離れているときこそ冷静に判断するチャンス

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の彼から、

距離を置かれている間の対処法について

お話ししようと思います。

 

 

あなたの彼が、自己愛性人格障害だった場合、

このお休みの間に

彼と素敵な時を過ごしている人もいると思いますが、

お正月休みや長期休暇を利用した

嫌がらせを受けている人も

たくさんいると思います。

 

 

さぞつらい思いをしていると思いますが、

こんな時こそ冷静になれるチャンスだと思ってください。

 

自己愛性人格障害の彼とうまくいっているときは、

あまりにも幸せすぎて

それに気づくことができません。

やはり、彼のことを信じてしまうくらい

優しくて素敵な時を過ごしていると思います。

 

でも、別れ話や距離を置く、

無視などを意味もなく繰り返し行う彼は、

自己愛性人格障害の可能性が非常に高いです。

 

そして、自己愛性人格障害の人は、

自分ではそんなことをしているつもりは

ありませんが、

あなたが彼の思い通りに動けば動くほど

精神的虐待を強めていってしまいます。

 

別れ話や無視や八つ当たりを

どんどん強めてしまいますので、

できるだけ早いうちに抜け出さないと、

時間ばかりを無駄にしてしまいます。

 

もし、いま彼と距離を置かれて

1人ぼっちのお正月を過ごしているのだとしたら

このまま自己愛性人格障害から

離れられるチャンスかもしれないのです。

 

でも、あなたがまだ彼のことを好きな場合、

自己愛性人格障害ではなかったら

後悔してしまいますよね。

 

だからなかなか決断ができないと思います。

 

そんなときは、

1人になったときに冷静に彼が自己愛性人格障害なのか

分析してみるといいのです。

 

今までに彼からの別れ話や戻ったときの話で

つじつまの合わないことは

ありませんか?

 

彼の話が、誠心誠意

嘘がないか考えてみましょう。

 

あなたとの関係が

だんだんと深まっていっていますか?

どんなカップルでも

ケンカや意見が食い違うことはあるのが普通です。

 

彼が自己愛性人格障害ではなくても

ケンカをすることはいくらでもあります。

 

でも、彼のわがままにしろ、少し厳しいにしろ

彼が怒る理由にあなたが納得できていないのなら

その理由が普通の人とちょっと違うのか、

よくわかると思います。

 

彼が自己愛性人格障害だった場合は

理由のないところに

あなたを痛めつけるためにわざわざやります。

 

それを冷静に見極めてください。

 

それは、あなたにしか分からないはずです。

 

そしてそれを幾度となく繰り返していて

あなたが、だんだん彼に逆らえなくなってきてはいませんか?

 

それはその関係は平等ではありません。

 

平等ではない関係を

あなたを愛する人がするでしょうか?

 

話し合いは成立しますか?

 

それを離れている間に冷静に考えてみてくださいね。

自己愛性人格障害の人からあなたを守る方法

こんにちは♡

明けましておめでとうございます♡

今年もTiaraから心からの愛をこめて

あなたを幸せに導いていきますので

よろしくお願いしますね!

 

 

今日は、自己愛性人格障害のひとからの

あなたの心の守り方について

お話ししようと思います。

 

あなたの大切な彼が

自己愛性人格障害だと分かった場合、

とても辛いとは思いますが、

分かった時点で、今までの理不尽な

あなたに向ける彼の怒りの理由が分かり

少しはほっとしていると思います。

 

そこからが、あなたの幸せへの第一歩なのです。

 

理不尽な彼の怒りは、

あなたのせいではないのです。

 

そして、あなたは、もしかしたら自分が

被害者体質なのではないか?

ということも疑ってみるといいでしょう。

 

彼と付き合う前の元彼や、親、

学校や職場で、

ある日突然、冷たくされていた、

あるいはあなたのご両親から

本当の意味で、愛されていなかったなど、

心当たりがあれば、

あなたのその体質を改善しないといけません。

あなたは自分に世話をやいてくれる人に

必要以上に寄り添いすぎている可能性があります。

 

そんなあなたを

とても大切にしてくれる人もたくさんいますが、

自己愛性人格障害の人がいた場合、

とてもターゲットにされやすいです。

 

一番の原因としては、

自尊心が極端に低いのですが、

それは、育っていく過程でそうなってしまったので、

無理に上げようとしてもなかなか難しいでしょう。

 

まず、自分のやりたくないこと、

これはおかしいな、と思うことは

絶対にやらない、と心に誓いましょう。

 

Tiaraは以前よく友達に

「断れない」とことについて相談していました。

 

嫌なことを頼まれても、大変で少し無理があるときでも

ま、いっか、と引き受けてしまい

後から自分がいっぱいいっぱいになる、ということが

よくありました。

そのためのトラブルもたびたびありました。

 

