自己愛性人格障害の罪悪感がないことの本当の怖さ

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人には

心がないということの意味について

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害の人は

よく心がないといわれていますが、

自分の感情に関しては

普通の人よりも敏感すぎるほど

感じやすい傾向にあります。

 

臆病なのもそのためで

普通の人よりも

とても傷つきやすいのです。

 

あなたは共感力が高いので

そんな彼の寂しさが何となく伝わってしまい

彼をほっておけなくなるのかもしれませんが

自己愛性人格障害とは

本当に恐ろしい病気です。

 

共感力がないと

こんなにもひどいことをしても

平気でいられるのかと

驚くほどです。

 

そもそも罪悪感がいっさいないので

自分がどんなにひどいことをしていても

ずーっといい人の顔をしています。

 

何をしてもまったくなんとも思わないのです。

 

 

むしろ人がつぶされるところを見て

自分の自尊心が少しだけ上がりますので

気分が高揚しているくらいです。

 

心がないから余計いい人に見えるのです。

どんなに人を傷つけた後も

天使の顔で笑顔を届けてくれるので

もしかしたらこの人は

何にも悪いことをしていないのではないかと

思うほどです。

 

心がないから

だからわからないのです。

 

自分の感情だけは

顔や態度にも出るほど持っていますので

優しい人ほど

自己愛性人格障害の人を

ほっておけないでしょう。

 

ですが、自分に思いやりの心をくれる

そんな優しいあなたに

精神的な虐待を何度も何度もはかり

自分の精神を安定させているのです。

 

自己愛性人格障害の人は

人間ならできないようなことも

罪悪感なしにできるので

善の雰囲気をかもし出しているのです。

 

だから周りの人にも気づかれず、

コミュニケーションが取れたり

いい人だと思われたりします。

 

あと本当の自分というものがないので

全く嫌な感じがしません。

 

人間とは本来個性があり

その個性が人によって

合ったり合わなかったりするのですが

自己愛性人格障害の人は

個性をその場に合わせて

自由自在に変化させることができるので

周りの人に全く嫌な感じを与えないのです。

 

そして自分が心を許す

特定のターゲットにだけ

敵対心をむき出しにして

自分の中の怒りをぶつけてすっきりしているのです。

 

普通の人は

何もしていない人に腹を立てたりしないし

こじつけてわざわざ悪者にして

けんかを吹っ掛けることもありません。

 

だってそんなこといちいちしていたら

めんどくさいと思いませんか?

 

いくらあなたから離れていかないと

信頼している人にだって

離れていかないからと

いちいち自分の中の怒りをぶつけたりしませんよね?

 

普通の人もちょっとイライラしているときに

仲の良い人に八つ当たりをすることくらいは

あると思います。

 

ですが、八つ当たりをしてしまったことは

した本人が一番よくわかっているし

誤らないときもあるかもしれませんが

今度は

八つ当たりをしないようにしようと思ったり

ごめんね、さっきはちょっとイライラしてた、

などと謝るときもあるでしょう。

 

ところが自己愛性人格障害の人には

それがまったくないのです。

 

自分が傷つくことが怖いので

自分が悪いと思うことさえしようとせず

そうなったからにはあなたのどんなところが悪いのか

あぶりだしてでもつなげて

どうしてもあなたのせいにするのです。

 

そのことに対しても一切罪悪感がありませんので

あなたが責任感が強すぎる場合は

彼を怒らせたのは

私のこんなところだ、と

あなたも彼と一緒になって

自分の悪いところをあぶりだしてしまうので

話が成立してしまうのです。

 

 

そしてあなたは何もしていないのに

どんどん悪者になっていき

自己愛性人格障害の人の

おなかの中にもともとある怒りを

ぶつけられても

仕方のない人になってしまうのです。

 

良心が強い人ほど悪びれたり

申し訳なさそうな顔をするので

そのままでいると

何もかもがあなたのせいになってしまいますよ。

自己愛性人格障害の人に心を求めてはいけない理由

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の

特技について

お話ししたいと思います。

 

あなたのそばに、

自己愛性人格障害の人がいると

ものすごく緊張すると思います。

 

いつ怒りだすのかわからないので

とても怖いですよね。

 

でも、そういった体質だと思うと

そういうものだと

納得できてくると思います。

 

被害者の方がよく

自己愛性人格障害の人に

魅力を感じていらっしゃるのですが

人との関係を壊したりしなければ

素晴らしい才能があると

口をそろえておっしゃいます。

 

仕事や知識など

レスポンスがすごくいいのです。

 

参考になるところは

確かにありますし、

頼られることは好きですので

頼ると自己愛性人格障害の人も

機嫌がよくなったりします。

 

自己愛性人格障害の人は

心がないので

わかってもらおうとしたり

心を通わせようとすると

ものすごく傷つくのですが、

知恵を授かるという意味で付き合うと

非常に参考になることが

多くあります。

 

