自己愛性人格障害のひとが突然不安定になるとき

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとが

突然不安定になるときについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の彼と

付き合っていると

彼の様子がアップダウンしたり

とても不安定な関係になると思います。

 

上手く行っていたと思ったら

突然別れ話を言い出す、なんていうことも

日常茶飯事だと思います。

 

本当に彼は別れるつもりなんでしょうか?

という質問や

彼がまた戻ってきそうな気がします

というコメントは

毎日のようにいただいています。

 

この不安定な感情は彼自身にも

分からないのです。

あなたと別れる、と言い出し、

辛くても別れを飲むことを

自分の中で消化し始めると

彼から突然連絡が入り

「別れたくないんだ。」という出すことも

本当によくありますので

あなたは揺らいでしまいますが

これがまさにマインドコントロールで

あなたが彼を忘れられない理由になります。

 

 

彼のことが本当に好きなのではなくても

気になってしまい、

期待をかけてしまうような言葉を告げて

あなたを揺らがせます。

 

これは恋愛テクニックというより

もう精神的な拷問です。

 

そしてあなたが彼を心配になり

支えてあげようとか

彼のことばかり

気にしだすタイミングを見計らって

「あなたとはもう会わない。」と言い出したり

連絡がつかなくなったりするのです。

 

いったんは別れを受け入れたあなたが

また彼のことが気になってしまうように仕向け

そして姿を消すのです。

 

今のTiaraは

自己愛性人格障害の

このような習性が分かっていますので

なんてひどい仕打ちなのだと思います。

 

ですが、人に話しても

これが虐待だということは

分かりづらいですよね?

 

恋愛が絡んでいると

彼も不安だから

そんなこと言いだすんじゃない?

とか

誰だって不安定な時はあるから分かってあげなよ、

とか言われてしまいます。

 

自己愛性人格障害という病気があることを

知らない人からしたら

それが常識だと思ってしまいますが、

その常識をくつがえす、症状があるのです。

 

これは自己愛性人格障害のひとも

わざとやっているわけではなく

脳の構造上、どうしてもそうなってしまっていて

相手を苦しませるためにやっている、というよりは

自分が自己愛性人格障害という病気の症状から

抜け出すために

必死でやっていることなのです。

 

ですが、これは被害者にとって

とても残酷な思いをさせることになるのです。

 

自己愛性人格障害のひとのこの症状が

被害者からすると

何を考えているのか

分からなくなり、不安になるのですが、

また尊大な自分を魅せつけて

好かれていなければ自分が嫌われるかもしれないという

自己愛性人格障害の不安により

優しくされたり、素敵なところを見せられたりするので

また惹きつけられたりして

同じことを繰り返していくのです。

自己愛性人格障害の人が考える自分だけのルール

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の

俺様ルールを強行突破させること

について

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人は

自分の都合が悪くなると

弱い立場の人を怒鳴りつけて

その人のせいにし、

その人にしりぬぐいをさせようとする

特徴があります。

 

この強行突破をさせるにあたって

自分が理不尽なことをしていることは

明白に分かっていて

それをごまかすために脅しで

相手に何とかさせることを

成功させなければいけないので

その怒り方は尋常でなく怖いです。

 

被害者になるような人は

自己愛性人格障害の人の怒りが怖くて

自分で何とかしてしまおうと考える人が

非常に多いのです。

 

それは自己愛性人格障害の人にとって

非常に都合がよく

自己愛性人格障害の人が

そんなあなたを

手放さない理由の1つです。

 

たとえば「別れる。」とか

「あなたが何とかしてくれないのなら

あなたとはやっていけないね。」

などと言い、

あなたが別れたくない気持ちを利用して

あなたに責任を取らせようとすることで

あなたから責められることから

逃げています。

 

あなたも責任感が強すぎることで

なんでも自分のせいにしてしまうことと

彼と別れたくない一心から

彼に寄り添いすぎて

本当のことが見えなくなっています。

 

そして、あなたは

自分のなにがいけないのかを

考えて

考えてみてもそもそも

自己愛性人格障害のひとのこじつけなので

なにもした覚えがなく

自分はまっとうに生きているつもりなのに

人を怒らせてしまうほど

腹がたつ存在なのかと

自己嫌悪におちいりますが

そんなことはありません。

 

どうして誰も

なにもしていない人に

怒りをぶつけているひとがおかしいと

疑問がわかず、

自分が悪いと思ってしまうのでしょう?

