自己愛性人格障害は、自分で誘っておいて置いていくのが好き

こんばんは♡

今日は自己愛性人格障害の人は

自分から誘っておいて、

約束を破ったり、置いていくのが好き、

ということについてお話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人とお付き合いをすると

幸せな時は、今までの彼を全部忘れてしまうくらい

すてきな気分に浸らせてくれます。

 

多趣味で、頭もよく、知的な自己愛性人格障害の人と付き合うと、

自己愛が魅力的過ぎて、もう健常者と付き合う自信がない、という人がいますが、

自己愛性人格障害の人は

すてきな思いをさせてくれれば、させた分だけ

今度は強烈にひどいことをします。

しかもそれは、だんだんひどくなっていき

勢いを増していくので

ほとんどの人が彼といられなくなります。

 

話せば分かってくれる、と未来に希望をえがいているあなたは

究極に恐ろしい思いをすることになるのです。

 

あなたが彼と一緒にいる理由は

彼があんなにもすてきだからですよね?

 

でもあなたが素敵な思いをすればするほど

彼は急に別れ話を何の意味もなく出します。

 

あなたを完全に夢中にさせておいてから

捨てるのです。

 

でも、あなたがいなくなると急に不安になり

彼から連絡が入るのです。

 

そしてそれを何度も何度も繰り返しされます。

 

そしてあなたは精神的に参っていくのです。

 

それでもあなたが強烈に彼から離れたくなるくらいの

とんでもなくひどいことを彼がします。

 

あなたが彼に希望を抱いた分、

よりショックだと思います。

 

なかなか立ち直れない被害者の方も数多く見てきました。

それでも、そんなにも彼のことが好きなはずなのに

最後は、必ず、彼から離れたい!と言って

全力で逃げます。

 

まだ彼が激化していない人は、

本当に彼は自己愛性人格障害なんでしょうか?と聞いてくる被害者の方が

みえますが、あなたが何とも言えない怖さを彼から感じていることが

もうすでに彼が自己愛性人格障害だと物語っているのです。

 

あんなにも知的に見える彼ですが、

実は判断能力がありません

 

それを尊大な自分を見せつけることによって

隠し通しているのです。

 

あなたが感じるその恐怖と疑問、すべてが

自己愛性人格障害の証拠なのです。

 

 

DVなどは、若いころはひどかったりしますが、

その人が自己愛性人格障害でない限り、

暴力は歳とともに治る人がほとんどです。

 

ですが、自己愛性人格障害は、

歳をとるごとに

ひどくなっていくのです。

 

そしてそれを本人も自覚することができず、

激化していきます

最後には判断能力がないことと、自分がそんなひどいことをしてきたことを

認めてしまうと、生きていけないほどのショックが

自己愛性人格障害を苦しめますので

それから逃れるために、

自分はそんなことをしていない、と本気で思い込み

記憶を改ざんしてしまうのです。

 

そして改ざんされた記憶の中では

あなたが完全に悪者になっています

あなたが違うといっても信じてもらえないくらい

自己愛性人格障害の人は

人づきあいがうまく社交的で

誰からも信頼されます。

 

あなたにしか分からないのです。

だからTiaraは、彼が自己愛性人格障害だと気付いた瞬間に

彼から離れることをお勧めするのです。

自己愛性人格障害の彼のそばにいることは、彼のモラハラを激化させてしまう。

こんばんは♡

 

今日は、

全く罪悪感を持たず徹底的に傷つける自己愛性人格障害は、

被害者に壮大な恐怖を与える、ということについて

お話ししたいと思います。

 

あなたは自己愛性人格障害の彼にひどく傷つけられて

それでもその彼といようとすることで

彼の自己愛性人格障害の症状を悪化させていることに

気づいていますか?

