自己愛性人格障害の被害に遇いやすいひとの考え方の特徴について


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の

被害に遇いやすいひとの

考え方について

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の被害に

遇いやすいひとというのは

一般的にいって

嫌われてやすいひとでもありません。

 

むしろ、

自己愛性人格障害の

被害にさえ遭わなければ、

とても優しく共感力が高いので

無意識のうちに

相手のためを思って

行動することができ、

好意をもってもらいやすいひと

といえます。

 

ですが、自己愛性人格障害の

被害に遭う機会がとても多いので、

知らない間に

ターゲットにされていた場合

あなたの知らないところで

あなたの評判が

だんだんと落ちていくように

自己愛性人格障害のひとから

周囲をコントロールされていますので

人間関係で悩むことがとても多いです。

 

そして、自己愛性人格障害のひとも

その自尊心の低さから

どうしても人の上にたっていないと

気がすまないので、

知らない間に、無意識に

周りの人の評判を落とすようなことを

いい続けています。

 

それは本人にもどうすることも

できないので

もちろん口で言ってもだめですし、

やめてくれるわけでもありません。

 

そして、あなたもあなたで

大変真面目すぎるために

自分のせいだと思い込んでしまい

自分の何がいけないのか

苦しみ続けます。

 

共感力が非常に強く

まじめすぎるあなたは

なんでも自分のせいにしてしまい

自分さえ努力すれば

きっと状況はよくなるはす、

と根性で思い込んでいて

必死で努力しているのに

なぜか潰されていき、非常に

理不尽な思いをします。

 

ただ苦しんで、

落ちぶれていくひともいれば

あまりの悔しさに卑屈になり

人を恨んでしまったり

人を信じられなくなってしまうひとも

いますが、

元をただせば、

あなたの共感力の高さと

優しさからきているのです。

 

あなたの共感力や優しさは

本来、周りの人のためのものであり

誰もそれを恨んだりするひとは

いません。

 

それなのに、

自己愛性人格障害の被害者になり

信頼がなくなり、孤立していくのは

あなたが孤立する方が

自己愛性人格障害のひとが

特をするからなのです。

 

自己愛性人格障害のひとが

あなたを孤立させるために、

無意識のうちに周りの人の

あなたのイメージを悪くなるように

コントロールされているのです。

 

共感力が高く、優しいあなたが

潰されることは

ほんとうに我慢できません。

 

だからあなたに足りないものは

自分に対する共感力なのです。

 

あなたは、友達の事なら

わかると思います。

 

何でそんなひどいこと

されなきゃいけないの?って。

 

そんなことされるのおかしいよ、って。

 

あなたは悪くないよ、って。

 

でも、自己愛性人格障害の被害に

遇いやすい人は

他人に対する共感力は

異常に強いのですが

極端な言い方をすると、

自分のことはどうでもいいのです。

 

あなたは自分のことは

自分で何とかしようとするわけではなく、

人に優しくしたり、

寄り添ってもらおうと思うことで

自分のことを

分かってもらおうとします。

 

共感力とは、

本来他人のために使うだけではなく、

自分のためにも

使わなくてはいけないのです。

 

あなたが自分のことを

大切にしていないと

他人もあなたのことを

どうでもいいように

扱い始めるのです。

 

もちろん、誰でも、

というわけではなく

本来そういったことを

しないひともいるのですが、

そういったあなたの優しさを

利用する人間も確実にいるのです。

 

そういった人間から

自分を守ることができるのは

他人ではなくあなた自身なのです。

 

あなたが自分を

大切に扱っていなければ

自分を理不尽に扱う人までも

寄せ付けてしまうのです。

 

そういったひとから

あなたの身と心と守るのは

攻撃しなくてもできることです。

 

あなたを傷つける人間に

少しでも気づいたならば

そういった人たちからは

逃げるための逃げ足だけは

普段から鍛えていなくてはいけません。

 

自己愛性人格障害のひとから

身を守るだけで

あなたは本来の明るさをとりもどし

自由に生きていても

攻撃されることはなくなるのです。

 

自己愛性人格障害の被害に自分からすがり付いてしまうことの恐怖


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の

被害に遇いやすいひとが

おちいりやすいミスについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の

被害に遇いやすい人というのは

とても真面目な方が多いです。

 

近道をしたり要領のいい逃げ場を

見つけたりせず、

こんこんと自分の問題に

向き合ってしまうひとが多いのです。

 

これは悪いことではなく

どちらかというといいことなのですが

世の中で良いこと、常識的なこと、

と思われていることを

自己愛性人格障害のひとは

上手に利用します。

 

tiaraもどちらかというと

真面目に嫌なことからも

逃げたりしない性格なので、

ごまかしたり、近道をしたりせずに

すべてのことに

真面目に向き合ってきたので

少し要領の悪いことも

経験していましたので

ゆっくり世の中の本質を

見てきたと思っていました。

 

ですが、それは相手が

普通の人だった場合のみに

通用する話で

自己愛性人格障害という

病気のひとには

まったく通用しないのです。

 

何から何まで普通のひとと

真逆の考え方の人がいる

ということに大変驚きました。

 

もしかしたら

tiaraよりも早く、

自己愛性人格障害について

気づいているひとは

いるのかもしれません。

 

ですが、常識とはこういうものだ、

ということにこだわっていますと

自己愛性人格障害のひとは

常識を利用しますので

周りのひとから見て、

明らかにおかしい、

と思われるような行為は

しにくいのです。

 

それは臆病な性格からきているのですが

tiaraはそもそも

自己愛性人格障害の彼を

臆病だとおもったことは

一度もありませんでした。

 

たしかに、一見すると

紳士的でおとなしそうにも

見えなくもありませんが、

たまに、臆病なのかな、と思うような

態度や表情を、

たまに見ることがありました。

 

ですが、人間は常に

一定の感情でいることは

ありませんから、

そんなときもあるのかな?と

思っていた程度でした。

 

普段の彼は、とてもスタイリッシュで

動きも俊敏ですし、

堂々としていて

非常に弁がたちます。

 

とてもおとなしいひと、というふうには

みえないでしょう。

 

ですが、以前のブログにも

書いたように

上からの命令にころっと態度を変え、

彼の考え方とは

まったく違うはずなのに

いかにも、もともと自分も

そう思っていたというように

意見を変えたこところを

何度か見たことがあります。

 

そのときはほんとうに驚きました。

 

それまでの彼は

ある一定の自分なりのルールがあり

それを貫いているようにも

見えました。

 

