自己愛性人格障害の人は差をつけるのが好き

こんばんは♡

今日は自己愛性人格障害の人は

差をつけるのが好きということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の彼は

あなたに尊大な自分を見せつけ

あなたを熱烈に口説き

そしてあなたが完全に彼に

安心してついていけるようになったころ

突然意味もなく無視をします。

 

あれ?どうしたのかな?と思って

聞いてみても、

「なに?何にもしてないよ?どうしたの?」

とすっとぼけます。

 

 

なんだ、気にしすぎか、と思い直し

またしばらくすると

あれ?となんとなく彼があなたのことを

無視しているように感じます。

 

今日どうしたの?と聞いてみても

「普通だよ?どうしたの?また。

考えすぎなんじゃない?」

と言われます。

 

また気にしすぎかと思って

そのままにしておくと

そして気づいたらあなた以外のすべての人に

とても親切にしていて

あなたにはあまり相手にしていないように

見えます。

だんだんあなたは聞きにくくなり、

気づくと、

なんとなく周りからも冷たくされているように

感じて、それでも聞くこともできず

我慢します。

 

 

でも、周りの人には

相変わらず親切で素敵な彼を見て

あなたはだんだん自信を無くしていきます。。。

 

それ、勘違いじゃないんです。

 

彼、本当にあなただけに

冷たくするように

なるんです。

 

しかも周りの人には相変わらず

親切で素敵なので

あなたが周りに訴えかけても

信じてもらえません。

 

だんだん悲しくなってくるし

周りの人にも彼にも

何も言えなくなり、

なんとなく我慢してしまうことが

当たり前のようになってきます。

 

そして気づいたら

周りの人にも

なんとなく恨まれているような

気になり、その場にいずらくなり

悲しくなります。

 

自己愛性人格障害の人は

こうやって彼を好きになって

離れられなくなった人を

孤立させて相変わらず人気者の自分に

満足して自己愛を高めます。

 

彼と付き合っていない人のほうが

彼から親切にされて楽しそうにしているのです。

 

自己愛性人格障害の人は

それを彼を信頼していて

彼から離れられないくらい

彼から離れたくない、と思っている人にします。

 

そういう人は

彼が安心して嫌がらせできるからです。

 

そして彼自身も

嫌がらせをしているようには見えず

被害者が自ら悲観している

ただの被害妄想者に見えます。

 

哀れなあなたから

だんだんに人は離れていくでしょう。

 

気づいた時には

遅すぎるのです。

 

自己愛性人格障害は

普通の人と反対のことを

します。

彼のことを大事にしてくれる人に

彼から離れていかない絶大な信頼を持って

その人に嫌がらせをするのです。

 

それには彼自身はいい人だと思われている必要があり

そして

あなたが自ら卑下しているようにしか見えないのです。

 

彼に優しくしてもらっている人は

彼の言うことを信じます。

 

だから気づいたら

あなたの味方をする人は誰もいなくなっているのです。

 

これこそ自己愛性人格障害の人の

目指すところです。

 

 

だから自己愛性人格障害の人を

好きになってはいけません。

 

自己愛性人格障害は

周りの人とあなたに差をつけることによって

周りからの信頼とあなたからの信頼を

受けながらあなたを孤立させていく

満足感を味わうことができるのです。

 

 

それに気づいたら

彼に今までしてもらったことは

忘れて

全力で逃げてください。

 

でないとあなたは

何もかも失ってしまうことになるのです。

 

そうなる前に気づいて

彼から離れる準備を

していきましょう。

自己愛性人格障害の被害者の歩み寄りについて

こんばんは♡

今日は、被害者の人が考える

歩み寄りについて

お話したいと思います。

 

自己愛性人格障害の人の

被害にあうような人は

普通の人よりも

相手に対しての歩み寄りを

すると思います。

 

歩み寄りとは、

その両方がお互いに

お互いの気持ちに歩み寄ることで

そのどちらか一方が

極端に歩み寄るものでは

ないと思います。

 

そして、

あなたのその

相手に歩み寄りすぎる性格は

自己愛性人格障害の人にとって

非常に都合がいいのです。

そして、あなたが

一方的に歩み寄ることによって

自己愛性人格障害のひとのモラハラは

だんだんにひどくなっていきます。

 

ためしに相手に

歩み寄らせてみてください。

 

とことん歩み寄らせるつもりで

歩み寄らせてください。

 

それをしばらくやってみて

相手が歩み寄る感じが

全然しないのなら

この関係は成立しないと

判断してみてください。

 

そして、あなたから歩み寄ることを

完全にやめてみてください。

 

それでも二人の関係は成立しますか?

