自己愛性人格障害のひとのプライド

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の

プライドについて

お話したいと思います。

 

自己愛性人格障害の人は

たいへん気品高く、

プライドが高い人が多いように

見えますが

実はそうではありません。

 

プライドが高いように見えるのは

そう見えるようにふるまっていないと

恥ずかしくて

生きていくのがとても辛いからです。

 

自己愛性人格障害の人は

そうは見えませんが、

実際には、育った環境のせいで

自分には

生きる価値がないと思っています。

 

そして恥ずかしいので

それを隠していないと

いられないので

尊大な自分を見せて、

自分はすばらしい人間だと

思い込みます。

 

ですが、本当は

つぶされそうな自尊心に怯えていて

それがばれないか

びくびくしているのです。

 

そのため、ばれないように

常に無意識に虚勢を張って

生きているので、

抜群の演技力のため、

まったくばれそうもないのに

あなたに何か突っ込まれたり

そんなつもりはなくとも

火がついたように

怒り出すことがあります。

 

それは、虚勢を張っているだけなので

ばれることを非常に恐れるため

必要以上にキレて

あなたが何も

言えなくしてしまうためです。

自己愛性人格障害のひとは

この事実が極端に辛いほどの

幼少期をおくっているはずなので

自分の価値のなさを

常に必死で隠していて

自分を大きく魅せるために

また周りの人を、必死で

自分より下に見下すことに

必死なのです。

 

ですが、被害者のあなたなら

気づいていると思いますが、

自己愛性人格障害のひとは

そんなに価値のない存在では

ないのです。

 

むしろ普通の人よりも

頭がよかったり弁がたったり

なによりすてきな魅力一杯のひとに

見えるはずですし、

中には、そう見えるために

何事にも必死で

尋常ではない努力をしてきているために

本当に何かの才能を発揮している人も

いるのです。

 

 

それなのに、ターゲットを決め

安心して自分の感情を

ぶつけられる人を見つけて

その人の人生も仕事も人間関係も

極端にこてんぱんに潰し続け、

なんでもないことに怒り狂って

周りの人の自尊心を

生きていけないくらいに

徹底的に叩き潰し続けることだけに

常に必死に意識を向けているのです。

 

自己愛性人格障害のひとが

必死にやっていることは

本来やらなくてもいいことであり、

そのやらなくてもいいことのために

被害者がものすごい苦しみを

味わっているのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

わざわざやらなくてもいいことで

ものすごくひどいことを

していることに

気づいていないのです。

 

やられた方は、

なぜ自分が、ここまでひどいことを

されなければいけないのかと

理解に苦しみ

まともな生活を

送れなくなってしまっている人も

います。

 

このひとたちは、

ひどいことをするどころか、

自己愛性人格障害のひとと

暖かい未来を夢にみて

必死に彼に寄り添ってきた人たち

ばかりなのです。

 

そんなひとたちの気持ちもわからずに

必死で潰し続けて

苦しめている自己愛性人格障害のひとに

本当のプライドはありません。

 

プライドの高いひとは

ひとを潰すことなく、

自分の努力と自分の未来を信じて

動くので、人のことなど

潰している暇はありませんし、

人を潰すことなどに興味がありません。

 

本当のプライドを持っているひとは

自分の輝かしい未来に

努力を続けている人であり、

他人なんて潰さなくても

自分一人の力で、

どんどん自分を高めていくので、

人のことなど興味がありません。

 

本当に自己愛の高いひとというのは

自己愛性人格障害などには

絶対にならないのです。

 

自己愛性人格障害の被害者の自分の判断を信じる力

こんにちは♡

今日は、

自己愛性人格障害の被害者が

自己愛性人格障害のひとからの

マインドコントロールを見破るには

自分を信じる判断能力が

どれほどあるかに、かかっている

ということについて

お話ししたいと思います。。

 

自己愛性人格障害の被害に

遭いやすい人は

自分の意見に自信のないひとが

多いです。

 

彼を頼っている、というか

無意識に

彼に従うかたちにより

愛してもらえると思っていて

彼のいうとおりにしようとします。

 

付き合いが長く続いた場合、

あなたの考えを長い間

否定されてきているので

自分の考えに

自信を持つことができません。

 

tiaraも以前は、

自分の考えに

自信を持つことができず、

物事を判断して失敗すると怖いので

必ず友達やひとのいうことを

聞いたりしていました。

 

なにかおかしいな、と思っても

そう思っているのは

自分だけかもしれないし、

他の人からみたら

そんなのは

何でもないことなのかもしれない、

と思って自分で判断することが

できませんでした。

 

 

