自己愛性人格障害の彼は自分のことをきれいに見せながらあなたのことを上手につぶしていく


こんばんは♡

自己愛性人格障害の彼は

自分のことをきれいに見せながら

あなたのことを上手につぶしていく、

ということについて

お話ししたいと思います。
 

もし、あなたの彼が

あなた以外のひとには

とても親切にして、

細かい気遣いを見せ

とても穏和で寛大なひととして

ふるまっているのに

あなたの前だけで、

なぜか突然不機嫌になったり

関係性が崩れそうになる、

ということがよくある場合、

彼はかなり高い確率で、

自己愛性人格障害であり、

そしてあなたは

ターゲットである可能性が

高いと思います。

 

自己愛性人格障害の被害に

遭いやすいひとの特徴として

物事をなんでもいい方に考えすぎる、

というものがあります。

 

tiaraの元カレも

tiaraとケンカをしていて

どんなに機嫌が悪かったとしても

いつも、次の日には

会社では穏やかな顔を見せ

周りのひとに親切に

自分が知っている知恵を

分けてあげたり、

困っているひとを見て

「どうしたの?」と声をかけて

助けてあげているところを

よく見ていました。

 

そんなときtiaraは彼のことを

昨日は、あんなにも突然

機嫌が悪くなってビックリしたけど、

やっぱり優しくて、

とてもいい人なんだ、

と彼のことを思っていました。

 

そして、同時に

あんなにも激怒した次の日にも

関係のないひとには

とても親切にできる彼が

感情の切り替えがとても上手で

とても大人な紳士的な男性なんだと

思っていました。

 

まさかそれが

tiaraへの精神的な虐待で

tiaraをみじめな気持ちに

させるための行為だとは

とても思えませんでした。

 

だから、もちろん、モラハラにも

まったく気づきませんでしたし、

気づいていないのだから

傷ついてもいません。

 

tiaraが思っていたことは

あんなにも大人な男性なのだから

tiaraさえ彼の言うことを

きちんと聞いていれば

きっと幸せになれると思い、

精神的な虐待を

されているにも関わらず

彼についていく決心を

どんどんしていくのでした。

 

 

彼自身も一週間や二週間

彼の気がすむころまで

tiaraのことを無視したあげく

突然優しい言葉や激しい愛のことばを

ささやいてきます。

 

ときには切ない表情でtiaraを見つめ

「この数週間、

俺はtiaraのことを考えない日は

一日もなかった。

 

つきあっていると辛いことばかりで

離れたい、って思ってしまうのに

どうしてもtiaraのことが

気になって気になって

しかたがないんだ‼」

 

怒った原因も分からず突然

キレて口を利かなくなったのは

彼の方なのに

こんなこと言われてしまったら

元々は別れたいなんてこれっぽっちも

思っていなかったtiaraにとって

彼からの言葉はとても嬉しかったです。

 

しかも、その数週間の間も

優しい彼の様子を

ずっと見てきたのですから。

 

自己愛性人格障害の

被害者の性格にもよりますが、

こういうことをされて

tiaraのように

自己愛性人格障害のひとの

他の人へ親切にするところを見て

私には口も聴いてくれないのに

他のひとには

あんなにも親切にするんだ、

と卑屈になってしまい、

惨めになってしまうかたも大勢います。

 

どちらかというと

tiaraはいい風にとらえているので

傷ついてはいないので

卑屈になってしまった被害者のかたよりは

まだましなのかもしれませんが

無駄な付き合いをしてしまうという点では

同じです。

 

いい風にとってしまったからこそ

精神的な虐待だとは思いにくく

むしろもっと長く付き合ってしまう可能性だって

あります。

 

これが、結婚願望のないひとで

いろいろなひとと

恋愛経験を積んでみたいひとなら

自己愛性人格障害の彼との恋愛も

経験の一つになると思います。

 

ですが、ほとんどの女性は

一緒にいて幸せだと思うひととは

ずっと一緒にいたいと思って

付き合うひとの方が多いと思います。

 

ましてや、

彼のことを好きだということは

あなたもそれなりに

大切にされていると

思っているからこそ、

彼との恋愛を続けているんですよね?

 

ですけどそれが

みじめな思いをさせるために

周りのひとに親切にしているところを

見せつけるための

虐待の道具にされているだけだと

思ったら

そんなのはごめんでしょ?

 

でも、走り出してしまった

彼への恋心は、そんなに簡単に

割りきれないひとがほとんどで

むしろ、

すぐに割りきれるひとだったり

自分を大切にすることの

できる人だったら

自己愛性人格障害のひとの

していることに

すぐに気づくことができるので

恋愛期間も短いと思います。

 

彼への愛情を

大切に大切に育てる

真面目なあなただからこそ、

傷つく気持ちは

大きくなってしまうのです。

 

ひとを卑屈な気分にさせることだけを

必死でやっている

自己愛性人格障害の気持ちは

普通のひとには

きっと分からないでしょう。

 

だから世間の人たちに

自己愛性人格障害のひとは

ばれにくいのです。

 

そして、そうしなければ

生きていけないほど、

自己愛性人格障害のひとの自尊心は

傷ついているのです。

 

そんな自己愛性人格障害の被害に

遭わないためにも

周りの他人ばかりに

寛大なこころを見せて

肝心な恋人のあなたへの

思いやりが感じれないような

みじめな恋はやめましょう。

 

あなたは本来、

人を愛することが

本当にできる優しすぎる人なのです。

 

そんなあなたが

自己愛性人格障害の彼から

どんどん潰されてしまい、

彼の株がどんどん上がっていくための

道具にされるなんて

こんなにもひどいことはありません。

 

 

あなたに見せつけるために

周りのひとに親切にしたり

魅力的に見えている彼は

とても素敵です。

 

それと同時に

そんな彼に相手にされてもいないのに

必死でついてきているみじめな女だと

本当に彼の心に寄り添って考えている

あなたが思われてしまうのです。

 

あなたは自分がもっと

大切にしてもらえるひとに

あなたのその深い深い愛情を

与えてください。

 

自己愛性人格障害の彼に

尽くしているなんて、

とてももったいないと思います。

 

とはいえ、

彼は病気ですので

傷つける必要はなく、

あなたも愛する彼と

自分のことを思って

お互いのために別れることを

おすすめします。

 

いきなり離れることは

本当に辛いと思いますので

まず彼を刺激しないように

少しづつ離れ、

あなたもまた少しづつ

彼とは違うところで

あなたの世界を

どんどん作っていってください。

 

自己愛性人格障害のひとは

あなたの幸せに気づくと

すぐに嫉妬して

潰しにかかってきますので

自己愛性人格障害のひとには

気づかれないように

彼から心を離していくことと

自分の新しい世界を作っていくことを

同時に行うようにしてくださいね。

自己愛性人格障害の被害に自分からすがり付いてしまうことの恐怖


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の

被害に遇いやすいひとが

おちいりやすいミスについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の

被害に遇いやすい人というのは

とても真面目な方が多いです。

 

近道をしたり要領のいい逃げ場を

見つけたりせず、

こんこんと自分の問題に

向き合ってしまうひとが多いのです。

 

これは悪いことではなく

どちらかというといいことなのですが

世の中で良いこと、常識的なこと、

と思われていることを

自己愛性人格障害のひとは

上手に利用します。

 

tiaraもどちらかというと

真面目に嫌なことからも

逃げたりしない性格なので、

ごまかしたり、近道をしたりせずに

すべてのことに

真面目に向き合ってきたので

少し要領の悪いことも

経験していましたので

ゆっくり世の中の本質を

見てきたと思っていました。

 

ですが、それは相手が

普通の人だった場合のみに

通用する話で

自己愛性人格障害という

病気のひとには

まったく通用しないのです。

 

