自己愛性人格障害のひとの嫌がらせは小さなことを機会があるたびに何度も何度も繰り返す

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとの嫌がらせは

小さなことを絶えず

機会があるたびに

徹底的にやるということについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害の被害は

人に話したときに

信じてもらいにくい特徴がありますが

それはなぜなのでしょう。

 

被害者になった人も

自分が受けている嫌な気持ちを

どうしてそうなったか

うまく説明ができない人も大勢います。

 

 

自己愛性人格障害のひとの嫌がらせは

本当にちょっとしたことを

ちまちまとやるからなのです。

 

人に話しても

「そんなことうちでもあるよぉ~。」とか

「それくらいのこと流してあげなよ。」とか

「そんなこといちいち気にしてたら

やっていけないよ?」

など、本当にちょっとしたことだと

とらえられてしまい

あなたのほうが、

我慢ができない性格だと思われてしまいます。

 

でも実は

あなたは、普通の人が

我慢していることよりも

なん十倍も我慢強い性格なのです。

ところが、

自己愛性人格障害のひとのやり方が

普通のひとでは考えられないような

やり方をするため

理解されることが少なく

あなたが友達に分かってもらおうと話しても

分かってもらいにくいのです。

 

たとえ冗談っぽく話したとしても

あなたがちょっと

嫌な気持ちになるような言い方をしたり

何か準備をしておいたのにそれを台無しにする、

ということを頻繁にします。

 

そんなこと普通のひとでもあるでしょうが、

自己愛性人格障害のひとは

わざとあなたがイライラするタイミングまで

確実に、本当に自然な形でやります。

 

たとえば、

あなたがご飯を作っているときに

彼から遅くなるから今日はご飯はいらない、

と言われたり

遅くなる予定だった日に急に帰ってきて

「おなかすいたから何か作って。」

ということを繰り返します。

 

あなたは急いで何か彼のために準備をしますが

作っている間に

彼が疲れて寝てしまったとします。

 

それが、あなたのために

頑張って仕事をしてきたとしたら

(あなたもせっかく作ったのに。。)

とがっかりしても、何も言わずに

そっと布団をかけてあげたりします。

 

そういったことを何度も何度もするのです。

 

やがてあなたはいつ、

ご飯を用意しておいたらいいのか分からなくなり、

イライラしてきます。

 

突然、友達を連れてきて

「何か作って」ということもあります。

 

この時、彼の無邪気な笑顔に

仕方ないなと思いつつも

だんだん、だんだんとイライラしてきます。

 

これを繰り返し立て続けにやるのです。

 

普通の人もこういう時もあるでしょうが

普通の人はわざとではなく

本当に気が利かなくて

あなたのことを何も考えずやってしまいますが

自己愛性人格障害のひとは

あなたが正常ではいられなくするためにやるのです。

 

そして友達が来た時に

我慢して笑顔を引きつらせながら

必死で作っているあなたを見て

「おい!いい加減にしろよ!」などと

怒鳴りつけます。

 

友達の前で

「作りたくないなら作らなくてもいいよ。」

などとあきれた感じで言います。

 

友達に

「ごめんな。今日は外で食べよう。」などと

優しく声をかけ、2人で出ていきますが

友達もどうしたらいいか分からないような顔をして

あなたに「なんか。。ごめんね。。」

と言いながら出かけていきます。

 

このようなことを繰り返し行うのです。

 

Tiaraはこのとき自己愛性人格障害のひとは

友達にも罪悪感を持たせていると思います。

 

友達も(なんかお邪魔しちゃって悪いな。。)とか。

 

自己愛性人格障害のひとは

あなたの労力を無駄にし、

そしてあなたに罪悪感を持たせ

あなたの友達からの評価を落とし、

そして自分の優しさを周りの人に

アピールしたりするのです。

 

こういうことを日常的に

行っているので

あなたと彼が別れ話になった、というような事を

彼が友達に相談したとしても

自然ですよね。

 

そしてあなたは彼に嫌われたくないのと

罪悪感から彼に謝るのです。

 

でも、自己愛性人格障害のひとは

許してくれません。

 

あなたに

「こんな人だとは思わかなかったよ。」とか

「お前にはあきあきしたよ。」と

がっかりと肩を落とし出て言ったり

別れ話を切り出して音信不通になったりするのです。

 

あなたは彼から連絡がこないことに不安になり

彼からの連絡を待っていると

あなたが限界ギリギリのところで彼から連絡が入り

「あなたを失いたくない。」とか

「会いたい。。」と一言ためて言われたり

「話があるんだ。。」などと言われるかもしれません。

 

自己愛性人格障害だ、というほど

病的な感じはしないですよね。

 

でもこういったことを立て続けにやり続け

確実にあなたの精神をつぶしていくのを

しかも無意識にやっているのが

自己愛性人格障害です。

 

 

普通の人は、まずあなたが

イライラしている段階で

(ヤバい)と思い、

あわててあなたのご機嫌をとろうとしたり

逆に、友達の前で人目もはばからず

自分の評判が落ちてしまうような怒り方をする人も

自己愛性人格障害ではありません。

 

あせったり、キレたり、ということもほぼなく

スマートに、人からは悪く思われないようなやり方で

あなたにダメージを与えることが

板についています。

 

ですが、よく見ると

この友達のように

なんとなくあなたがかわいそうに思えたり

気づく人もいると思います。

 