 

世の中はきれいごとに

踊らされ過ぎている気がします。

自分が悪いと反省することが

美しいことのような気がするし

自分さえ努力すれば

どんなひととでもやっていけると

信じた方が前向きかもしれません。

 

ですが、その前向きを利用して

なんでも相手のせいにしてしまう

自己愛性人格障害という

共感力のない病気を

世間のひとが知らなさすぎるのです。

 

ましてや見た目によかったり

頭が良かったり、

人の上に立っているひとなど

無条件に正しいと思い込みすぎて

目の前に起きていることを

きちんと判断できていません。

 

特に、恋人の場合、

ゴールのある未来を信じたいし、

困難を乗り越えてこそ

分かりあえると思って努力するのは

あたりまえのことなのかもしれません。

 

でも、あなたは

自分の心をあまりにも無視しすぎています。

 

あなたは、あなたを本当に

大切に思ってくれる人でないと

必死の努力も報われないものに

なってしまうのかもしれません。

 

あっという間に

時間はたってしまいますよ。

 

なにかおかしいと気づいたら

方向転換をしてはいけないことなど

なにもないのです。

自己愛性人格障害の人は自分のミスはなかったことにし、あなたのミスはおおごとにする

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は

自分のミスはなかったことにして

あなたのミスは、ほんの些細なことでも

ものすごくおおごとにする、

ということについてお話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人と一緒にいると

なぜかあなたに対する人のあたりが

だんだんときつくなってきます。

 

あなたはいつも誠心誠意、

心を込めて人と接しています。

 

ですが、

普通の人なら、

そんなに怒られるようなこともなく

許してもらえるほどささいなことや

「大変だったね。」と言われるくらいで

終わるはずの出来事でも

なぜか

あなたにすごく迷惑をかけられたように

言われてしまったり

憎まれてしまったりすることが

度々起こります。

 

自己愛性人格障害の人と

長いこと一緒にいると

あなたの責任感の強さから

自分がどこかおかしい

と悩んでしまうかもしれませんが

それは、あなたのせいではありません。

 

あなたの印象が悪くなるように

自己愛性人格障害の人から

コントロールされているのです。

 

自己愛性人格障害の人は

自分の周りにいる人の印象を悪くすることで

自分を持ち上げて印象をよくしています。

周りの株が下がることによって

自分の株を上げているのです。

 

自己愛性人格障害の人の印象が

普通の人よりもものすごくいいのは、

尊大な自分を魅せつけるだけでなく

同時に周りの株も落とし、

そしてそのしりぬぐいを

いかにも自分がしているように言うことで

同情をかったり、

逆に、そんな大変な思いをしてまでも

一生懸命やってくれているのだな、と

自己愛性人格障害の人の株が

さらに上がるためです。

 

そしてそのために

あなたの評判が悪くなることになります。

人の印象を悪くすることにより

自分の印象をよくするという全体像を見て

コントロールしているのです。

 

これは、相手がかわいそうだとか

相手に悪いなと思うような

罪悪感があってはできません。

 

それを実行するためにも

自己愛性人格障害の人は

罪悪感を麻痺させているのです。

 

だから彼がいくらいい人に見えたとしても

あなたの為に

彼が損をしてまで尽くしてくれる、とか

かばってくれるということはありません。

 

自己愛性人格障害の人は

最後に自分を守るために

あなたを盾にしてしまうほどなのです。

 

世間では、

そんな人はいないと思われているため

自己愛性人格障害の人が

そんなことをしても気づきません。

 

むしろあなたのほうに

原因があるのではないかと

思われてしまうことのほうが多いのです。

 

そうやってうまく世のなかを渡っている

自己愛性人格障害の人は

ものすごくたくさんいます。

 

実力者や地位の高い人ほど

そういう人が混じっているのです。

 

その理由は、

そうやって周りの人を踏み台にし、

少しづつ少しづつ上に上がっていくうちに

高い地位まで上り詰めてしまったこともありますし、

そういった人がやりやすくなって

結局仕事や勉強に集中できたこともありますし、

下手な邪魔が入らず

引きづり降ろされることもありませんので

すべてが

自己愛性人格障害の人に有利に働くのです。

 

そして自己愛性人格障害の特徴により

尊大な自分でないと認められない

と思い込んでいるので、努力も惜しみません。

 

結果、

自分は努力をし続け

周りは引きづり降ろし続けることで

自己愛性人格障害の人に有利な状況が

作り出されてしまうのです。

 

自己愛性人格障害の人は

他人を引きづり降ろすために

人のミスや欠点をよく見ています。

 

そしてタイミングが合うときに

ここぞとばかりにそのミスのせいで

大変なことになっている、

と演出するのがうまいのです。

 

あなたの知らない間に

自己愛性人格障害の人から

それをされたあなたは

周りの人から何かあるたびに

指摘されるようになってしまいます。

 

そして自己愛性人格障害の人は

自分がミスをしたときは

「ごめんごめん。こんなこともあるよね。」

みんなの前で軽く流してしまうのです。

 

