自己愛性人格障害の被害者はどこかで人に寄り添うほうが楽だと思っている

こんばんは♡

今日は、

被害者の人の人に寄り添うほうが楽

ということについて

お話ししたいと思います。

 

最近、Tiaraの恋愛相談室を訪れた方で

「相手に寄り添うほうが

自分もきっと楽なんですよね。」

とおっしゃっていた方がみえたのですが、

Tiaraはそれに同感です。

 

Tiaraは

確かに、

彼に寄り添う気持ちを持つことで

相手のために自分を押し殺して

寄り添っているときもありますが、

今まで生きてきて

何度か争いごとを経験するうちに

どこかのタイミングで

相手に合わせるほうが楽だと

思うようになっていったような気がします。

若いころは、

もっと言いたいことを言っていたと思います。

 

その時に付き合っていた彼を

振り回してしまったこともあるのですが、

結婚を意識するような年頃になってから

相手に合わせるほうが

楽だと思うようになった気がします。

 

どこかでそれが

大人になるということだと思っていましたし、

相手に合わせてあげると

彼も喜んでくれます。

 

そして彼が喜んでくれることによって

仲良くなれたり

ケンカが減ったりして

幸せに暮らせたような覚えがあるんです。

 

そしてそれを感じたときから

相手が変わろうが

ずっと相手に合わせて生きてきた気がします。

 

そのほうが、言いたいことを言っていた時よりも

平和で、穏やかな関係性を築けるので

ケンカばかりしているよりも楽なんですね。

 

実際このやり方で

上手くいかなかった人はいません。

 

ところが、

相手が自己愛性人格障害のひとになると

話は別です。

 

被害者の人は

わりと穏やかな性格の人が多いのですが、

なぜか自己愛性人格障害の彼と付き合うと

普通の人が想像もできないような

修羅場になっているのです。

 

そして修羅場になった後も

彼に寄り添う気持ちが抜けず、

むしろ拒否されることにショックを受けて

彼に認めてもらおうと

すごいことをされているにも関わらず、

彼と一緒にいたいと悩みを打ち明けてくるのです。

 

この、今までうまくいっていたから

この人にも同じやり方でやればうまくいく、

という思いは、とても危険です。

 

被害者の人は、この

相手に寄り添いすぎる気持ちが

ありすぎるのです。

 

もう少し自分を持ってください。

 

嫌なことは嫌だと

自分で感じ取る能力を

麻痺させてしまっています。

 

Tiaraが相談をうかがった

どの被害者の方もそうです。

 

そのほうが今まで平和だったからです。

 

そして気づかない間に

状況がどんどんひどくなってしまうのです。

 

誰にでも同じやり方で必ず仲良くなれる、

と思うのは非常に危険です。

 

だって中には

自己愛性人格障害のひとがいるので

自己愛性人格障害のひとは

あなたの相手に合わせる気持ちを利用します

 

利用してどんどん自分の思い通りに

パートナーを傷つけたり

称賛してもらったり

ひどいことをしても「会いたい」

や「好きだよ」の一言で

簡単に許してもらえるような

関係になっているので

パートナーに気を使わなくて済むのです。

 

普通の人は

相手が自分に寄り添ってくれたら

自分も相手に寄り添うことをしようとします。

 

けれど、自己愛性人格障害のひとは

そういった思いがありません。

 

共感力がないので

あなたの気持ちを考えることは

ありません。

 

だってあなたは

どんなにひどいことをしても

勝手に寄り添ってくるからです。

 

今までと同じやり方をして

あなたの彼が違うな、って思ったときは

即座に今までのやり方を

変えてみてください。

 

相手が違うのに同じやり方をしていて

違うなって思う人は

今まであなたが出会ってきた人たちとは

違うタイプのひとかもしれません。

 

被害者になったことのある人は

相手に寄り添うことで

認めてもらおうとするよりも

もう少し自分の気持ちを考えてみたほうが

いいかもしれません。

 

被害者になるような人は

自分の気持ちを感じることに

怠けているのかもしれません。

 

これからは、

もっと自分を大切にしてくれる人に

目を向けてみてはいかがですか?