もし、全く成立しないというのなら

あなたから一方的に歩み寄らなければ

相手はあなたとの関係を

全く築こうとしていません。

 

自己愛性人格障害の場合、

あなたがまったく、歩みよりをしないことにより、

自分が嫌われることに

極度の恐怖心をもつ自己愛性人格障害は、

歩みよりをしてくることがあります。

 

あなたが自分から

離れていってしまうのではないかと

恐怖心をいだき、

彼のほうから歩みよりを

してくるかもしれません。

 

それはそれでしばらく様子をみましょう。

 

もともと

自分よりも弱いと思っている相手が

自分の上にたつことが、

許せない自己愛性人格障害は

突然、言いがかりをつけてきたり

無視をしたりしてくるかもしれません。

もし、彼がそうなったときは

とことん歩みよりをすることを

やめてみることです。

 

それでも彼がしがみつき行為により

あなたの気をひこうとするなら

うまくすると逆転するかもしれません。

 

でも、あなたが歩みよりをやめられない場合や、

共依存というその体質により、

どうしても彼に歩み寄ってしまう場合は、

またもとの関係性にもどってしまうかも

しれないのです。

 

だからあなたの彼が

自己愛性人格障害だと気づいた場合は、

あなたからの歩みよりを

とにかくやめてみることです。

 

様子をみながら

あなたからの歩みよりは

調節してみてください。

 

二人の恋人とか夫婦の関係がまったく

成立していないのに

あなたがこの関係を

あなたが我慢することによって

無理やり成立させていることになります。

 

それでもあなたは

満足ですか?

 

今後もこのようなことを

続けるつもりでいるのなら

相手はとことんあなたを

自分の思い通りに

動かそうとするだけです。

 

自己愛性人格障害と共依存の関係は

そのような中で

無理やり作られているのです。

自己愛性人格障害の彼と付き合ってはいけない

こんばんは♡

今日は

自己愛性人格障害の彼と付き合ってはいけない、

ということについて

お話ししたいと思います。

 

ちょっと直接的なタイトルだったかもしれませんが、

いまのTiaraには

自己愛性人格障害の人の考え方が分かるので

自己愛性人格障害の人と付き合ってはいけない、

とあなたに分かってもらいたいです。

 

自己愛性人格障害とは精神的な病気で

はた目には普通の人よりも

しっかりした人に見える人が

実は自尊心が病的に低く

極度のやきもちでそばにいる人を

徹底的につぶしていってしまう病気です。

 

しかも本人も

何の自覚もなしにやってしまうので

そばにいることがとても危険なのです。

 

危険と言っても手を出すわけではありません。

 

いろいろな被害者の方と

お話をさせていただきますと

中には手を出す自己愛性人格障害の人もいるみたいですが

基本的には

はたから見て

自分が明らかに悪く見えるようなことは

しないので、自己愛性人格障害の中でも

手を出すようにまでなってしまった人は

ごくまれでしょう。

 

でも、そのはたから見て

分からないところがまさに怖いところなのです。

 

ターゲットにされた人には

とことん自尊心を潰すようなひどいことを言ったり

その存在を無視したり

周りからの評判まで落とすようなことまでします。

 

それなのに自己愛性人格障害の人は

頭がよくて頼りがいがあり

仕事もできるコミュニケーションをとることが

得意な人が多いのです。

 

多くの場合、

被害者の居場所まで無くしてしまい

被害者は会社を辞めたり

離婚したり、完全に孤立させられてから

捨てられたりします。

本当に残酷なのですが

そうは見えないのです。

 

だからあなたの彼が

自己愛性人格障害だと気付いた人には

別れることをお勧めしています。

 

でも、被害者のほとんどは

彼と別れることが辛くて辛くて

たまらないのです。

 

そして彼のそばにいると

その大好きな彼からあなたの存在価値を潰されてしまいます。

 

だからもし、

あなたが自己愛性人格障害の人に

ターゲットにされてしまったと気付いたら

その場所も人間関係もあきらめて

違う場所で生きることをするしかないのです。

 