自己愛性人格障害のひとのやり方は

自分が仕掛けているにも関わらず

あなたが冷静でいられないように

ひたすら小さな嫌がらせを続け

自分はあなたに迷惑をかけられて困っている、

というようなアピールを周りにするのです。

 

 

指摘をされてしまったときは

「冗談だよ。そんなことで本気にならないでよ。」

と笑いながら言って本当に冗談にしてしまったり

逆に

「こんなことでそんないい方されたらたまらないよ!」

と悲しそうな顔をしたりして

あなたのほうがひどいことを言った

という風に持っていきます。

 

そういう小さなことを積み重ねながら

あなたが許していくという過程を踏みながら

嫌がらせをちょっとずつ強くしていき

気づいたら

あなたが彼に言いたいことも言えなくなっていたり

また

私の勘違いかもしれない、と我慢してしまったり

私が悪い、とあなたが罪悪感を

持つようになってしまったりして

気づかなくなるのです。

 

これを自己愛性人格障害のひとの

マインドコントロールといいます。

 

自己愛性人格障害の人を見抜く目と逃げまくって生きる意味

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害を

見抜く方法について

お話ししたいと思います。

 

もしあなたの彼が

自己愛性人格障害だったとしたら

普通の人なら言わないようなことを言われたり

どれだけ気を付けても、

もめごとばかりだと思います。

 

もしかしたら

あなたなら

普通の人とお付き合いをしたら

けんかもせずに

とても幸せな毎日を送れているかもしれません。

 

もちろん周りの人からの信頼を失うこともなく

トラブルもなく仕事や習い事などを

続けて、スキルもアップして今よりも

断然生きやすくなっているかもしれないのです。

 

自己愛性人格障害の人に

狙われやすい人は、

ほかの人よりも魅力的な人も多く

自己愛性人格障害の人に

邪魔をされたりしなければ

いろいろなことがとても

うまくいきやすいタイプなのかもしれません。

 

あなたがもし今、できない子なんだとしたら

それは、自己愛性人格障害の人に

あなたのやることをすべて

邪魔されているからかもしれません。

自己愛性人格障害の被害者の方にお会いすると

普通の人よりも

皆さん驚くほど魅力的な方が多いです。

 

お話ししていても

とても感じがよく、きれいで上品で

知的な方が多いです。

 

個性はそれそれですが、

かわいらしい方や

おっとりした方もいれば楽しい方もいて、

とても自己愛性人格障害の被害にあうような

弱い感じはしません。

 

自己愛性人格障害の人に

つぶされていなければ

魅力的な人なんだと思います。

 

自己愛性人格障害の人から見ると

あなたのそんな魅力的なところも

許すことが出来ず

全力でつぶす原因になっているのかも

しれません。

 

だから自己愛性人格障害に狙われやすい人は

いつ1人になってもおかしくないので

自分のスキルを磨いておくことを

お勧めします。

 

あとスキルを持っていて

1人でも生きていける自信を持っている人は

自己愛性人格障害に狙われにくい特徴を

持っています。

 

自己愛性人格障害の人は

弱ければ弱いほど、

虐待してもいい、存在となってしまうのです。

 

自己愛性人格障害の被害者の中にも

普通の主婦などもいますが

音楽や語学の先生や

医者や女社長さんまでいますので

スキルを持っている方でも

狙われることはあります。

 

 

ですがもし、1人になったときにも

生きていく糧になりますので

スキルは持っていた方がいいです。

 

 

自己愛性人格障害の人に

目を付けられやすい人ほど

自己愛性人格障害の人を見破る目を持ち

自己愛性人格障害の人から

逃げまくって生活をしてください。

 

あなたは

自己愛性人格障害の人のそばにいなかったら

驚くほど才能を発揮するかもしれませんし、

とても魅力的な人かもしれません。

 

そうでなくても

つぶされなければ

自由に生きられるのです。

 

だから人をつぶさなければ

生きていけない人のそばにいたら

いけないのです。

 

自己愛性人格障害は初めはとても好印象で

コミュニケーション能力が高いので

普通の人よりも印象がいいのです。

 

自己愛性人格障害の人は

とてもサービス精神が高いので

自分の得意なことをどんどん見せてきます。

 

なので、いろいろあなたの為に

してくれることも多いので

感じが悪いと感じることは

ほとんどないと思います。

 

ですが、あなたのしてくれたことに

彼がどれほど感謝をしてくれるか

注意してみてください。

 

自己愛性人格障害の人は

自分がやることはいいのですが

あなたがやってくれたことは

認めることすら嫌なのです。

 

あなたは

特に彼に感謝されたいから

していることではないのかもしれませんが、

あなたも彼の喜ぶ顔がみたくて

しているんですよね?

