自己愛性人格障害の被害に遭いやすいひとの特徴

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の

被害者になりやすいひとの

考え方のくせについて

お話ししたいと思います。。

 

自己愛性人格障害の被害には

できるだけ遭いたくないと思うひとが

ほとんどだと思いますが、

どうしても何度も

自己愛性人格障害のターゲットに

なってしまうひとというのは

存在します。

 

なぜだかわからないけど

はじめのうちは

仲良くやっていたのに

いつのまにか

モラハラに遭いやすい人の

特徴として、

相手に認められたい気持ちが強い

というものがあります。

 

相手に認められたいのは

自己愛性人格障害のひとも

おなじなのですが、

被害者と加害者に

明らかな違いがあるのが

この考え方の違いについてです。

 

自己愛性人格障害のひとは

相手に自分を認められるために

尊大な自分を魅せつけて

自分のすてきなところや

素晴らしいところを魅せて

自分を認められようとします。

 

 

自己愛誠意人格障害の人は

自尊心が極端にないため

そんな自分を恥ずかしいと思っていて

それがばれることを恐れています。

 

そして価値のない自分を隠すために

尊大な自分を魅せ付けて

本当の自分を見せないように

しているのです。

 

ところが、自己愛性人格障害の

被害者になるようなひとは

自分のことは差し置いて、

自己愛性人格障害のひとに

寄りそうことで

相手に認められようとします。

被害者になりやすいひとも

自分を認めてもらいたいのは

やまやまなのですが

自尊心が低いため、

自分に自信がないため、

相手に合わせて

相手にご機嫌になってもらおうと

します。

 

あなたといることを

彼が幸せに感じてくれれば、

愛されるはずだと思っていて、

どんなにひどい扱いをうけても

それをやめようとしません。

 

 

しつこいくらいに

彼に合わせにいくのです。

 

どんなにひどい扱いをしても

あなたが寄り添ってくることを知っているので

自己愛性人格障害のひとは

大変機嫌をよくしてくれます。

 

 

そして、もっと粗末に扱っても

あなたが寄り添ってくることが

分かっているので

どんどんあなたにひどい扱いをして

それでも合わせようとしてくれる

あなたに

自分を絶対に裏切らないと信頼を

寄せているのです。

 

あなたは、

彼がどんなにひどいことをしても

許してくれるので

あなたにひどいことをすることを

やめようとしません。

 

そして、あなたに気づかれないように

少しづつ虐待の力を強めていきます。

 

そして、もし、

あなたが気づきそうになったら

極限まで優しくして

こんないい人はいない、

と思わせてしまう技術を

持っています。

 

だから少し彼のことが変だな?と

気づきかけても

私の彼に限って

そんなことあるはずがない、

とすぐに信用してしまいます。

 

だからとても気づきにくいのです。

 

そしてあなたは

とても人を

信じやすいのではありませんか?

 

特に、自分の彼など

あなたに優しくしてくれる人には

本当に信頼していて

何かあっても

きっと分かってくれるはず、

と信じる気持ちが

強い人なのではありませんか?

 

人を信じる気持ちとは

悪いことではなりません。

 

なにか誤解があって

うまくいっていないような関係でも

信じることによって

うまくいくようになるケースも

多くあります。

 

ですから、あなたも今までの人生で

人を信じる気持ちを持つことで

人間関係をうまくいかせていた人なのでしたら

自分を信じる気持ちに

自信を持っているのかもしれません。

 

 

ですが、自己愛性人格障害の人は

あなたのその自信を

利用して、信じることが

正義のように、あなたに言って聞かせ

自分が虐待することを

気づかなくしてしまうことに

成功してしまいます。

 

常識で考えて

そんな人間がいるとは思わないので

あなたは嫌がらせに

気づくことができません。

 

そのため、一緒にいる期間が

長引いてしまい、

あなたに対しての

嫌がらせは

どんどん大きくなっていって

しまうのでしょう。

自己愛性人格障害の人の見せつけ行為について

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の

見せつけ行為について

お話したいと思います。

 

自己愛性人格障害の人の

もっとも異常な行為の1つである

見せつけ行為というものがあります。

 

とてもそんなことをするひとが

いるとは思えないのですが、

tiaraの知る

自己愛性人格障害のひとは

ほぼ全員やっています。

 

そんなことあるわけないじゃん、

と友達に言うひとでさえ、

本当は知っているひとが

ほとんどだと思います。

 

たとえば

ダイエットを必死でがんばっている

友達の目の前で

とってもおいしそうなスイーツを

食べる、とか

彼とうまくいっていない友達の前で

彼との幸せアピールをする、

などです。

 

優越感を感じることが

気持ちいい、

みたいな感覚でしょうか?

 

本当に

そんないやらしいことをするひとが

いるのか、と思いますが

本当に露骨に何度もわざわざ

やっています。

 

そして、優越感を感じるだけでなく

相手が傷つくのをみて

ちょっと楽しんでいます。

 

自己愛性人格障害ではなくとも

こういうひととは

あまりお付き合いをしない方が

いいと思います。

 

自己愛性人格障害の相談で

もっとも多いものが

意味もなく被害者をふったあと

新しい恋人と、

目の前でこれみよがしにいちゃつく、

というものがありますが、

これが本当に、何度も、

わざわざやっているのです。

これを見た被害者が

おかしくなってしまうケースも

非常に多く、

まわりのひとからは

被害者のほうが、

実に哀れに見られているのです。

 
こういう相談を聞くたびに

思うことがあるのですが、

被害者の哀れさに目が向くひとが

非常に多く、

自己愛性人格障害の異常さは

見逃されていることが多いです。

 

周りのひとの心境としては

そういうことをする

自己愛性人格障害のひとが

非常に怖くて、

見て見ぬふりをしていたり、

ひどい場合には

自己愛性人格障害のひとを

誉めたりして、

ご機嫌をとるひとなども

非常に多いのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

悪気があるわけではなく、

共感力がまったくないので

あなたがかわいそうだということは

まったく思いません。

 

彼のなかにある思いは

自分が上か下かだけなのです。

 

あなたが、

自己愛性人格障害のひとをみて

話したいとか優しくしてほしい、

と思う気持ちを感じて

高揚しています。

 

あなたが彼と戻りたいと

思えば思うほど、彼は喜ぶのです。

 

共感はしませんが

あなたの悲しそうな顔だとか

辛そうな思いだとかは

予想することができるので、

自分が上にたっていると思い、

満足しています。

 

周りで見ているひとも

彼のご機嫌をとるひとなどをみて

気分が高揚して

あなたを虐待することを

やめられないのです。

 

ここまでいうひとはいないので

自己愛性人格障害のひとの

やっていることが、

許されてしまっているのです。

 

これを聞いてどう思いますか?

 

あまり気分のいい話では

ないですよね。

 

でも、意外なことに

この状況を許してしまっているひとの

ほうが多いのです。

 

自分のところに来ないように

防御はしているかもしれませんが

そんな自己愛性人格障害のひとが

世の中にわりと

受け入れられてしまっています。

 

この事に気づいて、

自己愛性人格障害のひとに

気づかれないように、

被害者のひとを

助け出そうとするひとは

意外に少ないのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

自分の中の低すぎる自尊心を

保つためには

そういった虐待行為を

し続けなければ

正気ではいられません。

 

 

こんなことをしていること自体

正気ではないのですが、

尊大な自分を演じ続けているために、

隠すことに成功しているのです。

 

そして、被害者が非常に辛い思いをしているのですが、

離れてくださいといっても

どうしても離れられないひとが

中にはいます。

 

こういうときは、

自己愛性人格障害のひとが

非常に魅力的に見えている場合が

多く、

離れることも辛すぎるのです。

 

 

ですがそばにいても

辛い思いをするだけなので、

自分から離れるか、ひどい虐待に耐えていくかしかないのですが、

耐えているうちに

本当に精神が壊れてしまうのです。

 

そして、たとえあなたが

壊れてしまったとしても、

自己愛性人格障害のひとは

虐待行為をやめようとはしません。

 

むしろ、高揚して

もっとひどくなっていくのです。

 

これほど、怖いことはありません。

 

これが自己愛性人格障害のひとが

良心がないと言われている理由で

このことに気づくと、

あれほど魅力的だと思っていた

自己愛性人格障害のひとに

怖くて

2度と

近づけなくなってしまうのです。

自己愛性人格障害の彼と戻るたびにモラハラが強くなっていくわけとは?

こんにちは♡

今日は、

自己愛性人格障害の彼と別れたとき

もとさやにもどるたびに

モラハラが激化していく理由について

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の彼と

つきあっていると

定期的に別れ話になるのですが、

別れたあとふと彼から連絡が入ると

嬉しいですよね。

 

話している間に

いつのまにかもとに戻り

楽しい気分になってくると

彼からまた「会いたい」と

言われます。

 

この前はあんなに怒っていたけど

やっぱり離れると寂しいのかな?

とあなたも思ってしまい

彼と会いたいばかりに

彼を許してしまいます。

 

ですが、彼ともとさやにもどるたびに

モラハラ行為が強くなっていることに

あなたは気づいていますか?

 

もし、あなたが自己愛性人格障害の彼と付き合って

何年もたっている場合、

彼の嫌がらせ行為が強くなってませんか?

 

自己愛性人格障害の人の別れは

一種の嫌がらせ行為です。

 

 

あなたを不安にさせるために

わざわざしています。

 

 

そしてあなたが苦しんだり、悩んだり

するところを見ていて

高揚しています。

 

 

あなたが彼を求める心情に

自分の価値を見出しているのです。

 

それが見たいために別れ話をしているのです。

 

だから自己愛性人格障害の人の

別れ話は本当に

別れるつもりはありません。

 

そしてしばらくすると

あなたと連絡をとり、

あなたが自分を求めるか試しているのです。

 

 

[ad#co-1]

そしてあなたが彼と元に戻ることを

望むと、さらに少し

嫌がらせを強めてくるのです。

 

いろいろな相談をお伺いしていると

彼の嫌がらせが強くなる期間には

個人差があるのですが、

もともとの彼の病気の程度が強い場合と

あなたが彼をどの程度許すかによって

付き合いだして激化するまでの期間が

早いか長いかが決まります。

 

 

あなたが弱ければ弱いほど

激化は早く訪れますし、

彼の自己愛性人格障害の程度が強い場合も

付き合いだしてすぐにモラハラ化しています。

 

そして意味も別れているにも関わらず、

あなたが彼をすぐに許してしまっている場合、

彼はよりあなたを支配でいると思い

自分の中の憂さ晴らしにあなたを使います。

 

 

だから、すべての自己愛誠意人格障害の被害者が

同じように攻撃されているわけではないのです。

 

しかし、自己愛性人格障害の人の脳には

一定の考え方の癖があり

許されれば許されるほど

モラハラ行為はつよくなるのです。

 

だから、

自己愛性人格障害の被害者を見れば

どの程度あなたが弱いか分かりますので

あなたが、自己愛性人格障害の彼から

攻撃を強められていればいるほど

早く彼の元から引き離してあげないと

危険なことになるのです。

 

このときに一番ポイントになるのが

自己愛性人格障害の彼からの

マインドコントロールの具合によるのですが

あなたが彼から離れたくない、

という気持ちが強いほど

自己愛性人格障害の彼から

離れることが辛くなります。

 