初めは辛いかもしれません。

 

 

でもそばに自己愛性人格障害の人がいては

あなたは確実に人生を

潰されてしまいます。

 

自己愛性人格障害は

歳をとるほど治りにくく

もしまだ20代までに気づいたとしたら

自己愛性人格障害の人本人の努力で

治ることもあると思います。

 

でも、そこにたどり着くには

周りの人でなく自己愛性人格障害の人本人が

どうしても治したい、と思わなければ

治りません。

 

自己愛性人格障害の人は

独自の考え方を持っていて

ほかの人の話を聞くことは

プライドがどうしても許しません。

 

だから話にならないのです。

 

もし、本人が治したいと言わないのなら

あなたからそっと離れることを

お勧めします。

 

あなたの彼が自己愛性人格障害だった場合、

あなたが彼のターゲットになってしまうのです。

同じことをしてもなぜか自己愛性人格障害のひとがすると許される

こんばんは♡

今日は、同じことをしても

なぜか自己愛性人格障害のひとがすると

許されるということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとは

尊大な自分を魅せつけていないと

不安になる、というお話をしました。

 

よく見ると、しぐさや発言、

立ち振舞いのすべてにおいて、

ちょっと他人よりもレベルが

上の人間のように行動しています。

 

話し方ひとつにおいても

こうするべきだ、こうでないといけないという話が

とても多いです。

 

常に理想を追っているので

すべてにおいて

ハイグレードに見えますが、

その心の中は

他人に評価してもらいたい気持ちが

とても高いのです。

 

それでいて、ふだんはへり下ることもしないので、

自己愛性人格障害のひとが

とても立派な人に見えるのです。

 

それが魅力的な人物に映り、

憧れる人や

好きになるひとがいても

おかしくありません。

 

はた目には

自尊心が低くて必死で

尊大な自分を演じているようには

とても見えないのです。

 

その心の中の尊大な自分を

魅せつけたい願望は

一貫性があり、

1mmの曇りもないので、

常に自分を立派に魅せることに

無意識に意識していて

とてもこだわりが強く

ぶれない人だという印象を受けます。

 

自己愛性人格障害のひとに

いくら冷たくされても

彼から離れられない人は、

ここの部分に魅力を感じていて

自己愛性人格障害という病気の特徴を

本当に理解するまでに

時間がかかるのです。

 

常識でみると

わざわざそんなことをしている人間がいるとは、

思えないからです。

 

Tiaraも

自己愛性人格障害の元カレを

ずっと見てきたから分かるのですが、

元カレと出会う以前にそんなことを聞いたとしても、

そんなことあるわけないと

思っていたでしょう。

 

でも、

自己愛性人格障害の被害に遭った人は、

本当にそんなことをしている人間がいると、

肌で感じることができると思います。

自己愛性人格障害の特徴を知る前は、

彼がなにをしているのか分からなくて

理不尽な扱いに、

自分のことを好きなひとが、

なぜこんなことをするのか

理解に苦しんでいました。

 

自分がとんでもなく

彼を苛立たせたか

Tiaraが普通にしているつもりでも

彼はものすごく品がいいので、

普通にしていることにも

腹がたって仕方がないのだろうと

思っていました。

 

そんな理不尽なことをされているのに

彼を責めたことがなかったのです。

 

考えてみれば不思議です。

会社でも、

他のひとが自己愛性人格障害の人と同じ事をすれば、

間違いなく怒られるか、

誰も口を聞いてくれなくなるくらいひどいことも、

なぜか自己愛性人格障害の人がすると、

誰もなにも言わないのです。

 

自己愛性人格障害の彼と付き合っているとき

Tiaraの彼が仕事ができるから

仕事のできる人には、

少々のことがあっても

誰もなにも言わないんだな、

と思っていました。

 

子供たちにも

仕事ができると

仕事において信頼があるから

少しくらい休んだり、他事をしていても

ちょっとしたことでは言われなくなるんだよ

と話していました。

 

子供たちもすごい!

