって

尊大な自分を魅せつけたいときは

優しく面倒を見てくれることもありますが

機嫌の悪い時や

特に今日は攻撃してやろう、

と思っているときは

あなたがどれだけ具体的な話をしても

まったく通じないのです。

 

あなたがもし、

自己愛性人格障害のひとと話していて

不快に感じるようなときは

言葉をできるだけ

交わさないようにすることです。

 

そして、できるだけ間を開けて

自己愛性人格障害のひとと関わらないようにし

あなたが攻撃される材料を減らすために

言葉の数を減らしていくのです。

 

もし、あなたが

自己愛性人格障害のひとの言うことに

納得のできないことがあるとしても

その時はスルーしてください。

 

そのほうがあなたも少しでも楽になりますし

そもそも、自己愛性人格障害の人は

解決するために話をしておらず

むしろあなたを攻撃するためだけに

会話をしているので

言葉を交わしても意味がないのです。

 

そこで熱くなってしまうと

あなたが疲れるだけです。

 

疲れてイライラしてしまうと

あなたは自分のせいでもないのに

その時間を自己愛性人格障害のひとのために

無駄にイライラしてしまうだけなのです。

 

自己愛性人格障害とは

精神的な病気だということを

よく理解していただき

あなたは自分を守るために

自己愛性人格障害のひとと

関わる時間をできるだけ減らしてください。

 

自己愛性人格障害のひとのために

悩むことは無意味です。

 

自己愛性人格障害のひとは

善悪の区別もできておらず

ただ、あなたよりも優位に立つためだけに

毎日を過ごしているだけなのです。

自己愛性人格障害のひとはターゲットにしようと狙っている人にだけ極端に優しくする


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

誰にでも親切にするわけではない

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害の被害について

相談を受けていますと

よく付き合いだしたばかりのころは

この人についていけば大丈夫、だとか

この人の下についていれば

自分も仕事ができるようになる

と期待された方が多くみえますが

そのほとんどがしばらくして間もなく

その期待を裏切られることになります。

 

もともと、自己愛性人格障害のひとは

必要以上に周りの人から

自分を認めてもらいたいという気持ちの

異常に強い人なので

尊大な自分を常に演じて周りからの尊敬を集めています。

 

普通のひとは

わざわざ常に尊大な自分を演じ続ける

ということをしませんから

普通に見て、仕事ができる立派な人だと

思うだけなので

彼のしていることになかなか気づく人はいません。

 

ところが、異常なくらい

常に尊大な自分を演じ続けて

幼いころから生きていますので

自分をよく見せる能力に長けていて

場合によっては

その人本人の実力以上に見えていることが

あります。

 

そのため、ひとから尊敬されやすく

恋愛でなくても

彼についていきたい、と思う人は

大勢いると思います。

 

ところが自己愛性人格障害のひとは

自分をよく見せることには必死なのですが、

自分以外の人が注目を浴びたり

仕事ができるようになることを

まったく好みません。

 

なので立派な自分を演じつつ

他人にも指導をしているように見えて

実は話した人本人にしかわかりませんが

その内容は大変分かりづらく

自己愛性人格障害のひとの下に

後輩が育つということはほとんどありません。

ですが、ごくまれに

自己愛性人格障害のひとが

とても目をかけて教えたり

常に自分と一緒に行動させ

明らかに面倒を見ている人

というものが出てきます。

 

自己愛性人格障害のひとに目をかけてもらうと

それが仕事の場合ですと

自己愛性人格障害のひとが面倒を見ている

お気に入りの後輩だったり

異性だった場合は、

恋人になったりすることが多いのですが

実はこの、

自己愛性人格障害のひとの

お気に入りのひとこそが

将来的にはターゲットになる

可能性があります。

 

自己愛性人格障害のひとも

無意識に

自分に従順についてくる人だったり

自分のことを好きになってくれそうな人を

瞬時にかぎ分けて見破り

その瞬間から

その人に信用してもらうために

全力で親切にしたり口説いたり

面倒を見たりとします。

 

自己愛性人格障害のひとも

初めからターゲットにしてやろうと

狙ってしているわけではなく

なんとなくその人と接していくうちに

ターゲットになりそうな人を見破ぶって

初めのころは

本当にお気に入りとして

全力で気に入ってもらおうとするのです。

 

だからその人にだけ

ものすごく親切にしたり

異性なら、熱烈に口説いてきたり

後輩なら本当に良く面倒を見るので

初めのころは

自己愛性人格障害のひとと一緒にいることで

恩恵を受けることも多いでしょう。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

効率のいいやり方をする人が多いので

仕事などは

単純な言葉しか使わず

分かりやすく説明をしてくれるので

本当に分かりやすいです。

 

だから一気に自己愛性人格障害のひとと

同じようなポジションにつけたり

または、自己愛性人格障害のひとの

お付きのひとのようになり

自己愛性人格障害のひとの信頼と

同じくらいあなたも信頼されやすくなります。

 

自己愛性人格障害のひとは

仕事も早く正確なので

絶大な信頼を得ていることが多いのですが

それを分かりやすくすべてのひとに

教えるということがありません。

 

 

その理由として、自己愛性人格障害のひとは

相手の気持ちが分からないため

分かりやすく説明をすることができない、

と言われたりもしていますが

Tiaraはそうではなく

自己愛性人格障害のひとは

他人が自分と同じくらい仕事ができるようになると

困るので

あえて分かりやすく教えないことをしている

と思います。

 

だって現に、本当にこの人には分かってほしい、

と思ったときには

とても分かりやすく説明することが

できるからです。

 

そして詳しく説明をしていないくせに

きちんと説明しているような

雰囲気だけは出すので

周りの人から見たら

本当にきちんと指導をしているように見えます。

 

ですが、近くで聞いていると

分かりやすく教えていないくせに

自分のもっとそばにターゲットがいるときなどは

その人が「良く分からないんですけど?」というと

簡単に「こうすればいいから。」と

伝えてその人が自分で判断する方法を

教えたわけではないのに

その人は理由が分からないにせよ、

すぐに仕事ができますし

その時にちょっと

ターゲットに対して

(ここに分からないやつがいるから

今は詳しく説明できないけどごめんね)