何から何まで普通のひとと

真逆の考え方の人がいる

ということに大変驚きました。

 

もしかしたら

tiaraよりも早く、

自己愛性人格障害について

気づいているひとは

いるのかもしれません。

 

ですが、常識とはこういうものだ、

ということにこだわっていますと

自己愛性人格障害のひとは

常識を利用しますので

周りのひとから見て、

明らかにおかしい、

と思われるような行為は

しにくいのです。

 

それは臆病な性格からきているのですが

tiaraはそもそも

自己愛性人格障害の彼を

臆病だとおもったことは

一度もありませんでした。

 

たしかに、一見すると

紳士的でおとなしそうにも

見えなくもありませんが、

たまに、臆病なのかな、と思うような

態度や表情を、

たまに見ることがありました。

 

ですが、人間は常に

一定の感情でいることは

ありませんから、

そんなときもあるのかな?と

思っていた程度でした。

 

普段の彼は、とてもスタイリッシュで

動きも俊敏ですし、

堂々としていて

非常に弁がたちます。

 

とてもおとなしいひと、というふうには

みえないでしょう。

 

ですが、以前のブログにも

書いたように

上からの命令にころっと態度を変え、

彼の考え方とは

まったく違うはずなのに

いかにも、もともと自分も

そう思っていたというように

意見を変えたこところを

何度か見たことがあります。

 

そのときはほんとうに驚きました。

 

それまでの彼は

ある一定の自分なりのルールがあり

それを貫いているようにも

見えました。

 

そんな彼を尊敬していたからこそ

ころっと態度を変え

「いや、もともと僕も

そう思っていたところです。」

と堂々といい放ち、

まるで嘘のない

まっすぐな瞳をしていたので

余計に驚いたのです。

 

その日の帰り、車のなかで

「ねえ、さっきの、

らしくなかったよね?」と

驚いて聞くと

「いやあ、前々からちょっとづつ

考えが変わってきていて

実はそろそろ

その方がいいんじゃないかって

考えてたんだ。

 

tiaraもこれからは

その方針で行くんだよ?」と

また堂々と言われたのです。

 

そのときは、あまりの不自然さに

驚いたままでしたが、

彼があまりにも堂々といい放つので、

そのままだまって、

彼の言うとおりにしました。

 

その後は彼もその考えを

変えなかったので

普通に考えて、考え方が変わった、

ととらえてもおかしくないのですが

自己愛性人格障害の場合、

なにか不自然なのです。

 

その後もころっと

態度が変わることは

何度か見てきていますし、

そのときは

真実だと受け止めていて

疑いもしなかったことが

あとから、まったくの嘘だった

と分かって

驚いたこともあります。

 

ですが、何人も

自己愛性人格障害の相談を

聞くうちにやはり、

自己愛性人格障害のひとは

みんなが同じような行動を

とっていることに気がついたのです。

 

あなたの彼がもし、

自己愛性人格障害だったとしても

あなただけが

そんな目にあったわけではないと

気づくと思います。

 

そうすれば今、罪悪感にさいなまれて

彼に許してもらいたくて

苦しんでいる人も

彼が自己愛性人格障害だった場合は

徐々にわかるようになると思います。

 

そのときに、あなたは悪くない、

ということに気づくことができ、

今まであなただけが

どうしてこんな目に遇うのかと

納得できなかったあなたも

自分が普通だったことに

気づけることでしょう。

 

そして自らあなたを傷つける人間に

必死ですがり付いていたことに

気がつくと

これからはあなたが

どうしていけばいいか

自然と分かるように

なるのかもしれません。

自己愛性人格障害の彼とのするための素敵な恋愛物語は、いつか泡のように消えてなくなる。。


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の彼と

別れていつまでも前に進めない人へ

お話ししたいことを

たくさんお話しします。

 

あなたの彼が

自己愛性人格障害だと分かったとき

あなたは彼と幸せになりたくても

なれないと知り

悲しみの底に明け暮れたか、

それとも

今までの理不尽な出来事に納得ができて

ほっとしたかのどちらかだと思います。

 

もしかしたらその両方かもしれませんね。。

 

Tiaraも元旦那様と離婚した後に

まさか、離婚した後に

こんな素敵な彼が

Tiaraのことを好きになってくれるなんて

思ってもいなかったので

これは神様がくれた

今まで苦労をしてきたTiaraへ

神様からのご褒美だとも思いました。

 

やっと安定した幸せを手に入れられる、

そう思いました。

 

 

子供たちが大きかったので

なつくかどうかもとても心配でしたが

穏やかで博識な彼に

尊敬の気持ちを持って

とてもなついてくれました。

 

付き合いが始まりしばらくすると

Tiaraが家事などをしている間に

子供たちどちらかと彼が

一緒に出掛けていなくなったりして

あまりのなつきように

Tiaraも温かい気持ちに

なっていました。

 

こんなにもうまくいくなんて。。。

 

離婚しても

もう一度家族のような

温かい関係が築ける

そう信じたTiaraだったのです。

 

ところが、

ふと彼が機嫌が悪くなるのは

Tiaraが思いもしないような

ことです。

 

Tiaraが何かをしたわけではなく

彼の気持ちが

どうしてもTiaraと

安定した関係を築けなくなる、

そんな感じでした。

 

普通のひとならそんなことで

別れを考えるなんてことは

しないような出来事です。

 

もしくは彼がそう考えることによって

Tiaraへのより深い愛情が

感じられるような

出来事ばかりでした。

 

 

それはTiaraのことではなく

彼自身のことでしたが

Tiaraも責任を感じてしまい

そっとしておきますが

それでも彼の機嫌はおさまらず

別れ話になることが

3か月に1度くらいありました。

 

それでも、そのまま別れてしまえば

時間がかかっても

Tiaraも諦めがつきますが

彼のほうから

どうしてもTiaraに会いたくなって

連絡が入ります。

 

そのときはほんとうに

うれしかったです。

 

2人の関係が元に戻ると

子供たちも安心して

やっぱり彼はママのことを

思ってくれているんだと

彼への信頼度は

さらに高まるのでした。

 

 

Tiaraだけでなく

子供たちも彼がいてくれることへの

安心感と期待感で

幸せに包まれていたのです。

 

何度離れても彼は

必ず帰ってきてくれる。。。

 

いつの間にか、くせにように

そう思うようになっていました。

 

Tiaraの友達も

ほとんどの子がそう思っていて

「またどうせ彼のことだから

戻ってくるんじゃないの?

 

だったら堂々と

待ってればいいじゃん。

 

彼はまたどうせ

Tiaraのことが忘れられなくて

戻ってくるよ。

 

友達も、いつしかそう言うように

なってしまいました。

 

TiaraだけでなくTiaraの両親、

子供たちに、親戚や近所の人までが

Tiaraの彼のことを

ずっとここにいてくれる。

と信じるようになっていったのです。

 

 

それなのに

何か事件が起こったわけでもないのに

Tiaraを拒否するんです。

 

初めのころは

全然わかっていないので

彼の言う

もっともらしい理由を信じて

それならTiaraが我慢すれば、

いいんだ。

 

彼をここで待っていれば

きっと帰ってくるし、

こういうことを何度も繰り返すうちに

信頼関係が生まれて

そのうちに

デリケートな彼でも

ここにいるのが当たり前になってきて

そんなことは言わなくなる、

とずっと思っていたんですよね?