ですが、その状態は非常に危険で

彼からの虐待を強めてしまうという

悪循環になってしまうのです。

 

あなたが、自己愛性人格障害の彼から

受けている虐待が強ければ強いほど

彼の優しさを手放したくないという思いに

縛られてしまいます。

 

あなたの状況を、できるだけ

客観的に判断し、

これ以上一緒にいても

辛いだけだと判断したときには

すでに末期に入っている時期だと思われます。

自己愛性人格障害のひとに自分から別れ話を出してはいけない

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとに

別れ話を出してはいけない、

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとにあなたから

別れ話を出すときは

慎重にならなければいけません。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

普段はとても堂々としているので

そんな風に見えませんが

ふとした時に、

とても臆病に見えることがあります。

 

自分が上に立てると思った人には

とことん強いのですが、

自分が上に立てないと思った人には

何も言えなくなってしまうのです。

 

自己愛性人格障害のひとから

あなたを捨てるときも

とても強い拒否反応を示して

あなたを見下したり、無価値化することで

あなたを悲しみのどん底まで突き落とします。

 

 

ですが、あなたに捨てられる、となると

途端にしがみつき行為を見せるのです。

 

このしがみつき行為が強かった場合、

あなたにまだ彼と別れたくない気持ちが

少しでも残っていたなら

また元のさやに戻ってしまいます。

 

そしていったん離れようとした後で

戻ると

なぜか以前よりもモラハラ行為が

強くなっているのです。

 

だからいったん離れようとした場合は

その離れようとした距離から

少しでも戻ってはいけません。

 

ですがもし、

あなたが別れ話を出したときに

自己愛性人格障害の彼が

新しいターゲットを見つけていた時は

あなたのほうを気にもとめずあっさりと

連絡は途絶えてしまうでしょう。

ところが誰もいないとなると

せっかく今まで時間をかけて

彼に逆らわないよう育ててきたあなたを

失うことに

非常に極端な恐怖心をいだくのです。

 

もし、自己愛性人格障害のひとと

本気で離れたいと思っていた場合

なかなか離れられなくなってしまう

危険性があります。

 

だからあなたからは

できるだけ別れ話を出してはいけないのです。

 

本当に自己愛性人格障害のひとと

離れたたかった場合、

彼に気づかれないよう

少しづつ距離を離していく必要があります。

 

連絡を取る回数や

時間を徐々に離していくのです。

 

一番いいのは

彼から別れ話を出すように持っていくのが

一番最適な方法です。

 

そして彼の言うことを聞く形で離れるのが

一番穏やかに離れることができます。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

自分からフルことによって

満足します。

 

ためしに、あなたから離れた場合

彼の様子を見てみてください。

 

まるで

自分から離れたような言い方をします。

 

これは自己愛性人格障害のひとなら

みんな同じで聞いていて少しおかしいのですが

自己愛性人格障害の本人は

いたってまじめにそう思っています。

 

だから彼から言い出して

彼の言うことに従う、

もしくは私なんかがそばにいたら

あなたに迷惑をかけてしまう、

という別れ方がベストなのです。

 

やってみたことがある人は分かると思います。

 

 

できたらそのまま自然消滅で

争うことなく、離れてしまって

音信不通になってしまうことが

唯一

穏やかな別れ方ができる方法なのかもしれません。

自己愛性人格障害のひとは常に演技をしているのか?

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

常に演技をしているのか、

ということについて

お話したいと思います。

 

あなたは

自分の彼が

自己愛性人格障害だと気づいて

いままであなたにしてくれたことが

すべて、

演技だったのではないかと

ショックを受けませんでしたか?

 

tiaraは、元彼がいままでしてくれた

tiaraやtiaraの家族への

してくれたことがすべて

自分をよく見せるための演技だったのではないかと

ショックを受けました。

 

 

あなたは

あなたの彼があなたのためにしてくれた

いろいろなことに感動し、

彼について行く決心をしたのではありませんか?

 

自己愛性人格障害の相談を受けていますと

ほとんどの方が

彼から愛されていると思っていたから

辛いことにも耐えてきて

少しおかしい、と思っても

話し合えば、いつか分かってくれる

と思って頑張ってきた人がほとんどです。

 

ですが、彼は本当にあなたを

愛していたのでしょうか?

 

それは、本人も分かっていません。

 

あなたを最高に愛している、とふるまうのも

自己愛性人格障害のひとが考える

尊大な自分なのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

その育った環境により、

共感力を使いません。

 

共感力を使っていたら、あなたにひどいことをすると

罪悪感からできなくなってしまうのです。

 

それではあまりに辛すぎるので

自分の意思で

だんだんと共感力を使わなくなっていったのです。

 

 

ターゲットにひどいことができない、

となると自己愛性人格障害の人の

おなかの中の怒りを

ぶつけてすっきりすることができません。

 

 

自己愛性人格障害の人は

おなかの中に、もともとパンパンに膨らんだ

怒りを持っていますので

常に怒り狂っています。

 

でも、意味もなく怒りを爆発させてしまったら

世間の人から見ておかしい、

ということを自覚していますので、

彼が怒る正当な理由を探しているのです。

 

自己愛性人格障害の人は

演技をしている自覚がありません。

 

尊大な自分をふるまうことに必死なので

演技をしている、という概念がないのです。

 

 

ただその場で一番素敵に見えるように

ふるまっているので

それが演技となってしまうのですが

それを小さいころから常にしているので

そんな自分が本当の自分だと思い込んでいるのです。

 

あなたを愛するときも

全身全霊、自分のすべてをかけて

あなたを愛しているように

ふるまってしまうので

本当に素敵です。

 

ですが、本人も無意識のうちに

素晴らしい愛を演じていますので

嘘をついている、とか

演技をしている、という自覚がないのです。

 