とターゲットにはみじめな思いをさせて

でも同時に

やり方だけ教えてもらった人も

詳しく説明を聞いていないので

一人で判断してできるようにはならないだろうな

と思うシーンをTiaraは何度も見ています。

 

 

これも、自己愛性人格障害の存在に

気付いているからこそ

そこまで分かるだけのことで

もしも、自己愛性人格障害という

変わったものの考え方をする人が

いることを知らなければ

普通にターゲットができの悪い人で

自己愛性人格障害のひとは

仕事もできるし、指導もちゃんとしているが

できの悪い後輩に悩まされている、

という風にしか見えないと思います。

 

だから周りの人がそう思ってしまっても

仕方がありませんし、

ターゲットに味方がいなくなっても

それはターゲットが悪いわけではなく

出来が悪いように自己愛性人格障害のひとから

その人の印象をコントロールされているだけに

過ぎないと分かってしまうのです。

 

だから、もしターゲットになってしまったとしても

あなただけではありませんし、

あなたの周りのターゲットではない人たちも

自己愛性人格障害のひととは

仕事で組んでもやりにくいだけだと思います。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとが

自分が悪く思われることには

極端に臆病なので

ひどい言い方や明らかに周りの人から見ても

分かるように声を荒げたりすることが

本当に少なく

優しい口調で親切に教えているようにしか

見えないので

周りの人から見たら分からないと思います。

 

でも、自己愛性人格障害のひとは

あなたが仕事ができなく見えるように

周りの人をコントロールしながら

あなた自身にも優しくするので

あなたは自分がおとしめられていることにも

自分でもなかなか気づけないのです。

 

自己愛性い人格障害のひとが

あなたに極端に優しくしてきたとしても

油断しないようにしてください。

自己愛性人格障害のひとは自分という格のないひとである


こんばんは♡

今日は自己愛性人格障害のひとは

ターゲットにしている人の真似もする

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

ターゲットだと思っている人の

揚げ足をとり

そのひとをダメな人間のように

見せかけることをし続けるのですが、

不思議なことに

そのターゲットの真似をしていることが

よくあります。

 

髪型なども

自分でターゲット認識して

悪者にしたてあげているひとが

髪を切ると

同じようにとつぜんターゲットと

同じくらいの髪の長さにすることが

あります。

 

驚いてピンでとめたり

まき髪にしたりして

自己愛性人格障害のひとと

違う髪型にしようと思うと

翌日、全く同じようにピンでとめたり

まき髪にしてくることがあるのです。

 

そして、それをあなたからわざわざ

見えるところに立ち

あなたが驚くところを見ると

薄ら笑いを浮かべたりするのですが

このようなときも

動揺したり、怖がったり

嫌がったりしてはいけません。

 

あなたが嫌がるところや

動揺したりするところを見ると

よけいに同じようなことを

してきます。

このときの自己愛性人格障害の心情は

よく分からないのですが

その時によって

自分の方が勝っている、

と思っていたり

自分も

それくらいのおしゃれをするんだと

ライバル意識を持っていたり

するのですが、

あなたが、全く反応しないと

なんのために髪を切ったのか

分からなくなり不安になります。

 

普通の人から見ると

本当に不思議なのですが

自己愛性人格障害のひとは

自分が勝つためだけに

わざわざそんなことをするのです。

 

ですが、あなたのほうが

似合っていたり、

あなたが全く動揺せず

反応しないと

急に恥ずかしくなり、逃げるように

こそこそし出すのです。

 

 

ですが、あなたがもし、

動揺したり、びくびくしたりすると

自己愛性人格障害のひとは

あなたに自分の攻撃が効いていて

あなたよりも上に立ったと

本当に妙なことで

気分が高揚するのです。

 

自己愛性人格障害の知らないと

もしかしたら

髪を切ったくらいでは

なんとも思わないのかもしれませんが

こちらの態度に一喜一憂するので

自己愛性人格障害のひとが

ターゲットを意識しての行動だと

分かるのです。

 

そして、もしかしたら

自分が後から真似ただけなのに

あなたのほうが

自己愛性人格障害のひとに憧れて

真似てきたと

言いふらしている可能性もあります。

 

せっかく気分転換をして

いい気持ちでいたのに

自己愛性人格障害のひとの

こんな行動にイライラしたり

不安になったりするかもしれませんが

あなたがそうなってしまうと

自己愛性人格障害のひとの

思う壺なのです。

 

髪型だけでなく、服装やしぐさ、

しゃべり方や料理のしかたまで

真似てくることもあるのですが

できるだけ無関心になり

あなたはあなたで気にせずに

おしゃれを楽しんだり

料理を楽しんだりして

できるだけ自己愛性人格障害の人のことを

意識にいれないようにしてください。

 

一度切った髪は元には戻りませんし、

気にしてもしかたがないのです。

 

そもそも自己愛性人格障害のひとと

あなたとでは

顔も体型も年齢も違うと思いますので

自己愛性人格障害のそうしてしまう

特徴を理解し、

あなたの意識にいれずに

あなたはあなたのしたいことを

すればいいのです。

 

変わり種で

自己愛性人格障害の特徴に

気づきましたので

あなたももし、

同じようなことがありましても

影響されてやめたりすることなく

あなたはあなたで

自分の人生を楽しんでください。

 

自己愛性人格障害のひとは

自分がありませんので

自分がいいと思った人の寄せ集めで

その人が動揺しないと

なんのためにそんなことをしたのか

分からなくなり

勝手に不安になります。

 

あなたは普通に自分のおしゃれを

楽しんでいるだけでしょうから

自己愛性人格障害のひとに

影響されたりせずに

自分の人生を楽しむようにしてください。

 

自己愛性人格障害のひとは

自分と言う格のない

人真似でしかない、

ただのお人形なのです。

自己愛性人格障害のひとからコントロールされないようにするためには?


こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとから

コントロールされないようにするためには?

ということについて

お話しします。

 

 

恋をすると盲目になる、

とよく言いますが

相手のいいところしか見えなくなり

少しくらい嫌なことがあったとしても

すぐに流してしまいます。

 

 

恋愛サイトや本などに書かれている

恋人とうまくいくための方法として

「相手のいいところを見るようにしましょう」

だとか

「自分にも悪いところは必ずあるので

相手の悪いところも

分かってあげられるようにすると

お付き合いが長続きします」

などど書かれていることが多いのですが、

自己愛性人格障害の被害に

遭いやすいタイプのひとは

もともと相手の悪いところに関しては

寛大な人が多いです。

 

むしろ、この寛大なところが

極端すぎて

自分がとても辛い目に遭ったり

とてもひどい目にあわされてしまうとしても

我慢してしまうのです。

 

こういった被害に遭いやすいタイプの人が

普通の恋愛本などの言うとおりにしてしまうと

いい恋愛はできないので

自分がその恋愛サイトに当てはまるタイプの

人間かどうかを考えてから

実行するといいと思います。

 

ああいった恋愛サイトや本などは

誰にでも当てはまるものではないのです。

 

もともと

自己愛性人格障害の被害に

遭いやすい人というのは

嫌と言えないことが多く

幼いころから

自分でも知らないうちに

モラハラのターゲットにされていることが

多いです。

 

だからあなたが知らない間に

自分が全く身に覚えのないようなことで

評判を

落とされている可能性があります。

 

そしてそれを自分のせいだと

まじめに考えすぎてしまうため

あなたのいいところを利用して

あなたをおとしめて

自分がいい思いをしている人に

気付けないでいます。

 

そして自己愛性人格障害のひとの特徴として

周りの人を自分の思い通りに

コントロールすることができる力により

あなたが悪く思われていることが多く

そのような経験を何度も積むうちに

あなた自身の自分に対しての自信がなくなってしまい

なんでも自分が悪いと考える悪い癖がついています。

その癖がついているために

さらに利用しやすくなっているあなたは

自己愛性人格障害のひとの都合に

めちゃめちゃ合ってしまっているので

結果、自己愛性人格障害のひとから

狙われやすい性格になってしまっているのです。

 

あなたに足りないものは

なんでもうのみにしてしまい

よく考えずに

あなたが悪いと反省してしまうことにあるのですが

自分が何もしていないことに気付けない人は

そもそも相手を疑う能力に欠けているのです。

 

人間はあなたが信じた人間だけではなく

そういう素直な人間を利用する

ずるがしこい人間がいることも

良く理解したうえで

あなたが本当に悪いのかを

見つめなおす必要があります。

 

それができなければ

あなたは何度も何度も

自己愛性人格障害のひとに

狙われるようになって

何をしても努力が報われず

どんどん落ちぶれていくのです。

 

そして、自己愛性人格障害のひとは

あなたを潰すことによって

自尊心をどんどんあげていきますので

あなたを悪者にすることによって

自己愛性人格障害のひとが

他人を潰すことによって

そのポジションが空き

自己愛性人格障害のひとが

生きやすくなってしまうのです。

 

あなたはあなたを大切に扱ってくれない人のために

潰される必要はありません。

 

彼に少しでも自己愛性人格障害の

疑いが見えたときは

あなたは自分の身と心を守るために

彼からできるだけ自然に離れることを

お勧めします。

 

どうしても

すぐに離れることができない場合は

あなたが無関心になることにより

自己愛性人格障害のひとからの攻撃を受けないようにし

また自分の攻撃が通用しない人には

自分のしていることがばれてしまわないか

不安になるので

自己愛性人格障害のひとのターゲットから少しづつ

外れていき、やがては

自己愛性人格障害のひとから

あなたには

何もしたくなくなるということを目指しましょう。

自己愛性人格障害の彼とのあなたの恋は嘘ではない


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとの

自分が一番でないと

気が済まない心理について

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとと

恋に落ちた人は、ほぼ例外なく

初めのうちは特に

こんなにもあなたのことを

大切にしてくれる人は

他にいないと思えるほど

彼はあなたのことを大切にされるでしょう。

 

女冥利に尽きるというか

こんなにもあなたを大切にしてくれる人は

いないと思えるほど

普通の男性がなかなか言えないような

甘い言葉や

あなたのためなら

どんな犠牲も払うような言葉を言われたり

出会ってそんなに時間がたたないうちに

あんたのためなら

永遠の愛も誓えるというようなことを

言われたりもすると思います。

 

実際に口先だけでなく

行動でも金銭でも

彼はあなたのために

全力で尽くしてくれるでしょう。

 

 

自己愛性人格障害のひととは

自分のことしか考えられないような病気なのに

そんなことはとても想像できないほど

彼はあなたを大切にしてくれると思います。

 

あなたが彼に夢中になるのも

無理はないと思います。

 

あなたは本当に

彼のことを愛しているのです。

 

 

そして、彼に寄り添い

誰よりも彼のことを分かってあげようと

必死で努力をすることでしょう。

 

ですが

彼が豹変するところや

突然機嫌が悪くなるところを

何度か見ていると思うのですが

それでもあなたが、

どうしても彼を信じてしまうということは

それだけ彼はあなたに良く思ってもらうために

猫をかぶっていたと思われます。

 

そして、その猫をかぶっている間にも

少しづつ

冷たい態度や冷たい言葉で

あなたの罪悪感を責め

あなたがそれでも彼についてくるかどうかの

テストを行います。

 

あなたは普段彼が優しくしてくれる分

そんな気分の日もあるのかな?

