自己愛性人格障害のひと本人も自分の攻撃を止められない

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとも

自分の攻撃性を止められない、

ということについてお話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとは

付き合いが長くなっていくほどに

どんどん嫌がらせが強くなっていきますが、

本人もはじめから

初めは優しくして信用させ

それからばれないように

少しづつ嫌がらせを強めていこう

などと思ってはいません。

 

あなたと彼との付き合いの中で

どれだけあなたが優しいか、

どれだけあなたが

彼のわがままを受け入れるかによって

虐待の強さは変わってきます。

 

虐待や罵声がひどい人、

ほっとかれる期間が長い人ほど

自分の感情を押し殺し

彼とうまくやっていきたいがために

我慢してきた人が多いと思います。

 

 

Tiaraの元彼は

昔の彼女の話をしているときがありました。

 

ゲーム好きな彼が

「Tiaraでもできるゲームを買って

2人でお家で楽しもう。」と計画してきて

彼の家の近くのゲームショップについて

2人で駐車場を歩いているときでした。

 

その時の話の内容や

なぜ元カノの話になったのか

詳しくは覚えていませんが、

確か彼のほうから昔ばなしみたいに突然

話し出したと思います。

 

彼は元カノとけんかになったことに対して

「俺はそんなつもりはなかったんだよ。。」

と悲しそうに訴えてきました。

Tiaraは彼の話を「うんうん」と聞き

そっか。彼もそんなつもりもなかったのに

何か彼女の機嫌を損ねるようなことをして

もう駄目になっちゃったんだねと思いました。

 

そして彼は

その彼女とダメになった理由が分からず

「俺の思いが分からないならもういいよ。」と

すねているように見えました。

 

Tiaraとの話ではなく

元カノとの話を急に思いだしてか

まるで今のことのように

鮮明に話していました。

 

自分がそんなつもりもないのに

相手を怒らせてしまい、

もっとずっと長く付き合いたかったのに

どうしてもダメになってしまって

そのことを分かってくれない元カノを

責めているように聞こえました。

 

 

それを聞いてTiaraは

彼のことが分かってあげようと

思いましたし、

Tiaraはそんなちょっとしたことでは怒らず

彼が何か変なことを言っちゃったときも

分からずに言ってしまったと思い

怒らないでいてあげよう、と思いました。

 

器用に見えて

案外、不器用なのかなとも思いましたし

悪くみえちゃうけど

本当は純粋なんだな、とも思いました。

 

その時は、自己愛性人格障害なんて

言葉も知らず、

不器用な彼の失敗を

Tiaraは分かってあげよう、

そんな気持ちで聞いていました。

 

中に入ると

何枚かのDVDとゲームを1つ買って

「帰ったら今日はこれを二人でやろうね。」

と彼の家に帰り2人でやったと思います。

 

二人の仲がだんだん穏やかになってきている、

Tiaraはそう思っていました。

 

怒ることも以前に比べて減ってきている、

そう感じていました。

 

今考えてみると

自分から計画をしておいて

その当日になると怒って帰る、

ということを繰り返されていましたので

だんだんとTiaraが彼に

「今度の土曜日、

2人で海でも見に行こうよ。」

と言われても、

「そうやって期待させて当日になると

すぐ怒って帰ったりするから行きたくない。」

と言い出していたんです。

 

すると彼はTiaraをさとすように

「絶対に怒らないから行こ?

もう機嫌悪くなったりしないから。」

と言い出していました。

 

「ほんと?」

「うん。ほんとだよ。

絶対に怒らないから。楽しくするから。」

 

 

そんなことを繰り返しているうちに

本当に怒らなく穏やかになっていったんです。

 

なんとなく彼が感情を抑えているような

そんな彼の努力も見えていたので

仲良くやろうと努力してくれている、

そう思いだしていたんです。

 

彼もTiaraとやっていきたいんだ、

と感じるようになっていたころでした。

 

穏やかな日々が半年ほど続いていました。

 

やっとうまくいくようになってきた。

 

ほら、怒ることなんて

何にも起きてないでしょ?

 

彼が激化して別れる半年ほど前のことです。

 

ですがこの何でもない日々を

繰り返していくうち

もう、結婚間近だと思っていた矢先

また意味もなく怒ることが

多くなっていったんです。

 

最後の1か月は本当に

不自然なほど怒ったり

無言になったりしていました。

 

それで、これはさすがにおかしい、

わざと問題を起こしている、

ということに気づき始めたのです。

 

このように自己愛性人格障害のひとは

本人が抑えていてもどうしても

なってしまうのです。

 

意識して押さえていても

苦しいだけなのです。

 

自己愛性人格障害のひとも

育つ過程でそのようになってしまい

自分でもどうすることもできないし

止めることもできず、

自分がどうしてそうなってしまうのかも

分かっていないのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

他人はコントロールできても

自分はコントロール不可能なのです。

 

自己愛性人格障害の嫌がらせは最後に考えられないほど大きいものに発展する

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとの

嫌がらせは、最後には考えられないほど

大きなものに発展するということについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

見た目にはとても感じがよく

コミュニケーション能力も高く

ユーモアもあってとても親切だと思います。

 

普段はターゲット以外の人には

とても律儀で、どこかに行くたびに

お土産を買ってきてくれたり

分からないことがあると

「どうしたの?」と近づいてきて

とても分かりやすく丁寧に教えてくれたり

高感度が抜群にいいと思います。

 

不思議なことに

何人かの自己愛性人格障害の人の親切と

Tiaraの元彼にはじめのころ

Tiaraがしてもらった親切や行動がかぶります。

 

何度も何度もお迎えに来てくれたり

エレベーターで乗り合わせた人を先におろしたりと

立ち振る舞いがとても紳士的です。

 