仕事もできる彼で

判断能力にも長けていると思っていた

たよりがいのある彼ですから

自分の考えよりも

彼に相談することが一番いい、

と思っていて、彼を信じて

疑いませんでした。

相談者のかたのお話を聞いていても

「私なんかよりも

よっぽどしっかりしていて」とか

「頭のいい彼ですから」とか

「人当たりがいい」や

「たよりがいのある」ということばを

みなさんおっしゃるかたが多いので

もし、彼が

自己愛性人格障害だった場合

とても気づきにくいです。

 

 

自己愛性人格障害のひとの

言っていることがおかしい、

と気づくには

まず、自分の判断を信じる力が

必要になるのです。

 

それがないと被害から

脱出することができません。

 

自己愛性人格障害のひとは

被害者を、周りの人からも

信用されにくくなるよう

操作していきますので、

あなたが、だれにも信用してもらえない中、

自分で判断しなければいけませんので

だれかを頼っているようでは

なかなか判断をするのは

難しいでしょう。

 

ですが、あなたが感じる気持ち悪さや

違和感、そして苦痛など

あなたを愛してくれている人が

与えるものでしょうか?

 

ふだん、どんなに優しくても

どんなに頭がよくても

どれだけあなたのためにやってくれたとしても

この苦痛や違和感があることは

おかしいのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

尊大な自分を魅せつける、という特徴と

自分のお腹の中の怒りを

誰かにぶつけなければ

まともでいられない

という正反対の

二つの特徴をもちます。

 

この二つの時期を交互に繰り返し

あなたに判断能力がない場合、

彼が正しいのに、苦しいのは

じぶんのせい、と

無意識に自分を責めていくのです。

 

友達に相談しても

おそらく、

自己愛性人格障害を知らない友達には

あなたが彼の気持ちを考えてあげて、と

言われてしまうでしょう。

 

でもあなたはもう充分に彼のことは

考えすぎるくらい考えているはずです。

 

あなたに必要なのは

人に合わせることでなく

自分を信じる力です。

 

共依存症の人は、人に合わせる力は

極端に強いです。

 

ですからあなたに足りないのは

自分で判断し、自分を信じる力なのです。

 

もう少し、自分の不快な気持ちに

素直になってみましょう。

 

 

 

ずっと一緒にいると初めは嫌がらせだった自己愛性人格障害のひとがだんだんあなたを本当に憎むようになる

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとの

嫌がらせが、ずっと一緒にいると

本当にあなたを憎むようになる、

ということについてお話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

本当は心のどこかで

あなたに嫌がらせをしていることを

うっすらと気づいているので

それがばれることを恐れています。

 

自己愛性人格障害のひとは

普段はとても堂々としているため

そんな風には見えませんが、

本当はものすごく臆病なので

なにごとも意識することもなく

慎重に動きます。

 

ですから、あなたに対する嫌がらせ行為も

本当に大丈夫かどうか

少しづつやってみて、ばれそうになると

ごまかす、ということを繰り返しながら

ばれないように少しづつ少しづつ、

強めていきます。

 

そしてモラハラ行為が進んでくると

だんだんとあなたに対して

あなたが何をしても逃げていかないと

安心して信頼を寄せていくようになります。

 

これが普通のひとなら

この段階で絶大な信頼関係が

築けるので安心してあなたに愛情をぶつけたり

わがままを言ったりして

ケンカをしたり仲直りをしたりを繰り返しながら

本物の愛情が育っていき

二人のきずなは強固なものになっていきます。

 

 

ところが、自己愛性人格障害のひとは

共感力がありませんので

人の痛みが全く分かりません。

 

 

分からないというよりは

あなたが苦しんでいることは分かるのですが、

あなたが苦しむことによって

あなたよりも自分のほうがましだと

変な安心感を持って自尊心を持つことができ

その状態を保つために

あなたの心をどんどん傷つけてもいい、

と思ってしまいます。

 

そしてその思いには限界がありませんので

どれだけでもあなたを傷つけて

無価値化してほっておき

あなたのことをどんなにひどく扱っても

まったく何も気にしなくなります。

 

そして最後には本当にどうでもいい存在になり

捨ててしまいます。

 

Tiaraは元彼が自己愛性人格障害だと気付いたとき

これが一番怖かったんです。

 

だからまだ、彼がTiaraのことを

少しでも思ってくれているうちに

別れたほうがいい、

と思いました。

 

 

これができない人は

どんどんひどいことになっていきます。

 

気づいた時点で別れることが

お互いにキレイな思い出を

少しでも残すことができるのです。

 

ただ、前回の記事でも

お話ししたことがあるように

最後まで添い遂げられた人も

今までの相談者の中には

お見えになったことがあります。

 

でも、彼がおいていったすべての後処理を

彼女は大変な思いをして

解決しようとしているのです。

 

たぶんこの方の彼は

最後まで少しでも幸せだっと思いますが

本人には苦しみが残ったままでした。

 