と思ってしまい、許してしまうと思います。

 

 

そしてあなたが

許してくれたところを確認しながら

あなたに気付かれないように

いつの間にか彼の機嫌は直ります。

 

でも、あなたの彼が

自己愛性人格障害だった場合は

彼はあなたがどれだけ許してくれるか

様子を見ながら

少しづつその嫌がらせを強めていきます。

 

だから自己愛性人格障害の彼が

長く付き合うことも

彼が激化して

あなたを奴隷のように扱いだすにも

時間がかかるのです。

だから通常の遊びの恋のように

1夜限りで終わるようなこともなく

何年も交際期間が増えてしまうのです。

 

ですが、普通のひとは

交際期間が長くなればなるほど

相手に信頼を感じますので

付き合いだして何年か経ってから

彼が激化するとは夢にも思いません。

 

だから自己愛性人格障害のひととの恋を

本気の恋だと考えてしまうのでしょう。

 

自己愛性人格障害のひとも

その時のタイミングにより

結婚することも大いにありますので

結婚した人が

あなたを精神的に傷つけるなんて

夢にも思わないでしょう。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

自分のほうが相手よりも

必ず優位に立たなければ気が済みませんので

相手を潰したりののしってしまうことは

日常的にあることなのです。

 

そして、あなたの自尊心は

付き合う期間が長ければ長いほど

潰されていきますから

あなたは悔しい思いや

苦しい思いばかりを繰り返し

すべて自分が悪いと自分を責めてしまい

ひどい時にはうつ病やカサンドラ症候群に

なってしまいます。

 

そうなってしまうと

精神的にとても辛い状況が慢性的に

続きますので

結婚生活や恋愛期間が

長くなることはありません。

 

 

自己愛性人格障害のひとの方から

別れ話を出されなくても

今度はあなたの方が

心か体のどちらかが持たなくなり

逃げ出してしまうケースも多いのです。

 

現にTiaraもものすごく辛い思いをして

胸に大きな穴がこじ開けられるほど

苦しい思いをしたことを

今でも鮮明に覚えています。

 

そしてその苦しみが怖くなり

逃げ出してしまったのです。

 

もう、これ以上彼と一緒にいると

本当にいつか心臓が止まってしまうかと

思ったほどです。

 

ですが、これにも慣れてしまうと

だんだん自己愛性人格障害の彼から

逃げ出せなくなり

あなたの心臓は本当に止まります。

 

あなたは、

自分を一番大事にしてくれると

信じた彼に

心を潰されてしまうのです。

 

あなたがいくら彼のことを好きでも

自己愛性人格障害のひとが魅力的でも

一緒にいたらいけないと思います。

 

あなたは彼を楽しませることは

もちろん彼のことを好きなら

そう思うでしょうし

彼に幸せを感じてもらいたい

と思う気持ちも

あなたが彼に恋をする

喜びになっていると思います。

 

 

でも、あなたが思うその彼が

あなたのことを一切大切に思っていなくて

あなたが不幸になろうとも

自分の幸せのために犠牲にしてもかまわない

と思っているとしたら

いくら、あなたが彼のことを好きでいても

嫌だとは思いませんか?

 

恋人同士や夫婦関係は

お互いのことを思いあっている

という大前提のもとに

相手を幸せにしてあげようと思います。

 

もし彼の命がなくなりそうなときに

あなたが彼のことをとても好きな場合は

自分の命をかえりみずに

彼を助けることもあると思います。

 

 

でもそれが、あなただけの一方的な思いで

彼の方には

自分を犠牲にしてまでも

あなたを助ける気が一切ないとしたら、

ましてや、彼の命が

危険にさらされているわけでもないのに

ただ、彼がいい思いをしたいだけのことで

あなたの人格や存在そのものを

平気で否定できる人間だったとしたら?

 

おそらくあなたも

彼がいかに魅力があったとしても

彼のために犠牲になりたいとは

思わないでしょう。

 

自己愛性人格障害とは

あなたのことを

大切にするように見せかけているだけで

実は自分のことしか一切考えられない

心の病気のことを言うのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

自分を素敵に魅せることだけに

幼いころから

全力で努力をし続けているので

絶対に勝てません。

 

自己愛性人格障害のひとの

見せかけだけの魅力にだまされたりしないよう

あなたはもっと

自分の心の声に気づいてください。

自己愛性人格障害のひとはあなたの人生をすべて奪い終わるとあなたから去っていく


こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

あなたの人生からすべてを奪っていく

というお話をしたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

周りの人に対して

とてもひどいことをしますが

それは何もその人たちに恨みがあったり

初めからその人たちをつぶそうとして

しているわけではありません。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

自分が一番でないと、気が済まないので

自分よりも少し上に立ちそうな人を見ると

その人にそんな気がなくても

どうしてもひどい噂が流れるようにしたり

その人がその場にいられなくして

活躍できないように

無意識のうちにしてしまうのです。

 

それは、自己愛性人格障害のひとの

恋人や奥様や大切な友達にでも

同じように、どうしてもしてしまうのです。

 

恋愛が始まるときも

もしかしたら

彼自身も気づいていないのかもしれませんが

あなたのことが好きなわけではなく

周りの人たちから人気のあるあなたを

自分のものにしたいだけで

言い寄ってくる場合があります。

 

 

ほかのひとに取られたくないので

とてもロマンチックなことを言ったり

「あなたを幸せにできるのは

この俺しかいないんだ。」などと

普通の男の人が言えないような

とても女冥利に尽きることを

言ってくれたりするのですが

あなたが彼のものになり、

みんなが遠慮してあなたに近づかなくなると

あなたに興味がなくなることがあります。

 

でも、付き合い始めてしまった場合は

簡単に別れると遊びだと思われてしまうために

あなたに何か理由があって別れようと

何度かするかもしれません。

 

ですが、それで別れられない場合は

仕方なくそのまま付き合うことになるのですが

あなたがもし彼を

すぐに称賛してしまう人だったり

彼に寄り添って

彼の言うことをなんでも聞いてしまうような

従順なタイプだった場合

自己愛性人格障害の征服感を刺激して

しばらく付き合いが持続することもよくあります。

 

 