 

そのため嘘をついているようには

とても見えません。

 

ですから自己愛性人格障害のひとは

自覚なく嘘をつくことを常にしているのです。

 

そして怒る事も

普通のひとでも機嫌の悪い時はありますし、

普通のカップルでも

何度もケンカばかりしているカップルは

いくらでもいます。

 

だからあなたが嫌な気持ちや、

彼のことを本当に思っている気持ちを

分かってもらえたら

きっとうまくいくと思ってしまうのも

当然と言えるでしょう。

 

 

しかし、自己愛性人格障害のひとは

あなたが寄り添えば寄り添うほど

彼に合わせれば合わせるほど

あなたには

ひどいことをしてもいい、と思ってしまいます。

 

それが、自己愛性人格障害のひとの考える

信頼関係なのです。

 

だからお友達に彼のことを相談しても

あなたが彼に寄り添っていないと

思われてしまうでしょう。

 

 

そしてもっと彼の気持ちを考えるようにとか

あなたのわがままを言わず

彼の気持ちを考えるよう

アドバイスをするのが普通だと思うのですが、

そんなことをしたら

あなたはどんどん追い詰められていきます。

 

だから自己愛性人格障害のことを

知らない人に相談してもダメなのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

普通の人とすべて反対のことをします。

 

あなたが彼に寄り添えば寄り添うほど

ひどいことをしていくのです。

 

あなたが彼のことを考えれば考えるほど

ひどいことをされると

あなたは自分の努力がまだ足りない、

と思ってしまい、

彼に自分の気持ちを言わなくなり

彼にどんどん合わせて逆らわなくなるのです。

 

でも、自己愛性人格障害のひとは

普通の人とすべてが真逆なので

そんなことをしたらどんどんあなたを厳しく叱咤し、

ののしり、最後には人間として扱わなくなります。

 

脅威損傷の人は

自分が相手に寄り添うことによって

相手に認めてもらおうとするため

彼にどんどん虐げられていきます。

 

そしてしいたげられたあなたは

彼に認めてもらうためにどんどん彼に寄り添い

どんどんひどい扱いを受けるようになるのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

自分の中の自尊心の低さを

安心して虐待できる人にぶつけていきます。

 

 

そしてあなたが逆らわないのを見て

生きている価値がないのは

自分ではなく、あなたなんだと思い込むことによって

安心するのです。

 

だから自己愛性人格障害のひとには

ターゲットが必要なのです。

 

ターゲットが

彼の言うことに逆らわず、

黙ってつぶされていくことによって

高揚し、少しだけ穏やかな気持ちになれるので

やっと普通に過ごすことができるのです。

 

もし、自己愛性人格障害の彼に

安心して自分の怒りをぶつけたり、

称賛してもらったり、

虐待するターゲットがいないと

ほかの人にもイライラして

感情をぶつけるようになっていきます。

 

 

だから、ターゲットがいないと

自己愛性人格障害のひとの存在が

ばれやすくなるのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

自分の正体がばれることを恐れていますので

必死に隠しています。

 

隠していると無理をすることになるので

落ち着いていられなくなるのです。

 

そのために彼にはあなたが必要です。

 

 

そしてあなたが彼に言うなりに

虐待をされても

自分にはそれほど人をイラつかせ

生きている価値がないと思い込んで

どんどんつぶれていくと

自己愛性人格障害のひとの正体が

分かりにくくなってしまうのです。

 

だから自己愛性人格障害のひとのそばに

ターゲットがいてはいけません。

 

ターゲットがいると

自己愛性人格障害のひとは

どんどんターゲットの存在を壊していき

そのことに満足して

気分良くいられるので

周りの人に普通に接することができてしまうのです。

 

あなたがターゲットになっている場合、

彼のそばから

できるだけ早く逃げなければなりません。

 

そのためにも

自己愛性人格障害について

よく理解することで

そばにいてはいけないことに

納得できて離れやすい心情になっていくのです。

自己愛性人格障害の被害者は1人になることを極度に恐れている

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の彼と

別れたくないあなたに

彼との関係を壊してでも

あなたが

幸せにならなければいけない理由について

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとって

普段は本当に落ち着いていて

素敵な思いをさせてくれるので

最高の彼だと思う人も大勢見えます。

 

ですが、幸せであればあるほど、

あまりにも違いすぎる面を見せつけられて

あなたは

自分には生きていく価値がないと思うほど

自尊心を傷つけられていきます。

 

 

それは自己愛性人格障害のひとが

自分のあまりにも傷つきすぎた自尊心のなさを

すべてあなたに置き換えていくからです。

 

 

本当は自分自身が

価値のない人だと思い込んでいるのですが

それでは生きている価値がないと思い

辛すぎるので、普段は自分はそんなことはない

尊大な人物だと思い続けようとします。

 

そしてその尊大な自分が

本当の自分だと思い込んでいるのです。

そして本当の自尊心のない自分を

そばにいる人に押し付けようとします。

 

だから常に一緒にいる恋人や奥様、

または社内の少し弱い立場に人に

いろいろなことをこじつけて

大きな失敗をしている価値のない人と

みなし、その怒りをぶつけているのです。

 

でも普通の人にそんなことをしたら

怒られることはわかっています。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

心の面で足りない部分があるのですが

脳は正常なのです。

 

だからこじつけてしかりつけるために

失敗をする人が必要なのです。

 

だから驚くほどの観察力で

人の失敗を見ていて

頭の中にストックしていきます。

 

そして今なら出してもいいと判断した

絶妙なタイミングで

ターゲットにした人の失敗を

さもひどいことをしているように

でっちあげるのです。

 

それは大したことではない場合が多いです。

 

しかも悪いことかいいことかは

判断した人により違うこともある

あいまいなものを使うのです。

 

例えば印刷物などその人の趣味や嗜好で

赤にしたりグレーにしたところを

「これは赤に決まっているだろ!