 

必ずいるはずだと思いますよ。

自己愛性人格障害の人の気持ちを理解することの大切さ


こんにちは♡

今日は、

自己愛性人格障害の人の

気持ちを理解することの

大切さについて

お話したいと思います。

 

 

自己愛性人格障害の

被害に遭われた方は

たいへん理不尽な思いに

非常に辛い思いをします。

 

なかには

うつ病になってしまった人もいますし

対人恐怖症になってしまった人も

いますし

自分を責めたり自尊心をつぶされて

生きている価値がなくなり

自殺まで追い込まれた人も

大勢いると思います。

 

そうやって考えると

自己愛性人格障害の人の

していることは

許せないことだと思います。

 

でも、自己愛性人格障害の人は

それを無意識のうちに

やってしまっているのです。

 

しかも、本人も自分の中の

不可解な怒りに苦しんでいます。

 

自分の周りの関係を

壊してしまうことにも

苦しみ続けていることだと思います。

 

事件を起こしてしまってから

あとで後悔して

ものすごく落ち込んでいるという

自己愛性人格障害の人の話も

非常によく聞く話です。

 

周りの人から見たら

理解不能なことなので

なぜそんなにも

トラブルばかりなのか

分からないと思います。

それが自己愛性人格障害の人の

脳の構造で考えると

それが普通なのです。

 

自分の極端に低い自尊心を

何とか保とうとすると

どうしてもそうなってしまうのです。

 

だから自己愛性人格障害の人に

言っても、話し合っても

自己愛性人格障害の人には

理解できませんので

周りの人が自分の心を自分で

守るより方法がないのです。

 

自己愛性人格障害は病気だといっても

その被害は本当に想像を絶するほど

怖いものです。

 

被害者の人も

自分の居場所をなくしてしまったり

自己愛性人格障害の人が

恋人だったりすると、

将来を夢に見て、

がんばってしまうケースも

非常に多くあります。

 

恋愛関係になったばかりのころは

本当に優しくて

本当にあなたのことを

大事にしてくれているので

まったく分かりません。

 

むしろ普通の人よりも

幸せに感じる人が

数多くいます。

 

だから分からないのも

無理のない話なのですが、

もし、長いこと付き合ってしまうと

なかなか抜けられなくなって

しまいます。

 

少しでも早く気づけるといいのですが

まじめで粘り強い人ほど

我慢を重ねてしまい、

自分が深く傷付くことになり

しかも

なかなか自己愛性人格障害の人から

離れることはできないのです。

 

だから自己愛性人格障害の人からの

マインドコントロールの関係を

少しづつ紐を解いて

いかなければいけません。

 

しかも自己愛性人格障害の人は

相手に気づかれないように

少しづつ嫌がらせを強めていくので

あなたが彼のしていることに気づくと

それをすることができません。

 

ですが、共依存症の人は

相手に寄り添ってしまうため、

ちょっとしたことなら

流してしまうので

なかなか気づきにくいのです。

 

自己愛性人格障害の人は

はじめは気づかない程度の

ちいさな無視や嫌な顔を時々しますが

あなたは彼のちょっとしたことは

機嫌の悪いときもあるだろうと

許してしまうのです。

 

それからは、

彼のちょっとしたいやな顔は

少しづつ日常になって行きます。

 

そしてそれにあなたも

少しづつ慣れていき

彼が不機嫌な顔をしたり、

ふいに無視をしたりしても

またかと思い

当たり前のように

我慢してしまいます。

 

これはあなたを支配するためと

自分の中の怒りを発散させることを

自己愛性人格障害の人が

しやすくなっています。

 

そのうち、なにかおかしいと思っても

彼に言えなくなり

あなたさえ、我慢すれば

またいつもの優しい彼に戻ってくれると

我慢することが当たり前のように

なっていきます。

 

そうやって

だんだんとあなたを慣れさせていくと

あなたも気づきにくくなって

いくのです。

 

手遅れになる前に気づき、

自己愛性人格障害の人の心情が

どうしてそうなってしまうのか

理解する必要があります。

 

自己愛性人格障害の人の特徴を

知らないと

どうしてあなたが

そんな理不尽な思いをしなければ

ならないのか、分からないので

とても辛くなってしまいますし、

共依存の人は責任感が強く

すべて自分のせいだと

思い込んでしまうので

抜けられなくなってしまうケースが

非常に多いのです。

 

そんな思いをしないためにも

自己愛性人格障害の人の気持ちを

理解する必要があります。

 

自己愛性人格障害の人の

気持ちがわかると

被害者の人は傷付かなくてすみ

恨みにも思わず、

そばにいてはいけないことも

理解できるようになるのです。

自己愛性人格障害のひとは穏やかな人や寄り添う人を悪者にすることが非常に得意である

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとから見た

被害者の印象についてお話ししたいと

思います。

 

実は、自己愛性人格障害のひとから見た

被害者の人は

魅力的に映っているって知っていましたか?