と彼を尊敬していました。

 

でも違うのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

怒りかたがとても怖いです。

 

物静かな話し方をしても

なぜかとても恐ろしいほどの

怖さを感じます。

 

今、Tiaraのそばにいる

自己愛性人格障害の人の周りの人を

みていても思うのですが、

人は正しいことや優しい人の言うことを聞くのではなく、

怖い人やちょっとめんどくさいな、

と思う人にはなにも言わないのです。

 

そのあとこじれるのが

めんどくさいのです。

 

でもちょっと言いやすい人や

少しくらいのことで

怒らない優しい人には

結構言いたいことを言っている人がいます。

 

自己愛性人格障害ではなくても

ちょっとイライラしたときや

忙しい時に

おとなしい人に八つ当たりしている人は

結構見かけます。

 

もちろん

仕事ができて尊敬しているから

なにも言わない、ということもあると思いますが

同時に怒らせるとめんどくさい人にも

何も言わないのです。

 

だからちょっと怖い人のほうが

やりやすかったりします。

 

これは、

自己愛性人格障害の人を

よく観察しているので

気づいた特徴の1つでした。

 

世の中はきれいごとだけではできていません。

 

ましてや相手のことが好きで

自分が嫌われたくないなら

余計言いたいことを言えなくなるかもしれません。

 

 

そんな時、よく考えてみて下さい。

 

あなたの見ているその人は

本当に尊敬されるようなことを

しているのか。

 

Tiaraは自己愛性人格障害のひとに

魅力を感じていたから

わからなかったのです。

 

このことに気づいている人も

いるのではないでしょうか?

 

 

被害者になるような人は

気づいていません。

 

自分がわざわざ傷つけられるような事を

されていないかよく考えてみてください。

 

世の中、

きれいごとだけでは真実に気づけないことも

あるのです。

自己愛性人格障害の人に怒られても絶対に怖がらないで

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人に

怒られても絶対に怖がってはいけない

ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人に

怒られたとして怖がってはいけません。

 

彼は、どうしても

誰かの上に立っていないと

極度の不安状態におちいってしまうので

どうしても誰かより上に立とうとしてしまうだけなのです。

 

あなたがダメなわけではありません。

 

あなたが何をしようとどんなことをしようと

どんなことを言おうと

彼は怒るのです。

 

以前はTiaraも怒られたりすると

どうして自分がそんな言い方をされなければならないのだろうと

不快な思いをしたり、

自分に何の落ち度があるのだろうと

自分のいけないところを探したりしていました。

 

でも、今は自己愛性人格障害の人の

心の中がどうなっているかが分かるので

どうしても人に注意したり

怒鳴ったりしなければいられないんだな、

と思います。

 

その人の前で

怖がったりあわてたりしません。

 

昨日も会社にいる自己愛性人格障害の人が

めずらしくTiaraに注意をしてきました。

 

仕事でたまに雑用を頼まれるのですが

文字の大きさがその人の言っている大きさと

違うらしいのです。

 

 

確かにTiaraはその文字の大きさで作れと

言われてはいませんでした。

 

でも、自己愛性人格障害の人の頭の中には

自分が決めたルールがあって

そのルールと少しでも違うと

怒るのです。

 

要するに融通が利かないのです。

 

どうもTiaraが前任者から聞いていた

文字の大きさが違ったらしいのですが、

その大きさで作って誰一人

文句を言う人はいません。

普通の人なら理不尽に怒られた、

と不快な思いをするでしょう。

 

以前のTiaraならそう思っていたかもしれません。

 

でも、彼は自己愛性人格障害という

病気のため、自分の理論に

絶対的な自信を持っています。

 

人の言うことなんか聞きませんし

聞きたくもないでしょう。

 

だからTiaraは一応、その自己愛性人格障害の人の話を聞きます。

 

動じません。

敵対心も持ちません。

反対もしません。

 

ただ、ふんふん、と聞くだけです。

 

その自己愛性人格障害の人は

少々ご立腹ぎみにイライラした感じで

Tiaraに説明します。

 

「そもそもそのやり方は間違っているんです。

○○の規定では〇cmでドアがちょうど開いても

その大きさではみ出さないんです!!」

 

はみ出さないんなら自己愛の言うことを

聞いてもいいんじゃない?と思いました。

 

「なるほど。分かりました。

じゃ作り直しましょうかね。」と軽く言い

自分の席に戻ると自己愛の言うとおりに

作りました。

 

「あ、でも、今までの大きさで

誰も何も言わないんですよね~」

Tiaraがそういうと

「ほかの人のも僕の言うとおりの大きさで作ったほうがいいんです。」

と言いました。

 

じゃ、自己愛のいうとおりにしましょ。

 

こんな感じです。

 

そのあと作るとその彼に「はい。」と

淡々と渡し、あとは自分の仕事を楽しそうにして

後には引かないことです。

もし、ここで堪えたり、

なんで今まで通りに作ってたのに文句を言われなきゃいけないの?