もともと自己愛性人格障害のひとは

自分のことが立てられないタイプの女性は

好きではないので

そういった征服欲を満たしてくれる人が

付く場合が多いので

5年6年と続くこともよくあります。

 

ですが、そんなにも長い間付き合っていると

たいていあなたに言い寄ってくる人は

いなくなりますから

付き合いが長くなり

結婚を意識しだす頃に

なんの前触れもなく

突然ガツンと切られることが良くあります。

 

 

女の子の方は

もう彼のことしか考えられないくらい

マインドコントロールされているケースが

良くありますので

彼から一方的に別れを切り出されることが

とてもショックです。

 

それは彼との付き合いが

あまりにも深すぎて

とてもいい加減な付き合いには見えないから

余計にショックなのです。

 

2人の間に本当にトラブルがあった場合も

非常に少なく

たいていは自己愛性人格障害の彼からの

一方的なこじつけによるものです。

 

本当に別れるほどのトラブルがあった場合は

たとえ別れることになったとしても

お互いになんとなく了承済なので

いくら失恋のショックはあると言えど

ここまでひどく

落ち込むことはないのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

すべて自分の都合で

簡単に関係を絶ってしまいます。

 

そして異常なことに

あなたがその失恋によって

苦しむ姿を見た場合

自己愛性人格障害のひと

独特の場所にスイッチが入ってしまい

何度も何度もあなたが

ショックを受けるような情報が

あなたに入ってくるように仕向けます。

 

 

ですが、あなたがショックを受けていることが

彼の耳に入らなかったり

あなたが落ち込むところを見る機会がなかったり

あなたがもうすでに新しい恋人ができていて

彼がいなくなることでそんなにも

ショックを受けていない場合は

彼は新しい恋人とうまくいくことに

何の意味も見いだせなくなり

急に冷めてしまうことがあります。

 

 

自己愛性人格障害のひとにとって

新しい恋人ができることも

嫌がらせの一環なので

誰も嫌がる人がいないなら

新しい彼女を大切にする必要も

なくなるのです。

 

そしてまた、

あなたが彼から別れ話を切り出され、

そのことによって

新しい男性が

あなたに近づいてきたところを見ると

自分から別れを切り出したにも関わらず

あなたと別れたくない!と

必死で訴えてきてストーカーのようになり

あなたを取り戻そうとします。

 

そんな彼の姿を見て、

考えなおしてはいけません。

 

彼はあなたとやり直したいわけではなく

ほかの男性にあなたを

とられたくないだけです。

 

 

あなたがほかの男性のところへ

行こうとしなければ

あなたを取り戻しても何の意味もありません。

 

だから、あなたから

ほかの男性がいなくなれば

急に彼は、あなたを捨ててしまいます。

 

彼はただ勝ちたいだけなのです。

 

彼があなたを奪うように

ほかの男性から取り戻そうとしていることに

感動して

自己愛性人格障害の彼に戻ったとしても

彼はあなたを大事にしてくれるわけでは

ありません。

 

同様にあなたが彼と別れることにより

新生活を手に入れようとしているときも

彼はあなたを全力で取り戻そうとしますが

彼はあなたが大切なわけではなく

あなたに成功してほしくないだけなのです。

 

そういった自己愛性人格障害のひとの

脳の構造を知らずに彼に戻ってしまうと

あなたは得るものも得られずに

あなたに何もなくなった時に

自己愛性人格障害のひとは

あなたを何の未練もなくざっくりと

切り捨てます。

 

あなたが自分の人生を成功するものにしたかったり

あなたを大切にしてくれる

継続的な男性を望むなら

自己愛性人格障害の彼に

いつまでもこだわっていてはいけません。

 

 

あなたは

あなたを幸せにしてくれる男性に巡り合うか、

あなた自身が成功して

切り開く力が必要なのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

そんなあなたの未来を奪うことだけが

目標ですから

自己愛性人格障害の彼とは

できるだけ長くいないように

心がけてださい。

自己愛性人格障害のひとは自分のしたことをあなたのせいにする


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

自分のしたことをあなたのせいにする

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

とても頼りがいがあるように見えますが

本当は責任感が全くありません。

 

あなたに

とても重大な責任をとるようなことを

言ったとしても

何らかのあなたが悪い理由付けをして

その責任を一切取りません。

 

でも、自己愛性人格障害のひとの

頭の中では

自分は悪いとは思っていません。

 

 

自分がいい加減なことをする人間だという

事実からも逃げてしまいますので

その責任から逃れるために

彼がそういう行動に出てしまった理由は

あなたのせいだということに

自己愛性人格障害のひとの脳の中で

変換されてしまうのです。

 

自己愛性人格障害のひとの

頭の中では

自分が悪いなどということは

考えられません。

 

すべてが相手のせいであり

周りにいる人たちのせいです。

 

彼の頭の中では

いつも誠実な自分が

迷惑をかけられている存在なのです。

もし、あなたが彼から

別れ話を切り出されていたとしても

それは彼のせいではなく

あなたが、彼のことを分かってくれないから

仕方なく別れ話を出しただけだ

ということにされてしまうのです。

 

そして人のいい彼は、

それでも傷ついて

あなたに別れ話を出したことになっていますが

そのあとに彼のことが好きだから

よりを戻してほしいといったのも

あなただということに

なってしまっていたりするのです。

 

もし、あなたの彼が

自己愛性人格障害だったとして

彼から別れ話を出されているのだとしたら

二度と戻ってはいけません。

 

 

今度こそうまくやっていける、

だとか話し合いの末

彼が分かってくれたなどと考え

戻ってしまうと

延々同じ事を繰り返し続ける羽目になります。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとの

記憶がないわけではないので

あまりにも何度も繰り返して不自然な形になってくると

今度はどうしても別れなければいけない理由を

あなたが原因ということで作り出し

何度も同じことを繰り返し

あなたの方が一方的に好きだった

みたいな感じになります。

 

 

自己愛性人格障害のひとが

あなたの気持ちを分かってくれる、

ということは残念ながらありません。

 

彼からどれだけあなたが好きだと

熱心に打ち明けられても

あなたがいないと生きていけないんだと

情熱的に言われても

あなたを幸せにできるのは

この俺しかいないんだ、

と涙を流していわれても、

時間がたつと彼の頭の中では

彼が迷惑していても

あなたの方が彼と別れたくないと言ってきた

ということに全く変換されていても

不思議はないのです。

 

それでもいいと思えるときは

彼のところに戻ってください。

 

ですが、残念ながら

自己愛性人格障害のひとと

話しがかみ合うことはありません。

 

歳を重ねるごとに

だんだん症状もひどくなっていくのです。

自己愛性人格障害の被害に遭わないための考え方


こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の被害に遭いやすい人は

自分を大切にしなければ

幸せにはなれない

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

 

自己愛性人格障害の被害に遭いやすい人の特徴として

普通のひとよりも特に優しすぎる、というものが

あります。

 

 

もっと言うなら優しすぎて

自分のことよりも

相手のことを優先してしまうあまり

自分がひどいことをされていても

分からないのです。

 

自己愛性人格障害のひとは自分が一番でなければ

怖くて生きていけない、

という極端な自尊心のなさから

自分を素敵に魅せることを常に必死でしています。

 

 

知的で有能な所や優しいところ

相手に親切にしている自分や

相手のために

何かいいことをしている自分が

好きなところがあり

でもそれは、はた目からみると

自分をよく見せるためにしているとは

思えません。

 

むしろ相手から見て

つまり、あなたから見て

あなたのことを

本当に思いやっていていてくれる

という風に見えるのです。

 

普段、相手が何のために

どういう目的で親切にしてくれるかなんて

考えることもしないので

まさか自分をよく見せるために

必死にいい人を演じているなんて

思いもしないでしょう。

 

 

人間は自分がしているように

相手も自然にそうしている

と思ってしまうのです。

 

あなたも自分のためにこんなにもいろいろしてくれる彼を

自分のことが本当に好きだから

ここまでしてくれるんだ、と思ってしまうでしょう。

 

だから、彼のことをここまで好きになってしまうのです。

 

それが、あなたのことを本当に好きではない、

と言っても信じられないかもしれません。

 

 

すべては、ことが終わってから

彼から何の感情もなく捨てられ

ほかのひとに必死に親切に優しくしているところを見て

ショックを受けるのです。

 

 

彼は、自己愛性人格障害の特徴から

次の自分のことを信じてくれる人に対して

必死で優しくしているだけなのですが

それを見て、ショックを受けたり悲しんでいるあなたを見て

自分がこんなにもあなたから愛されている

と満足して高揚感を感じ、

さらにあなたを傷つけて自分の満足感を得ようとして

今度は狂ったようにあなたを傷つけ始めます。

それも、自分が悪く思われることに極端に怯えていますから

細心の注意を払って

彼がひどいことをしているわけではなく

あなたが勝手に傷ついている、と

見せかけるために

たとえば新しい恋人に

とても優しくしているところを見せますから

はたから見たら

彼が悪いことをしているようには見えません。

 

新しい恋人ができることは

普通にあるでしょうし

新しい恋人に優しくしていることは

彼女のことが本当に好きだからしているだけのことで

何ら不思議はないのです。

 

むしろ、恋人に優しくすることは

素晴らしいことですし

それを見てあなたが悲しむ姿を見ても

それは仕方のないことだと

思うはずです。

 

 

そしてあなたが悲しむ姿にも

もちろん同情してくれると思うのですが

自己愛性人格障害のひとは

限度なく

あなたを傷つけることを

やめようとしませんので

あなたは普通の失恋で傷つく感覚だけでなく

心をえぐられるような本当にひどい傷つき方を

何度も何度もします。

 

Tiaraも経験があるので分かるのですが

これは本当に苦しいです。

 

Tiaraはこの経験が怖くて逃げたくなり

どんなに好きでも

どんどん傷つけてくる

自己愛性人格障害のひとは

とても恐ろしいです。

 

どんなにきれいに見えても

それは自分がきれいに見えることにこだわった

人を傷つけて自分の自尊心を上げる

他人のことを

何とも思っていない

心のない人間のやることです。

 

あなたが彼にこだわる理由は

そのきれいに魅せていた彼を

信じているからで

いつかその彼が戻ってきてくれるかもと

期待をしてしまうかもしれませんが

その彼が戻ってくることはありません。

 

それは、架空の彼で彼自身も何をしていたのか

覚えていないのです。

 

そんな人にこだわっていると

あなたの心がどんどんえぐられていき

そしてそれはあなたの周りのひとにも

理解不能なことなので

あなたは周りに理解されなくなり

するとあなたは

人に理解されることをどんどん求めていき

あなた自身が周りの人から見て

迷惑な存在になってしまいます。

 

自己愛性人格障害の被害は

その被害に遭ったものにしかわかりません。

 

あなたが信じてもらえなくなるように

彼が周りの人に吹き込んでいる場合もありますし

吹き込んでいなくても

彼の行動が自然に見えるので

あなたの方がいつまでも彼にこだわっていて

うざいと思われてしまうのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとの

魅せる幻から抜けるには

相手にしないか離れるしかありません。

 

 

心を寄せて考えても

仕方のないことなのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとに関わっていると

あなたはトラブルだらけに

なってしまいます。

 

 

あなたの人生が

今までトラブルだらけだったのだとしたら

それは近くに自己愛性人格障害のひとが

いたせいでしょう。

 

 

周りに

自己愛性人格障害のひとがいなければ

驚くほど平和に過ごせます。

 

自己愛性人格障害のひとでなければ

本当に心を通わせることができるのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

頼りがいがあるように見えるかもしれませんが

責任感がありませんので

ついていってもいつか、

その頼りがいがあるように見えていた姿も

いつの間にか消えてなくなります。

 

もともと演じているだけなので

自己愛性人格障害のひとも

その演じていることにつかれてしまうのです。

 