おそらく今、

Tiaraがこうしてブログを書いていられるのも

今もTiaraの周りには、

数人の自己愛性人格障害のひとがいて

同じような行動をとるところを見ているから

鮮明にかけるのだと思います。

 

もう別れて2年もたっていますから

普通なら忘れてしまっているでしょう。

 

ところが、皆さんのお話を聞いても

今、周りにいる自己愛性人格障害のひとを見ても

同じ行動をとるので

忘れていてもすぐに思いだして

(あ!やってる!)となるのです。

 

今、目の前にいる自己愛性人格障害のひとは

Tiaraにあうのは初めてですから

何とも思っていないと思いますが

Tiaraにはその方が何を考えてどう動くのか

分かってしまうのです。

 

昔から知っているような変な感覚に陥ります。

 

 

それくらい、自己愛性人格障害のひとは

おなじ行動や考え方だということでしょう。

 

たまに相談を聞いていて

この人は違うんじゃないか?と思う人もいますが

やはり深くお聞きしていると

自己愛性人格障害の症状が

はっきりと出ていることが多いです。

 

もう一つ思うことは

自己愛性人格障害の被害者は

自分を愛する気持ちが足りていないので

自分がひどいことをされていても

これくらいのこと、と

水に流してしまうことが多いのですが

人のことを考えすぎる、

という特徴も同時に持ちますので

他人のこととなると

とても心配したり共感したりします。

 

つまり、当事者だと

恋心や情もあり分からないものが

他人のこととなると本当によくわかるのです。

他人のこととなると

ひどい!となります。

 

自分のことだと分からないのです。

 

だから共依存の人は、

もう少し自分のことを客観視できると

本当のことが分かってくると思います。

 

Tiaraも人のことはとてもよくわかるのです。

 

自己愛性人格障害のひとは本当に

ものすごくひどいことをしていて

相談を聞いていると

たまにものすごい憤りを感じたり

こんなにひどいことをされているのに

そばにいようとする被害者の人を見て

どうしてそんな奴のそばにいるの!と

思ったりするのですが

Tiaraもなかなか離れられなかったので

同じですよね。

 

同じように友達に、

そんなにひどいことをされているのに

どうしてそばにいるの?と

とても心配されたものでしたが、

一緒にいるときは本当に

穏やかな気持ちになれますので

期待をかけてしまうんですよね。

 

この一緒にいるととても穏やかな気持ちになる、

というのは被害者本人にしかわかりません。

 

Tiaraも、

今は一人で

気ままに好きなことをして過ごすのが好きですが

もともとは絶対に1人ではいられないタイプで

暇があると彼や友達と会っていて

1人でいる、ということは

ほとんどありませんでした。

 

元彼と別れて2年たちますが

こんなに穏やかに一人で長いこといるのは

初めてです。

 

しかも、やりたいことがいっぱいあって

けっこう常に忙しいんですよね。

 

おそらく人の心というものが

どうやって動くか、

分かってしまったからだと思います。

 

無理に会って交流を深めなくても

人の心情がどんな風に動くのか分かるので

人のことを知るのに

そんなに時間がかからなくなったことが

原因の1つです。

 

裏の裏まで見えてしまうようになり

本当に裏表なく動いている人、というのは

ものすごく少ないです。

 

そういう人はすぐに分かるので

安心して付き合うことができます。

 

今の会社には女性は、裏表なく

ただ思ったことを言う人がとても多いです。

 

特にお世辞やおべんちゃらを使うこともありませんが

わざわざ人を蹴落として笑いものにする、という人もいません。

 

噂話はそれなりにしますが

ただそれだけです。

 

あの人をどう思うか、ただそれだけです。

 

ただこういうところも少ないと

思うんですけどね。

 

よほど環境がいいんだと思います。

 

男性は、やはり出世欲だったり

ライバル心だったり、いろいろあるので

蹴落としあいや

自分がのし上がろうとしているところも

みえるひともいます。

 

今、親切に見えるかなとおもってみると

ちょっと無理してしている人、

人がいると親切にするけどいないとしない、

という人は自己愛性人格障害でなくても

非常に多いことにも気づきましたし

そんなことで(ありがとう!)と必要以上に

自分が喜んでいたことにも気づきました。

 

意外と損得勘定で動いている人も

多いですし

やらなくてもいいことまで引き受けている人も

ものすごく多いです。

 

本当は嫌なのに断り切れない人もいますし

あいつはどうせ断れないから

あいつにやらせておけばいいよ、という人も

けっこういます。

 

子供のころに親に教えてもらった

きれいな世界だけではないのです。

 

急に話は、自己愛性人格障害のことに戻りますが、

なぜか被害者になるような人は

そこを見ておらず、きれいな部分だけを

見ようとしています。

 

自分がどんな事をされているか

見ようとしていないんですね。

 

そして流しているうちに

自己愛性人格障害の被害は少しづつ

どんどん大きくなります。

 

 

初めはあんなに魅力的だった彼が

少しづつ嫌がらせを強め

初めは軽く冗談程度にディスるとか

いつもあることろにあったものを隠しておくとか

(あれ?)って被害者が少し驚くことを

繰り返していきます。

 

初めは気のせいかな?と思うくらいだったのですが

それが明らかに彼じゃないの?

と思うようになり、それでもあなたが許してくれたら

明らかに彼がしていることを

我慢しなければいけないような

状況にもっていきます。

 

浮気がとても多いのですが、

普通は浮気を我慢するなんて

ありえませんよね?