 

それはTiaraが一人で

思っていることではなく、

周りのみんなも

そう思っていたのでした。

 

だんだんと彼も怒らなくなり

不自然なことで怒ると

Tiaraが

だんだん突っ込むように

なってきました。

 

お出かけの時に

必ず突然怒りだして

帰ってしまう、ということが

たびたびあったので

「また今度のお出かけの時に

機嫌が悪くなって

帰ったりししないでね。。」

と前もってTiaraが先回りして

言うようになってきたんです。

 

 

それくらい彼の今後の態度が

手に取るように分かるので、

前もって伝えると

「そんなことあるわけないじゃん!」と

彼も頑張って

一緒に過ごしてくれます。

 

 

でもそれはがんばって

過ごしているだけで

彼にとっては

機嫌が悪くなることが普通なのです。

 

Tiaraをののしることが

できるのならば

彼は一緒にいてくれたかも

しれませんが

そうできなくなってきているので

彼には一緒にいることが

辛かったのかもしれません。

 

それは、普通の人が言う

Tiaraを好きだからとか

Tiaraが悪いところがあるから

うんざりした、

という気持ちもないのです。

 

自己愛性人格障害のひとが

ちかづいてくるのは

自分の思い通りに操れる操り人形で

自分の都合が悪くなれば

すぐにののしったり

悪者になったりしてくれる

便利な存在でなければ

いけないのです。

 

付き合いだして初めのうちは

本当に愛情があるのかもしれませんが

時間とともにののしり、つぶし、

自分の全責任を押し付けているうちに

本当に愛情が

なくなってしまうのです。

 

Tiaraはそんなの嫌でした。

 

自己愛性人格障害という病気を

調べれば調べるほど

そうなっていくのです。

 

最後に彼といた時間は

自己愛性人格障害の対策のみで

ほとんど会話もしないように

していました。

 

だって彼にとって

Tiaraがどうでもいい存在になんて

なるのはあまりにも悲しすぎたので

そうなる前に

自分から無関心になることができ、

自己愛性人格障害の特徴を持つ彼を

今までの感謝の気持ちと

でもそれは自己愛性人格障害のひとの

架空の素敵な物語の中だったと

彼を見ながら少しづつ

思い出に変えていけたのです。

 

もし彼にTiaraの気持ちを伝えて

彼から遠ざけられるのは

あまりにも悲しすぎます。

 

だからやっていけないと思いましたし

少しでも彼の中で

Tiaraがきれいなうちに

別れることが

嫌な思いをすることなく

思い出になる程度で

修めることができる、と

自己愛性人格障害の特徴に

納得ずみでした。

 

それが自己愛性人格障害の

彼との関係が

一番きれいに終われると

思ったのです。

 

Tiaraは彼の中で恨まれて

終わりたくありませんでした。

 

だって本気で彼のことを思ってきて

彼の気持ちを理解し、

彼の好きなことを尊重して

2人で(もしくは子供たちも入れて)

楽しく過ごしてきて

彼が自己愛性人格障害でなかったら

本当に幸せに

過ごしてきたんですもの。

 

もちろんそのまま彼が本当に

ここにいることで

幸せを感じられるようになって

人をつぶさなくても

普通に一緒にいられるのでしたら

もちろん一緒にいたかったです。

 

誰よりも幸せになる

自信がありました。

 

 

ですが、彼は

自己愛性人格障害だったのです。

 

それはとても悲しいことですし、

彼自身もそのことに

まったく気づいていません。

 

自分がなぜこんな風に

なってしまうのか

納得できなかったでしょう。

 

ですが、子供のころから

共感力を使わず過ごしてきているので

クールで落ち着いているようにも

みえましたし

料理や仕事にも全力で

スキルをつけて頑張っていたように

見えていたので

自己愛性人格障害だったからこそ

素敵に見えた一面もあったでしょう。

 

それに2人で部屋の中でゆったり

過ごしているときや

子供たちと遊んでいるときは

本当に楽しそうにしていたのです。

 

彼が「今、本当に幸せだよ。」と

言って

目を細めるところも何度も見ました。

 

その瞬間だけでも

彼が幸せを感じることが

できてよかったと思います。

 

自己愛性人格障害のひとは

決して幸せにはなれません。

 

たとえ、幸せになれるように見えても

そばにいる人をののしり潰して

苦しんでいるところを見ないと

安定したメンタルを

保ち続けることができないのです。

 

これ以上一緒にいたら

何度も何度も別れを告げられ

わけも分からず

パニックになったことも

何度もありますし

過呼吸になって救急車を呼んだことも

彼の言ったことを覚えていないので

脳の病気かと思い病院に行ったことも

みんなみんな

Tiaraのせいではなかったのです。

 

これ以上彼と一緒にいて

Tiaraがうざいくらいに

必死でみんなに

Tiaraが悪いんじゃない、

Tiaraが悪いんじゃないなんて

言いたくありませんし、

また居場所を追いやられたり

友達をつぶされたりするのも嫌です。

 

自己愛性人格障害のひとと

一緒にいなければ

そんな思いをすることもないのです。

 

普通で平和に暮らせます。

 

あんなにもすてきだった彼は

もうおそらくいないでしょう。

 

 

どこかで生きていると思いますが

彼が今、何をやっているのか

全くわかりません。

 

職場は変わっていないと思うので

会いに行こうと思えば行けるのですが

Tiaraは彼に会うのが

もう怖いのです。

 

これは彼を好きな気持ちとは

別に存在する気持ちで

Tiaraの知っている

Tiaraの家族を大事にしてくれた

あの優しい彼は

本当はいないのです。

 

今も、もしかしたら

Tiaraがまだ彼のことを

好きだと言ったら

優しい言葉をかけてくれたり

愛情あふれる腕で

抱きしめられるかもしれません。

 

でもそれは

Tiaraを徐々に支配するためのもので

それまでの期間しか

彼の優しさを味わうことは

できないのです。

 

それならTiaraは

彼のことはいい思い出として

Tiaraと一緒にいた彼のことだけを

きれいな思い出として残します。

 

そしてそんな恋愛もあったなあと

たまに胸を熱くしながら思いだして

幸せをかみしめ

Tiaraの今ある愛を大切にして

Tiaraを本当に

愛してくれる人のことだけを

大切にして生きていきたいです。

 

新しい恋人はまだ

できていないですけどね。

 

Tiaraが彼のことはもういいと

ほかの男のひとと一緒にいたいと

思うその日まで

それまでは今まで

できなかったことを十分に楽しみ

今ある愛を大切に

幸せをかみしめながら生きています。

 

何もしていないのに悪者にされたり

ののしられたり

愛の言葉を情熱的に訴えられて

置いていかれるのは

もううんざりです。

 

あなたもあなたの幸せを

本当に考えるのなら

その相手は

自己愛性人格障害の彼ではない

あなたのことを

本当に思って大事にしてくれる

いい人が

いるはずなんです。

自己愛性人格障害のひとはだから、だんだんとあなたを孤立させていく


こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

あなたをだんだんと

孤立させていくことについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとはだんだんと

あなたが孤立するように持っていきます。

 

被害に遭った後に

自分が孤立していたことに気づく人が

ほとんどなのですが

自己愛性人格障害のひとは

あなたが徐々に周りの人と

コミニュケーションを

自分から取らなくなっていくように

持っていくことがうまいのです。

 

そして、あなたも

自分の意思でそうしている

と思い込んでいるため

気づいた時には助けが欲しい時に

誰も味方になってくれない、と

気づくことが多いのです。

 

あなたが孤立していくことは

彼によってあなたが誘導されながら

自分で行っていくもので

あなたも彼のせいだとは思っていません。

 

 

たとえば、

あなたの友達の悪いところを見つけて

「あんな子たちと付き合っていたら

あなたまで同じように思われてしまうよ?」

とあなたのことを思って

アドバイスをしてくれるように

見せかけて言ったり

「俺のことなんかよりも

あいつとの付き合いを優先するんだね!」

とやきもちを妬いているようにすねて見せたり

あなたが楽しそうにしているのを見ていると

とてもさみしい気持ちになるんだ。。。」

と同情をひいて見せたり。。。

 

 

あなたが彼以外の人たちとの付き合いを

自分の意思ですこしづつ、遠ざけていくように

導くのです。

 

