自己愛性人格障害の彼は、あなたを責めることであなたに攻撃をする

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

どうしてあんなにも怖いのか?

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとの怖さとは

相手を責めることです。

 

暴力を振るったり、威嚇をしたり

大声をだしたり、と

分かりやすい脅し方を

するわけではありません。

 

いわゆる怖い人には

見えないのに

どうしてあんなにも

怖いのかというと、

何もしていないのに

あなたを責めて責めて

追い込むからなのです。

 

その、責める道具は

時には「愛」の場合もあります。

 

「どうして俺が、こんなにもあなたのことが

好きなのに分かってくれないの?」

「どうして俺の思いを無駄にするの?」

「どうして人の気持ちを

無視するんだよ!!!」

 

 

こうやって責められてしまうと

相手は

自己愛性人格障害のひとが

自分のことを愛している、と思ってしまうし、

彼とうまくやっていきたいあなたなら

当然、彼の気持ちを考えたり、

彼の気持ちに寄り添うようにしたり

彼のことをもっと深く

愛そうとしたりするでしょう。

 

 

そうやって、どんどんあなたの気持ちを

自分に引寄せ、

あなたが共依存の場合、

ますます彼に惹きつけられたり

自分を犠牲にしてでも

彼に尽くそうとしたりしてしまいます。

 

そして、そんなにも自分のことを

愛してくれている彼を

裏切りたくはないし、

そんな彼を離したりは、

したくなくなるでしょう。

特に世の中の男性は、

草食系男子になりつつあるし、

女の子とうまくしゃべれない男性も

たくさんいますし、

実際にたんぱくになってきていて

ジェンダーレス男子なるものも流行りだし、

男性がどんどん中性的になりつつあります。

 

そんな男性に頼りなさを感じてしまう女の子も

多くいることでしょう。

 

 

その中で、

自己愛性人格障害のような

尊大な自分を魅せつけてくるような人は

とても男らしく見えてしまいますし

頼りがいがあるようにもみえます。

 

そんな彼が、

あなたのことを責める目的だったとしても

「あなたのことがこんなにも好きなのに」

というところを

前面に押し出されてしまったら

「よし、その気持ちに応えよう!」と

共依存でなくても

頑張ってしまう女の子がいても

おかしくはないでしょう。

 

そうやって、

どんどん被害者が増えていくのです。

 

そして、彼に夢中になってしまった女の子には

自己愛性人格障害のひとの気分で

(今日は、無視をしてみようかな?)

とか(今日はドタキャンをしてみようかな?)

とか自由自在なのです。

 

でも、自己愛性人格障害のひとが

悪く思われるようなやり方は

いっさいせず、

無視もあなたの勘違いかな?

と思うようなやり方をしたり、

ドタキャンも仕方がない理由を作り

あなたの気持ちをがっかりさせたり、

あなたのほうが、

自意識過剰で

彼は何もしていない、

と思われるような形をとります。

 

 

だからあなたは、自分でも

自分がおかしいのかも、

と思いつつも

もやもやした気持ちを持つようになり

それがまた心配に変わり

どんどん自己愛性人格障害のひとに

引き込まれて

離れられなくなっていくのです。

 

そして、それを数年単位の

長い時間をかけて行い

じわじわとゆっくり煮たてて、

あなたが苦しい思いをしながらも

あkれから離れられなくなってきたところで

一気に捨てて、ショックを与えます。

 

 

この後、

なかなか彼のことを忘れられなくて

数年単位で苦しんでいる方も

大勢いるのはそのためです。

 

そして、さらにひどい場合は

彼の魅せつけ行為により、

あなたにはひどいほど冷たくするのに

周りの人間には

穏やかで優しい雰囲気を放っていて

とても親切にしているところを見せて

あなたを追い詰めてくる

自己愛性人格障害のひともいます。

 

社内恋愛や夢をかけたスポーツなど

なかなかやめられない環境の中で

それをされてしまい、

苦しくなって会社や

習い事をやめてしまう方もみえます。

 

そうやってすべてを

吸い尽くされて被害者は

何もかも失ってしまうのです。

 

 

だから、あなたの彼がもし

自己愛性人格障害だとしたら

あなたがいくら彼を好きでも

彼は、自尊心があまりにもないので

あなたのような存在を作って

自分に価値を見出しているだけなのです。

 

あなたを本当に

愛していたわけではないのです。

 

それでもそれは

やろうとしてしていたことではなく、

その病気のため、

それくらいしないと生きていけないほどの

自尊心しかなくて

そのことに苦しんでいるからなのです。

 

そして、自己愛性人格障害のひとは

生きている間、

ずっとそれを繰り返しながらでないと

生きていけません。

 

だから、彼から大切に思われないほど

あなたに価値がないのではなく

それくらいしないと生きていけない彼の

そばに、たまたまいたのがあなただった

というだけなのです。

自己愛性人格障害のひとが近くにいたときの対処の仕方

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとが

近くにいた場合の対処の仕方について

お話ししたいと思います。

 

 

最近Tiaraは、職場が変わり

お仕事内容も人間関係も同時に

がらりと変わったので、

少しお疲れ気味ですが、

でも、毎日元気に過ごしています。

 

10月からのお仕事なので

ちょうど、1週間たちましたが、

今まで自己愛性人格障害は

Tiaraのそばにはいなかったのですが、

今日、もしかしたら??という人を

発見してしまいました。

 

Tiaraと同じ課なのですが、

同じ課でも1課と2課があって

Tiaraは2課なのですが、

1課は同じフロアのすぐ後ろのグループです。

 

1フロアがとても広いので

すぐ後ろと言っても

少し距離はあるのですが、1課と2課の間に

少しミーティングができるようなスペースがあって

たまにそこで集まっている方々が

みえます。

Tiaraの席よりも

少しだけ斜め後ろにあるのですが、

そこで話している話は、ほとんど

聞こえてしまいます。

 

来週海外勤務をされている方の

1次帰国でお疲れ様会があるのですが、

どうも海外で半年くらい研修を受けてきた子も

帰ってきていたようで

上司がその子に、

「向こうで大変だったことは何だ。」

と聞いていました。

 

20代半ばの割とイケメンで

ハキハキとした男の子です。

 

「そうですね。

自分にとって一番大変だったのは

英語でのやり取りで、

思ったより、本当に伝わらなくて苦労しました。」」

 

次の瞬間、上司の怒鳴り声が

聞こえてきました。

 

「何を言ってるんだ、お前は!

会社の金を使って半年も研修受けてきてだぞ!

 

英語が大変でした。ってそれしかないのかよ!

もっと他に何かあるだろう!」

 

Tiraのグループは、わりと

和気あいあいと仕事をしていたので

Tiaraは聞こえていましたが、

気づかないふりをして

こちらの話でみんなで仕事について

いろいろ話していましたが、

上司の説教はいっこうに収まりません。

 

 

何度も何度もネチネチと

その子をくどくどお説教をしていますが、

言わなくてもいいことまで言っています。

 

「お前、会社の金使って

まさか遊んでただけじゃないだろう?

何かあるよな。

仕事で苦労したこととか

こんなことで困って大変でしたとか。

何かあるだろう?

まさか本当に遊んでたわけじゃないだろうな?」

 

「いえいえ、そんなことはございません。」

 

「お前、あんなことも分からんかっただろう?

少しは身になるものを得て帰ってきたのか?

なんで何にも出てこないんだ?

そんなわけないだろう?」

たしかに最もらしい事を言っていますが、

何もしていなかった、遊んできた、を

上司が繰り返し言っています。

 

周りの人から見たら、

本当に何の成果もなく、ただ、遊んできたよ、

と言っているように聞こえますが

そこまでは言っていません。

 

ですが、まるで、そういったように聞こえます。

たしかにその子もうまく何に成果を出して

何ができなかったか、明確に説明できたほうが

良かったとは思いますが、

Tiaraはただ言葉に表現するのが

ヘタなだけだと思います。

 

研修を受けてきたら

どんな成果があって何ができなかったかを

説明できるようにしておくほうが良かったと

この会話から受けて取れます。

 

 

しかし、それを伝えたいだけなら

あまりにも話が長すぎるし、

これはTiaraが思うことなので

何とも言えないですが、

Tiaraが後ろにいたことも意識しての会話だったと

思います。

 

新人の前で

海外から帰ってきたまだ若くイケメンの彼が

仕事ができない情けない人間に見えるように

演出したのと同時に

入ってきたばかりのTiaraが怖がったり緊張したりするか

様子をうかがうのと、もう一つは、

自分の怖さや有能さを新人とこの彼に魅せつけて

逆らえなくする目的も

無意識のうちに働いたと思います。

 

Tiaraは怒られていた彼の顔を

一度も見ませんでしたし、

こちらのグループは、その上司のお説教の最中も

和気あいあいとした雰囲気を崩すことはありませんでした。

 

Tiaraたちは、

画面を見ながら先輩に教えてもらっている

女の子のパソコンを

Tiaraも「見せてください!」と

これから自分がする仕事に興味津々で

5人くらいでああでもないこうでもない、

このやり方のほうがやりやすいよ、

とか、覚えやすいマニュアルをメールで送るね!

などと言っていて

5人くらいで、和気あいあいとした雰囲気を

かもし出していました。

 

この結果、怒鳴っていたり

彼を小ばかにしたように反笑いで

「まさか本当に遊んできたのか?」と言っていた

1課の上司も誰も聞いていないので

しゃべりつかれてしばらくすると

お説教をやめていました。

 

 

それでも、「何もないわけないだろう?

まさか遊んでたのか?」を言い方を変えて何度も繰り返し、

1時間くらいは

お説教をしていたことでしょう。

 

その若い男の子も

「おっしゃる通りです。」

とか

「課長はお分かりになっていらっしゃるとは

もちろん思っておりますが。」

などと、不自然なほど、

丁寧すぎる使い慣れていない変な敬語を使って

何とか収めようと必死になっているところも

感じられました。

 

本当は、そんなことしなくてもいいのです。

 

無理やり、堂々としていよう、と

気張っているところも

少し感じられましたが

そんなことをしたら、ますますこの課長は

この子に対して、

何かつつけるところがあれば

瞬時につつこうとするでしょう。

 

Tiaraたちのグループに聞かせることも

目的だったと思われますので、

Tiaraたちが穏やかな雰囲気を崩さず、

後ろで怒鳴ったりネチネチと説教をしていても

何の反応も示さなかったので、

少しは、おとなしくなるでしょう。

 

本当は怒られていた彼も

あんなに反応して堂々としていようと

無理をしたり、

変な敬語を使って気を使ったりしなければ、

もっとこの課長の攻撃は徐々に

おとなしくなっていたと思いますが、

男の子は反応していたので、

この子にはまた何かあれば攻撃してくると思います。

 

 

前の会社同様、

今後の変化もお話ししていくつもりです。

自分をしっかりと持っている人には自己愛性人格障害のひとは少しも寄り付かない

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとが

少しも寄り付かない人について

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の被害に遭われた方は

非常に辛い思いをされると思いますが、

自己愛性人格障害のひとが

絶対によりつかない人物が

います。

 

昨日、TVを見ていたのですが、

バイオリニストの高嶋ちさ子さんの家族に

とても驚きました。

 

高嶋ちさ子さんは

有名なバイオリニストですが

その性格のきつさと毒舌がおもしろくて

TVでも人気があります。

 

とってもイケメンの素敵な旦那様が

いるらしいのですが

旦那様をTVでもけなしていて

なんだかかかあ天下な雰囲気です。

 

ですが、さっぱりしてはっきりものをいうせいか

不思議と嫌な感じがしません。

 

旦那様もそんなちさ子さんを

全面的に支えて協力しているようです。

 

Tiaraから見たら、

完全に男女が入れ替わっているのですが、

そのおかげでとてもうまくいっている

なかなか珍しいケースだと思いました。

 

ちさ子さんの家族の方も出てきたのですが、

ちさ子さんのお姉さまはダウン症らしいのですが、

それでも家族はそんなこと

ちっとも気にしていません。

 

おばあさまのころはダウン症は

家族として隠さなければいけない時代だったらしく

お姉さまのことをとてもふびんだと言って

嘆いていて

お姉さまがダウン症だということを

恥じていたらしいのですが、

ちさ子さんのお父様はそれを聞いて

「しんきくせえばばあだな。」と

相手にもしていなかったそうで

とてもびっくりしました。

 

そんなことちっとも気にしていないのです。

 

それを見たときに

ちさ子さんのきついと言われるくらい

さっぱりとしていて

気持ちいいくらい裏表のない性格は

きっとお父様から受け継いだものだったのだなと

思いました。

 

そしてお姉さまのことを

おばあさま以外、

だれも気にしていないらしく

ちさ子さんもちさ子さんのお兄様も

お姉さんを毎回デートに

一緒に連れて行っていたらしいです。

 

そんな家族で育ったせいか、

お姉さまもダウン症なんてちっとも

気にしていなくて

明るい性格に育ったのだなと思いました。

 