 

修羅場になったり、

浮気をするならもういい、と相手が出ていったりして

浮気をしながら両方とうまくやるなんているのは

普通のひとなら考えられません。

 

だから普通の人は

浮気を隠しますし、ばれないようにしてたけど

ばれてしまった、というのがとても多いです。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

少しだけ疑わせておきながら

それでも我慢しないと彼と破局してしまう、

と思って女の子が我慢するように

持っていくのがうまいんですよね。

 

浮気、という形でなくても

元カノが自分のことを忘れられないから

心配だから見てくる、というのも

自己愛性人格障害のひとが

よくやるやり方です。

 

まずここで我慢できない人は

モラハラには遭いません。

 

我慢してしまうから少しづつ

嫌がらせが強くなり

エスカレートしていくのです。

 

そしてエスカレートすると

被害者を孤立させたり、悪い噂を立てて

その場にいられないようにしてしまったり、

離婚、結婚も嫌がらせのために使います。

 

多額の借金を背負わされた人もいますし、

仕事の全責任も被害者の人が負わされた人もいます。

 

あんなにも、最初の印象が

ほかのひとよりもよかった

自己愛性人格障害のひとが、

最後には

あなたをどん底に突き落としているのです。

 

自己愛性人格障害のひとは負けることが死ぬほど怖い

こんにちは♡

今日は自己愛性人格障害のひとは

負けるのが死ぬほど怖い、ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人と話をしているときに

やたらと上から目線で話をするのですが

自己愛性人格障害の人も

たまに間違えることがあります。

 

尋常ではないほどの負けず嫌いなので

絶えず、自分が負けないように

人よりも必死で勉強しているので

何事にも優れた人が多いのですが、

人間なので失敗するときもあります。

 

そんな時でも、自分の負けを認めることは

普通の人の比べて尋常ではないほど

許せないので、

そのあとの襲撃が恐ろしいほど怖いです。

 

別にあなたが悪くないにしろ

あなたが相当ダメージを食らうくらい

けちょんけちょんに言われることがあります。

 

自己愛性人格障害の人は

恐ろしいほどの怒りを持った時も

出すべき時と出さないほうがいい場合と

完全に使い分けて

出したり引っこめたりすることが出来るので

その場ではまず言いません。

 

うまいことあなたのせいにできるときは

その場で言うこともありますが、

そういった都合のいい材料がない場合は

たいていその場では黙っています。

 

場合によっては静かに謝ることも

ないこともないです。

 

(ちなみに今、

Tiaraの周りにいる自己愛性人格障害の人は

誤っているところを

誰も聞いたことがないそうです。)

 

 

ですが、たいていの場合意地でも

誰かのせいにして俺は悪くないを

貫き通すので、なぜか周りにいるひとも

唖然としながらも言えない雰囲気になっています。

 

そして自分の中に自分が間違えたことで

煮えたぎる怒りを

数日後にでもなにかあなたの責められるところを

見つけると

徹底的に責め立てます。

 

あなたは、数日前の彼の間違いと

つながっているとも思わないので

ものすごく驚くとともに

相当なショックを受けるでしょう。

 

ですが、それは本来あなたが向けられる

攻撃ではなく

自己愛性人格障害の人が

認めるだけのことなのです。

 

ですが、自己愛性人格障害の人は

もともと自尊心が低く

自分が価値のない存在であることに

おびえているため

負けを認めると

それは自分には存在価値がないことを

自分で認めることになるので

それに耐えがたいほどの屈辱を受けます。

 

 

だから自分よりも価値のない存在を作るために

徹底的にたたきまくるのです。

そうやって人をつぶして

自分の存在価値を上げていないと

耐えられないので生きていけなくなります。

 

 

自己愛性人格障害の人の負

けを指摘することや

自己愛性人格障害の人に

間違いを教えてあげることは

彼からすると死ねといわれているのと

同じことになるのです。

 

そして、

あまりの恐怖にそれをごまかすため

徹底的に人をつぶしてつぶして

無理やり自分を上げ

尊大な自分だとアピールして

自分が正しいと思いむのです。

 

だからそれに対して

被害者になるような責任感の強い人が

いちいち自分のせいだと思い込むことは

自己愛性人格障害の人にとって

非常に都合がいいですし、

あなたも辛くて辛くてたまらなくなるでしょう。

 

自己愛性人格障害の人の責め方は異常なのです。

 

だからその彼の精神的なストレスの

はけ口になっては

今度はあなたが

自己愛性人格障害の人のストレス

を感じることになるのです。

自己愛性人格障害のひとは被害者の魅力を奪う

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

被害者の魅力を奪う

ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の被害者の中には

本当にひどい人もいて

彼から離れられない、

どんなに傷ついても

自分から彼のそばに

行ってしまう人がいます。

 

そんな人もよく話を聞いてみると

自己愛性人格障害の彼と出会う前は

とても魅力的な人だったことが

分かります。

 

お医者様だった方や

学校の先生だった人、

多趣味で旅行好きなひとだったり

友達も多く、いろんなイベントに

参加していたような

アクティブなひともいます。

 

いろいろな習い事に挑戦し

インストラクターの免許を

持っている人など

楽しい人生をおくっていた

魅力的なかたもとても多いです。

 

そんなひとが

自己愛性人格障害の被害に遭い

精神に大きなダメージを負い

混乱して何もできなくなり、仕事も辞めてしまって

部屋で1人、

ただ彼からの連絡を待つだけの人に

なってしまっている人もいます。

 

彼以外のことが

何も頭に入ってこなくなって

しまっているのです。

 

ひどい人だと

まだ自分から彼に連絡を取ってしまい

ののしられたり無視をされ

さらに傷つく、という行為を

してしまっている人もいます。

 

そんなに素敵な人を

こんなにしてしまうなんて

よほどひどいことをされたのだろうと

思ってしまいます。

 

