自己愛性人格障害のひとを初めから見分ける方法

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとを

初めから見分ける方法について

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

普通の人と

とても見わけがつきにくいです。

 

どうしても尊大な自分を魅せるため

コミニュケーション能力も高く

普通のひとよりも

むしろ感じのいい人に

見えてしまうことも

多いと思います。

 

仕事ができて、

高い地位についている人の中にも多く

また、異性にもてて

人気者だというケースもあるので

好印象を持ち、近づいてしまう人も

数多くいると思います。

大変臆病なため、人に嫌われることを

極端に嫌いますので

とても細かい気遣いのできる人も

多いので

慣れていない人ほど

自己愛性人格障害のひとと

仲良くなるケースも多くみられます。

 

一見、いっしょにいると

幸せになれそうな雰囲気を

醸し出しているのですが

近くにいる人は

周りから分からないように隠れて

嫌がらせをとことん受けている人も

大勢います。

 

この、感じのいい

自己愛性人格障害のひとを

見分けるには

少し時間がかかります。

 

ですから初めから

自分を素直に見せていると

知らない間にターゲットになり

数年間、心をとらわれて

人生の貴重な時間を

つぶしてしまうことがありますし、

深い仲になってしまうと

嫌がらせを受けて

多大な被害を受けても

なかなか彼のことを

忘れることもできなくなりますので

女性だと出産や結婚をするチャンスを

逃してしまうこともありますので

できるだけ早めに

自己愛性人格障害かどうか

見抜きたいですよね?

 

まず対処としては

新しい場所に行くときや

慣れてない環境の中に

顔を出さなければいけないときは

初めから自分を

出しすぎないようにしましょう。

 

 

よく見ていると

普通のひとよりも

自己愛性人格障害の被害に

遭うような人は

初めから自分を前面に出しています。

 

 

そんなに慣れてもいないのに

自分を分かってもらおうと

得意なことやしていることの

話をしたり

いつもどのお店に行っているのか

とか何が好きでないが嫌いとか

言い過ぎています。

初めは、あなたを少しづつ

出していったほうがいいと思います。

 

そしてその中で、

感じがよく見える人も

悪く見える人も

自分の目で

よく観察してみてください。

 

自己愛性人格障害の人は

その自尊心の低さから

人から極端に称賛されることを

求めます。

 

そして自分の話をするのは

いいのですが

あなたの話は全く聞こうとしません。

 

人のことには興味がないのです。

 

そして、自分が称賛されたり

モテたりしているうちは

いいのですが、

よく見ていると分かると思うのですが

人が称賛を受けたり、

楽しそうにしていたり、

成功していたり、モテたり

しているところを見ると

あまりいい顔をしないのです。

 

 

たとえば女の子同士が

笑いながら楽しそうにしていると

今日に不機嫌になったり

怒鳴ったりします。

 

本当にうるさい場合もあるので

よく観察してみないと

分からないのですが、

人が楽しそうにしているだけで

自分の立場を脅かしていると

感じてしまうのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

自分が一番でないと

その人に猛烈にやきもちを妬いて

怒り狂うのです。

 

むやみやたらに

楽しそうにすることは

怖くなりましたが

みんな知らずにしている行動だと

思います。

 

誰かの成功に

嫌そうな顔をしている人を見かけたら

少し警戒をした歩がいいと思います。

 

 

自己愛性人格障害ではなくても

人の成功や友達関係に嫉妬して

その人の悪い噂を

ばらまく人はいるので

それを信じた人から

知らない間に悪く思われていて

周りの人とだんだんに

付き合えなくなる可能性もあります、

 

うれしい時も楽しい時も

できるだけ静かに

その人とだけ共有するほうが

マナーのことを考えても

とても良いと思います。

 

嫉妬の対象は

そんなに大成功でなくても

あなたの優しさや笑顔にも

嫉妬する場合もありますので

ご用心ください。

自己愛性人格障害とは病的に自分のために愛情と人の犠牲を求める病気である

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害とは病的に

自分のために

愛情と人の犠牲と求める病気である

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

せっかく作った関係を

壊すようなことをしますが、

なぜそんなことをするのでしょう?

 

そもそも

自己愛性人格障害のひとは

ひととの関係を作りたくないのかというと

そうではなく、

自己愛性人格障害のひとも

本当は自分のそばにいる人を

求めているのだと思います。

 

ただ、自分の感覚が

普通の人とずれていることには

途中からなんとなく気づいているのですが

どこが違うのか、

ということは分かりません。

 

その原因は幼いころの生い立ちや

両親との関係だと言われていますが、

何らかの原因で

その自尊心のなさに恐怖を感じています。

 

自分がすべてのひとから

大事にされないと

どこかで極端な恐怖心をいだいていて

それを味わいたくないので

必死に自分には価値がある

と思いたくて必死です。

 

そのため、誰かが

ちやほやされているところを見ると

無性にやきもちを妬いて

それを壊したくなります。

その人が自慢をしているわけでも

魅せつけているわけでもなく

たまたま人気があったり

話しがおもしろくて

周りの人が惹かれていたり

ほかのひとよりも目立っていたり

優しかったりすることにも

やきもちを妬いてしまいます。

 