自分のミスはしょうがないミスなので

大ごとにはならないのです。

 

みんなもそれを聞いているところで言うので

違うとしても反論しない人のほうが

多いでしょうし、

次に同じことを自己愛性人格障害の人がしても

「してもしょうがないミス」

という暗示をかけられているので

誰も指摘しません。

 

こうやって、あなただけが

やりづらい雰囲気になっていき

自己愛性人格障害の人は

なぜか軽く許してもらえる空気が

出来てしまうのです。

 

こうやって自己愛性人格障害の人は

周りに味方を付けていき

あなたは何もしていないのに

落としめられることになっていくのです。

 

自己愛性人格障害の

被害にあわないためには

自己愛性人格障害の人の前で

あなたのミスやあなたのやり方を見せないように

気を付けることなのです。

自己愛性人格障害の被害者になってしまいやすいひとの自信のなさ

こんばんは♡

今日は、被害者になりやすいひとの

自信のなさについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害の被害者に

なりやすいひとは

本当によく、被害にあってしまいます。

 

自己愛性人格障害の彼だけでなく

過去の友達関係などにも

思い当たるふしのある人は

多いのではないでしょうか?

 

昨日久しぶりにちょっとだけ

ドラマを見ていたら「毒親」という

フレーズが出てきました。

 

毒親というはっきりとした意味は

分かりませんが、

自己愛性人格障害の被害にあうようなひとは

周りのひとから

自信をなくすような言葉を

いっぱい浴びせられています。

 

自信を無くさせる言葉を浴びせる方が

自分の自信のなさから

他人に嫉妬し、

「あんたなんて価値がないわよ。」

と、言って、

相手を蹴落として

自分をあげているのではないかと

思うのですが、

自己愛性人格障害の被害に遭うひとも

自分に自信がないので

その言葉を信じてしまいます。

 

ようは相乗効果による悪循環なのです。

 

自己愛性人格障害のひとと

被害者の間で、

このようなことは繰り返されていき、

自己愛性人格障害のひとは

ますます人を蹴落とし、

被害者はますます蹴落とされて

自信をなくしていく、という悪循環です。

この悪循環を防ぐには、

どちらかが気がつき

1抜けた~としないと

永遠に繰り返され、

永遠にひどくなり続けていきます。

 

気がついて抜けることが

大事なのです。

 

自覚症状のない自己愛性人格障害のひとが

気づくことは、まずなく、

気がつくとすれば、

辛すぎて苦しくなった被害者の方です。

 

被害者の方が

1抜けた、としないと

永遠にくりかえされてしまうのです。

 

そもそもあなたが初めに自信を無くしたのは、

親なのか、周りのおとななのか

友達なのか分かりませんが、

その言葉を信じやすい自信のない

信じやすい被害者のひとです。

 

 

被害者になるようなひとは

他人は認めても、

自分は認めていないのです。

 

まずは自分を認めてあげてください。

 

そもそもあなたは

そんなにひどいことをしましたか?

 

あなたの自信を無くすようなことを

言うひとが、

本当にいい人だと思いますか?

 

 

気づいてしまえば、

あなたがどれだけ自信がなかったか

分かります。

 

tiaraのイメージですが、

「毒親」とは

自分の子供を否定する人のことでは

ありませんか?

 

 

親に否定され、

信じてしまったがために

あなたは世間でも

否定される存在と

なってしまっています。

 

あなたはもしかしたら

素晴らしく魅力のある人で

そんなあなたに嫉妬をした

自己愛性人格障害のひとからの

暗示の魔法にかかって

自由に動けなくなってしまっているのでは

ありませんか?

 

あなたの魅力を自分でよく

思い出してください。

 

少なくとも

Tiaraが今まで会った

被害者のひとのなかに

魅力のないひとは

1人もいませんでした。

 

みなさん、普通の人よりも

少し魅力的な人ばかりです。

 

そんなあなたが嫉妬されて

あなたの自信を潰され

輝けないように

コントロールされていただけなのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

非常に嫉妬深いので

あなたの魅力は

自己愛性人格障害のいるところでは

大切に、見つからないように

隠す必要があるのです。

 

あなたの大切なものを

なくしてしまわないように

こっそりと内緒で

大事に隠し持っていてくださいね。

自己愛性人格障害の人に狙われないようにする為の3つのポイント

こんにちは♡

Tiaraの交流会ですが、嬉しいことに

みなさんから多数もっとやってほしいとの

要望をいただきましたので

11月25日(日)に開催したいと思います。

 

自己愛性人格障害の被害にあわれた方は

なかなか周りの理解をしてもらいにくいですが、

Tiaraのサイトにお集まりいただいた方は

みなさん状況は違いますが、

同じことを経験していらっしゃいますので

少し話しただけでもすぐに

分かりあうことが出来ます。

 

