自己愛性人格障害のひとは、あなたがすがり付くこと前提で別れ話をしている

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

あなたがすがり付いてくることを

前提にして別れ話をしてくることについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとの特徴として

付き合っている間に

何度も別れ話をしますが、

この別れ話をしてくるときも

本当に別れようと思って

別れ話をしてくるときと

本当は別れる気はないが

別れ話をしてくるときと

2パターンがあります。

 

本当に別れようと思って

別れ話をしてくるときは

他に新しい女の子ができた場合もありますし、

単純にあなたに興味がなくなり

別れたくなる場合もあります。

 

この場合、別れ話をした後、

モラハラ行為をしてくるわけでもなく

パタッと連絡が取れなくなります。

 

ただ、このパターンは

非常に少ないと思われます。

 

普通の人は

別れた後、ほとんど顔を見せたり

連絡してくることはありませんが、

街中であったときに

懐かしさから普通に話をしてしまうことは

あるかもしれませんが、

昔の恋人、という感じでまたね、

と普通に離れていきます。

 

ところが自己愛性人格障害の場合は、

本当に別れた後も

何度も顔を見せたり

存在をアピールしてくるのが通常です。

 

その見せ方は、あなたと彼の立場が

どちらが強いかによって

全然違います。

 

もし、あなたのほうが彼より立場が強い場合や

まだ彼があなたに魅力を感じている場合には

「もう一度やり直したい。」とか

「元気?」など、

あなたの気を惹くような言葉で

近づいてくることが多いです。

 

自己愛性人格障害のひとの別れ話は

基本は本当に別れたいと思っておらず

あなたからしがみつき行為をされること前提で

別れ話をしています。

 

あなたのほうが

「いや。別れたくない。」というのを

待っているのです。

 

そしてあなたが別れたくないというと

あなたがまだ本当に彼から離れられない、

という場合は

優しくしたり突き放したりを繰り返し、

あなたを不安にさせます。

 

彼に本当に離れていってしまわれたら

生きていけない、

というほど彼のことが好きな人は

本当に辛い思いをすると思います。

 

自己愛性人格障害のひとは

あなたのその様子を見て

高揚するのです。

 

自己愛性人格障害の被害で一番多いのが

このパターンになります。

 

彼のほうがあなたよりも

立場が強い場合やあなたのほうが

まだ彼に未練がある場合は、

新しい恋人との仲を見せつけたり、

わざと顔を見せて

もうあなたには気がないということを

何度もアピールしてくるようなやり方をして

あなたをさらに傷つけます。

 

彼から惹きつけと突き放しを同時に行われ

だんだん病んでいくのです。

 

そしてもし、あなたのほうから

自己愛性人格障害の彼を

フッてしまった場合には

恐ろしいほどの

しがみつき行為を見せてきます。

 

鬼電やLINEの連続送信などは当たり前で

待ち伏せや、何度も引き留めて

話をしようとしてくる場合もあります。

 

だから本当に別れようと思っている場合は

できるだけはっきりした言葉は

使わず、

少しづつフェードアウトする

というやり方をお勧めします。

 

はっきりした言葉で彼に告げてしまうことは

敵対心を見せることにもつながってしまい

逆にものすごい攻撃にあうこともあります。

 

彼があまりにも怖いため

いうことを聞いてしまう場合もありますが

逆効果ですので、

いうことを聞いてしまってもいけません。

 

自己愛性人格障害のひとにしがみつくと

さらに恐ろしい地獄が待っていることを

忘れてはならないのです。

 

自己愛性人格障害のひとの優しさは

あなたが彼から離れられなくなった時に

精神的な虐待をするための

引き寄せ行為だと思って

まず間違いありません。

 

自己愛性人格障害のひとは期待をさせる行為をしておいて後で裏切る、ということを繰り返す

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

期待をさせる行為をしておいて後から裏切る、

ということを繰り返すについて

お話ししたいと思います。

 

あなたの彼が、

自己愛性人格障害だった場合、

しばらく彼から連絡がなかった彼から

久しぶりに電話がきて、食事の誘いを受け

うれしくて彼を待っていると

突然急用ができて

こられなくなることがあります。

 

もしくは、素敵なレストランを用意してくれ

楽しく食事をしている最中に

彼の友達から連絡が入り

突然帰らなければいけなくなってしまい

あなたは1人で食事をしなければならない、

ということになる場合もあります。

 

もしくは、

彼があなたのところに迎えに来てくれ

二人で素敵なレストランで食事をし

お店も素敵で料理もとてもおいしいものなのに

なぜか彼の機嫌が悪くなり

始終無言で過ごすという場合もあります。

 

 

どれも自己愛性人格障害のひとが、

あなたをがっかりさせるために

やっていることです。

あなたをがっかりさせるためには

まず初めにあなたを喜ばせる必要があります。

 

まず、しばらく放置、

という形であなたを不安にさせ

あなたの不安がピークに達する直前に

明るい声で連絡をくれて

あなたに会いたいという話をしてくれます。

 

