自己愛性人格障害の被害はあなたのせいじゃない

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の被害は

あなたのせいじゃない、ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

あなたは自己愛性人格障害の彼との

トラブルの連続で悩み、

Tiaraのサイトにたどり着いたのだと思いますが、

みなさんの彼がもし、

自己愛性人格障害でなければ

言われなくてもいいようなことを

言われています。

今までのトラブルでいっぱい泣いたと思いますし、

心を傷つけられることをされたことも

何度もあると思います。

 

そしてあなたのせいにされ何度も何度も

言葉や態度で責められたでしょう。

 

もしかしたら

あなたに本当に非があるときも

ないときもすべて

あなたのせいにされているんじゃないか

と思います。

 

どれだけ彼に気を使っても

とても理不尽で腹の立つようなことをされ

それでも我慢して彼に言うこともできないのに

責められるということも何度もあるでしょう。

 

 

自己愛性人格障害の人にとって

あなたがやったことも

自分がやったことも

悪いことはみんなあなたのせいなのです。

 

そして、

あなたがいいことをした時や

彼の為にやったことは

まったく忘れられています。

 

というよりも

貰ったその時も

彼はちっともあなたに感謝していません。

 

それどころか

あなたにいいところを持っていかれたと

強烈に嫉妬している可能性もあります。

 

自己愛性人格障害の人にとって

あなたの為にしたことは

いつまでも覚えていてあなたが彼にしてあげたことは

全く頭に残っていないのです。

 

これは彼とプレゼント交換をした時などを

思い返してみるといいでしょう。

 

自己愛性人格障害の人は

すべてにおいて

目の前の相手よりも上でなければならず

すべてにおいて勝ちでなければなりません。

 

それは恋人のプレゼントに対しても

同じなのです。

 

これは彼にしてもらったことがどれだけかではなく

あなたが彼の為にしてあげたことを

彼がどれだけ感謝してくれたかを見ればわかると思います。

 

普通の人ならば

ものをもらったり自分の為に

相手が何かしてくれた場合、

そのものももちろんうれしいのですが

何より相手が自分の為に

してくれた気持ちがうれしいのだと思います。

 

自己愛性人格障害の場合、

自分がやったことに

あなたが感謝しないと怒りますが

あなたがしてくれたことには

ちっとも関心を持たないのです。

 

これに気づくと

とてもみじめな気持ちになるでしょう。

 

自己愛性人格障害の人は

相手の価値に全く興味がありません。

 

興味があるのは自分の価値だけで

相手を見ることはできないのです。

 

むしろ相手に価値があると嫉妬をして

それをつぶしたくなるでしょう。

 

だから自己愛性人格障害の人に

あなたの価値を見せてはいけません。

 

見せるとただやきもちを妬かれ

つぶされて捨てられるだけなのです。

 

あなたが彼の為に一生懸命やったことは

すべて無駄になるのです。

 

自己愛性人格障害の対策とは?

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の対策について

具体的に何をしたらいいのか

ということについて

お話ししたいと思います。

 

今現在、自己愛性人格障害の

被害にあっている人も

もう自己愛性人格障害の彼と別れ

ある程度距離をとった場所にいるあなたも

自己愛性人格障害についての対策は

ほとんど同じです。

 

何をすればいいかというと

自己愛性人格障害の人に心を支配されない、

ということです。

 

あなたの彼が自己愛性人格障害だとして

ある程度長い期間付き合えたのだとしたら

あなたは本来

かなり

人に合わせることのできる人間でしょう。

 

ですが、あなたは、自己愛性人格障害の人から

見た目や印象を悪くされているので

話が通じないと思われたり

メンヘラだと思われたり、

うざいくらいに

彼に寄り添いすぎている人だと

思われているかもしれませんが違います。

 

あなたの印象は

自己愛資性人格障害の人によって

コントロールされているので

本来のあなたの良さが伝わってきません。

 

それはあなたも嫌ではありませんか?

 

本来恋人同士とは

彼と一緒にいると

幸せになれそうと思って

彼と付き合うことになったんですよね?

 

ですが、彼が自己愛性人格障害だった場合は

初めの印象に本来の彼の姿を

見破ることが出来なかっただけ

ということになります。

 

自己愛性人格障害の人と

一緒にいても

あなたは幸せになれることは

決してありません。

 

彼の自己愛性人格障害に気づけたのなら

彼のことを本当の意味で

分かってあげられるのは

あなたしかいないかもしれません。

 

ですが、そんなあなたに信頼を寄せて

自己愛性人格障害の人は安心して

どんどん虐待を無意識のうちにしてしまい

あなたをつぶしたくなってしまうのです。

 

誰でも初めの印象はよく

付き合いだすとがっかりしてしまう面も

あるかと思うのですが

そこから欠点も愛せるようになり

お互いに人間的に認め合うことが出来るのが

愛だと思います。

 

 

自己愛性人格障害の人と恋愛関係にあることは

よくあることだと思うのですが、

自己愛性人格障害の人が

愛情に代わることは決してありません。

 

あなたは

彼の欠点も愛そうとするかもしれませんが

あなたが努力をすればするほど

自己愛性人格障害の人は

あなたを傷つけることになります。

 

あなたが愛する彼と一緒にいて

どうしても苦しくなってしまうのは

こんなわけがあるのです。

 

それでもあなたは彼と一緒にいることを

望みますか?