そしてその怒りは

相手が悪い、と思い込んでいるのです。

 

それは自尊心の低さから

きているのですが

どうしても人の幸せそうな顔を

見ることができないのです。

 

そしてその人に

そんな気がないとしても

勝手にやきもちを妬いて

全力でその人の幸せを

邪魔しようとします。

 

悪い噂を流したり、

笑いものにしようとしたり、

できの悪い子だと

見せようとするのはそのためです。

 

それが、他人だけでなく

自分の恋人や奥さんや友達や兄弟にも

そういうことをするのです。

 

どうしても

自己愛性人格障害のひとの心の中の

恐怖から

人を認めることができないのです。

 

そのくせ、自尊心が極端にないので

自分が嫌われることには

ひどく怯えています。

普通の人も嫌われることは

嫌でしょうが、

自己愛性人格障害のひとは

それが極端なのです。

 

その恐怖から

どうしても嫌われたくないため

人とのコミュニケーションには

抜群に気を使います。

 

自己愛性人格障害のひとが

コミュニケーション能力が高いのは

その極端に人から嫌われることを

恐れるためです。

 

自己愛性人格障害のひとに

気遣いのできる人が多いのは

そのためなのです。

 

話しも面白く明るく少しだけ

母性本能をくすぐるような

甘え上手な面もあり

たしかに

イライラするところもみえるのですが

それが正直で分かりやすいと

人懐っこくみられることも多いです。

 

人からの愛情に関しては

異常に求めているのですが、

初めは自己愛性人格障害のひとから

好きだと告白してくることも

多いでしょう。

それは、自己愛性人格障害のひとの

惹きつけ行為で

周りの人が自分に惹かれていないと

不安なので、

極端に惹きつけ行為を行い、

付き合うまでは彼からの

熱烈な愛の言葉をかけられた方も多いですが、

その時の自己愛性人格障害のひとの気持ちは

自分の魅力をあなたに見てほしくて

あなたからの称賛の言葉を

欲しかったのでしょう。

 

これも、はじめから

思っていたわけではありません。

 

初めはとにかくあなたに

相手にしてほしい

というところから

始まっているだけだと思います。

 

そして

あなたの性格によって

彼を称賛したり尊敬したりすると

彼はあなたを欲しくなります。

 

自己愛性人格障害のひとは

称賛してくれる人、自分を認めてくれる人が

好きなのです。

 

そして、あなたが優しく寛大だと

彼から少しくらいひどいことを言われても

さらっと水に流してくれたり

受け流してくれ、

なかったことにしてくれたりすると

さらに彼は

もうあなたを離さなくなります。

 

こうやってあなたはどんどん

自己愛性人格障害のひとからも

求められるようになるのです。

 

被害者になりやすいひと、というのも

ある程度

自己愛性人格障害のひとに

気に入られやすい性格をしています。

 

そしてそんなあなただからこそ

彼から彼のための犠牲を求められても

どんどん受け入れてしまうのです。

 

あなたが彼からの理不尽なことを

受け入れてしまうと

彼はどんどん自分の怒りを

ぶつけていくようになるので

気づいた時には

とてもひどいことになっているのです。

 

 

自己愛性人格障害とは

病的に自分を愛してくれる人や

犠牲をはらってくれる人を

求めているのです。

 

そしてそれくらいしても

自己愛性人格障害のひとの心は

満たされないのです。

自己愛性人格障害のひとはわざわざあなたに嫌がらせをするために現れる

こんばんは♡

今日は自己愛性人格障害のひとは、

わざわざあなたの前に現れて

嫌がらせをするために訪れる

ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとは

その病気の症状のために

本人もそんなつもりもありませんが、

どうしても

あなたの前にわざわざ自分から現れて

やがて嫌がらせをするようになります。

 

初めは、普通の人が

あなたに興味を持つのと同じように

あなたに近づいてくると思います。

 

 

そのコミュニケーション能力の高さから

あなたもすっかり彼らに

夢中になると思いますが

やがてはひどい関係になり

どちらかが逃げていくか

病気になってしまう関係にあります。

 

付き合う時間が増えるとともに

何も言わなくても

お互いに思っていることが

分かり合えるような

穏やかな関係になっていくことは

まずないのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

意味もなく

あなたを悪者にしたり

バカにしたりすることが

時々あると思いますが、

普段はとても穏やかだったり

優しかったりするのです。

 

 

その優しさは

あなたのことを思って

してくれているように

感じると思いますが、

自己愛性人格障害の場合、

そうではありません。

 

 

あなたに自分の魅力を

見てもらいたいことと

称賛されたいこと、

尊敬されたい気持ちが尋常でないほど

大きいので

どうしてもあなたの気持ちを

つかんでしまいます。

 

その時はあなたも

自己愛性人格障害のひとと

一緒にいることに

とても幸せを感じると思いますが、

自己愛性人格障害のひとは

自分といることであなたが

満足することにも

やきもちを妬きますので

あなたが幸せそうな顔をしていれば

それを壊すようなことを

どうしてもしてしまいます。

自分のした優しさにすら

やきもちを妬くなんて

普通のひとからしたら

考えられませんが

自己愛性人格障害のひとは

自分以外の人が幸せを感じることの

あらゆることにやきもちを妬いて

つぶしたくなるのです。

 