と不快な顔をしたり、

怖がったりすると、

自己愛性人格障害の人は

事あるごとに文句をつけてくるようになります。

 

 

あなたが怖がれば、あなたが弱い、と

自己愛性人格障害の人に教えることになり、

次からは攻撃の的になりやすくなってしまいます。

 

Tiaraはこの人のことが別に好きではないので

やれることなのかもしれません。

 

でも、これで自己愛性人格障害の人に

嫌われることはありません。

 

 

好かれもしませんが嫌われもしないし

ターゲットにもされにくいのです。

 

今日のように

自己愛性人格障害の人の機嫌により

当たられることもありますが、

淡々と答えることだけ答えて

聞いても差し支えのないことは聞く

あとにひかない、という風にしていると

自己愛性人格障害の人も満足できないので

Tiaraをターゲットにはしないでしょう。

 

自己愛性人格障害の人を

満足させることは自尊心をくすぐること、

称賛して持ち上げること、

怖がっていうことを聞いてしまうことなのです。

 

自己愛性人格障害の人が怒っても

そういう心情なんだと理解し、

絶対に怖がらないようにしましょう。

 

自己愛性人格障害の彼へのこだわりを捨ててみる

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の彼への

こだわりを捨てることについて

お話したいと思います。

 

好きな人がいるとき、

それはその人への気持ちの

こだわりがある状態と言えます。

Tiaraもどちらかと言うと

恋愛体質なので、

思春期からずっと恋人は

大切にしてきたもののひとつでした。

 

 

あなたは忘れているかもしれませんが、

付き合っているときは

二人の関係は対等です。

 

 

彼にいろんなことを

やってもらったかも知れませんが

あなたも彼に尽くしているはずです。

 

プレゼントだって

もらったかもしれませんが、

あなただって彼のことを思いながら

彼のために1つ1つ選んできたはずです。

 

 

つぶされることなんてないんです。

 

怒られることなんてないんです。

 

一方的にどちらかが上の関係は

付き合っている二人には関係ありません。

 

彼は素敵かもしませんが、

彼だってあなたの魅力に

あなたを選んできたのです。

 

 

むしろ自己愛性人格障害なら

一方的にあなたのほうが思いを寄せたところで

自分が気に入らなければ

相手にもしないでしょう。

 

あなたは彼のことを思いすぎて

相手の気持ちばかりに寄り添い

彼があなたを大事にしていないことを

我慢してしまっています。

 

気づいていないわけではないのです。

 

せっかく積み上げてきた二人の関係を

壊したくなくて

自分を犠牲にしているのでは

ありませんか?

そうやって

傷ついていることが

あなたが大切にされていない証拠です。

 

自分を大切にしてくれない人への

こだわりを捨ててみませんか?

 

そんな恋愛をしたって

幸せではありません。

 

幸せになれない彼にこだわっていても

その恋愛は何のために

しているのですか?

 

あなたの心をつぶすため?

あなたの人生を無駄にするため?

 

彼が好きだと言う気持ちはなんですか?

 

過去へのこだわり?

 

以前、幸せだったから?

 

自分が幸せになるためにしたはずの恋愛が

あなたをつぶしにかかってきます。

 

ずっと自己愛性人格障害の彼と一緒にいると

あなたは大切なものを

全て失います。

 

あなたの心も存在さえも

何も悪いこともしていないのに

あなたの大事な彼につぶされるのです。

 

そのことにうすうす気づいているのに

あなたは彼から

離れられません。

 

悲しい気持ちはとてもよく分かります。

 

でもあなたの彼は

自己愛性人格障害なのではありませんか?