 

Tiaraは自分の力で幸せになりたいです。

 

その時に自分のことを

愛する人がそばにいてくれたなら

とても幸せだと思うのですが

自分をつぶす人とは一緒にいたくありません。

 

だから自己愛性人格障害の人は

どんなに素敵に見えても

それは自分をよく見せるためだけの為で

彼がしていることで

あなたを幸せにするためではないのです。

 

むしろあなたは

彼のおなかの中の

怒りをぶつける便利な道具であり

あなたが周りからどう見られようが

苦しんでいようが

彼にはそれを考えることが出来ないのです。

 

あなたが初めに彼と一緒にいたら

幸せになれると考えた素敵な彼は

もういません。

 

彼はあなたの中の幻だったのです。

 

自己愛性人格障害の対策とは

別れる前も別れた後も

彼が何をしようと

心を引っ張られないことです。

 

彼のまやかしにいちいち心を

かき乱されなくなれば

自己愛性人格障害の人のそばにいても

あなたが辛くなることはもうないでしょう。

自己愛性人格障害のひとは被害者をみじめな状態にしてしまうのが好き

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は

被害者を

みじめな状態にしてしまうのが好き

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害の人は

自分で意識していませんが、

被害者をみじめな状態に

してしまうことが好きです。

 

たとえば彼にすがって

彼のご機嫌を必死で取り、

平和にやっていこうと

努力しているところを

完全につぶしてしまったり、

職場や学校で誰1人

被害者を相手にしなくなり

必死で話を聞いてもらおうとして

苦しくて

正気でいられなくなっているところを

見たり

職場を追いやられて

仕事に着けなくなり

生活そのものに困っているところを

外部から聞いて

自分のほうが上だと満足しています。

 

自己愛性人格障害の人は

自分で被害者を

そういった状態に追いやって

自分は他人事のように

それを見ているのが好きなのです。

 

そしてその姿は

みじめであればあるほどいいのです。

 

 

あなたはまさか自分の大切な彼が

そんなことをしているとは

思わないでしょう。

 

ですが、自己愛性人格障害の人は

病的に自尊心が低いため

人を潰して眺めていないと

自分には生きる価値がないと

思っていて

その恐怖に怯えています。

 

そのためあなたに

恨みがあるわけでもないのに

どうしても

あなたを潰してしまうのです。

 

自己愛性人格障害のひとも

そんなことを

したいわけではないのですが、

ひとの事を考えている余裕がないほど

自分の価値のなさに怯えています。

 

それは幼い頃に

そのままの自分でいることが

許されず、ものすごく頑張って

他の他人よりも尊大な自分でいないと

認められないと思い込んでいます。

 

だから本当の自分を

知られることが怖く

常に虚勢を張っている状態です。

 

 

そして、そばにいる人を

いちいち毎秒ごとに

すこしづつ見下しながら

自分の尊大でりっぱなところを

無意識のうちに見せつけていき、

なぜか周りのひともそんなそぶりから

自己愛性人格障害のひとを

少し上に見ながら

その状態に慣れていきます。

 

そしてその中から

弱い人物や彼に惹かれた女性を

自分の思い通りに動かし

表面的に立派にふるまいながら

潰していくのです。

 

被害者になるようなひとは

それでも

自己愛性人格障害の彼を尊敬し

彼についていきたいと思うか

彼に逆らうことが怖いので

したがっているかの

どちらかになります。

 

 

そして被害者自身も自ら反省し

どんどん潰されていき

それでも離れようとしません。

 

世間の人はそのことに気づかず、

被害者が何かしたんだろうと

思っている人がほとんどですが

この被害者が本当は何もしていなくて

むしろ自己愛性人格障害人と

仲良くやるために

必死で努力していたことを知ったら

どう思うのでしょう?

 

 

人によっては

かわいそうだなと思う人もいるかも

しれませんが

もしかしたら馬鹿だなと思う人も

いると思います。

 

人はみな正義ではないのです。

 

同じことを

考えるわけではありません。

 

いろいろな考え方をする人がいます。

 

あなたは自分の身は

自分で守らなければ

誰かに守ってもらえるとは

限らないのです。

 

あなたが自分を守る方法は

人に振り回され過ぎないことです。

 

周りの人に惑わされず

自分の気持ちとひとを見る目を

養ってください。

 

そして自分の心が

すり減らされるような関係は

無視してください。

 

敵対心は見せる必要はありません。

わざわざ牙をむく必要はないですよね?

 

だってその人にはその人に考えがあるし

あなたがただ、それを

受け入れないでいるだけなのですから。

 

好きな人だけを周りに置くことは

できませんが

少なくとも、

あなたを大切にしないようなひとを

そばに置いてはいけません。

 

そばにいないだけです。

 

あなたは人のために自分の人生の

大切な時間をうばわれてしまうのです。

 

このことから何にきがついたかというと

ようは、そんなに嫌な思いをしているなら

パッと離れちゃえばいいんですよ。

 

根性出して、

しがみついている必要はありません。

 

友達も恋人も同じです。

 

あなたに害をもたらすひとと

くっついていただけです。

 

そういうひとと離れることが

あなたの人間関係を

トラブルのない穏やかなものに替えるのです。

 

簡単なことです。

 

それだけであなたは

あなたのままいても

穏やかに暮らしていけるのです。

 

 

自己愛性人格障害の人の感情の浮き沈み

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の

感情の浮き沈みについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人は

普段はとても穏やかに見える場合が多いです。

 

その人の性格によってテンションが高い、とか

穏やかで親切、とかいろいろありますが

いいときは本当にいいです。

 