だから

自己愛性人格障害のひとと一緒にいて

あなたが幸せになることは

ないのです。

 

自分から幸せを与えておいて

そんなことをするなんて

とても信じられないので

あなたは自己愛性人格障害のひとが

何を考えているのか分からなくなり

不安になりますが

普通の人に

自己愛性人格障害のひとの心情が

分かるわけがないのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

あなたに恨みがあるわけでも

本当は

あなたの事が嫌いなわけでも

ありません。

 

自己愛性人格障害の

その病気の症状のために

自分の存在が

あらゆる人から脅かされていると

とてつもない恐怖心をいだいていて

どうしても人をつぶしてしまうので

あなたは何もしていないのに

彼からひどいことをされて

とてもショックを受けるでしょう。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

めちゃくちゃやっているように見えますが

あなたを攻撃しているつもりはなく

自分の心を守るためにしているだけです。

それが、

結果として

自分よりも立場の悪い人を見て

ほっとする、

という方法をとるので

被害者からしてみれば

ものすごく怖い存在に映るのですが、

自己愛性人格障害のひとは

自己防衛のためにしているのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

なにから心を守っているのかというと

自分の存在を脅かす

あらゆる人から自分を守っていて

自分が誰かを攻撃しているつもりではなく

必死で自分を守っているだけなのです。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

気づいていませんが、

自己愛性人格障害のひとの周りには

驚くほど愛があふれていて

自己愛人格障害のひとのために

自己犠牲の精神でいてくれる被害者の人が

数多く見えます。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

誰からも攻撃などされていないのです。

 

それなのにその自尊心の低さから

どうしても人がつぶれるところを

見ていないと

安心できないので

自己愛性人格障害のひとの周りでは

関係がどんどん壊れていくのです。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

被害者がいることで精神が一時的に安定し、

さらに尊大な自分を見せつけることによって

安心しますので、

自分の周りの人が自分よりも

いい人だと思われたり

人気者になったり、

業績を上げらっりするところを見るのが

あまりにも怖すぎて

極端な恐怖心を持っているのです。

 

何もないところに被害者を求めて

あなたを見つけ、

あなたを将来的につぶしてしまうのに

あなたの前にわざわざ姿を現すのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとが

あなたの前に現れたときは

あなたの表情は一切見せず

相手にしないことを繰り返しているうちに

自己愛性人格障害のひとは

あなたには

工芸しても通じないと思いだし、

だんだんとあなたの前に姿を

現さなくなるのです。

 

自己愛性人格障害のひとには

無関心になり

表面的な付き合いに

とどめておくほうが

あなたのためにはいいのです。

あなたが信じることで自己愛性人格障害のひとはどんどん調子に乗ってひどくなってしまう

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

あなたが信じることで

どんどん調子に乗って

症状が悪化してしまうことについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害の被害者の方の

お話を聞いていますと

自己愛性人格障害のひとの

優しさを最後まで信用して

自分自身が悪いと思い込む方が

大変多くいらっしゃいます。

 

彼が、あなたが傷つくようなやり方を

しているのに

分かってあげられない

自分が悪いと思い込んで

彼があなたに

ひどいことをすることの意味を

見つけ出そうとします。

 

 

そうすることで

彼のこじつけの嫌がらせや

あなた以外の女性を選ぶことの

誠実さをアピールした話が

通じてしまいます。

 

あなたが自ら自分が悪者になって

彼をかばおうとして

しまっているのです。

 

かばわれた自己愛性人格障害のひとは

あなたを責め立てて

すっきりしたいだけなのに

あなたがその話を信じてしまい、

自ら悪者になろうとすることで

彼の話が通じてしまい、

彼はどんどん勢いを

増していってしまいます。

 

あなたが彼を信じることで

彼の自己愛性人格障害の症状が

どんどん悪化していってしまうのです。

 

あなたの今までの常識では

そんな人はいなかったと思いますので

彼を分かってあげることで

彼の心情が

落ち着くと思っていたかもしれませんが

自己愛性人格障害のひとには

普通の愛情は通じません。

 

というより、

愛情を与えれば与えるほど

どんどん調子に乗って

自分をよく見せて、他人を蹴落とし

どんどんのし上がっていくのです。

 

権力を持った自己愛性人格障害の人ほど

怖いものはありません。

 

彼のすることがどんなにひどいことでも

通じてしまうからです。

 

 

自己愛性人格障害のひとが

人を傷つけていることに

気づいてください。

 

 

そして、あなたが何もしていないことに

気づかなければならないのです。

 

世の中の常識が

人を責めるのではなく、

まず自分の悪いところを直そうという風習が

根付いていますので

気づかない人が多いのかもしれません。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

その常識を使って

自分がひどいことをしていることに

気付かれないようにすることに

成功しているのです。

 

もし、自己愛性人格障害の

ひとのことを

心配するのならまず

彼の言うことが正しいのか

よく考えてみてください。

 