でも、彼女が最後まで自分といてくれたことには

満足していたようです。

 

そのあとの彼女の苦労も知らずに。。

 

添い遂げるとか、彼のメンターになる、とか

彼を最後まで支えてあげたい、とおっしゃる方は

大勢みえます。

 

ですが、彼女たちの思いほど

彼が思っていたのかというと

最後まで自分の自尊心のなさに苦しんで

それどころではないのです。

 

 

自己愛性人格障害は

自信満々に見えて

実は、被害者の人たちよりも

低すぎる自尊心のため

自分を救うことしか考えられない

本当に悲しい病気なのです。

 

自己愛性人格障害の結婚するタイプの人としないタイプの人の違い

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の結婚するタイプと

しないタイプといることについて

お話したいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとの相談を

お伺いしていると

結婚している人と

ある程度年齢がいっていても

結婚していないタイプのひと、

そして若いころに結婚して別れ

そのあと、ずっと独身という方も見えます。

 

何度も付き合っては別れを繰り返し、

最後には本当に別れてしまう場合と

結婚する場合とが、あるようですが、

途中で離婚してしまうケースもあれば

最後まで添い遂げる場合もあります。

 

続かないとは一概に

言えないのです。

 

若い人は、この結婚というものにこだわり

自己愛性人格障害のひとと結婚できなかったことを

嘆く人もいますが、

自己愛性人格障害のひととの結婚は

波乱万丈に満ちたものが多く、

みなさん大変苦労しておられます。

 

 

自己愛性人格障害は

なぜかその特徴により

生活は苦労しているというケースは少なく

仕事に関しては成功している方が

大勢見えます。

ですが、そういった方でも

感情面に関しては非常に不安定な場合が多く

家庭内で、長期間、意味もなく無視され続けていたり

すべての責任を奥様に擦り付けていて

奥様が悪く言われているケースが

非常に多くあります。

 

なので自己愛性人格障害のひととの結婚は

ゴールではなく、

そこからが、いろいろ大変なんだと思います。

 

家庭内で無関心になるのは

非常に難しいですし、

家族だから、とわかってもらいたい気持ちもあり

話し合いを重ねてしまうと

どんどんあなたは追い込まれてしまいます。

 

恋人の場合も、

あなたが思うように彼にもあなたのことを

大切に思ってほしいという気持ちが

出てしまい、無関心になると、

それはもう、恋人ではなくなってしまいます。

 

自己愛性人格障害の特徴を知ると

すべてが別れてしまうように思えてくるのですが、

実際には、一緒にいると冷たくされ、

離れようとするとしがみつき行為を行うという

あなたと真逆の行動ばかりとってきますので

くついたり離れたりを繰り返し、

どちらかが苦痛になって

耐えられなくなってしまったときに

本当の別れが訪れます。

 

結婚までたどり着くと

良かったように思えるのですが、

結婚までいっさいそういった行動を出さず、

結婚や出産をしてから

モラハラ化するケースもあります。

 

あなたの恋人が、

自己愛性人格障害だと気付いた場合には

結婚、離婚や付き合った期間にこだわるのではなく

彼とあなたが

このまま平和に穏やかに暮らしていけるのかを

冷静に判断してみましょう。

 

結婚は楽しいことばかりではないのです。

 

そんな時に助け合い、支えあえる家族になれなければ、

彼との付き合いをもう一度冷静に

考えたほうがいいのかもしれません。

自己愛性人格障害とは性格の一種である

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害もサイコパスも

共依存もすべて病気という名の性格の種類

ということについて

お話したいと思います。

 

 

昔は特に病気だと認識されていなかったものが

近年では病名がついて仕訳されてきたので

昔は分かりにくかったことも

今ではずいぶん分かりやすくなっています。

 

自己愛性人格障害も共存も

サイコパスも世間の人は面白がって興味を持ちますが

人間関係で悩んでいる人が

ただ単に分かりやすく病名を付けて

分かりやすくしたものだと思います。

 

 

特に、病気だと言って怖がるものではなく

むしろだれでも何らかの病名に当てはまると思います。

 

何が正常で何が異常だということではなく

人間の個性というものを分かりやすく

種類別に仕分けたものだとTiaraは思っています。

 

いろいろな病名に分けられたことで

分かりやすくなっており

それぞれの個性が大変分かりやすくなっていますので

今まで苦しんでいた人も

本人も

その人と関わる全ての人が

理解できてどういった人には

どういう対応をするべきなのか

分かりやすくなると

大変生きやすくなると思います。

年齢が若いとまっすぐなのと同時に

信じたい気持ちもあり

正義を信じてTiaraの話を受け入れがたい人もいると

思いますが

これがTiaraが今まで逃げずに

真剣に人と向き合ってきたからこそ

分かったもので

若いころは確かに人格障害なんて

受け入れられなかったと思います。

 