そんな高嶋ちさ子さんを見て

これくらい強い人だったら

自己愛性人格障害なんて

寄り付かないのでは、と思いました。

 

だってきっとちさ子さんなら

自己愛性人格障害のひとを

まったく受け付けないでしょうし、

そもそも自己愛性人格障害のひとのほうも

ちさ子さんのようにはっきりと言う人には

近づいても来ないでしょう。

 

だから高嶋ちさ子さんにモラハラの話をしたら

「そんなこと、本当にあるの?」というでしょう。

 

おそらくちさ子さんは

一生のうちに1度も自己愛性人格障害のひとに

出会わないでしょう。

 

そして、バイオリンという素晴らしい武器が

あります。

 

そういった人には

自己愛性人格障害のひとは

高嶋ちさ子さんには

視界に入ろうとすらしないでしょう。

 

それくらい自分をしっかりと持っている人には

自己愛性人格障害のひとは寄り付きません。

 

自分をしっかりと持っている人は

他人の言葉には

少しもなびかないからです。

 

自己愛性人格障害のひとが

こじつけで文句をつけてきたとしても

「そんなわけないでしょう!」と

大声で罵倒されるだけです。

 

自己愛性人格障害の人は

とても臆病なので

そういった人には自分から

近づこうともしないでしょう。

 

極端な話、

あそこまで強くなれる人はなかなかいないので

現実には難しいかもしれませんが、

ゆくゆくは

あれくらい芯の強い強い人を目指せば

自己愛性人格障害のひとには

狙われない、ということを

覚えておくとよいでしょう。

 

はっきりと物は言わなくてもいいのです。

 

ただ、あれくらいはっきりと

自分を持っているということが

重要なポイントになると思います。

自己愛性人格障害の被害はいろいろなパターンがある

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の

被害に遭いやすい人の特徴について

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の被害に遭いやすい人は

世間的に見れば、

いい人が圧倒的に多いです。

 

というか、

自分を大事にしている人というのは

他人と意見が違う時には

「違う。」とはっきり言うことができ、

自分が嫌な思いをしてまでも

他人に合わせたりはしないので

自己愛性人格障害のひとがいたときに

瞬時に気づき、離れていきます。

 

だから、

自己愛性人格障害の被害に遭うまでには

いたらないのです。

 

それに比べて

自己愛性人格障害の

被害に遭いやすい人というのは

自分が嫌な思いをしても

極端に離れることができず、

自分さえ我慢していれば、

相手は必ず分かってくれる、

と思い込みすぎています。

 

自己愛性人格障害のひとは

自分が嫌なことをしたとしても

許してくれる人には

どんどん甘えていく習性を

持ち合わせています。

 

 

それは、自己愛性人格障害のひと本人も

気づいていませんが、

本当に自然に悪気なく、

優しい人や気の弱い人、

自分のことを好きで

離れたくないと思っている人には

極端に敏感で、

そういった人にはどんどん甘えて

嫌がらせを強めていっていて

そのことに気づかず、

自分の中の

わけの分からないおなかの中の怒りを

少しでも抜いて発散させないと

平常心を保つことができないのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとも

その感情は、覚えていないほど

昔から続いているものなので

自分のことを普通だと思っています。

 

だから、何かわけのわからないイライラが

おなかの中にこみあげてくると

目の前にいる人のせいで

自分はイライラしている、

と思い込み

その人の悪いところを

全力で探します。

 

ただ、自己愛性人格障害のひとも

目の前のひとなら

誰にでも怒りをぶつけるのかというと

そうでもなく

自己愛性人格障害のひとが

絶対に腹を立てない人物がいます。

 

それは、地位の高い人や

役付きのひと、

頭のいい人やお金持ちのひとです。

 

どうしてその人たちには

おなかの中の怒りをぶつけないかというと

自分が絶対に勝てない、

と思った人には

怖くて怒りをぶつけることが

できないからです。

 

自己愛性人格障害のひとは

どこかでなんとなく

自分が本当はひどいことを

していることに気が付いていて

そのことが世間の人にばれることを

恐れています。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

覚えていないほど幼いころに

そのままの自分を認められた記憶がなく、

他人に否定されることを

ひどく恐れています。

 

地位の高い人や役付きのひと、

頭のいい人やお金持ちには

それがばれてしまうと

自分の立場が悪くなる、

となんとなく思っていて

その人たちには決して疑われないように

従順に従い、

そういった人に気に入られることが

得意です。

 

そうやって効率よく生きているのです。

 

だから、自己愛性人格障害の被害遭うほど

優しい人や弱い人、

自己愛性人格障害のひとを

決して否定しないような

心を許した人にだけ

精神的虐待をしても

怖くないと思っているのです。

 

だから、あなたは

自己愛性人格障害のひとから

虐待をしても怖くない、

と思われてはいけません。

 

自己愛性人格障害のひとから

精神的虐待を受けても

彼から離れていかない彼のことが好きな

女の子や

職場の後輩などは

自己愛性人格障害のひとが

とても安心して

自分のおなかの中の怒りをぶつける

道具にしてしまいます。

 

そしてそのことによって

自己愛性人格障害のひとは

満足しているのです。

 

だからなかなかターゲットを

離そうとしません。

 

被害者が自分から離れていかないことで

自己愛性人格障害のひとが

あなたが離れていかないように

努力をする必要が

なくなってしまっているのです。

 

だから、あなたは、

自己愛性人格障害のひとに

嫌がらせをされた場合、

即座に離れてください。

 

離れていかない、と思われてしまうと、

自己愛性人格障害のひとの嫌がらせは

どんどんひどくなるのです。

あなたのことが本当に好きな人は

そんなことは決してしません。

 

Tiaraも自己愛性人格障害のひとからの

Tiaraをどれだけ愛していて

離したくないかをつづる

長い長いメールが

いくつかありますが、

今、こうなってしまった彼を思うと

あのメールを書いていた彼が

とても不思議に思えるのです。

 

だから中身がないことが分かります。

 

彼も自己愛性人格障害という病気だったので

彼を恨むことはできず、

ですが、彼と一緒にいることはできません。

 

明らかにその時の彼のメールを見た女の子は

彼を本気で好きになってしまうでしょう。

こんなに思ってくれる人は

他にはいないから

彼とならどんな困難でも

乗り越えて見せる、

と当時のTiaraは思っていたわけ

なんですよね。

 

彼は、

Tiaraのことを本当に強く好きだと

思っていて

それでもTiaraのことを思って

自分が辛いのは分かってるけど、

それでも周りのことを考えて

別れましょう。

という

惹きつけメールもあります。

 