あなたに会いたいから

あなたが喜びそうなお店をセレクトして

素敵な車で迎えに来てくれて

エスコートしてくれます。

 

あなたの期待がピークに達したとき

突然一緒に食事ができない事態になります。

 

 

その時の二人の関係性や彼の感情により

不機嫌になったあなたを

「ごめんね。この埋め合わせは

必ずするから。」と

優しくねぎらってくれる場合もあったり、

「そんな不機嫌な顔するなよ。

しょうがないだろ。」と

あなたを責めるような口調で言う時も

あります。

 

 

自己愛性人格障害のひとの気分により

どうとでもあなたを追い詰めることが

できるのです。

 

普通は何かの原因があり、その行動により

機嫌が悪くなったり、

よくなったりするものですが、

自己愛性人格障害のひとの場合は違います。

 

自己愛性人格障害のひとは

一番はじめに来るのが、

まずもともと

彼がおなかの中に持っている怒りが

先なのです。

 

 

そして怒りの感情を、

もともと持っているのですが

彼自身が、そのことに気づいておらず、

食事に来てあなたと会話をしたから

機嫌が悪くなった、ととらえます。

 

自己愛性人格障害のひとは

すべてが普通の人と逆に起こります。

 

普通の人は、

まず不機嫌になるような出来事が

起こるまでは普通です。

 

何かが起きたから

機嫌が悪くなるのですが、

自己愛性人格障害の場合は

もともと、おなかの中に怒りがあり、

そのもやもやを

無意識のうちに誰かのせいにして

ぶちまけてすっきりしたいのです。

 

だから彼が機嫌が悪くなったり、

ケンカになったりするのは

あなたのせいではありません。

 

 

でも、普通の人の常識とは

すべてが真逆なので、

誰も彼の怒りの意味が分からず

あなたも周りの人も

あなたが彼をイラつかせたから

彼の機嫌が悪くなった、と思っていますが

実は、自己愛性人格障害のひとの

おなかに中にもともとある感情が先なのです。

 

でもそんなことは常識では考えられないため、

こじつけで

あなたの行動のせいにされてしまうのです。

 

人は、

何か原因があったから結果が生まれた、

と考えるのが普通ですが、

自己愛性人格障害のひとは

結果が先にあって、

その結果を導き出すための

理由が必要なのです。

 

その原因をターゲットのせいにして

自分のせいだとは思っていません。

 

だから

自己愛性人格障害のひとのそばにいて

離れない人は

彼のおなかの中の怒りを

すべてあなたのせいにされてしまうのです。

 

あなたが自己愛性人格障害のひとの

ターゲットにならないためには

ひどいことをされたらいつでも離れていく

と自己愛性人格障害のひとに

思われている必要があります。

 

自己愛性人格障害のひとが

何か事を起こすたびに

あなたが彼に冷めていけば

彼は、だんだんあなたには

嫌がらせができなくなります。

 

だから自己愛性人格障害のひとに

一途であってはいけないのです。

 

歩み寄りをしてはいけないのです。

自己愛性人格障害のひとの

言うことを聞いてはいけないのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとに

無償の愛をささげてはいけないのです。

自己愛性人格障害のひとから攻撃をされないためにはどうしたらいいの?

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとから

攻撃をされないためにはどうしたらいいか

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

その特徴により、

尊大な自分を魅せ付けていないと

いられないので

立派な人物に見えることが多いです。

 

そして、その立派な彼は

立派な人なのだから

きっと責任感のある、男らしい人、

のように見られることも多くあります。

 

ところが、

自己愛性人格障害のひとは

すべてのことにおいて

責任がまったく取れないのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

常に尊大な自分を魅せているため

見せている自分ははたから見て

立派な人物に見えるかどうか

ということに注目して動いていますので

中身がありません。

 

ですから自分のしていることや言ったことに

責任が持てないのです。

 

そして何かあれば

こじつけてなんでもあなたのせいにして

自分はその責任から逃げようとします。

 

自己愛性人格障害のひとは

よく話し合いをしますが、話し合いも

問題を解決しようとしてしているわけではなく

ただあなたを攻撃したいだけなのです。

 

攻撃してあなたを悪者にすることによって

その責任から逃げようとします。

 

気づくと自己愛性人格障害のひとが

したこともすべて

あなたのせいになっているのです。

自己愛性人格障害のひとと

深く付き合ったことがある人は、

分かると思いますが

彼から何かにつけてあなたに質問され

それについて失敗すると

すべてあなたのせいにされる、

ということはありませんか?