でも逃げないかったせいで

今人間の真実が分かるようになり

そんなにいろんなことが怖くなくなりました。

 

苦しんだ分

しっかり身について

周りにいる人の感情や言葉も

ある程度どうしてそうなってしまうのか

分かるようになりました。

 

自己愛性人格障害の被害に遭った人は

本当に不幸だと思うのですが

自己愛性人格障害の事を理解できてくるようになると

人間の感情の本質が分かるようになり

意味もなく怒る人がいる、ということに

気づいてくると、自分に原因があったわけじゃないんだと

納得できてくるので

これ以上自尊心を傷つけなくて

済みますし、

自分の感性に自信を持って生きられるようになります。

 

しかも、今までよりも

今まで生きてきた中で、

起きてきた理不尽な出来事にも

納得できますので

自分に自信ができて来るのです。

 

自分に自信ができてくると

いろいろなことを

冷静に判断できるようになりますので

周りの人に分かってもらわなくても

堂々としていられ、しっかりと

地に足をつけて歩いていけるようになります。

 

そして誰かの助けがいらなくなり、

本当に自分と気の合った人とだけ

つながりたいと思うようになりますので

無理して人間関係を続けなくてもいいことに気づきます。

 

自己愛性人格障害のことを知ると

人間関係に

無理をする必要はない、ということに

気づけるようになるでしょう。

 

 

今はまだ、苦しいかもしれませんが、

その特徴が自己愛性人格障害のひとの

感情の流れだと本当に理解できるようになると

仕方のないものだということも

納得できるようになると思います。

 

 

 

 

 

 

 

女性の自己愛性人格障害のひとにはどう対応したらよいか?

こんにちは♡

今日は、女性の自己愛性人格障害のひとに

ターゲットにされてしまった後からの

会社での対応法について

お問い合わせがありましたので

こちらの質問に答えていこうと思います。

 

この方は、男性で、

なぜか女性の自己愛性人格障害のひとから

ターゲットにされてしまったようなのですが、

きちんとした態度をとっていても

なぜだか社内のほとんどの人が

この女性の味方をするそうです。

 

 

自己愛性人格障害のひとに嫌われないように

挨拶もきちんとして

揚げ足を取られないように

弱みを見せない様にして

動いていても

ターゲットになることは

ありえます。

 

もしかしたら、

自己愛性人格障害の

ターゲットにならないためには

挨拶はあまりきちんとしないほうが

ターゲットにはされにくいかもしれません。

 

 

いったんターゲットと

みなされてしまった場合は

挨拶をしてくれるようになったり、

以前のように良好な関係になることは

難しいと考えたほうがいいでしょう。

 

あなたの努力では

何ともならないのです。

自己愛性人格障害とは病気なので

まともに話し合ったとしても

聞き入れてもらえません。

 

そもそもあなたに

嫌がらせ行為をしているのは

あなたが何かしたから

怒らせているわけではないのです。

 

自己愛性人格障害という病気のため

どうしてもそうなってしまい

自己愛性人格障害のひとにも

あなたへの嫌がらせ行為を

やめられないのです。

 

それを、あなたが何かしたから

彼女を怒らせてしまった、とか

きちんと礼儀を踏まえていれば

ゆるしてくれる、というものでもありません。

 

本当は、その場から離れたほうが

楽なのですが、

キャリアもあって、長年勤めているところだと

それもなかなか難しいでしょう。

 

なので、もうこれは対応法というよりも

あなたが社内でより快適に過ごすためには

どうしたらいいのか、というところに焦点を絞って

考えたほうがいいと思います。

 

まず、自己愛性人格障害のひとは

病気なので変えようと思っても変わらない、ということは

認識しておいたほうがいいでしょう。

 

周りの人に関しても

自己愛性人格障害のひとは

作り話も、本当にあった出来事でも

あなたを悪く見せるのは

ものすごくうまいです。

 

だから周りの人が信じてしまうのも

無理はないでしょう。

 

ですが、あなたは何もしていないのです。

 

いちいち勝手に攻撃してくる

自己愛性人格障害のひとに

合わせていたら

心がついていきません。

 

だってあなたは何もしていないですよね?