 

自己愛性人格障害の人への対応として

基本的なことは、

離れることです。

 

離れるのが嫌で、彼に傷つけられても

一緒にいようとすることは、

自己愛性人格障害の症状が余計にひどくなってしまうのです。

彼は心の奥底に

幼いころ、ありのままの自分を愛してもらうことができず、

努力をして成績を上げたときなど

何か成果を出したときのみ認めてもらえる、

またはどんなに頑張っても認めてもらえないなどの環境に

育ち、尊大な自分を作り上げることの努力をやめることができません。

 

誰かより優位に立ちたいのですが、

それを自分で判断することができないのです。

 

そのため常に強烈に自分を尊大な人間に見せるための努力をし続け

それでも、自分がないために自分が尊大な人間かどうかを

見せつけてくれる相手が必要なのです。

 

それが自己愛性人格障害の彼のそばにいるあなたです。

 

そして自分の価値を自分で認めることができないため

あなたからの称賛を得たときにはじめて高揚するのです。

 

それかそばにいる人を徹底的につぶしたときも

自分のほうが上だと少しだけ高揚感を得ることができます。

 

 

そのためにあなたは絶好の相手なのです。

 

だから自己愛性人格障害の彼を称賛するか彼にっ徹底的につぶされても

なおもついてくるあなたを見たとき

唯一彼が楽になれる瞬間なのです。

 

称賛だけならいくらでもしてあげて下さい。

たぶんあなたも人を褒めることは得意なほうだと思います。

 

でも、彼はそばにいてくれるあなたを徹底的につぶさなければ

心の中の怒りを抑えることができないときもあります。

 

その時、彼から離れていかないあなたは

絶好の彼の虐待相手なのです。

 

そして彼はそのたびに高揚感を感じることができて

あなたを手放せないのです。

 

そして彼の気分によって

徹底的につぶされたり

愛しているよ、よいわれているあなたは訳が分からなくなり

そのうち本当に自分でいろんなことを判断できなくなるのです。

 

だから自己愛性人格障害のそばにいて

何があっても彼が好きだとは言わないでください。

 

そんなことをしたら彼の症状が激化してしまいます。

 

晩年は誰も彼のそばに近づけないほど

ひどくなりますので、

彼のことを想うのなら

彼のそばにいてはいけないのです。

自己愛性人格障害の人は、あなたの一番大切なものをダメにする

こんにちは

 

今日は、自己愛性人格障害の人は、

あなたが一番なくしたくないものを奪う、ということについて

お話したいと思います。

 

まず、Tiaraからなにを奪えば一番こたえるか

彼にはわからなかったかもしれません。

 

Tiaraには持っているものがたくさんあります。

 

一見、シングル子持ちで何も持っていないように見えたのかもしれません。

 

自己愛性人格障害の人は

自分の子供ですら、本当の意味でのかわいさは分かりません。

 

マフィアでも他人は殺しても自分の子供は溺愛する、

ということがあると思いますが、

自己愛性人格障害の人は、他人の気持ちがわかりません。

自己愛性人格障害の人にとって他人とは奥様も子供も入ります。

 

そして奥様でも子供でも利用できるところは利用し、

虐待するときは虐待します。

 

Tiaraは子供を本当に大事にしていたので、

もしかしたら、子供たちの気持ちを自分に向かせ

Tiaraのことを嫌いになるように、仕向けようとしていたかもしれません。

 

でもバツイチで出てきて、一生懸命子供たちのために働くお母さんと子供たちの関係は

引き裂くことはできなかったと思います。

 

 

もっと長い間いたら分かりませんけど、けっこう長い間、

子供たちと力を合わせてやってきていたので

途中から来た彼には

いくら彼が素敵な人でも、

たかだか、5年では難しかったと思います。

 

でも、もし、子供たちが彼の本当の子供だったり、

もっと長い間いた場合は分かりません。

 

子供たちの気持ちをTiaraから取っていたかもしれません。

 

現に子供たちは

とても彼を尊敬していましたし、大好きでしたから。

 

もちろんTiaraも彼になついてほしくて

「いい人だよ」と会わせる前から何度も言っていましたし、

本当にいろんなことができるので

子供たちも尊敬していましたから。

 

例えば、子供でなくても

あなたが、友達が一番大事だとします。

 

友達のことをとても大切にしていることを彼が知ったら

友達は彼に取られてしまうでしょう。

 

もしもあなたにとって仕事が一番大事だったとしたら

あなたが、会社にいられないくらいまでに

追い込みます。

 

実際Tiaraは、会社ではかなり追い込まれました。

今は職も失っています。

 

シングルにとって仕事は、旦那さんがいる人以上に大切です。

 

Tiaraが、路頭に迷うようなことも平気でする、

と予感していました。

 

自己愛性人格障害は

本当に怖いのです。

 

あなたが、一番困るようなことをします。

 

もちろん本人に、そんなつもりはありません。

 

でも、自己愛性人格障害という病気のため

そばにいる人を、徹底的につぶさなければ気が済まないのです。

 

彼はあなたのためにそばにいてくれる人では

ありません。

 

 

あなたが何もかも失って1人になると、

いらなくなって、平気であなたを捨ててしまうでしょう。

モラハラを理解する

こんばんは♡

 

今日は、自己愛性人格障害の

モラハラのやり方と特徴についてお話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人の嫌がらせって

あなたが嫌な思いをしているはずなのに

どうして自分でもしばらく気づかないか分かりますか?