あなたが

彼の嘘を本当のことのように受け止め、

あなたが彼の責任を負っている場合は

彼は自分のしたことに高揚し、

攻撃をいつまでも

やめることができないのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

自分でも攻撃することを

やめることができませんので

あなたが逃げることで

自己愛性人格障害のひとが

攻撃できないようにしてあげることが

彼が少しでも心穏やかでいられる

第一歩なのかもしれません。

自己愛性人格障害のひとは優しさを攻撃に使う

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

優しさを攻撃に使う

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害の被害の

相談を受けていますと

相談者の人が

彼に感じている深い思いやりの気持ちや

優しさが

攻撃に使われていることに気付き、

とても恐ろしくなります。

 

自己愛性人格障害のひとは

とても冷たい印象を持ちますが

同時にとてもソフトで優しい人も

おみえになります。

 

ソフトで優しい人が

攻撃をするなんてとても思えませんが、

自己愛性人格障害のひとは

あなたの罪悪感を

攻撃しているのです。

 

たとえば、女性が二人いるときに

相手のことを

とても思いやっているようなことを言い、

あなたを傷つけます。

浮気や不倫などの場合に多いのですが

話をしている人と反対のほうを

とても大事にしていることを

わざわざあなたに伝えるのです。

 

そして

どこまでも相手の女性に優しい彼を見て

彼が「ひどい」とは思わず、

彼に大事にされて相手の女性に対して

やきもちを妬いたり、

自分をとてもみじめに思ったりします。

 

そして相手の女性に魅力があると思い込み

あなたには価値がないように言われていたり、

あなたが悪いと言われているように

感じてしまうのです。

 

普通の人は

浮気や不倫をしているときに

わざわざ相手の情勢に愛情をかけていることを

あなたに知らせてくることはありません。

 

むしろ隠すことのほうが

自然だと思います。

 

それをわざわざあなたに伝えて

あなたを傷つけなければ、

浮気をしている意味がないのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

もう一人の女の人を

傷つけるために浮気をします。

 

ですが、相手の女性も彼は、

大事にしているわけではありません。

 

彼が一番大事にしていることは

自分がいかに

魅力的で温厚で愛情深い人に

思われているかです。

 

 

こうすると、彼は悪くみえず

あなたはどんどん傷ついていきます。

相手の女性に

やきもちを妬いてしまう方も

おみえになると思いますが、

自己愛性人格障害のひとは

相手の女性も本当は大事にしていません。

 

あなたを傷つけるための道具として

女性に愛を与えたり

そうしている自分に

満足しているだけなのです。

 

思いつめたり、逆にヒステリックになって

被害者のほうが攻撃的になるケースも

多く見られますが、

被害者は傷つき、

周りからの信用も無くしてしまい

ボロボロの状態になります。

 

それくらいして

やっと自己愛性人格障害のひとは

自分の心情を保つことができるのです。

 

彼のいないところで

女性同士が争っているケースも

みられますが、

そうさせているのは

自己愛性人格障害のひとなのです。

 

彼のいないところで彼のことで争えば、

悪いのは彼ではなく

あなたと女性になってしまい、

2人ともとてもみじめな状態になるのです。

 

彼の優しさを自分に向けてほしい、と

一度は彼からの

絶大な愛情を受けた人は思うのですが

彼の愛情が本当に

あなたに向けられることはありません。

 

自己愛性人格障害の愛情の対象は

彼の都合によって

いくらでも変わるのです。

自己愛性人格障害のひとを愛せば、

家の中でとことん傷つけられて

自分に自信を失っていくか

突き放されて

彼が優しいからこそ、

あなたではない人が大切にされる、という

訳の分からない状態となり

はたから見たらあなたのほうが

おかしいと思われるように

持っていくのがとても上手なのです。

 

そして、あなた自身も

彼のことを信じてしまい

自分がおかしいと思ってしまい、

自分の考えや自分に

自信が持てなくなってくるでしょう。

 

彼の言っていることが

本当にあなたのせいなのか、

よく考えてみると

分かるようになっていきます。

 

あなたは悪者にされているだけで

あなたは本当に悪いことをしたのか

自己愛性人格障害のひとの

言葉に惑わされず、

よく考えてみてください。

 

自己愛性人格障害のひとは

わざわざ自分の周りで

もめ事を起こし、

自分はそんなことはしない

優しく尊大で有能な人物なんだと

魅せつけていなければ

気が済まないのです。

自己愛性人格障害のひとは初めからあなたとの関係を壊すつもりがあるの?

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の彼は

初めからあなたとの関係を壊すつもりで

惹きつけたのか?

ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の彼の

相談を聞いていますと

ほとんどの方が

とてつもなく強烈に

彼に惹きつけられています。

 

 

なぜあんなにも強烈に

あなたを求めていたのに

関係を壊すようなことをするのか

そこに疑問を持って

頭からなかなか離すことができない、

という人がものすごくたくさん

おみえになります。

 

どうしても彼の気持ちが

嘘だったとは考えにくいほど

素敵な関係だったからです。

 

彼の気持ちは

たしかに本物だったと思えるでしょうし

何ならほかの彼とは比べ物にならないくらい

大切にされていた、

と感じる被害者の方も

かなりの数でおみえになります。

あんなにも好きだと言っていたのに

信じられないほど

理不尽なやり方で

あなたを突き放すようなことを

するからです。

 

たしかに自己愛性人格障害のひとは

あなたが傷つけば傷つくほど

気分が高揚していきますので

あなたを強烈に惹きつけたほうが

あなたを突き放すときに

あなたのショックは大きいと思います。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

何も初めから

あなたを突き放すことを考えて

わざとあなたを傷つけるために

惹きつけているわけではないのです。

 

あくまでも

自己愛性人格障害のひとも

自分では自分のことを

普通だと持っていて

どうしているもこんな風になってしまうのか

分かりません。

 

いつも相手が悪くて

関係がやっていけない、

と本気で思っていることでしょう。

 

それは自分がやっていることから

逃げているからです。

 

それなのに

初めはあなたに惹かれていた彼も

楽しい気持ちで

あなたと会っていたはずなのですが

なぜか、時間とともに

どんどんあなたのちょっとしたことに

腹が立ってイライラしてきたり

一緒にいられない、

と感じてしまうようです。

 

 

それは、あなたが悪いわけではなく

あまりに自尊心が低すぎるため

どうしても常に

あなたより上に立っていないと

気が済まないからなのです。

 

あなたの欠点を見つけて

それはダメだよ、と説教したり

あなたが何かで成功するところを見ると

無性に腹がたち

あなたが成功するわけがないと

本当にちょっとしたことからでも

理由を見つけてあなたが何かの不正をしたから

成功したように見せかけている

と思い込んだりします。

 

そしてそれは

だんだんと時間とともに

エスカレートしていきます。

 

とにかくあなたがいいことをしても

腹が立ちますし、

あなたの優しさにすら嫉妬しますし、

悪いことがあると、

そこをクローズアップして

あなたに迷惑をかけられた、

と思い込みます。

 

つまり彼は

あなたがいいことをしようが

長所だろうが、

それにやきもちを妬いて

あなたが良く思われないように

してしまいますし、

かわいそうなことだろうが失敗だろうが

すべてあなたが悪いように見せかけて

自分はそれよりもましだと

思い込んでいないと

安心していられないのです。

 

つまり、初めは自尊心の低さから

強烈に不安感を

常に心にいだいていますので

周りにいる人すべてを自分に惹きつけて

自分には

価値があると思い込んでいないと

恐怖で

まともではいられなくなります。

 

そして、あなたを

惹きつけられることができたときは

 

初めのうちは

本当にうれしくて

幸せそうにしていますが

しばらくすると

そんなことはもうどうでもよくなり

自分に誰かを惹きつけていないと

気が済まないのです。

あなたに興味が亡くなったり、

ほかの人を惹きつけたくて

たまらない時は

そっちに気がいっていて

あなたのことはもう

どうでもよくなったりします。

 

それでも

彼自身は自己愛性人格障害のため

どうしても自分が悪いとは

考えたくないので

あなたに彼を怒らせる原因があると

どんなことにでも

こじつけて考えてしまうので

反省するどころか

あなたを責めて立てて

あなたにイライラをぶつけます。

 

それが自己愛性人格障害のひとが

あなたを捨てる原因です。

 

それでもあなたに

ほかにあなたを大切にする人が現れると

自分のものだと嫉妬して

攻撃してくるのです。

 

彼があなたを捨てるときに満足する状態は

あなたを

ほかのだれも相手にしなくなったときや

1人ぼっちの時、

あなたが彼を強烈に

追いかけているときです。

 

そんなときに

あなたを捨てることは

自己愛性人格障害のひとにとって

快感で、それでもその快感も

長くは続かないので

あちこちで嫌がらせをして

周りの人たちを

傷つけまくるのです。

 

初めは自覚なく

普通にあなたに惹かれて近づいて来たと

思えた彼も

実は自分の魅力を

誰かに見てもらっていないと

不安になる自己愛性人格障害のひとの

心を保つために

あなたを求めていたのです。

 

そのことにも気づかず、

お互いに惹かれあい、

自己愛性人格障害のひとの

派手なパフォーマンスに

ほかのひとにはない魅力を感じたあなたは

最後には

みじめに裸にされて

捨てられることになるのです。

 

どちらにしても愛する彼から

潰されてしまうあなたが

ふびんでなりません。

 

このように

自己愛性人格障害の彼は

初めからあなたを潰すつもりで

近づいてきているわけではなく

その自尊心の低さから

どうしても隣にいる人よりも

上に立ちたい願望が

強烈に抑えられずに

どうしても相手が逃げ出してしまうほどに

潰してしまう病気なのです。

 

Tiaraならそんなにも

人のことを惹きつけることができるのなら

その力を使って

永遠の愛を手に入れたいと思います。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとには

どうしてもそれができないのです。

 

自分のことを

本当に思ってくれる人をつぶす病気なんて

本当にもったいないことです。

自己愛性人格障害のひとの症状の見分け方

こんばんは♡

今日は、

自己愛性人格障害のひとの攻撃は

相手によってその都度調節される、

ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の彼の攻撃を

交流会などで話し合っていますと

その彼の性格やタイプによって

やり方が違うのですが、

やり方が違うと自己愛性人格障害では

ないのでは?

