自己愛性人格障害の被害を避けるためのコツ

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の

被害を避けるためのコツについて

お話ししたいと思います。

 

多くの被害者は

自己愛性人格障害のひとの

怒りの理由を見誤っっています。

 

Tiaraは今、

自己愛性人格障害のひとの

特徴を知っていて、そのうえで

周りの自己愛性人格障害のひとを

見ていると

とても面白いことが分かります。

 

みなさん普通のひとは

自己愛性人格障害のひとの怒りの理由を

見誤っています。

 

今のTiaraから見れば優しいというか

寛大というか

なぜかみなさん

自己愛性人格障害のひとには優しいのです。

(まあ、優しい人しか

被害に遭わないのですが。。。)


たとえば

自己愛性人格障害の彼が

怒った原因が

あなたがほかの異性と話したことだと

思ってしまうと

自己愛性人格障害のひとに嫌われないように

あなたは自ら、

ほかの異性と口をきくことを

やめてしまいます。

 

そうすることで

彼の怒りを鎮めようと思ったり

彼に信じてもらえるように

頑張ったりするのですが

それはあなたの世界をあなた自ら

小さくしてしまっていることに

気づいていますか?

 

あなたがほかの異性と嬉しそうに話していたり

彼以外の人に心を奪われているんだとしたら

それはあなたが悪いかもしれません。

 

ですが、もしあなたの彼が

自己愛性人格障害だったなら

嫉妬に見せかけてあなたに怒り

あなたにほかの異性が

近づかないようにしてしまいます。

 

これが普通のひとだったら

そもそもそんなことはしないでしょうし、

結果彼があなたを一生深く愛してくれるなら

それで問題はないかもしれません。
 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

あなたに誰も寄り付かなくなったところで

あなたを捨てたり、

またはあなたにひどいことをして

自分がすっきりするために

便利に使いだすのです。

 

これは愛ではありませんよね?

 

あなたはあなたの世界や

可能性を小さくされているのです。


異性だったとしても

仕事としてうまくやっていくために

コミニュケーションを

取っているのだとしたら

あなたは彼のために

彼以外のひととは

仕事のことでも

口を利かなくなってしまえば

あなたは仕事がやりにくくなったり

孤立してしまうのです。

 

自己愛性人格障害の彼の機嫌を取って

彼の希望道理に動くことで

あなたは自分の首を絞めてしまっています。

 

そもそもあなたは浮気をしたり

ほかの男のひとと遊びたいから

交流をしているわけではないですよね?

 

もしそれなのに

ほかの男のひとと口をきいてほしくない、

と言われたり、怒ってみせられたり

仕事でも異性とコミュニケーションをとるな、

というような雰囲気を

出してしまっているのであれば

それはもう、

あなたのためではありません。

 

しかし、

彼が怒っている理由がもし、

あなたのことが大好きで

ほかの男のひととあなたが

お話をしているところを見て

ついつい嫉妬してしまったり

疑われてしまった場合は

彼に分かってもらうために

きちんと話をしたり、

そんなつもりではなかったことを

伝えてあげれば

彼も怒ってしまったことを反省し、

あなたの気持ちをありがたく思ってくれるので

嫌がらせをいつまでもしたりすることは

ありません。

 

 

同じように怒っているように見えても

原因が全く違うのです。

 

この自己愛性人格障害のひとの怒りの理由を

読み間違えてしまうととんでもないことになるのです。

 

もし相手が自己愛性人格障害で

嫌がらせのための怒りだったとするならば

あなたは彼に寄り添ったり彼に合わせたりすることで

大変なことになってしまうのです。

 

彼の怒りが嫉妬からきているものなのか

嫌がらせなのか

モラハラからきているこじつけの怒りなのか

その原因により対処の方法は

まったく正反対のものになるのです。

 

多くの被害者が

この自己愛性人格障害のひとの

怒りの理由について

対策を間違えることで

どんどんターゲットにされていって

しまうのです。


自己愛性人格障害の被害者は惹きつけられるだけ惹きつけられて、あとはぼろ雑巾のように捨てられるだけ

こんにちは♡

今日は自己愛性人格障害の被害者は

惹きつけられるだけ惹きつけられて

後はぼろ雑巾にように捨てられるだけ

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとはとても魅力的です。

 

特に支配欲が強いので

男の自己愛性人格障害のひとは

頼りがいがあって男らしく

見えてしまいます。

 

自己愛性人格障害のひとが

まるで本当にそんな性格のように

見えてしまうこともよくあります。

 

ですが、男らしくて

引っ張ってくれているわけではない

のです。

 

ただ、あなたを惹きつけるだけ

惹きつけて夢中にさせ、

あなたが本当に彼に夢中になって

離れられなくなってから

ぼろ雑巾のように捨てるのです。

 

そしてそんな

みじめな存在になってしまったあなたの姿を

眺めることで

彼の自尊心は満たされるのです。

 

普通の人から見たら

異常な心理ですよね?

 

普通の人は支配をしたいなんて

思いません。

 

ただずっと仲良くやっていければ

それでいいのです。

 

恋人や夫婦に

どちらが上とか下とかありません。

 

どちらかというと

自己愛性人格障害のひとは

あなたと仲良くなるのは

あなたが捨てられたときに

みじめな気持ちになればなるほど

満たされるためなのです。

 

 

そのために

あなたに期待をさせることで

どん底に落とされたときに

あなたがさらにショックを

大きく受けるために

していることなのです。

 

これに気づいてショックを受ける人も

数多くお見えになりますが、

自己愛性人格障害のひとは

そもそもが、

人がみじめな状態になるところを

見ていないと満足できないので

そうなることを目指して

あなたに優しくして期待をかけるように

仕向けていきます。

 

その段階が

自己愛性人格障害のひとが

素敵に見える時期で

あなたが夢中になると

どれだけぼろ雑巾のように

みじめに捨てることができるのかを

楽しみにしているのです。

 

そんな人間がいるとは思わない人で

あればあるほどショックを受けます。

 

だから自己愛性人格障害のひとが

どれほどあなたを深くまで

突き落とすことができるのか、

楽しみながらやっているのです。

 

あなたはそんな思いを

するために彼と

付き合ったのですか?