その時考えても、今考えても

意味が分かりません。

 

分かるのは、

強烈にロマンチックで

ドラマチックだということと

それなのにTiaraのことを思って別れる、

という強引な持っていき方です。

 

そんなのTiarが納得のいくわけが、

ありません。

(そのころ、Tiaraと彼が

別れなければならない理由というものは

これと言って何もありませんでした。)

 

「いやだよ!」というのを前提で

文章を作っていますね。

 

これは、小説にして短編小説並みの長さが

1通のメールであり、

それが何度も何度も来ています。

 

彼が激化するまでこれが繰り返され

4年という歳月が流れ、

Tiaraの家族や親せきや知り合いは

みんな結婚すると思っていた段階で

(当然、彼からの熱烈なプロポーズは

何度も何度もありました。)

ふいに嫌がらせが始まり、

あまりの反転におかしいと思い、

調べだしてすぐに

自己愛性人格障害だと分かりました。

 

ですが、幸せな時期と

ドラマチックな別れの繰り返し期間が

あまりにも長かったです。

 

わざとやっていたなら

ここまで長くはかかりません。

 

だから、ものすごく幸せだったり、

ここまでしてくれた、という話を聞いても

自己愛性人格障害ならTiaraは分かります。

 

普通のひとなら、

これだけ濃い期間があったのなら

遊びではないし、

彼も別れを考えに考えて

結論をだしたのでしょう、

と思うことも

自己愛性人格障害の激化の場合と、

本当によくよく考えての

別れだった場合との違いが

Tiaraには分かります。

 

おそらく、

自己愛性人格障害の被害に

遭った人なら、たいていの人が

普通の人の別れとの違いが判ると

思います。

 

だから自己愛性人格障害の被害は

会社でのモラハラや学校での

いじめのように

本当にひどいものもあれば

ロマンチックな期間もあった

大恋愛の後の

モラハラも、両方あるのです。

 

どちらも脳の構造が同じなので

それぞれの虐待の方法が違うだけで

根本は同じなのです。

環境が変わったときに自己愛性人格障害のひとに狙われないために

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害を見抜くときの

ポイントについて

お話ししたいと思います。

 

派遣先が10月から変わり、

3日ほど経ちましたが、

今のところ、Tiaraの周りには

自己愛性人格障害らしき人物がいません。

 

こんなことは、

自己愛性人格障害の彼と出会ってから

初めてのことなので

逆に驚いているくらいですが、

自己愛人格障害のひとがいたときのために

あまり話さないTiaraに対して

(どうして黙っているの?まだ緊張しているの?)

と、Tiaraのほうが

不思議そうに見られるくらいです。

 

とはいえ、大きな会社ですし、

Tiaraのいるところだけでも

1000人以上いるらしいので

どこかにいるのかもしれませんが、

少なくとも

Tiaraの席の付近には

1人もいません。

 

Tiaraのことを

「いくつくらい、なんだろうね。」とか

興味を持って話しているのが、聞こえたり、

「お疲れさまでした!」と

人懐っこい笑顔を向けてきて

誰1人、

尊大な自分を魅せているような人はおらず、

素直に本当の自分を見せているように

思えます。

 

分からないことは素直に

「ねえ、これどうやってやるの?」

と聞いているし、

分かる人は「これはね。。」と

普通に相手に分かりやすいように

気を使いながら教えているだけです。

 

その分、

特別際立って目立つ存在の人はいなくて

みんな平凡な感じですが、

それが、のほほんとした

穏やかな雰囲気を保っています。

 

自己愛性人格障害の対策というのは

別に不愛想にしているわけではなく、

話しかけられたことに対しては普通に答えますし、

何も話していないと言っても

穏やかに少し笑みを浮かべている程度は

よいと思います。

 

分からないことは素直に聞いてもよいし、

ただ、慣れないうちは

余分なことは話さないほうがいいと

思います。

 

今回は今までしていたような

経理のお仕事ではなく、

少し専門的なお仕事にしました。

 

今後も働いていけるように

少しスキルを磨けるような仕事を選んだのです。

 

自己愛性人格障害の被害に遭いやすい人は

普通のひとよりも

自立できることが

とても大切なことになります。

 

自分で生活できる自信のない人は

理不尽な目に遭っても

我慢しやすいのです。

 

 

だから自分の足で歩いていくためにも

仕事選びはとても大事です。

 

ただ、それもどこかで

何かあったら

いつでも変われる自分を持っている、

ということもとても大事です。

 

そしてたとえ職場や環境を変えても

また違うところでやっていける

自信を持つことが大切になります。

 

それには、

理不尽な人には流されない自分

というものを最低限

持ち合わせていてください。

 

頼れるところには

いつでも頼っていいのです。

 

Tiaraは今回、

初心者でもOKのところを選んだし、

扱う商品に関しても

とても特殊なものを扱っている会社ですので、

相手もそんなものを見るのは

初めてだというつもりで説明しているそうです。

それでも、

「初めての人にも分かるように

かみ砕いて話しているつもりですが、

分かりますか?」と聞いてくるくらいです。

 

 

今回はプレゼンの資料を作ったり、

商品の図面を書いて

お客様に分かるような

営業さん用の資料を作るので

商品のことは細かい部品まで

覚えなければなりません。

 

自己愛性人格障害では、

初心者は分かるように

説明できないと思います。

 

自己愛性人格障害とは

相手がどう受け取るかを

想像することができず、

相手が分からないことに

高揚してしまいますので

いきなり

専門用語を交えながら話をして

「そんなことも分からないの?」と

自分のほうが上に立っているということに

満足してしまいます。

 

だから、このような特殊なことを

後輩に教えることはできないので

後輩が育ちません。

 

本当に仕事をしてもらいたいと思っていれば

とても分かりやすく初心者に分かるように

かみ砕いて説明をし、

さらに聞き返したりするので

相手の気持ちに

寄り添おうとしているところが見えます。

 

自己愛性人格障害のひとは、

自分の知識を魅せつけることは上手いですが

後輩を育てる、ということは

特に苦手なのです。

 

苦手というより

わざわざ育たないように

分かりにくく説明をして

相手が分からないと

「あいつは使えない。」と

不満を漏らして迷惑がるくらいです。

 

自己愛性人格障害のひとを見分けるには

仕事のできる後輩が育つか育たないかで

ほとんど分かります。

 

それから、Tiaraは

まだ自分のことは話していないので

攻撃される材料が相手に分かりません。

 

だから、まだ自己愛性人格障害のひとも

攻撃できないかもしれません。

 