それが世間の人にわかってもらえず

弁の立つ自己愛性人格障害の人のいうことが

信用されてしまうことが何よりも悔しいですが、

自己愛性人格障害の被害は

常識では考えられないことですので

信用されないのも無理もないと思います。

 

自己愛性人格障害という病気は、

病的なほど自尊心がなく

そのことが世間にばれると

恥ずかしくて生きていけないという症状により

ごまかして生きているわけですが

なぜかその真実よりも

肥大して尊大な自分を見せかけている方が

真実味を帯びてしまっています。

 

被害者自身も自己愛性人格障害の人に

惹きつけられてしまっているので

彼の理不尽な態度に気づいていながらも

自分を責めてしまい

どんどん傷ついていきます。

 

そして、魅力的だった被害者の魅力はなくなり

どんどん落ちぶれていってしまうのです。

 

まるで自己愛性人格障害の人が

被害者の魅力を吸い取っているかのように

自己愛性人格障害の人は

被害者をつぶすたびに高揚し、

目をキラキラと輝かせて

いるように見えます。

 

ですが、自己愛性人格障害の人も

その苦しみは人をつぶしたからと言って

消えるわけではないのです。

 

人前では、

尊大な自分を見せつけていないと

嫌われることへの極端な恐怖から

逃れられないので

とても感じのいい人見えますが、

実は1人になったときや、

自分が信頼できる人の前では安心して

脱力することができますので

極度の不安状態におちいっているのです。

 

その状態が彼の素の姿で

本来の自分がなく、極度のたまった怒りだけです。

 

それが安心できるターゲットにのみ

ぶつけられるので

本当に怖いのです。

 

 

それでもその大切な

ターゲットに逃げられることは

怖いので

優しく大事にして自分の魅力を魅せつけ

引き寄せながら

自分のたまった自分でもよくわからない怒りを

ターゲットにぶつけます。

 

だからそのパワーは絶大で

人に寄り添いすぎる被害者は

恐ろしいほどの体験をしなければならないのです。

 

そして魅力的なあなたの

魅力も幸せも周りの人間関係も

すべて奪われていくので

あなたの精神は壊れていってしまうのです。

 

自己愛性人格障害の人に選ばれたあなたは

幸せだったはずなのに

いわば自己愛性人格障害の人の

犠牲者にならなければならなくなるのです。

自己愛性人格障害の被害からは誰かに助けてもらうんじゃなく、自分から脱出しないと助からない

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の被害は、

だれかに助けてもらうのではなく

自分から離れなければ

助からないということについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害の被害者に

なってしまうと

そのスパイラルから、

なかなか出られなくなって

しまうことが、ほとんどです。

 

自己愛性人格障害の人からの

マインドコントロールにより

苦しくても彼と一緒にいることで

安心してしまうのです。

 

自己愛性人格障害というものが

どのようなものか

本当に理解できる場合は

怖くて近づくことが

出来ないと思います。

 

そこまで行きつくまでに

相当自己愛性人格障害の特徴に

納得されていないと

マインドコントロールのような

支配される関係があることは

わかっていても、もしかしたら

あなたの彼は違うのではないかと

期待をかけてしまいます。

 

まだ確信がもてないときは

あなたの心に聞いてみると

いいと思います。

 

鏡に映ったあなたの顔は

悲しみにゆがんでいませんか?

 

もしそうだとしたら

あなたは幸せではないですよね。

 

辛いこともあるけど

すこしづつ

乗り越えていっている感覚が

あなたにはありますか?

どんなひとと付き合っていても

それぞれ違った環境で

育ってきたのですから

考え方が合わないのは当たり前です。

 

ですが、その考えを聞いて

納得できるものがあったら

あなたも彼と一緒にいても

いいと思います。

 

ですが、もしそれでも、彼が

あなたのやり方を

少しも許さないのなら

その彼はあなたを、

理解してくれていると言えますか?

 

tiaraは少しも聞いて

もらえませんでした。

 

でも、彼の言葉には

とても説得力があり、

彼の人間性が出ているように

感じられました。

 

ですが、なにかの瞬間

自分が言ったことを

簡単に撤回してしまうことが

ありました。

 

その瞬間、とても驚いたと思います。

 

tiaraが感じたあの彼の言葉の重みは

なんだったのか。。。

 

そんなところを何度かみたら

彼は自己愛性人格障害かも

しれません。

 

いくら普段は優しくても

自己愛性人格障害の被害に

あった人にしか分からない

あの違和感。。。

 

そのうちにその優しさも

なくなってしまいます。

 

もちろん普通の人だって

tiaraだって、

言ったことが

実行できなかったときもあるし、

確信を持っていても違っていた、

ってことはあります。

 

でも、自己愛性人格障害のひとは

見ていて

ちょっとおかしい、ということに気づきます。

 

明らかに普通じゃない。

 

あなたが間違えたときの責め方、

それに比べて

自分ができなかったときの

冗談みたいに流して、

「そんなこともあるよね。」って

笑いながら。。。

 

それでも嫌われない、

あの不思議なコミュニケーション能力。。。

 

不思議なことだらけです。

 

昨日までめちゃめちゃこだわりを

持ってやってたことを

ちょっと立場が上の人が否定すると

「そうですよね。」と

あっけなく流してしまう。。。

 

見ていて本当に不思議です。

 

誰も逆らえないのです。

 

「え?」ってなります。

 

だからきっと

被害者になりにくいタイプの人には

すぐに気づかれてるんですよね。

 

気づかないのは

被害者と取り巻きだけで

本当に人を見る目がある人は

ちかよりもしないのです。

 

そのことに気づいたとき

クラスで人気者だった中心的だったひと、

ママ友の中でグループをつくり

知らない間に孤立しているひとができている

ママ友グループの中心的人物。

 

学校や会社で

アイドル的な存在だった人、

とりまきを作るような人の中に

何人か自己愛性人格障害のひとが

混じっていることに気づいたのです。

 

あなたのそばにも

今までそんな人物を

見かけたことがありませんでしたか?