 

違いますよね?

 

あなたはあなたのことを

本当に思ってくれる人と

付き合うべきなのです。

 

あなたのことを深く愛してくれる人は

あなたを傷つけるようなことはしません。

 

あなたが依存してもいい人間は

周りのことをよく考えられるような

一緒にいてほっとできる相手が

一番あなたのことを

優しく守っていてくれるのかも

しれません。


自己愛性人格障害のひとは初めからあなたとの関係を壊すつもりがあるの?

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の彼は

初めからあなたとの関係を壊すつもりで

惹きつけたのか?

ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の彼の

相談を聞いていますと

ほとんどの方が

とてつもなく強烈に

彼に惹きつけられています。

 

 

なぜあんなにも強烈に

あなたを求めていたのに

関係を壊すようなことをするのか

そこに疑問を持って

頭からなかなか離すことができない、

という人がものすごくたくさん

おみえになります。

 

どうしても彼の気持ちが

嘘だったとは考えにくいほど

素敵な関係だったからです。

 

彼の気持ちは

たしかに本物だったと思えるでしょうし

何ならほかの彼とは比べ物にならないくらい

大切にされていた、

と感じる被害者の方も

かなりの数でおみえになります。

あんなにも好きだと言っていたのに

信じられないほど

理不尽なやり方で

あなたを突き放すようなことを

するからです。

 

たしかに自己愛性人格障害のひとは

あなたが傷つけば傷つくほど

気分が高揚していきますので

あなたを強烈に惹きつけたほうが

あなたを突き放すときに

あなたのショックは大きいと思います。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

何も初めから

あなたを突き放すことを考えて

わざとあなたを傷つけるために

惹きつけているわけではないのです。

 

あくまでも

自己愛性人格障害のひとも

自分では自分のことを

普通だと持っていて

どうしているもこんな風になってしまうのか

分かりません。

 

いつも相手が悪くて

関係がやっていけない、

と本気で思っていることでしょう。

 

それは自分がやっていることから

逃げているからです。

 

それなのに

初めはあなたに惹かれていた彼も

楽しい気持ちで

あなたと会っていたはずなのですが

なぜか、時間とともに

どんどんあなたのちょっとしたことに

腹が立ってイライラしてきたり

一緒にいられない、

と感じてしまうようです。

 

 

それは、あなたが悪いわけではなく

あまりに自尊心が低すぎるため

どうしても常に

あなたより上に立っていないと

気が済まないからなのです。

 

あなたの欠点を見つけて

それはダメだよ、と説教したり

あなたが何かで成功するところを見ると

無性に腹がたち

あなたが成功するわけがないと

本当にちょっとしたことからでも

理由を見つけてあなたが何かの不正をしたから

成功したように見せかけている

と思い込んだりします。

 

そしてそれは

だんだんと時間とともに

エスカレートしていきます。

 

とにかくあなたがいいことをしても

腹が立ちますし、

あなたの優しさにすら嫉妬しますし、

悪いことがあると、

そこをクローズアップして

あなたに迷惑をかけられた、

と思い込みます。

 

つまり彼は

あなたがいいことをしようが

長所だろうが、

それにやきもちを妬いて

あなたが良く思われないように

してしまいますし、

かわいそうなことだろうが失敗だろうが

すべてあなたが悪いように見せかけて

自分はそれよりもましだと

思い込んでいないと

安心していられないのです。

 

つまり、初めは自尊心の低さから

強烈に不安感を

常に心にいだいていますので

周りにいる人すべてを自分に惹きつけて

自分には

価値があると思い込んでいないと

恐怖で

まともではいられなくなります。

 

そして、あなたを

惹きつけられることができたときは

 

初めのうちは

本当にうれしくて

幸せそうにしていますが

しばらくすると

そんなことはもうどうでもよくなり

自分に誰かを惹きつけていないと

気が済まないのです。

あなたに興味が亡くなったり、

ほかの人を惹きつけたくて

たまらない時は

そっちに気がいっていて

あなたのことはもう

どうでもよくなったりします。

 

それでも

彼自身は自己愛性人格障害のため

どうしても自分が悪いとは

考えたくないので

あなたに彼を怒らせる原因があると

どんなことにでも

こじつけて考えてしまうので

反省するどころか

あなたを責めて立てて

あなたにイライラをぶつけます。

 

それが自己愛性人格障害のひとが

あなたを捨てる原因です。

 

それでもあなたに

ほかにあなたを大切にする人が現れると

自分のものだと嫉妬して

攻撃してくるのです。

 

彼があなたを捨てるときに満足する状態は

あなたを

ほかのだれも相手にしなくなったときや

1人ぼっちの時、

あなたが彼を強烈に

追いかけているときです。

 

そんなときに

あなたを捨てることは

自己愛性人格障害のひとにとって

快感で、それでもその快感も

長くは続かないので

あちこちで嫌がらせをして

周りの人たちを

傷つけまくるのです。

 

初めは自覚なく

普通にあなたに惹かれて近づいて来たと

思えた彼も

実は自分の魅力を

誰かに見てもらっていないと

不安になる自己愛性人格障害のひとの

心を保つために

あなたを求めていたのです。

 

そのことにも気づかず、

お互いに惹かれあい、

自己愛性人格障害のひとの

派手なパフォーマンスに

ほかのひとにはない魅力を感じたあなたは

最後には

みじめに裸にされて

捨てられることになるのです。

 

どちらにしても愛する彼から

潰されてしまうあなたが

ふびんでなりません。

 

このように

自己愛性人格障害の彼は

初めからあなたを潰すつもりで

近づいてきているわけではなく

その自尊心の低さから

どうしても隣にいる人よりも

上に立ちたい願望が

強烈に抑えられずに

どうしても相手が逃げ出してしまうほどに

潰してしまう病気なのです。

 

Tiaraならそんなにも

人のことを惹きつけることができるのなら

その力を使って

永遠の愛を手に入れたいと思います。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとには

どうしてもそれができないのです。

 

自分のことを

本当に思ってくれる人をつぶす病気なんて

本当にもったいないことです。

自己愛性人格障害の被害者はもっと周りから見た自分を客観視するとよい

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとの

被害に遭うような人は

もっと周りから見たときの自分を

意識してみると良い

ということについて

お話ししたいと思います。

 

会社や学校などで

理不尽な目に遭ったとき

とても驚くと思うのですが、

あなたが信じている世界だけが

あるわけではありません。

 

あなたは何もしていないと思うのですが、

自己愛性人格障害の被害に遭うようなひとは

自分の存在を

もっと周りから見て

どのポジションにいるかを意識してみると

冷静になれるし、あなたの気持ちも落ち着き

冷静に対処できると思います。

 

あなたも自己愛性人格障害のひとと

同じで

周りの人から見られたときに

どう思われるかを極端に

気にしていると思います。

 

人間は誰にでも好かれる、ということは

不可能に近く

そんなことは誰でもありえません。

 

必ずあなたも

誰かからは好かれていて

誰かからは嫌われていて

それ以外のひとからは

何とも思われていません。

 

それが普通なのです。

 

もしあなたが、

だれからも好かれるいい子を目指してしまうと

どんなに理不尽な目に遭ってもいいよと

言っているような状態に

おちいってしまうかもしれません。

 

Tiaraは自分自身もそうですが

そんな人を何人も見てきているのです。

 

 

もし、どうしてもそれを望み、

居心地のいい環境に身を置きたいのなら

周りから見た自分を

客観視できるといいのです。

Tiaraの会社にも

数人の自己愛性人格障害のひとが

数名見えますが、

いつも周りの様子を

さりげなく観察しています。

 

あなたの行動が彼の気に触ったり

あなたが彼が羨ましいと

思うものを持っていた場合、

あなたは自己愛性人格障害のひとから

その場にいられないほど

潰されてしまう可能性が

出てきてしまいます。

 

いい子であることも

自己愛性人格障害のひとからすると

攻撃の的となってしまうのです。

 

なぜなら、自己愛性人格障害のひとは

そうは見えないのですが

自尊心が恐ろしいほど傷つけられているので

ほかの人が別のひとと仲良くしているだけで

炎のような嫉妬心が燃え上がり

その人をコテンパンに

潰したくなってしまうのです。

 

あなたからしてみれば

何もしていないので

とても驚くと思うのですが、

自己愛性人格障害のひとは

普通の人が考えられないくらいの出来事で

感情をむき出しにしてしまうほど

怒り狂ってしまうことがあるのです。

 

自己愛性人格障害のひとから見たら

人が笑っている所を見ただけで

強烈にひがみをあらわに

してしまうのです。

 

だから自己愛性人格障害のひとの前では

ヘタに敵対心をもってもらいたくないので

穏やかに静かにしていることを

心がけています。

 

周りから見た

全体像から浮かないようにすることが

自己愛性人格障害のひとからの

怒りを受けないことにも

つながっているのです。

大きな目で周りから見たときに

あなたの行動が

浮かないようにふるまっていると

自己愛性人格障害のひとは

あなたがどんな人物か分からないので

あなたに攻撃をすることが

できないのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

とても頭がよく、優秀な人物が多いですが、

共感力がないため

感覚的なものは分からなくなっています。

だから目で見て分かりやすいものしか

分からないのです。

 

 

あなたがケタケタ笑っていれば

嬉しそうにしていることは分かり、

自己愛性人格障害のひとは

そこにも怒りの感情を

持ってしまうことがあります。

 

 

でも、あなたの感情が

薄ければ薄いほど

自己愛性人格障害の人には

あなたがどんな感情を

持っているか分からないのです。

 

ただ、あなたもそんな

感情の薄い人間には

なりたくないかもしれませんが、

自己愛性人格障害は病気なので、

本当に注意が必要です。

 

あなたも自己愛性人格障害の被害に

自分が遭いやすいタイプだと

知っているとすれば

やはり注意をするに越したことはありません。

 

 

そして、

自己愛性人格障害のひとのいないところで

本当の自分を出せばいいことなのです。

 

 

普通のひとには

あなたのありのままの姿を見せても

大丈夫ですし、

むしろそのほうが友達もできやすいですし

周りの人のコミュケーションも

取りやすくなります。

 

Tiaraも自己愛対策のし過ぎで

暗い人だと思われてしまったことが

あります。

 

 

全然話してくれない、

と言われていたことが分かり

今ではその人とは普通に話すようになり

すっかりコミニュケーションも

元に戻りました。

 

自己愛対策は、

自己愛性人格障害のひとにだけ

すればいいのですが

いつもやっていると

暗い人だと思われてしまうこともあるので

そこのところはあなたのほうで調節していただき

普通のひととは普通にありのままのあなたで

コミュニケーションをとるようにしてください。

自己愛性人格障害のひとから目をつけられないためにすることの必須項目!

こんにちは♡

今日は自己愛性人格障害のひとから

目を付けられないための

必須項目について

お話ししたいと思います。

 

Tiaraは最近

職場が変わったのですが、

大手企業なので大変人数が多く、

Tiaraのいるフロアだけでも

80人ほどの人がいるので

自己愛性人格障害のひとも

たくさんいます。

 

今のところ4人ほど

見つけているのですが

もしかしたらほかにも

いるかもしれないです。

 

 

印象がいい、有能である、

説教が長く粘着質がある、

そばに堪えている人が多くいる、

必ず人を上から目線で見る、

どんなにいいことを言う人にも

必ずディスって笑い飛ばす、

話しが丁寧で分かりやすい、など

本当にきれいに

特徴を出してくれています。

 

怖がる人も多くいるのですが、

Tiaraは「大丈夫」と答えています。

 

 