普通の人よりも好印象なくらいです。

 

ですが、普通の人から見ると

何も起こっていないのに急に撃沈したり

逆にイライラしたり

激怒したりすることがあります。

 

Tiaraは初め、この感情に対して驚いて

アスペルガーを疑いました。

 

ただ、アスペルガーについて調べているうちに

少し彼のことが怖くなり

一緒にいられないかも、と思っていたのですが、

明らかに違っている部分があったのです。

 

 

アスペルガーと自己愛性人格障害の違いは

整理整頓ができるかできないかです。

 

 

自己愛性人格障害もアスペルガーも

普通のひとでは怒らないようなタイミングで

突然怒りだすのですが、

アスペルガーの人は一度に2つの作業ができないとか

部屋の中をきれいに片づけられないのです。

 

 

その特徴を見て

彼は明らかにアスペルガーとは違っていました。

 

引き出しの中も部屋も完ぺきなまでに

きれいなのです。

 

整理整頓はむしろ得意と言えます。

 

正直ほっとしました。

 

突然意味もなくキレられたら怖すぎる。

 

そう思いましたが、

どうやらアスペルガーではなさそうなので

良かったと思いました。

 

やはり彼には

たまたま機嫌の悪くなるようなことが

あったんだな、と思いました。

 

ところが、自己愛性人格障害は

アスペルガーよりも怖かったのです。

 

決定的な違いは

アスペルガーは自分でも自分を持て余していて

どうしてもイライラしてしまうタイミングが

ひととは違うのですが

本人は後から自己嫌悪に陥ったりして

人を傷つけるために怒る、というよりは

自分でも自分の感情を押さえられなくて

自己嫌悪に陥るのです。

 

アスペルガーは自分の行動を

後になって反省することができます。

 

 

ところが自己愛性人格障害のひとは

脳は正常ですので

相手を傷つけるつもりでさほど怒っていないとしても

激怒して見せて相手を怒らせたり

相手を怖がらせたりして混乱させますが

自分は全く悪いことをしたと思っていません。

 

 

そして自分が

どうしてそんなことをしてしまうのかも

分かっていないのです。

 

 

つまりアスペルガーは身の回りの

整理整頓はできませんが

自己愛性人格障害のひとは

その場その場で尊大な自分を演じたり

自分の怒りを発散させるために

自然なシチュエーションを考えて行動しているので

全く感情にはつながりがありません。

 

 

だから後になって考えてみても

自分がどうしてそんなことをしたのか

分からないのです。

 

つまり

心の整理整頓ができていないのです。

 

 

話し合いも通じないなんて

この先一緒にやっていくことなんてできない、

と思いました。

 

彼が突然激怒することに

初めのうちはずっと自分のせいだと思って

悩んでいたのですが

そのうちに何もないときまでわざわざ

トラブルが起こっているような言い方をして

Tiaraが悪いと言っていることに

気づき始めたのです。

 

 

あまりにも不自然だったのでもしやと思い、

それからは

さすがにここでは怒れないだろうというくらい

わざと

絶えず穏やかでいるように気を付けていました。

 

彼がこじつけて何か言ってきたとしても

できるだけ普通に

穏やかすぎるほど穏やかに答えたり

ちょっと笑いながら大げさなほど

ゆるりと穏やかに返すようにしてみました。

 

するとだんだん

彼も怒りにくくなってきたのです。

 

彼と仲良くやっていくために

気を付けてどんなに些細なことで怒る彼でも

こちらが細心の注意を払って

穏やかになるように

持っていけば怒りようがない、

と考えたのです。

 

作戦はうまくいき

だんだん彼も怒れなくなりました。

 

 

初めてそれを試した旅行の時は

1度もけんかになることなく帰ってきたときは

こころのなかで

(やった!)と思いました。

 

 

こうやって気を付けていけば

どんなに怖い彼だって

怒れなくなる、そう考えて

二人の仲が出来るだけ穏やかでいられるように

話し方や表情、答えかたに

何1つ怒れないような言い方で話し

彼の提案には一切反対せず

彼がしたいことを

していくようにしていきました。

 

それからは二人の仲が

壊れることはなくなり

別れ話も出さなくなりました。

 

もうこれでけんかをせず、やっていける、

そう思っていました。

 

ですが、そうしていることにより

やはり、穏やかでいることに

我慢できなくなったのか

あまりにも不自然にしかりつけようとしたり

怒ろうとしたり、

トラブルを起こそうとしていることが

明確に分かる怒り方を

するようになったのです。

[ad#co-1]

そこで、ああ、この人はどんなに気を付けても

明らかに故意にトラブルを起こそうとしている、

と気づいたのです。

 

自己愛性人格障害の人は

あなたがどんなに気を付けても

なにも逆らわなくても

ずっと穏やかでいることは

不可能です。

 

 

だって本当に怒っているわけではなく

わざとトラブルがあるように見せかけ

あなたを悪者にしないと

気が済まないからです。

 

そのことに気づいたとき

彼が普通ではない、ということに

気づいたのと同時に

どんなに頑張っても

同じ人とずっと一緒には

やっていけないと思いました。

 

それがたとえあなた以外でも

誰でもやっていけないのです。

 

というより

やっていけないように持っていき

それでも無理やりあなたのせいにして

怒りをぶつけないと気が済まないのです。

 

Tiaraは故意になにも逆らわないように

何一つ意見を言わないように、

彼を称賛し、彼に賛成し

彼の望み通りにしました。

 