 

それは、普通の人の嫌がらせと違って

自己愛性人格障害の人の嫌がらせには、

本人が明確な悪意を持ってやっているわけではなく、

無自覚のうちにハラスメントをしているからです。

 

イジメや虐待は本来、明確な悪意を持ってやっていることが大前提です。

 

でも、自己愛性人格障害の人は、

他人からは分からない自分の心の弱い部分を全力で守ろうとするために

無意識のうちにしてしまっているから

分からないのです。

無意識で本人にやる気がないから

許されるべきことなのでしょうか?

 

小さな分からない程度の嫌がらせを

毎日少しづつ、何年もやり続けられるほうが、

一度ものすごくひどいことをされるよりも

あなたの心に大きなダメージを与えます。

 

あなたには意味が分からなく、

そしてだんだんと自分に自信を無くしていき

ひどくなると、

彼の前では何をするにもびくびくして心臓がどきどきしてしまったりします。

 

そればかりが、続けば

あなたもモラハラに気づいて、彼のことが怖くなったり、嫌いになったりして

そのうち心が離れていきます。

 

しかし、

今度は、熱烈に愛情表現をされ、

自信を無くしていたあなたは

ほっとしてまた彼に寄り添ってしまうのです。

 

彼が、おかしいことに気づいても

この繰り返しで、何度も彼に寄り添っては

嫌がらせをされ続けると、

今度はあなたのほうが、自分で判断ができなくなり

長い時間をかけて、今度はあなたが病んでいきます。

それがあなたの幸せでしょうか?

いくら彼が魅力的でも、いくら彼に才能があったとしても

あなたの精神を破壊されてしまうのです。

 

しかも本人は無自覚なので、

自分が悪いとは思わず、本当にあなたのことをおかしいと思い出します。

 

 

愛する彼と一緒にいたい気持ちはよくわかります。

Tiaraも彼と離れたくはありませんでした。

 

でも、これほど怖い思いをしたことはありません。

とてもじゃないけど、あれ以上彼と一緒にいることは

どんなに好きでもできませんでした。

 

 

彼と長年付き合っていても、

結婚をしていても、

彼の病気が治ることはほぼないので、

あなたは、精神が崩壊し、病気になってしまうか、

最悪の場合、自殺まで追い込まれます。

 

 

強い精神力をもって

彼に訴えると話し合いは成立せず、彼の怒りを買うことになってしまうので

それこそ怖い思いをします。

 

いずれにしても

彼が自己愛性人格障害だった場合、

あなたの精神は、彼の自覚なしに徹底的につぶされます

 

自己愛性人格障害の本人には

それを止めることができません。

 

助かるためには、被害者のほうから逃げるしか

方法はないんです。

 

そういった意味では

モラハラは、

自覚のあるいじめよりも

もっと怖いものでしょう。

自己愛性人格障害の人の特徴は、被害に合ったことのある人には必ず分かるようになる

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の怖さについて

お話ししようと思います。

 

自己愛性人格障害の人は、

手を出さなくても、言葉だけで、

相手の心臓を止めることができます。

 

これはたとえですが、本当に心臓が止まるくらい

怖いのです。

 

大きい声を出す必要もありません。

怖い顔をする必要もありません。

 

時には、「あなたから離れたくない!」とか

「あなたを愛しているんだ。」

というような一見すると、愛情あふれるような言葉でさえも、

あなたを、恐怖のどん底まで突き落とすことができます。

周りにいる人には絶対に分かりにくい絶対に分からないのです。

 

人は、

本来、めんどくさがる生き物です。

何かを教えてあげようかな?と思っていても、

相手から「分かるからいいよ。」と言われれば、

「あ、分かるんだ。じゃやっといてね。」という具合に

わざわざ説明しなくても相手が分かっているなら、

よかった、と楽なほうに逃げます。

 

人が大変な思いをしていても、関係のない人なら

「かわいそうだな。」とちょっと思う程度で、素通りしてしまいます。

 