対処の仕方で

自己愛性人格障害のひとの出方が

変わるからです。

あまりの人数に

まだお話ししていない人も

山ほどいるので

完全に被害者を無くすことは

難しいかもしれませんが、

新しい被害者を増やすことは

ないと思っています。

 

あまりに1フロアが広いので

いくつかの島に分かれているので

離れた席にいる場合や

業務があまりかかわらない人は

大丈夫かもしれませんが、

関わって困っている人たちに

お話ししていることを

サイトでもお話ししていこうと

思います。

 

まず、もうすでに

被害に遭っている人も

大勢いるのですが、

その場合は少し

時間がかかるかもしれません。

 

まず、自己愛性人格障害のひとに

呼ばれて

話が始まり

だんだんと責め立てられるような話に

移行していった場合ですが

ここではひたすら耐えて

できるだけ話の内容は

仕事にかかわる

大切な内容だけを聞き逃さず、

きちんと頭に入れていってください。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

説教や責め立て行為を行いますが、

仕事の内容については

実に効率的なことが非常に多いです。

 

ここは、初めの段階から盗むつもりで

自己愛性人格障害のひとのやり方を

参考に

自分のものにしていってください。

 

自己愛性人格障害のひとは

初めの段階では

尊大な自分を魅せつけるために

業務をとても丁寧に

教えてくれることがあります。

 

ただし、相手に依存させた後

だんだんに初めにしてくれたことを

徐々にやらなくなる、という特徴がありますので

説教でも何で彼の言うことの中から

仕事のやり方についてだけは

参考にするようにすると

とてもあなたのためになります。

 

 

そして、

長々としつこい説教をされた場合は

だんだんと心臓がバクバクしてきたり

言い訳したくなってきたりすると

思うのですが

自己愛性人格障害のひとは

どんなことを言っても

必ずディスります。

 

ですから初めから

言っても無駄だ、ということを悟り、

あなたを責める言葉は

できる限り、頭に入れずに

流していってください。

そして、辛い説教が終わった後ですが

意識的にケロッとしてください。

 

できるだけ堪えていないほうが

自己愛性人格障害のひとは

次から少しあなたには

やりにくくなるはずです。

 

どうしても堪えてしまう人や

彼の要望に応えようと

必死になってしまう人は

これからもどんどんやられる、

と思ってください。

 

 

仕事の要領は自分のものにしますが

それを自己愛性人格障害のひとに

尽くすために

使わないでください。

 

 

会社とは、本来、

上司や先輩のために

仕事をしているわけではありません。

 

ですからあなたから見た怖い人に

気に入られる必要も

ののしられたりストレス発散の道具に

使われる筋合いはないのです。

 

 

それが本当に

業務のためにだというのでしたら

業務のためにしている、

ということをわざわざ意識して

するように心がけてください。

 

 

意識をちょっと変えるだけで

同じことをやっていても

不思議と状況は変わってきます。

 

そして、

あなたに

本当に親切にしてくれる人とだけ

コミニュケーションを取り

あなたに説教をしたり

バカにしたりするような人には

感情なく頭だけ

下げていればいいです。

 

そうすれば、だんだんあなたには

やりにくくなるはずです。

 

なぜなら

自己愛性人格障害のひとは

自分が嫌うことはいいのですが

相手に嫌われることに関しては

異常に恐怖心を持ちます。

彼に説教されたことを恨みに持ち

敵対心を見せてしまうと

次からは、もっと

コテンパンにやられてしまいますので

敵対心を見せることはしないように

心がけてください。

 

ですが、

積極的にかかわるようなことはせず、

あいさつ程度にしていれば

彼はあなたが何を思っているのか分からなくなり

攻撃がしにくくなるのです。

 

今の会社もまだ入って

1か月ほどしかたっていませんが

自己愛性人格障害のひとは

だんだん攻撃しにくく

なってきています。

 

ですが、その怒りが

まだ対処法を知らず、

一生懸命に辛そうな顔をしながら

堪えている人に

集中してきてしまっています。

 

ですから折を見て

その人たちにも

堪えないようにするよう

早めに伝えなければなりません。

 

Tiara自身、

直属の上司がおそらく

自己愛性人格障害だと思われ

Tiaraの席のそばを通るときに

Tiaraの様子をうかがっているのが

分かりますが

まったく気にも留めていないように

しています。

 

 

入って初めにころは

ディスられた小ばかにするようなことを

言われたことはあるのですが

「そんなわけあるわけないじゃない

ですかあ。

だってそれはこうだから

こうなるわけはないですよね?」と

明るく、笑い飛ばすように

周りの人に聞こえるように言ったので

そのことに関して上司は

Tiaraに言うことが

できなくなっています。

 

 

それでも堪えるようなことをしても

大丈夫なのか

それともこいつは何か

知っているのか?

というようなそぶりでいることが

ただ通っただけでも

上司の歩き方や息の使い方、ため息、

たまに明るく「Tiaraさんどお?」

などいろいろなことをしながら

様子をうかがっていることが

分かります。

 

 

溜息も自己愛性人格障害の特徴です。

 

俺は機嫌が悪いんだぞ、と

周りの人に分かってもらうための

パフォーマンスなのです。

 

ですが、この上司は海外勤務も長く

日本語英語のプレゼン能力が高く

とても場慣れしていて

言うことすべてが適格です。

 

幸いこの上司と仲の良い

別の課の課長が

Tiaraのことを気に入っているようで

助け船を出してくれますが、

この人もおそらく

自己愛性人格障害だと思います。

 

周りのみんなは

「できるだけ関わりたくない」と

言っている

粘着質の強いしつこい説教を

繰り返す人です。

 

前回の飲み会ではこの人から呼ばれ

Tiaraと自己愛性人格障害の上司2人と

ドイツ勤務の方と4人で飲みました。

 

この時はこのTiaraのことを

気に入っている

ほかの課の上司の好意を利用して

何とか乗り切れたのですが

Tiaraも本当はできるだけ

関わり合いたくありません。

 