自己愛性人格障害を

経験していない方にお話しいただくと

あなたが辛い思いをしてしまうことも

ありますので、みなさん仲良くなっていただき

相談ししあえる良き理解者になって

いただきたいと思います。

 

今回も実り多き会になりますよう

楽しみにしております。

 

興味のある方は、サイトメニューバー

「Tiaraコミュニティ 第3回 交流会」を

本日19:00より開放致しますので、

こちらのページをご覧ください。

 

お申し込みも本日19:00より

同時受付開始させていただきます。

 

お申込み確認後、

詳しい場所等をお知らせしますので

Tiara公式LINE@の登録をお願いします。

 

今後の連絡はお申込者の方のみ

LINE@のほうへ、させていただきますので

よろしくお願いします。

さて、今日は、自己愛性人格障害の人に

狙われないようにする為の

あなたの態度について

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の特徴が

ある程度わかるようになると

今度は、できるだけ早めにあなたの態度を

自己愛性人格障害の人から

気にならないほどの態度に

変えなければいけません。

 

共依存や恋愛依存症などは

自己愛性人格障害の人が

惹きつけられてしまいますので

できるだけその特徴を

見せないようにしなければなりません。

 

普通の人には見せても大丈夫なので

自己愛性人格障害の人がいるときだけ

態度を切り替えてくださいね。

 

普通の人とは、あなたの特徴は

むしろ人と仲良くなりやすい特徴です。

 

ですが、自己愛性人格障害の人がいるときは

できるだけ自分の態度をできるだけ静かに、

目立たないようにするようにしてください。

 

雰囲気は明るくても構いません。

 

ですが、目立つような大きな声を出して

喜びをからだいっぱい表現しますと

自己愛性人格障害の人の

嫉妬の対象になってしまう

恐れもありますので

あくまでも、

明るい表情程度にとどめておいてください。

 

 

声は、話をする人のみに

聞こえるように話すだけで十分です。

 

小さくてもはっきり聞こえる話し方を

練習しておくとよいでしょう。

 

 

それでは、あなたの特徴で

無くさなければならないことを

3つ挙げてみたいと思います。

 

①話すときはできるだけ

そばにいる人にだけはっきりと聞こえるように

小さな声ではっきりとした言い方を

心がけてください。

 

これは少し練習が必要になりますが、

あなたの話していることが、

みんなに聞こえるような話し方を

してはいけません。

 

Tiaraも、

自己愛性人格障害を知るまでは

こんなこと考えたこともありませんでしたが

これだけで

かなり自己愛性人格障害の人から

狙われる可能性がぐっと減りますので

話し方はとても重要です。

 

話とは、本来、

みんなに話すべき時でないのなら

話している対象になる人だけに

はっきりと聞こえればいいだけのことです。

 

わざわざほかの人に聞こえる必要は

ありません。

 

もし周りに自己愛性人格障害の人がいたら

聞こえてしまいます。

 

自己愛性人格障害の人は

とても注意深く、周りにいる人の情報を

少しづつ集めています。

 

その中から、あなたをほめて

あなたの気持ちをつかむために使ったり

あなたの困っていることを見つけて

それを手助けし、

あなたからの信頼を得たりします。

 

そしてあなたの弱点や、

あなたの弱みや苦手なことなども集めて

常に頭の中にインプットしています。

 

だからあなたの情報を

知られてはいけないのです。

 

あなたの情報を知らなければ

攻撃も惹きよせも

どうやったらいいのか

想像することが出来ませんので

方法が分からなくなってしまいます。

 

自己愛性人格障害の人は

感覚的なものを想像することは

とても苦手なのです。

 

②自己愛性人格障害の人に

理不尽に怒られても

びくびくしたり、怒ったりしない。

 

自己愛性人格障害の人の怒り方は

とても怖いです。

 

だからつい怖がってしまったり、

逆になぜそんなことを

言われなければならないのか、

と言ってしまいそうですが、

どちらもやってはいけない行為になります。

 

もしあなたがびくびくしてしまうと

自分の攻撃があなたに効いていることに気づいて

人よりも自分のほうが上だ

という確認作業が、あなたでできると気が付き

これからどんどん攻撃をされてしまいます。

 

逆にあなたのほうが

正論で「そんなことされる覚えはない。」

とはっきり言ってしまうことも

敵対心を見せてしまうこととなり

自己愛性人格障害のひとが

極度に恐れてしまいます。

 

そして、あなたをつぶしておかないと

潰されるかもしれない、

という極端な恐怖心から

全力であなたを潰しにかかるのです。

 

だから彼に反論をいうことも

危険がともなうのです。

 

この場合、あなたのほうが

確実に彼よりも強い場合を除いては

あなたにやられる、

と強い恐怖心をいだき

やられる前にやれ!の精神で

あなたを全力で

つぶしにかかりるということに

なります。

 

逆に

あなたが自己愛性人格障害の人よりも

全く歯がたたないくらい強い場合、

たとえば、正論で負かして

周囲もあなたの味方に

つけてしまうほど強ければ、

逆に

2度と自己愛性人格障害の人から

攻撃をされることはなくなります。

 

それほど強い自信がない場合は

敵対心をみせないほうが

あなたのためでしょう。

 

③いつまでも

自己愛性人格障害の人の

説教を聞いていない。

 

これは、怖いから

ついついやってしまいそうなことですが、

自己愛性人格障害の人は

自分のおなかの中の怒りを

ぶつけられる人にぶつけます。

 

なので、あなたがいつまでも

自己愛性人格障害の人の説教を聞いていると

こんなことをしても

あなたには許されると

思ってしまいます。

 

ですので今後も何度も

おなかの中の怒りがたまるたびに

あなたに怒りを

ぶつけられてしまいます。

 

しかもあなたは

自己愛性人格障害の人の被害者なのに

ずっと何度も怒られ続けているところを

ほかの人に見られてしまうと

周りの人はあなたが悪い

というイメージを持ってしまい

あなたに対しての印象が悪くなります。

 

あなたは嫌な思いしかせず、

素直ないい子だ、とは

とても思ってもらえそうもないので

自己愛性人格障害の人の怒りを

ずっと聞いていることはせず

しばらくしたらさりげなく

席を外すようにしてください。

 

これだけで、

あなたは嫌な思いをせずに済んで

周りの人からの信用も失わずに

済むのです。

 

そしてすっと離れて

手持ちぶさたになった彼は

自分の怒りを収めることが出来ず、

ほかのそばにいる人に続きをぶつけ始めると

周りの人も

おかしいのはあなたではなく、

自己愛性人格障害の人がおかしいと

気づくようになるかもしれません。

自己愛性人格障害の人と被害者になる人の相性の良さについて

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人と

被害者になる人の相性の良さ

について、お話ししようと思います。

 

自己愛性人格障害の人は

人の痛みが分からないといわれています。

 

分かるにはわかるのですが、

それを理解しようとしていません。

 

理解してしまうと

自分のおなかの中の怒りをぶつけることに

罪悪感を感じてしまいます。

 

そうすると

自分がひどいことをしていることに

気づいてしまうので、

自分がひどい人間だと認めることになり

辛すぎます。

 

なので相手の気持ちを理解しないようにして

罪悪感を感じなくするために

相手が悪い理由を

自分の中で無理やりでも探し出し

自分を正当化してしまい、

相手が悪いと思うことで

楽になります。

 

そして自己愛性人格障害の人の

被害者になるような人は

自分の気持ちが分からないのです。

 

自分の気持ちが

分かるにはわかるのですが、

それを見ないようにしているのです。

 

自分の気持ちを見ないようにして

相手のいいところだけを見て

いつかきっと必ずうまくいくようになる

と信じて

その努力を

一向にやめようとはしません。

 

それが、どんどんひどくなる原因に

なっているのです。

 

よく恋愛コラムなんかを見ていると

誰にでも欠点はあるので、

自分の彼のいいところだけを見てあげて

悪いところには

目をつむってあげてください、

などと書いてあります。

 

これは、普通の人には

とてもいいと思うのですが、

相手が自己愛性人格障害だとしたら

とんでもないことになります。

 

相手の気持ちを理解しようとしない

自己愛性人格障害の人と

自分の気持ちを見ないようにしている被害者とが

ぴったりと合ってしまっているのです。

 

被害者になる人は

ほんとうは自分は

ひどいことなんてされたくない

はずなのですが、

うまくいってほしいがために

相手にどんどん寄り添い

自分の気持ちを見ないようにして

本当は辛くても、さらりと流して

大丈夫、と自分をむりやり納得させます。

 

 

自己愛性人格障害の人は

相手の気持ちを見ないようにして

罪悪感から逃れ、

相手のせいにしてなんでもないところに

自分の怒りをぶつけていますが

自分を正当化することにより

苦しまずに済んでいます。

 

この二人の相性が

ぴったりと合ってしまっているのです。

 

そうやって長く続けることによって

被害者は満足していますが、

自己愛性人格障害の人は

どんどんひどくなってしまいますので

いつか限界が来ます。

 

二人の為に我慢した結果が

自己愛性人格障害の人の症状を

悪化させてしまっているのです。

自己愛性人格障害の人は変わったと気づくタイミングはいつ?

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の波が

急に引いた合図について

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人は

最初の印象はとてもいいと思います。

 

あなたに近づき、

困っていることがあれば助けてくれたり

いろいろとアドバイスをくれたり

とても親切だと思います。

 

あなたに愛を告白してきた場合も

あなたをこれからも大切にするお話しや

あなたに対する誠意や熱意を

一生懸命伝えてくると思います。

 

彼のあまりに誠実な態度に

あなたもいつしか

信頼をよせるようになるでしょう。

そして、

とても誠実で信頼のおける彼に対して

あなたがいつしか彼のことを

大切に思うようになるのも

そんなに時間はかからないでしょう。

 

付き合いだすと、

しばらくはとても楽しいひと時を

過ごすことになります。

 

あなたも彼と付き合って

本当に良かったと思うでしょう。

 

あなたがもうこの人と

ずっと頑張ってやっていくという決心をして

しばらくたつと

事件は突然起こります。

 

 

それはドラマに出てくるような

二人にもどうしようもできない出来事が

二人を同じ環境にいられない状態に

していきます。

 

あなたと彼はそれでも一緒にいたいからと

二人で何らかの誓いをたてます。

 

あなたも彼と一緒に幸せになるために

一緒に困難は乗り越えていこうと

固く決心をします。

 

その事件やドラマは

自己愛性人格障害の人の

性格や好みによって

それぞれにありますが、

こういったパターンで初めの幸せな時から

雲行きが怪しくなっていくのが

通常のパターンになります。

 

初めは、あなたが好印象を抱くほど

いい人で信頼のおける人物なのです。

 

あなたが心を完全に奪われてからでないと

事件がおこった段階で

あなたに逃げられてしまうので

この時の自己愛性人格障害の人は

少し感じがいいな、

という程度ではなく

あなたが自分の人生には

この人しかいない、

と思うくらい素敵です。

 

それくらいにしておかないと

これからちょこちょこ起きる事件に

あなたが、彼に

ついていけなくなってしまうからです。

 

でも初めのころは、彼も

あなたの性格が分かりませんので

少し、嫌なことを起こしてみて

あなたの様子を見ます。

 

あなたが少し嫌な顔をしたり

嫌な反応をすれば、

すぐにそれを打ち消してしまうくらい

楽しいことをしたり

あなたの気持ちをつかむようなことを

してみたりしてごまかします。

 

だから、初めのほうは、

とても素敵なのです。

 

そうやってあなたも何となく

嫌なことがあったと思っても

まあいいか、

と許してしまうようになり

その許す度合いが

だんだん大きくなっていることに

気づきません。

 

そうして何かがおかしいと

思いながらも

はっきりとわからないまま

自己愛性人格障害の人の攻撃は

だんだん強くなってきています。

 

 

そしてあなたの苦しみも

だんだん大きくなり

気づいた後には

とんでもなく大きな被害へと広がっていて

逃げるにしても

相当なリスクを背負わなければならない

状態にまで深刻化しているのです。

 

少しおかしいな、と感じたら

我慢をしないであなたがどれくらい嫌か

一度冷静になって考えてはみませんか?

自己愛性人格障害の人に正義感を振りかざすことほど怖いことはない

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人に

正義感を振りかざすことほど

怖いことはない

ということについて

お話ししたいと思います。

 

世知辛い話になりますが

意外と人は

他人を助けたりしません。

 

昔、子供のころに、絵本やTVで見たような

ちょうどいいタイミングで

人はひどいことを見るにみかねて

助けに入る、ということは

現実社会ではあまりあり得ません。

 

なかには正義感の強いひともいて

そういうこともあるかもしれませんが

そういうひとのほうが

案外あとから逆恨みされて

辛い思いをしているかもしれません。

 

世のなかそんなに

きれいごとばかりではありません。

 

ですが、人間の心理として

きれいなことを信じたい気持ちのほうが

どうしても勝ってしまうし、

若ければ若いほど

純粋であれば純粋であるほど

そうだと思いますが

本当はそうあってほしいですが、

現実には、

そんなにいいことばかりではないのです。

 

正義感の強い人がけんかの止めに入り

ケガをしているケースも

ニュースなどを見ていると

よくあります。

 

正義感が強すぎることが危険だなんて

知りませんでした。

 

ずっといいことだと思っていました。

 

ですが、正義感の為に

命を落とす、正義感の為に

たちの悪い人を敵に回してしまうことって

多いんですよね。

 

かといって誰も助けないのも

さみしいですよね。

 

Tiaraがお勧めするのは

助けるときは、直接本人に言わず

そのことが起こっている周辺で

本当に信頼のおける

立場のある人に相談することです。

直接、問題のある人に注意したり

止めに入ったりすると

敵対心を向けたととられてしまい

逆に攻撃の的になってしまうことも

よくあるのです。

 

あなたが人を助ける時は

余裕があるときと

あなた自身が幸せな時です。

 