 

その人はもしかしたら

自己愛性人格障害だったのかもしれません。

 

自己愛性人格障害のひとは

最強です。

 

だから絶対に勝てないのです。

 

騒ぎ立てればあなたのほうが

おかしく思われてしまうかもしれません。

 

周りの人も彼の言うことを

信用してしまうかもしれません。

 

 

では、おとなしく彼のそばにい続けますか?

 

そんなことをしたらあなたの心は

確実に壊されてしまいます。

 

あなたを守れるのはあなた自身です。

 

あなたが自己愛性人格障害について確実に理解し、

彼から自分の心を離していくのです。

 

自己愛性人格障害の彼は

あなたの心を強烈に惹き寄せます。

 

そこから誰かに助けてもらうんじゃなく

あなたの心を守るのはあなた自身です。

 

少しづつ彼から心を離していくのです。

 

心を離すことができるのはあなた自身しかいません。

 

Tiaraが無理やり引き離そうとしても無理なのです。

 

あなたの心を彼から離すことができるのは

あなただけです。

 

あなたを守れるのは

あなた自身なのです。

自己愛性人格障害の人の後悔

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の後悔について

お話ししたいと思います。

 

 

 

自己愛性人格障害の人は

本人も気づいていない

おなかの中に、もともと持っている怒りを

自分の信頼できる身近な人にぶつけて

自尊心を保っている病気です。

 

だから、だんだんと周りとの関係を

壊していってしまいます。

 

自己愛性人格障害の人も

人を見下したり、ののしったりすることにより

気分が少し高揚しているので

好きでやっているように見えたり

人をおとしいれているように

見えるかもしれませんが

実は違います。

 

実はそうは見えないようですが、

本人も自分の中の怒りの正体が何かわからず

その理由を探して周りの人のせいにして

あいつが悪いから俺がこんなにイライラするんだ、

と本気で思い込みます。

 

その怒りが尋常でないくらい大きいので

自己愛性人格障害の人も耐え切れず

自分が楽になるために

こじつけて人のせいにしているので

もともと自分がおなかの中に怒りを持っている

とは思っていません。

自己愛性人格障害の人は

自尊心がものすごく低いために

自分がそんな人間だということに耐えられず、

自分は本当はもっと価値がある人間だ

と思い込もうとします。

 

そうすることによって

自尊心の低い人間だということは

自分自身に隠していますので

普段はとても尊大にふるまいます。

 

 

そしてそんな尊大な人間が

ちっぽけな人間の出来が悪いために

イラつかせられていて

その怒りをぶつけることは

その人間に正しいことを教えている

と思い込んでいます。

 

そうすることによって

自分自身で起こしたことへの

意識を麻痺させていますので

罪悪感を感じずに済みます。

 

そして関係を壊してしまっている

自分自身の罪を

あなたに擦り付けることによって

逃げているのです。

 

だから関係を壊したのは

あなたのせいだと思い

自分は被害者だと思い込むことによって

深く傷つきます。

 

ですがそれは自分自身が

起こした罪から逃げるために

自分がしていることなのです。

 

自己愛性人格障害の人は

何をするにも大変効率がよく

なんでもできて責任感が強いように見えますが

実はその真逆なのです。

 

事件が起こったのは

あなたが悪いせいだと理由を探し

もっともらしいふるまいをして自分は常に

立派で落ち着いた人物を演じ続けます。

 

ですが、今まで築き上げてきた関係を

何度も壊すことに

うすうす気づいており

年齢とともに自分が何かおかしいことには

気づき始めるんでしょう。

 

ですが後悔してもまたすぐに同じことを

繰り返してしまいます。

 

だから後悔しても

すぐに次のターゲットに怒りをぶつけたり

尊大な魅力を見せて

自分に人を惹きつけておかないと気が済まないので

いつまでも1つのことに

こだわっていることが出来ません。

 

だから後悔しても

その後悔をし続けていることが出来ないのです。

 

後悔をしていても

どうしても尊大にふるまってしまう彼は

今でも立派な人だと思われて

周りの人にはなかなか伝わりません。

 

自分でうすうすは気づいていても

周りの人にはわからないので

そのまま自分は被害者だと思い込みます。

 

その方が都合がいいからです。

 

そしてまた

尊大なふるまいを演じているうちに

まわりにいるひとのなかから

ターゲットを見つけ、

何度も何度も同じことを繰り返しているのです。

 

そしてそれは自己愛性人格障害の人本人も

どうしてもやめることが出来ず

常に人をつぶし続けていなければ

恐怖に押しつぶされてしまうので

自分が楽になりたいがために

必死で尊大な自分を演じ続けてしまいます。

 

そして

人をつぶし続けているので

またすぐに新しいターゲットに気が移ってしまい

いつまでも同じことに

かかわり続けていられないので

ずっと前のことに

後悔し続けている暇はないのです。

自己愛性人格障害の人の恋の始まり方

こんにちは♡

今日は自己愛性人格障害の人の

恋愛の始まり方について

お話ししたいと思います。

 

 

Tiaraは今は、ほぼ

自己愛性人格障害の人は

見抜けます。

 

これって本当に被害にあわないと

わからなかったことなので

ある意味よかったと思います。

 

今まで何も考えずに

誰とでも仲良くなっていましたので

トラブルが起きても

すべて自分のせいだと思っていたので

ものすごく辛い思いをしていたと

思います。

 