「断る」必要はないのです。

 

言えるか言えないか、ではなく

やるかやらないか。

 

心で誓うのです。

 

自己愛性人格障害の人は

なぜか饒舌な人が多く、ひどいことをしていても

非常に信用されやすく、

人づきあいが非常にうまい人が多いです。

 

それに比べて、

被害者になってしまった人の多くは、

上手く言えない人が多く、

自分の気持ちをうまく人に伝えることが苦手な人が多いです。

 

うまく言えなくて

誤解を与えてしまうほど

強く言いすぎてしまう人もいるでしょう。

 

上手く言う必要はないのです。

 

心持の問題です。

 

ただ、あなたの中で

嫌なことはやらない、と心の中で誓ってください。

 

言葉で話すときは

だらだら理由を並べるよりも

ただ一言、

「やらない。」「しない。」「無理。」

と短く言い切ってください。

 

その時に絶対に敵対心を見せないことが

第一条件です。

 

自己愛性人格障害の人に

敵認識されては絶対にいけません。

 

あなたを守れるのは、

あなたしかいないのです。

 

今年はまずここから第一歩を初めて

あなたを大切にすることを

第一条件に守っていってくださいね。

年末年始、1人ぼっちのあなたへ

こんにちは♡

今日は、年末年始、1人ぼっちのあなたへの

お正月の過ごし方について

お話ししたいと思います。

 

大掃除は、もう終わりましたか?

Tiaraは大体終わらせて、

あとはおせちをお重に詰めることと

愛犬をシャンプーしてあげようかなって

思っています。

 

クリスマスも昨日も今日も

朝早くからたくさんの自己愛性人格障害の相談が

寄せられています。

 

年末年始

1人ぼっちになってしまった人も大勢います。

Tiaraもおととしのお正月までは

自己愛性人格障害の彼と過ごしていたので

去年から急に

1人ぼっちになってしまいました。

 

去年から上の子が同棲を始めていたので

下の子と2人暮らしですが、

下の子も年越しのギリギリに

お友達と年越しの約束が

入ってしまったんです。。

 

 

心配そうにTiaraを見つめる子供。。

「大丈夫?」

「大丈夫だよ。早く行って。」

「本当に大丈夫?」

 

去年まで、彼と過ごしていたのを知っている息子は

いつもは彼がいるから大丈夫、と

安心して友達と出かけていたのですが、

とても心配そうでなかなか出かけられません。

 

しばらくそのやり取りをして

大丈夫、と念を押すTiaraに

「ごめんね。」と言って出かけて行ったのですが、

子供の気持ちがうれしかったのと、

Tiaraを心配する

優しい子に育ってくれてよかったな、

って思ってたんです。

 

実は彼がいたとき、

冗談まがいにTiaraをディスるような

発言があったことと

本当に一時期ですが、子供たちが二人がかりで

ちょっとしたことでTiaraを

責め立てるようなことが2度ほどあったんです。

その時元彼は、

「俺は子供たちとTiaraの仲を壊すつもりなんてないんだよ。」

と言っていました。

 

でも、影響がなかったわけではなかった、

とTiaraは思っています。

 

Tiaraを本当に信用していない、

とまでは言っていませんが

彼がいつもTiaraをからかうのを見て

冗談だと思っていたのでしょうが、

(太った、とかその程度。

実際そんなに太っていませんからね!)

笑いのネタだったんでしょうが、

ちょっとTiaraを

軽く見るようになっていったんです。

 

 

彼のほうが頭がよく頼りがいがあり、

Tiaraは頭が悪く、頼りない。

 

まあ、彼と比べてですが。

 

あんなに

一人で育ててくれたこと、感謝してる、とか、

母さんは女なのにすごい、と

それまで言ってくれていた子供たちが

少しTiaraをからかうようになっていったんです。

 

まあ、その程度で済んだのでよかったのですが、

ずっと一緒にいたら

どうなっていたか分かりません。

 

彼の子供でもないのに

Tiaraの選んだ人のせいで、

子供たちがモラハラ体質になったら

悔やんでも悔やみきれませんから。。

 

でも、彼と別れてしばらくしたら

戻りました。

 

本当によかったです。

去年の年越しのTiaraは

さみしがっているような状態ではなく、

彼とのことで

会社を辞めなければいけない時期

だったんです。

 

その就職活動で

転職サイトにくぎ付けでした。

 

年越しもたしか、

おびただしい数の履歴書を書いていたと思います。

 

 

自己愛性人格障害の被害にあった後も大変なんです。

 

だからそれどころではありませんでした。

 

まだ、何も起こっていない人は

1人でいると

彼のことばかり考えてしまいますが、

まず、自己愛性人格障害の被害で

仕事を失う人もたくさんいますから

生活の準備は最低でも

常にしておいたほうがいいです。

 

あとお笑い番組もお勧めです。

Tiaraはサラリーマンで仕事と家事で

ほとんど普段はTVなど見ないのですが、

自己愛性人格障害の彼のことを

忘れてしばらく大笑いできます。

 

大笑いなんてしばらくしていなかった気がします。

 

自己愛性人格障害の彼が、

ほとんどTVを見ない人だったので

TVを見ない習慣がついていました。

 

でも手っ取り早く、

自己愛性人格障害の彼以外の

おもしろい人の話が聞けるチャンスです。

 

笑うことは体にもとってもいいので

ぜひお笑い番組もチェックしてみてくださいね!