Tiaraの恋愛相談を訪れる人たちも

たいていの場合、

自分でも気づいていないことが多く

「彼の気持ちを分かって

あげられなかった私が悪いんです。」

と彼から避けられてしまうことも

自分のせいかのように言ってくる相談者の方が

多いのですが

Tiaraは孤立させられているんだなと

すぐに気づきます。

 

 

そして自己愛性人格障害のひとの考えた

素敵な恋愛物語は

あなたに傷つけられて

あなたから去っていく自己愛性人格障害の彼が

何ともきれいに描かれているので

被害者の方は

被害に遭っているに関わらず

自分で自分を責め

彼が自分から去っていくことを悔やんだり

彼が自分から離れていかないように

全力で自分の希望は言わないようにして

自己愛の彼のことだけを考えて

自分が犠牲になっていることにも

まったく気づいていないのです。

 

そして、彼のことを

とてもいい人だ、と思っていたり

純粋な人なんだ、と思っていたり

本当はとてもやさしい人なんです、

と言ってきたりしますが

内容を聞いてみると

被害者の方が責められていることは

こじ付けで

誰にでもあるようなことなのです。

 

そんなことで、長年付き合ってきた人と

普通は別れたりしないのですが

自己愛性人格障害のひとは

自分が傷ついたから

あなたと一緒にいたくても一緒にいられない、

と少しだけ、

あなたが期待を持つような言い方をされており

あなたはまだ彼と一緒にいられるのかもと

期待をしてしまいます。

 

しかもそれは、あなた自身の努力では

どうしようもないようなことなのです。

 

もしくはあなたが彼を傷つけたから許せない、

と怒りをあらわにして怒り

これだけのことをしたんだから

仕方がないよね、

と言われてあなたを悪人のように

言われたりすることもあるのですが

もちろんあなたにはそんなつもりもなく

あなた自身ではどうしようもないことも

含まれています。

 

そのうえで彼が怒っても仕方がない、

とあなた自身が思ってしまうような

出来事が含まれており

でもそれは、よく考えると

お互いに何とかしようとすれば

解決できる問題なのですが

彼のほうが、少しも

あなたに歩み寄ることができないため

あなたがどんなに努力をしても

無理なこととされてしまうのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

どんなささいな出来事からでも

そうやってあなたを否定する理由付けに

してしまうのが

大変にうまいのです。

 

その中であなたが彼ともう一度

一緒にやっていこうとするならば

彼がどんなにひどいことをしても

許さなければならなくなり

あなたはどんなに小さなことも

許してもらえなくなっていくのです。

 

恋愛の途中ではなかなか気付けないことが多く

しかも自己愛性人格障害のひとは

自分を魅力的に魅せることが大変うまいので

あなたも彼を逃したら

こんなにも素敵な人には出会えないと

彼に泣いて縋り付いてしまうように

なるのです。

 

気付けるポイントは

彼がどれだけあなたに

あゆみ寄っているかです。

 

激化するまでは

本当にあなたのために動いてくれることも多く

それはただ

あなたを惹きつけるだけのために

しているのです。

 

そしてそれは、あなたを突き放すときに

あなたが必死で縋り付いてくるために

していることで

あなたが縋り付くために

あなたの気を惹くことが尋常でないくらい

素晴らしいのです。

 

だからここまでしてくれたのに

自分のことを

思ってやってくれていないはずがないと

あなたは思うのですが

あなたを傷つけるために

何年もあなたに優しくする、

などという気の遠くなるような作業を

自己愛性人格障害のひとは

何年もかけてやるのです。

 

だから、そんなにも分かりにくい

自己愛性人格障害のひとですが

上手くいっているときも

あなたが不思議に思う出来事が

いくつかあるはずです。

 

普通のひとはやらないその不思議な出来事に

できる限り早く気づくことです。

 

 

そして、自己愛性人格障害の彼と

一緒にいることが

本当にあなたのためになるのかを

よく考えてみましょう。

自己愛性人格障害のひとの他人を面白おかしくディスる原因について


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとの

ディスり方にについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとは

他人をつぶしてその人が堪えるところを見て

何とか自尊心を保とうとしている病気です。

 

被害に遭った人は

何もしていないのにとても苦しい思いをして

その場を追いやられてしまう人も

大勢います。

 

 

それなのになぜ、人気があったり

コミニュケーション上手に

見えるのでしょうか?

 

それは、悪意のなさそうに見える

冗談まがいの相手のディスり方です。

 

本人がいれば少し恥ずかしいような

みじめな気持ちになったりもするのですが

本人がいなければ笑い話で済んでしまうような

悪意のなさそうな相手のディスり方にあります。

 

これだと本人がいれば少しかわいそうですが

いなければただの笑い話で終わります。

 

本人がいても

ただの冗談を真に受けて

「めんどくさい奴」、というように

悪者にされてしまうことも多いので

傷ついても我慢して笑っている人も

時々見かけることがあります。

ですが、それを、

何度も何度も繰り返されることによって

話しの本人は少しづつ、みんなから

見下されてしまいます。

 

本人の耳に入っても辛いですが、

本人の耳に入らないほうが

もっと辛いかもしれません。

 

 

その人の知らないところで

少しだけ周りの人にだんだんと見下されて

なめられていくのです。

 

こういった場合、

すぐに孤立することはありませんが

だんだんと時間をかけて孤立していきます。

 

 

Tiaraはそういった場面を

何度も見てきましたが

それを止める人はほとんどいません。

 

みんな自分のことが言われるくらいなら

ほかの人が言われているほうが楽なのです。

 

 

ただ、ディスったり、ひとの失敗談を話している人が

自己愛性人格障害だった場合、

正義感を直接向けることは

敵対心をあおることになってしまいますので

今度は、注意をした人物を

徹底的につぶしにかかってきます。

 

いじめられている子供を助けると

助けた子供がやられてしまうのは

この原理なのですが

それでは、いじめられた子供を助けずに

見過ごしていては

いじめられた子はだんだん居場所を

無くしていきます。

 

 

それを自己愛性人格障害のひとに

敵対心を向けずに

被害者が被害に遭わない方法があります。

 

それは、周りにいる人が

自己愛性人格障害のひとが

ターゲットをおとしめようとしていることに気づき

その冗談まがいのディスりを真に受けないことです。

 

自己愛性人格障害のひとに

いう必要もありませんし、

その子をかばうようなことをする

必要もありません。

 

ただ、自己愛性人格障害のひとが

そうしないと生きていけない病気なので

仕方ないな、と頭で理解し

その話のネタになっている人のことを

今までと変わらず、普通に見て

普通に接してあげるだけでいいのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

どうしても人の上に立っていないと

落ち着いていられないので

誰のことでもちょっと小ばかにしたり

冗談めいたディスりで

その人の立場を下げることを常にしています。

 

何を話をしてもどんなにいい人のことも

ちょっと馬鹿にしたあだ名で呼んでみたり

その人の失敗談をおもしろおかしく

周りに話していたり

本当に関心するほど

常に誰かのことを言っているのです。

 

周りの人も楽しそうに聞いている人もいませんが

みんな、なんとなく顔色を見ていると

自分が言われたらいやだな、と

ちょっと引いているのが分かります。

 

中には一緒になって

それを面白おかしく聞いている人たちも

少人数はいますが

そういう人は

自己愛性人格障害のひとの

取り巻きになっていくのです。

 

 

取り巻きは

自己愛性人格障害のひとにとって

非常に都合の良い存在なので

仲良くしますが、

いつでも都合が悪くなったら

その中からターゲットになる可能性は

周りのひとよりも高くなります。

 

自己愛性人格障害のひとの

取り巻きになっている人は

自己愛性人格障害のひとのことを

信じていますので

分かってもらおうと何かを言っても

無駄になります。

 