 

もし、あなたが彼の為を思って何かをしたのなら

彼があなたのしてくれたことを

喜んでくれなければ

とても悲しいと思います。

 

自己愛性人格障害の人は

自分は10で相手は0なので

あなたがしてくれたことは

なかったことにします。

 

自己愛性人格障害の人は

あなたがしてくれたことを

カウントすることも嫌なのです。

 

自己愛性人格障害の人はターゲット以外の人には話も通じるし、約束もきちんと守る常識的な人

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は

ターゲット以外の人には

とても親切で話も通じる常識的な人

ということについてお話ししたいと思います。

 

Tiaraの相談室を訪れる方の

話を聞いていますと

自己愛性人格障害の人は

本当にひどいことを言ったり

やったりしますが、

それはターゲットのみにしています。

 

社会的にみると

仕事もきちんとしていて早くて正確で

話も驚くほどわかりやすいです。

 

自己愛性人格障害の特徴の

息を吸うようにうそをつくだとか

話が通じない、だとか

嫌がらせばかりしているイメージは

みじんも感じさせられません。

 

 

それだけに社会的にみると

とても信頼できる人なのです。

 

それには理由が二つあります。

 

自己愛性人格障害の人のとても臆病で

自分が価値のない存在だということを

必死に隠していることと

あともう1つは、尊大な自分を見せていないと

落ち着いていられないから

本当に

レベルアップしてしまっているからです。

 

ターゲットになってしまった人は

本当にひどい扱いを受けるので

周りで見ている人からも

あなたに原因があると思われてしまいますが

本当はあなたを信頼しているから

あなたには安心して虐待が出来るからです。

 

あなたは自己愛性人格障害の人から

俺のこと好きなら

これくらい許してくれるでしょ?

と思われています。

 

そんなあなただから

安心して虐待できるのです。

自己愛性人格障害の人は

何もかもが普通の人と感覚が逆なので

自分が一番信頼できる人に

自分の中の

ほかの人には見せられない大きな怒りを

あなたになら安心して見せられるのです。

 

それは、

あなたがどんなにひどいことをしても

彼から離れていかないと

思われていればいるほど

精神的に痛めつけられて

あなたは自尊心を無くしていきます。

 

そして

自尊心がなくなってしまうからこそ

よけいに彼に頼ってしまい

彼から見捨てられることに

極端な恐怖を抱いてしまうのです。

 

それはもともと

自己愛性人格障害の人の中にあった恐怖です。

 

それをあなたが彼の責任を少しづつ

負ってしまい、だんだんと彼の責任を

あなたの中に

入れ込んでしまったからなのです。

 

それでも、自己愛性人格障害の人と

あなたが入れ替わり彼が楽になるわけではなく

彼の中の怒りはどんどん膨れ上がっていき

やがてそれはあなたに向かいます。

 

あなたを信頼してあなたを

虐待していたはずなのに

やっているうちに彼は

本当にあなたを憎みだすのです。

 

だからどんなに彼のことが好きでも

事態が好転することはなく

どんどんひどくなっていきます。

 

だからこそ少しでも早く

自己愛性人格障害の人から

離れたほうが、あなたの為なのです。

 

Tiaraもそれが実感として

分かったので

あんなにも楽しかった彼に

戻ることはもうないと確信し

もう彼とは話せなくなってしまいました。

 

ですが、それが理解できると

自分には原因がない、と思うことが出来て

自己愛性人格障害の人が

幼いころの体験でそういう風になってしまうと

思うことが出来てとても楽になれます。

 

どんなにそれまで素敵な関係だったとしても

いったんターゲットになってしまった以上

もう元の彼に戻ることは

ないのです。

 

逆に自己愛性人格障害の人に

信頼してもらっていない人や

自己愛性人格障害の人から見て

何を考えているかわからない人は

自己愛性人格障害の人の

ターゲットになりません。

 

むしろ臆病なので

あなたが強いか弱いか、

自分のことを好きか嫌いかわからないうちは

あなたに好かれようと思って

一生懸命親切にしてくれるのです。

 

もしくは親切にする、

とまではいかなくても

きちんとした対応をしてくれます。

 

これはTiaraが態度を変えてから

みるみる自己愛性人格障害の人と

過ごしやすくなっているので

立証済みです。

 

ただし、時間はかかるので

少しづつゆっくり変わっていくことを

理解して焦らないようにしてください。

 

自己愛性人格障害の人のウソやごまかしや

責任逃れは

ターゲットのみにやるので

自己愛性人格障害の人に

つぶされたくなかったら

あなたが彼の責任を取るようなことは

やめてください。

 

あなたの責任でないことは

あなたが責任を取る必要はないのです。

自己愛性人格障害の人はあなたを上げることも下げることも自由自在である

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は

あなたを上げることも下げることも

自由自在である、ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害の人は

その自尊心の低さにより

尊大な自分に魅せることについて

驚くほどの労力を使っており

普通の人よりも

とても素敵に見える方が多いです。

 

ただ、地味な印象を与える方でも

しばらくすると

自己愛性人格障害の症状が

出てくる人もいるので

一概には言えませんが、

Tiaraがみた自己愛性人格障害の人も

相談室を訪れる方のお相手の

自己愛性人格障害の方も

驚くほど魅力的な方が多いのは事実です。

 

自己愛性人格障害の人は

周りのものすべてを使って

自分の魅力を引き出す材料として使い

饒舌にさりげなく

自分の魅力を説明し、

そして自分を称賛してくれる人を

集めます。

 

逆に自分のことをよく思わない人は

寄せ付けないのです。

 

自己愛性人格障害とは

完全に本人の思い込みですが

自分には価値がないと思っていて

そのことが

世間の人にわかってしまうと

生きていけないと思っています。

 

だからどうしても自分を

必死で大きく見せないと

いけませんし、

どちらかというと話し方は

上から目線の方が多いです。

 

今までそんなに深くは

考えたことがなかったのですが

上から目線で話をされると

冷たい印象も与えますが

不思議とその人のほうが

立場が上のようにも思えてきます。

 