 

あと、彼といるときに見られなかった

映画や海外ドラマもお勧めです。

 

大いに笑って彼のことを一瞬でも

忘れてみましょうね。

あなたの深い深い愛

こんにちは♡

今年も今日で最後ですね。

来年こそは、新しい世界へ飛び出して行けるよう

導いていきたいと思います。

 

連日、

たくさんの方からの相談があり、

自己愛性人格障害の人の被害の問題は

年末年始は関係ないんだなって

思います。

 

自己愛性人格障害のすべての被害者がいなくなり、

モラハラのできない

世の中にしていくための

第一歩となりますよう

お祈りいたします。

 

これからもTiaraを

よろしくお願いしますね!

 

さて、今日は、

自己愛性人格障害の被害にあった人が

自分の幸せについて

考えることについて

お話ししたいと思います。

 

あなたは、いつも彼に合わせて

我慢ばかりしてきたのではありませんか?

 

言いたいことも言えない関係って

まずおかしいですよね。

 

Tiaraと彼は、

年齢はTiaraのほうが年上でしたが、

二人の関係性は、

完全に上下関係が

出来上がっていました。

お付き合いをする上で

年齢はともかく、

どちらかが上とかっていう

関係はおかしいです。

 

お互いがお互いのことを考えて

付き合うものだし、

あなたが間違うこともあれば、

彼が間違うこともあるんです。

 

一方的に師弟関係のようなものが

出来上がっているのは

平等な人間関係ではありません。

 

例えば、

習い事の先生と生徒で

付き合ったりした場合でも

男女関係としては平等です。

 

プライベートでまで

上下関係ができているのは

おかしいですし、

ましてや、逆らってはダメだとか、

一方的に話を聞いてもらえないなどというのは

平等ではありませんよね。

男女関係は平等でなくては

いけないんです。

 

Tiaraの彼が激化し始めたのは

Tiaraが彼に嫌なことを

嫌だということから

始まったような気がします。

 

もう結婚間近だと思っていましたし

そろそろ、

きちんと自分の気持ちを伝えて

今後もずっと一緒にいられるよう

お互いの思っていることを

伝えていかなきゃ!

 

そんな風に思い始めた頃だった

と思います。

 

それまでは、

シングルで年上のTiaraに

優しくしてくれて

好きになってくれたから

こんなにいい人はいない、

と思っていました。

 

子供たちとも仲良くしてくれて

理想の恋人だと思っていたんです。

 

付き合いだして初めのころは

子供たちのことを

バカにするような発言もありました。

 

でも、世間の人にも自慢に思うくらい

Tiaraの子供たちは

すてきな子たちなんです。

 

バツイチの子の男の子って

本当に優しいです。

 

女の人が1人で頑張っていると

心配になってしまうみたいです。

 

Tiaraの環境が子供たちを

素敵な男に育ててくれたと

思いますし、

周りの人でTiaraの子を

悪く言う人はいません。

 

それなのにからかい半分、

ちょっと冗談まがいにディスることもあったんですが、

そこだけは本気で怒ったんです。

「家を出るときに

最後までついてくれた

子供のことを言うのはやめて。」

 

その時だけはTiaraの目は

本当にきつかったかもしれないです。

 

でも、本当に嫌だったんです。

 

旦那様のところを出てくるときに

味方してくれて

最後までついてきてくれた、

親子三人になったときは、

力仕事や背の高いところのものなんかは

全部子供たちがとってくれたり。

 

ゴキブリが出たときは

「俺に任せろ」と

必死でやっつけてくれたり

彼にきついことを言われたら、

何も言わなくても

心配そうに見つめてくれたり。。。

 

心で心配してくれているのが

分かります。

 

そんな子供たちを

モラハラの子にしたくなかったんです。

 

3人でのホンワカした幸せな家庭に

後から飛び込んできたのは彼でした。

 

だから子供たちが

彼がいることによって幸せなのが、Tiaraにとって

彼と付き合う大前提でした。

 

自己愛性人格障害でも

そこは分かるのか、

子供たちとは本当に最後まで

仲良くやってくれました。

 

たぶん、Tiaraの

子供を大切にする、という気持ちにだけは

勝てなかったんだと思います。

 

 

だから、あなたも自分を守るために

ここだけは譲れない!というものを

しっかりと持ってください。

 

一番は、

あなたの心を傷つけるのだけは

許さない!と

自分に誓ってください。

 

そうすれば、自己愛性人格障害から

自分を守れると思います。

彼が、自己愛性人格障害だった場合、

モラハラができなくなりますから、

彼はほかにターゲットを作って

逃げていってしまうかもしれません。

 

でもそれでいいんです。

 

あなたは、

あなたを大切にする人と

幸せになってください。

 

それは、大前提です。

 

Tiaraは

子供が一番だったんですけれど、

子供のいない人もいると思います。

 

まだ1度も結婚したことのない人のほうが

多いでしょう。

 

自分を大切にしてくれる人と

つきあうのが大前提です。

 

いくらあなたが彼のことを好きでも

彼が、あなたを傷つけている、

と気づいた時には

その恋は終わりにしてください。

 

あなたは、

あなたを幸せにしてくれる人に

あなたの愛をささげて下さい。

 

自己愛性人格障害の人の被害に

あうような人は

普通の人よりも

深い深い愛を持った人が

多いと思います。

 

そのあなたの思いを

大切にできるような人と

恋愛したら、

それはそれは素敵な恋になるでしょう。

自己愛性人格障害の彼にあなたが認めてもらいたい気持ち

こんばんは♡

今日は、

あなたが自己愛性人格障害の人に

認めてもらいたい気持ちについて

お話ししたいと思います。

 

あなたの彼が、

自己愛性人格障害だった場合、

今まで、

あなたにいろいろなこじつけをして

あなたを悪者にしてきたことと

思います。

 

そこで、あなたは

自分が悪くないことに

なんとなく気づいていても

彼に気に入られたい一心で謝ったり

彼の機嫌を損ねないように

必死で、

彼に気に入られようとしたり、

彼から怒られないよう、

彼の思い通りに動こうとしてきたと

思います。

そこには、あなたの

彼に認めてもらいたい気持ちが

あると思うのです。

 

自己愛性人格障害の人に

気に入られやすい人は

何があっても自分に責任がある、と

思いがちな人や

必死になって相手に合わせることで

相手に認めてもらおうとする人が

多いと思うのですが、

その気持ちの中には、また

自己愛性人格障害の人と同じような、

自己肯定感の低さが原因に

あると思います。

 

そのままの自分では、

相手に認めてもらえるわけがない、と

心の奥で信じていて

必死に努力して相手に合わせることで

彼に認めてもらおうとします。

 

普通の人なら、

そこからあなたを認めて

こんなにも頑張ってくれているんだなと

あなたを大切にするようになるかも

しれません。

 

でも、あなたの彼が

自己愛性人格障害だった場合は

あなたのその気持ちを使って、

あなたが必死で歩み寄ってくることをによって

一気にその気持ちを踏みにじることができます。

 

それによって彼は最高に尊大感な

自分を感じることができます。

 

その満足感のために、

あなたを潰すわけですが、

あなたの心はだんだん

傷ついていきます。

 

それでも、彼は、

自己愛性人格障害という病気の

症状によって

あなたが傷つこうが、自分のことしか考えられないので

あなたを虐待することを

やめようとしません。

 

自己愛性人格障害の彼が、

満足すれば満足するほど、

彼は、味を占めて

あなたを自分に引き寄せ、

あなたが彼を最高の相手だと

思ったところで

一気にどん底まで突き落とします。

 

それを繰り返されたあなたは、

彼が自分を幸せにしているのか、

虐待しているのか

判断ができなくなり、

彼から離れられなくなります。

 

あなたが、彼から

虐待されていることに気づかない

最大の原因は、

あなたの中の自尊心が

非常に低いことです。

 

自分に自信があれば、

嫌なことをされた時点で

彼の異常性に気づき、

彼から離れようとします。

 

でも、あなたは自尊心が

非常に低いので

あなたが何もしていないんだとしても

こんな自分は努力をしないと

彼に認めてもらえないと

心の底で思っていて

必死で彼に合わせて、

自分を認めてもらおうとします。

 

だから気づかないのです。

 

あなたは、もっと自分に自信を持って

自分を大切にしてあげるべきです。

 

そうすれば、自分を虐待するような人から

離れて、

もっとあなたのことを

大切にしてくれる人に

魅力を感じることでしょう。

自己愛性人格障害の彼と別れた後に幸せな未来を創るためには

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の彼と別れた後に

共通の知人への対応について

お話ししたいと思います。

 

あなたの彼が、

自己愛性人格障害だと気付いたあなたは

大変ショックだったと思います。

 

何とか話し合いを重ね、

理解しあえると信じてきたと思います。

でも、自己愛性人格障害の人にとって

その話し合いの場でさえ

あなたに精神的虐待を与える

絶好の場なのです。

 

いかにあなたに反撃をさせて

それをいかにもあなたが悪い

というように仕向け

一気に痛めつけるために

わざわざあなたに反抗させます。

あなたは、

彼に分かってもらいたいがために

話し合いをしようというその行為は、

自己愛性人格障害にとっては

あなたに大打撃を与える

チャンスなのです。

 

だからあなたが、

彼と話し合えば話し合うほど

あなたの精神は崩壊していくのです。

 

できることは

できるだけ話し合いをしないことです。

 

 

それが、自己愛性人格障害の人と

穏やかな関係を保つ秘訣ですが

これでは二人の間には無関心しかなくなり

いっしょにいる意味が

だんだんと無くなっていくでしょう。

 

自己愛性人格障害の人は、

あなたが、何もしなければ

なにもいわない、ということはなく

あなたに反撃してもらわないと

彼は、あなたに怒りをぶつけて

ストレス発散することができません。

だから、あなたを不快にさせ、

あなたが反撃してきたときに

そんなあなたが嫌だから彼が怒る、

という方法をとります。

 

彼は、

あなたが悪いわけではないのに

あなたを悪者にする天才で

自己愛性人格障害には

絶対に勝てません。

 

だから、あなたが

自分の心を守るためには

彼から離れるしかないのです。

 

でも、せっかく別れることができても

共通の知り合いがいる場合は、

別れることが難しくなります。

 

 

ありとあらゆる手を使って

あなたを悪者にし、

彼のほうが被害者だということを

周りに触れ回るのです。

 

彼と別れた後に

共通の知り合いから責められた、という人が

非常に多いですが、あなたがもし

彼のことをまだ好きな場合、

知り合いの言うことを信じて

また彼とコンタクトを取ってしまう可能性が

非常に高いです。

 

自己愛性人格障害とは

あなたを取り戻す能力に長けていて

周りの知り合いを

信じさせることにも、とても慣れていて

絶対に勝てないのす。
 

幼いころから何度もそういったことを

繰り返して生きているので

あなたが少し頭を使ったところで

勝てるわけがないし、

ましてや

あなたの中に彼と別れることに

さみしさや恐怖を感じている場合、

彼や、彼の知り合いの言葉を

簡単に信じてしまうのです。

 

だから、あなたの彼が

自己愛性人格障害だと気付き、

彼と別れる決意をした場合は、

彼の友達や共通の知り合いごと

バッサリと縁を切ってください。

 

それくらいの思い切りがないと

自己愛性人格障害の人に

惑わされてしまいます。

 

あなたの存在が

彼や共通の知り合いに分かるような場所にも

いかないほうがいいでしょう。

 

彼と別れた後は、

完全に新しい世界を

作ったほうがいいのです。

 

そのほうが、

あなたも早く彼を吹っ切ることができます。

 

 

彼と別れて辛いでしょうが、

そばにいたら余計に辛いし、

共通の知り合いから彼の近況などを聞くと

彼のことが気になって仕方ないでしょう

 

だから共通の友達もバッサリと切った後は

あなたの新しい世界を

どんどん作っていってくださいね。

自己愛性人格障害の人は、被害者から何もかもを奪って何もなくなったところで一気に捨てる

こんにちは♡

今日は、被害者を孤立させる、ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害の話って

被害にあった本人にも分かりにくいし、

周りの人からも気づかれにくいです。

 

そして、もしかしたら、

やっている自己愛性人格障害の人本人も

自分が何をしているのか

正確なところは気づいていないのかもしれません。

 

 

しかし、

その脳の構造により

みんな似たようなことをするので

さんざん被害にあった人や、

被害にあった人同士で話をすると

共通の行動があることに気づきます。

 

だから、自己愛性人格障害が

これだけメジャーになってきたのだと思いますが、

昔は、本当に分からなかったでしょう。

 

自己愛性人格障害の特徴の一つとして

被害者を孤立させる、というものがあります。

 

これには、事態が最悪の状態にならないと

分からないので

最後まで自己愛性人格障害の人と

いっしょにいてしまいます。

 

被害者自身が、

自己愛性人格障害の人と

一緒にいようとするので

周りの人が、

彼に説教ばかりされていて、

かわいそうだけど

面倒見てもらっているんだな、と思ってしまいます。

 

仲はいいけど

けんかしているだけなんだな、

ととられてしまいます。

 

そこには、あなたが、

彼のことを信じようとするけなげな気持ちが

あります。

 

どんなにひどいことをされても、

最終的にはあなたのことを思ってやってくれている、

と信じていたいのでしょう。

 

 