 

もしそうなら

一緒にいればいるほど

彼の症状もどんどん

ひどくなります。

 

できるだけ早めに離れないと

後悔することになるかもしれません。

別れた自己愛性人格障害の元彼に自分から絶対に連絡を取ってはいけない

こんばんは♡

今日は、別れた自己愛性人格障害の元彼に

自分から絶対に連絡を取ってはいけない

ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の元彼と別れた後に

自分から電話をしてしまう人がいます。

 

例えば、彼から理不尽に

明確な理由もなく別れようと言われた場合は

納得できないので

どうしても彼と

連絡を取りたくなってしまうと思います。

 

あと、どうしても彼の声を聴きたくて

よりを戻すつもりもないのに

連絡してしまう、ということも

あると思います。

 

しかし、相手が自己愛性人格障害だった場合、

絶対にあなたのほうから

連絡を取ってはいけません。

 

なぜなら彼は

それを待っているからです。

 

あなたが彼のことを忘れられず

思わず彼に電話をしてしまう、という行為は

自己愛性人格障害にとって

大好物なのです。

 

待ってましたとばかりに

優しくしてあなたを取り戻してしまうことも

あるでしょう。

 

 

あなたにしてみれば

かれのところに戻りたいので

良かったと思うかもしれませんが

これでは、彼のモラハラ行為は

以前よりも攻撃を強めてしまいます。

 

 

完全にあなたの弱さを

彼にばらしてしまっているのです。

 

 

またあなたから連絡を取っても

また冷たくされてしまうケースもあります。

 

これは、あなたを痛めつける

絶好のチャンスを

あなたのほうから与えてしまったことになるのです。

 

だから絶対にあなたのほうから

彼に連絡を取ってはいけないのです。

 

辛くても堪えてください。

 

そこは自己愛性人格障害の彼から

自分を守らなければ

もっと苦しい思いをすると思って

彼に連絡しないでください。

 

もし、彼から連絡がきたとしても

聞いてあげる、という方式をとってください。

 

でも、できれば、

彼から連絡が来ても相手にしないのが

一番です。

 

彼はあなたがすがってくることを

待っているのです。

 

そしてあなたの苦しむ姿を見て

満足し、またさらに

あなたには攻撃をしてもいいと

無意識のうちに思い込んでしまうのです。

だから、自己愛性人格障害の彼と

別れた場合は、自分のために

もう終わりにしたほうがいいんだと

自分に納得させてください。

 

初めのうちは辛くて

なかなかできないかもしれませんが、

あなたが彼のところに戻ってしまうと

彼はあなたを虐待してもいい相手だと

認識してしまうのです。

 

あなたが自分の思い通りにならなければ

何とかして思い通りにしようと

今度はしがみつき行為を

してくるかもしれません。

 

ドラマに出てくるような

愛の言葉を何度も言われるでしょう。

 

 

初めのうちはそれがうれしくて

戻ってしまうかもしれません。

 

でも、それを何度も繰り返しているうちに

あなたも、彼が

だんだん虐待を強めて言っていることに

気づくときが来ます。

 

自己愛性人格障害の人は

自分から離れられなくして

そして自分から離れられなくなった人を

どんどん追い詰めてしまうのです。

 

だから自己愛性人格障害の彼と

別れたときに一番やってはいけない行為は

自分から連絡を取ることなのです。

見せつける自己愛性人格障害

こんばんは♡

 

今日は、自己愛性人格障害の人が行う

見せつけの行動の意味について

お話ししたいと思います。

 

最近、いただいたコメントの中で

少し思ったことがあったので

みなさんと共有していきたいと思います。

 

 

 

自己愛性人格障害の彼と

別れた後で、彼が近場の人と付き合い

それを見せつける、という行為を

して辛いという人が見えます。

 

それも1人2人ではありません。

 

かなりの数でそういったことを

する自己愛性人格障害がいます。

 

この行為について

Tiaraは、さすがにおかしい、

と思ってしまいます。

 

 

Tiaraは、好きな人は

今はいませんが、

いるとすれば1人でいいです。

 

もし、Tiaraに、好きな人がいたら

別の人から好かれたら

うっとおしいだけです。

 

好きな人との仲を壊されたり

好きな人としなくてもいいケンカまで

しなくてはいけなくなります。

 

でも、これを自己愛性人格障害の人は

好き好んでやります。

 

例えば、

あなたが彼と別れたとして

その彼が同じ職場や学校で

新しい彼女ができたら

見るのも嫌ですよね。

 

それを嫌がらせのようにして

悲しむ元をカノを見て

高揚するのですが、

そもそもそれで高揚するのが

異常な心理と言えます。

でも、自己愛性人格障害の人は

優越感に浸っているのでしょう。

 