街中で知らないカップルがけんかしていようものなら、

よっぽど正義感の強い人なら止めるかもしれませんが、

たいていの人はめんどくさい出来事から逃げようとするのが

普通です。

 

 

だからこんなにもめんどくさい内容の

自己愛性人格障害の人が

分からないのです。

 

普通はそこまで深く考えないので、

大変分かりづらいです。

 

Tiaraは彼のことが大好きだったので、

本当に疑問だらけで、彼のことを深く考えて調べるようになっていったのです。

 

そしてそれを全部彼と照らし合わせていったから

気づいたのです。

よっぽど好きな人でないと

ここまで調べるでもなく、さっさと逃げてしまいます。

 

そして調べて自己愛性人格障害だと理解した後も

もしかしたら、違うかもしれないと、

糸筋の光に願いを込めて、丁寧に彼の言動や

たまにこれは彼の本当に心の中の気持ちだと

思うようなことも言っていたので

より彼の気持ちが分かるようになりました。

 

たぶん彼も、

自分の中の不可解な感情にどこかで疑問は持っていたのだと思います。

 

そういった行動の一つ一つでさえも

自己愛性人格障害の証拠にしかなりませんでした。

 

 

それでも、とても頭よく、一度目にした情報は瞬時に覚えて

そして何をするにも丁寧で早く

仕上がりもきれいなので

どんどん彼に魅了されていきました。

 

それが精神的な異常から来るものだなんて

誰が想像できるでしょう。

 

それでも、単に常識では考えられないほどの

残酷なことを

天使のような顔のままするのです。

 

恐ろしさで背中が凍り付くようなことが

何度もありました。

ただTiaraも自己愛性人格障害のことについて書かれた書籍や

メンタルカウンセラーの講習会に行ったり、

自己愛性人格障害を体験した人のブログなどを読んで

すべてのことがTiaraと彼のことではないかと思うくらい

そっくりでした。

 

だからTiaraのブログを読めば

あなたの彼がもし、自己愛性人格障害ならば

必ずピンと来るはずです。

 

Tiaraの周りには自己愛性人格障害のことについて

知っている人がいなかったので

Tiaraが大げさに言っているように思われたり

被害妄想に見られたりして

とても辛かったです。

 

だから自己愛性人格障害を体験した人が

どんどん情報を与えるべきだと思うし

世間の方もこういったことがあるという事実を知ってほしいのです。

 

 

そうすれば今まで不可解な出来事に苦しんできたあなたも

自分の思ってきたことにすべて納得できるはずです。

 

その不可解な出来事が

自己愛性人格障害という病気の症状だと

気づくことができるでしょう。

モラハラ被害の末はどうなるの?

こんにちは♡

 

今日は、自己愛性人格障害の彼とずっと過ごすと

どんな被害になってしまうのか、ということについてお話ししたいと思います。

ちょっとひどい人も紹介していきますので、

あなたの状況と比べてみてくださいね。

 

 

このサイトを初めて4か月ほど経ちますが、

自己愛性人格障害の彼と別れた人と

今もなお苦しんでいる人と見えますが、

抜けられた明るい報告を聞くと

本当によかったなと思います。

 

抜けるといろいろ分かってくるのですが、

ご自分で「抜けたい!」と思うまでが大変なのです

 

付き合ってきた期間は1年くらいから10年以上と

いろんなタイプの方が見えますが、

やはり気づくのが早ければ早いほど

抜けられるのも早いような気がします。

 

まず症状として気づきにくいので、

なぜか彼といると苦しいのですが、なぜ苦しいのか分からなくて

数年たつまで気づかなかったという人が大勢います。

 

女の子の貴重な若い時間をほとんど彼と一緒にいることで

潰してしまっているのです。

 

彼と一緒にいることで

いつか気持ちを分かってもらうことができて

苦しかったけど、のりこえられてよかったと

いつか、彼と幸せな結婚生活が送れると夢を見てしまった場合、

あまりに理不尽な仕打ちにショックが大きく

リストカットをするようになってしまった方がみえます。

その方はたまたま身内の方が見つけて

大事には至らなかったのですが、

彼のもとに戻りたくて仕方がないそうです。

 

でも彼はとっくに別の女性と結婚をして

その女性も結果的にうつ病にまで追い込まれてしまいました。

 

その彼とお話したことがあるのですが、

罪悪感が全くないのです。

 

むしろ善人のような顔をして奥さんのことを心配しています。

 

またこれは別の方ですが、

子供のいる方で、ご主人のモラハラ行為に数年あっていて

それでも気づいていなくて一生懸命旦那様と

話し合いを重ねていたそうです。

 

いつも旦那様に「お前がそんなだから俺がこんな風に怒らなければいけないんだ。」と言われて、どんなに尽くしても分かってもらえなかったそうです。

 

たまたま夫婦の話し合いを聞いていたお子様に

「ママが悪いからパパが怒らなきゃいけない羽目になるんだ。」と言われてしまい、

そのあと2年ほど精神科に入院してしまったそうです。

 

その間も旦那様は病院に一生懸命通っていて

お子様は男の子なんですが、どんなにかわいがっても

パパにしか懐かなかったそうです。

 

いつも死にたいとしか思えないそうです。

 

また、母子家庭の方で、

子供を1人で育てているときに彼と出会ったそうです。

最初は、本当に子供のことを考えてくれて

いろいろしてくれていたそうなんですが、

だんだん冷たくってきて

子供をバカにしだしたそうです。

 

どれだけやめてと言っても

やめてくれなくて子供のほうが鬱になってしまったそうです。

 

子供のために再婚まで考えていて、

この人となら、と思って付き合い始めたそうですが、

結果的に子供まで鬱になり、

離れたくても離れてくれなくて、何とか逃げたくて

どうしたらいいか悩んでいるそうです。

 

子供まで鬱にしてしてしまったら最悪ですよね。

自分だけでも苦しいのに

結果学校にも行けなくなってその方も

アルバイトで生活を建てているのですが、子供が心配で休みがちになり

お給料が減って、生活さえ苦しくなったそうです。

 

いろんな例を聞いていると

切なくなります。

根本はその人たちの彼に対する愛情を

自己愛性人格障害の彼が、全く大事にしていないのです。

 

そんな風になるとは知らずに

彼に愛をささげ、我慢をして

ののしられているのに怒ることもできない。

 

こんなの嫌ですよね。。

 

あなたの努力が実らないどころか

周りの大切な人まで

潰してしまっています。

 

彼と別れられないと思っている人は

彼といたら幸せになれると思っているのです。

 

初めからこんな風になると分かっていたら

彼とは付き合っていなかったはずです。

 

世間で隠されている裏の本当の事情は、

知るべきなのです。

自己愛性人格障害の突然の別れ話の理由

こんばんは♡

 

今日は、自己愛性人格障害のひとの

嫌がらせを仕掛けてくるそのタイミングとやり方について

お話ししたいと思います。

 

彼が自己愛性人格障害だった場合、

ほとんどの人は、別れ話の頻度と、そのやり方で気づくと思います。

 

別れたりくっついたりを何度かするカップルは、

自己愛性人格障害でなくてもたまにありますし、

そのあと2人とも考え直して、やっぱりやっていきたいと結論を出したとき、

その後は、そんなに簡単に別れ話にはならないと思います。

 

でも、自己愛性人格障害の場合は、それを何度も繰り返すのです。

 

しかも、彼から別れ話を出されるタイミングは

あなたが、彼と最高に幸せなタイミングの時に、突然

「やっぱりあなたとはやっていけない。」などと言われ

納得できないタイミングで繰り返し行われます。

 

普通の人は、別れ話が出るときは、

どちらかが浮気をしていた時、

ケンカが多くなってきたとき、

言い争ってどうしてもお互いの意見に納得できないとき、

などいろいろ理由はあると思うのですが、

例えばどちらか一方だけが心変わりしてしまったときなどは、

言われたほうは納得できませんが、なんとなく相手が別れ話を切り出してきた

理由は分かります。

自己愛性人格障害の人が、別れ話を出してきたとき、

言われたほうは納得できないのです。

 

彼が言ってくる別れの理由も、

なんとなく納得できない理由をつけて

別れよう、などと言ってきます。

 

結論から言わせてもらうと、

理由などどうでもいいのです。

 

とにかく理由をつけ、

あなたが納得できないように、辛くなるように仕向けます

 

それ自体が彼の目的だからです。

 

あなたが嫌だと言い張り、どうして?彼の言うことを聞くから、と

彼に歩み寄りを見せます。

 

それが目的なのです。

それをさらに突き落とします。

 

そしてあなたを悲しませて、別れたくないとも言えない状況まで

追い込んでいきます。

あなたを追い込むことが彼の目的だからです。

 

 

そんな彼の別れ話に

あなたは自分のどこが悪かったのか考える必要はありません。

 

彼が虐待をしていることに気づかなければいけません。

本当にあなたが悪いことをしたときは分かります。

例えばあなたが浮気をしていてばれた場合、

彼が怒って別れ話を切り出してくる可能性はあります。

 

でも、あなたが別れたくないとしても

それはあなたが悪かったと納得できるでしょう?