でも、残念ながら、

自己愛性人格障害の人は、

本人に自覚があるかどうかは分かりませんが、

あなたが周りから信用を失うように

周りの人があなたを

助けることができないくらいまで追い込んで

あなたに何もなくなったところで

あなたを一気に捨ててしまいます。

 

その時には、あなたは

友達も、仕事も、お金も、助けてくれる人も、

すべて無くしてしまうでしょう。

 

相談者のほとんどが、

相談を聞いているうちに

仕事や家族、友達を失ってから

彼が激化している、あるいは

彼が、激化したことにより、

そのすべてを無くしています。

できるだけ早く、離れてくださいと言っても

ほとんどの人が、

最後まで離れようとしないのです。

 

少しでも、早く離れれば、

1つでも残った状態で別れることができますし、

早い段階で気づいた人は、

何も失わずに彼と別れています。

 

あなたは、あなたが愛する彼から

すべてを奪われ評判を落とされているのです。

 

彼らは何が目的なんでしょう?と

聞かれることもありますが、

自己愛性人格障害の人にとって

目的は、ありません。

 

自分の心の中の恐怖を

取り除こうと必死になっていると

どうしてもそばにいる人を潰して

なにもかも奪うことでしか

勝った、と思えないのです。

 

安心して日常生活を送れないのです。

そして最後には、

彼らにも後悔しか残りません。

 

現に、自分の激化により

彼女と別れてしまった自己愛性人格障害の人も

悩んでTiaraのところまで

相談に来ているのです。

 

でも、それは、本人がなんとなく

自分はおかしい、と気づいても

よほど努力をしないと、

そばにいる人を潰さず、まともにはいられないでしょう。

 

自己愛性人格障害の人は、

その心の中の、自分には価値がない、

と思う強烈な恐怖から、

そばにいる人の笑顔を見るたびに潰し、

そばにいる人に仲のいい人がいれば、

その人との仲を潰し、

そばにいる人の評判が良ければ、

その評判を潰すことによって

毎回、自分のほうが上だ、と常に確認して

生きていないとまともにはいられないのです。

 

だから、あなたがかわいそうだと思ったりしないし、

善悪の区別は、ついていないのです。

 

だから、できるだけ早く気づいて

彼を恨むことなく、

あなたの精神状態とあなたの立場を守るためにも

できるだけ早く逃げてください。

自己愛性人格障害の人がしてきたことは決して許されることではない

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとの

やっていることは、

病気じゃなかったら

とても許されることではない

この世では考えられないほどの

残酷で卑劣なこと、

というお話をしたいと思います。

 

いつもTiaraは、

自己愛性人格障害とは、

しかたのないこと、

というお話をしています。

 

これは、被害にあったひとからすると、

とても納得のできないことだと

思います。

 

でも、自己愛性人格障害は、

性格が形成される幼児期の

非常に大事な時期に、

1人の人間として、

本来あたえてもらえるはずだった

当たり前の愛情を

うけられなかったことによる、

物事の考え方のゆがみで、

本人にはどうすることも

できないことです。

 

それでも、

被害者の方からのコメントを

読めば読むほど、

本当に卑劣で、

苦しい思いをしてきた被害者にとっては

とても残酷につぶされているので、

きれいごとではすまされないほどの

憤りを感じることがあります。

実際Tiaraも、

ここまで自己愛性人格障害のことが

理解できていても、

心のそこから納得しているか、

といえばそうではないです。

 

でも、

恨みに思っていても仕方がないし、

彼にとっては

どうしようもないことだとも思うし、

彼が好きだったことも

幸せだったことも事実なのです。

 

ある程度、年齢を重ね、

離婚をして、それでも前向きに

頑張っていたTiaraに

安定した就職を目の前に、

仕事をうしなうことになり、

実質結婚まで考えて幸せになれると

がんばってきたのに

すべて失いました。

 

しかも再就職のチャンスを

この年まで頑張ってきて

絶望的にに失ったことになります。

 

もちろん、

そんなことをされるような

ひどいことをしてきた覚えはなく、

むしろどれだけ潰されても

彼のいいところを見ようとして、

彼を理解しようとしてきたことが

原因だなんて

とても納得のいくことでは

ありません。

それでも病気だから、

彼は子供の頃に

ひどい思いをしてきたから

仕方がないのです。

 

だからあなたが、

納得できない気持ちも

いたいほどよく分かります。

 

それでも、自己愛性人格障害とは

恨んでもしかたのないこと、

というのは

自己愛性人格障害の彼を

かばっているわけではなく、

あなたのためなのです。

 

中には恨みになって

日常生活を普通に過ごせないほど、

取り乱している人もいます。

 

いわゆる狂気のような状態になって

しまっているひともいるのですが、

それくらいなっても

おかしくないくらいひどいことを

されてきたのでしょう。

 

それでも被害者のほうが

笑われてしまいます。

 