今考えたら、

「なんだ、そうだったのか。」

という感じです。

 

世のなか、合う人と合わない人が

いますし、誠心誠意話しても

話の通じない人っていますよね。

 

それが自分の彼だと

わかんないんですよね。

 

怒ってるときも、

親切にしているときも

本当はびくびくしているけど

隠して知らん顔しているときも

お腹にたまった怒りに震え

そばにいるひとに叱りつけている時も

自己愛性人格障害について

知らなかったら分からなかったです。

 

親切にされれば(いい人だな)と

思ったり

叱りつけられたら

(言うことは利にかなっていることも

多いので)

「すいません!!!」と

納得してしまったり、

必要以上に気にしたり、

べそかいたり。

 

tiaraのことを気にかけてくれれば

(あれ?もしかしたらtiaraのこと、

意識してる?!)って照れたり。。

 

でも。

 

相手が自己愛性人格障害の場合

本当にそうのときも

本当は違うときも

その前後の態度、もしくは言動や表情

または、その後の行動で

すべてもろもろでどんなときも

分かってしまいます。

 

たぶん、普通の人の方が

分かんないときも

あるかもしれません。

最近、tiaraの周りにいる

自己愛性人格障害の人の態度が

変わってきました。

 

二人いるのですが、特に驚いたのは

おじさんの方で

いままでは、ほとんどtiaraには

感情を見せず、あいさつもせず

冷たい態度で淡々と答えたり

たまにめんどくさそうに

「そうじゃないでしょ?

みたらわかるじゃん」など

見るからに

イラついた自己愛性人格障害の態度を

とっていました。

 

ただ見た目はこのおじさんのほうが

おとなしそうです。

 

笑っていれば、普通に

おとなしめの優しそうなひとに

見えます。

 

ですがtiaraには分かっていたので

tiaraもあえてこの人には

あいさつをしたり、しなかったり、

返事をするときも「はーい」と

適当に返していました。

(急にやってはいけません。

やるなら最初からやらないと

急に生意気になった、

と思われてしまい

攻撃の対象となります。)

 

分かっているし、そのほうが

攻撃しにくいからです。

 

自己愛性人格障害の人だと

思っているので、

まったく気にしていません。

 

ここ1年ほど、

ほとんど態度を変えたことがないので

tiaraもこのひとにはほぼ

話しかけません。

 

ところが最近やけに

優しく話してきたり、

tiaraがやり方が分からずに

「あれ?」ってやっていたりすると

「どーした?」

「あ、これか。これはこうだよ。」と

明らかに不自然なのです。

 

ですが、言い方はとても普通です。

 

まるで、

私はもともと親切で

優しいおじさんですよー、

と言っているようです。

 

もうすぐ前任者が

帰ってくるからでしょうか?

 

まあ、なんの風のふきまわしだか

tiaraがまったく動じないので

やっても意味がないと思ったのか

完全に変わりました。

 

そして、同世代のほうは

もっと前から

優しくなっていたのですが、

最近妙に男らしい感じです。

 

tiaraの前になにがあるか

分かりませんが

tiaraの前の席は空席なので

誰もいないのですが

たまに誰かが座ってパソコンを

いじっています。

 

ですがそのひとはそのパソコンでやる

業務がないらしく

そこに座ることはないのですが

すごくキリっとした顔で

なにかとるふりをしてしたをむいたり

書類をわざわざそこで

揃えたりしているのです。

 

なにか落ちた?

 

すごくカッコいいんですけど

そこになにかあるの?

という感じです。

 

無意味に男らしいです。

 

なんだろう。。。

 

今までそんな感じだったっけ?

 

1年以上たってから

まさかそんな感じに変身するとは

思っても見なかったです。

 

自己愛性人格障害のひとは

やたらと視界にはいってきて

自分の存在を

アピールしてくることがあります。

 

なんだろう。。。

あの感じ。。。

 

すごくカッコいい。。。

 

けど、そこ、

なにもないよね???

 

もし、tiaraが

自己愛性人格障害のことを

知らなかったらドキドキしていた

でしょう。

 

 

お互い年も近く、

バツイチでシングルです。

 

離婚してから彼に恋人がいるとは

誰も聞いたことがないです。

 

自己愛性人格障害のひとは

こうやって恋が始まるのでしょう。

 

tiaraがなんの反応もしないので

なにも起こりませんが。

 

知らなかったら

きっと恋に落ちていたと思いますよ。

 

tiaraが

ドキドキしてる態度をとったり

ちょっとはにかんだり、

照れたり恥ずかしがったりすれば

確実に行動を起こしてくると

思います。

 

反応しないのでなにも起こりませんが

 

 

 

きっと恋がはじまれば

なにも分からないでしょう。

 

 

初めはすごくすてきな夢を見せられ

あ、我慢してきてよかった。

出逢いってどこにあるのか

わからないのね、なんて

目をキラキラ

させていたかもしれません。

 

そしてやがて

意味もなく責められ

ののしられ、無視をして

そのうちに浮気をされたりして

捨てられる。

 

泣かされて(どうしてどうして?)って

心の中で叫んでいたでしょう。

 

よかったです。

 

自己愛性人格障害について

知ることができて。

 

自己愛性人格障害とは

決して恋をしてはいけないのです。

 

したら地獄をみることになるのです。

自己愛性人格障害の人の本当の気持ち

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人が

本気で恋をすることがあるのか

という疑問にお答えしていきたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人との

恋愛が終わった後に

誰でも思うと思うのですが、

自己愛性人格障害の彼が

あなたのことを

本気で好きだったことはなかったのか

という点です。

 