 

今までTiaraが見た被害者の人は

素敵な人がとても多いと思います。

 

ある意味自己愛性人格障害のひとが

被害者になるような人の魅力に

周りの人が魅了されてしまうんじゃないかと思い

周りの人にとられるまえに

自分のものにしたり、

周りの人の人気を被害者の人に取られてしまうんじゃないかと

極端な恐怖心をいだいて

被害者の人が魅力的にふるまえないように

してしまいます。

 

こういうところを見ると

自己愛性人格障害のひとの

自尊心があまりにも低いことが

見て取れるのですが、

結果的に魅力的な被害者の人が

魅力をみんなの前で披露する前に

潰されていってしまっています。

 

被害者の人は

自己愛性人格障害のひとによって

魅力を発揮できないようにその都度

馬鹿にされたり揚げ足を取られたり

または、彼からすてられることによって

倒れそうなほどショックを受けていますので

まったく見向きもされません。

中にはかわいそうだと

同情してくれる方はみえたとしても

被害者を助けるほどの勇気が残っている人は

ほとんどいないと思います。

 

みんな自己愛性人格障害のひとに逆らうと

今度は自分がターゲットになるかもしれない

ということは分かっているので

味方になるほど勇気のある人は

なかなかいないですし、

例えば味方になったところで

よほど強い人でないと

自己愛性人格障害のひとに勝てる人は

なかなかいないのです。

 

世間の常識を守っていると

自己愛性人格障害のひとには

勝てないのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

世間の常識を使って

それを利用しますので

よほど気づいている人でないと

助けようとすると

逆に被害者の人が悪い立場に立ってしまうのです。

 

例えば普通の人同士のカップルは

上手くいくために話し合いを行います。

 

相手に気持ちを分かってもらうために

相手はどんなことで不満に思っているか

寄り添って分かってあげようとします。

 

そういった常識を使って

あなたを悪者にしてしまうのが

非常に得意なのです。

 

変な話ですが

自己愛性人格障害のひととうまくいかせるためには

自己愛性人格障害のひとに

気を使っていないほうが

自己愛性人格障害のひとが気を使ってきて

トラブルが起きにくくなるのです。

 

不思議な話ですが

自己愛性人格障害のひとは

優しい人、穏やかな人を

悪者にするのが

非常に得意なのです。

 

彼のことを好きな人も

利用するのがとても得意なのです。

 

どんなにひどいことを言っても

分かってあげようとするので

自己愛性人格障害のひとがしたとてもひどいことを

一緒になって隠してくれているのです。

 

だから自己愛性人格障害のひとは

あなたがまだ彼のことを好きなのか

常に確かめてきます。

 

そしてあなたが好きなのを同時に知るため

自己愛性人格障害のひとが

やらなければならないことを

やってくれるかを見ているのです。

自己愛性人格障害の彼から否定されているときに考えてほしいこと

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の被害者の人が

彼から存在すら認めてもらえないことの

苦しさについて

お話したいと思います。

 

自己愛性人格障害の被害は

その時期によって特徴が変わります。

 

まず、付き合いだしたばかりの

彼が自分の存在を魅せ付けて来て

あなたが彼に惹かれ始めるところから

始まりますが、

このころは、

彼の素敵な面しか見せてこないので

とても幸せだと思います。

 

頼りがいがあり、熱烈に愛をささやき

優しさで包み込んでくれる彼に

あなたもこの上ない幸せを

感じることでしょう。

 

この時期だけに関して言えば

自己愛性人格障害の人は

非常に魅力的です。

 

誰でも付き合い始めたばかりのころは

自分のいい面しか見せないと思いますが

自己愛性人格障害の人は

類を見ないほど、素敵な人が多いです。

 

だからあなたが惹かれてしまうのも

無理もないでしょう。

 

そして次に、だんだんとちょっとした

嫌がらせが始まります。

 

はじめのうちは気づかないくらいかも

しれません。

 

挨拶しても気づかなかったり、

声をかけても行ってしまったり。。。

 

あれ?聞こえなかったのかな?

という程度です。

またすぐに明るい彼の笑顔を見ることが

できるので、なんだ、勘違いね、と

さほど気にも留めないと思います。

 

そしてプライベートでは

とても優しく、

また彼の得意なことをいろいろと

魅せ付けられますので

楽しくて仕方がない時期に突入します。

 

毎日の電話やLINE、

あなただけを思う愛の言葉や将来の話、

あなたが特別な人だということを

何度となく自己愛性人格障害の彼に

すり込まれています。

そして、幸せの絶頂の中

突然の別れ話が訪れます。

 

うまくいっているときなので

あなたははじめ

意味が分からないでしょう。

 

ですが、だんだんと話を聞くうちに

彼の言うことも分かるし

あなたが納得をせざるを得ない

理由があるでしょう。

 

もしくははっきりした

理由を告げられません。

 

しばらく彼との連絡がつかない日々が

続きます。

 

なぜかあなたからは

彼に連絡を取ってはいけない

なにか圧迫感があると思いますが

普通の人とのお付き合いで

そんなことになることはありません。

 