でもそんな人普通はいないですよね。

 

それだけ極端に彼に合わせても

怒るのです。

 

理由なんてないのです。

 

理由は

彼はどうしても

何らかの理由を付けて怒りたい、

ぶち壊したい、つぶしたい、

悪者が欲しい、自分がいい人になりたい、

ただそれだけなのです。

 

 

これは体験した人にしかわかりません。

 

自己愛性人格障害を体験していない人に

話しても

「あなたが気づかないうちに

彼を怒らせるようなことをしたんじゃない?」

と言われるだけです。

 

本当に何もしていないことは

あなたにしかわかりません。

 

Tiaraも今まで自分が努力して

やっていけない人なんていない

と思っていました。

 

でも今はわかります。

 

彼だけじゃなくて

世のなかにはいっぱい

こういう彼のような感覚を

持った人がいることを。

 

あなたもこれに共感出来たら

おそらくあなたのそばにいる人は

自己愛性人格障害の人なのでしょう。

 

自己愛性人格障害の人が

どうしても人の上に立たないと

生きていけないほど

辛い思いをして幼少期を育ったのでしょう。

 

子供だと

大人がどんなに理不尽でも

勝てるわけがありません。

 

そんな状況下に育ってしまった人が

自己愛性人格障害になるのです。

自己愛性人格障害の彼が変わってしまうタイミング

こんにちは♡

今日は自己愛性人格障害の彼が

付き合いだした当初と

変わってしまうタイミングについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

出会った最初のころは

とても好印象を持つ人が多いです。

 

 

コミュニケーション上手だったり

仕事ができて冷静で紳士的だったり

とても親切で細かいところに

気配りができたり。。

 

そんな彼の素敵なところに

惹かれたんだと思います。

 

自己愛性人格障害の彼に

あなたのほうから近づくことは

あまりありません。

 

 

中には「私から告白しました。」

という方もいることはいるのですが

必ず初めに自己愛性人格障害の彼のほうから

あなたのことが強烈に好きだということが

態度に出ていたり、

はっきりと好きだと

言われていたりしています。

 

 

本当に、自己愛性人格障害のひとに

自分から告白をしてしまうと

初めから精神的虐待をされてしまう可能性が

大だと思います。

 

だってはじめからターゲットとしてある程度

育ってしまっているのですから。

 

自分のことを好きだということは

初めからある程度の嫌がらせをしたとしても

被害者のほうから歩み寄ってきたり

もっと気に入られるように努力したり

彼からフラれて落ち込んだりします。

 

だからもし、自分から彼のことを

好きになって告白した場合、

けっこう初めの段階から

嫌がらせをされていると思います。

自己愛性人格障害のひとと

ある程度、楽しい恋愛を経験できるのは

彼があなたをターゲットとして

あなたにどんなにひどいことをしても

あなたが離れていかないような人なのかを

判断し

ターゲットとして育て上げならないのです。

 

その期間に

惹きつけ行為を全力でします。

 

その期間があなたが彼といて

最高に楽しい恋愛期間だと言えるのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

自分のすばらしさを

ほかの人に見てもらうのが好きなので

あなたに彼の素敵な所や

得意なこと、親切なところ、センスの良さ

才能などあらゆる良いところを見せつけて

あなたを夢中にさせることができます。

 

そしてあなたが、

もう彼と絶対に離れたくいない、と思うほど

彼のことを信頼した場合は

少々彼のおなかの中の怒りを

あなたにぶつけたとしても

あなたが離れていかなくなります。

 

初めのうちは

ちょっと不機嫌な顔をしてみる、など

本当に小さな事から始めてみます。

 

それでもあなたが怒らなかったり

気づいて彼のご機嫌を取るような行為を

してしまうと

さらに攻撃を強めてみて

あなたの様子を見ます。

 

あなたがある程度

嫌なことをしても我慢してくれると分かると

彼のことを大好きなあなたになら

彼は安心して

おなかの中の怒りを

ぶつけることができるのです。

 

 

そして、彼とあなたの距離が近づくにつれて

(あんなに優しかったのに何でなんで?)

とあなたが思ってしまうような

出来事に遭遇します。

 

これはたいていの自己愛性人格障害のひとが

よくやる行為で

自分に惹きつけておいて

突き放すのが好きなのです。

 

 

あなたが「なんで?なんで?」と

意味も分からず

彼の気持ちを疑うような出来事に遭遇し

彼に問いかけると

あなたのせいだと言われます。

 

あなたは彼に何もした覚えがなく

なぜ彼が怒っているのか分かりません。

 

普通のひとならここで

自分が何もしていないのに怒る彼がおかしい、

とすぐに気が付くのですが

被害者になるよう人は

彼が怒っているのは

自分の何が原因なんだろう、

と悩んでしまいます。

 

そして悩んでいるあなたを見て

彼はあなたをこじつけで

悪者にすることができると

確信します。

 

自分で自分を反省することのできる

責任感の強い人ほど

悪者にされやすいのです。

 

 

あなたが苦しい思いをしたくなければ

人を簡単に好きになってはいけません。

 

疑って生きろ、ということではなく

きちんと判断もしないうちに

なんでも許してしまったり

自分が我慢ばかりしすぎてはいけません。

 

彼のことを好きになってしまってからだと

深く傷ついてしまいます。

 

あなたを本当に大切にしてくれる人物かどうか

細かい疑問も流したりせず、

正しい判断をすることが

自己愛性人格障害から身を守るコツなのです。

 