 

だから普通の別れ話は、辛いでしょうけど、

自己愛性人格障害との別れよりは辛くないはずです。

 

しばらくたてば納得もできて落ち着いてくるでしょう。

 

自己愛性人格障害の彼との別れがこんなにも辛いのは、

それだけ彼のことが好きだからではありません。

 

そもそも別れの理由がこじつけなので

納得できないのです。

 

それをあなたは、ものすごい大恋愛だから

こんなにも彼のことが好きなんだ、と錯覚をするでしょう。

 

あなたの気持ちはこんな風に

ある程度コントロール可能なのです。

 

あなたは、ドン底まで傷つくように

彼に仕組まれているのです。

 

やり方は簡単です。

あなたのやることに何かとケチをつけて

あなたが何もしていないのに、こっぴどくフルだけです。

 

そこにあなたは自分が、辛すぎる理由を

自分の中に探します。

 

こんなにも辛いのは彼のことが好きすぎるからだ、と

自分が辛く苦しい胸の内の理由を

自分が納得できる形で見つけます。

 

でも、それは違います。

苦しみが強すぎるから、彼のことがすごく好きなのではなく

そもそも何もないのに別れ話を突き付けられているから、

あなたの心が納得していないのです。

 

それは、彼が、何もないところに

こじつけの理由をつけてあなたの心がひどく納得できないから

こんなにも苦しいのです。

モラハラの被害者になってしまう人の特徴

こんにちは♡

 

今日は、自己愛性人格障害の人の

ターゲットのなってしまう人の特徴について

お話ししようと思います。

 

自己愛性人格障害の人のターゲットになってしまう人は

共依存症だと言われていることが多いと思いますが、

共依存症とは、相手の気持ちを一番に考え

共感して相手を理解しようとする能力の高い人のことです。

 

Tiaraも共感力に関しては、周りの人に驚かれるほど

強いところがありました。

 

テレビで悲しい事件があったとき一瞬で共感してしまい

泣いてしまうことがあります。

 

音楽を聴いた時も感動して泣いてしまうことがよくあります。

うちは子供が男の子なので、

なんでそんなことくらいで泣くのかびっくりされてしまうことも多々あるのですが、

この前聞いていたら、やっぱりうちの子がかっこいいな、と思って聞いていた

音楽を隣にいた女の子が、泣いていたのでびっくりしたというお話を聞きましたが、

男の子よりも女の子のほうが感動屋さんは多いように思います。

 

これはいいことだと思っていたのですが、

共依存の一種だそうです。

 

冷たい人ほどターゲットにはなりにくいようです。

 

だからと言って冷たくなれ、と言っているわけでは

ありません。

感激屋さんには、人が感じられない感動を味わうことができるとか

芸術的な面では特になることがいっぱいあります。

 

会社の若い子が、研修に行くのにデニムでいく、という話が出たとき

上司が、3時間くらいその話で

いつまででもその男の子にくどくど「俺ならしねえな。」とか

「社会人なんだからたのむおよ~。」とか、まだ、行ったわけでものに

説教がとても長いのです。

 

その子は「はい。はい。」と謙虚に返事をしてうなずいたり、

「じゃどうしたらいいですか?」とか聞いていますが、それにしても長いのです。

 

彼が素直に話を聞くことで、

上司の説教を助長させてしまっています

これが行き過ぎると、モラハラのターゲットとなってしまいます。

 

ただ、Tiaraはこの上司は自己愛性人格障害だとは思いません。

 

会社の中に自己愛性人格障害だと思われる人が他にいて

その人のマネをしているだけだと思ったのです。

 

でもそれをずっと聞いているとその男の子も

だんだん鬱になってくると思います。

 

しかもその研修は明日なのです。

明日の研修に何を着ていくかという話です。

しかも説明書きには「ラフな格好で可」と書いてあったそうです。

 