 

それでも会社に行くのが

辛いという気持ちはよく分かります。

 

でもそれは、あなたが悪いわけではないのです。

 

だからあなたの心もちとしては

自分の仕事にだけ専念しましょう。

 

ただ仕事は連係プレイが必要な場合も多くあります。

 

もしあなたが大手の会社にお勤めだとしたら

外の専門部署の人から電話やメールなどで

お聞きして、

その自己愛性人格障害のひとと取り巻きからは

聞かないようにしましょう。

 

聞いても本当のことを言うとは限りませんし

仕事までぐちゃぐちゃになってしまい、

あなたは失敗しやすくなってしまいます。

 

失敗すると自己愛性人格障害のひとが

あなたに迷惑をかけられた、

と言いやすくなってしまうので

できるだけ仕事に専念し、

できるだけ完ぺきにこなしましょう。

 

周りの人のたいしても

非常に辛いとは思いますが、

自己愛性人格障害のひとが

何を言っているのか分からないので、

味方につけようとすることはせず、

淡々と業務をこなすことに専念をして

周りのひとから情報を入れることもやめておいてください。

 

話すとしたら

本当に信頼のおける常識的な上司か

他部署のあなたに対して

悪いイメージを持っていない人に

確認するようにしてくださいね。

 

そして周りとあなたの間に一線引いて

仕事だけに専念するようにすると

いいでしょう。

 

被害者になりやすい人というのは

自己愛が足りないのです。

 

どうせ自己愛性人格障害の人は

あなたが何もしていなくても機嫌が悪いのですから

あなたがどう態度を改めようと

変わることはありません。

 

それを自己愛性人格障害のひとと

上手く関係を築こうと思っても

あなたの心が疲れるだけです。

 

あなたが1人で仕事を進められるようになったら

もう自己愛性人格障害のひとが

何をしていても気にならなくなるでしょう。

 

これができるようになれば、

たとえば会社にいる全員から

無視をされたり冷たい態度をとられても

気にならなくなるかもしれません。

 

彼女は自己愛性人格障害ですし、

周りの取り巻きたちは

自己愛性人格障害のことを知らない、

取り込まれやすい人、

ということになります。

 

その中であなたに優しさを向けてくれる人がいたら

その人は本物でしょう。

 

そういう人以外とは

付き合わなくなくてもいいと思います。

 

あなたが彼女に無関心になれば

彼女もあなたに攻撃してもつまらなくなってしまいますし、

だんだんと、あなたに攻撃をすることに

魅力を感じなくなってくれるかもしれません。

 

 

自己愛性人格障害の人は事実と違うことを言ってあなたを混乱させる

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は

事実と違うことをいい、

あなたを混乱させる

ということについて

お話したいと思います。

 

あなたの彼が

自己愛性人格障害だと気づいていても

まだ、彼がなおるのではないかと

思っている人も大勢います。

 

今まで一緒にやってきた彼です。

 

そんなに簡単に

別れたくないですよね。

 

誰だってそうだと思います。

 

ですが自己愛性人格障害のひとは

あなたを守ってくれていると

思いますか?

 

自己愛性人格障害のひとは

本当に優しく穏やかで

時に本気で注意してくれて

あなたのことを心配してくれて

大事にしてくれているように

見えますよね?

 

ですがそれは

長くは続かないのです。

 

彼は自己愛性人格障害という病気のため

尊大で立派な人物を演じています。

 

ですが、それは彼自身のためで

そうしていないと彼の精神状態が持たないのです。

 

ところが、あなたは

あなたのために

彼が本当にいろいろしてくれている、

と思っています。

 

tiaraもそう思っていました。

 

tiaraは年上で子供がいます。

 

そんなtiaraや子供たちに

いつも楽しい話をしてくれたり、

いろいろと面倒を見てくれていました。

 

tiaraのまわりのひとも

誰もが彼を信用してくれていました。

 

はじめは心配してくれていたtiaraの両親も、

だんだんに、

彼を信用してくれ、

本当に彼のことを気に入っていました。

 

tiaraの両親にも

彼はとても優しくしてくれたのです。

 

自己愛性人格障害だなんて

信じられませんでした。

 

違っていてほしい、

本気でそう思っていました。

 

でも、最後には明らかにおかしい彼の行動に

これは普通ではない、

と感じたのです。

 

 

今までの彼からは

考えられない態度でした。

 

疑いは、やがて確信にかわり

もう、彼とは怖くてまともに

話せなくなってしまったのです。

 

それなのに

それだけおかしい行動をしていて

tiaraが離れるとわかると

とたんにすごいつがみつき行為を行いました。

 

以前なら

うれしくて

すぐに戻ってしまったでしょう。

 

ですが、もうさすがに

あまりのギャップにその言葉が

空々しくて

とても彼の本当の気持ちには

思えませんでした。

 

何を言ってもいいから

ただ引き戻したい、という

必死の思いに

むしろ恐怖さえ感じるようになってしまいました。

 

 

自己愛性人格障害の人は

あなたをかばっているように見えて

じつは普段から混乱させていたのです。

 

普段の不可解な行動が

すべてあなたを混乱させ

追い詰めるためにしてきた出来事だったのです。

 