誰でもいいから自分を好きになってくれた人と

とすがってしまう人は

その人が本当に

あなたを大切にしているかどうかを

きちんと見極めることが大切なのです。

 

自己愛性人格障害のひとの知恵は自分が快適でいるために実に効率的に使う

こんにちは♡

Tiaraコミュニティの懇親会のほうですが

大変ご好評をいただいておりまして

みなさまからまた開いてほしいと

ご要望を多数いただいております。

 

みなさん、同じ悩みをかかえるもの同士

話も弾みますしLine交換などもしていて

和気あいあいと開催されています。

 

また11月ごろ開催する予定でいますので

予定が決まりましたら、

Tiaraコミュニティのページのほうに

詳細を記載させていただきますので

ご希望の方はチェックしておいてくださいね。

 

さて今日は、

自己愛性人格障害のひとの知恵は、

自分が快適でいるためには

実に効率的に使う、ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

これは結果的には

自己愛性人格障害のひとが

モテる理由にもつながってくるのですが、

自己愛性人格障害のひとの行動は

すべて自分のためです。

 

そして子供のころから

このような脳の使い方をするため

それが普通になっています。

 

普通の人は相手のことを思いやり

自分が必死で努力することにより

相手を楽にしてあげよう、とか

みんなで幸せになろう

という風に気持ちが働くのが普通だと

思っているので

自己愛性人格障害のひとの気持ちが

自分のほうに向いていることに気づきません。

 

それが結果的に自己愛性人格障害のひとに

都合がいいように動いてしまうのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

自分が快適でいようとするために

自分が快適ではない状況を

1つでも排除しようとします。

 

たとえばきれい好きな

自己愛性人格障害のひとがいたとします。

 

その人は自分が快適ではない環境が

我慢できないので

自分の周りを丁寧に片づけます。

 

自己愛性人格障害のひとが

いつもきちんとして見えるのは

自分が快適ではない環境は我慢できないので

汚いまま過ごすことはありません。

そして音楽が好きな

自己愛性人格障害のひとは

不快な音が少しでも我慢できないので

不快な音響を取り除き

自分好みのきれいな音響に整えます。

 

 

自己愛性人格障害のひとに

こだわりの強い人が多いのは

このためです。

 

自己愛性人格障害のひとの周りにいる女の子を

別の男の人が

口説こうとしているとします。

 

普通の人は、自分もその女の子のことが

好きな場合ではない場合

さほど気にしません。

 

というか

例えば自分が仲が良かったとしても

別の人が気に入っていて

口説こうとしていることに気づけば

ちょっと遠慮したり

応援したりしませんか?

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

自分がその女の子を

気に入っていたわけではないとしても

その二人がうまくいくことが許せません。

 

うれしそうな別の男の人の顔が

我慢できないのです。

 

そしてその不快な状況を取り除くために

女の子に自分の尊大なところを魅せつけ

口説こうとしている男の人の悪口を

さりげなく言います。

 

そして「俺は違うよ。」などと

その男のひとよりも自分のほうがいいと

さりげなくアピールします。

 

その結果、

女の子が自己愛性人格障害のひとのことを

好きなることは

よくあります。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとにしてみれば

自分の不快な状況を取り除いたまでです。

 

そして自己愛性人格障害のひとは

自分を称賛してくれる人が好きなため

女の子が彼の尊大な自分を魅せつけられて

称賛することもよくあります。

 

するともともとは、

興味のなかった女の子なのですが

別の男の人が口説こうとしていることが

気に入らなくて

取り除こうとした結果

自分を称賛してもらうこととなり

この女の子が称賛してくれることを

どんどんこの女の子に魅せつけていきます。

 

結果、2人にスイッチがはいり

この女の子と自己愛性人格障害のひとが

恋愛関係に落ちていくことはよくある話です。

 

偶然にも自己愛性人格障害のひとの

自分の気に入らない環境を排除する

という習性が

自己愛性人格障害のひとに

都合よく働くのです。

 

このようにあらゆることを

自己愛性人格障害のひとの習慣として

無意識に行っていくと

なぜか自己愛性人格障害のひとに

都合よく働くのです。

 

そして別の男の人が優しい人だったり

遠慮深い人だったり

自分に自信のない人だったりすると

あっさりと引き下がり

自己愛性人格障害のカップルの

出来上がりです。

 

このために苦しめられる女の子が

1人できてしまった、ということになります。

 

このようにあらゆることが

自己愛性人格障害のひとに有利に働き

被害者が増えていきます。

 

 

でも自己愛性人格障害のひとは

自分が我慢できない状況を

取り除いたに過ぎず、

悪気があったわけではありません。

 

自己愛性人格障害のひとの

他人の幸せを認めることができない、という

あまりよくない習性も

なぜか自己愛性人格障害のひとに

有利に働くようになってしまっているのです。

 

自己愛性人格障害のひとにとっての嘘について

こんにちは♡

今日は、

自己愛性人格障害のひとにとっての嘘について

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとは

息を吸うように嘘をつくと

よく言いますが、

嘘だとか、本当だとかは

自己愛性人格障害のひとにとっては

あまり関係がないです。

 

自己愛性人格障害のひとにとって

自分の言うことは

嘘でも本当でもどっちでもいいのです。

 

 

たとえば自己愛性人格障害のひとが

借金がある、という話をしたとします。

 

そして原因は自分にはないんだ、

親が騙されて泣きついてきたから

俺が何とかしてあげたいと思って

肩代わりした。

 