だから取り巻きになっている人も

自己愛性人格障害のひと同様

できるだけ関わらないようにすることが

一番です。

 

自分の言ったことを周りのみんなが

信じてくれていないことに気づくと

自己愛性人格障害のひとは

急に恥ずかしくなり

今度は自分が嫌われるんじゃないかと

ひどく怯えておとなしくなります。

 

逆に、自己愛性人格障害のひとが怖いからと

自己愛性人格障害のひとのご機嫌を取ったり

同意したり仲良くなったりすると

被害者はより落ちぶれていき

自己愛性人格障害のひとはより

ひどくなるのです。

 

世の中には、取り巻きになる

自分のことしか考えていない人たちが多すぎて

自己愛性人格障害の被害がひどくなっているケースが

山のようにあるのです。

 

自己愛性人格障害の取り巻きになると

自己愛性人格障害のひとから特別扱いされていき

取り巻きのひとも自己愛性人格障害のひと同様に

生きやすくなることがよくありますが

ターゲットが逃げていなくなると

結局は常に一緒にいる取り巻きの人たちが

一番危険になるのです。

 

 

そして、世の中には1人になることが

怖い人たちがとても多いので、

今まで、

自己愛性人格障害の取り巻きに

なっていたので

自己愛性人格障害のひとに

突き放されることが怖くなり

取り巻きの人が被害に遭ったときが

一番状態が悪くなります。

 

初めから

自己愛性人格障害のひとと仲良くない人は

無視をされても、相手にされなくても

もともとが一緒にいないので

そんなに強烈に辛い思いをすることは

ありません。

 

自己愛性人格障害のひとは

初めに強烈な取り込み行動をしますので

そこで自己愛性人格障害のひとの

不思議な魅力に取りつかれてしまうと

突き放されたときに

相当辛い思いをしてしまうのです。

自己愛性人格障害のひとからの攻撃は正しい対処法さえ分かれば抑えることができる


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとからの

攻撃は

押さえることができる

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとから

ターゲットにされると

あなたは何もしていなくても

ちょっとしたことで責められたり

みんなと同じことをしていても

あなただけが悪く取られたり

普通に行動することが怖くなり

あなたは自由に動けなくなります。

 

あなたは自責の念が強いので

自分が何かしたからだと思い込んでいますが

そんなことはありません。

 

本当にあなたが何もしていないのに

徹底的に悪者にしようとする

自己愛性人格障害という病気が存在します。

 

 

世間のひとはそういった病気があることを

知らない人のほうが多いので

あなたが何もしていないのに悪者にされると

世間の人に訴えてしまうと

あなたのほうがおかしなことを言うと

思われてしまいます。

 

だから自分を助けることができるのは

自分だけだと覚えておいてください。

 

そして、この自己愛性人格障害という病気は

押さえることができます。

 

 

ここで勘違いしてほしくないのは

自己愛性人格障害は治る、ということではなく

あくまでも抑えることが、できるだけです。

 

 

ただ、自己愛性人格障害のひとは

人から嫌われることが大変恐ろしいので

もし、あなたが対処ができるようになると

本当にあなたの周りには何もしてこなくなり

本当に平和になります。

 

ですが、あなたが自己愛性人格障害のひとの前で

とってはいけない行動をとってしまうと

また途端に恐ろしいことになりますので

対処法は

間違えてはいけません。

 

 

そして、世の中の大半の人が

自己愛性人格障害のひとの対処の仕方を

反対のことばかりしています。

 

 

だから、自己愛性人格障害のひとは

どんどんひどくなり

そして被害者にだんだん強く

当たるようになっていきますので

被害者になった人は逃げるしか方法が

なくなってしまうのです。

自己愛性人格障害の人が

旦那様だった場合、

離婚をすることがなかなかできないので

どんなにひどいことをされても

誰にも言えずに堪えている人も

大勢います。

 

職場でのターゲットになってしまった場合は

会社を辞めるより他がなくなり

路頭に迷ってしまう人も大勢います。

 

だからできるだけターゲットに

ならないような行動をとらなければいけないのです。

 

ただ、対処法さえできるようになれば

自己愛性人格障害のひとは

大変親切で礼儀正しく

何もひどいことはしてこなくなります。

 

だから自己愛性人格障害の特徴を

よく知っていただき

対処法をすることによって

あなたにも、

あなたの周りのひとにも

自己愛性人格障害のひとは

何もできなくなって

おとなしくなるのです。

 

あなたさえ対処法をしていれば

周りのひとにも攻撃することなく

親切にしてくれますので

自己愛性人格障害のひとは

ただただいい人になり、何も害がなくなり

平和に暮らしていけるのです。

 

 

それには

自己愛性人格障害のひととは

適正な距離を取り、

これ以上あなたが思い通りにならないと

思わせるためにも

攻撃的な態度や、仲を深めようとしたり

ご機嫌を取ってはいけないのです。

 

 

 

自己愛性人格障害の人は

大変怖いので

ご機嫌を取ってしまう人もいるのですが

そうすることによっても

自己愛性人格障害のひとは

激化してしまいます。

 

 

自己愛性人格障害のひとには

正しい付き合い方をしながら

あなたも敵対心を見せず

業務上に淡々と付き合うことによって

個人的に仲良くしたり付き合ったりなければ

わりと長い間、

自己愛性人格障害のひとが

あなたに気を使ってくれますので

もめるような出来事は

何一つ起こらないでしょう。

 

 

自己愛性人格障害のひととの

付き合い方を正しく知って

あなたやあなたの周りの環境を平和にすることを

目標としていきましょう。

 

自己愛性人格障害という病気は

付き合い方さえ分かれば

驚くほど平和に過ごすことができるのです。

自己愛性人格障害のひとの魅力は周りの人で作られている


こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとの魅力は

周りの人で作られている、

ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとは

本当に魅力的な人が多いです。

 

Tiaraも自己愛性人格障害の人が

分かるようになってからでも

いろいろなタイプの

自己愛性人格障害のひとを見てきましたが

老若男女、性別や年齢はいろいろな人が

いますが、

みんなそれぞれに

自己愛性人格障害独特の

威嚇をしていないときは

本当にいい人に見えます。

 

明るく爽やかで

後輩をねぎらう言葉を絶妙なタイミングで

かける上司や、

年齢は高くても品が良くて

どことなくかわいらしさのある女性の先輩、

紳士的で仕事のできる好青年や

若くて先輩を立てる空気を読むことに長けた

明るい若者、後輩の面倒を見る

いい兄貴分など、

本当にみんな

人気があったり、尊敬されたりしていて

あまり深く知らない人から見ると

すごくいい人がいるな、と思うと思います。

 

みんななんとなく

自己愛性人格障害のひとを

特別な目で見ているのです。

 

そんな自己愛性人格障害のひとの魅力は

もちろん本人の努力もありますが、

もう一つは周りの人を

コントロールしていることにより

周りの人の尊重ぶりが普通のひとと

明らかに違うのです。

 

カリスマ性がある、

というようにも取れるでしょうか。。。

 

ちょっと普通のひととは格が違うな、

という印象を受けます。

 

自己愛性人価格障害のひとは

尊大な自分を魅せていないと

人から嫌われることを極端に恐れているため

必要以上にしんせつにしてくれたり

労いの言葉をかけてくれたり

とにかく気がききます。

 

あなたが困っているときは

すぐに飛んできてくれるかもしれません。

 

そんな自己愛性人格障害のひとに

好印象を持つ人も多くいるので

周りの人とのコミニュケーションも

とてもよくとれているので

はたから見た感じがすごくいい人がいる、

とちょっとした感動を覚えます。

 

 

それくらいいい人が多いので

初めは周りからの評判も良く

自己愛性人格障害のひとの周りには

いつも幸せそうな人で

あふれているかもしれません。

その周りの見方が

自己愛性人格障害のひとの印象を

より良いものに持ち上げているのです。

 