そしていざ人が入ったときに

あなたが混乱しているといえば

ふだんからあなたを混乱させているので

あなたには判断能力がなく

周囲の人に信じてもらえません。

 

ただでさえ、彼をかばい、

そしてあなたは、説明べたなため

周りの人は

自己愛性人格障害の人の話を

信用してしまう可能性が高いのです。

 

あなたがおかしいのではなく

あなたを混乱させて

判断能力をなくさせているのは

信用されている自己愛性人格障害の人

本人なのです。

 

それに気づいたら

自己愛性人格障害の彼からは

心を離していってください。

自己愛性人格障害の人は、被害者の説明することが上手ではないところを利用する

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の

被害者が説明することが

苦手なところを利用している、

ということについて

お話したいと思います。

 

 

自己愛性人格障害の被害を

受ける人の中には

物事を説明するのが

苦手な人が多いです。

 

 

口下手な人やはっきり言えない人、

自分がやったわけでもないのに

自分ではないとはっきり言えない人や

少しくらいのことは許してあげよう、

とおもう人もいます。

 

そして自己愛性人格障害の人は

そんな被害者の説明するのが

苦手なところを利用しています。

 

自己愛性人格障害の人は

はた目にも分かりやすい怒鳴るとか、

ののしる、ということも

モラハラが進んでくると

することもありますが、

基本は小さないたずらや

気づかない嫌がらせを

立て続けに常に行います。

 

たとえば、

いつも引き出しにしまってあった

のりを

隠しておく、とか

いつもはあるはずのものが

なくなっていたりと

はじめは取るに足らないことだと

思うようなことです。

 

Tiaraの場合、

変な話ですが、彼の家においてあった

生理用品がなくなるということが

たびたび起きていました。

 

初めのころは

あれ?こないだ買っておいたはず

なんだけど

気のせいかな?とか

もうなくなっちゃってたのかな?とか

思っていました。

 

彼の家には

しょっちゅうお泊りに行っていたので

彼女だし、

置いておいてもいいかなと

思ったんです。

 

彼も特に何も言いませんでした。

ましてやものがもの、ですから

わざわざ友達にも

言いにくい話ですよね?

 

でも4年以上も付き合っていたので

さすがに

絶対に買ってきたばかりのものを

それも1つか2つしか

使っていないのに

おかしい、と思い出したのと

もしかしたら他の女の子が来ていたら

そんなものは隠すかなと

小さな不安がよぎったんです。

 

でも、ほとんど毎日のように

行っていたので

彼が女の子を部屋に入れる暇は

ないんですけどね。

 

いれたとしても一瞬です。

 

だから心配はして

いなかったのですが、

何でそんなことをするのかと

少し疑問に思いました。

 

恐る恐る彼に聞いてみると

笑いながら

「そんなことするはずないじゃん。

つかったんじゃない?」と

いわれてしまいました。

 

何度かは「そうかな。。」と

彼に笑われながらも

納得していたのですが、

毎回そう言われてしまいますので

指差呼称をして

今度来たときなかったら

彼に言う、と決めて

次にみたとき、

やはりありませんでした。

 

 

彼に無くなっていることを告げると

また笑いながら

「気のせいじゃない?

もう。。。どおしたの?」

と優しく言うので

「ううん。違うよ。

ずっと前から思ってたけど、

勘違いかなと思って

しばらく言わなかったよ?

でも明らかに何度もなくなってるよ?

 

今回は先週新品で買って

ほんの少し使っただけだよ?」

というと、

「じゃあ間違えて

すてちゃったかもしれないね?

今から買いに行こうよ?

そんなものくらい買ってあげるよ?」

と優しく言ってくれました。

 

そのあと二人で買いに行き

特に何事もなく

楽しく話したりDVDを見て

ゆっくりしたりして

すごしました。

 

お酒もTiaraの好きなものを

用意してくれています。

「はい。どうぞ。」

 

だから心の中で

おかしいと思いながらもま、いっか、

と流してしまっていたのです。

 

 

他にもいろいろあるのですが、

本当にこういったことを

何度も何度もやります。

 

そんなことうったえてくるなんて

おかしいね。と

中身が子供のTiaraが

大人の彼に笑われて、

もう、細かいこと気にするなあ。

はい、はい。という感じで優しく

なだめて

Tiaraの小さな不安に

付き合ってくれている。

 

そんな風に見えますが

明らかにおかしいですよね?

 

こういう感じでうったえると、

被害者のほうが

馬鹿にされるような、

もしくは子ども扱いされて

しまうような

とるに足らないことを

必死で訴えているように見えますが

自己愛性人格障害の人は

本当にそういったことを

被害者に仕掛けてくるのです。

 

大好きな彼で

しかも優しく

「そんなものくらい買ってあげるよ」

といわれ

そのあと夢のように

甘いときをすごせば

忘れてしまうような出来事だと

思いませんか?