そんな彼を尊敬していたからこそ

ころっと態度を変え

「いや、もともと僕も

そう思っていたところです。」

と堂々といい放ち、

まるで嘘のない

まっすぐな瞳をしていたので

余計に驚いたのです。

 

その日の帰り、車のなかで

「ねえ、さっきの、

らしくなかったよね?」と

驚いて聞くと

「いやあ、前々からちょっとづつ

考えが変わってきていて

実はそろそろ

その方がいいんじゃないかって

考えてたんだ。

 

tiaraもこれからは

その方針で行くんだよ?」と

また堂々と言われたのです。

 

そのときは、あまりの不自然さに

驚いたままでしたが、

彼があまりにも堂々といい放つので、

そのままだまって、

彼の言うとおりにしました。

 

その後は彼もその考えを

変えなかったので

普通に考えて、考え方が変わった、

ととらえてもおかしくないのですが

自己愛性人格障害の場合、

なにか不自然なのです。

 

その後もころっと

態度が変わることは

何度か見てきていますし、

そのときは

真実だと受け止めていて

疑いもしなかったことが

あとから、まったくの嘘だった

と分かって

驚いたこともあります。

 

ですが、何人も

自己愛性人格障害の相談を

聞くうちにやはり、

自己愛性人格障害のひとは

みんなが同じような行動を

とっていることに気がついたのです。

 

あなたの彼がもし、

自己愛性人格障害だったとしても

あなただけが

そんな目にあったわけではないと

気づくと思います。

 

そうすれば今、罪悪感にさいなまれて

彼に許してもらいたくて

苦しんでいる人も

彼が自己愛性人格障害だった場合は

徐々にわかるようになると思います。

 

そのときに、あなたは悪くない、

ということに気づくことができ、

今まであなただけが

どうしてこんな目に遇うのかと

納得できなかったあなたも

自分が普通だったことに

気づけることでしょう。

 

そして自らあなたを傷つける人間に

必死ですがり付いていたことに

気がつくと

これからはあなたが

どうしていけばいいか

自然と分かるように

なるのかもしれません。

自己愛性人格障害の彼を失くした後は、想像もできないほどの喪失感に見舞われる


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の彼を失くした後は

想像もできないほどの喪失感に見舞われる

ということについて

お話ししたいと思います。

 

普通のひととお付き合いをしていて

別れた後でも

しばらくは彼を思って後悔をしたり

さみしくなって泣いてしまったり

何もできない失望感に

見舞われると思います。

 

 

ですが、自己愛性人格障害の彼と

別れた後は

その比ではありません。

 

何年も彼のことが忘れられなくて

次の恋に進めないという方が

非常に多いのですが

普通のひととの失恋では

ここまではなかなかありません。

 

それは被害者自身が

もともと未練がましい性格で

あったわけではなく

相手が

自己愛性人格障害のひとだったから

なのです。

 

次の出会いがあったとしても

なかなかその気になれない人が多く

相手から気に入られても

なかなかほかのひとを

見ようとはしません。

 

自己愛性人格障害という

非常に納得しがたいことで

別れに至ったことから

男のひとと付き合うことが

怖くなってしまった方も

大変多く見受けられます。

 

Tiaraの恋愛相談室を

訪れる人たちの中にも

たまたま、

自己愛性人格障害の彼との付き合いが

短くて済んだ場合には

幸いにもすぐに次の恋人ができた人も

何名かはお見えになりますが

ほとんどの人が

数年という長い歳月の中

いまだにどうしても納得ができない

という方が大勢お見えになります。

 

Tiaraに元彼へ言いたかったことを

手紙でくださる方も

珍しくはないのですが

それは、元彼に

本心を聞いてもらえないから

代わりに誰かに聞いてもらいたい、

という気持ちの表れで

本当は、まだ、彼に話を聞いてもらい

分かってもらいたい

という気持ちが残ってしまったからだと

Tiaraは思います。

自己愛性人格障害のひとは

たとえ彼や旦那様であったとしても

人の気持ちはどうでもいいのです。

 

自分がまさか、

そんな人と付き合ってきたとは

思えないと思いますが

自己愛性人格障害のひとは

自分の気持ちをぶつける相手が欲しいのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

まだまだ幼い、心が育つような幼少期に

まともに愛情を受けることができず

人を信用することができません。

 

そのおかげで

大変臆病に育ってしまっているので

他人からの評価を

極端なほど求めていて

そのことに必死なのです。

 

だから人のことを気にかける余裕がなく

常に無意識のうちに

自分をよく見せて

周りの人が称賛してくださるように

自然に行動してしまいます。

 

その外見からは

とても立派な人に見えるのですが

中身は実は自分を持つことができないほど

人に良く思われたいのです。

 

自己愛性人格障害のひとを

よく見ていると

人の反応を

ものすごく気にしていることに

気づきます。

 

ターゲットになってしまうと

自己愛性人か障害のひとは

自分が攻撃しても怒ってこないような

極端に優しい人をターゲットにしますので

安心して何度も何度も攻撃をしてきますので

だんだんと怖くなりますが

まだターゲットになっていない、

いわゆる一般大衆の前では

尊大な自分を魅せつけることと

少しづつ攻撃をして

次のターゲット候補を探すかの

どちらかを必死でやっていることに

気づきます。

 

そして相手が強いと感じたり

相手が自己愛性人格障害のひとがしている

脅し行動に気づくと

あわてて全力で極端ないい人になるのです。

 

普通のひとは

そこまで深く、考えていませんので

自己愛性人格障害のひとに

少し疑問を持ったとしても

次の瞬間、めちゃくちゃいい人になれば

たまたま気分が悪かったのね、くらいにしか

思いません。

 

ですが、本当に人によって

臨機応変に態度をころころと

変えています。

 

ですから自己愛性人格障害のひとに

気に入られないほうが

穏やかに過ごしていけるのです。

 

自己愛性人格障害のひとと

お付き合いをしている人は

こんなにも素敵な彼と個人的に

お付き合いをすることができ

このまま彼と一緒にいたい、

と思っていますが

自己愛性人格障害のひとは

安心して自分を出せる相手には

とことん攻撃をして

おなかの怒りをぶつけてしまうのです。

 

あなたが彼を素敵だと思っているうちは

彼はまだ、もしかしたらあなたに

心を許していないのかもしれません。

 

そして虐待が強くなるたびに

あなたへの信頼度は増していっています。

 

だから怖くなるのです。

 