きっと

新しい彼女も自分の自尊心のための

材料でしかありません。

 

そうでなければ、

そばで元カノが辛い思いをしているのを

見て満足なんてしないでしょう。

 

 

本当にその彼女が好きなら

新しい人との関係を邪魔されないように

陰で分からないようにやります。

 

見せたがっているところが

まさに病気の心理と言えます。

 

 

周りから見たらそんな風に見えるということが

分からないのでしょう。

 

そういう異常な心理を持つところからも

健常者とは違う

よほど低い自尊心しか持っていないから

そんなことをして

満足したがるのです。

 

 

普通の人から見たら

恥ずかしいだけなのに

自己愛性人格障害の人には

それが分かりません。

 

だから自己愛性人格障害の元彼が

あなたの近くで新しい彼女と

付き合いだしたとしたら

やきもちを妬いている場合では

ないのです。

そういう異常な心理を得て優越感に浸る彼は

普通ではない、と気づくべきなのです。

 

自己愛性人格障害の人の浮気にも

この心理を味わいたくて

やっている可能性があります。

 

彼女が傷つくところが見たいのです。

 

傷ついているところを見て

自分はもうほかの人がいるのに

まだ俺のことが好きなのかと

まるで小学生の優越感のような

異常な心理で満足を得るのです。

 

 

本当に大人の男は

そんなことでは満足しません。

 

 

もっと素晴らしい未来に

心を躍らせるので

そんなくだらないことをしている暇は

ないのです。

 

 

別れた彼女に

今まで自分といてくれてありがとうと

感謝の気持ちを持っていれば

そんな恥ずかしいことはできないのです。

 

彼が本当に大人の男か

見極める目を養ってくださいね。

 

あなたが追いかけるような

価値のある人ではありません。

 

そんな彼のことは

早く忘れて素敵な人を見つけましょう。

ぐずぐずしている暇はありません。

自己愛性人格障害の彼と付き合ってしまったあなたへ

こんばんは♡

今日は、あなたが幸せになるために

どんな人を選んだらいいのか、

ということについて

お話ししたいと思います。

 

Tiaraも自分の彼がおかしい、と思い始めて

彼が自己愛性人格障害だと分かったときは

本当にショックでした。

 

できたらこの先も

ずっと彼と一緒にいたかったのです。

でも、あんなにもすてきだった彼ですが

一番大切なことは

相手がすてきな人だということも重要ですが

いっしょにいる人は

何より自分の良さを分かってくれる人なのでは

ないでしょうか?

 

もちろんあなたが好きな気持ちも大事です。

 

でも、いくら愛情をかけても

それが分からない人と付き合っても

むなしいだけではありませんか?

 

Tiaraは自己愛性人格障害の彼が

悪いとは思いません。

 

彼も好きでそんな風になってしまったのでは

ないのです。

 

 

でも、せっかく生まれてきたのに

もっと素敵な世界を見たくは

ありませんか?

 

 

自己愛性人格障害の人と

付き合っている人は、

彼にこだわっている人が多く、

なかなか別れることができません。

 

でも、何より自己愛性人格障害の彼は

あなたの良さが分からないのです。

 

 

そして

あなたが、どんなに彼に愛情をかけようとも

それがどんな意味を持つのか

彼には分かりません。

 

あなたの本当の愛情が

分かる人と一緒にいたいとは

思いませんか?

 

 

Tiaraには今、好きな人が

いません。

 

無理に作る必要はないと考えています。

 

でも、

今度誰かと一緒にいるときは

お互いの愛情が分かる人が

絶対条件です。

 

たとえけんかをしたり

意見が食い違う時があるとしても

根本に愛情が伝わる相手だったら

いつか分かり合えると思いませんか?

 

自己愛性人格障害の人と付き合うと

感覚がずれてしまい、

どんなにひどいことをされても

なかなか彼から抜けることができなくなります。

 

でも、必ず時間が解決してくれるのです。

 

あなたの愛情がわかるひと、

あなたが悲しい思いをしているときは

それを少しでもぬぐえるように

優しい愛情で包み込んでくれる人、

そんな人でないと

愛情のある関係は成立しないと思いませんか?

