自己愛性人格障害のひとは夢をみせるだけ見せておいてすべてのものをぶち壊す

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は

夢をみせるだけ見せておいて

すべてのものをぶち壊す、

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

 

自己愛性人格障害のひととの恋愛は

大変ロマンチックなものになります。

 

ほんとに素敵で

ワンシーン、ワンシーンが

ドラマのようです。

 

だから、自己愛性人格障害の彼を

忘れられない、というひとが

多いのですが、

だからこそ残酷なのです。

 

 

彼との将来を夢見ていたひとも

多いでしょうし、

まさか自分が精神的虐待をされていて

そのことによって

彼が高揚していたことに

ショックを隠せません。

 

ですが、自己愛性人格障害の

その自尊心の低さのために、

無意識にしてしまう行為なので、

知れば知るほど、

責めることができず、

でも自分がぼろ雑巾のように

扱われていたことが

信じられません。

自己愛性人格障害の彼に

ついていけば大丈夫だと思い、

安心してついていった結果が、

このような結果をまねくのです。

 

女の子は、

ロマンチックなものに弱く、

また残念なことに世の中の男性が

自己愛性人格障害のひとほど、

女の子を

上手に扱うことができないので

自己愛性人格障害の彼が

とても魅力的に見えてしまいます。

 

でも、無意識とはいえ、

彼のしたことは、

あなたを虐げるために

餌を目の前にぶら下げて釣り、

そして、あなたが喜んで食いついたところへ

ナイフでズタズタに

心を切り裂いていくのです。

気がついたときには

あなたの大切なものは

すべて手放さなくては

ならないような状況まできていて

彼と別れるだけでなく、

それ以外のあなたの大切なものを

自ら手放さなければ

この地獄から逃れることは

できないのです。

 

Tiaraにとっては

それが仕事でした。

 

職場を追いやられるひとは

大変多く、その他にも、

家庭や大切な友達、

そして、自分の居場所を

すべて自分から手放さなければ、

彼から離れることはできないのです。

 

そして、彼のそばにいれば

どんどんみじめな立場に

追いやられていきます。

 

そして、そんなあなたの姿をみて

彼は

イキイキと、し出すのです。

 

あなたがみじめな思いを

すればするほど、

彼は高揚していき、

周りを味方につけていきます。

 

被害者にとって

こんなに恐ろしい病気はありません。

 

彼との思い出も、

大切なものですが、

あなたを守ることができるのは

自分の判断でしかないのです。

 

自己愛性人格障害の怖さに気づいたら

このことを自分に言い聞かせて、

あなたの心が壊れる前に

一日も早く逃げてください。

バレンタイントラブルをあらかじめ予想しておく

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の彼が

イベントごとの時に

何かもめ事を起こすことについて

心の準備をしておく

ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとの特徴として

イベントごとのときに

トラブルを起こす、というものがあります。

 

あなたが特定のイベントを

楽しみにしていて、

そのイベントで起こる楽しいことを

いろいろ想像しながら

準備を進めます。

 

たとえば

もうすぐバレンタインですが、

手作りのチョコレートを用意したり、

下調べした

おいしいチョコレートの店を探して、

買い物に行く日を決めていたり、

ラッピングなどを

工夫しているとします。

ときが一番楽しいし、それによって

彼が喜んでくれる姿を思い浮かべると

ワクワクしますよね。

 

当日着ていく服や渡す場所など

考えることはいっぱいあります。

 

そんなときこそ

自己愛性人格障害のひとにとっては

嫌がらせをするチャンスなのです。

 

バレンタインやクリスマスなどは

年に一度しかない楽しい行事で

それを潰されると、

あなたが悲しくなるのは

当然のように分かります。

 

だから精神的虐待の計画をたてるのに

非常にたてやすいのです。

 

こんなこと考える人は

普通はいないでしょう。

 

Tiaraもこんなこと、

自己愛性人格障害の被害に

あったことのないひとに言うと、

ドン引きされるでしょう。

 

でも、そう考える方が、

ひねくれている、と思われる

世間の常識を利用するのです。

 

あなたももちろん、

大好きな彼が、

そんなことするわけない、

と思っているからこそ、

イベント前に喧嘩になったり、

イベント前に別れ話をされる、

というのは

そうとうなショックなのです。。

 

ずっと前から楽しみにしていた

イベントですよね。。

 

付き合いだして、はじめての

クリスマスやバレンタインは

ひときわ思い出になるでしょう。

 

それを

あなたにはそんなつもりがないのに、

あなたが彼を怒らせた、という形で

イベントが台無しになるよう

持っていかれます。

だから、あなたも

そうとうにショックで

なんとかしてわかってもらおうと

彼と話をしようとするのですが

まったく聞いてもらえません。

 

話し合おうとすればするほど、

あなたが悪者になるのです。

 

あなたにはそんな気もないので

なんとかわかってもらおうと

するでしょう。

 

中には、本当に

自分が彼を怒らせたと

思い込んで、

罪悪感に苦しむ人もいます。

 

 

自己愛性人格障害のひとは、

あなたを悪者にして

自分は、あなたをこんなにも思っているのに、と言うことで、

あなたに罪悪感をもたせ、

しかも自分は嫌われないですみます。

 

下手をすれば

つきはなせばつきはなすほど

あなたは彼から

離れられなくなってしまうでしょう。

 

 

自己愛性人格障害の攻撃には

心の準備が必要です。

 

イベント事があるから

なにかしてくるかも、という気持ちで

臨んでみると、

本当に彼が攻撃してきたときに

分かるようになります。

 

 

それを繰り返すごとに、

あなたは(やっぱりな)と

思うようになり、

自己愛性人格障害の症状に

納得がいくようになります。

 

もうすぐバレンタインですが

なにもないかもしれませんが

あったときの心の準備だけは

しておきましょう。

自己愛性人格障害の人のモラハラ行為をする原因とは?

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人が

モラハラ行為をする原因について

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害の人に

モラハラを受けている人にとって

どうして

あなたが自己愛性人格障害の人から

モラハラを受けることになるのか

その原因について

すごく知りたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害の人も

初めからあなたにモラハラ行為をしようと思って

近づいてきたわけでは

ありません。

自己愛性人格障害の人も

初めは普通の人と同じように

あなたどこかに

何らかの魅力を感じて近づいてきたのです。

 

 

付き合い始めのころは、

あなたも自己愛性人格障害の人も

二人でいることが楽しくて

仕方ないでしょう。

 

 

ほとんどの被害者の人が言いますが

付き合い始めのころは

本当に楽しくて優しくしてくれたと言います。

 

それだけでなく

モラハラ行為をしだしてからも

ふだんはとても穏やかで優しい人だと言いう人が

ほとんどです。

 

だから、あなたの彼が

自己愛性人格障害だと気付いても

なかなか別れられないのだと思います。

 

その優しい彼に戻ってほしい、

あなたの行動次第で

彼のモラハラ行為を

押さえることができるのではないかと

考える人がほとんどです。

 

でも、自己愛性人格障害の人は

人には、拒否をしたり見捨てたりすることを

しますが、自分が嫌われることに関しては

驚くほどの恐怖心をいだいています。

 

だから普段は

尊大な自分を魅せ続けていなければ

不安で、人から称賛されると

自己愛が満たされてリラックスできて

いるのでしょう。

 

自己愛性人格障害の人が

モラハラ行為を徐々にするようになっていくのは

ズバリあなたが彼のモラハラ行為を

徐々に許していくことを

強めていってしまっているから

モラハラ行為をされるようになるのです。

 

自己愛性人格障害の人の

被害にあっても逃げていかない人の多くは

共依存症と呼ばれていて

被害にあう人も

自尊心が非常に低い人が多いです。

 

そして心のどこかで

自分には価値がない、と思っているので

自分と一緒にいてくれるだけで

相手に対して感謝しています。

 

そして彼の言うことを全力で聞くことによって

自分のことを認めてもらおうとします。

 

自己愛性人格障害の人も

その病気の症状によって

どうしてもイライラしたときに

あなたにぶつけてしまうことが出てきます。

 

その時にあなたが

あなたに何の落ち度がないとしても

ま、いっか、と彼を許してしまうと

彼のほうが、あれ?

許してくれるんだ、とうれしくなってしまいます。

 

そして無意識のうちに

あなたに当たってもいいんだ、と

思うようになります。

 

意外に思われるかもしれませんが、

自己愛性人格障害の人は、

モラハラ行為を絶対に受け付けない人には

モラハラ行為をすることができません。

 

それどころか、

モラハラをしたいとも思わないのです。

 

自己愛性人格障害の人は

ふだんはそんな風に見えませんが

基本的にものすごく臆病です。

 

 

自分がひどい人間に見えることは

極力避けたいと思っています。

だから被害者が

モラハラ行為を受けたときに

何をするの?!こんなひどいことするなんて信じられない!

みたいな顔をすると

あ、ごめん、となります。

 

でも相手がとてもやさしくて

寛大だと、イライラすることもあるよね、

あたっっちゃったんだね。。

と自己愛性人格障害の人のする嫌がらせ行為に

ひどく寛大です。

 

すると、あれ?いいの?という気になって

じゃもう少し、と意識する間もないくらいに

しばらくすると

モラハラ行為を前よりももう少し

強めてきます。

 

 

そうやってやってみては

あなたが許すたびに

少しづつ、モラハラ行為だ

だんだん強くなり、

勢いが強くなり、回数が少しづつ増え

モラハラ行為とモラハラ行為の

間の時間も少しづつ短くなっていきます。

 

もし、あなたが今、

自己愛性人格障害の彼に

常に嫌がらせ行為をされていて

彼とあなたの関係が

完全に服従関係にある場合

それまでにあなたが彼のモラハラ行為を

許してきているはずです。

 