ひとこと、「そうかいてあってもいちお、デニムはやめておいて。

チノパンくらいにしておいてね」と

これくらいで済む話です。

 

上司も言いたいだけです。

 

しかもその子が出ていったとき

「あ~面白かった。」と上司が言ったのです。

 

こんなに聞く必要はありません。

 

被害者になるタイプはこのようにうざいくらいに

人の話を聞きすぎる傾向があるように思います。

 

そして、今は素直ですが、

こんなことをこの若い子がずっと続けているうちに、

みんなが(彼には言ってもいいんだろう)と思いはじめ、

この若い子には、みんながストレスをぶつけ始めます。

 

やってもいい人

そう認識されてしまうのです。

 

それをずっと続けているうちに

この若い子もだんだんヒステリックになってきます

そのうちちょっとしたことでもキレやすくなってしまって、

被害者から一転、モラハラ体質に育ってしまうかもしれないのです。

別れると言ってきたのに、何度も彼から連絡が来る不思議について

こんばんは♡

 

今日は、自己愛性人格障害の彼から、突然別れを告げられ

それなのに彼から連絡があり、戻ってしまう心理について

お話ししたいと思います。

 

 

これって自己愛性人格障害の彼と付き合ったことのある人は、

ほとんどの人が経験したことがあると思うのですが。。。

 

えっとですね。。

これは、結論から言わせてもらいますと、

自己愛性人格障害の彼は、これをすることをやめることができないのです。

 

彼女がいて、彼女が自分に夢中になってくると浮気。

それをわざわざ、ばれるような行為をして

彼女が気づくと、謝るどころか、別れようというんです。

何のためにこんなことをしているのかというと、

そもそも、自己愛性人格障害の人というのは、

彼女に悲しんでほしいわけです。

 

つなぎとめてほしいから浮気をする、というか。

 

でも彼女がすがり付いてきて「別れたくない。」というと

喜ぶんです。

 

ただし、これは普通の人が喜ぶのとはちょっと違うのです。

 

普通の人は、彼女が自分のことを好きでいてくれたことに対して

喜ぶと思うんですが、自己愛性人格障害の人は、

こんなにもひどいことをしたのに、まだ自分と別れたくないと言ってくれた。

それなら今度はもっと強く虐待してもついてきてくれるよね?

それならどんどん虐待を強めていける。

 

 

こんな風に喜ぶわけです。

 

恐ろしいですよね?

Tiaraにはもはや人間ではないような気さえしてきます。

これは、

幼少期の育ち方で

自尊心が非常に低いために自分を認められず、

自分には価値がないと思ってそれに耐えられないため、

他人を潰してその人より優位な立場に立つことで

ようやく自分を認めることができる、

そんな病気なのです。

 

厳密にいうと、それでも耐えられません。

 

なのでまたすぐに何度も同じことを繰り返してしまうんです。

 

別れ話をした後、もどった、という元さやの話は、

自己愛性人格障害でなくても、

世の中にはいっぱい転がっています。

 

でも、普通の人の元さやとは少し違うのです。

 

普通の人は、どうしても二人の間に壁ができてしまい、

別れることになってしまったが、後悔した。

 

どちらかから復縁の話が出て、やっぱり一緒にいたい二人は元に戻ります。

その覚悟が、自己愛性人格障害の人と全く違うのです。

 

自己愛性人格障害の人は、

それをいとも簡単に理由なく何度もやります

 

浮気もむしろ、その女の子のことが好きになってしまって浮気してしまった、

というのとはちょっと違っていて、

わざわざ彼女を傷つけるために、

新しい女の子の存在を気づかせるのです。

 

そしてその行為をやめることができないのです。

 

自己愛性人格障害とは、そもそもそういう病気の人です。

 

それを彼を忘れられないと、言っていたら、

あなたの精神状態は壊れてしまいます

 

まず、あなたが見ていた彼は、

いないのです。

 

それは、自己愛性人格障害の人が作り出した

自分が思う最高に尊大な存在なのです。

 

その自分を保つために

あなたは虐待されるために彼のそばに置かれた、いわゆるいけにえのようなものです。

みんな気づいていない。自己愛性人格障害の人の穏やかな話し方の秘密

こんにちは♡

今日は、

自己愛性人格障害の人の会話の特徴について

お話しようと思います。

 