あなたは彼が素敵な人なので

こんな素敵な人と

ずっと一緒にいたいと

思っているかもしれませんが

あなたが寄り添えば寄り添うほど

彼はあなたには

何をしてもいい人物だと

思うようになるのです。

 

この彼の普通のひととは

真逆な考え方に少しでも早く気づけると

自己愛性人格障害のひとへのこだわりが

なくなっていくのかもしれません。

あなたの彼が自己愛性人格障害かどうかの判断はあなたが一番正確にすることができる


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとと

一緒にいたら

あなたは何もしていなくても

あなたは職も人間関係も信頼失う

といことについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の彼に

突然別れ話を出されて

大変ショックを受ける方が

大勢いらっしゃいます。

 

普通のひとでも失恋は

とても辛い気持ちになるのですが

たとえ彼が悪くてもあなたが悪くても

なんとなく二人の関係がダメになることは

理解できるでしょう。

 

彼にあなたの他に

好きな人ができたときにでも

納得がいかないとしても

頭のどこかでは

仕方がないことなのも

分かるはずです。

 

あなたが彼を怒らせてしまったり

性格が遭わない場合は

別れたくはないにしても

仕方がないことだと

自分を納得させることはできるはずです。

ですが、あなたの彼が

自己愛性人格障害の場合は

あなたには何の落ち度もなく

しかも二人の仲も

ついこの間までとても順調にいっていたと

思えますし、

彼からもあなたのことが

好きでたまらないということも

言われていたので

二人の仲を疑う気持ちすら

浮かばなかったことでしょう。

 

それなのに、あなたは何もしていないのに

あなたにはどうすることもできない理由で

突然別れようと言われたりするので

心臓が止まるほど驚いたことと思います。

 

自己愛性人格障害のひとは

あなたがショックを受ければ受けるほど

気分が高揚するので

わざわざあなたが傷つくような

言い方をしてきます。

 

普通のひとは、たとえあなたに

別れ話を出さなければならないときでも

今までのあなたに敬意をしめし、

さらにできるだけ傷つけないように

長年、自分のためにそばにいてくれたあなたを

配慮して

言いにくいところを

やっと言うものです。

 

人は普通は共感力というものを

持っているため

人を傷つけることは苦手なのです。

 

できるだけ傷つけないように

別れ話をしたい

と思うでしょう。

 

ところが、

自己愛性人格障害の彼から出される別れ話は

とても納得のいくようなものではないので

あなたは大変動揺してしまいます。

 

自己愛性人格障害のひとは

あなたが傷つくところを見なければ

生きていけないので

できるだけひどく傷つくように

細心の配慮をしながらあなたに気付かれないよう

あなたをどん底まで突き落とすことを

狙っています。

 

だからあなたが

ものすごいショックを受けるのが

当然なのです。

 

今はまだ、あなたには

彼がそんなにひどい人に

見えないかもしれないですし、

もしかしたら

あなたの悲しそうな顔を見て

反省し別れ話を撤回してくれるかも

と思い

できるだけけなげに

彼のことを待っているかもしれません。

 

ですが、

自己愛性人格障害のひとは

普通のひととすべてが逆の感覚なので

あなたがけなげに待っていれば待っているほど

放置されてしまうのです。

 

 

彼が自己愛性人格障害かどうか自信のない人は

迷っているかもしれません。

ですが、あなたの状況と

彼の言動を考えれば

あなたの気持ちが彼の伝わっているかどうかは

明確なのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

あなたが彼に寄り添え場寄り添うほど

あなたのことを攻撃しても

差支えのない人として

とらえてしまいます。

 

 

 

自己愛性人格障害の人と

一緒にいたら

あなたは職も人間関係も

信頼もすべて失います。

 

どんなに素敵に見えても

彼は自分の都合で簡単にあなたを

極悪人にしたてあげることが

できます。

 

あなたにはもう自己愛性人格障害のひとを

見分ける力が備わっていると思われますので

今までの彼の言動を

本当にあなたのために

してくれたことなのかをよく考えてみましょう。

自己愛性人格障害のひとはどんなことからもあなたをどれだけでも攻撃することができる


こんばんは♡

今日は自己愛性人格障害のひとの

攻撃の仕方は

よく考えてみないと分からない

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとの

攻撃の仕方というのは

パワハラというよりは

モラハラになります。

 

罵声を浴びせたり暴力を振るう

ということではなく

どちらかというと

無視をするというほうが

よりイメージに近いです。

 

ただ、絶対に暴力を振るったり

罵声を絶対に浴びせない、

ということではなく

この人になら

罵声を浴びせてもしょうがない、

と、周りが被害者を悪く思うような場合や

夫婦間など家の中で暴力を振るい

奥様が周りにも言わない、と思えば

暴力を振るってくるということもあります。

 

もしくは暴力を振るうことによって

相手が怖がって

言うことを聞くようになってしまった場合や

嫌なことがあっても怖くて言えないので

我慢をしてしまうような場合も

暴力を振るうこともあるでしょう。

 

ですが、基本的には

自己愛性人格障害のひとは

大変臆病なので

周りの人に悪く思われたくないので

できるだけあなたを攻撃しても

自分のほうが正しいと思われるような

正義の鉄拳、と思われるような場合や

あなたのわがままにより

自己愛性人格障害のひとが

愛のある叱咤をしている、と

思われるようなやり方をとることもあります。

 

あなたに大変苦労をさせられている

という話を周りの人にすることによって、

周りからの同情を集め

あなたを攻撃しても

自己愛性人格障害のひとに

同情の目が集まるような場合も

自己愛性人格障害のひとは

大変好きなのです。

 

そして自己愛性人格障害のひとが

あなたをどこかに置き去りにしてきておいて

あなたを血眼になって探したりもします。

 

そしてあなたが出てきたときに

「どこに行ってたんだ!」と

心配そうな顔をして

必死であなたを抱きしめるようなこともします。

 

自己愛性人格障害のひとは

あなたを使って自分が良く見えるように

あなたを利用しているのです。

 

あなたを攻撃することによって

周りの人から

出来の悪いあなたを

自己愛性人格障害のひとが苦労して

面倒を見ている、と思われることが

大変好きです。

 

そう思われることによって

あなたを好きなだけ

堂々と、攻撃することが

できるようになるからです。

 

 

あなたを

精神的に追い詰められれば満足なので

精神的にあなたが追い詰められる、

と自信を持っている場合には

言い方はかえって優しい時もあります。

 

「お前のためを思って

言ってるんだよ。。。」

と優しくさとされるように

語りかけられると

あなたは彼のことを信用してしまいます。

 