相手が自己愛性人格障害でも

あなたが許していなければ

そこまでひどくなっていないはずです。

 

つまり、

自己愛性人格障害の人がするモラハラ行為とは

あなたがゆるしてきてしまったから

強くなってしまったのです。

 

あなたが共依存体質だった場合

その自信のなさから

自己愛性人格障害の人の

モラハラ行為が進んでしまうのです。

 

だから自己愛性人格障害の人の

モラハラ行為を受けては

絶対にいけません。

 

自己愛性人格障害の人も

初めからそんなことをするつもりではなかったのに

二人の関係性から

だんだんにお互いに

あなたは自己愛性人格障害の人の攻撃を許し、

それにつられて徐々に

自己愛性人格障害の人のモラハラ行為が

強まってしまったのです。

自己愛性人格障害の彼と付き合ってはいけない

こんばんは♡

今日は

自己愛性人格障害の彼と付き合ってはいけない、

ということについて

お話ししたいと思います。

 

ちょっと直接的なタイトルだったかもしれませんが、

いまのTiaraには

自己愛性人格障害の人の考え方が分かるので

自己愛性人格障害の人と付き合ってはいけない、

とあなたに分かってもらいたいです。

 

自己愛性人格障害とは精神的な病気で

はた目には普通の人よりも

しっかりした人に見える人が

実は自尊心が病的に低く

極度のやきもちでそばにいる人を

徹底的につぶしていってしまう病気です。

 

しかも本人も

何の自覚もなしにやってしまうので

そばにいることがとても危険なのです。

 

危険と言っても手を出すわけではありません。

 

いろいろな被害者の方と

お話をさせていただきますと

中には手を出す自己愛性人格障害の人もいるみたいですが

基本的には

はたから見て

自分が明らかに悪く見えるようなことは

しないので、自己愛性人格障害の中でも

手を出すようにまでなってしまった人は

ごくまれでしょう。

 

でも、そのはたから見て

分からないところがまさに怖いところなのです。

 

ターゲットにされた人には

とことん自尊心を潰すようなひどいことを言ったり

その存在を無視したり

周りからの評判まで落とすようなことまでします。

 

それなのに自己愛性人格障害の人は

頭がよくて頼りがいがあり

仕事もできるコミュニケーションをとることが

得意な人が多いのです。

 

多くの場合、

被害者の居場所まで無くしてしまい

被害者は会社を辞めたり

離婚したり、完全に孤立させられてから

捨てられたりします。

本当に残酷なのですが

そうは見えないのです。

 

だからあなたの彼が

自己愛性人格障害だと気付いた人には

別れることをお勧めしています。

 

でも、被害者のほとんどは

彼と別れることが辛くて辛くて

たまらないのです。

 

そして彼のそばにいると

その大好きな彼からあなたの存在価値を潰されてしまいます。

 

だからもし、

あなたが自己愛性人格障害の人に

ターゲットにされてしまったと気付いたら

その場所も人間関係もあきらめて

違う場所で生きることをするしかないのです。

 

初めは辛いかもしれません。

 

 

でもそばに自己愛性人格障害の人がいては

あなたは確実に人生を

潰されてしまいます。

 

自己愛性人格障害は

歳をとるほど治りにくく

もしまだ20代までに気づいたとしたら

自己愛性人格障害の人本人の努力で

治ることもあると思います。

 

でも、そこにたどり着くには

周りの人でなく自己愛性人格障害の人本人が

どうしても治したい、と思わなければ

治りません。

 

自己愛性人格障害の人は

独自の考え方を持っていて

ほかの人の話を聞くことは

プライドがどうしても許しません。

 

だから話にならないのです。

 

もし、本人が治したいと言わないのなら

あなたからそっと離れることを

お勧めします。

 

あなたの彼が自己愛性人格障害だった場合、

あなたが彼のターゲットになってしまうのです。

自分の言ったことをすぐに撤回する自己愛性人格障害

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の

落ち着いている時期と

モラハラ期の時期の違いがある、

ということについて

お話ししたいと思います。

 

今、自己愛性人格障害の彼と

付き合っている人は

比較的落ち着いている時期なんじゃないかなと

思います。

 

自己愛性人格障害の相談も

今は、比較的落ち着いています。

 

 

自己愛性人格障害の人は

なぜか嫌がらせをする時期に

イベントごとの時期という共通点が

あるようです。

 

Tiaraの元彼も

なぜか、トラブルになるのは

イベントごとの前でした。。。

 

 

それまでは

普通に平和な時が流れていて

もうすぐゴールデンウィークだとか

もうすぐどちらかの誕生日

(Tiaraの場合は、自分の誕生日というよりは

彼の誕生日の前後は

必ず別れ話になっていたような気がします。)、

もうすぐお正月休みや休み中など

楽しみにしているイベントごとの

前後に、必ずトラブルが起きていました。

 

自己愛性人格障害の彼の前で

楽しみにしているところを

見せてしまうからでしょうか?