たとえば、仕事のやり方などを

聞いてみると

効率がものすごくいいです。

 

脳は正常で感情が入らないので

余分な雑念がなく

そのことだけに集中できます。

 

なので、自己愛性人格障害の人に

やり方を聞くと

ものすごく効率よく

素早くきれいにできるのです。

そういった意味では

これほど分かりやすく

参考になる人はいないので

少し距離を置いて

気持ちを入れずに付き合うと

あなたもとても満足できると

思います。

 

そして短くお礼を言い、

すぐに距離を置くと

自己愛性人格障害の人の

満足感もほんの一瞬ですが

満たすことができ、

それに適度の距離のある人には

あまり攻撃してこないのです。

 

心が通じなくても

自己愛性人格障害とは

むしろそういうものなので

落胆する必要はないと思います。

 

恋人同士だった場合は

ショックが大きいと思いますが、

ぱっと見た感じは

わからないのが特徴で

印象もいい人が多いので

仕方のないことです。

 

人間はみんな同じではないのです。

 

自己愛性人格障害の人も

本人の記憶のないくらい昔に

辛い思いをして

何とかわかってもらおうとして

それでも生きていくには

辛すぎる体験をしているので

人間が育っていく過程で

共感力が

育たなくなってしまったのです。

 

すべての人間が

相手がかわいそうだとか

悪いことをしたなと思う

罪悪感を持って

生きているわけではないのです。

 

 

自己愛性人格障害の人は

サイコパスと違って

もともとは良心があったのですが、

育っていく過程で

あまりにも辛すぎたので

良心を

使わなくなってしまったのです。

 

なのでもともと

良心がないわけではないので

ふとした時に

ものすごい罪悪感に

さいなまれることが

まれにありますが、

自分が傷つかないために

すぐに

自分が

そんなひどいことをするはずはないと

良心を閉じてしまうのです。

 

ですが本当は一瞬、

あなたが悪くないことに

気づいたりしているのです。

 

でも、すぐに良心を

閉じてしまっているので

自己愛性人格障害の人が

自分があなたにしていることに

気づくことはなく

むしろ自分は良心のある

常識的な人間だ、

と思い込むがために

本気であなたのせいにしています。

 

自己愛性人格障害の人は

あなたが悪い理由を

自分が傷つかないために探し出して

本気であなたが悪いと

思い込こむのです。

 

だからあなたは納得がいかないし

理不尽な思いをしているのは

当たり前です。

 

ですが病気なので、

気づくことがないのです。

 

 

気づくことがない人に

わかってもらおうとしても

無駄なだけだし、

あなたは

納得がいかない思いをすることに

苦しむのは、

馬鹿らしいと思います。

 

なので、もうどうしようも

ありませんので

どうしようもない、

ということを理解して

あなたが彼の作り出した罪で

苦しむ必要はないので

自己愛性人格障害の人なんだ、

と割り切ることです。

 

病気の人には

何を言っても通じないのです。

 

あなたは罪悪感が強すぎるために

人が作り出した罪に苦しんでいます。

 

 

あなたも

もっとわかりやすい病気の人なら

近づきもしないでしょう。

 

たまたま自己愛性人格障害の人は

脳は正常なので

病気だとわかりにくいのです。

 

そういう種類の心の病気もあるんだ

ということを

理解していきましょう。

 

自分の心が立ち直るには

自己愛性人格障害とは

こういうものだと

早く深く理解することが

大切なのです。

 

そして少しでも関わっていると

また、ありもしない罪で

どんどんあなたを悪者にして

あなたはしてもいないことで

苦しんでいかなければならないので

少しでも早く離れることが

最良の方法だといえるのでしょう。

 

 

ですが、

どうしてもそばにいないと

いけない関係なら

彼のやることには

一切無関心でいる

覚悟が必要なのです。

自己愛性人格障害の彼と別れたとも彼のことが気になって仕方がないときの心の持ち方

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の彼と

別れた後に

彼が気になって仕方がない人の

心の持ち方について

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害の人は

外面からは想像もつきませんが、

自尊心があまりにも低いため

自分のことを

本当は生きていく価値がないと

思っています。

 

だから必死で人を見下して、

自分のほうが上だと思うことを

常にしていないと

安心していられない病気です。

 

人を見下したりつぶしたりすることに

悪気があるわけではなく

その自尊心の低さからの

あまりの恐怖から逃れるために

人をつぶすのです。

 

ですが、いくら病気だからと言って

つぶされたほうは、

人生をダメにしてしまうので

とても理不尽な思いに

さいなまれます。

 