見やすくしたほうがいいと考えたとき

赤にしたほうが目に入りやすいだろ。」

といった具合に

人の判断によって違うものを

さもそれが正しいことのように言い切ります。

 

人によってはグレーのほうが

全体の色のバランスとしては

いいと思うかも知れませんし、

場合によっては黒のほうが

インパクトが高い場合もあります。

 

つまり人の判断によって

どうとでも変われるものを利用し

さも自分の言っていることが常識的だと

いったりします。

 

 

赤でも黒でもグレーでも

間違いではないのです。

 

それを見る人によって

判断の違うものは

どうとでもいえるし、悪者にすることも

正しいものと伝えることと

どちらでも取れます。

 

 

そういったあいまいなものを使い

自己愛性人格障害のひとが正しい、

という印象をつけることが

大変にうまいのです。

 

だから彼は、

あなたが悪いと

どんな状態の時も言うことができますし、

いくらでもあなたを悪者にもできます。

 

 

あなたが何かをしてもしなくても

彼の気持ち次第で

あなたを持ち上げることも

潰すこともできるのです。

 

 

まじめなあなたは

自己愛性人格障害のひとの言うことを

真に受けて

いくらでも自信を無くしていきます。

 

いくらでも虐待できるし

いくら言われても

逆らうことも

ましてや自分の嫌な気持ちを伝えることすら

許してもらえなくなるのです。

 

 

それをあなたが悪い言ことをしたときも

なにもしていないときも

責め立てることができ、

自己愛性人格障害のひとの好きなように

あなたを扱うことが

できるようになってしまうのです。

 

あなたを引き留めておくためには

厳しい叱咤をしたすぐ後にでも

甘い言葉をささやくこともできます。

 

 

あなたは彼から許されたことに

感謝をして

何もしていないのに

罪を許してもらえたことに

自己愛性人格障害のひとに

感謝さえしてしまうのです。

 

これを繰り返しているうちに

あなたは自分をどんどん無くしていきます。

 

自尊心がないのは

自己愛性人格障害のひとでなく

あなたになっていってしまい、

あなたはどんどん心を壊していってしまい

それでも彼に感謝をしてついていく

奴隷のようになってしまうのです。

 

 

話を聞いていると

彼のことは怖いけど、

彼を失ってしまうと

1人ぼっちになってしまう恐怖から

また彼のところに戻ってしまう人が

大勢います。

 

 

そんなことをしていたら

あなたはどんどん壊れていってしまうのです。

 

あなたの彼が

自己愛性人格障害だと気づいたら

1人になってでも

彼と離れないと

あなたは大変危険な状態になってしまいます。

 

さみしくても彼と離れたら

そのあとに来る未来は

すべて新しい未来になっているのです。

 

 

彼といたらどんどん

潰されていってしまうので

あなたに未来はありません。

 

 

1人になることを怖がらずに

自分が不幸になってしまうことを

恐れてください。

 

 

新しい未来が

築けなくなってしまったあなたには

完全につぶされた彼の奴隷となる未来しか

やってこなくなってしまうのです。

 

そしてそれを自己愛性人格障害のひとも

自覚なくやっているので

あなたにそんなことをしているとは

夢にも思いません。

 

 

ましてや周りの人にも

分からないようにやりますから

周りの人から見ても

あなただけが悪いと思われてしまい、

誰も味方になってくれなくなって

しまうのです。

 

あなたの未来を潰されたくなかったら

1人になることを恐れてはいけないのです。

自己愛性人格障害のひとが放つ穏やかな空気の秘密

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとと

一緒にいるときの

穏やかな空気について

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害の彼と一緒にいるとき

付き合い始めてまだ

そんなに時間がたっていないときや

モラハラ行為が起こっていない

普段の平和な時は

本当に穏やかな空気が流れ

楽しい時を過ごせるのです。

 

激化して

モラハラ行為がおこるときのほうが

不思議なくらい

普段の彼からは想像もできません。

 

Tiaraの恋愛相談室を訪れる方は

ほとんどがひどくなって

これはおかしい、と気づいた人ばかりですが、

中には、今までの楽しい時間が忘れられなくて

本当に彼が、自己愛性人格障害なのか

もしかしたら、自分がひどいことをしていた、

と気づいてくれて、

これからは、しないように

気を付けてくれるようになるんじゃないのか

と思う人も大勢見えます。

 

というか、ほとんどです。

 

Tiaraの恋愛相談室を訪れた人の中で

彼のことが本当に嫌いになってしまった人など

1人もいません。

 

あまりにも悲しくて

ひどくて

あんなに優しかった彼が

自分のことを拒否するようになったり、

嘘をついたり、ののしったり、

見下したりして、

その場に普通にいられないほどの強い攻撃を

仕掛けてくるほどになってしまったから

意味が分からなくなり

相談してくるのです。

自己愛性人格障害のひとは

普通のひとよりも普段は穏やかです。

 

冷静な判断ができ、仕事でも適切な場所で

瞬時に適切な判断ができ、

仕事も早くてきれいなので

一種の感動を覚えます。

 

ですが、その魅力も、

自己愛性人格障害の症状から

そうなることが多いのです。

 

不思議なことに本当の自分がないことで

尊大な自分を魅せつけていなければ

まったく存在感がありません。

 

それは感じとった人もいるかもしれませんが、

モラハラ行為をしていなければ

嫌な感じが全くないのです。

 

気配がない、というか。。。

押しつけがましさが一切ありません。

 

それが、自己愛性人格障害のひとと

一緒にいると

穏やかな時間が流れる原因なのではないか

と思っています。

 

そして自己愛性人格障害のひとは

本当はものすごく臆病なんです。

 

相談を受けているうちに

彼のモラハラ行為が激化して

危険な状態になる人が

何人かいるのですが、

その時にTiaraが相談者の方に聞くことは

彼と一緒にいて、彼がひどく臆病だなとか

感じたことはありますか?