そして、

自己愛性人格障害の人を知るまでは

Tiaraはどちらかというと

人を立てる話し方をしていたと

思います。

もともと結婚していましたし、

専業主婦を長い間していたので

仕事をしだしたときは

年齢は上でも周りの人は

すべて先輩で

仕事を教えてもらわなければ

なりません。

 

そして、今も

派遣ですので数年たつとすぐに

別のところへ移動になり

また先輩から

教えてもらうことになります。

 

なので常に後輩のような話し方が

板についていて

子供の学校のママ友も

年上の方が多かったので

自然に後輩口調です。

 

きちんといろいろなことを

教えてもらうためには

礼儀が大事だと考えすぎていて

慣れてきても

何となく相手を立てる癖が

ついていました。

 

その姿が、

自己愛性人格障害の人からしたら

ターゲット認識されやすいところ

だったのかもしれません。

 

あとは、

あなたもそうかもしれませんが

だれを見ても意外と簡単に

称賛するタイプでした。

 

けっこう若いころに結婚していて

家にいることが多かったっため

外に出てきちんと働いたことが

ほとんどなく

働きだしたばかりのTiaraにとって

みんなすごい人ばかりに思えました。

 

実際に称賛することで

相手も喜んで話してくれるし

関係性もうまくことも多かったので

楽しくいろんな人を

すごいすごいと称賛しながら

楽しくいろいろな人と

交流をしていました。

 

完全に初めから

上下関係が出来上がっている

ポジショニングです。

 

自己愛性人格障害は

このように称賛してくれる人を

求めます。

 

自分を称賛してくれる人がいると

自分の価値が上がるからです。

 

Tiaraはそんなこと思われているとは

夢にも思いませんでした。

 

そして、自己愛性人格障害のひとを

称賛してくれているうちは

そのひとを自分のそばにおき

大事にしてくれたり

可愛がったりします。

 

そして自己愛性人格障害のひとと

一緒にいると彼の得意なことを

いっぱい魅せつけてくれるので

被害者のひとも

いろいろな経験ができて

いろいろな学びがあるでしょう。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

やはりなんとなく周りに

一目おかれていることが多いので

その人に可愛がられていると

多少周りのひとに

特別な目で見られることが多いです。

 

自己愛性人格障害のひとに

目をかけられているので

有望にみえる、とか

同じようにレベルアップして

いかれるかたも結構いて

自己愛性人格障害のひとから

学ぶことはとても多いです。

 

被害者のひとも

はじめのうちは彼によって

株が上がっていることが多いです。

 

カップルの場合も

彼に大事にされているように見え、

周りから羨ましがられることも

多いです。

 

ですが、少しでも彼に逆らったり

彼が新しいターゲットを見つけたり

付き合いが長くなり、あなたが

彼からどんなことがあっても

離れない雰囲気を感じ取った場合、

たんだんと

ターゲット認識されていきます。

 

すると

自己愛性人格障害のひとの都合で

あなたは

だんだん孤立させられていくのです。

 

知らない間にあなたは居場所を奪われ

その場にいられなくなります。

 

自己愛性人格障害のひとの

都合によって

あなたを上げることも下げることも

自由自在なのです。

 

世の中、人間関係で悩んでいる人が

これだけ多い中、

自己愛性人格障害の都合で

どうとでもコントロールできるのは

すごい能力だと思います。

 

もしかしたら

普通のひとには

罪悪感があったり

相手を思いやる気持ちがあったり、

人のために尽くす気持ちがあるから

できないのかもしれません。

 

そーいったものを全部取っ払って

すべて自分のためだけに

動けるひとには

周りをコントロールすることさえ

できるのかもしれません。

 

自己愛性人格障害の人は自分の責任を無意識にあなたの責任にしてしまう

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は

どうしても自分の責任から逃れてしまう

仕組みについてお話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害は

自責の念がないといわれていますが、

そもそも自分がしていることの

自覚がありません。

 

 

自尊心が驚くほど低すぎるために

それをごまかすために常に

尊大な自分を演じていますので

そもそもが日常的に

作った毎日を過ごしています。

 

外観は責任感がありそうに見えますが

そもそもそれ自体が

尊大な自分を演じているため

中身がありません。

 

作ったうわべだけの尊大な自分に

責任など取れるはずもありません。

 

だから責任が取れないことをごまかすために

自分のしたことを

常にだれかに擦り付けています。

 

そうやって必死で生きていかないと

いけないような習性になっていますので

幼いころからそれが日常化されています。

 

だからやっていることすべてに

責任が取れないのです。

 

それが自責の念がないといわれる由来で

他人に責任を押し付けながら

尊大な自分を演じているわけです。

 

その責任をなすり付けられる相手は

たいていの場合、ターゲットとなり

あなたは彼のそばにいると

細かいことも何もかも

常に彼の責任を

取り続けていなければならないのです。

 

だから苦しくて

あなた自身も他人のことを

自分のことのように感じてしまう

共依存の体質なため、

自分の責任としてとらえます。

 

自分でも気づかない間に

どんどん苦しくなるのです。

 

これはここまで深く考えないと

分からないことで

普段は面倒くさいので

ま、いっか、というように

すべての責任を取り続けて

あなた自身も気づかない間に

どんどん苦しくなっています。

 

だから自己愛性人格障害の人の責任は

あなたが受けてはいけないのです。

 

わざわざ彼に言う必要はありません。

 

あなたが受けずに

彼にそっとお返しをするだけでいいのです。

 

自己愛性人格障害の人は

無意識に子供のころから習慣として

その行動をしてしまっているので

自分がひどいことをしているという概念が

そもそもありません。

 