初めのころはここで

彼のほうから連絡があるでしょう。

 

「ごめんなさい。」といわれたり

「会いたいんだよ。」といわれたり

「あなたのことが頭から離れない!」

といわれたり。。。

 

もうだめかもしれない、

と思っていた矢先の出来事なので

あなたはうれしくて仕方がないでしょう。

 

また彼にお迎えに来てもらい

彼のそばで頭をなでられたり

優しくされたり。。。

 

今まで会えなかった時間を埋めるかのように

いろいろな話をして

お互いの気持ちを確かめ合うことでしょう。

 

しかし、このようなことを

何度も繰り返していくと

だんだんと彼の別れ話を出す期間も

短くなっていき

別れているときに

彼から連絡が来る時期も

だんだんと遅くなっていきます。

 

そうやって

あなたを徐々に慣らしていくのです。

 

なぜか自己愛性人格障害の人は

話し合ったようにこの行動を

みんながみんなとります。

 

ほぼ、すべての自己愛性人格障害の人が

とります。

 

そしてそれでもあなたが

彼から離れなかった場合、

あなたの価値を徐々に無価値化していきます。

 

彼に無価値化されても

それでも彼から離れられなかった場合、

あれほどあなたを愛していると

言っていた彼の口からは

ひどいことしか言わなくなります。

 

逆にあなたがそのタイミングで

彼から離れようとすると

さらに彼はしがみつき行為を行い

彼と離れようとする

自分のほうが悪いことをしているような

気になり

彼から離れることができません。

 

この別れ話のあと

あなたが彼を拒否したことから

彼の強烈なしがみつき行為が始まり

そのままプロポーズされた方も

大勢見えます。

 

そしてそのまま

自己愛性人格障害の人が

結婚することもありえます。

 

でも結婚したあとも

このパターンは何度も繰り返され

そしてあなたはだんだん彼には

何も言えなくなっていくのです。

 

これは、なぜかパターンが決まっています。

 

自己愛性人格障害の人は

夜中に集まって話し合いをしているのかと

思うくらい同じなのです。

 

もちろん自己愛性人格障害の人は

話し合いなどしてはいません。

 

これは自己愛性人格障害の彼なら

フランスでも日本でもアメリカでも

同じ行動を示します。

 

そしてあなたがもし

彼から存在を否定されるとしたら

それはあなたが

とことん彼のこと理解してあげようとして

寄り添い続けた結果なのでしょう。

ターゲットが2人いた場合、もう1人の恋人はしあわせなの?

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の

ターゲットが2人いた場合、

もう1人には優しくするのか、

ということについて

お話したいと思います。

 

この質問も

本当によく受けるのですが、

あなたがターゲットで

もうひとりはしあわせなのか、

というとそうでもありません。

 

一時的に

あなたをターゲットにすることによって、

もう1人にその分優しくしてあげる、

ということはあると思います。

 

その場合、もう1人の恋人は

彼と一緒にいる時間を

とても幸せに感じると思いますが、

それもはじめのうちだけです。

 

だんだんに変わっていって

やがては

もう1人も、あなたと同じように

嫌がらせをうけるようになります。

 

必ずその子も、

だんだんに虐待を受けていくので

そのうちに

彼とはいられなくなると思います。

 

自己愛性人格障害の人の

特徴のひとつに

浮気というものがありますが、

自己愛性人格障害の人の浮気は

普通の人の浮気のように

2人の女の子を愛してしまった、とか

1人じゃ物足りない、とか

もしくは、奥様や彼女に対する不満を

もう1人の女の子で癒している、

というものでもありません。

 

彼にとっては

2人ともターゲットになり得ます。

 

ただ、自己愛性人格障害のひとは

必ず今までにもトラブルを

起こしているので

もう恋人が離れていくのが

嫌だと思っていたら

なんとか1人は

キープしようと思って

できるだけ自分の彼女や奥様には

出さないようにして

怒りを持ち帰り、あなたのところで

爆発させるかもしれません。

 

そして、

しばらくは平和でいられるかもしれません。

 

でも、しばらくして

時間がたつと、自己愛性人格障害のひとは

おなかの中の怒りを抑えていられませんので

もう1人の前でも、怒りを爆発させることが

かならず出てきます。

 

 

自己愛性人格障害のひとにとって

自分の自尊心を上げることで精いっぱいなので

相手が恋人だろうが奥様だろうが

彼よりも少しでも上に立つことに

ものすごい恐怖を感じるのです。

 

その怒りは相手に彼を潰させないように

極端に自分を守っているのですが

相手がそんなことをするつもりがない

などということは

自己愛性人格障害のひとには

理解できないのです。

 