普段もTiaraのことを

気にしていることは

見て分かりますが、

そもそも隣の課の課長なので

わざわざかかわる必要はないのですが

わざわざかかわって

尊大な自分を魅せてきます。

 

尊敬できるところも

いっぱいありますが

極力近づき過ぎないように

気を付けています。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

向こうから近づいてくる場合も

多いのですが

仲良くなりすぎても

嫌われてもいけないのです。

 

この微妙なラインを守るのが

難しいのですが

ずっと続けていると

向こうが

だんだんこちらに

近づきにくくなります。

 

目標は、時間をかけて

相手から何とも思われない存在に

なることです。

 

 

 

もしあなたのそばに

自己愛性人格障害のひとがいたら

それを心がけて

日々を過ごしていきましょう。

自己愛性人格障害のひとの怒り、について

こんばんは♡

今日もすべて終わって

PCの前に座ると

夜中の1時を超えてしまいました。

 

今日は、自己愛性人格障害のひとは

小さな嫌がらせを繰り返す、

ということについて

お話ししたいと思います。

 

今日は、

新しい職場で近くの席になった人と

帰りにお茶していかない?と誘われて

初めて、ご一緒させていただきました。

 

 

その人はいつも明るく、

周りに明るい雰囲気を

ばらまいています。

 

 

自己愛性人格障害の対策を

常にしているTiaraでも

思わず笑ってしまう話題を

たくさんしてくださいます。

 

入ってすぐにTiaraが

この人たちは、

絶対に自己愛人格障害ではない、

と思った男女のうちの女性のほうです。

 

周りの人たちとも

比較的上手くやれているひとなのですが、

お昼休みにたまたま、

Tiaraがこの会社に入っての

周りの人の印象を話したときに

だいたいのTiaraの読みが

当たっていることに興味を持ち

すごく面白いから、

帰りにお茶をしよう!

ということになったのです。

 

Tiaraが自己愛性人格障害かもしれない、

と疑った人物は

彼女の証言で、おそらく

自己愛性人格障害で間違いない、

ということが

ほぼ、確定いたしました。

 

Tiaraが疑った、自己愛性人格障害のひととも

仲良く見えた彼女に対しても

驚くほど、自己愛性人格障害の特徴を

物語る言動を繰り返していたのです。

 

 

人の話を根掘り葉掘り聞きだして

いざ自分のこととなると

ごまかして語ろうとしなくなったり、

こちらが気づくまでは

声をかけてこない、ということを

するそうです。

 

そして困っていることなどを聞き出したり

楽しい遊びのお誘いを強引にしてきて

自分の仲間にいようとします。

 

そして

自分から一緒にお茶しようと

誘っておきながら

集合場所まで車で行って

自己愛性人格障害のひとがスピードを緩め、

いかにも駐車しているかんじにみえたので

同じようなところに止めようとすると

止まりかかった車で

いきなり猛スピードで

ぐるりと回り、ほかの場所に停めたそうです。

 

 

それを聞いた瞬間

「あ、その人やっぱり自己愛性人格障害だ。。」

と思わず言ってしまったのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとの会話の目的は

あなたと仲良くしたい、

ということではなく

あなたのどこを攻撃すればいいのか

前もって計画できるように

あなたの欠点を集めることです。

 

Tiaraも自己愛性人格障害らしき人から

「悩みごとでも何でもいつでも相談してね!」

とラインを交換されたのですが、

おそらくこの人に相談しても

解決することはなく、

Tiaraを落とし入れたいときに

Tiaraから集めた

Tiaraの苦手なことをストックして

いざという時にTiaraに攻撃するだけだと

分かっているので、

悩みごとを相談したりなんてしません。

 

それを今日一緒にお茶をした人に伝えてみると

「その通りだと思う。

苦手なことを面白おかしく

周りの人に流されちゃうから

おそらく、この人に相談しないほうがいいよ。」

と言われました。

 

 

彼女にも

もしかしたらこの人は少し問題のある人かも?

と思い、でも、ことのほか親切なので

「Tiaraが見た自己愛らしき一面は気のせいで

本当はいい人なのかな?と思っていた」

というと、

「違う違う、本当に癖のある人で

話せば話すほど不快になっていった」と

付き合うのやめようと思った旨を

話してくださいました。

 

やはり、ある程度経験がある人は

自己愛性人格障害の特徴をみると

なんとなくおかしい、

とわかってしまうようです。

 

彼女がおかしい、と思う行動は

すべて自己愛性人格障害の特徴なんだと

いうと、

「だからか、ヤバい人だな。」と思って

少し距離を置いていたらしいのです。

 

彼女も、

被害者になりやすいいい人っぷりで

最後に「嫌。」と笑いながら明るく言い放つ、

ということが

自己愛性人格障害のひとの

攻撃を交わすために役立っています。

 

敵対心を見せないための笑顔も

ふざけた口調も

自己愛性人格障害のひとが

攻撃する機会を与えていないので

彼女はきっと大丈夫だと思います。

幸い、うちのグループの

自己愛性人格障害と疑わしき人は

部署が移動して

Tiaraのいる建物の隣の建物に移ったので

ほっとしているところです。

 

今もTiaraたちの席の横を通るときに

自己愛性人格障害のひとは

さりげなく歩いているように見えても

通り過ぎる瞬間、

自己愛性人格障害のひとは

Tiaraたちの様子を

必ずうかがっているのです。

 

今日、お互いの話が合致して

相手の方もどうやって接すればいいか

分かったようですし、

入ったばかりでその人たちを

あまり見ることのできなかったTiaraも

判断するのは、もう少しあとになるかな

と思っていたので

いろいろな話を聞けて

とてもすっきりしました。

 

というよりも

自己愛性人格障害の元彼と

別れてから、こんなに自然にできるは、

Tiaraは久しぶりです。

 

 

自己愛対策やら

何もしていない間に理不尽な嫌がらせを

されることもなく

自然に利己的に扱われることが

ないのは

おそらく初めてだと思います。

 

 