そんなことを彼に言っても分からないのです。

 

脳の構造によりどうしても

責任から逃れてしまうので

あなたが人の責任まで

引き受けてしまう習性を変えないと

どんどん自己愛性人格障害の人の責任を

引き受けてしまうのです。

 

 

あなたが受けないだけで

彼はその責任のことについて

考えなければならなくなるのです。

 

ですが、あなたが彼の責任を取り続けていると

二人の中で成立してしまい

それが表だって出てきません。

 

彼もそれでいいと思ってしまっているので

なんとも思わず、

それが普通のことだと思ってしまっていて

そのまま大人になってします。

 

だから今さら彼に間違っていると教えても

無理なのです。

 

本人の自覚があってやっているうちは

分かるかもしれませんが

自己愛性人格障害の人は

自覚なくやっているのでわかりません。

 

今までそれが普通のことだと思って

生きてきてしまっているので

今さら違うといったところで

彼に理解はできないでしょう。

 

だからあなたは

彼の責任を受けずにそっとお返しするだけで

ずいぶんと楽になることが出来ます。

 

あなたの彼が自覚があるかないかは

病気の症状の程度によりますので

あなたがみてある程度は判断できるでしょう。

自己愛性人格障害人の結婚観

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の人は

結婚しても

簡単に離婚してしまうということについて

お話ししたいと思います。

 

Tiaraの恋愛相談室を訪れる方の

30%は突然の旦那様からの離婚話で

調べていくうちに自己愛性人格障害という

病気にたどり着いています。

 

自己愛性人格障害の人の結婚観は

普通の人の結婚よりも

もう少し軽いものになります。

 

自己愛性人格障害の人の都合によっては

さほど離婚原因にならない

ほんの小さな出来事でも

離婚するしかない理由にされてしまいます。

 

普通の人は、

長年付き合った彼女と

責任をとって結婚します。

いろいろなことを乗り越えて

「ここまで来た彼女だから

一生添い遂げてもいい、」と

いったんは結婚するのです。

 

そのあといろいろなことがあり

どうしてもだめな場合は

離婚することもありますが

それは無念なことで、出来たら

一生一緒にいたかったと思うのが

普通です。

 

結婚生活は、お互いに違う環境や考え方で

育ってきた男女がするものなので

時には合わないときや

しばらくうまくいかない時期があっても

おかしくありません。

 

それが普通なのです。

 

普通のカップルだとそこでけんかをしたり

話し合ったりして

お互いに少しづつ歩み寄り、

またはどちらか一方が歩み寄り

また結婚生活を持続させていきます。

 

中には

1度もけんかをしたことがないという

珍しいカップルもいますが

たいていの場合は

何らかのタイミングで

けんかをするのが普通です。

 

 

ところが、自己愛性人格障害の場合、

この「喧嘩」というものがありえません。

 

自己愛性人格障害の人には

極端な話、1度も逆らってはいけないのです。

 

自己愛性人格障害の人は

人の個性が認められませんから

自分のほうが上だと思っていなければ

気が済まないのです。

 

もし、あなたが彼よりも

優れていたり、彼に勝った、と思っていたり

彼の考えが違うよと

けんか腰でなくても普通にいったとしても

自己愛性人格障害の人は

あなたを全力でつぶしにかかります。

 

あなたにはそんな気がなくても

自己愛性人格障害の人から見ると

あなたが敵対視してきた

と極端なことを思います。

 

そして何よりも

自分が一番でないと済まないので

あなたが逆らった、と思った時点から

全力であなたをつぶしに来ます。

 

 

あなたも人間ですから

自分の意見があるときもあるでしょうし、

自己愛性人格障害の人のいうことを

ずっと聞きつづけていたら

今度は被害者だと思われて

ターゲット化してしまいます。

 

どちらにしてもだめなのです。

 

そして離婚しない場合も

虐待の道具としてずっとあなたを使うか

自分に自信を無くさせ

自尊心をつぶします。

 

だからどちらにしても

幸せな結婚生活は長くは続かないのです。

 

自己愛性人格障害の人は

普通の人よりも簡単に離婚してしまいます。

 

ですが、その場合も終わりではなく

また何度も顔を出してくるという場合も

大いにあります。

 

自己愛性人格障害の人は

自分が見捨てるのはいいのですが

自分が捨てられる、と思うと

急に強烈なしがみつき行為をしてくることも

ありますので、

あなたが離婚に承諾した瞬間に

見捨てられた、と思い

すがってくるあなたを想像していた場合は

ものすごく極端にしがみついてきます。

 

その時どんなに夏列な言葉を言われても

反省の気持ちを言われても

ぐっとこらえて

ぽろっとひとしずくの涙をこぼしても

また手のひらを返したような

態度をとってくることもありますので

初めからそのことも覚えておきましょう。

 

 

 

 

 

 

あなたが攻撃されないためにはもう少し自分の痛みに敏感になってみる

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は

他人の心の痛みはわからないが、

自分の心の痛みに関しては

ひどく敏感ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人は

コミュニケーション能力も高く

周りの人とうまくやっている人が

とても多いです。

 

ちょっと横着をしても

不思議と自己愛性人格障害の人がすると

なぜか許してもらえます。

 

被害者になるような人は

そんなに大したことをしていなくても

ちょっとしたことで

知らない間に

誰からも

口をきいてもらえなくなっていることも

あります。

 

不思議だと思いませんか?

 

なぜ自己愛性人格障害だと

許されるのでしょうか?

 

おなかの中にあんなにも

大きな怒りを抱えているのに

自己愛性人格障害の人は

不思議と過ごしやすそうにしています。

 

 

理由は

自己愛性人格障害の人は

自分を傷つける本当にちょっとした行為も

極端なほど許さないからです。

 

自己愛性人格障害の人は

病的なほど自尊心が低いため

心の中は恐怖でいっぱいになっています。

 

そのため、ちょっとした批判も

批判と呼べるほどのものでなくても

彼と違う意見を言っただけでも、

彼よりも目立ってしまうときでも

自己愛性人格障害の人は

驚くほどの恐怖が湧き上がってきて

怒りをあらわにします。

周りの人もそれが分かっていて

なぜか自己愛性人格障害の人には

ちょっと気を使って動いています。

 

少々怒鳴っていても

長時間誰かを叱咤していたとしても

誰も何も言いません。

 

特に上司に注意されることもなく

延々と怒り続けていたりしても

誰も何も言いません。

 

これに比べて被害者になりやすい人は

嫌なことをされても我慢してしまいます。

 

荒波を立てたくないのです。

 

そうすると

自己愛性人格障害の人でなくても

被害者になりやすい人は

荒波を立てたくないことが分かっているので

あなたにはなんでも言いやすくなります。

 

 

理不尽なことをされても

さらっと水に流してあげたり

許してあげたりしていませんか?

 

あなたのそんなところは

寛大だったり優しさだったり

いいところではあるのですが、

そのことによってあなたは

まあいいや、と思われがちになります。

 

気を使わなくても済むので

あなたとは

付き合いやすい人が多いと思いますが

そのことによって

ちょっと軽く見られてしまっているのです。

 

それに比べて自己愛性人格障害の人は

自分の痛みには

ものすごく敏感に反応しますので

周りの人も自己愛性人格障害の人には

少し気を使ってしまうのです。

 

Tiaraはどうしてあんなにも

自己愛性人格障害の人が言うと

説得力があるのだろうとか

自己愛性人格障害の人の都合のいいように

周りが動いてしまっているのは

なぜなんだろうと思っていました。

 

 

周りの人が気を使う環境になっていることが

自己愛性人格障害の人が

過ごしやすい理由なのです。

 

あなたももう少し自分の気持ちに

敏感になってはみませんか?

 

あなたは周りの人に気を使えるあまり

今までは、あなたのことは

軽くみられるようになってしまっていました。

 

そのことによって

あなたには攻撃しやすくなります。

 

 

あなたが子供のころから教わってきた

みんな仲良くしなさい、とか

ちょっとしたことは

水に流してあげなさい、とか

相手の気持ちを分かってあげたりしていると

あなたは相手を大事にしていますが

相手はあなたを大事にしていません。

 

きれいごとだけを守っていてもだめなのです。

 

あなたが親切にしても

相手があなたを大切に扱っていないと

感じたときは

あなたはその人とは

少し心の距離を置くようにしてください。

 

あなたが付き合うべき人間ではありません。

 

あなたはもっと大切に扱われるべきなのです。

 

 

子供のころに教わった

やられてもやり返してはいけません、

とは何もしないことではありません。

 

やり返すのではなく心の距離を置いて

付き合うべき人間を選ぶべきなのです。

 

あなたがもっと自分のことを大切にしていれば

そんな人とは付き合ってはいけないことは

本能で分かります。

 

あなたが自分を大切に思い始めると

だんだんとあなたには

攻撃しにくくなるのです。

 

あなたは自分が思っているように

他人にも扱われます。

 

あなたが自分を大切にしていなければ

相手もあなたを大切にしてくれません。

 

あなたが自分を大切にしていれば

あなたを大切にしてくれない人は

寄せ付けないのです。

自己愛性人格障害の人からの自分の守り方

こんにちは♡

今日は、人付き合いに

自信がなくなってしまった人へ

常識反転のおすすめについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の被害に

あいやすいタイプの人は

いわゆる尽くすタイプの方が多いと思います。

 

いわゆるいいお嫁さんになるタイプで

夫を立て夫に尽くし

物分かりがよく細かいことは

気にしない寛大な方が本当に多いです。

 

これって今までの常識では

いいこととしてとらえられてきていました。

 

子供のころ、親や先生に教わってきたことが

自己愛性人格障害の人の

ターゲットになりやすくなってしまうのです。

 

それも自己愛性人格障害の人の嫌がらせは

限度がありません。

 

執拗に何度も何度も行われ

しかも自己愛性人格障害の人は自覚なくやり

周りの評判まで落とされて孤立してしまい

その場所で生きていけなくさえなります。

罪悪感がまったくないので

まったく悪いことなんて

していない顔をしています。

 

心の底から罪悪感がないので

まったく罪のない顔をして笑い

普通に周りの人とうまくやっています。

 

だから、自己愛性人格障害の人が

そんなことをしているなんて

誰も思わないので

相変わらず人気者だったりするんですね。

 

Tiaraは自己愛性人格障害の人のことを

「あの子は取り巻きを作るのがうまいんだよ。」

と言われたことがあります。

 

 

もちろん言った人は

その人が自己愛性人格障害なんて知りません。

 

でもその人のせいで

新人がすぐにやめてしまうことは

知ってるんですよね。

 

 

被害者が、職を失うなんて

もはや当たり前の世界で

自己愛性人格障害を知らない人からしたら

あなたのほうが

何か問題があると思われてしまうのが

普通の世界です。

 

こんなことあなたに子供がいたとしたら

教えたくないですよね?