 

だからしばらくは

生活の面倒は見てあげられないんだ、とか

彼がだらしがないとかいうわけではなく

むしろ彼には責任感があり

親のために借金があると言います。

 

もしくは自己愛性人格障害の中に

病気を使う人もいます。

 

 

たとえば、彼のたった1人の姉が

一人暮らしをしていて

体を壊したために

働けなくなってしまったという話を

したとします。

 

その体を治すには難しい手術をしならないそうです。

 

姉弟仲の良い姉のために手術費をねん出して

元気になってもらいたいんだ、と言います。

 

ドラマさながらのきれいな言葉を使い

あなたの面倒はしばらく見られないと言います。

 

それでもそれが終わったら

あなたを必ず幸せにするからと熱く語り

あなたへの愛を誓います。

 

こんなことを平気でやります。

 

でも話の内容からしてあなたへの愛は

充分に伝わるし、

彼の責任感の強さも分かります。

 

そして何より親や兄弟を大切にする思いやりなど

彼にとっては都合のいいことばかりなのです。

でも、あなたから見ると、

彼はとても魅力的だし信頼するには、

充分に値する人物に見えるし

こんな人があなたのことを大切にすると

言ってくれているのです。

 

お金の問題もずっと続くものじゃないし

これだけ責任感の強い彼なら

きっとやり遂げる、と思えるでしょう。

 

これならあなたは彼にメロメロだし

すぐに結婚しなくても別におかしくないし

彼のことが好きなら

信じてついていくと思います。

 

ですがこれが全くの作り話であっても

自己愛性人格障害の場合、

おかしくないのです。

 

その話の設定やストーリーは

彼の性格や状況、そしてセンスによっても

変わってくるでしょう。

 

 

自己愛性人格障害にとっては

嘘とか本当だとかっていうのは

どうでもいいのです。

 

これをいかに結婚までたどり着かず

長くあなたを惹きつけて

おけるか?ということだけなのです。

 

目的はあなたを落とすだけです。

 

いかにこれを結婚までたどり着かず

長くあなたを惹きつけておけるか、

目的はそれだけなのです。

 

目的を達すればそれだけでいいので

嘘をついたという罪悪感は

ほとんどありません。

 

 

自己愛性人格障害の彼は目的のために

その場で一番都合のいい彼を

見せただけないのです。

自己愛性人格障害のひとがあなたと別れた後にさみしがるわけとは?

こんばんは♡

今日は自己愛性人格障害が

あなたと別れたあとに

寂しがるわけについてお話しします。

 

あなたと別れてしばらくすると

彼から

「あなたのことばかり考えているよ。」

とか

「あなたがいないと寂しくてたまらない。」

とか

「あなたが他のひとにとられると思うと

気が気じゃないんだ」と

熱烈に言われたりしませんか?

 

大好きな彼から

そんなことを言われてしまうと

今すぐにでも

会いたくなってしまいますよね。

 

でも自己愛性人格障害のひとは

本当にあなたの事が好きで

そういっているわけではありません。

 

もしかしたら彼自身も

本当に寂しくて

そう言っているのかもしれませんが

厳密に言うと、

普通の人の愛情とは少し違います。

自己愛性人格障害のひとの

物の考え方の癖というものがあって

本人はそんな気はないのですが

どうしても普段からずっと

物事をすべて

自分主体でしか、

かんがえることができません。

 

 

人のきもちが傷つく、とか

辛い思いをしている、ということは

どうでもいいのです。

 

わざわざ傷つけてでも

自分のほうが優位にたてると思えば

それがたとえ恋人や両親

そしてたとえ自分の子供だとしても

平気なのです。

 

しかし、自分主体で考えて

自分がひどいことをしている、

と思われるのは

強烈なほどに怖いので絶対にしません。

 

ですが、ターゲットになるような人は

どんなにひどいことをしても

歩み寄ってくることを知っているので

傷つけても平気なのです。

 

このことから

彼を大好きなひとや

彼と別れたくないからと

頑張っているひとは

即座にターゲットになります。

 

普通のひとなら

自分のことを愛してくれるひとには

せいいっぱい

応えようとするでしょうし、

応えられないまでも、

自分のことを大切にしてくれるひとを

大事にしようとするでしょう。

 

あなたは彼が普通のひとだと

思い込んで

せいいっぱい努力をしてきたので

とんでもなくひどい

奴隷になっています。

 

そのことに気づかずに

彼にわかってもらおうと

自己愛性人格障害のひとには

逆効果なのを知らずに

どんどんターゲットに

なっていってしまうのです。

 

彼があなたと離れて寂しいのは

時間をかけてすこしづつ

気づかれないように

育ててきたターゲットに

ここで逃げられてしまったら

自分がなんのために今まで一生懸命

やってきたのか分からなくなります。

 

そして、また一から別のターゲットを

育てることは

それなりに時間も労力もかかるので

あなたを逃がしたくないのです。

 

あなたに逃げられることが

何よりも不安なのです。

 

ところが普段は、あなたが

自分から必死に彼に歩み寄ってきているので

そんなことを思いもせず、

あなたに小さな嫌がらせを

気づかれないように徹底的にやっています。

 

 

もちろん、自己愛性人格障害のひとも

その程度により

自分がそんなことをしているなんて

気づいていない場合も

気づいていてやっている場合も

あります。

 

この場合、どちらかというと

気づいていてやっているほうが

自己愛性人格障害の程度としては

軽いでしょう。

 

ひどければひどいほど

全く気づかずにやっていて

自分はいい人だと思い込んでいます。

 

気づいていてやっているひとは

もしかしたらサイコパスか

逆に普通のひとで単に

性格が悪いだけの場合もあります。

 

世の中には

単に性格が悪いだけのひとのほうが

多いですし、

単に性格が悪いだけのひとは

なにかのきっかけで

反省してやめることもあります。

 

ですが、自己愛性人格障害の場合は

自覚をすることがないので気づかないのです。

 

そして本当に

あなたを失いたくないという血相で

連絡してくるので

あなたも彼のことを信じてしまい

2度と彼と離れたくない!