 

自己愛性人格障害のひとは

あなたと会話をするときに

問題について解決するつもりで

話しているわけではありません。

 

ただ、あなたを嫌な気持ちにさせるつもりで

話していると心得ておいてください。

 

だから一生懸命、

彼に分かってもらおうとしたり

解決しようと提案をしても

怒られる可能性があると

初めから意識しておいてください。

 

だから彼と話し合いを

してはいけないのです。

 

話し合いをして解決できる

とも思わないでください。

 

彼にあなたを攻撃するチャンスを

与えてはいけません。

 

あなたに正義感があると

特に負けやすくなります。

 

自己愛性人格障害のひとは

無意識のうちに

あなたを攻撃するチャンスを待っていますので

あなたが不快な顔をしたり

落ち込んだ表情を見せると

彼はあなたに勝ったと思い

少しだけ満足します。

 

そしてさらに攻撃を強めてくるのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

あなたを傷つけてるつもりで

話をしていますので

あなたが怒ったり反論をしたりすれば

あなたに正義という名の攻撃で

あなたをしかりつけることができます。

 

だからこれからあなたが心得ておくことは

できるだけ彼と

話し合いをしてはいけないのです。

 

世間一般の歩み寄りというのは

自己愛性人格障害のひとには

通用しません。

 

通用しない、というより

歩み寄りをすればするほど

攻撃をするチャンスを

与えてしまうことになるのです。

 

だから自己愛性人格障害のひとに

歩み寄りをしてはいけません。

 

自己愛性人格障害のひとには

歩み寄りをするのではなく

あなたの心を見せないことです。

 

できるだけ聞き役に回り

自己愛性人格障害のひとに

しゃべらせてあげてください。

 

自己愛性人格障害のひとは

共感力がないため、あなたの感情を

予測することができません。

 

だからあなたが

悲しそうな顔をしたり

苦しそうな顔をしたりすれば

あなたが辛いと認識して

彼のその攻撃はあなたに効くということを

あなたの表情から覚えてしまうのです。

 

あなたが嫌な顔を見せなければ

自己愛性人格障害のひとは

あなたが嫌かどうか判断することが

できません。

 

ですからその攻撃が

あなたに効くか効かないか

判断できないのです。

 

だから今後もその攻撃を

彼からされることはなくなります。

 

彼からの攻撃を受けたくなければ

あなたが何で悲しむかを

彼に学習させてはいけないのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

立派な人物に見えることが

多いのでそんなことが分からないようには

見えないと思います。

 

ですが共感力がないことで

できないことはいろいろあるのです。

 

そしてその時も

敵対心は絶対に見せないように

気を付けておいてくださいね。

 

自己愛性人格障害の彼から無視をされても心が惹きつけられて辛いあなたへ

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の彼に

無視をされても

心が惹きつけられて辛いあなたへ

どうししてそんなことが起こるのかの

仕組みについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害の彼から無視をされていて

どうしても彼と

連絡を取りたくて辛い場合も

彼から拒否されて自分から

連絡することは

できないと思います。

 

この時、どうして

こんな気持ちになるのかというと

あなたは彼からそうなるように

マインドコントロールを

されています。

 

確かにあなたは彼のことが

とても好きかもしれません。

 

ですが、それは

彼からコントロールされた気持ち

なのです。

 

人間は、共感力を持つ人と

一緒にいると

自分の気持ちを分かってもらえる

安心感から

一緒にいると

落ち着いていることができます。

 

 

ですが、共感力を持ってもらえないと

相手がどのような気持ちを

持っているのか

逆に興味をそそられることが

あります。

 

あなたのこの気持ちを

虐待に利用します。

よくサイコパスや

自己愛性人格障害のひとは

共感力がないと言われていますが、

共感力がないほうが

人に気持ちを

引っ張られたりしないので

自分のことに集中でき、

物事を要領よく済ますことができたり

自分のすることに

最大限の力を注ぐことができます。

 

 

自己愛性人格障害の被害に

遭うような人は

共依存症の人が多いと言われるほど

人に共感してしまう人が多いです。

 

人の気持ちに寄り添うことは

得意なのですが、

逆に

引っ張られなくてもいいことにまで

気持ちを持っていかれ

自分のことでないことに

気持ちを引っ張られがちになります。

 

 

そのため周りの物音に

集中できなかったり

やらなければいけないことが

あるときに

人の言葉が心に

入りすぎてしまったりするため

気が散りミスをしてしまうことも

あると思います。

 

それくらい心が普通のひとよりも

引っ張られやすいのです。

 

これは優しいとか思いやりがあるとか

いいこともいっぱいあるとは

思いますが、

自分のことに集中できなくて

辛いことも多いはずです。

 

共感力が高ければ高いほど

そういったことは

起きやすくなります。

 

それなのにあなたの相手が

自己愛性人格障害だった場合、

尊大な魅力を魅せつけて

あなたを十分に

引き寄せてありますから

急に彼からコンタクトがなくなったり

彼から無視をされていたりすると

普通のひとよりも気になるのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

あなたのそんなところを

よくわかっていて

あなたを拒否したりするのです。

 

そして人間は理由に

納得のできることなら

仕方ないと

あきらめることができます。

 

ですが、納得のできないことほど

やきもきしてしまいますし、

気になると思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとの目的は

あなたが傷つくところが

見たいわけですから

あなたを傷つけるために

意味もなく無視をしたりします。

 

それもあなたの罪悪感を使い

あなたが悪いように

あなたに思わせておきながら

意味もなく無視をするのです。

 