Tiaraの自己愛性人格障害の元彼も

そんな印象のひとでした。

 

前の職場にいた自己愛性人格障害のひとも

同世代のほうは

元彼ほどパソコンのことは

詳しくありませんでしたが

「それは僕にとって管轄外です。

そんな仕事は別のものに任せればいい。」と

自分の担当の仕事をそつなくこなす

また彼もとても素敵な

落ち着いた感じのある紳士的で

静かなタイプでした。

 

書類や机の上などは

とてもきれいに整理整頓されていました。

 

以前の職場の女子社員も

はじめ転勤してきたとき

すごく素敵な人が来た、と思ったようです。

 

しばらくして仕事の細かいことで

ネチネチ言われたらしく

怖くなって今では警戒していましたが

初めの印象は

とてもよかったようです。

 

Tiaraももし、

自己愛性人格障害という病気を知らなければ

年齢も同世代だったので

もしかしたら

好きになっていたかもしれません。

 

もちろん自己愛性人格障害だということは

すぐに気づいたので

一線引いて仕事上のみ

お付き合いをしていたので大丈夫でしたが。。

 

彼のほうも惹きつけ行為もしていたので

どうして自分に惚れないんだろう?と

疑問におもっていたかもしれないですね。。

 

とにかく

自己愛性人格障害の元彼だけでなく

自己愛性人格障害のひとは

とても素敵な人が多いと知っているので

そんなことで、いいとは

今は全く思いませんけどね。

 

今のリーダーも課長も年齢や風貌は違えど

それぞれとても素敵な方です。

 

ですが、いい人だと思ってなつくと

すぐに拒否してくるのは目に見えているので

できるだけ業務以外では

近づかないようにしています。

 

今の上司やリーダーにも

取り巻きやファンのような人が周りにいて

外から見たら

よほどいい人だから慕われているんだろうなと

知らなかったら好感を持ちます。

 

自己愛性人格障害でなくても

そういう人もいるもかもしれませんが

Tiaraが今まで見たそんな印象が

普通のひとよりも良すぎるな

と思う人は

しばらくするとたいてい

自己愛性人格障害だなとわかるのです。

 

そのあとモラハラ的な行為が見えなければ

普通にいい人、

モラハラ行為がなければ

普通にいい人とみなすことができますが、

あまりにも印象のいい人は

初めのころはどうしても警戒してしまいます。

 

まだ相手が

自己愛性人格障害か分からないうちは

当り障りなく

あまり必要以上に

かかわらないほうがいいでしょう。

 

特に被害者になってしまった経験のある人は

初めから自分を前面に出さないでください。

 

自己愛性人格障害のひとは

尊大な自分を信用して近づいてきた人に

初めは意味のない無視や冷たい態度をとり

相手がどうリアクションしているか

様子を見て

今後の対応を決めるのです。

 

 

だから、彼がもしそういったことをしてきたら

自己愛性人格障害の可能性を疑い

むやみに反応したり悲しんだり

落ち込んだりしないでください。

 

彼からの嫌がらせに反応してしまうと

彼からの印象で

コントロールできると思われてしまい

少しづつ、あなたの場所を追いやり

あなただけに情報を隠していき

だんだんと

やりにくくなるかもしれません。

 

自己愛性人格障害のひとは

反応する人にしか

嫌がらせをすることが

できなくなりますので

くれぐれも

自己愛性人格障害の人に

反応しないようにしてください。

自己愛性人格障害のひとは良心がないので本当に残酷なことをしても平気でいい人を演じることができる


こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

あまり好きでない人でも

自分に利用価値があるとみなせば

仲良くすることができる

ということについてお話ししたいと思います。

 

普通のひとは、

自分が好きな人と仲良くします。

 

たしかに、自分に利用価値がある人とも

仲良くするのですが

その心は根本的にその人のことが好きで

仲良くしています。

 

たとえば、自分が

ピアノを覚えたいと思っているときに

ピアノが弾ける人と友達になったり

自分が仲良くしたいと思っている人の友達とも

仲良くなったりします。

 

 

ですが、そのひととも友達になっていて

ピアノを覚えたからもういらない、とか

自分が本当に仲良くしたかった人と

仲良くなれたから

もうあなたはいいわなんて

思いません。

 

ところが自己愛性人格障害のひとは

自分がないので自分がその人のことを

好きだということはないと思います。

 

たとえば自己愛性人格障害のひとは

ステータスを気にする人が多いので

恋人にはある程度のステータスを求めます。

 

たとえば背が高い、とか

見た目にキレイだとか

有望な人脈を持っている人や

地位の高い人と仲良くなったりします。

 

 

ですが、自分に都合が悪くなると

途端に態度を変えることも多いと思います。

 

たとえばステータスの高い

恋人を持っていたが

その人が

自分の立場を左右するような人物と

こじれてしまったり

財産を失うような大きな出来事に

見舞われてしまったときなど

自分にとって都合が悪くなった、

と思えば、いくらでも簡単に

捨てることがあります。

 

たとえば結婚をしていたとしても

さらにもっと条件の良い恋人が現れたとしたら

それまで、いくら長い関係を続けてきて

その人に何の落ち度がないとしても

平気で離婚して

乗り換えます。

 

さらに自分が軽々しく乗り移ったと

思われることは

とても怖いので

相手をさんざん悪者にして

離婚されても仕方のない人物、

と世間の人に見せかけることをします。

 

本来ならば

自分の勝手で離婚するのですから

申し訳ない気持ちになるのですが、

自己愛性人格障害のひとにとって

相手の立場などお構いなしなのです。

 

たとえば自殺をしようが路頭に迷おうが

本来ならば知ったことではないのですが

それでは世間の人に

自分が悪く思われてしまうので

一応、心配しているふりをしたり

罪を償う姿勢を見せることもありますが

世間の人にばれないと思えば

ほっておくのです。

 

 

それに自己愛性人格障害のひとは

突然捨てることによって

相手が泣いて縋り付いてこれば

自分に価値があるような気がして

気分を高揚させます。

 

自分の気分を高揚させる道具として

いかにも先があるように見せかけて

何度も何度も自分から顔を見せに来て

元に戻らない、ということも

多く見られます。

 

その時被害者は、

やがて精神を壊して病院に入るか

自分で命を絶ってしまうこともあるのです。

 

そして、そういったことがあった場合、

自分ではなく

新しい恋人のせいにすることもあります。

 

新しい恋人のせいで仕方なく

責任を取る形で離婚したが

本当は離婚などしたくなかった、と

相手のせいにして

奥さんが自分のことを好きなのをいいことに

相手の女性を訴えることも多く耳にします。

 

ですが、本当は相手の女性も

自己愛性人格障害のひとが

口説き倒して信用させた場合も多いのです。

 

2人の女性が

自己愛性人格障害のひとを信じて

相手の女性が悪いとお互いに思い込み

女性どうして争うケースも見られます。

 

自己愛性人格障害のひとは

自分のしたことを

相手のせいにすることが大変うまいです。

 

そして相手も

自己愛性人格障害のひとのことが好きな場合は

自分が悪者になっていても

何も言えずに

あまりの理不尽さに苦しみながら

自己愛性人格障害のひとが

忘れられないのです。

 

そうやって二人の女性の心をつか見ながら

上手い物語を作り出して

自分は悪者にならず

きれいな存在として

女性たちの心に残り続けることもあります。

 

自己愛性人格障害とは

本当に恐ろしい病気です。

 

良心があれば

そんなことはできないはずなので

自己愛性人格障害のひとの心に

良心がないことが

とてもよくわかります。

 

最後まで自分が何をされていたのか

知らないままに

自己愛性人格障害のひとを忘れられないまま

自責の念に駆られて

自殺してしまうケースも非常に多いのです。

 

 

それほどまでに人を追い込んでしまうのは

自己愛性人格障害のひとに

良心がないからなのです。

 

そして自己愛性人格障害のひとが

尋常でないほど臆病なので

人に嫌われることを極力恐れているので

そのために自分が

きれいに見えるようなストーリーを

考え出すので

良心がないのにいい人に見られたまま

世間のひとから自己愛性人格障害のひとが

本当は何をしているのか

分からないケースも

非常に多く見られるのです。


nbsp;

自己愛性人格障害の被害者は被害妄想だと思われやすい理由とは?