と聞くと、

彼が自己愛性人格障害の場合、

たいてい「あります。」と答えてくれます。

 

あればそのまま、

自己愛性人格障害のひとに対しての

対策法を実践していただくのですが、

もし、彼に臆病だと感じる面がまったくない、

と言われると

彼は自己愛性人格障害ではなく

サイコパスの可能性があります。

 

その時は、そばにいて

モラハラ対策をしている場合ではなく

すぐにでも逃げたほうがいいので、

危険な状態になったときの判断基準の中に

必ず「彼に臆病な面が見えるか」ということを

いれるようにしてもらっています。

 

サイコパスとの違いについては

以前の記事でもお話ししたことがありますが、

自己愛性人格障害のひとは

相手にひどいことをしたらいけない、

という感覚の

ブレーキが壊れている状態なのですが、

サイコパスになると

相手にひどいことをしてはいけない、

というブレーキがもともとありません。

 

なので、自己愛性人格障害のひとは

罪悪感は本当はあるのですが、

罪悪感を使うと辛くなってしまい、

相手に自分の怒りをぶつけることが

できないので

罪悪感を無意識に感じないようにしているだけ

なので、ひどいことをしていることが

ばれそうになったり、公にばれそうになると

モラハラ行為をやめてしまいます。

 

 

ところがサイコパスになると

ブレーキがもともとないため

罪悪感がありません。

 

だからばれそうになっても

公になりそうになっても

もともとが罪悪感がありませんので

どんどん攻撃を強めて

やめることがありません。

 

だから罪悪感や心のブレーキが

もともとあるかが重要なのです。

 

自己愛性人格障害のひとが臆病なのは、

この、

普段は使わないようにしている罪悪感が

どこかでばれるんじゃないのかと

びくびくしているときに

ちらりと見えるもので

あなたを完全に支配できている、

と思っているときには

一切見えてこなくなるのです。

 

だから自己愛性人格障害のひとに

完全に支配されない、

あなたの意思を持つことが

大切なのです。

自己愛性人格障害のひとの怒り方の特徴は?

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとの

怒り方について

お話ししたいと思います。

 

 

最近穏やかだった会社にいる

自己愛性人格障害のひとが

久しぶりに怒っていたので

この心情について

書いてみようと思います。

 

 

まず自己愛性人格障害のひとの

怒り方ですが

怒るとすごく怖い、とか

彼に怒られると

とても怖いです、という

言われ方をよくするのですが

自己愛性人格障害のひとの怒り方は

まず、「怒る」とか「怒鳴る」という

表現よりも

ものすごくきつい勢いで

ぴしゃりと叱りつける、

という言い方が

正しいのではないかと思います。

 

男の人で、怒る人は

たまに見かけるのですが

自己愛性人格障害のひとの

怒り方を知ったら

どれだけ大きい声を出そうが、

手を出そうが、

この自己愛性人格障害のひとの

すごい勢いでぴしゃりと

叱りつけるような怒りかたは

オーラが違います。

 

この怒り方が自己愛性人格障害の

ひとの

特徴と言ってもいいくらいです。

しかもこの怒り方は

自己愛性人格障害ではない人が

マネをしようと思っても

できないものだと思いますし、

自己愛性人格障害のひとが

隠そうと思っても

隠せないものだと思いますので

この怒り方を見たら

その人は、自己愛性人格障害だと

思って

まず間違いないかもしれません。

 

昨日はTiaraは少し遠くにいて

自己愛性人格障害のひとが

突然怒鳴ったのが聞こえた、

という感じなので、

どうして怒ったのか

理由は分かりませんが、

叱られた人はおそらく

大したことをしていないと思います。

 

例えば、調べれば分かることを

聞いた、とか

言いかたのニュアンスが

少し違っていた、

というレベルでしょう。

 

そういったことで怒る方も

見えますが

正直、

「今度から調べておいてね。

なんでも人に聞かず、

少し調べれば分かるでしょ?

調べても分からないときは、

聞けばいいから。」といえば

済むことです。

 

言い方のニュアンスが違って、もし、

分からなかったのであれば

「ん?こういうことかな?」と

聞き返してもいいし、

「その言い方だと分かりにくいから

これからはこういう言い方で

言ってね。」という感じで

いえば済む程度のことだと思います。

 

誰でも忙しい時に聞かれたり、

中には、何度も同じことを

聞く人もいますし、

何度聞いても分からないことも

ありますから

イライラして怒ることもあるのですが

そういう時は分かります。

 

自己愛性人格障害のひとは

自分のおなかの中に

もともと爆発寸前の怒りが

ありますから

腫物に触るような感じで

扱わなければなりません。

 

でも、そんな人はめんどくさいので

人はだんだんに離れていくでしょう。

 

でも、自己愛性人格障害のひとは、

そんな風に見えないようにしていますが、

人に嫌われることに

ものすごい恐怖心を

いだいていますので

親切にしたり、いろいろ教えたり

尊大な自分を魅せたりして

極力自分をよく見せようと

必死に努力しているのです。

 

この会社の彼もそうですし、

Tiaraの元彼もそうですが、

自己愛性人格障害のひとは

普段はとても品が良く

物静かなイメージの人が

多いと思いますが、

これは臆病なため、

このおなかの中の怒りが

ばれないように普段は

隠しているからではないのかと

思われます。

 