 

でも、知らないとどんどんやられる人が

増えてしまいます。

 

では、もしあなたに子供がいたとしたら

なんと言って自己愛性人格障害のことを

教えたらいいのでしょう。

 

自己愛性人格障害の被害は

被害者本人にしかわかりません。

 

恋愛が絡むと被害者本人も

気づくかどうかも分かりません。

 

まずは自分の心の声を聴いてみることです。

 

何かおかしいと感じませんか?

 

何か嫌な気分が残りませんか?

 

それを我慢してはいけません。

 

常識で言う細かいことは水に流せとか

気にするなといったようなことは

相手が明らかに失敗しちゃったときは

許す気持ちも必要だということです。

 

 

もちろん水に流した方が

うまくいくことのほうが多いでしょう。

 

ただ、自分が嫌な思いをしていても

明らかに相手が失言しちゃった、とか

悪気なくいってしまった時は

あなたの胸に嫌な気持ちは残りません。

 

たとえ冗談でも

あなたの心が傷ついたら

それは水に流すところではありません。

 

今まであなたに

優しく親切にしてくれているのだとしても

あなたが明らかに嫌がっていることを

何度も何度もしだしたら

彼の心を一度疑ってみるといいかもしれません。

 

こんなこと、好きな人にできるかどうか。

 

普通の男性は、好きな人でなくても

女の子にはひどいことは

できないようにできています。

 

恋人なのに、あなたが

「それは嫌だからやめて。」といったことを

何度も何度もやったり、

あなたに我慢することを強要したり、

たとえ理由を述べても期間を設けて

ある一定期間を過ぎてもやる場合は

あなたに対して

思いやりがないのかもしれません。

 

あなたがやめてと言わなくても

あなたが嫌がるようなことは

しないのが普通です。

 

女の子は年齢を重ねると

これが最後の恋かもしれないと

その恋に執着することがありますが

最後の恋ならなおさら

相手にこだわってみてください。

 

ましてやあなたを馬鹿にしたり

見下したり、嫌なことを繰り返すようなら

その彼とは一刻も早く別れないと

今後のチャンスを

逃してしまうことになるかもしれません。

 

そばにいてどうしても気になってしまうときは

逆にあなたのほうから物質的な距離を置いて

意識的に彼を見ないようにしないと

よけいに苦しいかもしれません。

 

自己愛性人格障害にも程度がありますが、

被害者にも程度があり

嫌なことをされたと気づくとすぐに離れる人、

嫌なことをされても少し様子を見てみる人、

嫌なことをされると

されないように相手によけい

寄り添おうとしてしまう人、

嫌なことをされればされるほど、

気になってしまい

どうしても彼に気に入られようと

必死になってしまう人、

 

後者になればなるほど

被害者の症状は悪くなります。

 

だから、嫌なことをされたと気づいたら

少し相手を疑ってみるといいのです。

 

そして疑った分だけ

相手から心の距離を離しましょう。

 

自分を大切にする気持ちがないと

あなたは幸せになんてなれませんよ。

動機があってやるのが被害者で動機がなくてもやるのが自己愛性人格障害

こんにちは♡

今日は、動機があってやるのが被害者で

動機がなくてもやるのが自己愛性人格障害

ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人は

そのコミュニケーション能力の高さと

魅力で、普段はそんな風に見えませんが

本当はおなかの中に

大きな怒りを持っています。

 

 

自己愛性人格障害の人は

自分がどう見えるか、というところに

一番に重きを置いていてそれがすべてです。

 

笑っていても穏やかでも

本当はおなかの中の怒りを持っていて

出してもいい場面以外では

それを常に隠しています。

 

その怒りは人の気持ちが

本当には理解できないイライラと

その自尊心の低さから

自分は本当は存在価値などない、と思っていて

常に大きな不安と怒りに震えています。

 

 

ですがそれをどこでも出してしまうと

世間では受け入れられないことを

知っていますので

隠していることが辛いのです。

 

ですから自分よりも弱い人間や

逆らえない人間がいるときには

その人の何か悪い理由をこじつけて

怒りを発散させます。

何も理由がないのに怒りを発散させると

周りの人から受け入れてもらえないことは

知っていて

自己愛性人格障害の人は大変臆病なので

普段は奥に隠しているのです。

 

そして自分が尊大な人間だと思われるように

ふるまっているので

怒りを持っているようには見えません。

 

でも、自己愛性人格障害の人を

実際に知っている人は

自己愛性人格障害の人が、

イライラしているところや

ピリピリしているところ

怒鳴りつけたり、長時間叱咤しているところを

見たことがあると思います。

 

だから自己愛性人格障害の人は持っている

おなかの中の怒りを見たことがないという人は

ターゲットではないひとか

周りにターゲットがいない人です。

 

自分自身がターゲットではないとしても

ターゲットがそばにいれば

ターゲットにイライラをぶつけている

自己愛性人格障害の人を

見たことがあるはずです。

 

自己愛性人格障害の人の怒りは

周りで聞いていても怖いので

わかると思います。

 

 

自己愛性人格障害の人がもともと持っている

このおなかの中の怒りを発散させるのに

発散する理由がいります。

 

これが自己愛性人格障害の人の

イライラなので

あなたが彼を怒らせたわけではないのです。

 