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の被害者が

被害妄想だと思われやすい理由について

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の被害に

遭っている人が

信じてもらえない理由の1つに

被害妄想だと思われやすい、

ということがあります。

 

自己愛性人格障害の被害は

周りの人に訴えても

被害妄想だと思われてしまい

あなたのほうがおかしい

と思われてしまうことがよくあります。

 

Tiaraが、

自己愛性人格障害の被害を

周りの人に言ってはいけない

と言っている理由も

それにあるのですが、

もし、あなたが

自己愛性人格障害のひとよりも早く

本当のことを伝えることができるのなら

そのほうがいいと思います。

 

その場合は

あなたはこう思う、などのあなたの主観は抜きにして

ただ、こういう事実があったけど

なんかおかしくない?

と事実に対して相手がどう思うのかだけを

聞く形にしたほうがいいと思います。

 

 

事実をもとに

あなたの意見ではなく

相手の意見で判断してもらうのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

あなたのことを

周りの人に信用されないように

周りの人をコントロールしてしまいますので

できるだけ早く周りの人に

本当のことを伝えることができるとしたら

自己愛性人格障害のひとが動く前に

周りの人に本当のことを言っておいてください。

 

そのあとでもし、

自己愛性人格障害のひとが

事実とは少し違う話を持っていったとしたら

周囲の人が自己愛性人格障害のひとが

おかしいことを言っていることに

自分で気づくことができます。

 

ですが、それには

あなたがいち早く相手が

自己愛性人格障害だと気付く必要があります。

 

もし、自己愛性人格障害に気づくのが遅く

もうすでに

自己愛性人格障害のひとが

周りの人をコントロールしてしまった後だとしたら

もうあなたは何も言わず

自己愛性人格障害のひとと

彼女についているとりまきの人ごと

関係をたつことを決めてください。

 

何を言っても

あなたのほうが

被害妄想をいだいているようにしか

見えなくなってしまうのです。

 

どうして

あなたの話を信用してもらいにくく

そして自己愛性人格障害のひとが

どうやって周りの人に言っているか

気になりませんか?

 

それは、自己愛性人格障害のひとは

周囲の人に変なことをいうわけではないからです。

 

自己愛性人格障害のひとは

大変臆病なため

自分が悪く思われるようなことを

絶対に言いません。

 

でも、ターゲットにしている人のことは

優しい人や弱い人を選んでいるので

怖くありません。

 

だからあなたに対してだけ

意地悪なことをすることができます。

 

どういうやり方をするのかというと

ただ、あなたから見て

あなた自身が疑心暗鬼になるように

周囲をコントロールするのが非常にうまいのです。

 

しかも常識では

そんなことをわざわざする人はいない、

というようなことをしますから

あなたが事実を必死に訴えたところで

あなたのほうが

余計におかしく見えることがあるのです。

 

 

たとえば、

自己愛性人格障害のひとと別の人が

あなたが通った瞬間にキャラキャラっと

高い声を上げて笑ったとします。

 

あなたからしたら

自己愛性人格障害のひとと

自分の関係が壊れていますので

あなたが自尊心が低ければ

とても嫌な気持ちがするでしょう。

 

自分の悪口を言っているところへ

たまたま

あなたが通りかかって聞いてしまった!

という風に思ってしまうかもしれないですよね?

 

ですが、この時

自己愛性人格障害のひとが

話題にしているのは

おそらくあなたのことではありません。

 

おそらく

本当に誰が聞いても笑ってしまうような

面白エピソードなどを話しているのだと思います。

 

 

ですが、そこであなたの自尊心が低ければ低いほど

あなたは自分の悪口を言われれいると思ってしまい

びくびくしたり怯えたりするでしょう。

 

もし、そんなことをしてしまったら

自己愛性人格障害のひとは

あなたのそんな姿を利用して

「あの子なんかおかしいよね?」

などと話を広げていきます。

 

 

自己愛性人格障害のひとと

話していた人からすれば

ただの面白エピソードを話していた人を

変な人だとは思いません。

 

むしろびくびくしているあなたを見て

たしかにおかしな子だなと

思ってしまうかもしれません。

 

 

初めはその程度の会話かもしれませんが

これを少しづつエスカレートさせていき

あなたがおかしな子だと思わせるのと同時に

あなただけにしか分からない方法で

あなたがいじめられている、と

あなた自身に思わせていくのが

得意なのです。

 

Tiaraは

そんな絶妙なタイミングで

人を笑わせることはできませんが、

自己愛性人格障害のひとは

こういった偶然をよそおった

タイミングを見計らって

他人を操るのが

とても得意なのです。

 

実際には

あなた自身が自己愛性人格障害のひとに

脅されているだけで

あなたは本当は周りの人から

いじめられているわけでもなければ

笑いものにされているわけでもありません。

 

ですが、あなた自身が

そう思い込むことによって

びくびくしていき

勝手に病んでいくのです。

 

自己愛性人格障害のひとが

何をやっているか

分かるようになってから見ると

自己愛性人格障害のひとが

本当は何をしているか

ということも

よくわかるようになります。

 

この時Tiaraはもし笑われても

自分のことを言われているとは思いませんし

逆に、

(そのタイミングで笑わせることができるなんて

すごい!)とも思いますし、

わざわざやっていることに

自己愛性人格障害のひとの

精神的な闇の部分が感じられます。

 

だから、あなたも自己愛性人格障害のひとの

脅しに乗ってはいけません。

 

何もないところにあなたが怯えることで

状況はさらに悪化してしまうのです。

 

 

もしここで自己愛性人格障害のひとが

本当にあなたを笑いものにしているのだとしたら

一緒に笑っているその人も

その程度のひとですし、

普通のひとなら

自己愛性人格障害のひとが

あなたを笑いものにした段階で

自己愛性人格障害のひとのことを

あまりよくは思わないでしょう。

 

だから、自己愛性人格障害のひとは

本当にあなたの悪口を言っているわけではなく

あなたにそう思い込ませているだけなのです。

 

 

何もないところでびくついたり

怯えたりするのは馬鹿らしいと思いませんか?