共感力の高い、優しいあなたは

彼のことが気になって

仕方ありません。

 

その気持ちが強ければ強いほど

とても苦しいと思います。

 

 

Tiaraの恋愛相談室を

訪れる多くの方は

この気持ちの引っ張られることに

とても苦しんでいます。

 

そしてあなたが彼に

惹きつけられていればいるほど

彼かからの無視は

とても苦しいものになるのです。

 

彼はあなたの気持ちの度合いを読んで

その強さを調節しています。

 

あなたが耐えられなくて

彼をあきらめようとしそうになると

急に連絡をくれてほっとさせ、

優しくしてお姫様扱いをして

あなたがあきらめないように

コントロールするのです。

 

 

こうやって共依存症の人の

共感力の強さを使い

拷問していきます。

 

これがはたから見ると

あなたが彼に強烈に

恋をしているように見え

またあなたも彼が愛しいと

錯覚を起こしてしまうような

恋に見せかけた拷問なので

非常に分かりにくいのです。

 

 

あなたも恋だと思っているので

なかなかあきらめられず

心を引っ張られつづけ

とても苦しい思いをします。

 

ですが、これは恋心を使った

巧みな虐待なのです。

 

しかも、恋なので

自己愛性人格障害のひとは

悪く見えず、むしろ女の子から

これほどまでに恋焦がれられるほどの

魅力ある人物として映り

悪者にはなかなか見えないのです。

 

自己愛性人格障害のひとに狙われるあなたの意外な理由

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとに

狙われるあなたの意外な理由について

お話ししたいと思います。

 

 

あなたは、子供のころ、

どんなに相手が悪くても

恨んではいけない、と

両親や先生などから

学びませんでしたか?

 

やるほうよりもやられるほうがまし、とか

あなたが寄り添えば、

相手もきっとわかってくれる、とか

人間関係がうまくいかない場合、

あなたの何が原因か

考えてみましょう、など

世間的には一般論として

正義とされていることが

自己愛性人格障害のひとから見ると

非常に

都合のいいターゲットになります

 

あなたが持っているこの正義感により

あなた自身が追い詰められることが

よくあります。

 

自己愛性人格障害のひとは

特徴として攻撃しても

やり返してこないと

分かっている人には

どんどん攻撃を強める傾向に

あります。

 

もし、こんなことを親から言われて

忠実に守っていたとしたら

あなたは

やられ放題やられてしまいます。

 

 

そして何も知らない人たちの中には

トラブルに巻き込まれる人には

巻き込まれる原因がある、

と考える人たちがいますが、

これではあなたに原因があるから

やられても仕方がない、と

とらえられてしまうことに

なるのです。

 

あなたの正義感が

あなたを

悪人に見せてしまっているのです。

本質を見抜いて、

自己愛性人格障害のひとが

攻撃をしているだけ、

とうけ取ってくれる人は

意外と少ないのかもしれません。

 

 

自己愛性人格障害のひとが

ばらまくあなたの悪い噂も

そのまま信じられてしまうかも

しれません。

 

昔から言われるきれいごとのせいで

あなた自身が

生きていきにくくなったり

病気になってしまうケースも

あるのです。

 

大切なことは

ただのきれいごとに惑わされず

本当に正しいことなのかと

本質を見抜くことです。

 

 

そして何も知らない

きれいごとだけで片付けて

きちんと物事を見ないようにしている

めんどくさがり屋の人たちに

流されていてはいけません。

 

あなたが何もしていないときは

反省する必要はないのです。

 

あなたを追い詰めているのは

きれいごとだけでいい顔を

するような周りの人たちと

なんでも自分を責めてしまう

自信のないあなた自身

なのかもしれません。

 

自己愛性人格障害のひとは

本当は非常に臆病なので

自分がした嫌がらせの証拠を

常に消しながら

行動します。

 

そのためにあなたの言うことを

周りの人が信じないようにするため

あなたが

信用できない人間だということを

周りの人たちに思い込ませながら

自分は何もしていないような顔をして

生きているかもしれません。

 

ですからあなたが周りの人が

何かおかしいかも、と

思うような違和感を抱かせて

周りの人に

あなたが相談できないようにして

あなたを自滅に追い込むのです。

 

すると、自己愛性人格障害のひとは

何もしていないのに

あなたが

勝手に思い詰めていってしまった、と

自己愛性人格障害のひとが

攻撃をしていても

知らんかおをして

部外者のような顔ができると

思います。

 

やられてもやり返さない、とか

やられても相手を恨んではいけない、

というきれいごとには

こんなにもひどい危険に

あなたをさらすような

ひどい教えなのです。

 

それを純真無垢な人ほど実践していて

ターゲットとなり苦しんで

孤立しています。

 

これに気づいたTiaraは

何も知らないくせにいい人ぶって

きれいごとを言っている人に

腹が立ちます。

 

このきれいごとで

どれだけ素直ないい人たちが

犠牲になってきたでしょう。

 

しかもそれをやっている

自己愛性人格障害のひとは

その隠れみのにうまく隠れて

周りの人と

上手く付き合っていたりします。

 