あいつは、頭がおかしいと。

 

でも、自己愛性人格障害のひとのほうが

本当はおかしいのです。

 

そしてそれは、

被害者しか知らないことなのです。

自己愛性人格障害とは、

その特徴により

普段はとても紳士的なので、

彼よりもむしろ、あなたのほうが

よほど悪いのではないか、

とまわりの目からは

映ってしまうのです。

 

それでは、あまりにあなたが

かわいそうすぎます。

 

あまりにもみじめなので、

せめて、あなたを正常な神経に

導くために、

自己愛性人格障害のひとが、

おかしい、ということを

あなたがきちんと理解をすれば、

あなたはだんだんと

冷静になっていくのです。

 

あなたの本来の魅力をとりもどして、

今後輝き続けるためにも、

そんなものには負けないで、

あなた自身が

本当にやりたいことをして

あなたのことを

本当に分かってくれる人に

出会うべきなのです。

自己愛性人格障害とは途中で病気になってしまったわけではない

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の

物覚えについてお話したいと

思います。

 

自己愛性人格障害の人は、

脳は正常です。

 

心の問題だけが分からないのです。

 

分からないといっても

相手がどのように感じているかは

分かります

 

不快な思いをしているのか、

幸せなのか、楽しいのかとか

察知することはできます

 

あなたに不快な思いをさせて

それをみることによって

ああ、よかった。

今、俺はこのひとよりも

優位に立っている

と満足することができるのです。

[ad#co-1]

普通の人は、

わざわざそんなことはしません。

 

したいとも思いません。

 

だってわざわざ、

自分のことを思ってくれている人との

関係性を壊すかもしれない

何もしていない人への嫌がらせ、

なんてするはずもありませんよね。

 

でも、自己愛性人格障害とは、

自分の価値が恐ろしいほどない、

と思っている事への恐怖をもつ病気なので

どうしても、何としても

自尊心を常に上げる行動を

していないと

不安で不安で仕方ないのです。

 

そこが病気なのです。

 

そう思う病気の、なってしまった原因が

両親や身近な人から

極端に粗末に扱われてしまって

著しく自尊心がなくなってしまったか、

もしくは、逆に、

極端に過大評価されるような

環境で育ち、

何をしても許される、

自分は何でもできるという万能感

を持ったまま大人になってしまったかのどちらかと言われています。

 

そのため、正確には

人の気持ちが分からない、

わけではなく

共感能力が著しく欠けていて

ひどいことをしても

平気でいられるような

他者が自分と同じように

苦しんだり悲しんだりする、

ということに対して

全く無関心でいられるのです。

[ad#co-1]

その無関心によって

心を左右されないので、

常に冷静に対処ができます。

 

だから感情に左右されることなく、

しかも脳は正常なので、

仕事や勉強、ルール、

といったことのみに集中できるので

有能になったり、

物事を完ぺきに覚える能力に関しては

普通の人よりも

上なのかもしれません。

 

これは、無関心といったことが、

人の感情を動かす、

といったこと以外には

いいほうに働いた例なのかも

しれません。

 

自己愛性人格障害の人は、

分かってもらおうと話をしたところで

この共感能力が全くないので、

自分の損得でしか物事を考えられません。

 

だから感情に訴えようとしても

無駄なのです。

 

あなたが苦しむのは、

自己愛性人格障害の人の

そういった特徴を

まだ理解していないからです。

 

頭では分かっていたとしても、

どうしても彼に

自分の気持ちを分かって

もらいたいのでしょう。

 

でも、それは無駄なのです。

 

自己愛性人格障害の人は

幼いころの育ち方が原因で

共感力が育っていません。

 

だからいくらあなたが

話をしたところで

話が通じるわけがないのです。

[ad#co-1]

それは、彼のせいでもなく

憎むべきところでもありません。

 

かわいそうですが、

共感力が育たないまま

大人になってしまった

悲しい病気なのです。

 

だからロボットと

同じように機械と同じように扱えば

素晴らしい機能を

発揮してくれるかもしれません。

 

でも、あなたは、

自己愛性人格障害という

病気があることを知らずに

彼に恋してしまったのです。

 

そして、彼もまた、

自己愛性人格障害という病気を知らずに

自分が、普通の人間であることを疑わずに

苦しんで知るのです。

 

恋とは、感情が動くものです。

 

それを全く知らずに恋をしてしまって

自己愛性人格障害という病気を

知った今でも

それでもやっぱりそんなことに

納得できていないから

苦しんでいるだけなのです。

 

自己愛性人格障害とは

もともと正常に育った人間が、

途中で病気になってしまったわけではなく、

そのような性質に育ってしまった人のことを

いうのです。

[ad#co-1]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自己愛性人格障害の人は、不満をためることができる

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は

逃げ場のない人への嫌がらせについて

お話ししたいと思います。

 

あなたの彼と話をしていて

辛い、と思ったことはありませんか?