自己愛性人格障害ではない人との

付き合いだったら、

こんなにものびのびと自然にふるまえる事が

久しぶりなので

本当に楽しかったです。

 

一度、被害者になってしまったあなたにも

自己愛性人格障害のひととの関わりを

少し話すだけで

こんなにもあなたの世界は

のびのびと過ごしやすくなるのです。

 

あなたも

いつまでもひどいことばかりする

自己愛性人格障害のひとに

少し気を付けているだけで

こんなにも自由でのびのびとした空間が

過ごせるのです。

 

 

あなたが心がけることは

自己愛性人格障害だということを知って

少し間をあけて

仕事のことだけを淡々とこなし、

自己愛性人格障害のひとに

突っ込まれるところを作らないよう

一生懸命仕事をしているだけで

自己愛性人格障害のひとはあなたの何に

攻撃したらいいか分からなくなるのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

病気だから仕方がない、と諦め、

恨みを持つことをせず、

自己愛性人格障害ではない人とだけ

心を許して付き合っていくと

あなたは

楽しい毎日を

送れるようになるのです。

自己愛性人格障害のひとは、だんだんと自分が何をしているか気づいてくる

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の彼は

自分が、同じことを繰り返していることに

気づいている、ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

その自尊心の低さから、

自分には生きている価値がないと思っていて

そのことに耐えられないほど

苦しんでいます。

 

そのため、その苦しみから

逃れるために

自分の周りに自分を称賛してくれる人を

そばにおいて、その人も

それ以外の人もその人もつぶさないと

気がすみません。

 

そうしていないと

自分の価値のなさにみんなが気が付いて

大事に扱われないと

思い込んでいて極端に不安なのです。

 

 

だから、自分に価値がないことを

必死で隠すために

尊大な自分を魅せつけて

自分のファンを作り、

そのことに満足しています。

 

他人から称賛を浴びていないと

いつ、捨てられるか

分からないから不安なのです。

 

ですが、それは彼の思いこみなので

周りの人は、自己愛性人格障害のひとが

そんな風に自分のことを思っているなんて

まったく気づきません。

 

そんなことをする

意味が分からないので

自己愛性人格障害のひとのしていることに

まったく気づかないのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

まったく意味のないことをしているのですが、

本人も

それが意味のないことだとは気づきません。

 

自分は有力で大事に扱われていないと

不安なのです。

 

意味もなく人の悪口を絶えず言っている方や

意味もなくみんなの見ている前で

ののしり続けている人、

そして、自分の彼女を何の意味もなく

傷つける人を見ると

Tiaraはこの自己愛性人格障害を疑います。

 

普通の人は

わざわざそんなことをしないからです。

 

自己愛性人格障害のひとは

自分の傷ついた心を守るために必死なのです。

必死になって人を傷つけている人は

まず普通のひとではないでしょう。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとが

その病気のために苦しんでいる気持ちから

逃れようと

ターゲットの評判を落としたり、笑いものにしたり

幸せの絶頂から突き落とすようなことをすることは

許されることではありません。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとも

その恐怖と戦っていますので

やめろと言っても本人も必死なので

攻撃をやめることができないのです。

 

できることといえば

被害者のほうから逃げることや

攻撃されない人格に生まれ変わることです。

 

 

被害者になりやすい人も

本当は自尊心が低いので

どうしても相手に合わせがちになり

被害に遭ってしまいます。

 

 

だから被害者のほうが

自己愛性人格障害に気が付いて

自分から逃げる必要があるのです。

 

自己愛性人格障害のひとの攻撃が

あまりにも激しくなると

被害者の人はだんだん我慢ができなくなり

逃げ出すか

うつ病になってしまうか、

もしくは本当に運が悪い場合は

自分で命を絶ってしまうこともあるでしょう。

 

 

そうやって、

自己愛性人格障害のひとの前からは

だんだんと人が去っていくのです。

 

そして、何度もそういったことを

繰り返しているうちに

自己愛性人格障害のひとが

必ず自分のそばから人が離れていくか、

もしくは自分がひどいやり方で

その人を捨ててしまうことに

気づき始めます。

 

 

そうやって年齢を重ねるごとに

自己愛性人格障害のひとも

気づく場合もあるのです。

 

そして気づいた場合は

今後もどんな人とも

やっていけないことに気づいて

苦しむでしょう。

 

自己愛性人格障害のひとも

本当は孤独でとても辛いのです。

 

自己愛性人格障害のひとも

その症状を完全に治さないと

晩年にさみしい人生を送ってしまうのです。

自己愛性人格障害のひとが近くにいたときの対処の仕方

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとが

近くにいた場合の対処の仕方について

お話ししたいと思います。

 

 

最近Tiaraは、職場が変わり

お仕事内容も人間関係も同時に

がらりと変わったので、

少しお疲れ気味ですが、

でも、毎日元気に過ごしています。

 

10月からのお仕事なので

ちょうど、1週間たちましたが、

今まで自己愛性人格障害は

Tiaraのそばにはいなかったのですが、

今日、もしかしたら??という人を

発見してしまいました。

 

Tiaraと同じ課なのですが、

同じ課でも1課と2課があって

Tiaraは2課なのですが、

1課は同じフロアのすぐ後ろのグループです。

 

1フロアがとても広いので

すぐ後ろと言っても

少し距離はあるのですが、1課と2課の間に

少しミーティングができるようなスペースがあって

たまにそこで集まっている方々が

みえます。

Tiaraの席よりも

少しだけ斜め後ろにあるのですが、

そこで話している話は、ほとんど

聞こえてしまいます。

 

来週海外勤務をされている方の

1次帰国でお疲れ様会があるのですが、

どうも海外で半年くらい研修を受けてきた子も

帰ってきていたようで

上司がその子に、

「向こうで大変だったことは何だ。」

と聞いていました。

 

20代半ばの割とイケメンで

ハキハキとした男の子です。

 

「そうですね。

自分にとって一番大変だったのは

英語でのやり取りで、

思ったより、本当に伝わらなくて苦労しました。」」

 

次の瞬間、上司の怒鳴り声が

聞こえてきました。

 

「何を言ってるんだ、お前は!

会社の金を使って半年も研修受けてきてだぞ!

 

英語が大変でした。ってそれしかないのかよ!

もっと他に何かあるだろう!」

 

Tiraのグループは、わりと

和気あいあいと仕事をしていたので

Tiaraは聞こえていましたが、

気づかないふりをして

こちらの話でみんなで仕事について

いろいろ話していましたが、

上司の説教はいっこうに収まりません。

 

 

何度も何度もネチネチと

その子をくどくどお説教をしていますが、

言わなくてもいいことまで言っています。

 

「お前、会社の金使って

まさか遊んでただけじゃないだろう?

何かあるよな。

仕事で苦労したこととか

こんなことで困って大変でしたとか。

何かあるだろう?

まさか本当に遊んでたわけじゃないだろうな?」

 

「いえいえ、そんなことはございません。」

 

「お前、あんなことも分からんかっただろう?

少しは身になるものを得て帰ってきたのか?

なんで何にも出てこないんだ?

そんなわけないだろう?」

たしかに最もらしい事を言っていますが、

何もしていなかった、遊んできた、を

上司が繰り返し言っています。

 

周りの人から見たら、

本当に何の成果もなく、ただ、遊んできたよ、

と言っているように聞こえますが

そこまでは言っていません。

 

ですが、まるで、そういったように聞こえます。

たしかにその子もうまく何に成果を出して

何ができなかったか、明確に説明できたほうが

良かったとは思いますが、

Tiaraはただ言葉に表現するのが

ヘタなだけだと思います。

 

研修を受けてきたら

どんな成果があって何ができなかったかを

説明できるようにしておくほうが良かったと

この会話から受けて取れます。

 

 

しかし、それを伝えたいだけなら

あまりにも話が長すぎるし、

これはTiaraが思うことなので

何とも言えないですが、

Tiaraが後ろにいたことも意識しての会話だったと

思います。

 

新人の前で

海外から帰ってきたまだ若くイケメンの彼が

仕事ができない情けない人間に見えるように

演出したのと同時に

入ってきたばかりのTiaraが怖がったり緊張したりするか

様子をうかがうのと、もう一つは、

自分の怖さや有能さを新人とこの彼に魅せつけて

逆らえなくする目的も

無意識のうちに働いたと思います。

 

Tiaraは怒られていた彼の顔を

一度も見ませんでしたし、

こちらのグループは、その上司のお説教の最中も

和気あいあいとした雰囲気を崩すことはありませんでした。

 

Tiaraたちは、

画面を見ながら先輩に教えてもらっている

女の子のパソコンを

Tiaraも「見せてください!」と

これから自分がする仕事に興味津々で

5人くらいでああでもないこうでもない、

このやり方のほうがやりやすいよ、

とか、覚えやすいマニュアルをメールで送るね!

などと言っていて

5人くらいで、和気あいあいとした雰囲気を

かもし出していました。

 

この結果、怒鳴っていたり

彼を小ばかにしたように反笑いで

「まさか本当に遊んできたのか?」と言っていた

1課の上司も誰も聞いていないので

しゃべりつかれてしばらくすると

お説教をやめていました。

 

 

それでも、「何もないわけないだろう?

まさか遊んでたのか?」を言い方を変えて何度も繰り返し、

1時間くらいは

お説教をしていたことでしょう。

 

その若い男の子も

「おっしゃる通りです。」

とか

「課長はお分かりになっていらっしゃるとは

もちろん思っておりますが。」

などと、不自然なほど、

丁寧すぎる使い慣れていない変な敬語を使って

何とか収めようと必死になっているところも

感じられました。

 

本当は、そんなことしなくてもいいのです。

 

無理やり、堂々としていよう、と

気張っているところも

少し感じられましたが

そんなことをしたら、ますますこの課長は

この子に対して、

何かつつけるところがあれば

瞬時につつこうとするでしょう。

 

Tiaraたちのグループに聞かせることも

目的だったと思われますので、

Tiaraたちが穏やかな雰囲気を崩さず、

後ろで怒鳴ったりネチネチと説教をしていても

何の反応も示さなかったので、

少しは、おとなしくなるでしょう。

 

本当は怒られていた彼も

あんなに反応して堂々としていようと

無理をしたり、

変な敬語を使って気を使ったりしなければ、

もっとこの課長の攻撃は徐々に

おとなしくなっていたと思いますが、

男の子は反応していたので、

この子にはまた何かあれば攻撃してくると思います。

 

 

前の会社同様、

今後の変化もお話ししていくつもりです。

自己愛性人格障害のひとにとっての幸せ

こんにちは♡

今日は、

自己愛性人格障害の人にとっての

幸せとは何なのかについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の

ターゲットにならない限り、

自己愛性人格障害のひとのことを

いい人だと思っているひとは

たくさんいると思います。

 

そもそも自己愛性人格障害とは

極度に臆病なのですが、

普段はそうはみえません。

 

そもそもあまりにも

自分に自信がないために

それが世間のひとに知られることを

極端に恐れています。

 

それはふだんはそうは見えませんが

自分には生きる価値がないと

思っていて

それが世間のひとに知れると

バッシングを受けると

思い込んでいるので

周りのひとは

そんな風に思っていなくても

勝手に威嚇して

自分が攻撃されないように

必死なのです。

 

そして、自分が価値のない人間だと

ばれないように

尊大な自分を演じ続けて

周りのひとに、尊敬の眼差しで

眺められると、

気分が高揚して満足します。

 

ですが、心の奥底では

病的なほどに、自尊心が低いので

その気持ちも長くは続きません。

 

そして、次の瞬間にはまたすぐに

自分は尊敬される人物だと

確認しないと耐えられないのですが、

自分では自分の価値が

分からないため、

他人の目を鏡のように写し出して

自分の価値を確かめます。

 