 

それともお休み中で、

いっしょにいる時間が長いため

彼を怒らせてしまうからでしょうか?

 

それは分かりませんが、

いつも楽しみにしていたイベントごとは

台無しになっていました。

 

彼の手紙が残っていたので

読み返してみました。

 

自分から好きだと言っておきながら

別れるという訳の分からない内容でした。

 

俺は、

今までTiaraが付き合ったどの恋人とも違う、

俺はTiaraをとても大事にするよ、

絶対に悲しい思いをさせたりしない、

と書いてありました。

 

そして自分から熱烈な言葉で

口説いておきながら、

生まれて初めて後悔をした、

と書いてあります。

 

Tiaraのために俺と付き合うのは

良くない、

俺はTiaraのことは好きだけど

無理をして言います。

別れましょう。と。

 

なぜ無理をする必要があるのかは

書いてありません。

 

どういうことですか?とお思いでしょうが

自己愛性人格障害の彼は

こういうやり方をします。

まるでドラマのように

自分が彼女のためによくないから別れると。

 

別れる理由、彼があなたにとって

明確に悪い理由が書いてあるなら

納得もできます。

 

でも、納得にできる理由は

どこを探しても書いてありません。

 

付き合い始めて

そんなにたっていないうちは、

あなたもよく考えて!と

もう一度話し合おうよというでしょう。

 

でも、これが意味もなく

5年も10年も繰り返されたら?

 

ただ、あなたが納得できない理由を

なんでもいいから作り

本当に別れる気にさせないまま、

別れると告げるという

残酷な方法を取り

彼女に執着させて捨てる、という

意味の分からないことを繰り返し、

彼女の精神状態を

壊していくのです。

 

 

その壊し方には

彼女が自分のことを好きだという

自己愛性人格障害が

とても満足する部分を残してあります。


>
 

そこが残酷なのです。

 

本当に二人のことを思って

別れるのなら、明確な別れる理由があるはずです。

 

それなら二人でよく考えて

納得できる別れなら

辛くても

納得できているので

きちんと別れることができるのです。

 

でも、明確な理由がなく

しかもあなたを悪者にするので

あなたが治せば

彼といられるかもしれない

というかすかな希望を抱かせる理由をつけて

無意味にあなたに

彼といるための努力をさせるのです。

 

彼の目的は

自分の自尊心を保つためと

あなたの精神を、

あなたが彼のことを好きだという気持ちを保ったまま

潰すことです。

 

そこに愛はありません。

 

彼の自分に対する

強烈な自己愛だけです。

 

 

それを保つために

あなたは存在するのです。

 

そんなことのためにあなたは

自分の心を潰されてもいいですか?

 

自己愛性人格障害の彼が

本当に満足することは

難しいのかもしれません。

自己愛性人格障害の人を恨んではいけない理由

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は

初めから計画しているわけではない、

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害の彼が、

あなたに近づいてきて

嵐のように素敵な思いを経験させてくれて

恋に落ちてから、

しばらくは幸せが続くと思います。

 

しばらくたつと、なぜかふとしたことで

違和感を感じるようになり、

あれ?おかしいな、と

思うことが増えていったと思います。

 

そのうちに突然彼が怒りだし、

あなたは、大好きな彼から嫌われたくなくて

理不尽な思いをしながらも

彼の言いなりになり

彼を待ち続けてしまったり

言いたいことを我慢するようになります。

 

これが何度も続くと

さすがにおかしいなと思うようになり

彼の症状を検索したりしているうちに

自己愛性人格障害という言葉にぶち当たります。

 

調べていくうちに

こちらのサイトにたどり着いた人が

ほとんどです。

 

彼が、自己愛性人格障害だと気付いても

治るのではないか、という希望を失いたくなくて

もがいているうちに

彼が激化し、辛くて辛くて一緒にいられなくなります。

 

もしくは、彼のほうが爆発して

二人の関係が終わってしまうこともあります。

 

でも、自己愛性人格障害の人は

これを計画的にしているわけではありません。

 

彼に中の極端な不安や怒りが

だんだんにそばにいる人を

壊していってしまうのです。

 

 

Tiaraも元彼といた頃は、はじめは本当に幸せで

こんなにいい人はいない、とずっと思ってきましたが

最後には怖くて怖くて

好きなのにそばにとてもじゃないけど

居られないような感じになってきました。

 

Tiaraの怖さは

自分がつぶされる怖さ(会社を辞めさせられる)と

Tiaraの心が壊される恐怖に

これは好きでも離れたほうがいいと判断しました。

今までTiaraのブログを読んでくれたあなたは

分かると思います。

 

街中で一人でしゃべりながら

怒っているような人を

見かけたことはありませんか?