あまたがもし

自己愛性人格障害のひとの言っていることが

分からないとしても

「違うよ?」と言ったり

「そんなつもりじゃないんだ。」と

自己愛性人格障害のひとに逆らったり

話し合おうとすると、

自己愛性人格障害のひとは

どんなにあなたにはそのつもりがないとしても

敵対心として受けられてしまい

2人の関係は余計にこじれるのです。

 

あなたが彼の気持ちを理解しようと

彼に寄り添ったり

あなたの気持ちを分かってもらおうと

話しあいをしようとしてしまうと

彼にとって非常に都合がいいのです。

 

そんなことをしたら

簡単にあなたを

あなたとの会話の

ちょっとした言葉をつかんで

徹底的に攻撃してしまうのです。

 

それはあなたが

どれだけ正しいことを言っても

間違ったことを言わなくても

共感力がないため

自分さえ立派に見えれば

どれだけでも攻撃することが

できてしまうのです。

 

攻撃するようなことがなかったとしても

自己愛性人格障害のひとは

いくらでもあなたを攻撃することが

できます。

 

自己愛性人格障害のひととの会話は

相手の存在や気持ちをつぶせればいいので

こんなこと言われた、あんなこと言われた、

と気にしていても仕方がありません。

 

自己愛性人格障害のひとは

どうしても相手に勝とうとしてしまうのです。

 

自己愛性人格障害のひとと

関係を修復させたい

と思う人がいたら

話し合いをしたらすべてが

ぐちゃぐちゃになってしまうと

考えたほうがいいでしょう。

 

話し合いをして

あなたの気持ちを分かってもらおうとすればするほど

自己愛性人格障害のひとはあなたを攻撃してもいい人と

とらえられてしまうので鵜s。

 

それでは以前のようなラブラブな関係には

戻れないのです。

 

自己愛性人格障害のひとと話し合うことは

自己愛性人格障害のひとに

状況を悪化させてしまうチャンスを

たくさん与えてしまうのです。

自己愛性人格障害の彼とのするための素敵な恋愛物語は、いつか泡のように消えてなくなる。。


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の彼と

別れていつまでも前に進めない人へ

お話ししたいことを

たくさんお話しします。

 

あなたの彼が

自己愛性人格障害だと分かったとき

あなたは彼と幸せになりたくても

なれないと知り

悲しみの底に明け暮れたか、

それとも

今までの理不尽な出来事に納得ができて

ほっとしたかのどちらかだと思います。

 

もしかしたらその両方かもしれませんね。。

 

Tiaraも元旦那様と離婚した後に

まさか、離婚した後に

こんな素敵な彼が

Tiaraのことを好きになってくれるなんて

思ってもいなかったので

これは神様がくれた

今まで苦労をしてきたTiaraへ

神様からのご褒美だとも思いました。

 

やっと安定した幸せを手に入れられる、

そう思いました。

 

 

子供たちが大きかったので

なつくかどうかもとても心配でしたが

穏やかで博識な彼に

尊敬の気持ちを持って

とてもなついてくれました。

 

付き合いが始まりしばらくすると

Tiaraが家事などをしている間に

子供たちどちらかと彼が

一緒に出掛けていなくなったりして

あまりのなつきように

Tiaraも温かい気持ちに

なっていました。

 

こんなにもうまくいくなんて。。。

 

離婚しても

もう一度家族のような

温かい関係が築ける

そう信じたTiaraだったのです。

 

ところが、

ふと彼が機嫌が悪くなるのは

Tiaraが思いもしないような

ことです。

 

Tiaraが何かをしたわけではなく

彼の気持ちが

どうしてもTiaraと

安定した関係を築けなくなる、

そんな感じでした。

 

普通のひとならそんなことで

別れを考えるなんてことは

しないような出来事です。

 

もしくは彼がそう考えることによって

Tiaraへのより深い愛情が

感じられるような

出来事ばかりでした。

 

 

それはTiaraのことではなく

彼自身のことでしたが

Tiaraも責任を感じてしまい

そっとしておきますが

それでも彼の機嫌はおさまらず

別れ話になることが

3か月に1度くらいありました。

 

それでも、そのまま別れてしまえば

時間がかかっても

Tiaraも諦めがつきますが

彼のほうから

どうしてもTiaraに会いたくなって

連絡が入ります。

 

そのときはほんとうに

うれしかったです。

 

2人の関係が元に戻ると

子供たちも安心して

やっぱり彼はママのことを

思ってくれているんだと

彼への信頼度は

さらに高まるのでした。

 

 

Tiaraだけでなく

子供たちも彼がいてくれることへの

安心感と期待感で

幸せに包まれていたのです。

 

何度離れても彼は

必ず帰ってきてくれる。。。

 

いつの間にか、くせにように

そう思うようになっていました。

 

Tiaraの友達も

ほとんどの子がそう思っていて

「またどうせ彼のことだから

戻ってくるんじゃないの?

 

だったら堂々と

待ってればいいじゃん。

 

彼はまたどうせ

Tiaraのことが忘れられなくて

戻ってくるよ。

 

友達も、いつしかそう言うように

なってしまいました。

 

TiaraだけでなくTiaraの両親、

子供たちに、親戚や近所の人までが

Tiaraの彼のことを

ずっとここにいてくれる。

と信じるようになっていったのです。

 

 

それなのに

何か事件が起こったわけでもないのに

Tiaraを拒否するんです。

 

初めのころは

全然わかっていないので

彼の言う

もっともらしい理由を信じて

それならTiaraが我慢すれば、

いいんだ。

 

彼をここで待っていれば

きっと帰ってくるし、

こういうことを何度も繰り返すうちに

信頼関係が生まれて

そのうちに

デリケートな彼でも

ここにいるのが当たり前になってきて

そんなことは言わなくなる、

とずっと思っていたんですよね?