と思ってしまいます。

 

その思い込みによって

次に彼とくっついた時には

前よりもさらに我慢してしまい、

お互いに症状がひどくなってしまうのです。

 

彼があなたと別れた後に

強烈にしがみついてくることは

あなたを離したくなく

そして戻ってきたときは安心して

もっと以前よりも

ひどい嫌がらせをしても平気になり

どんどん症状が悪化していくのです。

自己愛性人格障害の被害から抜けた後に待っていることは?

こんにちは♡

今日は、

自己愛性人格障害の被害から抜けた後に

どんな生活が待っているかということについて

お話ししたいと思います。

 

Tiaraの恋愛相談室を訪れる人は

しばらくするとモラハラ被害から

たいていの人は徐々に抜けていきます。

 

それでも彼から離れられず

自己愛性人格障害を分かったうえで

彼と一緒にいる人も

中にはいますが、

たいていの人は離れていきます。

 

離れる前はたいてい激化しており

その時の自己愛性人格障害人の性格や

症状の程度によって

本当にひどく心に残るものも

数々ありますが、みなさんたいていの方は

その後しばらくたってから

連絡をいただくことが多いです。

 

その中で本当に彼から離れてしまった人が

どうなっているかということを

少しご紹介させていただきます。

 

Tiaraもそうですが、

みなさんたいていの方は平和に暮らしています。

 

中には、

新しい彼が出来た、という嬉しい報告も

いただいておりますが、

そういった方でも

ほとんどの方が、自己愛性人格障害の彼を

忘れることが出来ないといいます。

 

まだ好きだという気持ちが

残っている方も見えますが

それは日にちがたつにつれ

少しづつ薄れていく人がほとんどで

もう好きだという気持ちが

なくなった人は

不可解で衝撃的な出来事を思い出しては

現在の平和な暮らしに満足しています。

 

ですが、どうしても彼の様子が気がかりで

彼の生活を心配している人が

ほとんどです。

 

自己愛性人格障害の本人も

激化して大事件を起こし、

愛する人が離れてしまったことにより

自分の症状を少しでも抑えられないかと

努力している方もみえますし、

また同じことが起こるのが怖いと

意識的に

誰とも一緒にいないようにしている方もみえます。

 

自己愛性人格障害の人も

人はコントロールできても

自分はコントロールできないのです。

 

もしかしたら自分で自分の感情を

コントロールすることが出来ないので

自分の怒りの感情が出ないように

周りの人をコントロールしているのかもしれません。

 

自己愛性人格障害の彼が激化して

最後はひどい事件になってしまった人も

離れて今は平和に暮らしています。

 

被害者は、自己愛性人格障害の人から離れれば

自分がおかしくなかったことに

明確に気づきます。

1938年の「ガス灯」という有名な古い映画では

夫が周囲の人に妻が正気を失ったと思わせて

自分の殺人事件を隠すという

ストーリーのものがあります。

 

これは自己愛性人格障害のひとが

よく被害者に行うと言われています。

 

ガス燈の紹介:1944年アメリカ映画。1940年に制作された同名映画のリメイク作品。結婚を機に叔母が殺害された家で暮らすことになったポーラ。彼女は夫から物忘れや窃盗癖を指摘されるようになり、次第に自らの正気を疑うようになる。精神的に追い詰められていくポーラの恐怖と謎を描いた心理サスペンスの名作。ポーラ役のイングリッド・バーグマンがアカデミー主演女優賞を受賞した。
監督:ジョージ・キューカー 出演者:シャルル・ボワイエ(グレゴリー・アントン)、イングリッド・バーグマン(ポーラ・アルキスト・アントン)、ジョゼフ・コットン(ブライアン・キャメロン)、アンジェラ・ランズベリー(ナンシー・オリヴァー)、バーバラ・エヴェレスト(エリザベス・トンプキンス)ほか

映画ウォッチより 引用 https://eiga-watch.com/gaslight/

 

妻に間違った情報を与え、妻がおかしいと思うと

妻のほうの感覚がおかしい、という風にふるまい

妻自身も自分の頭がおかしくなったのでは

と思いだします。

 

周囲の人も妻が正気ではないと思っているので

妻が目撃証言をしても信じてもらえません。

 

古い映画ですが今はHuluとかもありますので

機会があれば一度見てみることをお勧めします。

 

このような行為をガスライティング行為と言い

自分の不祥事を隠すために使うのですが

自己愛性人格障害の人も

このような手口をよく使います。

 

だからそばにいると

あなたの信用を失ってしまいますので

あなた自身も

自分が信じられなくなってしまいますが

これは離れてみると、

今までの不可解な出来事が

うそのようになくなりますので

自分はおかしくないことに気づき

そういった人のそばにいると

あなたも病気になってしまうかもしれませんし、

周囲の信用も失ってしまい、

その場所でまともに相手にされなくなります。

 