そして多くの場合

途中で逃げ出したくなってしまうか

すべてをあなたのせいにして

怒りをぶつけてきます。

 

その時、あなたは何もしていないのに

悪者に仕立て上げられてしまうのです。

自己愛性人格障害のひとの結婚について


こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

結婚も離婚も子供を作ることでさえ

すべて勝ち負けで決定している

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとの行動は

普通のひとと同じに見えて

すべて普通のひとと違います。

 

 

そして、それは

本人も意識していないので

どうしてかわからず

なぜ自分が不幸になってしまうのか

分かりません。

 

はた目に見ても

普通のひとにしか見えないのに

どうして自分も他人も苦しめてしまうのかは

すべて自分の勝ち負けのためにしか動けない、

ということがあります。

 

たとえば、普通のひとは

好きな人とこのまま一緒に過ごしたい

と思うことが結婚につながります。

 

普通のひとも責任感や長く付き合ったから

そろそろけじめをつけないと、

という理由で結婚することもあるのですが

でも、大前提は、

自分が自分のパートナーと

一緒にい続けて

その人と一緒に幸せになることを

大前提の目標としたうえで

結婚を決意しているはずです。

 

 

おそらくできちゃった結婚などでも

結婚する直前にはその覚悟が

できていることでしょう。

 

 

 

ところが、自己愛性人格障害のひとは

違います。

 

本人も明確に意識しているかどうかは

わかりませんが

意識の流れとして

今まで自分がしてきたことを

今、結婚しなければ

自然の流れに見せることができないからと

つじつま合わせのために結婚したり

後、それまでの彼女を傷つけるために

次の彼女と結婚をする、ということもします。

 

傷つける相手がいて

その彼女に勝つ、だとか

その彼女が苦悩するところを見て

満足感を得るためにも結婚をします。

 

だから前の彼女に

絶対に分からないように結婚をする

ということはなく

必ず何らかの形で

以前の彼女に伝わるような考作を立てます。

 

普通は、前の彼女に

結婚したことが分かるということは

まずないです。

 

 

同じ学校の同級生など

何らかのつながりがある中の相手と

結婚した場合は

自然に伝わることもあると思いますが

そうでない場合も

元カノの友人や身内とつながりを持ち

わざわざ伝えておく、ということをするのです。

 

 

また、元カノに新しい彼氏ができた場合も

あわてて新しい彼女を作る、

といったこともよくします。

 

そして以前の彼女よりも

極端に素晴らしく幸せにして

それが以前の彼女に

伝わるような考作も必ずします。

 

だから、以前の彼女が

まだ彼のことを忘れていない場合や

別れたことに納得がいっていない場合

彼の新しい彼女との関係性を知ると

ものすごくみじめな気持ちになったり

自分ではダメだったのだ、

とわざわざ思わせるようなことを

しなければいられないのです。

 

 

だから自己愛性人格障害ではない

普通の人が彼だった場合

自分の元彼に新しい恋人ができても

もう別れた彼なので

何とも思わなかったり

逆によかったね、と

祝福してあげられる気持ちになるのが

普通だと思います。

 

 

でもそれは、

元彼があなたが惜しいと思うほど

素晴らしい人間だった、というよりは

そうやってあなたに

みじめな思いを

わざわざさせている人だからだと

言えます。

 

自己愛性人格障害とは

そのことにしかこだわって生きられない

人たちなのです。

 

だからあなたが

ものすごく傷つくのも無理はありません。

 

そして、新しい彼女は

そんなことに気づきもせず

ただ、自分の大好きな人が

自分を幸せにしてくれた、としか思わないので

まったく彼がおかしいとは思わないでしょう。

 

これ以上ない幸せを感じているかもしれないです。

 

でも、これは

新しい彼女も、そんなに遠くない未来

同じ思いをします。

 

もしかしたら、

この上ない幸せを感じていると思いますので

そこから落ちるギャップは

地獄のように辛いものかもしれません。

 

外から見た形的には

結婚も出産も幸せなことなので

ほとんどだれも気がつかないと思います。

 

子供も友達が子供ができたから

負けたくないので自分も作るとか

そういうことを平気でします。

 

 

赤ちゃんは可愛いので

自己愛性人格障害のひとも

しばらくは幸せな気持ちで

いるかもしれません。

 

ですが、子育ては本当に大変なので

ずっと幸せでいるかどうかはわかりません。

 

もしかしたら

赤ちゃんの泣く声に

普通のひとよりも恐ろしく

イライラしたりするかもしれません。

 

そのイライラが

普通の人がおもうイライラとは違うのです。

 

それでも普通のひとでも

赤ちゃんが泣けば

イライラしたりする人もいるので

自己愛性人格障害のひととの違いも

分からないかもしれません。

 

自己愛性人格障害のひとは

普通のひとと同じ行動でも理由が違うのです。

 

子供も奥さんとの差をつけて

奥さんをみじめな気持ちにさせるために

可愛がるかもしれません。

 

可愛がる理由も怒る理由も

すべて普通のひととは違うのです。

 

Tiaraは普通の結婚をした後に

もう一度

シングルになってからの恋で

元彼の行動を一部始終見てきたので

自分が幸せだった時に

不幸な存在がいたことにも

気づいていました。

 

普通のひとには

自分たちが幸せになるために

そんな存在はいらないのです。

 

でも、それは彼も後悔しているので

絶対にもうそんなことはしない、

と泣きながら何度も誓っていましたし、

だからこそTiaraには

同じ思いは絶対にさせない、

と言ってきました。

 

でもわざわざ何度も

傷つけに行くようなことを

していましたし

Tiaraがやめてと言っていたのは

同じ女として心をえぐり取られるようなことを

何度もしているからだと

思っていたし彼にもそう伝えていました。

 

でも彼の眼は異常に高揚し

口では自分の正義感の中で

彼女への責任感からそうしている、

と言っていましたが

元カノの気持ちはえぐられるだけです。

 