 

自己愛性人格障害の人は

あなたにとって

とても素敵な人に見えて

そういった取るに足らない

いたずらを何度も

仕掛けてくるのです。

 

人に言えば被害者のほうが

細かいことを気にする、

気持ちの小さい人間に

見えてしまいそうです。

 

ただでさえ説明べたなのに

こんな小さな、しかも不可解な話を

誰かにしたところで

分かってくれる人は

少ないと思います。

 

こうやって少しづつ、少しづつ、

あなたを

小さな虐待になれさせていくのです。

 

これは、被害者がだんだんに

自滅していくように仕向ける

天使のような顔をして

精神的なダメージを与えつづけていき

最後には被害者が自滅するまで

追い詰めてしまう

おそろしい病気なのです。

 

自己愛性人格障害の人は

物腰が柔らかく穏やかなので

あなたがこの分かりにくい

些細な出来事を訴えたところで

誰も味方にはなって

くれないでしょう。

 

自己愛性人格障害の被害は

誰か助けて、ではだめなのです。

 

じぶんで現実に何が起こっているか、

的確に判断する判断能力を

身につけないと

本当に危ないのです。

自己愛性人格障害の人はおなかの中の怒りをあなたのせいにして、辛さから必死に逃げている

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の

自分の中の不満を他人に向けて

解消する行動について

お話したいと思います。

 

自己愛性人格障害の人は

幼いころにそのままの自分に

愛情を受けることができず

あまりに辛すぎる状況のために

共感力を使わないほうが

楽だということに気づき

良心をつかわなくなっていった症状なのですが、

本人はとうの昔に大人になってしまっているので

この事実を忘れてしまっています。

 

 

サイコパスはもともと良心がありませんが、

自己愛性人格障害の人は

もともとは良心を持っていたので

たまに自分がひどいことをしているなと

気づくことがあります。

 

Tiaraの元彼も

たまに気づいているような言動を

することがあったので、

うすうすは気づいていたと思います。

 

ただ、それが何なのかは

わかっていなかったようです。

 

そしてそのことに対して苦しんでいたので

こんな思いをするのなら

1人のほうがずっとましだ、と

言っていたことがありました。

 

でも、良心を使って

自分がひどいことをしていることに

気づいてしまうと

自分が悪い人間のように思ってしまい、

またそこで自分の価値がないような感じがして

極端に辛くなってしまい

耐えられないほどなのです。

だから気づいたとしても

すぐに頭を切り替えて

あなたが悪いから

自分がこんな風になってしまうんだと

すぐに事実を自分の意識の中で

摩り替えてあなたのせいにし

無意識に良心を使うことを

やめてしまいます。

 

良心を使ってしまうと

こじつけてあなたのせいにできなくなってしまうので

それは辛すぎるので

無意識に良心を使わないようにして

あなたのせいにすることをやめません。

 

彼にあなたがののしられるのは

自分が苦しみから解放されたいために

あなたのせいにして

それを本当だと思い込むのです。

 

自己愛性人格障害とは

病気ですので、

考え直してそれは自分の中にある怒りを

あなたにぶつけているだけで

あなたが悪いわけではない、

と考え直すことがありません。

 

だからあなたが彼に

分かって、といっても

無理なのです。

 

だからこんなことばかり続けられていたら

あなたのほうが、

いくら精神を保とうと思っても

耐えられなくなってしまうのです。

 

それが、自己愛性人格障害の人が

あなたに怒りをぶつける理由で

ひどいやつ、というよりは

あなたのことを考えている余裕がないほど

精神が壊れてしまっている病気なのです。

 

自己愛性人格障害の人を

変えることは無理です。

 

それでも

あなたが彼と一緒にいることができるのか

一度考えてみてください。

自己愛性人格障害のひとへ対処後、彼はどう変わるか?

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとから

攻撃されないための対処法を

行った場合、

対処後に彼はあなたに対して

どんなふうに変わるのか?

ということについて

お話ししたいと思います。

 

最近、自己愛性人格障害のひとに

対して

Tiaraが1年ほど対処をしてきて

彼らが、どう変わっていったか

見る機会が増えてきました。

 

まだ対処中の人は

どんなふうに変わっていくのかを

イメージしやすくなるので

彼らの様子をお話しします。

 

tiaraに対しては

モラハラ行為は

ほとんどしてくることがなく、

ふだんは何か困ったことがあると

頼んでもいないのに、そばにきて

丁寧に教えてくれたり、

tiaraが聞くことに関して

普通に丁寧に答えてくれるように

なりました。

 

挨拶も丁寧にしてくれ

きつい言い方や怖がらせるような

行動はいっさいありません。

 