 

それはTiaraが一人で

思っていることではなく、

周りのみんなも

そう思っていたのでした。

 

だんだんと彼も怒らなくなり

不自然なことで怒ると

Tiaraが

だんだん突っ込むように

なってきました。

 

お出かけの時に

必ず突然怒りだして

帰ってしまう、ということが

たびたびあったので

「また今度のお出かけの時に

機嫌が悪くなって

帰ったりししないでね。。」

と前もってTiaraが先回りして

言うようになってきたんです。

 

 

それくらい彼の今後の態度が

手に取るように分かるので、

前もって伝えると

「そんなことあるわけないじゃん!」と

彼も頑張って

一緒に過ごしてくれます。

 

 

でもそれはがんばって

過ごしているだけで

彼にとっては

機嫌が悪くなることが普通なのです。

 

Tiaraをののしることが

できるのならば

彼は一緒にいてくれたかも

しれませんが

そうできなくなってきているので

彼には一緒にいることが

辛かったのかもしれません。

 

それは、普通の人が言う

Tiaraを好きだからとか

Tiaraが悪いところがあるから

うんざりした、

という気持ちもないのです。

 

自己愛性人格障害のひとが

ちかづいてくるのは

自分の思い通りに操れる操り人形で

自分の都合が悪くなれば

すぐにののしったり

悪者になったりしてくれる

便利な存在でなければ

いけないのです。

 

付き合いだして初めのうちは

本当に愛情があるのかもしれませんが

時間とともにののしり、つぶし、

自分の全責任を押し付けているうちに

本当に愛情が

なくなってしまうのです。

 

Tiaraはそんなの嫌でした。

 

自己愛性人格障害という病気を

調べれば調べるほど

そうなっていくのです。

 

最後に彼といた時間は

自己愛性人格障害の対策のみで

ほとんど会話もしないように

していました。

 

だって彼にとって

Tiaraがどうでもいい存在になんて

なるのはあまりにも悲しすぎたので

そうなる前に

自分から無関心になることができ、

自己愛性人格障害の特徴を持つ彼を

今までの感謝の気持ちと

でもそれは自己愛性人格障害のひとの

架空の素敵な物語の中だったと

彼を見ながら少しづつ

思い出に変えていけたのです。

 

もし彼にTiaraの気持ちを伝えて

彼から遠ざけられるのは

あまりにも悲しすぎます。

 

だからやっていけないと思いましたし

少しでも彼の中で

Tiaraがきれいなうちに

別れることが

嫌な思いをすることなく

思い出になる程度で

修めることができる、と

自己愛性人格障害の特徴に

納得ずみでした。

 

それが自己愛性人格障害の

彼との関係が

一番きれいに終われると

思ったのです。

 

Tiaraは彼の中で恨まれて

終わりたくありませんでした。

 

だって本気で彼のことを思ってきて

彼の気持ちを理解し、

彼の好きなことを尊重して

2人で(もしくは子供たちも入れて)

楽しく過ごしてきて

彼が自己愛性人格障害でなかったら

本当に幸せに

過ごしてきたんですもの。

 

もちろんそのまま彼が本当に

ここにいることで

幸せを感じられるようになって

人をつぶさなくても

普通に一緒にいられるのでしたら

もちろん一緒にいたかったです。

 

誰よりも幸せになる

自信がありました。

 

 

ですが、彼は

自己愛性人格障害だったのです。

 

それはとても悲しいことですし、

彼自身もそのことに

まったく気づいていません。

 

自分がなぜこんな風に

なってしまうのか

納得できなかったでしょう。

 

ですが、子供のころから

共感力を使わず過ごしてきているので

クールで落ち着いているようにも

みえましたし

料理や仕事にも全力で

スキルをつけて頑張っていたように

見えていたので

自己愛性人格障害だったからこそ

素敵に見えた一面もあったでしょう。

 

それに2人で部屋の中でゆったり

過ごしているときや

子供たちと遊んでいるときは

本当に楽しそうにしていたのです。

 

彼が「今、本当に幸せだよ。」と

言って

目を細めるところも何度も見ました。

 

その瞬間だけでも

彼が幸せを感じることが

できてよかったと思います。

 

自己愛性人格障害のひとは

決して幸せにはなれません。

 

たとえ、幸せになれるように見えても

そばにいる人をののしり潰して

苦しんでいるところを見ないと

安定したメンタルを

保ち続けることができないのです。

 

これ以上一緒にいたら

何度も何度も別れを告げられ

わけも分からず

パニックになったことも

何度もありますし

過呼吸になって救急車を呼んだことも

彼の言ったことを覚えていないので

脳の病気かと思い病院に行ったことも

みんなみんな

Tiaraのせいではなかったのです。

 

これ以上彼と一緒にいて

Tiaraがうざいくらいに

必死でみんなに

Tiaraが悪いんじゃない、

Tiaraが悪いんじゃないなんて

言いたくありませんし、

また居場所を追いやられたり

友達をつぶされたりするのも嫌です。

 

自己愛性人格障害のひとと

一緒にいなければ

そんな思いをすることもないのです。

 

普通で平和に暮らせます。

 

あんなにもすてきだった彼は

もうおそらくいないでしょう。

 

 

どこかで生きていると思いますが

彼が今、何をやっているのか

全くわかりません。

 

職場は変わっていないと思うので

会いに行こうと思えば行けるのですが

Tiaraは彼に会うのが

もう怖いのです。

 

これは彼を好きな気持ちとは

別に存在する気持ちで

Tiaraの知っている

Tiaraの家族を大事にしてくれた

あの優しい彼は

本当はいないのです。

 

今も、もしかしたら

Tiaraがまだ彼のことを

好きだと言ったら

優しい言葉をかけてくれたり

愛情あふれる腕で

抱きしめられるかもしれません。

 

でもそれは

Tiaraを徐々に支配するためのもので

それまでの期間しか

彼の優しさを味わうことは

できないのです。

 

それならTiaraは

彼のことはいい思い出として

Tiaraと一緒にいた彼のことだけを

きれいな思い出として残します。

 

そしてそんな恋愛もあったなあと

たまに胸を熱くしながら思いだして

幸せをかみしめ

Tiaraの今ある愛を大切にして

Tiaraを本当に

愛してくれる人のことだけを

大切にして生きていきたいです。

 

新しい恋人はまだ

できていないですけどね。

 

Tiaraが彼のことはもういいと

ほかの男のひとと一緒にいたいと

思うその日まで

それまでは今まで

できなかったことを十分に楽しみ

今ある愛を大切に

幸せをかみしめながら生きています。

 

何もしていないのに悪者にされたり

ののしられたり

愛の言葉を情熱的に訴えられて

置いていかれるのは

もううんざりです。

 

あなたもあなたの幸せを

本当に考えるのなら

その相手は

自己愛性人格障害の彼ではない

あなたのことを

本当に思って大事にしてくれる

いい人が

いるはずなんです。

自己愛性人格障害のひとは人を蹴落とすことによって自分が良く見えるように細工をし続けている

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は

他人を蹴落とすことによって

自分が良く見えるように細工をし続けている

ということについて

お話しします。

 