出会って初めのころは、

普通の男女が出会うのと

同じようにお互いに

何らかの魅力に惹きつけられて

出会うと思います。

 

現に、自己愛性人格障害の人本人からも

たまにコメントをいただいたりすることが

あるのですが、

彼らは本気で恋をしていると思っていて

自分の感情が

どこから湧き出てくるのか分かっていません。

 

もちろん普通の人も

どこから気持ちが湧き上がってくるかなんて

分かっていないと思うのですが、

話を聞いているうちに

だんだん違うことが分かってきます。

 

それでも別れるときに

どうしても相手を手放したくないとか

相手に振られることが恐ろしくて

耐えられないそうです。

 

その感情を本人も恋だと思っているのですが

厳密にいうと違います。

 

自己愛性人格障害の本人も

自覚しているのかわからないのですが、

相手を自分に惹きつけたい、と

強烈に思うようです。

そして相手の気持ちが

自分に向くまで必死で努力します。

 

その努力は普通の人では

考えられないほどです。

 

そんな熱く気持ちをぶつけてくる彼に

あなたの心も動かされたと思います。

 

自己愛性人格障害の人の

コミュニケーション能力の高さを

ふるう絶好の機会だと思います。

 

そんな彼の気持ちを疑う人なんて

誰もいないでしょう。

 

ですがそれは

自己愛性人格障害の人の

承認欲求のようなもので

相手から自分が特別な存在だと思われたい

という気持ちが強烈に働きます。

 

それは普通の人が恋に落ちる瞬間と

ほとんど変わりませんが

違うのは相手の気持ちがよくなる、

ということには

驚くほど無関心です。

 

ですが、自己愛性人格障害の人も

その時は夢中なので

まったくそんなつもりもないでしょう。

 

たとえば普通の人は恋をすると

相手の人が自分といることで

幸せを感じてくれると嬉しい

と思いますよね?

 

ところが、

自己愛性人格障害の人にとって

相手の気持ちが自分のことで

いっぱいになっていてくれさえすれば

あなたが不快な思いをしていようと

どうでもいい、ということなのです。

 

 

出会って初めのころはその自分の気持ちに

気づく自己愛性人格障害の人も

少ないと思います。

 

ただ、必死で自分に夢中になってくれるように

ふり向かせることに夢中なだけです。

 

 

ですが、相手が

自分に夢中になってくれている気持には

満足します。

 

でもそれだけです。

 

それは厳密にいえば

恋ではないと思います。

 

もちろん自己愛性人格障害の人は

その気持ちを恋だと

思っていますけどね。

 

本当の恋も、

もちろん相手を振り向かせたいでしょうが、

もっと相手の気持ちも大事にしませんか?

 

 

自己愛性人格障害の人には

それがないのです。

 

普通は、相手が嫌がっていたら

やめてあげようと思ったり

また相手が嫌がっている相手が

自分でないとしたら

一緒になって怒ったりしますよね?

 

 

ですが自己愛性人格障害の人は

相手が嫌がったり悲しそうな顔をすると

自分のほうが上だと満足して

 

少しづつ少しづつ どんなことをしたら

あなたが嫌がるのかを

リサーチしながら

あなたに気づかれないように

嫌がらを強めていくのです。

 

 

彼は病気なので、

もちろん無意識だとは思いますが

あなたの嫌がる様子や

かなしそうな顔をしているところを見て

気分を高揚させ、満足していきます。

 

 

そしてあなたが何らかのタイミングで

彼のことが嫌になり離れそうになると

全力でしがみついてきて

あなたが離れてしまったことに

後悔するのです。

 

 

それはあなたに嫌われてしまったから

悲しんでいるのではありません。

 

あなたが嫌がらせを受けて

彼から離れたくないがために

必死で縋り付いてくると思っていたのに

離れてしまったので

あなたの辛そうなところを

見ることが出来ないため 後悔しているのです。

 

自己愛性人格障害の人は

愛を失ったから後悔するのではなく

嫌がらせをしても彼から離れず

苦しんでいるあなたを 見ることが

出来なくなるために 後悔するのです。

 

そんな時に彼が見せる悲しそうな顔は

失恋のつらさではありません。

 

もっとあなたを惹きつけておいてから

嫌がらせをすればよかったと後悔しているのです。

 

自己愛性人格障害の人の辛さは

自分が一生懸命育てたターゲットに逃げられることが

耐えられないほどの苦痛だということを

覚えておきましょう。

 

自己愛性人格障害の人は恋を使ってあなたの心を惑わせる精神的虐待をする

こんにちは♡

Tiaraに相談してくださった方が

数か月たって被害から抜け、

新しい恋が始まった話を聞くと

とっても嬉しくなります。

 

皆さんも頑張って幸せになりましょうね。

 

今日は、自己愛性人格障害の人の

あなたに別の女性の存在を

わざわざ見せつける行為について

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人は

あなたの行動や

行為の邪魔をします。

 

あなたが彼を忘れて

前に進んでもらうと困るのです。

 

自己愛性人格障害の彼と

別れた後にあなたがもう

彼のことを忘れようと思っても

マインドコントロールにより

あなたが彼に

ありもしない大きな期待を抱くように

コントロールされていますので

ただでさえ、彼のことが気になります。

 

彼がまだあなたのことが好きだったり

まだあなたのことが気になる、というような

うその情報を与えておくのです。

 

そしてあなたは

もう一度、幸せだったときが

戻ってくるんじゃないかと

思ってしまうのです。

 

普通の恋だとそんなことは思いません。

 

たとえ彼のことを好きだとしても

ダメな決定的な原因があることが

あなたにも理解できることと

そのあとで期待させるような行為を

彼から何度もされるようなことがないので

別れを話し合った時点で

お互いに二人がやっていけないことを

理解しています。

 