今まで、自己愛性人格障害の人の魅力や

彼からのマインドコントロールによって

あなたが、だんだんと、彼寄りの考え方をしていくようになる過程を

お話してきました。

 

自己愛性人格障害の特徴がわかると

いままで何気なく聞いていた会話も気になる部分がいくつかあります。

 

今もTiaraの周りには数名の自己愛性人格障害の方が

みえますが、

彼らが周りにいるときと、いないときの

自己愛性人格障害の人の取り巻きになっている人以外の

みんなの緊張具合が違うこと気づきます。

(取り巻きになっている人は

自己愛性人格障害の人と楽しくおしゃべりをしています。)

 

明らかに、自己愛性人格障害の人がいないときのほうが、

みんなリラックスしているのです。

もしかしたら、自己愛性人格障害の人のことが

好きでなければ、何らかの雰囲気を感じ取っているのではないかと

考えています。

 

 

では、会話の特徴について

お話していきます。

 

結構、これは常になのですが、

聞いていると、会話の内容は、人のことが多いような感じがします。

 

たとえば、

人のことを、嫌味なく、面白おかしくディスっています

 

「あのねえ、あの人、こんなところがダメだよね~。

笑えるでしょ?」くすくす。。。とか。

 

そして、言った後に「でしょ?笑っちゃうよね~。」などと言って

同意を求めてきます。

そして、

「いいよ~。僕が直しておいたから。(人がよさそうに)。」といい、

自分がその人の失敗を修正しておいたことをアピールします。

 

そして言われた人は、

「ほんと?直してくれたの?ありがとう。助かるよ。」といって

自己愛性人格障害の人に感謝しています。

 

 

自己愛性人格障害の人は、

「いいよ~。お安いごようだよ~。」と笑っています。

 

その二人の間に穏やかな空気が流れています。

 

そしてその後、その話のネタになっている人が

帰ってくると、取り巻きの人は

その人に冷たくなっていたり、

ちょっといらっとした口調で

「ここ間違ってたよ!」と注意しているのです。

 

自己愛性人格障害の人は、話し方が穏やかだから

他人を落とし入れていることに気づかれにくいのです。

 

そして話しかけられている人にとっては

自己愛性人格障害の人のその行動は、何の害もない。

むしろ、ちょっとした共感もあって楽しくさえ感じます。

自己愛性人格障害は、

被害者をおとしいれるとき、

このようなやり方を使うのです。

 

特にこういうやり方を使って上司になつくので

上司は、自己愛性人格障害の人がかわいくも思えるし、

人のミスを教えてくれるし、

やり直しておいてくれる自己愛性人格障害の人に

仕事を任せられる、と言う信頼感も増すでしょう。

 

これが自己愛性人格障害の人が、

ターゲットだけを落とし入れて、

自分は、上司に気に入られる秘密だと言えます。

 

自己愛性人格障害の人は、

みんな同じやり方をしています

 

これが、自己愛性人格障害の人とうまくやれる人と

落とし入れられる立場に立つ人とが、分かれる秘密です。

 

気に入られている人も、気づきにくいですが、

自己愛性人格障害の人に

コントロールされています。

 

自己愛性人格障害の人に

共感するようにコントロールされているのです。

 

それが数人いる場合、

取り巻きのような感じになっていきます。

これを1人の人に徹底的に何度もやる場合もあれば、

いろんな人にちょこちょこやる場合もあります。

 

言うときはいつも笑顔です。

ちょっといたずらっぽくもかわいらしくもあります。(敵対心がないのです。)

 

これは話をされている方も仲良くしているように見えますが、

実は、取り込まれる形でターゲットになっています。

 

言われるほうのターゲットはなんとなくいやな感じもするので、

なんとなく自分が攻撃を受けていると気づくのですが、

取り込まれる側のターゲットは

自分も気分がいいので気づきにくいのです。

 

人によっては一緒になって面白おかしく言う人もいます。

 

でも、、取り込まれている側も、

いつでも、攻撃のターゲットに変わってもおかしくないのです。

 

それは、自己愛性人格障害の人の気分によって

変わります。

 

自己愛性人格障害の人が、

自分以外をよく思ってもらいたくない場合も

自分が悪く思われない程度に

周りの人のことをディスり、彼以外の人たちに魅力を感じないように

取り込まれていたかもしれません

 

もしかしたら、

このやり方で取り込まれたのが、

あなただったかもしれないのです。