と疑ってしまうこともあります。

 

たとえば、暴言を吐く

自己愛性人格障害のひとも

いますが、

まったく口汚い言葉を使わずに

嫌がらせをする自己愛性人格障害の方も

おみえになります。

 

これは、言葉が汚くなければ

自己愛性人格障害ではない、

と考える人もいるようですが

自己愛性人格障害の嫌がらせに

基本、汚い言葉や暴言は必要ありません。

 

自己愛性人格障害のひとは

あなたの精神を傷つけますから

言葉は汚くないほうが

被害者が離れていきにくくなります。

 

ですが、中には、暴言を吐かれたり

汚い言葉でののしられたりする方も

おみえになりますが

それはあなた次第で

自己愛性人格障害のひとのやり方は

いくらでも変わるのです。

 

あなたが絶対に暴言や汚い言葉を

許さないタイプのひとだったら

自己愛性人格障害のひとが

暴言を吐いた瞬間に

彼のことが嫌になるので

自己愛性人格障害の被害に遭い続ける

ということはありません。

 

ではもし、あなたが魅力的な素敵な彼から

暴言を吐かれても

絶対に彼と離れたくはない、

もしくは結婚したい、離婚したくない

と思っていたとしたら

自己愛性人格障害のひとは

間違いなく暴言を吐くことでしょう。

 

自己愛性人格障害の彼は

あなたを追い詰めれば追い詰めるほど

高揚するので

あなたを強烈に好きにさせるために

生活の面倒を見たり、優しくしたり

あなたのことをこれからもずっと守る、

と言ったりします。

 

そして、あなたが彼と数年間付き合い

もう結婚が目の前に見えている

となったとき、

彼から突然嫌がらせや

暴言を吐かれたりするようになると

あなたは彼からすぐに

離れたりすることができるでしょうか?

 

今までの誠実なお付き合いを感じると

ただのけんかのようにも思えますし、

もしかしたら彼に何か、

会社などで

ストレスがかかっているのかもしれない、

と考えてしまったりします。

 

とりあえずは、我慢をしたり

あなたの気持ちを彼に言ってみたり、

彼が落ち着くのを

待ってみたりするでしょう。

しばらくすると彼からまた優しくされたり

何事もなかったのかのように

ふるまわれてしまうと

いつまでも気にしている自分が悪いと

あなたは思ってしまい、

水に流そうとするかもしれません。

 

 

それがとても危ないのです。

 

水に流してくれた寛大なあなたに

彼は、「ありがとう。」というかもしれないし

「ごめんね。」というかもしれません。

 

普通のひとなら反省をして

何度か繰り返したとしても

だんだんとよくなっていくのです。

 

ところがこれが

自己愛性人格障害だったとしたら

あなたが許してくれたことに

甘えて、

また何度も同じことを繰り返しながら

どんどん悪化していきます。

 

だって、またあなたに

「ごめんね。」とか「ありがとう。」と言って

普通にしていれば

あなたはまた許してくれて

彼のそばにい続けようと

してくれるからです。

 

そしてそれが

自己愛性人格障害の彼だった場合、

嫌がらせをしても逃げていかないあなたに

どんどん自分の心の中の

怒りをぶつけていくのです。

 

そして怖いことに

あなたもそれに

少しづつ慣れていきますので

少しくらい彼が怒っても

我慢することが当たり前になっていきます。

 

 

そして、自分でも知らない間に

あなたの自尊心はつぶされていき

自己愛性人格障害の彼の満足感と

入れ替わっていくように

あなたの心がどんどん病んでいくのです。

 

そうなってしまう前に

自分が傷ついていることを自覚し

あなたが彼からそんな扱いを受ける

必要はないと

もっと自分のことを大切にしてください。

自己愛性人格障害の彼は、別れた後もずっとあなたの心を束縛し続けている

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の彼は

別れても

本当はまだずっと

あなたのことを束縛し続けている

ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の被害の

相談にのっていて

いつも思うことなのですが、

被害者の人は、

別れてもまだほんとうは

自己愛性人格障害の彼のことを

好きだと思います。

 

 

本気で好きだったのに

あまりにも理不尽な目にあわされて

納得ができないため

納得すれば自己愛性人格障害の彼のことを

忘れられる、と思っていますが

あまりにも強烈な経験のため

長い間、忘れることはできないと思います。

 

ただ、幸いなことに

人間は忘れる生き物で

どんなに素敵な思い出も

逆にひどい思いも

時間とともにだんだんと

薄れていくようになっています。

その中で、自己愛性人格障害の被害や

そのほかの理不尽な目にあわされたという経験は

類を見ないほど

引きずられてしまうと思います。

 

よく自己愛性人格障害の人は

被害者のことを重い

と思っているようですが、

これだけ理不尽な目にあわされれば

誰だってそうなると思います。

 

むしろ思いを大切にしてきたからこそ

納得できないで引きずられているだけで

これが自己愛性人格障害の被害でなかったら

あなたもそんなに長くは

引きずらないと思います。

 