ただ、惹きつけ行為もしてくる人は

いないし、ただ、新しい人が来た、と

興味を持っている人と、

普通に分からないことがあれば

教えてくれる人がいるだけです。

 

隣同士、仲良く話している人や、

Tiaraが分からないことを

隣の席の人に聞いているだけで

周りの人もそのことについて

口々に自分の知っていることを教えてくれたり

話を無視をすることなく、

普通にみんなの輪に入れてくれます。

 

しばらくそんなことがなかったので

久しぶりすぎて、

あまりにもみんなが普通なことに

驚いているくらいです。

 

ですが、

世の中は自己愛性人格障害ばかりではなく

圧倒的に普通の人のほうが多いのですから

普通のことは話しても全然大丈夫です。

 

ただ、

自己愛性人格障害のひとが

いたときのために

自分のプライベートを話さないようにすることと

当り障りのない世間話や、

覚えなければいけないことは真剣に覚えて

周りにいる人にだけ挨拶していれば

周りの人すべてにあいさつしたり

好かれたりしなくてもよいのです。

 

極端にいい人は自己愛性人格障害に

とても狙われやすいことになります。

 

すべての人と合う人なんて

この世にいないのです。

 

すべての人と合う人は

自分を0にして合わせています。

 

とてつもなく感じの良い人は、

自分を殺して相手に全面的に合わせているか、

自己愛性人格障害の、

出会ったばかりのころに魅せる

コミュにっケーション能力の高さの可能性が

あります。

 

あまりにも目立っていい人にも

警戒しておくとよいでしょう。

 

合わないところがあって

当たり前なのです。

 

その人が、本当に理解できるまでは

あなたも全面的に合わせて

本当の自分を見せないほうが

いいと思います。

 

そのほうが、もし、万が一相手が

自己愛性人格障害だった場合は

対処がしやすくなります。

 

本当に仲良くなるのは

相手が本当に理解できるようになってからでも

遅くはないでしょう。

自己愛性人格障害のひとと離れることの大切さ

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとと

離れることの大切さについて

お話ししたいと思います。

 

 

Tiaraがずっと相談にのってきた人が

「会社を辞めることになった。」

と聞くと

とても悔しい気持ちになります。

 

 

自己愛性人格障害の被害に遭った人は

その相手が彼だろうが、同僚だろうが

上司だろうが

ほとんどの場合、

その場にいられなくなります。

 

それも、

何か失敗をした、というよりも

被害者なのに

やめさせられることになった、

ということが

なによりも辛いのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

被害者のその後の生活のことなど

考えてはいません。

 

何かした、というのなら

納得もいくのですが

何もしていないのに

ここまでひどい仕打ちを

受けるなんてと

悔しい気持ちになるあなたの気持ちは

とてもよくわかります。

 

ですが、考えようによっては

自己愛性人格障害のひとから

離れられることになったのです。

 

あなたには、その先に

新しい世界が待っているのです。

 

新しい世界の来ない人なんて

いません。

 

どんなに辛くても

離れてしまえば

また1から

やり直すことができるのです。

 

ですが、

自己愛性人格障害のひとの

そばにいると

自己愛性人格障害のひとは

どうしてもその自尊心の低さから

どうしても人の上に立ちたくなり

そばにいる人を

つぶしてしまうので、

あなたが、

あなたらしくふるまうことが

できなくなります。

自己愛性人格障害のひとが

そばにいないほうが

あなたはのびのびと

あなたらしく

生きていくことができるのです。

 

会社をやめたり、

彼と別れてしまったことは

とても悲しいかもしれませんが、

自己愛性人格障害の人は

もうあなたのそばにいません。

 

自己愛性人格障害のそばにいると

あなたが苦しめば苦しむほど

自己愛性人格障害のひとは

あなたに虐待をして

どんどん苦しむところを見て

イキイキと気分が高揚し

あなたにひどいことをすることを

やめることができなくなるのです。

 

会社を辞めたり、

彼に別れを告げたりと

今のあなたは

とても辛いと思いますが、

自己愛性人格障害のひとと

離れなければ

あなたはいつまでたっても

イキイキと輝くことは

できなくなるのです。

 

自己愛性人格障害は

その被害に遭わないと

見破ることができず、

あなたは知らない間に立場を悪くされ

どんどん自己愛性人格障害のひとの

思い通りになっていきます。

 

自己愛性人格障害の被害に

遭うと

とても苦しい思いをしますが

その被害に遭ったことで

今後は、自己愛性人格障害のひとに

気を付けることができるのです。

 

自己愛性人格障害の被害に

遭わないように

初めから気を付けることが

できますので

今度は自己愛性人格障害の被害を

避けることができ、

あなたがイキイキと輝ける場所が

手に入るかもしれません。

 

自己愛性人格障害を

しっかりと理解して

これからのあなたの邪魔は

させないようにしましょう。

 

自己愛性人格障害のひとも病気なので

その虐待をやめることができません。

 

自己愛性人格障害の被害は

こちらから抜けないと

避けることがなかなか難しいのです。

 

 

初めから気を付けて

自己愛性人格障害のひとの

目に留まらないようにしていると

何をするにも

とてもやりやすくなります。

 

ですが、これは、途中からだと

非常にやりにくいので

早い段階で、

自己愛性人格障害を見破る必要が

あるのです。

 

初めから見破るためにしっかりと

自己愛性人格障害について

理解を深め、

自己愛性人格障害のひとに

目を付けられにくい

立ち振る舞いをしてください。

 

そうすれば、そばにいても

彼のやることが驚くほど

手に取るように

分かるようになるのです。

今回のことは

あなたにとっては

とても人生の大きな勉強になったと

思います。

 

世の中の人がすべていい人ではなく

気を付けなければいけない人物が

いることを

あなたは身をもって体験したのです。

 

知らなければ

何度も何度も被害に遭ってしまって

悩み続けている人も何人もみえるので

あなたは、自分の行動を

今までと変えて

付き合う人と付き合うべきではない人を

しっかり見極めて

あなたの人生を

しっかりと生きてくださいね。

自己愛性人格障害のひとと、一緒にいるためには?