 

あなたの悲しみを

ぬぐえる相手でないとダメなのです。

 

あなたに悲しみを与えるような人からは

離れなければなりません。

 

自己愛性人格障害の彼に

いつまでも執着している人は

自分を守る力が弱いです。

 

それでは

あなたがつぶされてしまいます。

 

あなたは幸せにならなければなりません。

 

あなたが幸せにならないと

周りの人を幸せにすることなんて

できないのです。

 

だからあなたの周りの人を

幸せにするためにも

あなたに愛情をかけられる相手を

選んでくださいね。

 

 

自分の言ったことをすぐに撤回する自己愛性人格障害

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の

落ち着いている時期と

モラハラ期の時期の違いがある、

ということについて

お話ししたいと思います。

 

今、自己愛性人格障害の彼と

付き合っている人は

比較的落ち着いている時期なんじゃないかなと

思います。

 

自己愛性人格障害の相談も

今は、比較的落ち着いています。

 

 

自己愛性人格障害の人は

なぜか嫌がらせをする時期に

イベントごとの時期という共通点が

あるようです。

 

Tiaraの元彼も

なぜか、トラブルになるのは

イベントごとの前でした。。。

 

 

それまでは

普通に平和な時が流れていて

もうすぐゴールデンウィークだとか

もうすぐどちらかの誕生日

(Tiaraの場合は、自分の誕生日というよりは

彼の誕生日の前後は

必ず別れ話になっていたような気がします。)、

もうすぐお正月休みや休み中など

楽しみにしているイベントごとの

前後に、必ずトラブルが起きていました。

 

自己愛性人格障害の彼の前で

楽しみにしているところを

見せてしまうからでしょうか?

 

それともお休み中で、

いっしょにいる時間が長いため

彼を怒らせてしまうからでしょうか?

 

それは分かりませんが、

いつも楽しみにしていたイベントごとは

台無しになっていました。

 

彼の手紙が残っていたので

読み返してみました。

 

自分から好きだと言っておきながら

別れるという訳の分からない内容でした。

 

俺は、

今までTiaraが付き合ったどの恋人とも違う、

俺はTiaraをとても大事にするよ、

絶対に悲しい思いをさせたりしない、

と書いてありました。

 

そして自分から熱烈な言葉で

口説いておきながら、

生まれて初めて後悔をした、

と書いてあります。

 

Tiaraのために俺と付き合うのは

良くない、

俺はTiaraのことは好きだけど

無理をして言います。

別れましょう。と。

 

なぜ無理をする必要があるのかは

書いてありません。

 

どういうことですか?とお思いでしょうが

自己愛性人格障害の彼は

こういうやり方をします。

まるでドラマのように

自分が彼女のためによくないから別れると。

 

別れる理由、彼があなたにとって

明確に悪い理由が書いてあるなら

納得もできます。

 

でも、納得にできる理由は

どこを探しても書いてありません。

 

付き合い始めて

そんなにたっていないうちは、

あなたもよく考えて!と

もう一度話し合おうよというでしょう。

 

でも、これが意味もなく

5年も10年も繰り返されたら?

 

ただ、あなたが納得できない理由を

なんでもいいから作り

本当に別れる気にさせないまま、

別れると告げるという

残酷な方法を取り

彼女に執着させて捨てる、という

意味の分からないことを繰り返し、

彼女の精神状態を

壊していくのです。

 

 

その壊し方には

彼女が自分のことを好きだという

自己愛性人格障害が

とても満足する部分を残してあります。


>
 

そこが残酷なのです。

 

本当に二人のことを思って

別れるのなら、明確な別れる理由があるはずです。

 

それなら二人でよく考えて

納得できる別れなら

辛くても

納得できているので

きちんと別れることができるのです。

 

でも、明確な理由がなく

しかもあなたを悪者にするので

あなたが治せば

彼といられるかもしれない

というかすかな希望を抱かせる理由をつけて

無意味にあなたに

彼といるための努力をさせるのです。

 

彼の目的は

自分の自尊心を保つためと

あなたの精神を、

あなたが彼のことを好きだという気持ちを保ったまま

潰すことです。

 

そこに愛はありません。

 

彼の自分に対する

強烈な自己愛だけです。

 

 

それを保つために

あなたは存在するのです。

 

そんなことのためにあなたは

自分の心を潰されてもいいですか?

 

自己愛性人格障害の彼が

本当に満足することは

難しいのかもしれません。