ですが、あなたはまともなので

離れてしまえば

何も起きないことにも気づきますし、

周りの人にもあなたがおかしいなどとは

思われないのです。

 

そして自由に生きていてもトラブルもなくなり

平和に過ごすことが出来るので

たいていの被害者は本当のことを

肌で感じるようになってくるのです。

 

自己愛性人格障害の被害から抜けた人は

それを肌で感じて自分が信じられるようになり

周囲の信頼も得ることが出来るようになります。

 

 

つまり自己愛性人格障害の被害は

あなた自身ではどうすることもできず

自己愛性人格障害の人に

奈落の底に突き落とされることになるのです。

 

自己愛性人格障害は病気で

本人にもどうすることもできませんが、

あなた自身が絶大な被害を受け

心が病んでしまいます。

 

不思議なことなので

自己愛性人格障害の被害から抜け出た人も

忘れることはできませんが

平穏な日常を取り戻すことが出来ます。

 

彼が自己愛性人格障害だと知らずに恋に落ちて

長い間、彼から離れられなかった人は

相当なショックを受けますが、

普通の人よりも魅力的に見えることもあり

あなた自身も自己愛性人格障害の人の

苦しみが何となくわかってしまうので

そばにいてあげたいとか、

何とかしてあげたい気持ちにもなるでしょう。

 

ですがそれでは、あなたは被害者になることになり

一緒にいられる間は彼のことを

一生懸命愛したことは事実ですが

あなたに思いやりがあればあるほど

ひどいことになります。

 

彼のことを思えば思うほど

彼の症状はひどくなるのです。

 

悲しいですが、どちらのことを思っても

いいことはありません。

 

被害から抜けた人の幸せな姿を見て

あなたも早く離れられるよう

自分の幸せな状況を報告してほしいという

要望が多数ありますので

あなたが早く楽になれるようお祈りして

これからも被害者の幸せな情報を

提供していきたいとおもいます。

自己愛性人格障害の人はライバル意識が半端なく高い

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は

ライバル意識が半端なく高い

ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとは

ライバル意識が非常に高く

自分が一番でないときがすみません。

 

そのため、あとから間違っていると

言われることが嫌いで

間違っていると人から言われないように

念入りに細かく調べてから

実行していたりします。

 

だから作業はとても細かい所まで

調べてから、

間違いのないようにしかしません。

 

それほどまでに間違いを指摘されることは

自己愛性人格障害のひとにとって

許せないことなのです。

 

だから自己愛性人格障害のひとに

間違いを指摘することは

非常に神経を使います。

 

何気なく

注意をしてしまったがために

ものすごく攻撃されるということもあるので

自己愛性人格障害のひとに

間違いを指摘する場合は

細心の注意が必要となります。

 

 

ですが自己愛性人格障害のひとは

極端に臆病な性格のために

そのため失敗が少なく丁寧なのです。

 

そして自分が一番でないと気が済まないので

優秀な人の話を聞くと

その人を蹴落とす話をして

優秀な人の評判を落としたり

自分でもできそうなことなら

調べて急に自分もできる顔をしたりします。

 

今日、会社で社内システムのことについて

ものすごく詳しい人の話が出ていたのですが

その話が終わった後

急に自己愛性人格障害のひとが

社内システムについて

調べだしたり、別の社内システムについて

詳しい人に電話をして

聞きだしたりしだしたのです。

 

ほかの人には

彼が一生懸命仕事をしているようにしか

みえなかったと思いますが

Tiaraは先ほどの話を思いだし、

そのあまりの必死さに感心してしまいました。

おそらくもうしばらくしたら、彼は

その社内システムについて

調べつくし、完ぺきにしてしまうと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

このような特徴があるのです。

 

これが自己愛性人格障害のひとが

本当は責任感が全くないのに

素敵に見えてしまったり

本当に仕事ができるようになる原因で

自己愛性人格障害の特徴が

すべていい方向に働いたときに

起こる特徴です。

 

この特徴のために

自己愛性人格障害のひとは仕事ができて

しかも同時に他人を蹴落とす特徴のせいで

彼より優秀な人を蹴落とし、自分は努力の末

仕事ができるようになり

人から指摘されることを極端に嫌うため

細心の注意を払いますので

ミスも少ないです。

 

 

これが自己愛性人格障害のひとが

魅力的に見え、

責任感のある立派な人物に

見えるわけなのです。

 

 

そして尊大な自分を魅せつける特徴も

合わせ持つため

とても素敵で魅力的な人物が多く

恋愛を精神的虐待に使うことができるのです。

 

彼に魅力を感じて近づいてしまった人は

ターゲットとなり

やがては落とされて彼を称賛したり

彼のおなかの中の怒りを受ける

存在となってしまうのです。

 

そして何かあった場合

あなたは彼の責任をすべて負うことになり

自己愛性人格障害のひとは

すべての責任をあなたに押し付けて

逃げてしまうでしょう。

 

 

このように魅力はすべて自分のものにし

悪いことはすべて人に押し付けて

責任逃れをしますので

より自己愛性人格障害のひとは

魅力的に見えるのです。

 

自己愛性人格障害の人は

自分にとって非常に都合よく

事が回ってしまうので

自分の状態に気づきづらく

また人のことを思いやることが

できない人物となっていってしまうのです。

 

だからどんなに素敵な人物に見えたとしても

あなたが苦しく辛い思いをして

何かがおかしいと感じるのなら

自己愛性人格障害のひとに

決して近づいてはいけません。