 

正直、そばに寄るのがちょっと怖いな、と思うような人。

 

ああいう人って、

Tiaraの勝手な感想ですけど

自己愛性人格障害の人に

潰され続けて、おかしくなってしまった人

なのではないかと思います。

 

自己愛性人格障害の人に

何度も何度も理不尽に潰され続けて

もう立ち直れないほど悔しい思いをした人が

恨みとなって、ああなってしまった気がするんですよね。

 

元は、優しくて

自分のことは置いておいて

他人のことばかり

親身になって考えるような人

だったのではないかと思います。

 

まあ、それは分かりませんけどね。

 

とにかく

自己愛性人格障害の人のそばにずっといると

あなたが病気になってしまうか、

ひどい場合には自殺してしまう人もいるほどです。

 

それくらい悪者にされて居場所まで

奪われてしまうのです。

やっていることは

本当にひどいのですが、

自己愛性人格障害の人も

心の中は強烈な恐怖心から

人を潰してしまうのです。

 

でも、それが
自己愛性人格障害という病気のせいで

本人にはいっさい計画的にやっているわけではなく、

なんとなくいっしょに過ごしている時間が長くなると

だんだんにそうなってしまうのです。

 

 

本人にやる気がない、というのも

また切ない話です。

 

被害者は、

だれを恨んだらいいのでしょうか?

 

Tiaraはいつも、

自己愛性人格障害の人を恨んではいけません。

と言っています。

 

それはもちろん

Tiaraの大好気だった彼のことを

悪く言いたくない、とか

悪く思ってほしくない、という気持ちも少しは

あると思うんですが、

大部分は、被害者の人が

自分らしさを失ってしまうのが怖いからです。

 

あなたのせいではないことで

自己愛性人格障害の彼に

潰されてしまったと思いますので

気持ちは分からなくもないのですが、

そもそも病気が生み出したことで

あなたのせいではありません。

 

あなたが彼を恨みに思ってしまうことで

あなたまで醜くなってしまうのです。

 

だから、あなたには

冷静でいてほしいです。

 

自己愛性人格障害の症状を理解し、

仕方のないことだった、と認識してください。

 

あなたが、嫉妬や悔しさや

何とも言えないみじめな思いをする必要がないのです。

 

あなたがもし彼を恨んでしまったら

あなたのほうが悪く見えます。

それは自己愛性人格障害の人が

周りを操作しているせいもあるのですが、

あなたが恨んでしまうと

本当だと思われてしまいます。

 

だからあなたは冷静に判断してください。

 

あなたが恨む必要はないのです。

 

恨むのではなく、

自己愛性人格障害は

そういった精神に全く余裕のない

精神病なのです。

 

あなたがあなたらしくいるためにも

自己愛性人格障害の人を

恨むのはやめましょう。

あなたは自分を大事にしていますか?

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は

ぜんぜんたいしたことでないことを

まるで重大なことのように言える、

ということについてお話したいと思います。

 

彼が自己愛性人格障害だということに

なんとなく気づいていても

いまいち納得できない人は多いと思います。

 

Tiaraも、彼の行動がおかしいことに

明確に気づいているにもかかわらず、

とても記憶力がよく、

人にものを伝えるときにも

的確に分かりやすく伝えられる彼が

病気だとはとても思えませんでした。

 

それに何より、

Tiaraのことを大好きだといつも言っていて

たくさん愛情表現をしてくれる彼に

とてもそんなことができるのか

どうしても納得できなかったのです。

だから、どうしても納得できなくて

手探りで

彼が病気ではなく、

Tiaraが理解できないだけで、

Tiaraのほうに責任があるのではないかと

ずっと考えていました。

 

自己愛性人格障害の被害にあうような人は

何でも自分に原因がある、

と考えてしまうから分からなくなるのです。

 

彼が普通の人ならそれでいいです。

自分の悪いところを振り返り

それを反省してあやまる。

 

あなたに悪いところがあるから

彼が怒ったのです。

 

あなたが自分の悪いところに気づくと

分かってくれたんだね、と

彼は喜んでくれるでしょう。

 

でも、自己愛性人格障害の人は

違います。

 

そもそも過失のないあなたを

悪者にしようとこじつけています。

 

自己愛性人格障害の人にとって

自分がわるく思われることは致命的なのです。

 

 

だから、あなたに悪いところがあり、

温和な彼もさすがに怒る。

 

これが、彼の目指すところなので

あなたに悪いところがないと困ります。

 

そうでないと、彼の自由に

あなたに怒りをぶつけることができません。

 

だからあなたが悪いということを

あなたにも周りにも

認めてもらう必要があるのです。

だから、世の中の常識を使い、

あなたが悪い、という理由を

もっともらしい理論をつけて

並べ立てます。

 

そこで、あなたが反省してしまっては

彼の思い通りなのです。

 

よく考えてみてください。

 

自己愛性人格障害の人の怒りは

それは赤でも黄色でもいいところを

「どう考えても赤だろ!

常識だろ!考えたら分かるだろ!」という言い方をします。

 

自己愛性人格障害の人でも性格がありますから

もっと優しい言い方をするかもしれません。

 

「どう考えても赤でしょ?