 

昔、Tiaraの友達で

何年も元彼のことを

忘れることができず、

周りの子から迷惑がられていたり

あきれられていた女の子がいましたが、

その子はむしろそのあとは

普通のひとよりもめちゃくちゃ

さっぱりあっさりとしています。

 

今考えたら、

その女の子が重かったのではなく

その時の彼女の彼氏が

自己愛性人格障害だったのではないか

と思います。

 

自己愛瀬人格障害のひとは

何人も女の人がいることも

珍しくないのですが

その子の彼も

何人も女の人がいた、

ということを聞いています。

 

ただの女好きなのかと思っていましたが

彼女の引きずり方を見ると

相手がおそらく

自己愛性人格障害だったのでしょう。

 

そして、よく被害者が一方的に

自己愛性人格障害の彼を思っているように

思われることもあるのですが

必ず、自己愛性人格障害の彼が

彼女の心を引っ張るような行動を

しています。

 

なぜあんなにも惹きつけ行為を行うのか?

という質問も

驚くほど多いのですが、

それが、自己愛性人格障害のひとの特徴となります。

よく粘着質を持つ、と言われていますが、

恋愛においても、

またお説教や嫌がらせに対しても

何度でもしつこく長く

何回もひっきりなしに行います。

 

それは、被害者を追い込むことを

やめることができないからなのです。

 

恋愛においては

特に将来を考えた大切なお付き合いほど

彼からのしつこい連絡や愛の言葉は

女の子が

「こんなにも私のことを

思ってくれる人はいない」と

思うほどにやってくるので

そんな彼を離したくないと思ってしまうのですが、

そのうえで突き放し行為を行うので

女の子の自尊心はズタズタに

切り裂かれてしまいます。

 

 

あまりの理不尽な彼の言葉に

どうしても納得がいかないのも

当然のことだと思いますし、

それで、もういいや、と思えるほどのひとなら

彼が自己愛性人格障害だとしても

被害に遭うことはないでしょう。

 

それだけの惹きつけ行為をされれば、

嫌がらせと違って

女の子から逃げていくことは

ありえません。

 

嫌がらせはむしろ女の子が

彼からどうしても離れたくない、

と思うようになってから

行います。

 

それも、彼の魅力を魅せつけながら

やらないと

ただの嫌がらせだけなら

とっくに逃げていくと思いますので

当然ながら

自己愛性人格障害の彼は

強烈な惹きつけ行為と嫌がらせを

交互に、あるいは同時に行うのです。

 

まじめな人ほど

パニックになるのは当然のことでしょう。

 

それを、

自分が惹きつけ行為を

していることだけを隠し

迷惑を感じていると

自己愛性人格障害のひとが言えば

それは嘘だと考えて間違いはないでしょう。

 

あなたが

自己愛性人格障害の彼を

なかなか忘れることができないからくりは

ここに隠されているのだと思います。

自己愛性人格障害のひとは自分がひどいことをしているとは本当に思っていない

こんばんは♡

今日は自己愛性人格障害のひとは

自分がひどいことをしたとは

本当に思っていない

ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとは

自覚がないと言われていますが

本当に自分が悪いことをした、とは

思っていません。

 

記憶がなくなるわけではないので

あった出来事については

しばらくは覚えているとは思うのですが

しばらくたつと

本当に忘れてしまっていることも

よくあります。

 

そもそも、常に人よりも

上の立場に立つこと考えて生きていますので

その瞬間瞬間に

自分が相手の上に立つことのみに

必死になっています。

 

たとえば相手が

自分の仕事の実績が良いことを話したり、

その人から直接聞かなかったとしても

別の方から人の実績がいい話を

耳にしたとします。

すると、自分が負けることへの

極端な恐怖心から

無意識のうちに相手の失敗談を話したり

相手の失敗を言ったりして

相手の実績が良いことの事実を

悪いことで塗りつぶそうと

してしまいます。

 

これは本当のことではなく

嘘をついてでも

その人が悪く思われるようなことを

冗談めかして言ったりします。

 

 

周りで聞いている人は

人のことなど案外どうでもいいので

自己愛性人格障害のひとの話を肯定して

その話のネタの人物の実績が

なかったことになってしまいます。

 

その人に実績があろうがなかろうが

どうでもいいのです。

 

そうやって

その人の積んだ実績は

なかったことになってしまいます。

 

 

これくらいのことなら

ちょっとしたことで

なんでもないことだと思うのですが

これを何度も何度も繰り返されていると

その人はどれだけ実績を積んだとしても

その実績は摘まれることはありません。

 

そしてそれだけでなく

なんとなく

その人は、

自己愛性人格障害のひとの

繰り返しのつぶし行為により

周りの人から

軽くみられるようになってしまいます。

 

どれだけ実績を積んでも

なかったことにされてしまいますし

なんなら、

ディスられる対象になってしまうことも

ありますし、

自己愛性人格障害のひとが

バカにすることによって

もともとは

周りの人は

何とも思っていなかった人だとしても

みじめな存在だと思われるように

なってしまいます。

 