それくらい極端な自尊心の低さなので

自分がつぶされることへの恐怖に

全力で向かってくるのです。

 

 

それは自己愛性人格障害のひとの心の中に

自然に湧き上がってくるのものなので

自己愛性人格障害のひとには

それを止めることも

おかしいと気付くこともできません。

 

そこが病気なのです。

 

だからあなたがほかの彼女とは

上手くいくんじゃないかという

心配をする必要もありませんが

あなた自身が自己愛性人格障害の彼と

真実の愛を向けながら付き合っていくことは

できないのです。

 

自己愛性人格障害の彼は

あなたが愛を向ければ向けるほど

あなたにはどんなことをしても

許される、と思ってしまい

彼の好きな時に

怒りをぶつけてくるのです。

 

虐待をされても悪者にされても浮気をされても

何をされても

許さなければなりません。

 

 

それでも許してくれるのが

彼への真実の愛だと思っていて

あなたが彼のすることを嫌がることは

自己愛性人格障害のひとにとっては

愛ではないのです。

 

それでも彼にすがってこそ

自己愛性人格障害のひとのいう

真実の愛なのです。

自己愛性人格障害の彼はどうしてあなたが何もしていないのに怒るのか?

こんにちは♡

最近、Tiara恋愛相談室の

相談がたて込んでいて

コメント欄からメッセージを

下さった方の

返事が追いついていません。

 

ご迷惑をおかけして

申し訳ありません。

 

予約の方から

順番にお返事いたしておりますので

今一度お待ちくださいね。

 

必ずお返事させていただきます。

 

今日は、自己愛性人格障害の人の

しばらく放置されたあとに

強いしがみつきを見せてきたときの

彼の心理について

お話したいと思います。

 

自己愛性人格障害の人は

第一印象のいい人が多く

自信に満ち溢れていて

優しく

コミュニケーション能力の高い人に

みえますが、実は、

心の奥底の原理は、

自尊心が低すぎることへの恐怖から

すべての行動が成り立っています。

 

常に必死で

自分を大きく見せることだけに

神経を張り巡らせていて

ほかの人のことをかまう余裕が

ないのです。

 

でも、ふだん

けんかをしていないときは

穏やかな空気が流れていて

自己愛性人格障害の人と一緒にいると

非常に心地よい、と感じる人が

多いと思います。

 

だから分からないのですが、

そういった穏やかなときは

自己愛性人格障害の人も

多少は落ち着いている時期かと

思われます。

 

あなたも

自己愛性人格障害の人ほどでは

ありませんが

たいへん自尊心が低く

自己愛性人格障害の人とは

やり方が逆で、

自己愛性人格障害の人のように

人の上に立って自尊心をあげるのではなく

あなたは

人に尽くして自分のよさを

分かってもらおうとしているだけ

なのです。

あなたも本来、

自尊心は低いほうなので

彼を賞賛して常に持ち上げ

そんな彼と一緒にいることによって

安心感を持っています。

 

そして自己愛性人格障害の人は

あなたに賞賛してもらうことによって

気持ちを穏やかに、満足して

保つことができるので

そのときは

気分がいいのかもしれません。

 

ですが、自己愛性人格障害の人の

おなかの中の怒りは

はんぱないので、

なんでもないときでも

ふと一気に

沸点まで達することがあります。

 

 

自己愛性人格障害の人の怒り方は

本当に怖いと思います。

 

たとえば彼が気に入っている

シャンプーよりも

あなたが気に入っているものが

あるとして

「こっちのがいいよ。ほら見て。」

といったとします。

 

普通の人は「本当だね。」と素直に

受け取ったり、

「こっちシャンプーの方が

しっとりするよ。」

だとか

自分の意見を言ったりしますが、

自己愛性人格障害の人は

違います。

 

ものすごい怒りを表してくるのですが

ほんの些細なことでも

その怒りが、

まるで、あなたが

彼の両親を殺したかのような勢いで

怒りをぶつけてくるのです。

 

彼が怖いのは

あなたがそんなにたいしたことを

したわけでもないのに

ものすごい勢いで怒りをぶつけてくるので

そんな彼を目の前で見ると

恐怖を感じるような

極端な怒り方をするのです。

 

シャンプーの話でいうなら

彼のお気に入りのシャンプーよりも

いいものがあるよ、といったことは

彼にとっては

あなたが彼を否定して、

彼に逆らったことに

なってしまうのです。

 

 

そんな風に思っていないあなたは

ものすごく彼に恐怖心を

抱くでしょう。

 

彼は彼で

シャンプーの話であなたが

彼を全否定してきたかのような

勢いで、極端な敵対心を見せてきた

と思うでしょう。

 

シャンプーの話をしてきたあなたを

こいつは僕の気持ちなど

とうてい分かっていない‼

と激しい怒りをあらわにするのです。

 

自己愛性人格障害の彼には

どんなに小さなことでも

逆らってはいけないのです。

 

逆らう、というほどのことでもなく

アドバイス、や意見なども

彼にとっては

彼を全否定して逆らってきたことと

同じことなのです。

 

あなたは1つも彼に逆らうことなく

彼とずっと一緒にすごせますか?