考えたら分かるよね?

どうしてわからないの?」

 

言い方は関係ありません。

 

もっと客観的に彼を見てください。

 

彼の言っていることは本当にあっていますか?

 

たとえあっているとしても

そこまで怒られるようなことを

あなたはしましたか?

 

彼の言っていることは重要ではありません。

 

なぜなら彼は

どんなに小さなことでも拾い出して

あなたが悪いように仕向けます。

 

それは彼でもするようなことです。

 

でも、彼は自分が同じことをしたときは

「間違えちゃった。」と軽くすませるのです。

 

でも、あなたが同じことをしても

彼の怒りをぶつけたいタイミングでしたときは

理論的に

いかにあなたがいけないことをしたかを

突き付けます。

 

自己愛性人格障害は

あなたを責めるときに本当のことを使います。

 

例えば遅い、とか

今はそれをしてほしくなかった、など。

 

あいまいな

どうとでもとれるようなことを

使います。

 

あなたのしたことは、どんなに小さなことでも

とんでもなく、ひどいことをしたように

大きくされ、

彼がしたひどいことは

どんなにひどいことをしても

そんなこと、してもいないような顔をされるのです。

 

だから分からないのです。

 

 

でも、彼が、同じことをしても

あなたは優しいので

ま、いっか、

とそんなことは気にもとめません。

 

だから彼のしたことは

だんだんと普通に、

簡単に許されるようになってしまうのです。

 

そしてそれが

たとえどんなにあなたを傷つけようと

それはあなたが我慢するのが

当たり前になっていきます。

 

あなたがそれで怒れば

あなたのほうが悪者になってしまうのです。

 

そしてだんだんとあなたは

彼に何も言えなくなっていきます。

 

そしてそれはだんだんと当たり前になり

そのうち

あなたは何もしていなくても

悪い、とされてしまうようになるのです。

 

ここまで話しても

普通の人には分かりません。

 

本当にそんなことあるの?と。

 

常識では考えられないことなので

今度は周りの人まで

何もしていなくて

しかも何も言えなくなってしまっているあなたに

あなたが何かしなければ

彼が怒るわけがない、と

誰もあなたのことを

信用しなくなるのです。

 

彼は人の欠点を集めて

全てデータ化して頭にいれているので

瞬時に相手を責めることができます。

 

そしてそれを理論的に

いかに悪いことか説明することができるので

だんだんと彼がおかしいとは

誰も考えにくくなります。

 

脳は正常なのです。

心やものの考え方がおかしいのです。

 

ものの考え方、とはいっても

数学や文章などを覚えるのは普通にできます。

 

何が違うのかと言うと

相手が傷つくとか相手が悲しい気持ちになる、

と言うことに共感力がほぼ0なのです。

 

共感しないどころか

痛めつけていないと

落ち着いていられないのです。

 

どこかで彼のおなかの中にたまった怒りを

発散させないとその辺でいらいらしてしまいます。

 

その辺でいらいらしてしまうと

彼がひどいひとみたいに思われるからです。

 

自分がひどい人みたいに思われるのは

自己愛性人格障害の人にとって

耐えられないほどの恐怖なのです。

 

だからそれはもともと避けたいので

あなたが悪いから

仕方ないから彼が怒るはめになる、

仕方がないんだ、と言う姿勢をとることが

非常に好きです。

 

それは彼の尊大さを保ったまま、

あなたに

自己愛性人格障害のおなかの中の怒りをぶつけて

思う存分、ストレスを発散させることが

できるからです。

 

後で「ごめん。。。言い過ぎた。。。」

と言ってもいいでしょう。

 

 

そしていかにも

自分が迷惑をかけられているほうだと

言うふうにふるまいます。

 

小さなことでも彼があげ足を取り

何度も言っていることによって

あなたは

自分が本当に失敗した気になってきます。

 

自己愛性人格障害とは、

病気であって性格が悪いわけではないので

あなたを愛していないけど、

愛しているふりをして、いじめてやろう、

と考えているわけではないのです。

 

もちろん彼も、

あなたを愛していると思っているし

精神的虐待をしてやろうなどと思っていません。

 

脳は正常できちんと物事を判断できるし

物事を覚えることもできるのです。

 

 

でもその判断で、

自分が得をしないと思うことは

一切やろうとしません。

 

あなたに虐待をしていることが分かると

彼は悪く思われてしまいますよね?

 

だから彼は、周りの人に悪く思われるようなことは

決してしません。

 

でも、自分から離れたくなくて

誰にも言わないような

自分がしたことに気づきもしないで

たとえ気づいたとしても

誰にも言わないあなたに

自分のイライラをぶつけます。

 

あなたも、

自己愛性人格障害の彼のことが好きなので

彼が周りの人に悪く思われるようなことは

言いたくありません。

 

そして、もし、

あなたにそれがばれそうになっても

「そんなことするわけないじゃないか。」

とあなたを納得させてしまいます。

 

怖いとは思いませんか?