最近コメント欄やLINE@から

大変たくさんの方から

コメントをいただいており

ありがとうございます。

 

あまりの数に

返信が追い付いておりませんが、

きちんとすべて目は通しておりますので

しばらくお待ちください。

 

自己愛性人格障害のひとは

とても落ち着いていて

細かいところにいろいろ気が利くことが多く、

とてもいい人に見える人が多いと思います。

 

年下の人から見ると

普通のひとよりもとても面倒見がよく

いい兄貴分であることが多く

年上のひとから見ると

上司をうまくたてることができ

従順で有能な部下として

可愛がられていることが多いです。

 

とても人をつぶしているようには

見えないでしょう。

 

たとえば後輩を注意しているときや

長時間の説教をしているときも

すごく密接にかかわっている人から見ると

こじつけていることが

少なからず分かるのですが

あまり関係のない人から見ると

被害者が、何らかのミスをして

言われても仕方がないな、

というふうに思われてしまいます。

 

それは自己愛性人格障害のひとが

普段から念密に

その人のイメージを落とすように

悪い評判を立てたり

その人のミスで

普段自分がしりぬぐいをしているので

困っている、というようなことを

言って被害者のイメージを

コントロールされているのです。

だから、被害者が悪く思われてしまい

自己愛性人格障害のひとが

自分のおなかの中の怒りをぶつけても

もっともらしく見えてしまうのです。

 

また、自己愛性人格障害のひとも

ターゲットに不親切にしたりせず

「お前のことを思っているから

言っているんだぞ。」と愛情深く言ったり

「期待をしているから

今度はがっかりさせないで。」

などというので

被害者のひとも自分のせいだと思ってしまい

自己愛性人格障害のひとが悪いとは

思いません。

 

そういうところを周りの人も

聞いていたりするので

自己愛性人格障害のひとが

愛のある指導をしている、というように

見えてしまうのです。

 

ところが実は

自己愛性人格障害のひとは

愛情などがあるわけではなく

極端に人から嫌われることを

恐れているので

その人を自分が攻撃しても

悪く見えないように

毎日対策をしているのです。

 

そしてここぞという時に

ターゲットを責め立て攻撃して

自分のおなかの中の怒りを

発散させてすっきりしているのです。

 

自己愛性人格障害のひとが

ひどいことをしても

愛情あふれる人情深い人に見えるのは

自己愛性人格障害のひとが

極端に人から嫌われることを

極端に恐れている、臆病な性格のために

きちんと自分のイメージを

毎回フォローしているから、分からないのです。

 

だからひどいことをしているのに

自己愛性人格障害のひとは

悪く思われずに

被害者はたたかれても仕方のない

価値のない人間のように扱われてしまうのです。

 

被害者があまり人から信頼してもらえないのは

その人のせいではなく

自己愛性人格障害のひとが

前もって念密にその人のイメージを

コントロールしているからなのでしょう。

自己愛性人格障害のひとはだから、だんだんとあなたを孤立させていく


こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

あなたをだんだんと

孤立させていくことについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとはだんだんと

あなたが孤立するように持っていきます。

 

被害に遭った後に

自分が孤立していたことに気づく人が

ほとんどなのですが

自己愛性人格障害のひとは

あなたが徐々に周りの人と

コミニュケーションを

自分から取らなくなっていくように

持っていくことがうまいのです。

 

そして、あなたも

自分の意思でそうしている

と思い込んでいるため

気づいた時には助けが欲しい時に

誰も味方になってくれない、と

気づくことが多いのです。

 

あなたが孤立していくことは

彼によってあなたが誘導されながら

自分で行っていくもので

あなたも彼のせいだとは思っていません。

 

 

たとえば、

あなたの友達の悪いところを見つけて

「あんな子たちと付き合っていたら

あなたまで同じように思われてしまうよ?」

とあなたのことを思って

アドバイスをしてくれるように

見せかけて言ったり

「俺のことなんかよりも

あいつとの付き合いを優先するんだね!」

とやきもちを妬いているようにすねて見せたり

あなたが楽しそうにしているのを見ていると

とてもさみしい気持ちになるんだ。。。」

と同情をひいて見せたり。。。

 

 

あなたが彼以外の人たちとの付き合いを

自分の意思ですこしづつ、遠ざけていくように

導くのです。

 

Tiaraの恋愛相談を訪れる人たちも

たいていの場合、

自分でも気づいていないことが多く

「彼の気持ちを分かって

あげられなかった私が悪いんです。」

と彼から避けられてしまうことも

自分のせいかのように言ってくる相談者の方が

多いのですが

Tiaraは孤立させられているんだなと

すぐに気づきます。

 

 

そして自己愛性人格障害のひとの考えた

素敵な恋愛物語は

あなたに傷つけられて

あなたから去っていく自己愛性人格障害の彼が

何ともきれいに描かれているので

被害者の方は

被害に遭っているに関わらず

自分で自分を責め

彼が自分から去っていくことを悔やんだり

彼が自分から離れていかないように

全力で自分の希望は言わないようにして

自己愛の彼のことだけを考えて

自分が犠牲になっていることにも

まったく気づいていないのです。

 

そして、彼のことを

とてもいい人だ、と思っていたり

純粋な人なんだ、と思っていたり

本当はとてもやさしい人なんです、

と言ってきたりしますが

内容を聞いてみると

被害者の方が責められていることは

こじ付けで

誰にでもあるようなことなのです。

 

そんなことで、長年付き合ってきた人と

普通は別れたりしないのですが

自己愛性人格障害のひとは

自分が傷ついたから

あなたと一緒にいたくても一緒にいられない、

と少しだけ、

あなたが期待を持つような言い方をされており

あなたはまだ彼と一緒にいられるのかもと

期待をしてしまいます。

 

しかもそれは、あなた自身の努力では

どうしようもないようなことなのです。

 

もしくはあなたが彼を傷つけたから許せない、

と怒りをあらわにして怒り

これだけのことをしたんだから

仕方がないよね、

と言われてあなたを悪人のように

言われたりすることもあるのですが

もちろんあなたにはそんなつもりもなく

あなた自身ではどうしようもないことも

含まれています。

 

そのうえで彼が怒っても仕方がない、

とあなた自身が思ってしまうような

出来事が含まれており

でもそれは、よく考えると

お互いに何とかしようとすれば

解決できる問題なのですが

彼のほうが、少しも

あなたに歩み寄ることができないため

あなたがどんなに努力をしても

無理なこととされてしまうのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

どんなささいな出来事からでも

そうやってあなたを否定する理由付けに

してしまうのが

大変にうまいのです。

 