あなたの素直な面だったり、

優しいところや寛大なところが

実はとても

危険にさらされているのです。

 

トラブルになったときに

いつそのきれいごとを言う人たちが

かばってくれるのでしょう。

 

トラブルになったとき、

ほとんどの人が

やられてもやり返さない人や

人を疑わず、とことんまで信じる人

相手に寄り添う人の味方になることは

ありません。

 

だからあなたは

自分の心を自分で守らなければ

誰も助けてはくれないのです。

 

あなたのいいところだと

思っていたところが

自己愛性人格障害のひとにとっては

実に好都合な

攻撃できる相手になって

しまうのです。

 

そしてあなたに

恋愛感情があった場合は

特に自己愛性人格障害のひとが

悪者になることは考えられず、

被害に遭っているあなたのほうが

嫌がっている彼に付きまとう

嫌な女だと思われることも

少なくないのです。

 

本当にひどい被害に遭っていながら

誰からも信用してもらえない

極悪人だと思われるために

あなたは彼と

恋愛しつづけることができますか?

 

あなたが

そんなにつらい思いをしないために

することは

彼に分かってもらうことでも

周りの人に言い訳することでも

ありません。

 

自己愛性人格障害のひとは

自責の念がないので

自分が悪いと思う気持ちは

ありません。

 

あなたに害をもたらす人からは

そっと離れることが

自分を守る唯一の方法なのです。

 

自己愛性人格障害のひとが

考え直してくれたり、

あなたの気持ちに同情して

周りに触れ回ることをやめたり

あなたへの攻撃をやめることは

その病気の特性上、

ありえないのです。

自己愛性人格障害のひとの量、強さ、勢いについて

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとの

量と強さと勢いについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとは

コミュニケーション能力が高く

いつもテンションが高い、

といわれていますが

それはターゲットの前以外で、

という条件がつくことになります。

 

ターゲットになるまでは

好印象の場合が多く、

テンションも高めで明るく、親切で

コミュニケーション能力に

大変長けている場合が多いです。

 

ところが、しばらく付き合っていて

あなたが寛大だったり、

やさしかったり

弱かったり、遠慮深かったり、

また、魅力的だったりと

何らかのターゲットになりそうな

要素を見つけると

あなたがどれくらい弱いか

いろいろな言動を使って

試してきます。

 

大きな声を出したり、

突然不機嫌な態度をとったりして

あなたの様子を見ます。

その時にあなたが

モラハラ行為を受け入れる人か

受け入れられない人か

試しているのです。

 

自己愛性人格障害の人は

人との距離を

分かり合えるか分かり合えないかで

見るのではなく

自分のほうが相手よりも

強いか弱いかで

判断します。

 

そしてあなたのほうが弱い場合

どんどん攻撃を増してくるのです。

 

でもとても用心深いので

あなたが彼がおかしいことに

気づきかけると

全力で優しくしてきて

愛を語り、あなたを惑わせ、

あなたに気づかれないようにします。

 

 

なのであなたが優しかったり

寛大だったりすると

その前のちょっとした

不自然な出来事は

すぐに水に流してしまうのです。

 

ちょっと変だな、と思っても

気のせいか、と思ってしまうのです。

 

だからなかなか気づくことは

ありません。

 

そうやってあなたが気づかないように

少しづつ攻撃を強めていくのです。

 

自己愛性人格障害の人のやり方は

とても巧妙に見えますが、

その基準は案外単純です。

 

多いか少ないかあ、強いか弱いか、

大きいか小さいか、

ということだけなのです。

 

プレゼントをたくさんくれるという

特徴も

この多いか少ないか、

ということに当てはまります。

 

ものすごく高額なものや

たくさんのプレゼントを

いただいたり、

海外旅行などをプレゼントされた方も

みえますし、生活の面倒を

長い間見てもらった人もいます。

 

なんでも極端な行動をとるため

いいときは本当によく見えるのです。

 

だからあなたのことを

本当に愛してくれているように

感じますので、

真逆の感情を見せられた時

あなたはとても驚くのです。

 

自己愛性人格障害の人は

共感力がないため、

相手の細かい感情がわからないので

判断基準はわりと単純なのです。

 

おなかの中に怒りを抱えているので

気難しく見え、

いろいろ考えているように

見えますが、

判断基準は強いか弱いか、

量が多いか少ないか、

自分が上に立てるか立てないかで

あなたを判断しているのです。

 

だからあなたの上にたてると

思われてはいけません。

 

自己愛性人格障害の人は

いったん自分のほうが上だと思うと

どんどん勢いを強めてきますので、

あなたがモラハラを受けない人間だと

思われることが大切です。

 

そうすれば彼はあなたに

攻撃をしたいとも

思わなくなるのです。

 

自己愛性人格障害のひとの言っていることはさほど気にする必要はない

こんばんは♡

今日は自己愛性人格障害のひとの

言っていることは

それほど気にする必要がないことに

ついて、お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の彼と

話し合いをしているときに

あんなことを言われた、とか

こんなことを言われたと

気にするひとがいますが、

自己愛性人格障害のひとの

言っていることは

それほど気にする必要はありません。

 