そして相手をつぶした後も

つぶせる相手は

とことんまでつぶしても

まだやめようとしないので

例えば別れた後にあなたが苦しんでいても

さらに

新しい女の子と仲良くしているところを

見せつけるなどして

さらにどん底まで突き落とし、

その様子を見て満足する、

などというような

異常な行為に高揚します。

これは、自己愛性人格障害の人が

本当によくやる行為で

これによって苦しんでいる女の子が

大勢いるのです。

 

少し前なら

プレイボーイを連想したと思いますが

ここまで

相手の感情を

踏みにじる行為ができるのは

自己愛性人格障害ではないかと

今は思います。

 

このケースから被害者が

正気でいられなくなることも

よく見られ、被害者のほうが

事件を起こしてしまったり、

そこまでいかなくても

怒鳴りつけたり、ヒステリーを起こして

周りの人からは

被害者のほうが悪くみられることも

よくあります。

 

ですが、これはすべて

自己愛性人格障害の人が

起こしている行為であり、

被害者の感情がそこまでなっても

攻撃をやめないからなるのですが、

自己愛性人格障害の人は

とても臆病で人から嫌われることを恐れるため

非常に分かりにくいやり方をするので

周りの人から見たら、自己愛性人格障害の人が

そんなことをしているとは

まったく気づきません。

 

なので、被害者の行為しか

周りの目には映らないことが多く、

被害者から周りの人まで

離れてしまうことになりかねないのです。

 

かといって

悔しい感情を、我慢して抑えている人も

本当に苦しく、

病気になってしまう人もみえます。

 

被害者一人で大きな苦しみを

抱えていかなければならないのです。

 

そしてその様子を見て

自己愛性人格障害の人は高揚し、

嫌がらせの行為をもっともっと

やめられなくなります。

 

これは、本当に恐ろしいことで

周りの人にはまったく気づかれないのです。

 

あなたもこんな風になりたくないでしょう?

 

みじめですよね。

 

ですからそれを避けるための心持を

今から紹介していきます。

 

まず、初めから

自己愛性人格障害の人は病気だと

認識しておいてください。

 

自己愛性人格障害の人は

幼いころの育ち方により

良心を持ったままでいると

非常につらい状況で育ったため

共感力が育たなくなってしまったのです。

 

そのうえで自尊心の低さから

自分の生きる価値のなさが人にばれることを

極端な恐怖心を抱えるほど

怯えています。

 

だから、自己愛性人格障害の人を

良くも悪くも思わないでください。

 

ただ、そういう性質の人なのです。

 

これは彼自身にもどうすることもできません。

 

初めから

そういう習性をもった人だと思うことが、

上手に付き合うコツなのです。

 

付き合った彼で途中で気づいた場合は

納得するのが難しいかもしれませんが

外面上はわからないので仕方がありません。

 

ですが、彼は自己愛性人格障害

ほとんど変わることがないのです。

 

そこを認識しないとすべてが始まりません。

 

辛いとは思いますが、

冷静に彼の状態をあなたの中で

納得していってください。

 

彼は自己愛性人格障害なので

突然、怒鳴られてもののしられても

あなたのせいではありません。

 

だから長い時間話を聞かないようにし

できるだけさりげなく静かに少しでも早く

その場を立ち去る

あなたのせいではない理由を作って

その場から離れなければ

ならないようにしてください。

 

例えば電話が鳴ったとか

トイレに行く、とか

出かけなければいけない用事があるとか、

あなたが彼の話を聞きたくないから逃げる、

と思われない何か理由を作って

フェイドアウトしてください。

 

自己愛性人格障害の人の

機嫌を損ねないように

できるだけ自然に早めに

その場から立ち去るようにしてください。

 

自己愛性人格障害とは

病気の症状なので

話しても嫌だと訴えても

伝わることがないのです。

自己愛性人格障害のひととは話し合いにはならない

こんにちは♡

今日は、

自己愛性人格障害の人とは

話し合いにならない

ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の彼に

気持ちを分かってもらいたくて

彼に話し合いの機会を

作ってもらいたい

という人がいるのですが、

話し合いは無駄になります。

 

 

 

難しい言葉を使って

さもきちんと説明しているような

姿勢をとります、が

彼はあなたを負かしたいだけです。

 

話の内容はあなたに嫌がらせをする内容を

必死でいかにも理にかなっているように

言っているだけで

自己愛性人格障害のひとの話を聞いていると

ただ、自分が責められているだけ

としか感じられないので

解決するどころか、

あなたが不快になるだけです。

 

もともと自分がきちんと

あなたを説得することはできない

と思っているので、

あなたに勝つために難しい言葉を使い

いかにも自分が正しいことを

言っているように

論破したいだけなのです。

 

彼はただあなたに勝てれば

それでいいのです。

 

だから自己愛性人格障害の彼とは

話し合いで物事を

解決しようと思っても

仕方のないことです。

 

先にあなたが

そういう心づもりでないと

イライラして仕方がないのです。

 