その中であなたが彼ともう一度

一緒にやっていこうとするならば

彼がどんなにひどいことをしても

許さなければならなくなり

あなたはどんなに小さなことも

許してもらえなくなっていくのです。

 

恋愛の途中ではなかなか気付けないことが多く

しかも自己愛性人格障害のひとは

自分を魅力的に魅せることが大変うまいので

あなたも彼を逃したら

こんなにも素敵な人には出会えないと

彼に泣いて縋り付いてしまうように

なるのです。

 

気付けるポイントは

彼がどれだけあなたに

あゆみ寄っているかです。

 

激化するまでは

本当にあなたのために動いてくれることも多く

それはただ

あなたを惹きつけるだけのために

しているのです。

 

そしてそれは、あなたを突き放すときに

あなたが必死で縋り付いてくるために

していることで

あなたが縋り付くために

あなたの気を惹くことが尋常でないくらい

素晴らしいのです。

 

だからここまでしてくれたのに

自分のことを

思ってやってくれていないはずがないと

あなたは思うのですが

あなたを傷つけるために

何年もあなたに優しくする、

などという気の遠くなるような作業を

自己愛性人格障害のひとは

何年もかけてやるのです。

 

だから、そんなにも分かりにくい

自己愛性人格障害のひとですが

上手くいっているときも

あなたが不思議に思う出来事が

いくつかあるはずです。

 

普通のひとはやらないその不思議な出来事に

できる限り早く気づくことです。

 

 

そして、自己愛性人格障害の彼と

一緒にいることが

本当にあなたのためになるのかを

よく考えてみましょう。

自己愛性人格障害のひとに勝てる方法


こんばんは♡

今日は自己愛性人格障害のひとに

勝てる方法について

お話ししたいと思います。

 

Tiaraは、今は自己愛性人格障害という病気が分かっているので

自己愛性人格障害のひとが何をしているか

鮮明に分かることができますが

それでも、そういったことが分かっていない人から見ると

自己愛性人格障害のひとは

とてもひどいことをするような人間には見えないと思います。

 

Tiaraが自己愛性人格障害のひとの

威嚇行為に気づいて

あまり相手にしないようにしていると

今度は、Tiaraに

自分のしていることがばれていることが怖くなり

徹底的にいい人であるところを見せつけてきます。

 

何気ない行動に見えるちょっとしたしぐさや

ただの雑談のような場合でも

周りの人からできるだけいい人に見えるように

声のトーンや話している内容が

ただ、話しているだけではなく

いかに周りからいい人に見えるかを

意識して行っています。

 

そしてそれは、

病気の症状がひどければひどいほど

卓越しており、

真正であればあるほどいい人に見えるのです。

 

会話の内容も

周りの人に聞こえている前提でおこなわれており

普通のひとよりも

自分をよく見せることが大変うまいなあと

感心させられるほどです。

 

Tiaraの部署の上司ですが、

入って早々に長時間のお説教や威嚇行為を

Tiaraのそばでしているところを何度も目撃したり

耳に入ってきたりしたので

すぐに自己愛性人格障害だと気付くことができました。

 

上司にしたら

入ってきたばかりのTiaraに

自分の怖さや存在感や影響力を

魅せつけるためのものだったと思われるのですが

それをしてくれたことにより

今までで一番早く自己愛性人格障害に

気づくことができました。

 

世界でも名の知れている大企業ですが

入ってみると

パワハラ、モラハラが非常に大々的に

横行している会社だという印象を持ちました。

 

だから、堂々とやっていたと思うのですが

1,2か月でTiaraがご機嫌を取ったり

怯えたりしないことにより

急に態度が変わり、

Tiaraのそばで

モラハラ行為をしなくなりました。

 

その行動の変貌は明らかで

今ではモラハラ行為をしないどころか

周りの人たちと

わきあいあいと会話をしているところを

聞かせてきます。

 

 

聞かせてくる、というのは

広いフロアなので

Tiaraの席から上司の席はほど遠く

まったく見えませんが、

上司が数人でTiaraのそばを通るときに

必ず話しながら通ります。

 

軽く談笑しながら歩いていたり

「おー、久しぶりだな。

まだ、あそこの部署にいるんか?」

「お疲れさん。こないだはありがとね。

助かったよ。」

など、人のことに常に気を配っているような言葉がけ、

そして、たまにはふざけておしりを通りながらたたき

「何するんすか~」

えへへ~とふざけてみたり。。。

 

 

普通のひともそういうことを

言うこともあると思いますが

常にそういった感じを見せているので

Tiaraには不自然に感じます。

ですが、周りの人は

普通にいい人なんだな~という

印象しか持たないでしょう。

 

Tiaraの周りには新人が3人いて

古くからいる人は

上司が細かいことをネチネチ言うところも

長時間ぐちぐちと説教をすることも

知っていると思いますが

新人に関しては

この上司を本当にいい人だな、

と思っていると思います。

 

Tiaraも自己愛性人格障害という

病気を知らなければ

Tiaraが入ったばかりのころは

たまたま悪いことが重なっていたのかな?

くらいにしか思わなかったでしょう。

 

ですが、この態度の変わり方は

明らかにTiaraの態度に影響されています。

 

これに続いてほかの自己愛性人格障害だと

みられる人たちも

初めのころはTiaraのことを何もしていなくても

変な目で見たりしていたのに

最近ではTiaraに会釈をするようになり

初めのころの嫌な印象は全くなくなり

穏やかな雰囲気になっています。

 

これも以前なら

本当は穏やかな人なんだな、

としか思いませんでしたが

Tiaraが以前変な目で見られたときに

(どうした?)と不思議そうな顔をして

振り返ったのですが、これは

そんなに接点もないTiaraに

こんな変な視線を向けるわけないから

後ろに誰かいるのかな?