 

そして

何も逆らってもいないときですら

自己愛性人格障害の人の

おなかの中の怒りは

いつ爆発してもおかしくないのです。

 

だから

どうして彼を怒らせてしまったのか?

と考えることすら

無駄なのです。

 

あなたはそれに耐えることが

できますか?

 

そして彼自身も

それがどうしてなのか

分かることがないのです。。

自己愛性人格障害の人の怒り方

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の

怒り方について

お話したいと思います。

 

あなたがどんなにがんばって

怒らせないようにしても

ふとした瞬間に

突然機嫌が悪くなると思います。

 

あなたが何をしても

何もしなくても

彼は怒るのです。

 

例えば、あなたが黙っていたら

「黙っていたら分からんだろ!」と怒り

何か言えば、

「何か言えばいいってもんじゃない!」

と怒り、考え込んでいれば

「考えたら分かるの?」とバカにされます。

 

何をしても怒るのです。

 

そして、

自己愛性人格障害の人の怒り方は

本当に怖いですよね。

 

それは、毎日少しづつ

彼が怒ることをあなたが怖がるように

躾けられているからです。

 

彼の顔が少しだけ不機嫌になるだけで

あなたはどうしたのかな?

嫌いになってしまったのかな?

と不安になるでしょう。

 

そして自分の悪いところを探して

彼に気に入ってもらえるように

治そうとしてしまうのです。

 

Tiaraの恋愛相談室にくるかたは、

なぜか不思議とその時期によって

彼のタイプが似ています。

 

以前の相談では

責任を取らせて

被害者に非のないお金を

とるパターンの相談が、

立て続けにあったり、

ある時期は、彼の職業が

タレントやモデル、

俳優ばかりのときもあります。

 

ついこの前までは

習い事や大学の先生などが

自己愛性人格障害の相談が

多かったです。

今は、脅すタイプの自己愛性人格障害のひとの相談が多く、

被害者がとても怯えているケースが

とても多いです。

 

なぜ同じ時期に、

同じような相談が重なるのか

不思議ですが、ここ1年ほど

相談を受けていて本当に不思議です。

 

被害者は彼の事が好きなのに

拒否されて苦しんでいるか、

怖くて逃げたいのに

何度も脅しをかけられる、の2種類に

分けられます。

 

自己愛性人格障害が

脅しをかけてきているときは、

あなたがまだ彼を怖がって許しを

こうたり、

怖いから彼のいいなりになる、

と思っているか、

もしくは怖がっている姿をみて

高揚しているかのどれかです。

 

自己愛性人格障害のひとは

自己愛性人格障害のひとは

人の上に立っていると思うと

少しの間だけ、満足しているのです。

 

怖いとは思いますが

怖いという態度は表に出さず

無関心をつらぬいてくださいね。

 

ベストはほんとに気にならなくなるといいのですが、

今まで彼を怖がるように

コントロールされていますので、

なかなか難しいかもしれません。

 

ですが、怖がるしぐさをみせてしまうと

もっとやって来るようになりますので

できるだけ無関心でいるようにしてくださいね。

 

具体的なやり方は

tiaraの恋愛相談室に

お申し込みいただければ、

個別に対応いたします。

 

彼のタイプや

あなたのタイプにもよりますので、

それぞれのタイプにあわせて

ご相談にのらせていただきます。

 

あくまでも敵対心は見せずに

でも興味も示さずに

緩やかに過ごしてくださいね。

 

自己愛性人格障害のひとは

病気なのでどうしてもやってしまう、

ということだけは

覚えておいてください。

 

けっしてあなたのせいではないのです。

 

自己愛性人格障害の心のなかに

もともと大きな怒りがあって

それを目の前にいる

あなたに向けているだけなのです。

自己愛性人格障害の被害は被害者本人にしか分からない

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の被害は

被害者本人にしか分からない

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

自分のしていることを

まるであなたがしているかのように

話します。

 

彼があなたを無視すれば

「どうして口を

きいてくれなかったの?」といい

彼が機嫌をそこねて一方的に

帰ったならば

あなたが機嫌をそこねて帰ったことに

なっています。

 

他人が聞けばどっちがどっちなのか

分からないでしょう。

 