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとが

なぜ、あなたを拒否するのかについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の彼と別れても

どうしても彼のことばかりを

思い出して辛い

という人が、とても多いので、

あなたのその心理について

説明したいと思います。

 

tiaraは自己愛性人格障害の

元カレと別れて

2年以上たちますが、

日によって彼のことを

本当に浄化できたと思う日と、

彼のことを思い出してしまい、

胸がきゅんと

苦しくなる瞬間が今でもあります。

 

たとえば、以前、

彼とよく一緒にきていた場所に

行ったときや

彼と同じような趣味のひとに会うと

彼と一緒にいたときのことが

思い出され、

忘れていたはずなのに、

一瞬ですが、

そのあとの苦しい思いも、

同時に思い出してしまいます。

 

もう今は、ほとんど彼のことは忘れて

毎日楽しく過ごしているので

彼と別れることになった

理不尽な出来事も

自己愛性人格障害という病気のことを

頭では、とてもよく

理解できていてるので

仕方のないことだと思っています。

 

ですが、それは、納得していると

同時に納得できていない部分もありますが、

それは、あなたも、そうだと思います。

彼が自己愛性人格障害という病気のせいで

他人を恨むようなことは

なにも起きていないのに、

彼自身が、自分の心のなかにもともと

怒りをもっているなんて

思いもしないからです。

 

彼が怒っているのは、

何らかの理由があるからだと考え、

その理由を、

あなたに原因があると考えてしまいがちです。

 

ですが、

自己愛性人格障害とは、

自分がもともと心の中に

持っている怒りがあるのです。

 

彼も覚えていないほど昔のことで

その怒りにたえられないからこそ、

その耐えられない怒りから

逃れるために

その怒りを

他人から引き起こされたものと

認識して、逃げています。

 

そして

それが日常になってしまったので

自分がおかしい、とは

とうてい思えなくなってしまったのです。

 

だから、自己愛性人格障害の人の

今にも爆発しそうな怒りが、

心のなかに芽生えたときは

目の前にいる人物の

言葉や行動が引き起こしたものだと

自分でこじつけて

理論づけして納得しているだけなのです。

 

それを、彼は

本気でそれを、

あなたのせいだと思い込み、

あなたを憎んで怒りをぶつけているのです。

 

自分のせいではなく

あなたのせいだと理論付けて、

自分はなにもしていないのに、

あなたに迷惑をかけられた

善人だと思い込むことで

自らを救い、

そして、そのことによって

回りにいる人たちからも

同情を集めてちやほやされていることに

満足しているので、自分ではなく

相手が悪い、と思い込んでいます。

 

だから、あなたが悪い、ということは

自己愛性人格障害の彼にとっては

普通のことなのです。

 

だから、あなたが

悔しい気持ちは無理もありません。

 

あなたが魅力的だと

思い込んでいる彼は

自己愛性人格障害という

病気の苦しみから逃れるために

いつも周りの人間を

悪者にしていなければ

気がすまないのです。

 

だから、彼の怒りは

あなたのせいではなく、

あなたが周りの人たちや

自己愛性人格障害の彼に

迷惑をかけていることなど

何一つないのです。

 

こじつけられて、逆恨みをされているだけに

すぎないのですが、

自己愛性人格障害のひとは

そこへの理論付けが本当にうまいので

周りのひとは、

自分で考えることもなく

簡単に、自己愛性人格障害の人の

言うことを信じてしまうのです。

 

あなたは、

むしろ、ひどいことをされても

文句も言わない安全な人だと

安心されているから

こじつけで

悪者にされてばかりいるのです。

 

そんなあなたは

彼に寄り添ってきたのに

そんな風に扱われてしまうと

とても辛い気持ちになると思います。

 

愛情を受け止めてもらえないどころか

悪者扱いされてしまうので

辛くて耐えられず、

さらに必死になってしまい、

「違う」と訴えれば訴えるほど

悪く思われてしまうのです。

 

周りの人から見ても、

彼に「違う」と訴えて

必死になって分かりあおうとしている

あなたのほうがバタバタしていて

おかしく見えてしまうのです。

 

話の通じない

自己愛性人格障害という

病気の人なのだと

早めに気づいて

逃げたほうが、

自己愛性人格障害のひとが

不自然なことを言っていることが

分かりやすくなります。

 

もし、彼とどうしても

一緒にいたいとしたら

彼に無関心にならないと

いけません。

 

そのほうが平和でいられるのです。

 

ですが、彼に無関心になれば、

なんのために彼と一緒にいるのか

わからなくなってしまうでしょう。

自己愛性人格障害のひとが虐待をするのに選ぶ相手の特徴とは?

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

相手が苦しんでいるところを

見続けていないと、

自分に価値があることが分からない、

ということについてお話ししたいと思います。

 

 

あなたは、

自己愛性人格障害のひとが

あなたを憎んでいたり、怒っていたりするから

あなたに冷たくしたり、

ひどいことをしていると思っていますが、

それは違います。

 

あなたに

罪悪感を持たせるようなことをすると

自分が何もしていなくても

自分が悪いと思いこむ

責任感の強いあなただからこそ

そこを見込んで

あなたにひどいことをしているのです。

 

つまり、本当は

あなたはいい人だと知っているのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

あなたとの付き合いの中で

会話やちょっとしたひどいことをしたときの

あなたの反応で

あなたがひどいことをしても許してくれるのか

その度合いを見定めています。

 

そして、その中で

あなたが他人の責任まで

自分の責任だと思って苦しむような

いい人すぎるほどの

責任感を持っていることを

知ったからこそやるのです。

 

だって、自己愛性人格障害のひとが

している嫌がらせは

本当は何もしていない人に

罪悪感を持たせるという

本当なら無理なことを

無理やり強引にしようとしているので

そもそも無理があるのです。

 

普通のひとなら、

「何を言っているの?」と

すぐに気が付いて

相手にもしないようなことを

あなたは、

素直で責任感の強すぎるいい人だからこそ

気づかずに自分の問題だと思い、

受け入れてしまいます。

 

本当は自己愛性人格障害のひとは

あなたのことを嫌いでも何でもなく

むしろ

とても信頼できる人間だと思っているから

虐待するのです。

そんなのおかしいでしょ?と

すぐに受け付けてもらえない人には

いっさい嫌がらせはしないし

したいとも思わないのです。

 

世間の常識とは反対のことを使って

虐待しているのに

誰もそのことに気づきません。

 

あなたが

責任感の強すぎる人だからこそ

自分の問題だと思い、受け入れてしまうので

世間の人も(そうなのか)と

素直にみとめてしまい、

あなたが悪いと思い込みます。

 

あなたが傷つき、

それでも自己愛性人格障害のひとに

認めてもらおうとするから

あなたに精神的虐待をするのです。

 

あなたが自己愛性人格障害のひとは

病気だということを理解して

あなたが悪いと思わされることを

されても

自分で何もしていないことに気づくと

傷つくことはありません。

 

あなたが受け入れすぎてしまっているから

あなたをターゲットとして

あなたに自分の中の怒りをぶつけるのです。

 

あなたは、

もう少し相手のことをよく見て

本当は何が正しいのか

きちんと判断しなければなりません。

そして自分の責任でないことは

受け入れてはいけないのです。

 

たとえば、自己愛性人格障害のひとが

あなたの恋人や上司だった場合も

彼とうまくやっていきたいがために

ちょっとおかしいな、と思っても

許してしまってはいませんか?