それが、尊大で立派な行為を

演じ続けて、その

自分に対する周りの眼差しが、

尊敬して崇められているのか、

もしくは

周りのひとの惨めな状態を確認して、

自分の方が上だと確認するのかは、

そのときの状況によって変わります。

 

とにかく周りのひとの自分に対する

目線を気にし続けているのです。

 

自己愛性人格障害とは

急になるものではないので、

幼い頃からずっと

同じ事をしています。

だから、その生き方が

癖のようになっていて

常に尊大で立派な人を演じ続けながら

だれか、特定な人物を罵り、

あいつはダメだと言うことを

やめられないのです。

 

自己愛性人格障害の人のことが

恐い人や、

彼に罵られたくない人が

ご機嫌をとったり、

彼側について

取り巻きになるひともいます。

 

尊大な彼に魅力を感じる人や

憧れるひともいて、

自己愛性人格障害のひとは

どんどん上に上がっていくのです。

 

そうなると、

自己愛性人格障害のひとは

ただでさえ、自責の念が持てず

自覚することができないのですが、

ますます自分が正しいと思い込み、

症状はどんどんひどくなります。

 

ひどくなると、

本人が苦しむというよりは

周りの人が痛め付けられる

頻度も強さも増していくので、

自己愛性人格障害の被害者の方が

どんどん病んでいってしまいます。

 

被害者の方がとても

苦しい思いをするのです。

 

 

被害者がひどい思いをすればするほど

自己愛性人格障害のひとは

高揚していきますので、

攻撃がどんどん強くなっていきます。

 

他人を潰して苦しむ姿を見ることと、

尊大な自分をまわりのひとが

あごがれのまなざしで見ることが

自己愛性人格障害のひとの

幸せであり、

そしてどんどん症状はひどくなり

自分も

心が破壊されていくのです。

 

自己愛性人格障害の被害者は

あなたが気づいた時点で

彼から離れなければなりません。

 

もしかしたら、

それはあなたにとって

とても辛いものになるかも

しれませんが、

自己愛性人格障害という病気を

本当に理解したときに

あなたは離れてよかったと

むねをなでおろすことが

できるでしょう。

 

自己愛性人格障害の被害者は自分がされていることに気が付かない

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の被害者は

彼から自分が攻撃されていることに

まったく気づかない

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害の人は

あなたに対して

少しづつ継続的に嫌がらせをしていますが

あなたは全く嫌がっていません。

 

気づかないのです。

 

気づいたときには

とても苦しい状態になっています。

 

嫌なことをされたりあなたを否定されたり

ないがしろにされているのに

どうして気づかないのでしょう?

 

不思議ですよね。

自分がされていることなのに。。。

 

 

まず原因の一つとして

自己愛性人格障害のひとのやり方が

とても分かりにくいことがあります。

 

冗談っぽく、本気でとらえてしまうと

こちらがバカみたいな内容だったり

嫌がらせをした後、

しばらくはとても親切にしてくれたり

愛情をかけてくれるので

たまたまかな?と思ってしまったり、

気のせいかな?と思ってしまったり。

そしてもう1つは

あなたの性質上の問題もあります。

 

世間一般では

いいことだと思われていることなので

なかなかそれが原因だとは

気づきにくいかもしれませんが、

優しくて自分のことよりも

相手のことを考えてしまったり、

ちょっとしたことならこだわらずに

水に流してあげることができることなどです。

 

そういったあなたの性質により

自己愛性人格障害のひとの

嫌がらせや意味のない無視などは

会社で嫌なことでもあったのかな?とか

私のことが好きだから

やきもちを妬いて

怒ってしまっただけなのかな?と

あなたが彼のことを

分かってあげようとします。

 

相手が普通のひとなら

それがいいほうに進むのですが

相手が自己愛性人格障害だった場合

どんどんあなたは

軽く見られていく存在

となってしまいます。

 

そしてあなたの様子を見ながら

少しづつ気づかれないように

攻撃を強めたり、

あなたが気づきそうになると

あなたを喜ばせるために

プレゼントやサプライズなどをしてくれるので

彼のこと悪く取ってしまったあなたは

自分を責めてしまい

彼のしていることに全く気づきません。

 

 

あなたは自分の責任を問うことは

十分すぎるほどできている人なのです。

 

それよりも相手の非を見ることに

全く気がいっていません。

 

常に自分が何とかすれば

何とかできる、

とまじめに考えすぎているのです。

 

 

普通の人でもそんな気はなくとも

あなたにイライラをぶつけてしまったり

無意識にあなたが嫌がることを

してしまうこともあるでしょう。

 

なので、

なかなか違いに気づくことは

難しいと思いますが、

自己愛性人格障害のひとは

何度も同じことをしてしまったり、

全く反省の意思が見えなかったりするので

だんだんに気づいてくると思います。

 

反省の意思というのも

時には、涙を流したり

反省したような顔をして

「傷つけてごめん。。。」

と神妙な顔をしたりすることもあるので

初めのうちは

本当に分からないかもしれませんが、

そのうちに明らかにおかしい、と気づくくらい

露骨になってくるので

分かると思います。

 

露骨になってきたときは

あなたが完全に彼に頼り切っていたり

あなたが完全に彼との将来を決めた後

かもしれませんが

あなたが気づくほどひどくなっていた場合、

坂を転げるようにひどくなる一方ですから

もうその彼とは離れる決心をしたほうが

いいと思います。

 

 

あなたが確実に気づいてから離れたとしても

自己愛性人格障害の後遺症は長く響きますので

できるだけ早めに離れることをお勧めします。

 

彼から心の距離を少しづつ離していき

それと同時に少しづつ、現実に会うタイミングや

時間にも距離を置くことを

お勧めします。

 

 

初めのうちは辛いかもしれませんが

離れたほうが少しづつ心も

楽になっていきますので

離れたほうがいいと

あなたも頭と心で

納得できるようになっていくでしょう。

 

彼と一緒にいた時間を無駄にするのは

悲しいことですが、

あなたのこれからの時間まで無駄にしないよう

できるだけ早く決心してください。