彼の気持ちを分かってあげたい、

などと言っている場合ではないのです。

 

あなたが意味の分からない彼の行動を

自己愛性人格障害の人は

あなたがしたように言います。

 

普通の人の脳で考えても

自己愛性人格障害の人の脳はあべこべに考えるため

分からないので

あなたは混乱してしまうのです。

 

彼はやろうと思ってしているわけでもなく

そういった複雑なことを

自然に脳の構造として

やってしまいます。

 

だからあなたは彼に勝つことができないのです。

 

自己愛性人格障害の人に付き合っていると

だんだん頭が混乱してきます。

だからうまく説明ができないのです。

Tiaraはあまりにも調べたので

自己愛性人格障害の人の考え方が

分かるので納得できるのですが

普通の人はぱっと言われても

自己愛性人格障害の人が

何をしているのか、説明ができないでしょう。

 

きちんと説明ができないから

彼の言うことのほうが

信用されてしまうのです。

 

自己愛性人格障害の人は

その自尊心が非常に低いため

どうしても人の上に立たねば気がすまないので

自然に自分の罪はあなたの罪のように言ってしまう

脳の構造になってしまっているのです。

 

これは性格が悪いとかそういうことではなく

どうしてもそうしてしまい、

また彼自身も自分の言っていることが

真実だと思い込みます。

 

だから、はたから見たら

どっちがどっちか分からないのです。

 

あなたがいくら言っても

自己愛性人格障害の人との

話は通じませんので

自分の中で事実をよく見てみましょう。

 

こんなことにずっと付き合っていたら

疲れてしまうし、

あなたが被害者なのに

あなたのほうがどんどん悪者になっていってしまうのです。

 

救われる方法は

自己愛性人格障害の人から離れることですが

彼は虐待行為をして

あなたの自尊心をつぶしているとき以外は

本当に頼りがいがあり優しい人なのです。

 

なので、あなたは彼から離れることができず

彼を正当化してしまい、

あなたが

いかに彼を怒らせないようにしたらいいかと

考えてしまっているのです。

あなたが目立つことによって自己愛性人格障害のひとのターゲットにされてしまう

こんにちは♡

今日は、あなたが目立つことによって

自己愛性人格障害のひとの

ターゲットにされてしまう、

ということについて

お話ししたいと思います。

 

昔、Tiaraはわりとどこに行っても

人気者でした。

 

わりと万人受けするタイプだと思います。

 

今は、どこに行っても特に

誰からも好かれるということはありません。

 

かといって嫌われるわけでもない。。

 

可もなく不可もなく、

といったところでしょうか。

 

でも、だれからも嫌われない、ということが

こんなにも大事なことだとは

思いもしませんでした。

 

 

目立つことによって

自己愛性人格障害のひとの

ターゲットにされてしまいます

 

あんなにも自由だったのに

知らない間にターゲットにされて

気づいたら誰にも信じてもらえない、

好きなように動くこともできない、

なんてことになっていたら

とても辛いですよね。

 

中には自己愛性人格障害のひとが

ひどいことをしている、ということに

気づいている人たちもいるのですが

そんな時は自己愛性人格障害のひとに

見つからないように

こっそり親切にしてくれます。

見ている人も必ず中にはいるものです。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

非常に強いため

怖くて大ぴらには味方になれないのです。

 

あなたも知らない間に孤立していることが

ありませんか?


 

そんな時は、必ずと言っていいほど

自己愛性人格障害のひとが

周りの人をコントロールしています

 

どこに行っても

孤立していた、ということはないはずです。

 

自己愛性人格障害のひとが

いないときは

平和なのです。

 

その時その場所によって

楽しくやれるときもあれば

八方ふさがりの時もあると思います。

 

そんな時は自己愛性人格障害のひとを

見渡してみましょう。

 

人気者だった時もあるはずです。

 

そんな時はそのコミュニティには

自己愛性人格障害のひとがいません、

 

そんな時はTiara以外の人もみんな仲が良く

穏やかな雰囲気で誰一人、

悲しい思いや嫌な思いをしていません。

 

目立っていたクラスでは

必ず自己愛性人格障害がいます。

 

クラスに自己愛性人格障害のひとが

いた場合は、やはり

誰か必ず1人いやな思いをしている子がいます。

 

そばに自己愛性人格障害の人がいるときは

普段のあなたを少し

押さえて見せない様に

してみましょう。

 

得意なことは嫉妬され

苦手なことは小ばかにして

ディスりの対象となってしまいます。

 

だからあなたが何が得意で

何が苦手なのか

普段はあまり表に出さないほうがいいのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

自尊心がひくすぎるため

常に人が自分よりも上に立つことを

恐れています。

 