そして自分を守れる自信の確保した後で

信頼のおける立場のある人に相談して

協力してもらい、

決して一人で戦おうとしないでください。

 

 

あなた自身も充分に幸せであり

ほかの人のことを手伝っても

充分に優しさを保っていられる場合は

誰かを助けてあげてもいいと思います。

 

でもその相手に潰されているようなら

あなたは自分のことを大切にしていません。

 

まず、

自分のことを大切にすることが

先なのです。

 

あなたが間違ったことが嫌いな

正義感の強い人だとしても

自己愛性人格障害の人に

直接注意をしてはいけません。

 

また、嫌なことを嫌、というだけでも、

極端な話危険なのです。

 

特にターゲットだと

自己愛性人格障害の人から

思われているような場合には

些細なことでも反対意見を言うと

自己愛性人格障害の人は

全面否定されたと思い、心の中の無価値観が

恐怖を感じて、

全力であなたをつぶしてきます。

 

恐怖の気持ちほど恐ろしいものはないのです。

 

恐怖の気持ちは自己防衛本能で

人間にとっては自分の身を守るために

必要な感情です。

 

ですが、自己愛性人格障害の人は

その感情が極端に強すぎるのです。

 

逆らった、というほどのことではなくても

自己愛性人格障害の人の意見を

「違うんじゃない?」

といったくらいでも極端に傷つきます。

 

そして、

あなたには全くそんな気がないにも関わらず

やらなければやられる!と

極端な恐怖心をもって

あなたを攻撃してくるのです。

 

だから、

本当に些細なことでも

間違いやあなたの気持ちを分かってもらおうと

自己愛性人格障害の人に話をしてはいけません。

 

もし、少しでも逆らってしまうと

恐ろしいほどの攻撃を

受けることになってしまうのです。

 

それくらい極端な恐怖心を持った

常識では考えられないほどの

臆病な一面を持っているのです。

自己愛性人格障害の被害にあう人の自己犠牲欲について

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の

犠牲になる人の

自己犠牲欲について

お話ししたいと思います。

 

あなたの彼が

自己愛性人格障害だと気づいていても

彼となんとかやっていけないかと

考えていると思います。

 

大半の被害者は、自己愛性人格障害の人に

何度も傷つけられているのに

別れようとはしていません。

 

気持ちを離すことも苦しいし

彼との穏やかな時間が忘れられず、

もう一度

あの頃の優しかった彼に

戻ってくれないかと

どこかで期待してしまっていると思います。

 

ですが、

嫌なことをされても

彼のそばに居続けて笑っているあなたを見て

彼の攻撃はどんどん強くなっていき

元に戻ることはないのです。

 

 

それに、彼にひどいことをされても

自分の努力で彼にわかってもらい

穏やかな生活をしていくことを望んでいる場合

あなたは自分のことを大切にしていません。

 

自分の気持ちよりも

相手の気持ちを大切にしてしまうのです。

まず、

自分のことを大切にすることが

先なのです。

 

自己愛性人格障害の人を

好きになるような人は

自己犠牲欲が強いです。

 

自分が犠牲になることで

相手にわかってもらおうとして

彼に認めてもらうと満足するのです。

 

どれだけ犠牲になることが出来るかによって

相手をどれほど思っているかを

分かってもらおうとしますが

それが、自己愛性人格障害にとっては

とても都合がいいのです。

 

逆にそういった人でないと

自己愛性人格障害の人と

付き合うことは不可能なのです。

 

だからあなたが

自己愛性人格障害の彼から

「あなたは俺のことを

何もわかっていない。」と言われ

苦しんでいるとしても

そんなことないとTiaraは知っています。

 

分かっていないのは

自己愛性人格障害の人本人と

あなただけなのです。

 

それなのにあなたは

彼から言われたことを真に受け

反省し、

さらに努力して彼に寄り添い

分かってもらおうとします。

 

あなたも

自分は価値がないと思っていて

大事にしてもらうためには

彼に尽くすしかない、と思っていますが

そんなことはありません。

 

あなたは、

相手の為に自分を犠牲にしてでも

相手の為に尽くすことのできる人なのです。

 

その代わり、自分がひどい目にあっていることは

なかなか気づけません。

 

自分のことはわからないのです。

 

そして

自己愛性人格障害の人も同じく

自分には価値がないと思っています。

 

そしてそのことに耐えられないので

それを認めることが出来ず、

そんなはずはないと立派な人物を

演じ続けているのです。

 

そして相手の上に立つことで

自分のほうが価値のある人間だと

思うことで、気分が高揚しているので

被害者になってくれる人を

そばに置くことで

落ち着いていられるのです。

 