 

それは、あなたが彼を大切にしすぎて

自分の嫌な気持ちをきちんと言わないことから

だんだんとそうなっていくのです。

 

あなたは彼を守ることばかり考えて

自分のことを全く大事にしていません。

被害者の人の依存について

こんばんは♡

今日は

自己愛性人格障害の被害にあってしまった人の

依存についてお話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人の被害にあった人は

いわゆる共依存と言われていますが、

被害者の人は、

自己愛性人格障害の人に依存しています

 

彼に幸せにしてもらえる、と思っているのです。

 

自己愛性人格障害の人は

その気持ちを利用します

 

自分にすり寄ってくる人以外には、

モラハラ行為はやろうと思ってもできないのです。

やり方さえ覚えれば

簡単にできます。

 

いい人、優しいひと、正直な人、

思いやり深い人、善人ほど

ターゲットになりやすいです。

 

極端にいい人でなければ、

相手がひどいことをしていることに

すぐに気づくので

自己愛性人格障害の人から

即座に離れます。

 

責任感の強い人ほど、

ひどいことをされていても

それは自分のせいだと思い込みます。

 

根性のある人ほど

がんばって自己愛性人格障害の人との関係を

良くしようと努力を続けてしまいます。

 

そして彼のことが好きで

彼に幸せにしてもらえる、と思っている場合、

その思いに依存して

自己愛性人格障害の人が

ひどいことをしていることに気づきにくいのです。

 

相手に依存していると楽だと感じやすいですが

自分を持っていなくて

相手に合わせるということは、

怖い目にあいやすいです。

 

要するに相手に寄りかかっていると

彼が、あなたを支える手を

ひょいっと放してしまうとそのまま倒れてしまいます。

 

自分で立っていることができません。

でも、彼があなたを支える手を

支えていようが離そうが、

あなたが自分で立っていれば倒れることはありません。

 

相手に依存するということは

楽なように感じられますが、

非常に不安定なのです。

 

モラハラ行為は、

彼にもたれかかっている人には

非常にやりやすいのです。

 

 

あなたが彼に依存していなければ

彼があなたに嫌なことをすれば

あなたは即座に、彼から離れます。

 

そうすれば、モラハラ行為をすることができませんし、

あなたが気にしなければ、

彼がモラハラ行為をしていても

彼が1人でしていることになります

 

相手に依存していなければ、

怖くないのです。

 

あなたの彼がもし

自己愛性人格障害だったとしたら

彼に依存していても

意味がありませんし、

彼の中の怒りの感情のはけ口にされるだけで、

彼といても

幸せにはなりません。

 

あなたは彼の自己愛性人格障害という症状が起こす

尊大な自分を魅せつけていなければならないところを見て

彼に魅力を感じているだけなのです。

 

その魅力は本物ではありませんし、

彼が自己愛性人格障害ではないとしたら

魅力的な彼についていっても

モラハラ行為をされることはありません

 

あなたが意味もなく

彼から理不尽に嫌がらせ行為をされていることに気づいたら

彼に依存することは、やめましょう

自己愛人格障害の彼の職場での対応について

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の元彼との

職場での対応について

お話ししたいと思います。

 

 

あなたが、彼と出会った場所が、

職場、もしくは、付き合いだしてから

彼の仕事を手伝いだした、という場合、

彼から逃げられない状態が

当たり前に続くので、

彼はあなたにモラハラ行為が

非常にしやすいです。

 

 

だからモラハラとは、

職場や家庭で行われることが

多いのかもしれませんが、

仕事をやめると生活ができなくなるので

困りますよね。

 

でも、将来的には、

転職をする覚悟が必要だと思うのですが、

それまでの間、短い期間だけでも

対策法と心構えについて

考えなければなりません。

彼が何のためにそんなことをしているのか

分からないとあなたがとても辛いと思います。

 

それ自体がモラハラ行為なので

彼は、あなたの存在を無視して

あなたに堪えさせるために

別れ話をした、

と考えておいたほうがいいでしょう。

 

 

でも最悪、転職は

しなければならなくなる恐れがありますので、

前もって、準備だけはしておきましょう。

 

それに転職したほうがあなたも楽です。

 

もちろん長年勤めた場合や

会社が大手の場合は、辞めたくないでしょうが、

そこにいると延々モラハラ行為を

したりしなかったりされます。

 

まず、彼からの別れ話自体が、

あなたへの嫌がらせの可能性が

充分に高いです。

 

なので、また都合が悪くなると

よりを戻そうとしてく可能性もありますので

そう思っておいたほうがいいかもしれません。

 

職場で顔を合わせなければならないのに

彼と話ができないのは、非常に辛いですよね。

 

Tiaraの元彼は、

職場では普通に接してきて

お互い大人なんだから職場では普通にしていようよ、

と言っていましたが、それはそれで

こたえるものです。

優しい彼を見せつけられるのに

もう戻れないのでは、という期待と不安を

同時に持ち続けることになるからです。

Tiaraは、

これもモラハラ行為だと思っていますが、

完全にあきらめさせない、

もしかしたら戻れるのでは?と思う事で

完全に彼のことを嫌いには、なれないですよね?