だから上に立ちそうな人や

人気者になりそうな人の

悪口を言ったりからかったりして

目立ちそうな人と周りの人が

コミニュケーションをとれないように

邪魔をするのです。

 

Tiaraにも経験がありますが

あまり嫌われている人と

かかわりを持たないように

しています。

 

その人がどんな人か

確認もせずに、周りの人から

嫌われているな、と感じると

仲良くすることが

怖くなります。

 

そして

もともと仲が良かったわけでもない人だった場合、

わざわざその人とお付き合いをしようとは

思わなくなるのです。

 

 

でも、その人が本当に悪い人か

正直分かりません。

 

今、考えてみると

自己愛性人格障害のひとの

ターゲットにされていただけ

かもしれないのです。

 

実際、Tiaraみたいな反応をする人も多く、

もし、その人が自己愛性人格障害のひとの

ターゲットになっていることを

知ったら、周りの人は

ターゲットに

あまり近づいてきません。

 

ターゲットの味方をしてしまうと

自己愛性人格障害のひとの

矛先が

こちらに向く可能性があって

怖いのです。

 

おそらく誰でも1度は

自己愛性人格障害のひとと

会ったことがあるでしょう。

 

その時にターゲットにされないように

ふるまうことは

その後、あなたが自由に生きていけるか

行動を制限されるかに

分れてしまうのです。

自己愛性人格障害の被害者になる人は争いごとが嫌いな人が多い

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の被害者の

ものの考え方について

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の被害に遭うような人は

ひととの摩擦が極端に怖い方が

多いと思います。

 

誰でも争いごとは

嫌いでしょうが

中には、正義感が強く

問題が起こったときに

今すぐに解決したいような人や、

違うことをそのまま流せない人もいます。

 

こういった人は

自己愛性人格障害の被害に遭うことは

ありません。

 

 

ですが、

自己愛性人格障害の被害に遭うような人は

極端に争うごとが嫌いで

間違いをしてして

もめるくらいなら、黙っていよう、

とかこれくらいのことあるよね、と

流してしまうのです。

 

 

相手ともめたくないとか

分かってあげようとか思ってしまい

問題に気づいているにも関わらず

それが過ぎ去ってしまうのを待ち

時間がたつとなあなあになって

また仲良くできると思ってしまう。

これを繰り返していると

相手が自己愛性人格障害だった場合、

あなたは非常に都合の良い人と

なってしまいます。

 

被害者の人のことなかれ主義によって

事を大きくしてしまうのです。

 

今までは、

もめ事を起こしたくないから

もめ事を起こすくらいなら

相手の言いなりになっていたほうがいい、

と思っていたYESマンだったのなら

これからはYESマンになるのではなく

嫌なことがあったら、

即座に逃げてください。

 

逃げ足が速ければ早いほど

嫌なことから逃げられます。

 

嫌なことから逃げられない、という

きれいごとは

嫌なことをやってくれる

便利な人をそばに置きたい

ずるい人間が考え出した言葉だと

思ってください。

 

そうでないなら、

その人があなたが我慢することによって

得をしていないかどうかを

見てみてください。

 

そして、得をしている場合なら

あなたに感謝の気持ちを持っているかどうか

よく観察してみてください。

 

あなたのためにも

嫌なことをしてでも

頑張っていてくれているかをよく

見てみてください。

 

いっぽう的に

あなただけに

嫌なこと、我慢させることをしておきながら

自分は知らん顔をしていたり

あなたにさせることで

楽をしていてあなたに対して

感謝の気持ちも持っていない人だとしたなら

あなたは

この人のために我慢をしたり

耐えたりする価値のある人ですか?

 

ましてや

あなたを故意に傷つけたり

不安にさせたりするような人のために

我慢をする必要がありますか?

 

もし、後者だとしたら

自己愛性人格障害ではなくても

あなたのことを大切にするとは

とても思えませんので

その人から全力で逃げることを

お勧めします。

 

逃げるときはあなたが悪者にならないよう

彼のしたことはそっと彼にお返しをして

あなたが受けないようにして

即座にそっと逃げるようにしてください。

 

ぐずぐずしていればしているほど

代償は大きくなります。

 

彼のしたことは

彼に責任を持たせて

関係のないあなたが背負うことだけは

やめてください。

 

あなたが彼の責任を背負うことによって

あなたが彼に分かってもらえる

ということを

理解しておいてください。

 

そうすることによって

自己愛性人格障害のひとは

まずます

責任感の強いあなたに

どんどんひどいことへの責任を

押し付けてくるでしょう。

 

もめ事を起こしたくないのなら

あなたの責任ではないことから

即座に逃げる逃げ足の速さを

鍛えるようにして下さい。