 

それをするとあなたは

どんどん攻撃されてしまいます。

 

そしてどんどん苦しくなってしまうのです。

 

たとえ相手が上司や恋人だったとしても

あなたのしていないことは

受け入れてはいけません。

 

違うことは違うと

あなたの中で認めなければならないのです。

 

ただ、自己愛性人格障害のひとは

できる限り自分の責任にしないように

常にピリピリしていますで

はっきりと「違う」と言ってしまうと

逆に攻撃に遭ってしまうことがあるので

注意が必要になります。

 

言えるときはただ、短く

「違う。」

「私ではない。」と短く伝えて

それ以上は、何も言ってはいけません。

 

そして、自分が違うということを言う時は

できるだけ二人きりの時ではなく

周りに証人がいるときだけにしてください。

 

そして、それがなぜ違うのか、

長々と説明はしないほうがいいと思います。

 

長々と説明をしてしまうと

その中からいくらでも揚げ足をとり

あなたを悪者にしてしまうことが

あるからです。

 

そして二人きりの時は

はっきりと「違う」というより

ただ、受け付けないようにしてください。

 

詳しい対処法が知りたい場合は

サイトメニューバーの

「Tiara恋愛相談室」をご覧ください。

 

ご自分で実践される時は

相手の様子を見ながら

少しづつ調節しながらするようにしてください。

 

くれぐれも刺激をしないように

ご注意くださいね。

 

とにかく自分の責任でないことは

受け入れないように気を付けてくださいね。

 

正義感の強すぎる責任感ある人は

どんどんターゲットにされてしまうので

受け入れないようにしてくださいね。

自己愛性人格障害の人は、攻撃できないと思った人には全く何もしてこない

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

攻撃できないと思った人には

全く攻撃できない

というお話をしたいと思います。

 

今、Tiaraの周りにも

自己愛性人格障害のひとはいますが、

その人たちも

攻撃する人と全くしない人がいて

攻撃されない人たちは

その人たちのことを

感じがいいい、と思っていたり

仕事が完ぺきで素敵だと思っていたり

違う部署ででは、あだ名でよばれたりして

親しまれている場合もあります。

 

攻撃する人たちの中にも

常に、機会があるごとに攻撃されたり、

たまに機嫌の悪い時だけ攻撃されたり

人によっては、

とても穏やかに接したりしているようです。

 

その違いはどこから来るのか、

気になりますよね。

 

産休で休んでいた方が戻って見えたので

Tiaraは昨日で最後だったのですが、

最後まで忙しく、バタバタしていたので

最終日にも関わらず、残業しても

仕事が残ってしまい、

ある程度終わらせて、

あとは後任の子に任せて

最後にご飯を食べに行きました。

 

Tiaraは、

自己愛性人格障害に気づいてから

Tiaraの周りにいる人には

自己愛性人格障害のひとにやられても

堪えないようにアドバイスしています。

 

人によって、そんなこと信じない人もいますので

全員に言うのは少し、難しいですが、

Tiaraの気になる子やTiaraが教えてあげたい、

と思った子には話しています。

 

この子にも

自己愛性人格障害のひとの対応の仕方や、

特徴を教えて

「あれは脳の構造上、仕方がないんだわね。」

とよく伝えていた子です。

やはり、病気だと思えると

少し許せるような気になったり

納得ができるようです。

 

この子はターゲットではありませんが、

それでも、たまに理不尽なことで

自己愛性人格障害のひとのミスを

その子のせいにされて責められる時が

あったそうです。

 

でも、初めは

会社にいる自己愛性人格障害の2人のことを

扱いづらいな、とは思っていたそうですが

まさか病気だとは思わなかったようです。

 

もうTiaraはやめるので、

いろいろ今まで聞いていなかったことも

聞いたのですが、

やはり、同世代のほうは仕事もできるし、

態度は紳士的で優しく、

書類も「あんな完ぺきな人は見たことがない!」

と思うほど丁寧で

すごい素敵な人が来た、と思ったらしいです。

 

Tiaraも自己愛性人格障害を知らなければ

きっと同じ印象を受けたと思います。

 

ですが、本社からの転勤で来ていたので

本社の子に聞くと

「あいつ、めんどくさいよ?」

と言われたそうです。

 

同世代の自己愛の方も結婚はしていたことは

以前から聞いていたのですが

やはり10年くらい付き合った子で、

結婚は1年も持たなかったそうですが、

自己愛性人格障害のひとは

「別に結婚したくなかった。」

と言っていたそうです。

 

でも、周りの人たちから

いろいろ言われて結婚したけど、やはり

「1年も持たなかった。」と言っていたそうで

自己愛性人格障害らしい発言だな、と思いました。

 

 

だから

「きっとそんなことないと思うよ?

本当に結婚したくなかったのかもしれないし、

本当は自分から結婚したい、

といったのかもしれないけど、

後から周りの人には自己愛性人格障害のひとは

そういう風に言うんだわね。」

と言っておきました。

 

その子は、その時すでに彼氏がいたらしく

その人と付き合うことになったりしなくてよかった、と

ほっとして喜んでいました。

 

自己愛性人格障害を知らなければ

自己愛性人格障害の初対面の

尊大な自分を魅せつける行為を見て

素敵な人だな、と感じたり、

仕事ができて完ぺきな人だ、

と感じることはよくあると思います。

 

ところが付き合った後は、

幸せになれるどころか周りのひとよりも

みじめな扱いを受けることが多く、

周りの人には

とても親切にしているところを見せつけられるのに

自分はとてもみじめな扱いを受けたり

ほっておかれたり否定されたりと

とても理不尽な思いをします。

 

人によっては優しさと拒否の比率が

1:9になったり9:1や8:2になったりと

自分が大切にされているけど、

たまにひどいことをされる、

という場合もあり、分かりにくいかもしれませんが、

その比率はあなたの態度や性質によって

変わるだけで

自己愛性人格障害のひとは攻撃できるところには

とことん攻撃を強めてきます。

 

 

Tiaraは派遣で働いている以上、

どんなにその職場が良くても悪くても

契約期間が来るとそこで終わりです。

 