 

ひどいところを見せつけられれば、

あなたもあんな奴ならもういい!と

きっぱり嫌いになることができるのに

それができないような

中途半端な優しさを見せてきます。

 

もしくは、よく聞くのが、

別れた女の子は、完全に無視して

周りの別の女の子とは仲良くしているところを

わざわざ見せつけてくる、というものです。

 

これもなぜ私だけ?と不安になるのですが、

こんないやらしいやり方、

普通の人はしませんから、

モラハラ行為だと考えて

彼の行動に惑わされないでください。

彼が、自己愛性人格障害の場合、

あなたが、彼のことをギリギリ嫌いにならない

手前のところで押さえておいて

彼だけが、あなたを相手にしない、という方法を

よく取ります。

 

もしくは、彼の仕事だけ手伝わせて

ミスをしたときに

(もしくはミスをするよう誘導させる、

例えば、わざと分かりにくい伝え方をする)

あなたを叱咤する、

もしくはあなたを叱咤しているところを

ほかの人に見せつける、というやり方をしてきます。

 

だから、できたら彼と関係のないところで

仕事を進められるよう工夫をするか、

そういうことをされるので仕事がやりにくいと

信頼できる上司に相談しておくと

彼と、関わらにような仕事を考えてくれるかもしれません。

 

 

でも、まだ、彼のことを好きな場合は、

なかなか言いにくいですよね?

 

でもそれが事実なら言うべきです。

 

だって彼は、あなたが仕事をやりにくいように

しているだけなんですから。

 

そこで、あなたが彼をかばっていても

彼は、あなたをかばってくれるどころか

あなたを落とし入れようとしています。

 

そこのところをよく考えてみてくださいね。

自己愛性人格障害の人の本当の望み

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の

心の闇に自分で気が付いていることについて

お話ししたいと思います。

 

 

Tiaraは

自己愛性人格障害の人のことを

恨んでいるわけではありません。

 

自己愛性人格障害とは

本当に怖い病気です。

 

いっしょにいる自分にとって大切なパートナーを

知らず知らずのうちに潰してしまうのです。

 

でも本当は知らず知らずのうちにではありませんよね。

 

自分でひどいことをしていることになんとなく

気づいています。

 

でも自尊心を保つために

自分は尊大な人間でなくてはならないので

ひどいことをしているということに

自らふたをしています。

[ad#co-1]

そして気づいていないふりを常にしながら

精神的虐待を強めていくうちに

少しでも自分が満足しようとするのです。

 

 

それくらい自己愛性人格障害の人も

極端なほど辛い思いをしてきたのです。

 

そして誰とも幸せになれない体質に育ってしまったので

かわいそうだと思います。

 

でもかといって

誰かを潰していい、ということにはなりませんので

同情はできませんが、

心が正常な状態で育たなかったのです。

 

自己愛性人格障害の人の被害にあうような人は

そんな彼の弱い部分を何とかしてあげたい、と思うような

優しい人が多いです。

 

でも、彼の望みをかなえてしまい、

自分が自己愛性人格障害の彼に

心を潰されて苦しんでいくのです。

 

自己愛性人格障害の人もそれにより

あなたを大切に思うことはありません。

[ad#co-1]

あなたの幸せそうな顔も

彼にとっては、耐えられないほどの

自分をつぶす道具に見えます。

 

その恐怖心から

あなたから幸せをどうしても奪っていってしまうのです。

 

だから、自己愛性人格障害の人といると

どうしても幸せには、なれないんです。

 

彼の幸せとは、

誰かを潰すことです。

 

でも彼自身もまさかそんな事は

思っていません。

 

でもつぶすとどこかすっきりとして

ああ、よかった、と少しの間だけ思える

本当に厄介な病気なのです。

 

自分を少しでも楽にしてくれる、

それが自己愛性人格障害の人の愛なのです。

 

自己愛性人格障害の人の愛とは、

自分のために

どんなにひどいことをされても

許してくれる究極の存在なのです。

 

でも、あなたも生きていますので

そんな状態がだんだんと辛くなってきます。

 

最後には自殺したり

精神病になって狂ったようになってしまう人もいるのです。

 

それも、自己愛性人格障害の人からの虐待の被害ですが、

周りの人から見ると

精神病の人を支える優しい人にしか見えません。

 

あなたのほうがおかしくされてしまいます。

 

そんな彼に、

好きだとかきれいごとが言っていられますか?

 

あなたの望んだ彼との幸せはそんなものではないはずです。

 

あなたが、幸せになれる、

パートナーと作る未来をあなたは忘れていませんか?

[ad#co-1]