自己愛性人格障害のひとが怒ると

少し離れていても分かるくらいの

雷がごろごろっと言って

空でぴしゃっとひかり、

ものすごい音を立ててドゴーンと

落ちるような

そんな怒り方をしているのです。

 

 

このドゴーンの時にみんな

びくっとするほどです。

 

自己愛性人格障害のひとが

このような状態の時は

できるだけそばにいないで

もし、

どうしても彼から離れられないとき

(昨日は会議中でした)は

できるだけ口数を減らして

できるだけ上司や上のものに

話してもらえるように

してください。

 

もし、自分が話さなければ

いけないときは

できるだけ簡単な言葉で話し、

どうしても怒られてしまったときも

黙って言い訳はしないほうが

賢明と言えるかもしれません。

 

あと、怒られても

それはあなたのせいではなく

自己愛性人格障害のひとが

おなかの中の怒りを

爆発させたいだけなんだ、

と思い、できるだけ

気にしないようにしましょう。

 

自己愛性人格障害のひとの

怒りは止めることはできないのです。

ターゲットの印象は自己愛性人格障害の人によってコントロールされている

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の

被害に遭うようなひとは

知らない間に

他人から見た印象を

自己愛性人格障害の人に

変換されているということについて

お話したいと思います。

 

自己愛性人格障害の人に

ターゲットにされてしまった人は

そのままの自分だと

見られていません。

 

ターゲットになるタイミングは

さまざまで

たいてい自己愛性人格障害の人に

弱いとばれてしまった場合や、

今まで自己愛性人格障害の人と

うまくやってきていた人でも

失敗をしてしまった時なども

ターゲットになりうる可能性が

あります。

 

別にあなたが失敗をしてしまったから

迷惑をかけて怒らせてしまった、

というわけではなく

あなたの失敗を使って

自己愛性人格障害のひとが

自分の名誉をあげるのです。

 

あなたのせいで

自己愛性人格障害の人が

たいへん苦労した、

という風に見せるのが

本当に好きです。

 

自己愛性人格障害のひとは

そのやり方をよく使います。

迷惑なあなたのせいで

自己愛性人格障害の人が

尻ぬぐいをするはめになった、

という話に変換され

自己愛性人格障害のひとは

同情され、でもいいひとだから

あんなひとの失敗も

何とかしてあげているのね、

と思われて

あなたがその場で

やっていけなくなるように

ふるまわれてしまいます。

 

別にあなたの失敗は

他人に特に

迷惑をかけるようなものでは

なかったりします。

 

今まで自己愛性人格障害の人と

仲良くやっていたひとも、

コントロールによって

一瞬で、なにもしていなくても、

大失敗をした迷惑なやつ、

になってしまいます。

 

 

その尻拭いをしてたいへんだった

自己愛性人格障害の人は

周りの人から見たら

まさにヒーローです。

 

あなたがしたことになっている失敗で

(よくあんな失敗を解決することができたな)と

自己愛性人格障害の人は

周りの人から

尊敬や同情のまなざしで

見られるようになります。

 

そのために

迷惑をかけるひとが必要なのです。

 

あなたはとんでもなく迷惑なやつ、

と何もしていなくても

見られるようになり、

あなたの印象を

コントロールされてしまうのです。

 

それは、べつに、

自己愛性人格障害のひとが

あなたを嫌いだから

やっているわけではなく、

彼自身がみんなに尊敬されるために

あなたの失敗が必要なのです。

 

それくらい

毎回毎回、

自分を上げて見せていなければ

落ち着いていられない心情なのです。

 

あなたは、

自己愛性人格障害のひとの

自尊心をあげるために

尊大に見せつけるための

材料となります。

 

みなさんこの事実に

気づいていないのです。

 

Tiaraは自己愛性人格障害の存在に

気づいているので、

自己愛性人格障害のひとが

どんな場面でも

自分を常に必死で見せつけているのが

分かります。

 

電話をしていても

だれかが失敗していたけれど、

あんなものはルールを守って

きちんとやっていれば

起こらない失敗だ、

とか、僕はそんなことしないけど

やっている人間がいるから

事故が起こるんだ、など

常に言っています。

 

たしかに言っていることは正しいし、

なにも間違ってはいません。

 

だから、自己愛性人格障害という

病気を知らないひとが見ても

自己愛性人格障害のひとは

なんらおかしいところがないのです。

 

だから気づきにくいのですが、

分かると、

ターゲットには徹底的にやっています。

 

外部のひとで、

自己愛性人格障害のひとの

尊大な自分を魅せられているだけのひとからは

知的で素敵なひとに見えるでしょう。

 

恋人にもはじめのうちは

この部分だけを見せるので

本当に魅力的に映ります。

 

ですが、だんだんと付き合いが深くなってくると

その素敵な彼に逆らうことはありませんから

ずっとしたがっているうちに

ターゲットになってしまう確率は

高くなるのです。

 

 

自己愛性人格障害の人は

このように

どうしようもないやつの面倒を見る

めちゃめちゃいい人

という風にふるまうのが

好きなのです。

 

そのためには同僚でも恋人でも

地位・価値を低く思われるように

ふるまうのが得意です。

 

悪気があるわけではなく

自尊心をあげるために

どうしてもしてしまうのです。

 

そしてこれをやり続けることによって

あなたは

どんどん見下されていきます。

 

本当の実力は見られないように

ディすられて、

本当のあなたよりも

価値がないよう人から見た印象を

コントロールされているのです。

 

自己愛性人格障害のひとが

尊大な自分を魅せつけるために

そういう立場のひとがいると

自己愛性人格障害のひとにとって

非常に便利です。

 

便利なひとはそばに置いておいた方がいいので

恋人や、奥様、または

毎日そばにいる仕事関係のひとが、

どうしてもなりやすいのです。

 