 

 

自己愛性人格障害の人は、

自分の中に怒りがたまると

自分が怒りをぶつけても大丈夫な

安心して八つ当たりのできるターゲットを

わざわざ呼び出すことがあります。

 

自己愛性人格障害の人は、

普段はとてもそんな風に見えませんが、

自尊心が非常に低く、それがばれて、

周りの人から相手にされなくなることを

極度に恐れています。

 

だから外では紳士的に有能に振舞っていることが

多いのですが、

自己愛性人格障害の人よりも

立場が上の人や、本当に有能で勝ち目のない人、

そして悪く思われたくない環境にいる人たちに

イライラすることがあります。

[ad#co-1]

でも、それをその人の前では一切見せず

その感情を持ち帰ることができるのです。

 

Tiaraは、

付き合い始めてしばらくたったころ

会社や家で彼と普通に過ごしていて

急に彼の態度が冷たくなり、

無視をされたような気になって不安になることがありました。

 

あれ?どうしたの?

と聞いてみてもううん、と特に何も話してくれません。

 

彼がなにもない、と言っているのに

追求することもできず、

たぶん、本当は心の中で納得できていなかったと思うのですが、

「そっか。ならいいんだけど。」と明るく言い、

彼に「お家に帰ったらまた連絡するからね。」

と言われ、「うん。」とお家に帰りました。

 

お家に帰るとそんなことは忘れて

彼からの電話を楽しみにしていました。

[ad#co-1]

家事を一通り終えると、

彼から電話がかかってきます。

 

その頃は、自己愛性人格障害のことについて何も知らないTiaraは

会社であった出来事や

友達の話などをいろいろと

お話ししていました。

 

すると、突然彼の機嫌が悪くなり、

「Tiaraは分かってないね。」と言われるのです。

「何が?」と聞いても何も答えてはくれません。

 

Tiaraにとっては、楽しい会話しかしていないし、

とても彼を怒らせるような内容ではありません。

 

不安になりいろいろ聞いてみるのですが、

「もういいよ。話したくない。

切るね。」と一方的に電話を切られ

何日も無視をされるようなことが何度もなりました。

 

でも、次の日、会社で顔を合わせなければなりません。

 

同僚たちと楽しそうに会話をしながら

仕事をする彼を感じてその場にいなければなりません。

 

辛くて辛くてたまらないのに

普通に仕事をしなければなりません。

 

初めのころは、慣れていなかったので

心臓が張り裂けそうでした。

[ad#co-1]

何もしていないのに辛い思いをして耐えている、

というTiaraを彼は満足そうに

見ていたのです。

 

彼と会社が同じ、という人は

よくこういった嫌がらせをされることが多いかもしれません。

 

「別れる」と言われた場合も、

これがしたいがために言った可能性もあるので、

本当に彼が別れるつもりがあるのかは、分からない、

と思っておいたほうがいいです。

 

会社や学校という場所は

逃げ場がなく、いやでも毎日いかなければならないところなので

自己愛性人格障害の人にとっては

とてもモラハラがやりやすいところなのです。

 

昨日、会社で仕事納めの会があったのですが、

昨日は自己愛性人格障害の人が休みでしたが、

彼の仕事場でのモラハラぶりの話が出ていました。

 

いろんな取引先にターゲットを作って

嫌がらせをしているようです。

 

 

中には、その自己愛性人格障害の人を

担当にしないでほしいという要望もあるほどらしいのです。

 

 

Tiaraは入ったばかりで、

現場でのその人を知らないはずなのに

手に取るようにその人の行動や心情が分かるので

みんなびっくりしていました。

 

 

Tiaraさんなんで分かるんですか?って。

 

自己愛性人格障害という言葉は出しませんでしたが、

自己愛性人格障害の人というのは

どうしてもやってしまうのです。

 

しかも弁が立ち、仕事もできるので

誰も勝てない、といった様子でした。

 

会社にいる自己愛性人格障害の人は、

離婚歴があり、今は一人暮らしなので

ターゲットは会社の関係の人なんですね。

 

 

入った当初は、Tiaraもターゲットにされそうになっていましたが、

彼の嫌がらせに全くこたえていなかったので

今では、ターゲットからは完全に外れています。

 

少し、びくびくしているようにも見えます。

 

自己愛性人格障害とは、

その特徴さえ知れば怖くないのです。

 

でも、Tiaraも今でも、もしターゲットにされてしまえば

怖くて耐える自信はありません。

 

だからはじめから、相手にしない、と心に誓い

それを貫けばいいのです。

 

でも、

もうあなたは分かっているとは思いますが、

決して敵対心は見せてはだめですからね。

[ad#co-1]