これは、この自己愛性人格障害のひとが

もうtiaraには

ためし行為をしなくても

自分の攻撃は効かないとわかったから

攻撃することを

いっさいやめてしまったのだと

思います。

 

ですが、

自己愛性人格障害というものは、

まず

変わることがありません。

 

まだ若い場合や、

中には自分で気づいた人も

いないわけではないので

断言はできませんが、

それは自己愛性人格障害のひと本人が

変わりたいと思ったときのみ

かなうことがあるようです。

でも、実際に、

全く自己愛性人格障害の症状が

出なくなったのかというと

そうではなく、

本人が、自分がどんな風に感じて

どんな風な態度に出てしまっているか

気づいておさえているだけのことで

感情そのものが普通の人と

同じになったわけではないのです。

 

治ったというよりは

症状が出ないように

抑えているだけです。

 

治ったわけではないのです。

 

だからTiaraのいう処対法も

自己愛性人格障害のひとを

治すわけではなく、

あなたが、

自己愛性人格障害のひとから

攻撃されにくくするだけのものです。

 

ですから、自己愛性人格障害のひとを

変えるというわけではなく、

むしろあなたの態度を

変えるためのものです。

 

 

自己愛性人格障害のひとを変えるのは

難しくても

自分を変えることは

自分の努力次第で

何とでもなると思います。

 

だからあなたの態度を

自己愛性人格障害のひとからみて

攻撃したい、

と思わない性質にすることです。

 

そのうえで、できたら、

自己愛性人格障害のひとが

あなたに気をつかって

接してくれるようになると

会社でもコミュニティでも

今までとはうって変わって

びっくりするほど自然に

過ごせるようになるのです。

 

ただ、これは恋人や夫婦には難しく

近ければ近いほど

やりにくい方法となります。

 

ただし、家庭内の中で

これを実践している人も

見えますので、

自己愛性人格障害のひとが

あなたには攻撃しにくい、

と思ってもらえるようになると

驚くほど対処は

どんどん楽になってきます。

 

だから、あなたの彼が

自己愛性人格障害だった場合、

あなたは彼から

モラハラ行為をうけたら

毎回、すぐにその場をさりげなく

立ち去ったり、

反応を薄くして、

できるだけ攻撃を受けないように

しなければなりません。

 

自己愛性人格障害は

自分のタイミングで攻撃することは

やめられませんので、

攻撃をうけたときに

あなたができるだけ

ダメージを受けないようにすることが

大切なのです。

 

自己愛性人格障害の目的は

攻撃することではなく、

攻撃をしたあとに

あなたが弱るところを

見ることにあります。

 

だから

あなたが弱るところを見せなければ、

攻撃しても

なんの意味もなくなるのです。

 

そうすると

むしろ自己愛性人格障害のひとが

怒っているところだけが

目立ってしまい

自己愛性人格障害のひとが

はずかしくなります。

 

自己愛性人格障害のひとは

本来自分が攻撃するところを

ひとに知られたくはないのです。

 

対処法とは

自己愛性人格障害のひとが、

あなたを攻撃しても

何にもならないでしょうし、

攻撃したことによって

むしろ彼のほうが

損をするほうに

持っていくようにすると

自己愛性人格障害のひとは

あなたに攻撃できなくなります。

 

それに気づかせるには

あなたが彼の虐待を

受けっぱなしではいけないのです。

 

彼があなたにひどいことをするたびに

あなたは彼に

敵対心を向けることなく

彼を引き離していって

あなたと交流出来ないように

徐々になくしていくのです。

 

 

1年前、自己愛性人格障害の人たちは

Tiaraに攻撃的な面も

見せたりしましたが、

今では攻撃的な面を

一切見せることなく

逆に親切にして来たり、

いろんなことを聞いてもいないのに

詳しく教えてくれたり

挨拶をしてきたり、

ドアを開けてくれたり

顔を赤くして恥じたり

恥ずかしがったりします。

 

自己愛性人格障害のひとから

こういった攻撃的な面が

ほとんど見られなくなり

気を使ってTiaraに

よく思われようとする行為には

自分が悪く思われたくない、

という気持ちが含まれており

それでもたまには

憂さ晴らしに

もともと被害者だったTiaraにも

仕掛けてくるかもしれませんが

ほとんどがTiaraに

良く思われるような行いしか

しなくなっているので

あなたも

平和に生きることを望むなら

自己愛性人格障害のひとに

無関心になることから

1歩を踏み出してみませんか?

 

 

初めはうまくいかなくても

だんだんにあなたに

モラハラ行為は向けなくなり

あなたには見せつけ行為だけを

していくようになります。

 

 

そうなるとあなたは

驚くほど生きやすく

過ごしやすくなって

いくことでしょう。