と思ったから振り返ったのです。

 

後から自己愛性人格障害の威嚇行為だと

気づきました。

 

おそらくその後の自己愛の上司が

Tiaraに気を使っているところを見たり、

TiaraのリーダーとTiaraが仲良く

(関係は普通ですが、自己愛のリーダーが

自分の印象をよくするために

穏やかにTiaraと話しているところを見て)

話しているのを見て

おそらくTiaraに冷たい態度をとることは

自分が損をするかもしれないと

思ったからだと思います。

 

現に聞きたいことがあり

その人の席のそばまで歩いていくと

気の弱そうな人に

モラハラ的な攻撃をしているところを

よく見かけます。

 

もちろんもっともらしい言葉を発しているので

嫌なことを言われているのは

言われている本人に原因がある、

と思われるような

ことを言っていましたが、

Tiaraにはそれが、

自己愛性人格障害だからとわかります。

 

もし、それを聞いただけでも

言い方や言葉の選び方で

分かったと思いますが、

その前にTiaraに

意味もない威嚇をしてきているので

より確信に近い形で

自己愛性人格障害だと思っています。

 

 

このように人によって

コロッと態度を変えるので

モラハラ的行為をされている

被害者でないと分からないのです。

 

特に自己愛性人格障害のひとは

立場のある人や地位の高い人

には自己愛的面を一切見せませんから

本当にいい人間だと思われがちで

どんどん出世していきます。

 

だから、上司に

自己愛性人格障害的な人が

多いことも事実なのです。

 

 

地位の高い人にはそういった面を一切見せず

上手に上を立てて、可愛がられ

後輩の面倒を見て尊敬されていくので

分からないのです。

 

その過程で弱そうな人を常に見つけ出し

その人だけに攻撃して

周りの人には親切にふるまいますので

被害に遭った人だけが

どんどん辛い思いをして

周りにも分かってもらいにくくなるのです。

 

自己愛性人格障害のひとの

変わり方には本当に脱帽します。

いい人を演じているときは

表情も柔らかく

ユーモアがあり人のことをほっておけず

親切で情の熱い人間に見えてしまうのです。

 

それほど常に自分の印象をよくすることを

常にしている人たちなので

勝ち目がありません。

 

自己愛性人格障害のひとに勝つには

自己愛性人格障害のひとよりも

仕事ができるようになり

人脈を広げて

いっさい臆病な所を見せないことです。

 

その代わり自己愛性人格障害のひとに勝つには

ずばぬけてできる人間にならないと

無理です。

 

その自信がないのなら

迷わず無関心になり極力接触を最小化することを

お勧めします。

自己愛性人格障害のひとはあなたの愛が分からない


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

あなたの愛が分からない、ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害の被害は

大変分かりにくいと思います。

 

 

あなたがとても辛い思いをしているのに

自己愛性人格障害のひとは

ものすごく生きやすいように

見えませんか?

 

自己愛性人格障害のひとは

とても充実して生きているように見えますが

実はそれは臆病な性格からきています。

 

自己愛性人格障害のひとにとって

強いか弱いかだけで人を判断するので

いい人かどうかは全く関係ありません。

 

自己愛性人格障害のひとから見て

強ければその人に逆らうことが一切なく

逆にご機嫌を取ってくるくらいです。

 

ですが、弱ければ

その人が優しかろうが、付き合いが長かろうが

あなたに尽くしてくれようが

それはつぶしてもいい存在となり

その人を利用して自分を寛大な人間に見せたり

怒りをぶつけたりして

ストレスを発散させる道具に使います。

 

 

ですがそんなことがあなたにばれてしまうと

あなたが逃げ出してしまうと困るので

全力で優しくしたり

あなたを想っているようなことを

あなたに訴えかけてきて

あなたからの信用を得ようとします。

 

だから分からないのです。

 

あなたは、

自分のことをこんなにも大切に

してくれる人はいないと

彼の怒りの矛先に向けられても

彼を理解しようとするのかもしれませんが

そうすることによって

あなたが彼から離れていかないと

判断され、

あなたには安心して怒りを

ぶつけられるようになります。

 

自己愛性人格障害のひとは

幼いころの経験で

共感力を使うとあまりにも辛すぎる

何らかの状況があったため

途中から共感力を使わなくなって

生きています。

 

人間の脳は使わない部分は

そのまま固まってしまい

進化しなくなってしまいますので

自分では、

それで普通だと思って生きています。

 

ですが、人の気持ちが分からなくて

どうしても人間関係を壊してしまうので、

自分がなんとなくおかしいことには

気づいており

でもその原因が

自分だと思うことができず

相手のせいだと思い込むのです。

そう思うことによって

楽になろうとするので

ターゲットに対して

どんどんひどくなってしまうのです。

 

あなたが自己愛性人格障害のひとに

寄り添えば寄り添うほど

都合のいい時に怒りをぶつけられる便利な存在となり

自己愛性人格障害のひとの心の中は

本人にも分からない

とても大きな怒りをかかえているので

とどまることがなく

どんどんひどくなってしまうのです。

 

そして自分にとって大事だと思っているうちは

しがみつき行為をして

強烈にあなたにしがみついてくるのですが、

だんだんと、本当にあなたが悪いと思うようになるので

本当にあなたがどうでもよくなり

他にターゲットになりそうな人が現れたときや

あなたをとことん潰してあきてしまったときには

簡単に捨ててしまうのです。

 

自己愛性人格障害の被害に遭うような人は

共感力が異常に高い人が多いので

相手の気持ちを必要以上に

理解してあげようとして

自分の中に彼を怒らせる原因があると考えてしまい、

自分のせいで

彼が離れていってしまうと

思い込んでいるので

非常に辛いのです。

 

そして彼ではなく

自分の中にその原因があると

思い込んでしまい

辛くなってしまうのです。

 

そして、自己愛性人格障害のひとは

あなたのその、良心への攻撃をすることにより

こじ付けで怒りを発散させているのに

自分が悪いと思わなくてもいいので

すべてあなたのせいだと思い込んでしまうので

罪悪感は全くありません。

 

あなたはそれが

辛くてたまらないのです。

 

ですが、その原因が

あなたにないということが分かると

それだけで彼のことを

冷静にみられるようになります。

 

 

自己愛性人格障害の

被害にあった人の大半が

この病気を知ったことにより

自分だけが彼のことを

すべて分かってあげられるので

自分が調節して

何とか彼が怒りを持たないように

コントロールしたいという人が

多いのですが

大半はそれができません。

 

あなたがそばにいて分かってあげれば

分かってあげられるほど

自己愛性人格障害は

ひどくなっていくのです。

 

あなたの愛情が無駄になり

あなたが本当に

自分のことを愛してくれていたということすら

分からなくなってしまう自己愛性人格障害のひとと

長い間一緒にいることは

あなたがひどく傷つくだけになってしまうので

お勧めできないのです。

 

 

ですが、そんなにもひどいことをしていても

本人には分からないので

彼の性格が悪いわけではないのです。

 

病気とはいえ、

そんなの悲しすぎると思いませんか?