以前はそれがさみしくてさみしくて

仕方がありませんでしたが、

今ではもうそれに慣れて

その時だけ、自分がいやすい環境になるよう

努力して、終われば、いいところも悪いところも

吸収して次のところに行きます。

 

今の職場も

自己愛性人格障害のひとが2人いて

ちょっとタイプが違っていたし、

いろいろな攻撃のパターンや

それが通じないときの

動揺や怯えなども両方見てきたので

おもしろかったです。

 

最後のほうは、

だんだん自己愛性人格障害のひとが

おとなしくなってきたので

とても過ごしやすくなりましたが

Tiaraがいなくなったことで

また雰囲気が変わると思います。

 

Tiaraの後任の子にはある程度

どうしたらいいか話してきたし、

おそらく大丈夫だと思います。

 

2人ほど心配な子もいますが、

ちょっとアドバイスをしてあげたり、

もし何かあったらTiaraを頼ってと

伝えておいてと言っておきました。

 

もし、どうしても辛くなりすぎたら

自分の心を守るためにも辞めることも

選択しなければならないかもしれません。

 

攻撃され続けても

頑張り続ける必要はないのですから。

 

今までの職場には

自己愛性人格障害のひとのことが

好きな人が1人もいなくてよかったと思います。

 

彼もかわいそうだとは思いますが、

自己愛性人格障害はほぼ治らないので

せめて被害者を出さないように

してほしいです。

 

彼は彼女や奥さんがいない分、

その攻撃を後輩1人に向けていると

思いますので

できるだけ早く逃げてほしいです。

 

Tiaraも次のところに

月曜日から行きますが、大手企業なので

人数がものすごくたくさんいます。

 

人間関係には初めからよく見て

接し方を考えたいと思いますし、

自己愛性人格障害のひとに

足を引っ張られないよう、

自分のスキルをどんどんあげていけたらいいと

思います。

 

以前のように誰からも好かれたい、とか

誰とでも仲良くやりたい、

とは全く考えなくなりましたし、

そのほうが本当にいい子がいたときに

気持ちよく付き合えます。

誰とでも同じ接し方をしてはいけない、

ということを自己愛性人格障害を知って

初めて学びました。

 

誰とでも態度が変わらない、とか

誰にでも親切にする、ということは

いいことだと思っていましたが

もし、自己愛性人格障害がいたときは

真っ先にターゲットにされる態度です。

 

人はみんな同じではないので

大人になったからこそ、

人を見て選んでいかなければなりません

 

 

きれいごとでは世の中は渡っていけるほど

甘くないのです。

 

その中で

あなたがあなたらしく生きていくためにも

どうしても人をつぶさないと気が済まない

自己愛性人格障害のひとを避けていかなければ

どんどん生きにくく、仕事も人間関係もつぶされて

本当に落ちぶれた人間にされてしまいます。

 

 

あなたが悪くない問題まで

引き受けることは優しさではありません。

 

本当の優しさを

人に向けられるようになるには

まずあなたが幸せでなければ

だんだん他人に優しさを

向けられなくなってしまうのです。

自己愛性人格障害のひとは、攻撃できると思った人にはとことん攻撃をしてくる

こんばんわ♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

攻撃できると思ったひとには

とことん攻撃をしてくる

ということについて

お話ししていきたいと思います。

 

tiaraは今、産休のかたの代わりに

お仕事をしていましたが、

そのかたの赤ちゃんが大きくなって

幼稚園にいけるようになったので

今の仕事は、今月いっぱいで終わりです。

 

来月からは、

新しいお仕事として、

今までとまったく違う業界で

まったく違うお仕事に挑戦するので

慣れるまでしばらくは、

相談などのお返事も

遅くなってしまうかもしれません。

 

迷惑をかけてしまうかもしれませんが、

本当にごめんなさい。

 

コメント欄からのご相談を

されるかたがみえますが、

Tiara恋愛相談室の相談者のかたから

順番に対応していきますので、

しばらくはコメント欄からの

ご相談はお休みさせていただきます。

 

個別にご相談をされたいかたは

Tiara恋愛相談室の方から

正式にお申し込みくださいますよう

お願いいたします。

 

さて、今日は、

自己愛性人格障害のひとからの

攻撃を受けながらも

何度も何度も

自分から連絡をしてしまうひとに

ついて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとから

別れを告げられても

何度も顔を見せに来られたり

何度も連絡をしてくることについて

あなたは期待を持ってしまうと

思います。

ですが、自己愛性人格障害のひとは

あなたを捨てた後、

もしくはあなたからフラれてしまった後

今まで、自分の思い通りに

怒りをぶつけたりこじつけて

悪者にしても

あなたが離れていかないと

安心していたからこそ

モラハラ行為ができていたのです。

 

ですが、いざ

あなたが彼から離れたい、

もしくは離れても平気だというところが

少しでも見えるようになると

今度は逆に強烈なしがみつき行為を行います。

 

自己愛性人格障害のひとは

本当は自分に価値がないと思っていて

そのことを極端に恐れているので

虚勢を張っているだけなのですが、

いざ、本当に離れていかれてしまうと

本当に自分には価値がないのではないのかと

強烈に不安になり見捨てられたくないと

しがみついているだけなのです。

 

それを愛だと勘違いしやすいですが

それはあなたへの愛ではなく

あなたというターゲットへの執着と

彼の中の異様な見捨てられ不安から

きているのです。

 

 

それを、(やっぱり彼は

私のことが好きなんだ。)と勘違いして

彼のことを受け入れてしまうと

自己愛性人格障害のひとの脳は

やっぱりあなたはなんだかんだいって

どんなにひどいことをしても

離れていかないと自信を持ってしまうのです。

 

彼があなたが離れていっても

おかしくないほどひどいことをしたのに

また戻るあなたは

完全に彼の支配下に置けると思い

以前よりもあなたが

彼から離れて生きづらい状況に追い込んで

あなたをじわじわと

以前よりも苦しめてしまうのです。

 

自己愛性人格障害のひとは限度が分からず

感覚やファジーなものが全くつかめないので

自分がどんどん嫌がらせを強めていることにも

全く気づかずに

自然に時間とともに症状が

強くなっていってしまうのです。

 

彼を責めたり、

彼と分かり合おうと思っても

自己愛性人格障害という病気のため

彼には理解することができないので

彼に歩み寄っている場合ではなく

気づいたらその場で逃げるべきなのです。

 

彼と別れた後も

自分から彼に連絡を

取ってしまうような人は

自分が危険にさらされているということに

気づかなければなりません。

 

被害者になるような人は

自己防衛本能のブレーキが

壊れているのです。