自己愛性人格障害人は

もともとあなたを初めから

イライラさせるつもりで話していると

覚えておいてください。

そしてもしこのイライラを

彼にぶつけてしまうと

あなたのほうが悪者になるように

うまい具合に利用されてしまいます。

 

だから彼にイライラを

ぶつけないようにするためには

あらかじめあなたのほうが

話し合いで解決しようという気持ちは

初めから持たないことです。

 

話し合いで分からせることは

無理なのです。

 

 

ではどうしたらいいか、

あなたのほうが先に

話し合いができないように

してしまうことです。

 

すると、自己愛性人格障害は

あなたが何を考えているのか

分からないので、

どんどん混乱してきます。

 

 

混乱するとだんだんいうことを

思いつかなくなり

話しがなくなってしまいます。

 

言うことがなくなると

自己愛性人格障害は

話ができなくなります。

 

自己愛性人格障害のひとの話し合いは

イライラしたほうが負けだと

覚えておいてください。

 

どうせ解決のない話し合いをするのなら

あなたがイライラしないほうに

心を持っていくように

努力したほうがいいでしょう。

 

彼に話をさせるように持っていき

あなたは聞き役に徹してください。

 

多大、この時、

うんうん、と一生懸命聞くことは

やめてください。

 

ただ彼に話をさせ、あなたは聞き流す

というスタンスをとってください。

 

そうでないとあなたが辛くなってしまいますし、

あなたに攻撃が効いている、と思い

彼のほうも調子に乗って

どんどンあなたを責め立てていきます。

 

 

どうせ話を真剣に聞いていたとしても

あなたを負かしたいだけで

本当のことを言っているとは

限らないのです。

 

初めのうちは怒られたり

あなたが悪いように

一生懸命話をするかもしれませんが

ずっと聞いていると

だんだん話すことがなくなってきます。

 

そして彼も話を続けていることにより

少しは満足しています。

 

だから内容のことは

そんなに真剣に聞かないほうがいいのです。

 

自己愛性人格障害のひとと

話し合いで物事を解決しようとすることは

そもそもが無理なのだと

覚えておいて下さい。

 

自己愛性人格障害の被害者はスキルを身につけてください

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の被害者は

スキルを身につけたほうがいい、

ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の被害にあいやすいな

と自分で感じる人には

ぜひおすすめしたいのが

自分のスキルを身に着けることです。

 

自己愛性人格障害の攻撃とは

二人の関係に何もなくとも

知らない間に悪化させられていき

いつの間にかひどくなり気づいたら

一緒にいられなくなっていることが

とても多いです。

 

自己愛性人格障害の

恐ろしいほど臆病な性格から

自分が悪者になることを恐れ

前もって被害者が

孤立させられることも多いので

知らない間に

今までの場所にいられなくなることも

多いと思います。

 

 

実際にそのような相談が

全体の半分以上を占めます。

 

ですから自分で

被害にあいやすいなと感じている人は

知らないところで自己愛性人格障害の人に

ターゲットにされていた場合を考えて

いつ、今いる場所を追いやられても

どこでも生きていけるような

スキルを何か

身に着けていてほしいのです。

 

なんだっていいのです。

 

自分がやってみたいこと、

興味のあること、

得意なこと。。。

 

そしてこのあなたのスキルを

アップさせる行為を

できるだけ彼のいないところで

こそこそと水面下で進めていってください。

 

彼の前であなたが輝けることをしだすと

いろいろなことを言って邪魔をし

何とかやめさせようとしてきます。

 

するとスキルアップすら

できなくなってしまう可能性が

出てきてしまうので

彼には内緒で、

勉強なり、習い事なりをしてください。

 

なんでもいいので、

もし、彼が激化してしまった時や、

あなたが耐えきれなくなった時

生活が不安になり

怖くて彼のもとを

去ることができないなんて

不安になりませんか?

 

1人になるのが怖くて

しがみついてしまい、

以前よりも彼の症状が

ひどくなることも

大いにあります。

 

自己愛性人格障害の人に依存すると

彼はあなたに攻撃をすると

あなたが堪える姿を

見ることができるので

どんどんひどくなります。

 

だからできるだけ、

彼から心を離し、

心の中で無関心になるのです。

 

それは彼からの攻撃を

やめさせるものではなく

あなたの心を

守るためのものになります。

 

自己愛性人格障害の人の行動を

変えることはできません。

 

彼自身も無意識のうちに

そうなってしまうので

話し合いなどで

理解するようになるなどは

考えられないからです。

 

ただ、自己愛性人格障害の人が

あなたに攻撃しても

あなたの堪えるところがみられないと

攻撃しても意味がなくなるため

だんだんとあなたに攻撃をしようと

思わなくなっていきます。

 

 

だからあなたが彼に無関心になることは

あなたの気持ちを楽にするのと同時に

彼があなたに攻撃をしようとも

思わなくなるので

少しづつ自然に治まってくるのです。

 