 

あなたさえびくびくしたりしなければ

何も起きていないのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

雰囲気だけで願望を達成できる

不思議な力を持っています。

 

自己愛性人格障害のひとが

自分の精神を落ち着かせるために

勝手にしているだけのことですので

あなたが巻き込まれる必要はありません。

 

そういった変わったことをすることに

全力を注いでいる人にかかわっていることほど

時間を無駄にすることはありません。

 

 

自己愛性人格障害のひとのすることは

そうしないと生きていけない

自己愛性人格障害のひとの

メンタルを守るための勝手な行動だと

彼女の好きなようにさせておいてあげましょう。

 

そしてあなたは一切かかわらないことです。

 

 

そうすれば、あなたは自己愛性人格障害のひとの

無駄な被害に遭わなくても

済むようになるでしょう。

 

無関心という何気ない行動が

こんなにもパワーを持っていることに

気づくことになるでしょう。

 

自己愛性人格障害の被害に遭い、メンタルが壊れてしまった人たちへ


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

人の気持ちや感覚的なものは

分からず攻撃している、

ということについてお話しします。

 

自己愛性人格障害の相談を受けていますと

たまに

あまりにひどい被害を受けてきたため

相手のひとを憎む気持ちが芽生えてしまい

憎しみの気持ちに苦しんでいる人たちが見えます。

 

自己愛性人格障害のひとよりも

自分がおかしくなってしまったのではないかと

錯覚する人もいるようですが

違います。

 

実際に、被害者のほうが

自己愛性人格障害のひとから

周りの人たちをコントロールされ

悪者になってしまう場合も

ありますが、

被害者の方が悪いわけではありません。

 

それではなぜ憎しみの気持ちを

持ってしまっているのかという

質問があったのでお答えしますと

自己愛性人格障害のひとは

そうは見えませんが、

自尊心が非常に低く

本当は自分は周りのひとよりも

価値がないのではないかという

恐怖に苦しんでいる病気です。

 

そのため、周りの人に

価値がない人間だとばれてしまわないか

非常に恐怖心を持っていて

全力で隠しています、

 

だから、常に虚勢を張って生きているので

逆に強そうに見えたり、

尊敬できるような素晴らしい人に

見えているだけです。

 

 

心の奥底では

それが世間の人にばれることを

非常に恐れているので

大変臆病です。

 

ですが、その極端な臆病心のため

自分の価値が低いことを

病的に恐れているため

非常に用心深いのです。

 

だから本当は

自分のおなかの中の怒りを

誰にでもぶつけることはできず

相手がまだどんな人物か分からない場合は

とても親切で優しい人物を演じています。

 

その姿を見て

世間の人がいい人だと思うわけですが

少しでも自己愛性人格障害のひとから見て

この人はとてもやさしい人だとか

自分よりも立場が低い人だとみなされた場合は

少しづつ、徐々に嫌がらせをして

あなたの様子を見ます。

 

それであなたが

彼が嫌がらせをしていることに気づいて

怒ったり、嫌な顔をして

自己愛性人格障害のひとのことを

嫌な人だと感じた顔をした場合

自己愛性人格障害のひとは

あなたに嫌がらせをできなくなります。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

人から極端に嫌われたくないので

全力でいい人を演じて

自分のしたことをなかったことにしたり

一生懸命ご機嫌を取って

あなたの勘違いだったと思わせているのです。

 

 

するとあなたが安心して

また彼と普通にお付き合いをすると

しばらくは優しい人格者を演じているのですが

また、あなたがすっかり水に流して

自己愛性人格障害のひとを

受け止めれば受け止めるほど

安心して、またあなたに攻撃を

仕掛けてくるのです。

 

 

あなたにごまかしが通用する、

と思われてしまうと

あなたをごまかしたりご機嫌を取ったりをしながら

嫌がらせを徐々に強めていきます。

 

あなたは心が広いので

少々のことは

水に流して普通に接してくれたり

また元のように仲のいい関係を戻してしまうと

優しい時と嫌がらせを

交互に繰り返すようになるのです。

 

そして少しづつあなたも

嫌なことをされてもまた反省して

元の優しい彼に戻ってくれる、と

思い、彼が怒っても

たまたま嫌なことがあったんだなとか

理解するようになってしまい

ひどいことをされてもまた戻ってくる、と思ってしまい

なれてしまうのです。

 

実際、Tiaraも

彼の機嫌が急に悪くなることには

気づいていましたが

Tiaraが知らない間に

彼の嫌なことをしちゃったのかなあ

と考えてしまい、

自分が悪くないのに彼と仲直りしたい一心で

一生懸命謝ったり、

しばらく無視をされていても

許してくれるまでずっと耐えてきましたが

自己愛性人格障害という病気を知ったとき

すべてが納得できたのです。

 

 

あなたがもし、自己愛性人格障害のひとに

とことん攻撃をされてしまったのだとしたら

あなたは相当ひどいことをされても

許して水に流してきたのだと思います。

 

そうやって自己愛性人格障害のひとが

理不尽なことをしてきても

許してきてしまっただけなのです。

 

そりゃあ、何も悪いことをしていないのに

理不尽に攻撃を続けられていると

そのうちに笑っていられなくなりますし

被害者も責任感が強すぎるため

なんにもしてないのに

自責の念に駆られて苦しみ

自尊心をやられてしまいます。

 

自分には価値がないと

自分でも周りの人からも思われてしまい

すべての悪の根源が

あなたのように思われてしまうのです。

 

これまで説明したように

ずっと本気で付き合ってきて

できるだけ彼に合わせてきて

自分の意見など言ったことがなかったのに

どんどんあなたが悪いことにされ

一方的に捨てられてしまったり

ほかの女の人のところへ

彼が行ってしまったとしても

それはあなたのせいだと思わされています。

 

ですがそれは、あなたが悪いからではなく

あなたが自己愛性人格障害の彼に

合わせすぎてしまったがために

自己愛性人格障害のひとは

安心してあなたにターゲットを決め

あなたを傷つけるために

わざわざほかの女のひとと

付き合ったりしただけなのです。

 

そこに何の意味もなく

相手の女性のほうが

あなたよりいいわけでもなく

あなたが悪いわけでもなく

あなたがあまりにも優しすぎるから

あなたに怒りをぶつけても怖くないのです。

 

 

悲しいですが、自己愛性人格障害のひとに

彼女を大切にしよう、という気持ちは毛頭なく

彼女に優しくしているこんな素敵な俺、

彼女を幸せにしているこんなにもいい人の俺

彼女のような手のかかる女の面倒を見るなんて

なんてかわいそうな俺なんだ、と

すべて自分しか見えていないのです。

 

 

浮気もはずかしいこと、だとか

いけないこと、だとか

自己愛性人格障害のひとは思っておらず

あなたより優位に立てれば

それだけでいいのです。

 

浮気もあなたが縋り付く前提でしていて

本当にあなたが彼に愛想が尽きたから

浮気をした、というわけでもなく

あなたが彼を大事にしていないから

浮気をした、ということでもなく

自分があなたよりも上の立場に立って

見下せていればそれでいいのです。

 

これは恋人や夫婦の関係だけでなく

会社の同僚や上司でも

同じような関係性となってしまい

自己愛性人格障害のひとが

自分が優位に立つために

あなたにひどいことをして

苦しめれば苦しめるほど

安心していくのです。

 

これだけ叩かれていれば

普通のひとなら憎しみの気持ちを

持って当たり前です。

 

今までは、理不尽な思いをしても

憎しみの気持ちや怒りを

あまり持たなかったことが

むしろ問題だったのです。

 

 

あなたの周りにいる人は

いい人ばかりではありません。

 

ひどい人もいるし、

人を虐めて楽しむような人もいます。

 

 

その人たちに向けても

あなたの優しさや思いやりの気持ちや

相手に寄り添う気持ちを見せたところで

相手がそういったひどい人なら

許してくれるわけもないし

関係性が良くなることなどないのです。

 

 

あなたが一方的に寄り添えば寄り添うほど

自己愛性人格障害のひとは

安心してあなたへの攻撃を

どんどん強めてしまうのです。

 

 

あなたが自己愛性人格障害のひとに

憎しみの気持ちを持ってしまった場合は

あなたが自分を大切にする気持ちをあまりにも

無視していたから

ひどいことになったのです。

 

これからは

自分が少しでも傷つけられたと気付いたときにな

あなたを傷つける人に

歩み寄ろうとせず

あなたを傷つける人から

遠ざかるようにしてください。

 

あなたがこれまでもし

トラブル続きだったと思うなら

あなたが自己愛性人格障害のひとに

寄り添ってしまいすぎていなかったか

よく考えてみてください。

 

人はすべてのひとと同じようにいい関係を保てることはあり得ません。

 

あなたはあなたを大切にしてくれる人にだけ

あなたの優しさを向ければいいと思います。

 

 

余分な人間関係で苦しむことは

人生にとって時間の無駄ですよ。