これが分からないと

いつまでも苦しみ続けることになります。

 

だからあなたを怒るのに

本当は動機がないのです。

 

自己愛性人格障害の人は

自分のおなかにたまった怒りを

あなたの何かにこじつけて

あなたにぶつけます。

 

怒れる理由があれば何でもいいのです。

 

とても怒る理由とは考えにくいことでも

それを理由に怒ったといいます。

 

よくTiaraが言われたことは

なぜ彼が怒るのかわからないTiaraに

「俺がどうして怒っているのか

わからないんだね。もういいよ。」

と言って

連絡を絶たれていました。

 

この言い方なら

何もしていなくても何度でも使えて

しかも彼が不自然なことに

なかなか気づくこともできません。

 

自己愛性人格障害だった場合

動機は出てきません。

 

自己愛性人格障害の人は

嫌がらせを動機なしにやります。

 

これに対して被害者は

理由があって怒ります。

 

 

こんなことを繰り返されているうちに

悲しむ被害者が多いですが

怒る人も出てくるでしょう。

 

ですが、自己愛性人格障害の人が

理由を明確にしていない場合、

被害者もそれを説明することが出来ませんから

被害者のほうが

ほかの人からは悪く映ることもあります。

 

「あなたが彼を怒らせるようなことを

したんじゃないの?」

と言われることもあるでしょう。

 

だから、自分以外の人に相談しても

わかるわけがないのです。

 

自己愛性人格障害の人の怒りは

自分に対する怒りで

自分はそんな人間だと思うことに

耐えられないので

自分がしたことをすべて相手のせいにします。

 

だからあなたは自分がしていないことを

したことにされてでっち上げられ

しかもそれをしている本人から

責められるのです。

 

自己愛性人格障害の人を

まともに相手にしていて

さらに自分が悪いと思ってしまうと

非常につらい状態になってしまいます。

 

彼の罪はそっと彼にお返ししてください。

 

そのやり方は、あなたがしたんでしょ、と

はっきりということではなく

あなたはただ、自分がしていないことを

受けないだけでいいのです。

 

あなたは、責任感が強すぎるので

相手の責任まで

自分の責任にしてしまうようなところが

あります。

 

それが自己愛性人格障害の人にとって

非常に都合がいいのです。

 

そしてあなたはやってもいない罪を

背負うことになり

自己愛性人格障害の人に責められ

周りに責められ、

そしてあなた自身も

あなたを責めて、

追い詰められていきます。

 

よく考えてみてください。

 

それはあなたのしたことですか?

 

わざわざ敵対心を見せたり

あなたが怒りをもってイライラしたり

泣いたり、

苦しんだり、

悲しんだりする必要はないのです。

 

それは自己愛性人格障害の人の

心の中にあるものなので

あなたは受けないで

彼にそっとお返しをしてください。

 

自己愛性人格障害のひとから見ると他人はみんなおかしいと思っている

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとから見ると

他人はみんなおかしい

と思っているということについて

お話ししたいと思います。

 

Tiaraの恋愛相談室を訪れた人の

お話を伺っていると

自己愛性人格障害のひとは

激化した後、自分は冷静で

被害者のことをおかしいというようです。

 

相談者の人のいきさつをうかがうのですが

被害者がおかしいことは

特段ありません。

 

ですが、彼が被害者のことを

どう話しているか分からないのですが

彼の周りの人はみんな

被害者のことをおかしいというようです。

 

Tiaraはいきさつを

被害者の口からきいているのですが

被害者がおかしいところは何一つありません。

 

被害者自身も

自分は周りの人からも信頼されていないし

彼のほうがコミュニケーション能力が高く、

自分のほうがおかしいと

思い込んでしまっているケースは

非常に多いのです。

 

それは自己愛性人格障害の人の

マインドコントロールで

あなた自身がおかしく思わされていますが

話を聞いていると

被害者はおかしくないのです。

 

それよりも自己愛性人格障害のひとが

被害者のその行動で

怒りだしたり拒否をすることのほうが

不自然なのです。

 

自己愛性人格障害の人は

こじつけであなたの行動から真実を使って

あなたを悪者にすることがとても得意です。

 

 

自己愛性人格障害のひとの周りにいる

とりまきの人たちは

被害者の人がどんな行動を

とっているのか知りません。

 

自己愛性人格障害の彼に

あなたがおかしいと

伝えられてしまっているので

あなたの話は聞こうとしません。

 

そのために、

あなたは信用を無くしています。

 

自己愛性人格障害の人は

自分を信頼してもらうために

あなたの話を聞いてもらえないように

あらかじめ評判を落としておくのですが、

だんだんと

本当にあなたのほうがおかしい、

と思いだすのです。

 

そして自己愛性人格障害の人自身も

あなたが悪い理由を作り出しているうちに

自分でもそれが本当のことだと

思い込むのです。

 

そうやって

自分のおなかの中の怒りをぶつけるために

周りの人がおかしい理由を

作り出しているうちに

本当に周りがおかしい、と思いだすのです。

 

自分が正しくあるために

その不自然な怒りに理由付けをして

自分は悪くない、と思い込まないと

持たないほどの精神状態なのです。

 

 

だから自己愛性人格障害の人から見ると

周りの人がすべておかしく見えます。

 

そうやって

自分が正しい理由を作り出して

被害者に怒りをぶつけることを正当化して

精神を保っていないと

耐えられない精神状態なのです。