自己愛性人格障害のひとは

話し合いをしているわけではなく

ただ、あなたを攻撃しようと

しているだけです。

 

だからその言葉には深い意味はなく、

ただなんとかあなたを傷つける方向に

導いているだけです。

 

なのでこんなことを言われたけど

どうしよう、とか

彼に変な風に思われてしまっている

と弁解しようとすると

よけいに変なことになるだけです。

 

ですから、自己愛性人格障害のひとに

なにか腹が立つようなことを

言われても、それはただ、

あなたを混乱させようと

しているだけで、

その言葉に深い意味はありません。

なんとか誤解を解こうと思っても

解く必要もないのです。

 

それはただ、

あなたが混乱したり

動揺したりするところを見たいだけ

なので、あなたが動揺すれば

彼を喜ばせてしまうだけでしょう。

 

自己愛性人格障害のひとの攻撃は

あなたの心を攻撃しています。

 

ですから、あなたが

不安になればなるほど

自己愛性人格障害のひとは喜んで、

もっとあなたに攻撃を

仕掛けてくるでしょう。

 

その言葉に意味はなく

とにかくあなたを混乱させたいだけ

なので、

あなたが混乱しないと

特になにもしかけてこなくなります。

 

みなさん、

逆に思っているひとが多いのですが、

あなたが辛そうな顔をしたり

苦しそうな顔をしたりすると

同情してやめてくれることは

ありません。

 

むしろ、あなたが

苦しそうな顔をすればするほど

彼の攻撃は強くなります。

 

だから、自己愛性人格障害のひとに

言われたことを気にして

態度を改めたり、

悪そうな顔をして恐縮したり

してはいけません。

 

もうしません、と

なにもしていないのに

彼のいうことを聞いてはいけません。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

本当はものすごく臆病なので

あなたに負けると感じると

その恐怖から

全力であなたを潰しにかかります。

 

なので、今までよりも

非常に強い攻撃を

仕掛けてくることになりますので、

とても怖い思いをすると思います。

 

なので、絶対に敵対心は

みせてはいけません。

 

あなたが心にダメージを

うけてしまうと

その恐怖から

あたふたしてしまうので、

自己愛性人格障害のひとを

刺激してしまいます。

 

なので絶対に敵対心を

みせてはいけません。

 

自己愛性人格障害のひとに

言われたことを気にしないと

自己愛性人格障害のひとも

そのことをそれほど覚えていません。

 

自己愛性人格障害のひとは

その場その場で言葉を考えるのです。

 

そして、その場に一番合う、

態度や言葉をはいて

あなたを攻撃しても

自然に見せかけるのです。

 

そのことだけに集中しているので

その言葉には

たいした意味はありません。

 

だからそんなに言っている内容は

気にしなくてもいいと思います。

 

あなたが動揺すればするほど

自己愛性人格障害のひとは

より攻撃を強めてくるように

なってしまうでしょう。

自己愛性人格障害の魅力について

こんばんは♡

今日は

自己愛性人格障害のひとの魅力

についてお話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の被害にあって

自己愛性人格障害のひとを

ひどく憎むひともいます。

 

恋人だった場合は

自己愛性人格障害のその特徴により

魅力的な面を見せつけられたり

マインドコントロール

されていることもありますので、

なかなか忘れられないひともいますが、

自己愛性人格障害のひとが

同性だったり、上司だったり

恋人ではない関係の場合、

ひどい憎しみの気持ちを持つことが

あります。

 

自己愛性人格障害のひとのすることは

本当にひどいことなので

無理もないと思いますが

被害をうけた側としては

憎しみの気持ちをもつほうが

まだましなのかもしれません。

 

嫌いになれた方が

離れることはまだ簡単だからです。

 

とはいえ、同じ会社や

部活の後輩など、

なかなか離れられない関係の中で

行われることが多いので、

その場を離れることがなかなかできないので

難しそうに感じますが、

完全に嫌ったり、

無関心になることができれば

勝手にやらせておくことが

できるでしょう。

 

自己愛性人格障害のひとの目的は

勝手に意地悪をしたいからしているわけではなく

あなたが堪えるところを見て

安心することが目的ですので

あなたが堪えてくれなければ

やっている意味がありません。

 

ですので、そうなるとあなたではなく

別の堪えてくれそうなひとに

攻撃の矛先を変えるかもしれません。

 

tiaraは自己愛性人格障害のひとには

心がないことが分かっているので

もう2度と自己愛性人格障害のひとと

恋愛関係になることはありませんが

最近また、自己愛性人格障害のひとが

魅せつけ行為をしてきます。

 

本当にさりげないので

わかる人にしか分からないと

思いますが

ちょっとしたしぐさや目線、

tiaraの視界に何度も不自然なほど

入ってくるなど、

細かい攻撃をしつこいくらいに

何度もしてきます。

 

なんともないふりをしていても

ドキッとします。

 