あなたがスキルアップをすることは

自立への第一歩と

あなたが自分軸で考えられるようになる

チャンスなのです。

 

1人でも不安にならない環境を

自分の力でどんどん作っていきましょう。

自己愛性人格障害のひとを初対面で見分けるために

こんばんは♡

今日はTiaraのお茶会&交流会でした。

遠方からお越しの方は

台風の影響で電車が

なかなか動かなかったようで

朝から大変な中、お越しいただき、

ありがとうございました。

 

終始和やかななか、

美味しいケーキとお茶をいただきながら

貴重な経験談をお話しいただき

ありがとうございました。

 

大変有意義な時間を過ごしていただき

幸いに思います。

 

まだ自己愛性人格障害の被害から

抜けていない方や

もう解決された方、いろんな方がみえましたが

立場や職業は違えど、

同じような経験をされていたので

安心された方も多くみえました。

 

これをご縁に末永いお付き合いを

お願い申し上げます。

さて、今日は、

自己愛性人格障害の見分け方について

お話ししたいと思います。

 

一度自己愛性人格障害の被害に遭うと

次は二度と遭いたくないですよね。

 

どうなるか分かっているのに

関係を深めたくはないので、

できるだけで会って

すぐに判断したいものです。

 

ここでは、自己愛性人格障害の特徴的な

症状をいくつか挙げてみたいと思います。

 

 

・第一印象が異常なくらい良すぎる。

 

・他人にはとても親切でとても気配り上手。

 

・あなたの意見を否定してくる。

 

・冗談でからかっているように見えるが、

抜かりなくちゃんと傷つけている。

 

・挨拶をしたりしなかったりする。

 

・たまに無表情になる。

 

・突然の無視

 

・役付きのひとや地位の高い人、

上司などの前だととても従順になる。

 

・周りの人にはとてもいい人だが、

あなたに対してだけとても厳しいことを言う。

 

・「あなたのため」と言って

意味のない叱咤を繰り返す。

 

・長時間のお説教。

 

・ナルシストである。

 

・自分がしたことでも

相手がしたことになっている。

 

・初対面ではいいひと、
というより極端に良すぎる印象である。

 

・自分が好きで何かしら、人に

自慢できるほどのものを持っているが

人のことはなかなか認めようとしない。

 

・おとなしい人、自信のない人、無資格、

新人、年下、女性に厳しい。

 

・プレゼントやお土産など、

イベントがあるたびに用意しておいてくれる

 

・しばらくすると、イベントのドタキャンや

イベント前に突然連絡が取れなくなる。

 

・何度も別れたりくっついたりを繰り返し

毎回その理由がよく分からない。

 

などです。

 

今日の交流会で話題に出たので

思いつく限り、抽出してみました。

 

外見的な特徴はやせている人、

体格のいい人、など色々いるようですが

彼なりのこだわりがあり、

素敵な人がとても多いように思えます。

 

ですが、おしゃれな人やこだわりの強い人

すべてが自己愛性人格障害だということはなく

自分の事にはとてもこだわるが

他人のことは軽視したり軽く扱ったりします。

 

この中のいくつかに当てはまると

自己愛性人格障害だと言われています。

 

初対面よりも

知り合ってちょっと経ってからのほうが

症状は出てくるので

すぐに判断せず、しばらく自分を出さずに

相手の様子を見てから

少しづつ仲良くなりましょう。

 

 

人懐っこい人や人見知りをしない人、

人を信じやすい人ほど

ターゲットになりやすいので

一度でも被害に遭われた方は

初めのうちはすぐに自分を出さず

相手の出方を見て、安心してから

少しづつ自分を出してください。

 

次は、あなたが安心して付き合える人を

見つけるために♡

自己愛性人格障害の被害者になるような人は自分の痛みには鈍感な人が多い

こんにちは♡

本日、Tiaraコミュニティの

お茶会&交流会へお越しの方は

気を付けてお越しくださいね!

 

今日は、自己愛性人格障害の

被害者になるような人は

自分の痛みには鈍感な人が多い、

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害の被害に遭われる方は

共感力が普通のひとよりも

ちょっと強すぎる傾向にあります。

 

例えば、ドラマや映画を見ると

すぐに泣いてしまったり

スポーツの試合などで、

自分の応援していたチームが

負けてしまったりすると

一緒に泣いてしまったりと

本当に感受性の高い方が多いです。

 

人の気持ちが分かりすぎるというか

すぐに同情してしまったりしますよね。

 

相手の気持ちが分かり

そこに自分まで

感情移入してしまいやすい人が

多いのですが

自分の痛みに関しては

本当に鈍感な方が多いです。

 