そのあと自分も何かの不可解な感情の中

それでも幸せの絶頂を

何度か経験したうえで

同じようなことが自分の身にも起きたので

そのあとの彼の行動も一部始終

彼の感情の動きに

ある一定の法則性があることに

気づいたのです。

 

Tiaraも傷ついてはいますが

彼のすべての行動に納得がいきます。

そしてそれを彼に伝えても

彼には伝わらないので

いうことができません。

 

自己愛性人格障害のひとは頭の中が

まったく違うのです。

 

人間だから自己愛性人格障害ではない

普通のひとでも

人を傷つけてしまうことはあると思います。

 

TiaraもTiaraの友達の話を聞いていても

やはり人を傷つけてしまった経験はあります。

 

でも普通は1度ですぐに気づき

二度と恐ろしくて

そんなことはできないのが普通です。

 

でも自己愛性人格障害のひとは

幾度となく何度でも限度なく

そんな恐ろしいことをしてしまうことを

やめられないのです。

 

Tiaraは目の前でそれを

何度も何度も見てみているので

彼に関わる人たちの心が

どんどんつぶれていくのが分かります。

 

ですが、それをすべて周りの人間のせいに

してしまうのがうまいので

彼に関わった人が悪者になり

彼はきれいな存在のまま生きているので

彼のそばにいる人は

彼を恨んでいるということはないでしょう。

 

とてもいい人だと思っていると思います。

 

Tiaraもずっと彼をいい人だと

思ってきました。

 

心がボロボロになり

生きていけないほど

みじめな思いをしたときに

はじめて彼の恐ろしさに気づくかもしれません。

 

自己愛性人格障害とは、

分かっていても

あなたにも彼本人にも

止めることができないのです。

自己愛性人格障害のひとは自分だけを信じてもらえるように少しづつ時間をかけて周りの人を操作する

こんにちは♡

自己愛性人格障害のひとは

周りの人にいい人を演じておきながら

ターゲットだけに感情をあおる行動をよくとる

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

よく人を怒らせるようにあおります。

 

 

自分で人の心をあおっておいて

その人が怒ると笑いものにしたり

バカにしたりするのです。

 

自己愛性人格障害とはそういうものです。

 

だから自己愛性人格障害の被害に遭った人が

怒ったり、動揺したりするところを見て

その人を悪者にするのです。

 

周りの人もそれを本当に

信用してしまうことがよくありますので

自己愛性人格障害のひとの挑発に

乗ってはいけません。

 

 

Tiaraも自己愛性人格障害という

病気があることを知らなかったので

自己愛性人格障害の元彼から

あおられた人が

怒る様子を見て

彼の話を信用してしまったことがあると

今は反省しています。

 

その時は本当にその人が

悪く見えたのです。

 

ですが彼があおっていることも

なんとなくは分かっていました。

 

たしかに

何もしていないのに

からかわれるようなことを言われたり

その人が少しイラつくように

わざわざ調節された行動をとられる、

ということは

何もしていない人はなおさら

「なに?」と不快感を持つのは

当たり前だと思います。

 

それなのにやっている人ではなく

されているほうが怒ったことしか

人の目には映りにくいのです。

 

わざわざそういった行動を

する方とされる方

どちらがおかしいと

あなたは思いますか?

 

そして自己愛性人格障害のひとは

限度がないのです。

 

限度なく

そういった不快感を持つ行動を

何もしていないのに

連続してしつこく永遠にされたなら

相手はどうなるか

容易に想像がつくでしょう。

自己愛性人格障害のひとも

高度になってくると

その嫌がらせの行動を

自分の言動は

きれいに魅せながら

することができるのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

自分が怒るというよりも

相手を怒らせるために

あおるという行為をよくします。

 

そしてよく被害者のほうが

「キー」ってなることはよくあります。

 

 

自己愛性人格障害のひとが

大好きな彼の場合は

我慢することが多く、

その中で疲れて

何も言えなくなってしまうか

なんとなく彼のことが怖くなり

彼を怒らせないように

自然に気を使うことが多くなります。

 

そんなことをしている人が

あなたを大切にしてくれていると

思いますか?

 

そして、彼のことがなんとなく嫌になり

自己愛性人格障害のひとと

距離を置くようになると

自己愛性人格障害のひとは

急にあなたを失うことが怖くなり

同情をそそるようなきれいな理由を考えて

あなたに伝えるのがうまいのです。

 

だからあなたも彼のことを

好きなのも手伝って

彼のことを良く思ってしまうでしょう。

 

そしてまた彼を信じてしまうのです。

 

あなたの優しさや寛大さが利用され

また彼はあなたを話さないようにしながら

嫌がらせを繰り返し

分からないように徐々にあなたを

それに慣らしていくのです。

 

そして彼の癒らがらせをちょっとしたこと

と伝えるようになってしまったあなたは

彼の嫌がらせに気づかずに

どんどんイライラして

しかもそれを彼に言い出すことが

できなくなります。

 

そして我慢することを覚え

あなたの精神は破壊されていくのです。

 

自己愛性人格障害のひとの心を

操作するやり方に慣れてしまうと

どんなにひどいことをされても

自分のほうが悪いと思うように

なってしまいます。

 

そしてあなた自身も

そう思うようになってしまうと

周りの人もあなたの方が

悪いと思うようになってしまい

あなたは周りの人からも

分かってもらえなくなって

しまうのです。

 

 

どうかできるだけ早く

自己愛性人格障害のひとから

離れてください。

 

あなたが

自己愛性人格障害のひとから離れないと

あなたの大切な人まで

あなたを信じないように

彼に操作されてしまい

あなたはあなたの大切な人を

すべて失ってしまいます。

 

そうなってしまった後

自ら命を絶つ人も

大勢いますが

もしあなたが自分で

命を絶つことになってしまっても

自己愛性人格障害のひとは

自分がわるいとは思わないのです。

 

自己愛性人格障害とはそれくらい

とても危険な精神病ですので

相手が自己愛性人格障害と気づいた時点で

少しづつ自己愛性人格障害のひとから

離れていくことをお勧めします。