自己愛性人格障害のひとには

心がないと分かっているので

tiaraのことを好きになることは

ありませんが、

もし自己愛性人格障害のことを

知らないと、

どうしてこんなにも近づいてくるのかと

気になってしまうと思います。

 

これが、共依存だからなのか

普通の人でもなるのかは

分かりませんが、

知らなかったら好きになってしまっても

おかしくありません。

 

落ち着いていて、指示も的確なので

とても仕事がやりやすいです。

 

タイプもあると思いますが、

知らなければ好感を持っても

おかしくはありません。

 

この人はタイプも雰囲気も

tiaraの元カレとは全く違いますし、

もともとtiaraの好きなタイプでは

ありません。

 

ですが落ち着いた雰囲気と

真面目なところが

大人の男を感じさせます。

 

自己愛憤怒を起こしているところを

何度も見ているので

本当は穏やかな性格ではないことも

知っています。

 

けれど、もし、

自己愛憤怒を見ていなければ

落ち着いた雰囲気の

穏やかで真面目な人、

ととってしまっていたでしょう。

 

この雰囲気こそが、

自己愛性人格障害の特徴だと

分かっているのですが、

自己愛性人格障害の特徴以外に

tiaraの元カレと似ているところは

ひとつもありません。

 

元カレは細くて小顔だったので

もともと少しtiaraのタイプだったと

思います。

 

ですが、あの

ミステリアスな雰囲気の彼とは

付き合ったことがありませんでした。

 

みなさんはどうか分かりませんが

なんか不思議な感じがしたのです。

 

体型やファッションセンスなどは

tiaraのタイプだったと思いますが

自己愛性人格障害の彼以外の彼は

みんな優しくて元気なタイプのひと

ばかりでした。

 

気を使ってつきあったひとなんて

一人もいません。

 

みんな自然体で付き合っても

わけの分からないことで怒り出す人は

一人もいませんでした。

 

やはり自己愛性人格障害のひとは

普通の人と全く違います。

 

そういった点がミステリアスで

興味をひくのかもしれません。

 

今、自己愛性人格障害のことを知っていて、

客観的にみても

自己愛性人格障害のひとが口説こうと思って

全力で近づいてきたら

逃れられるひとはいないのではないかと思うくらい、

魅力的でとてもしつこいです。

 

この強引なところに弱い女の子も

たくさんみえますので、

知らなければ

恋に落ちてしまうでしょう。

 

だから自己愛性人格障害が

ターゲットを変え、

別の女の子を口説けば、

自己愛性人格障害のことを

しらない女の子はほとんどの場合、

恋に落ちてしまうでしょう。

 

ですが付き合うと

とても辛い目にあい、最悪の場合、

すべてを失ってしまいます。

 

自己愛性人格障害のひとの

罠に落ちないよう

自己愛性人格障害のひとには

無関心でいることが

大切だと思います。

 

自分を守るためにも

本当に気を付けてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自己愛性人格障害のひとは、だれよりも深い愛を欲しがっている

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

誰よりも深い愛を

欲しがっているということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害とは

極端に自尊心の低い病気です。

 

 

あまりにも低すぎるため

本当は心の底で

自分は生きている価値のない人間と思っていて

そのことにものすごく極端な

恐怖心いだいています。

 

そしてそれを隠さないと

生きていけないほど

恥ずかしいと思っているので

無意識に全力で隠しています。

 

自己愛性人格障害のひとは

魅力的な人が多いですが

それは極端な自尊心の低さを

全力で隠していることから

逆に立派な人に見えるようになってしまうほど

魅力的な人間を全力で

演じているからなのです。

 

ですので、自己愛性人格障害のひとは

常に極端に疲れています。

 

テンションが高く見えるのも

テンション高く魅力的な人間に見えるよう

かなり無理をしているからなのです。

 

そして

這いつくばるほどぺったんこに潰した被害者が

それでも自己愛性人格障害のひとに

すり寄ってくることを求めています。

 

ですから、あなたが彼に縋り付くと

彼はうれしいのですが

それが極端に求められないと

満足できないので

それでもつぶして

つぶされてもすり寄ってくる

あなたを求めます。

 

周りから見たら

本当にひどいことをしているのですが

自己愛性人格障害のひとは

それほどの愛を向けられても

まだ足りないほど自尊心が低いのです。

 

そしてそのことにとても苦しんでいて

あまりにもひどいことをしているのに

まだ自分のことを被害者だと思って

悲しんでいます。

 

自己愛性人格障害にも程度がありますので

みんなが同じ症状ではありません。

 

まだ症状が軽く

なんとなく自分でひどいことをしている自覚を

している自己愛性人格障害のひともいますし、

おそらく

Tiaraの元彼は、そのことに気が付いていて

自分がこれ以上ひどいことをしそうになると

自分から離れようとしていたように感じます。

 

今までの彼女の話を聞いていても

「好きだから離れるんだ。」と

悲しそうに言っていたこともあります。

 

 

今考えてみたら

おそらく彼は気づいていて

これ以上彼女を傷つけたくない、

と思っていたのでしょう。

 