優しさから、ちょっとしたことは

すぐに水に流してしまったり

自分がちょっと嫌なことをされても

気にしないようにしていたり。

さっぱりしているように見えたり

寛大で優しい人ですが、

自分の痛みに鈍感だということが

後々にこんなにも恐ろしいことになるなんて

そこまで考えてはいないと思います。

 

Tiaraも自己愛性人格障害

という病気を知ってから

自分のことも他人と同様

大切にしなければならない、ということに

気づかされました。

 

たとえば、

体の感覚が分からない病気の人がいて

どこかにぶつかっても痛みを感じなかったり

転んで血が出ても痛みを感じなかったら

どうなるでしょう。

 

痛みを感じないということは

羨ましいような感じもするのですが

けがをして切れた部分が以外にも深く

ものすごく大量の血が流れ出ても

気づかないでそのままにしていると

やがて命の危険にさらされることもあります。

 

 

そして心も同じなのです。

 

自己愛性人格障害の被害の話を聞いていると

そんなひどいことをされているのか、

と思って聞いていても

相談者の方はさらっとした顔をして

「でもそれくらいのことは

別に誰でもあることだしいいんです。」

といったりします。

 

その繰り返しが、

自分の相手が何かおかしい、と気づくのに

時間がかかってしまう原因になっています。

 

自己愛性人格障害のひとは

共感力が全くありません。

 

この二人がくっつくと

どうなるでしょう?

 

自己愛性人格障害のひとの特徴として

本当は

ものすごく臆病だということがありますが

このことにより

相手への攻撃を大ぴらにはやりません。

 

少しづつ、相手に気づかれないように

こそこそと攻撃を強めていき

相手を慣れさせてしまうのです。

 

あなたがこれくらいの攻撃は大丈夫、

と慣れてしまったところを基準に

その状態が普通だ

という方向にもっていきます。

 

そして、そこからまた少しだけ攻撃を強め

またそれに慣れさせていきます。

 

 

 

あなたは自分の痛みに鈍感なため

これくらいのことは大丈夫、と

思っていたところが

普通になり、またそこから

攻撃を強められたところが

これくらいなら大丈夫、となります。

 

それを日常的にやり続け、

もう一歩進んだ嫌がらせの状態が

あなたにとって普通になってしまうのです。

 

こうやって少しづつ攻撃を強められていき

気づいた時には息ができないほど

苦しくなっていることに気づきます。

 

自己愛性人格障害のひとは

臆病なため、

あなたが大丈夫かどうか

試しながら行っています。

 

あなたがそこで受け付けなければ

それ以上はできないのです。

 

浮気も浮気くらいなら大丈夫、

と許してしまっていると

1人、2人、と増えていきます。

 

1回でも許さないと

それ以上は進まないのです。

 

あなたはもう少し自分の痛みに敏感になり

それを嫌だ、とはっきり口にしなくても

あなたが受け付けなければいいのです。

 

いま、彼の攻撃が強くなっているのだとしたら

それはそこまで苦しくなるまで

あなたが許してしまってきているからです。

 

 

寛大なことはとてもいいことだと思います。

 

 

一生懸命やっていたのに

失敗してしまったときは

時には許してあげることも大事だと思います。

 

 

ですが、あなたのことを

思ってやっていることなのか

一生懸命やっていたことの失敗なのか

一度じっくり考えてみる必要があります。

 

そしてあなたはもっと

人の気持ちばかり優先するよりもまず

自分の心がいたがっていないか

よく見てあげてください。

 

あなたが幸せでないと

人のことまで考えられません。

 

まず、あなた自身のことを

本当に大事にしてあげてください。

 

 

 

自己愛性人格障害の発症の時期

こんばんは♡

今日は、

自己愛性人格障害の発症の時期について

お話ししたいと思います。

 

Tiaraの恋愛相談室をおとずれる方の

相談を聞いていますと

人によっては、20年間なんともなく

どちらかというと仲がよかった

という方がいたり

結婚して5年ほど一緒にいたが

今まではわりと平和なほうで

最近になって発症した、という方もみえます。

 

もしかしたら

自己愛性人格障害ではないのではないか

と思うことがあります。

 

ですが、よく聞いてみると

やはり自己愛性人格障害の症状が

はっきりと出ていて

共感力がないことが分かります。

 

では、この、人によって

こんなにも長い間症状が出ないのは

どうしてなんでしょう。

 

それは、自己愛性人格障害のひとと

あなたとの関係性の違いから

早くに症状が出てしまう人と

長い間、

穏やかな関係を続けてこれた人に

分かれます。

 

自己愛性人格障害のひとが

あなたに対して

モラハラをしたいと思わない、

または、モラハラできない

と思ってた可能性があります。

 

それが、何かのきっかけで

あなたの弱さを見たり

自分のほうが上だと感じたりすると

あなたに攻撃しても大丈夫、と

自己愛性人格障害のひとの中で

Goサインが出ます。

そして、あなたが従順すぎる場合も

突っ込みたいと思うところがなかったり

もしくは外部に別のターゲットがいる場合も

自己愛性人格障害の症状を

出さない可能性もあります。

 

自己愛性人格障害のひととあなたの間に

モラハラをしても大丈夫、という

Goサインが出るか出ないかで

発祥の時期が変わるのです。

 

自己愛性人格障害かどうか判断するために

注目すべきところは

彼のあなたに対する共感力のなさにあります。

 

例えば、あなたが嫌がることを

やめようとしてくれたり

あなたの好みを聞いてくれて

それを実現しようとしてくれると

彼は自己愛性人格障害ではないです。

 

プレゼントや素敵な場所に

連れていってくれることもあるのですが

すべて彼のセレクトです。

 

Tiaraはそういったこともうれしく感じるし

いろいろ聞いてくれるのもうれしいですが

やはり彼の好みでセレクトしてくれるのも

素敵なので

まったく気づかなかったです。

 

悪いところや少し機嫌の悪いところを見ても

誰だってそんなときあるよね、

って思ってしまって。。。

 

発症するまでは、

それで結構続けてこれたりするんですよね。

何の疑いもかけずに。

 

ですが、Tiaraの得意なことは

いっさい触れようとしてくれませんでした。

 

昔からの友達に聞かれて

彼とそれをしたことがない、と言ったら、

ありえん、と言われてしまいました。

 

Tiaraがそれを好きなことは

みんな知っていることだからです。

 

Tiaraが輝きそうなことはいっさいせず、

彼の得意なところを見せてくれたり

やってくれたり教えてくれたり。

 

それも素敵ですよね。

 

だから気づかなかったんです。

 

自己愛性人格障害のひとは

自分の得意分野を見せることは

大好きですから。

 

それでなり立ってしまっていると

長い間わからないこともあるんだ、と

いろいろな人の症状を聞くようになって

分かるようになりました。

 

自己愛性人格障害のひとも

満足している時期もあります。

 

ただ、やはりTiaraの知らないところで

別のターゲットがいたり物に当たったりして

Tiaraの前では出ていなかっただけなんだな

と今では思います。

 

あなたの彼も

長い間自己愛性人格障害の症状が

出ていない場合は

そうやって別のところで

ターゲットがいたり

ストレスを発散している場所がなかったか

考えてみてください。

 

自己愛性人格障害のひとは

おなかの中に大きな怒りを持っていますが

その怒りを出してもいい人のところまで

我慢して出さないように

コントロールすることができます。

 

今ここで自己愛憤怒を起こすと

相手に疑われる、とか

自己愛性人格障害だとばれてしまう、

またはこの人には嫌われると

自分の立場が追いやられてしまう、

と思ったときも、上手に

自分のおなかの中の怒りを隠して

いい人でいることに専念できます。

 

 

そうやって怒りを出したり

引っ込めたりすることが

自由自在なのです。

 

ここで出したらまずい、という人や

場所では

いっさい出しません。

 

だから分からないのです。

 

 

そしてその、モラハラ行為を

あなたに出すようになったということは

あなたは怒りをぶつけても

自分から逃げていかない人

と彼に認定されてしまったのです。

 

いったん認定されてしまうと

彼が怒りを発散させたいタイミングで

いくらでもこじつけて

あなたを責め立てることができるのです。

 

自己愛性人格障害のひとはあなたが一番苦しむ方法を選ぶ

こんにちは♡

今日は自己愛性人格障害のひとは

あなたが一番苦しむ方法を選ぶ

ということについてお話ししたいと思います。

 

 

常識では考えられないのですが、

自己愛性人格障害の人は

常識では考えられない方法を選びます。

 

常識でこうだろうと思うやり方と

すべて逆のほうを選ぶのです。

 

例えば自己愛性人格障害の彼が

「別れる」といったとします。

 

あなたがもし、彼に

「お願いだから別れないで。

お願いします。お願いします。」

と泣きじゃくり彼にしがみついたとします。

 

普通のひとなら、

本当に別れようと思っていたとしても

そんな彼女の痛々しい姿を見ると

胸が詰まる思いがして罪悪感にさいなまれ

そんな彼女を見捨てることが

できなくなると思います。

 

 

ところが、自己愛性人格障害のひとは

泣きじゃくるあなたの姿を見て

このまま別れたらこの人は

どうなってしまうんだろう?と思えば思うほど

目を輝かせ、本当に捨ててしまいます。

 

普通の人は

まさかこんな考え方をする人が

いるとは思えないので

彼に気持ちを分かってもらおうと思い

必死に訴え続けるでしょう。

 

ところが自己愛性人格障害のひとは

普通の人とすべての感情が真逆なので

彼のお願いをすれば

ひどいことになってしまうのです。

 

 

だから彼と別れたくなければ

彼にすがったり涙を見せてはいけません。

 