小さなディスりでも

何度もなんども繰り返し

行われることにより

軽く扱われる人になってしまうのです。
< これは、学校や会社などでも けっこうひんぱんに行われていることで そこでいじめの元となりますが 周りの人は 案外自己愛性人格障害のひとが やっていることに 気付いていません。   ですが、Tiaraはこういうシーンを 何度も目にしているので いじめのメカニズムが はっきりと読めてしまうのです。   今はそこまで言っていないといしても 繰り返し行われるそういった ディスり行為を さっぱりしている人ほど 軽く流してしまいます。   一見それがいいことのようにも見えますが 普通のひとよりも軽く扱われることが 当たり前になってしまうのです。     もし、それに気づいたら もし軽く扱われていることに 気づいたときに それを軽く笑い飛ばして 許したりしないでください。   一瞬、黙ってもいいですし、 真顔になってもいいです。   その場からㇲっと席を外して いなくなってもいいですし、 戻ってきても あまり口を利かないようにしてもいいです。     そうすると たいていの人は、共感力が少しでもあれば あなたが傷ついたことが分かりますし、 これ以上あなたに何も言わなくなります。     これが軽く見られないようにする コツなのです。   よく見ていると 自己愛性人格障害のひとは こういったことを 結構やっているので よく観察していると とても分かるようになると思います。     自己愛性人格障害のひとは 軽く扱われることは ほとんどないと思うのですが それを参考にあなたも わざわざ文句を言ったり 露骨に怒って見せなくても 少し会話を減らしたり 目線を合わせなくなったり その場から立ち去るなど 期限の悪いことをアピールしてもいいのです。   むしろ、気づいていないふりをして 明るく振舞ったり 水に流したりすると 自己愛性人格障害のひとにも 周りのひとにも 軽くあしらわれるようになると思います。   あなたの優しさやあなたの寛大さは 利用されるだけで むしろあなたにとっては 自分の立場を 苦しめていくだけの ためのものになってしまうのです。

自己愛性人格障害のひとは自分を愛してくれる人に本当にひどい過ぎることをしている

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の被害は

本当にひどすぎる

ということについて

お話ししたいと思います。

 

Tiaraの恋愛相談室を訪れてくださる方の

お話を聞いていますと

本当にひどいと思います。

 

被害者になるような方は

相手のことを思ってばかりいる方ばかりなので

自分がとてつもなく

人いことをされているのに

彼のことばかり考えています。

 

 

ですが、冷静にはたから聞いていると

自己愛性人格障害のひとは

惹きつけ行為をして

被害者を強烈に引寄せ、信用させています。

また被害者のほうも

そんな自己愛性人格障害のひとを

本気で好きになって

彼のためにすべてをささげるつもりで

彼についていこうとしている被害者を

周りの人から

完全に信用されないようにして

こてんぱんに潰して

その場にいられないように

してしまいます。

 

その結果、友達をすべて

失った被害者の方も

おみえになりますし、

仕事を失った方や

借金を背負わされた人もいますし

すべての悪の根源のように

扱われている人もいます。

 

これは、

自己愛性人格障害のひとの失敗も

周りの人の失敗も

すべて被害者の責任のように言うのが

とても上手なのです。

 

それは被害者のちょっとした

誰にでもあるような小さな失敗から

いくらでもこじつけて

被害者のせいにすることができます。

 

なぜ、そんなひどいことが

できるのかというと

自己愛性人格障害のひとに

共感力が全くないからなのです。

 

これだけひどいことをされた、

と被害者が気づいたときに

彼が自己愛性人格障害だと

気づくのです。

 

周りの人は

被害者ほど自己愛性人格障害のひとを

まじかですべて見ているわけではありませんし、

周りの人からは

本当に被害者が何もしていない、

ということが本当には分かりません。

普通の人は、いくら何でも

そこまでひどいことをする人間が

いるわけがない、

と思い込んでいるので

自己愛性人格障害の存在に気づかないのです。

 

 

被害者が必死に訴えたとしても

本当のことが分からない

部外者の人は

そんなことがあるとは信じられないので

自己愛性人格障害の存在に

本当に気づくことができるのは

被害者のひとだけなのです。

 

 

中にはあなたの話を聞いて

信じてくれる人がいるかもしれませんが、

分からないのが普通だと思ってください。

 

そして、もしあなたの話を信用して

自己愛性人格障害の存在に

気づくことができる友人がいたとしたら

それはあなたにとっては

とてもうれしいことですし

その人を本当に大切にしてください。

 

そして自己愛性人格障害の存在に

気付いた人は

できるだけ

自己愛性人格障害のひととは

深くかかわらないようにして

あいさつ程度の付き合いに

とどめるように

気を付けるようにしてください。

 

もし、今、

自己愛性人格障害のひとと

上手くやっていっているのだとしても

近くにいれば

そのうちに自己愛性人格障害のひとの

ターゲットになってしまうので

できるだけ早く、

距離を置いて付き合うように

切り替えていってください。

 

 

そうすれば、

 

本当は臆病な自己愛性人格障害のひとは

あなたに好かれているか嫌われているか

分からなくなって不安になりますので

あなたにひどいことをすることは

できなくなっていくでしょう。