ですが、歳をとればとるほど

ひどくなるのですが、

相談者の方が

本当にひどいことをされているのに

まだ一緒にいようとする

自己愛性人格障害の方も

大勢見えます。

 

本当は

自分が極端な愛を求めているのです。

 

その場合は、

被害者の人がそのことに

できるだけ早く気づき

できるだけ早く離れなければいけません。

 

自己愛性人格障害には

程度がありますが

ひどければひどいほど

自覚がないのです。

 

あなたが自分の身を守るためには

自分で気づいて離れなければ

とても危険だということを

知っておいてください。

 

自己愛性人格障害のひとは愛が分からない

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

愛が分からないということについて

お話ししたいと思います。

 

これは被害者の人からしたら

本当にショックなことだと思いますが、

普通の人と違って

自己愛性人格障害のひとは

愛とは利用できるものの一つです。

 

 

あんなにも愛し合っていると思っていた

自己愛性人格障害のひととの関係が、

あまりにもおかしいことに

気づかないのは

被害者になる人は

当たり前に誰でも愛を持っていると

思っているからです。

 

そして自己愛性人格障害のひとは

常に尊大な人間を演じているので

おうちの中に

愛情深い人間を演じる俳優が

いるようなものなのです。

 

なかなか気づかなくても

仕方がないと思います。

 

自己愛性人格障害のひとは

脳は正常ですので

見た目は普通の人と何ら変わりはなく

むしろ普通のひとよりも

頭が良かったりする場合もあります。

 

ところが、

幼いころの育ち方により

共感力というものが育っていないため

相手が傷ついたりしてもかわいそうとか

やめてあげようとは

いっさい思いません。

 

自己愛性人格障害のひとにも

感情はあるので傷ついたり悲しんだり

することは当たり前にあるのですが

他人が同じ感情を持ったとしても

そこは恋人だろうが奥さんだろうが

関係ないのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

自分がどんなことをしても

逃げていかないターゲットとして

よく恋人や奥さまを使うのですが、

相手が自分とうまくやっていこうとするならば

多少の我慢は必要だと

初めから思ってくれているからです。

それに自己愛性人格障害のひとは

自分の魅力を見せつけることが

非常にうまいので異性の気を惹くことは

普通のひとよりもうまいような気がします。

 

 

そして被害者になるような人は

自分が我慢してでも

相手に合わせて平和でいられるならば

我慢してしまったり、

あっさりと水に流してしまったりする人が

非常に多いのです。

 

そのためお互いのバランスが取れてしまい

被害者は全力で相手にあわせることによって

彼に認めてもらおうとし、

彼はどんどん彼女に無理難題を押し付けて

彼女がそれを飲み込んでくれることに

自尊心が高まって満足するのです。

 

 

普通のひとならば、

彼女が合わせてくれることに満足し

彼女を大事に思い、離したりしないでしょう。

 

 

ところが、自己愛性人格障害のひとは

突き放すことによって

彼女のほうから全力で歩み寄ってくることが

おもしろくて仕方がないのです。

 

 

そこに愛はありませんので

かわいそうだとか、

やめてあげようという気持ちはありません。

 

Tiaraは

愛がないと気付いた原因の一つに

被害者の人が苦しんでいるのに

自己愛性人格障害のひとが

攻撃をやめないことがあります。

 

 

本当に好きな人に

こんなことはできないからです。

 

そして共感力がもともとないため

ひどいことをしている、という実感が

あまりないのです。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

共感力がないので分からない人の気持ちを

映画や小説などから学んでいるので

相手が悲しそうな顔をしたときに

どう対応すればいいかを

学習として学んでいます。

 

だから自分が悪者になってしまいそうなときや

あなたが離れていくという

恐怖に駆られたときは

情に厚いことも言います。

 

だから分からないのです。

 

被害者になる人も

自分が愛されていないと思いたくはないし

彼を信じたいという気持ちもありますので

ちょっとおかしいな、と気づいても

なかなか認められません。

 

どうしても信じようとしてしまい

そばにい続けて努力をしてしまうのです。

 

この事実を知ったときには

本当にショックだと思いますし、

とても辛いと思います。

 

でも、彼も幼いころのあまりにも辛い体験から

愛を持っていると生きていけないほど

辛い体験をしてしまっているので

自分から愛を捨ててしまったのです。

 

そのほうが楽に生きられたからだと思います。

 

だから自己愛性人格障害のひとも

もともとは被害者なのです。

 

子供のころから共感力を使うと

辛いので共感力を使わない生き方を

無意識のうちに学んでしまっているので

大人になってから

人に言われたところで

それが分かりません。

 

ですが、自分がどこか人と違うことは

うすうす気づいているのです。

 

そしてそのことに苦しんでいますが

どうしてもその生き方しか

できなくなってしまったのです。

 

自己愛性人格障害のひとに

本当の愛がないことは

あなたを深く傷つけますが

そのことによって

自己愛性人格障害のひとも

結局は幸せにはなれないのです。