何もしていないのに

私の育ちが悪いから

何か悪い風におもわれてしまう、と

自尊心を傷つけられ

悩んでしまう人がいますが

そうではありません。

 

周りで見ているひとも

ターゲットに

そう思われる原因があるから

そうやって扱われると

思っているひとも多いですが、

そうではありません。

 

本当によく見ていないと

分かりませんが、

あなたがした失敗は

「あ、違うよ、こっちだよ。」

「あ、ありがとう。」

といってしまえば

それくらいですんでしまうようなことを

わざわざ自分の中の怒りをぶつけても

正当化できるためにした

こじつけにすぎないのです。

 

そして、

そうやって駄目なひとだと

印象づけられたターゲットは

周りの人からまでも

本当にダメ人間のように

扱われていくのです。

 

だからそうなってしまってからでは

あなたの話は

なかなか聞いてもらえません。

 

ただの言い訳にしか

聞こえなくなってしまうのです。

 

そしてあなた自身も

自己愛性人格障害のことを知らなければ

自分はなんてダメな人間なんだと

どんどん自信を無くしてしまうことでしょう。

 

ですが、もし、

あなたの周りに

自己愛性人格障害のひとがいなくて

普通に仕事ができる状況ならば

あなたはもっと自分の才能を生かし

のびのびと

生きることができるのです。

自己愛性人格障害の人の突然の別れ

こんにちは♡

今日は、

自己愛性人格障害のひとの

突然の別れについて

お話ししたいと思います。

 

今まであなたが彼と

とても優しく平和な毎日を

送っていたにも関わらず

突然冷たくなり、会えなくなったり

会っても突然キスやハグを禁止される

ことがあったとするならば

その彼は普通ではありません。

 

二人の間になにかあったならば

そういうことがあっても

さほどおかしくないだろうし

あなたも疑問には

思わないと思います。

 

 

普通のひとで、

もしも同じようなことがあったのなら

例えば、彼が心変わりをしたり

あなたとの間に、

激しい喧嘩があったあとなら

辛いでしょうが、

納得できると思います。

その場合は、感情の流れと共に

喧嘩がおさまったり、

彼が心変わりしたことを

あなたに告げてきて

元に戻ったり、別れたりすると

思います。

 

自己愛性人格障害でなくても

くっついたり

別れたりするカップルというのは

意外とよくある話なのですが、

自己愛性人格障害の場合、

その感情の流れが

いまいち不自然なのです。

 

このとき、

自己愛性人格障害の彼の心のなかでは

何が起こっているのか

不安になると思います。

 

このとき、彼は、あなたに、

それほど腹をたてているわけでは

ありません。

 

実はこのとき、彼は

あなたを支配できるか

試しているのです。

 

たとえば、あなたが彼の行動をみて

不安になったり、気を使ったり

おろおろしたりすれば

彼は

あなたを支配できると思い、

攻撃をすこしづつで強めながら

様子を見ます。

 

ここで、あなたがおかしいと思い

「どうしたの?」といい

彼に堂々と疑問を投げ掛けることが

できたなら、

彼は、もとに戻り、

また穏やかに何事もなかったように

すると思います。

 

あなたも彼が機嫌悪く見えたのは

気のせいかな?と

思うかもしれません。

 

ですが、もしあなたが

彼のご機嫌を取ろうとしたり

彼に合わせようとしたりすると

あなたが、わかっていない、とか

ついていけない、とか

そんな人だとは思わなかった、というような

あいまいな理由で別れを切り出します。

 

突然別れを言われたあなたは

ものすごくショックをうけ、

彼に嫌われてしまったのかな、と思い

不安になり自分の悪いところを

何とか探そうとします。

 

そしてしばらくすると

彼から普通に連絡があるのです。

 

そして彼の久しぶりの笑顔を見て

あなたはほっとするでしょう。

 

自己愛性人格障害のひとは

あなたとの距離や関係性を

そのつど、あなたの様子をみながら

決めています。

 

だから今の関係に

上下関係ができていて

あなたが彼に逆らうことが

できなくなっているのなら

それは、それまでに

あなたが、彼の理不尽な感情を

くりかえし受け止め続けてきた結果なのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

日常的に、無意識に

こういった感じで

あなたが彼の行動に

どんな反応をするかによって

自分が上にたてるかどうかを

無意識のうちに見ています。

 

そのくり返しで

今までの関係が出てきているのです。

 

だからもし、あなたが

彼のちょっとした変化にも

敏感に感じ取って

おかしい、と

気づけるひとであったなら

彼はモラハラ行為ができるまでに

なっていません。

 

支配下における、別の人物を探すか

恋人との関係でなく

会社や、学校で

別のターゲットを見つけて

そちらで怒りを逃しているかもしれません。

 

自己愛性人格障害の人は

1人ターゲットがいればいい、ということはなく

怒りの感情が出てきたときに

そばにいる人の中で

怒りをぶつけても大丈夫そうな人がいたら

そのつど、そこで怒りを発散させます。

 

もし、怒りをぶつけても大丈夫そうな人が

いなかったら

その怒りを持ち帰って

別の怒りをぶつけてもよさそうな人に

すべてぶつけ、

本当にその人が悪いと思い込みます。

 

もし、自分が悪いことに気づいてしまうと

自尊心がぺしゃんこにつぶれていて

自分には価値がないと思っている

恐怖心を認めることになっているので

自分が悪いと認めることは

自己愛性人格障害の人にとって

想像を絶するほど

辛いことなので

その恐怖から逃げようとします。

 

そのため、相手が悪いと

無意識に思い込むことで

罪悪感から逃れるのです。

 

自己愛性人格障害の人は

あなたの優しさを利用して

嫌がらせ行為をくり返して

だんだんにあなたを逆らえなくしてしまうのです。