あなたが犠牲にならなくても

あなたがいることで

幸せを感じてくれる人は

世のなかにたくさんいますし、

普通の人はあなたが犠牲になることを

できれば避けたいと思うはずです。

 

そもそも男の人は

女の子が嫌がることは

できないようにできているのです。

 

動物など弱い者にも

無意識に嫌がることは

良心が傷んでしまうのでできません。

 

あなたが犠牲にならなくても

楽しいのが一番だし、

もしあなたが

自分の為に犠牲になって努力してくれるとしたら

本当にうれしく思い、

あなたのことを本当に大切にするでしょう。

 

普通の人は自分の為に

犠牲をはらって努力してくれるあなたを

無下にはしないのです。

 

 

一度経験してみると

いかに被害者の人が

相手の為に相手を分かってあげようと

最大限努力する人かわかってしまうので、

自己愛性人格障害の経験をした人にしか

この話はしたくないのです。

 

世間の常識が、いかにいい加減なもので

固定されたものなのかが

よくわかりました。

 

ちゃんと自分の頭と感覚で理解し、

彼は本当に

あなたのことを思っていてくれるか

考えなければならないのです。

自己愛性人格障害の被害に遭ったことにあるひとは付き合うひとは選ばなければいけない

こんにちは♡

 

今日は、だれにでも

初めから心を開いてはいけない

ということについて

お話ししたいと思います。

 

被害者になったことのある人は

特に人を選ばなければならないと

思います。

 

大人になればなおさらのことです。

 

だれにでも心を開けばよいと

いうもではないのです。

 

特に優しいひとこそ

人をえらばなければいけません。

 

優しすぎるひと、というのは

自分を殺してまでも

相手のために尽くそうとするので

利用してやろうと思う人から見ると

とても簡単に利用できます。

 

それくらいよりそえば

向こうもあなたのことを

大切にしてくれると思いますが、

実はそうではないことのほうが

多いのです。

 

優しいひとはなにかされても

めったに怒りません。

 

だからちょっとくらい

嫌なことされても

さらっと水に流し、

なかったことにしてくれますよね。

 

だから安心してやるひとが

多いんです。

 

自己愛性人格障害でなくても

そういうひとはけっこういますよ。

 

はじめのうちは気に入られていても

だんだんと言いたいことを

言われるようになり、

それでも笑っていると

「全然怒らないもんねえ~♡」と

笑いながら肩をバシッと

叩かれることもあります。

 

 

優しいひとこそ

自分がどんなふうに扱われているか

きちんと相手をみてくださいね。

 

本当に

お互いがふざけあって

笑いあっているならいいのです。

 

それに見せかけた

嫌がらせではありませんか?

 

嫌がっているのにやめない、

とか初めのうちはよかったけど

もうやめて、ってなっているのに

なんで?いいじゃん。

冗談だよ?と言ってやめないのはもはや

ふざけているのではありません。

 

だんだんと

自分がやられるようになってきて

苦しくなると、

あなたの優しさは消えてしまいます。

あなたの魅力はすべてなくなっていて

気づいたら

どんなに嫌なことをされても

無表情に、

何の感情も持たないあなたがそこにいます。

 

本当に怖いので

あなたのまわりに寄ってくるひとを

よく見てお付き合いをしてくださいね。

 

 

なにかおかしいと感じたら

できるだけ早く離れることが

被害を最大限に小さくする

最大のポイントです。

 

あんなにステキだったあなたの魅力が

いつの間にかなくなってしまっています。

 

すべて奪い取られてしまい

あなたから魅力がなくなり

誰もあなたを相手にしなくなると

自己愛性人格障害のひとは

満足して捨てるのです。

 

あなたにまだ魅力があるうちは

誰かに拾われてしまうので

絶対に捨てようとしません。

 

こうやってどんどん魅力も

感情も吸い取られてしまうのです。

 

Tiaraはたまに

自分がすごく嫌なことを言っているなあと

怖くなる時があるのですが

これを教えてくれる人はなかなかいないので

みんな自己愛性人格障害でも

前向きにひたすら頑張ってしまうのです。

 

もっと早く離れることができたら

もっと早く気づけたら

こんなにも苦しまずに済んだのにと

思う被害者を1人でも無くすために

本当のことを知ってほしいのです。

 

あなたはあなたの魅力の

邪魔をするような人のそばに

いないでください。

 

本当はあなたはもっと

素敵な世界へ行けたかもしれないのに、

せっかくの楽しい人生を無駄にしてしまいます。

 

 

自己愛性人格障害のひとも

邪魔をしているつもりもないので

気づきにくく、

どうしてこんな風になってしまうのか分かりません。

 

だから被害者のほうができるだけ

自分の気持ちに早く気づいて

あなたを大事にすることができれば

あっという間にまた楽しい世界が

始まるのです。