彼と別れたくなければ

彼にあなたが別れたくないと思っている感情を

読み取られてはいけないのです。

 

 

増して、声に出してはいけません。

 

自己愛性人格障害のひとは

あなたが苦しめば苦しむほど

もっと苦しむところが見たくなるのです。

 

 

この心情を理解していないと

とんでもないことになります。

 

そして今度は逆に

あなたが彼と別れたい場合も

普通のやり方をしていては

自己愛性人格障害のひとは

別れてはくれないのです。

 

もしあなたが自己愛性人格障害の彼と

別れたいと思っているのだとしたら

さっきとは逆で

あなたは自己愛性人格障害のひとに

別れたい、と思っていることを

読まれてはいけないのです。

 

もし彼にあなたが彼と別れたいと思っていることを

伝えたりばれてしまったりしたら

自己愛性人格障害の彼はあなたに

あなたがどんなにひどいことをしようと

しているかを訴えてくるでしょう。

 

もしくはあなたを離したくない、

このままずっと一緒にいたい、など

強烈なしがみつき行為を

してくるかもしれません。

 

 

あなたをどんなに好きかと訴えらえ

自分が彼のことを悪く取ってしまっていた

本当はこんなにも私のことを思ってくれていたんだ、

とうれしくなり戻ってしまうかもしれません。

 

ですが、戻るとしばらくして

あなたに別れを告げらえれたことを

恨みに思い、

あなたを攻撃してくるようになるかもしれません。

 

自己愛性人格障害のひとは

すべてが反対なので

普通の人が彼の行動を予測することができず、

 

 

普通の人は

この自己愛性人格障害のひとの行動を

読みとることができないので

びっくりしていしまい、

自分のほうが悪いと思ってしまい

今度は彼からの攻撃が強くなっても

自分が悪いと思い

耐えてしまうようになるのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとに

あなたの気持ちを分かってほしかったら

すべてを逆にとらえなければなりません。

 

そしてあなたがしてほしいことと逆の態度を

彼に対して取るのです。

 

自己愛性人格障害のひとの心の動きを

ある程度把握しておいてから

彼への対処を考えておいてください。

 

自己愛性人格障害の人の目的はあなたを混乱させること

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の目的は

あなたを混乱させること、

ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人は

あなたの評判を落としたり

あなたの自尊心をつぶすようなことを

しますが、

結局何がしたいと思いますか?

 

これが分からないと

本当に苦しむことになるので

あらかじめ心得ておくと

ずいぶんと

落ち着いていられると思います。

 

人間は何をしているのかわからない状態が

一番怖くて不安なのです。

 

自己愛性人格障害の人は

あなたを不安にさせて

彼から離れられないようにしています。

 

あなたを彼から

離れられないような

心境になるまで

追い込んだ後に

あなたを突き放すのです。

 

あなたは彼から

突き放されることによって

混乱します。

 

あなたは彼が離れていってしまう恐怖から

彼にしがみつくことでしょう。

 

すると彼の思い通りに

あなたを動かすことが

できるようになるのです。

 

 

自己愛性人格障害の人は

ほとんどの人が

このやり方を使って

人を支配しています。

 

冷たい印象も優しさも

すべて、

あなたをコントロールするためのもので

彼のあなたに対する本当の意味での

思いやりがないことが分かります。

 

 

あなたは

彼から愛されていると思っているので

彼に尽くそうとするのですが

彼があなたのことを

大切にしていないことに気づいたら

まだ彼の為に

尽くしていくことができますか?

 

マインドコントロールが強いと

ひどいことをされていることが

分かっているのに

彼から離れられないと

いう人もみえます。

 

その場合、

あなたは彼に

強く惹きつけられていますので

非常につらい状態が続いて

抜け出しにくくなってしまいます。

 

自己愛性人格障害の人は

どんなに素敵に見えても

近づくと本当に怖い人物なのです。

 

恋愛心理学において

相手が共感力を持っていると

より結婚につながりやすく

冷たくされると、相手に興味を持ち

恋愛に向いている、という傾向があります。

 

冷たくされると、

どうして私に冷たくするんだろう、

とある意味興味がわくのです。

 

そして興味がわくということは

彼に惹きつけられていますので

恋愛のこの相手に興味がわく、

という心理を自己愛性人格障害の人は

巧みに利用しているのです。

 

だから、あなたが強烈に

彼に興味を注がれるのは

自己愛性人格障害の特徴の

相手を拒否する行為や

意味のない無視をする、

という行為を上手に利用して

あなたの心をコントロールしています。

 

それをあなたが恋愛感情だと思い

強烈に惹かれ、

彼を失いたくないと思っているのです。

 

あなたは彼に本当に大切にされていますか?

 

そのことを一度冷静になって

よく考えてみるといいでしょう。

 

彼にいつまでも混乱させられていると

判断能力をだんだんに

奪われていくのです。