そうやって別れたのです。

 

だからよりを戻すのは

至難の業でしょうし、

お互いそんなつもりなら

別れたりしません。

 

だから普通の人と別れたときも

もちろん悲しいでしょうが

お互い納得もできているので

あとは時間が解決してくれて

だんだんと二人ともが落ち着いてきます。

 

ところが、自己愛性人格障害の場合は

明確な理由がなく

彼の気分次第というところがあるので

あなたは別れる理由に

納得できていません。

 

そのうえ、

あなたの目に入りやすいところで

あなたにやきもちを妬かせるように

周囲の女の子と仲の良いところを見せたり、

新しい彼女に優しくしているところを

見せつけてくるのです。

 

あなたへの虐待は

あなたのやきもちを使ってくるのです。

 

あなたが、勝手に彼のことを

好きになり

やきもちを妬いているのではありません。

 

 

彼があなたが気になるように

故意に仕向けています。

 

これは、あなたが彼を忘れることを

邪魔するためです。

 

 

自分からこっぴどく振っておいて

あなたが彼を

忘れないようにしているのです。

 

ただでさえ傷ついているあなたの心は

耐えきることが出来ません。

 

そうやって

恋愛を使って

虐待しているのです。

 

恋愛を使って

精神的虐待をするなんて

常識では考えられません。

 

この常識では考えられない虐待をするので

自己愛性人格障害の人の虐待は

ばれにくいようになっているのです。

 

はたから見たら

あなたが彼を忘れられないだけで

それだけ彼は

魅力的に映っていると

とらえられてしまうでしょう。

 

すると彼が悪く見えないのです。

 

自己愛性人格障害の人は

よくナルシストと間違えられますので

とてもロマンチックに見えます。

 

やきもちを使っているので

彼はとてもきれいに見えますが

とてもひどいことをしています。

 

恋愛を使った精神的虐待ほど

辛いものはないのです。

 

どれだけ理不尽なことをされても

憎み切れません。

 

あなたが彼を愛しているからです。

 

あなたが愛しているということは

彼にいいところがあったり

魅力的なところがあるから

あなたが魅力を感じるわけで

ひどいことをする人間に魅力を感じるわけがありません。

 

だからあなたが悪いんじゃないの?

というような言われ方をすることもあります。

 

ですが、あなたは彼にひどいことをするどころか

めちゃめちゃ精神的に

故意に傷つけられているのに

彼に逆らうことが出来ないのです。

 

 

自己愛性人格障害は

そういう拷問のような

とてもひどいやり方をするのです。

 

 

自己愛性人格障害の結婚と離婚

[ad#co-1]

 

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は

結婚も離婚も平気でする、

ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人も

程度の違いがあるので

すべての人が当てはまるとは限りませんが

少なくとも、

Tiaraの恋愛相談室を訪れた相談者の方の

お相手の方は、結婚も

それほど深く、一生この人と一緒にいてもいい

と考えて一緒になった結婚でもなく

逆に離婚も特に理由はなくても

自己愛性人格障害の人から見て

相手が堪えるなと思ったタイミングで

平気でしてしまいます。

 

Tiaraも今になって反省しますが、

結婚とはだれもが真剣に考えて

そのうえでこの人とだったら

一生一緒にやっていけると考えたときだけ

するものだと思っていました。

 

みなさんTiaraと同じ考えが

常識だと思っている人が多いと思います。

 

ところが、自己愛性人格障害の人にとって

もう一人相手がいたときに

もう片方の人と結婚することで

最高に傷つけることが出来ると考えたときも

結婚するものだということが

よくわかりました。

[ad#co-1]

結婚に夢を描いている女の子も

多いと思うのですが

そんな思いを胸に抱いていることが

自己愛性人格障害の人にばれると

もしかしたら別の人と

結婚してしまうかもしれません。

 

また、あなたが自己愛性人格障害の彼と

結婚していたとしても離婚されると困る、

という雰囲気を出していたり

ほかの人にとられるのが怖い

と思っている場合も

平気で離婚してしまうことも考えられます。

 

ですから、

自己愛性人格障害の人に

あなたの思いを知られないほうが

いいかもしれません。

 

もしくは、彼には、あなたは本当の思いと

逆の希望を持っている、

と思われたほうがいいかもしれません。

 

普通は、

こういった人生の大きな分岐点は

二人でよく考え、

責任をもって行動をとるべきですが

自己愛性人格障害の人は

自分の都合で決めてしまいますので

大きな決断にあなたの希望が入ることは

ありません。

 

自己愛性人格障害の人が

結婚したいと思えば結婚しますし、

自己愛性人格障害の人が

離婚したいと思えば離婚します。

 

それもどちらかというとあなたの希望とは

逆に動くことのほうが多いです。

 

これを踏まえていないと

あとから大変傷つくことになりますので

自己愛性人格障害の彼が

どういった考えを持っているのか

前もってよく見ておいてください。

 

自己愛性人格障害の人に聞いたり

話し合いをすることは無駄になります。

 

本当のことを言っているか

わからないからです。

 

彼に聞くよりもまず、

自分で判断してみてください。

 

被害者の方が、世間の常識で

判断してしまっていることが多く、

これは自己愛性人格障害の場合、

多くが当てはまりません。

 

自己愛性人格障害の人本人が

自分が常識的な人間に見られたい場合は

常識通りの行動をしますが、

そうでない場合は自分の都合のいい方で

決めてしまいます。

 

ですから、これ以上傷つきたくない場合は

自己愛性人格障害の人の意志を聞くよりも

あなたが

あなた自身で判断してみてください。

[ad#co-1]