バレンタイントラブルをあらかじめ予想しておく

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の彼が

イベントごとの時に

何かもめ事を起こすことについて

心の準備をしておく

ということについて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害のひとの特徴として

イベントごとのときに

トラブルを起こす、というものがあります。

あなたが特定のイベントを

楽しみにしていて、

そのイベントで起こる楽しいことを

いろいろ想像しながら

準備を進めます。

たとえば

もうすぐバレンタインですが、

手作りのチョコレートを用意したり、

下調べした

おいしいチョコレートの店を探して、

買い物に行く日を決めていたり、

ラッピングなどを

工夫しているとします。

ときが一番楽しいし、それによって

彼が喜んでくれる姿を思い浮かべると

ワクワクしますよね。

当日着ていく服や渡す場所など

考えることはいっぱいあります。

そんなときこそ

自己愛性人格障害のひとにとっては

嫌がらせをするチャンスなのです。

バレンタインやクリスマスなどは

年に一度しかない楽しい行事で

それを潰されると、

あなたが悲しくなるのは

当然のように分かります。

だから精神的虐待の計画をたてるのに

非常にたてやすいのです。

こんなこと考える人は

普通はいないでしょう。

Tiaraもこんなこと、

自己愛性人格障害の被害に

あったことのないひとに言うと、

ドン引きされるでしょう。

でも、そう考える方が、

ひねくれている、と思われる

世間の常識を利用するのです。

あなたももちろん、

大好きな彼が、

そんなことするわけない、

と思っているからこそ、

イベント前に喧嘩になったり、

イベント前に別れ話をされる、

というのは

そうとうなショックなのです。。

ずっと前から楽しみにしていた

イベントですよね。。

付き合いだして、はじめての

クリスマスやバレンタインは

ひときわ思い出になるでしょう。

それを

あなたにはそんなつもりがないのに、

あなたが彼を怒らせた、という形で

イベントが台無しになるよう

持っていかれます。

だから、あなたも

そうとうにショックで

なんとかしてわかってもらおうと

彼と話をしようとするのですが

まったく聞いてもらえません。

話し合おうとすればするほど、

あなたが悪者になるのです。

あなたにはそんな気もないので

なんとかわかってもらおうと

するでしょう。

中には、本当に

自分が彼を怒らせたと

思い込んで、

罪悪感に苦しむ人もいます。

自己愛性人格障害のひとは、

あなたを悪者にして

自分は、あなたをこんなにも思っているのに、と言うことで、

あなたに罪悪感をもたせ、

しかも自分は嫌われないですみます。

下手をすれば

つきはなせばつきはなすほど

あなたは彼から

離れられなくなってしまうでしょう。

自己愛性人格障害の攻撃には

心の準備が必要です。

イベント事があるから

なにかしてくるかも、という気持ちで

臨んでみると、

本当に彼が攻撃してきたときに

分かるようになります。

それを繰り返すごとに、

あなたは(やっぱりな)と

思うようになり、

自己愛性人格障害の症状に

納得がいくようになります。

もうすぐバレンタインですが

なにもないかもしれませんが

あったときの心の準備だけは

しておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする