自己愛性人格障害の被害にあう人の自己犠牲欲について

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の

犠牲になる人の

自己犠牲欲について

お話ししたいと思います。

 

あなたの彼が

自己愛性人格障害だと気づいていても

彼となんとかやっていけないかと

考えていると思います。

 

大半の被害者は、自己愛性人格障害の人に

何度も傷つけられているのに

別れようとはしていません。

 

気持ちを離すことも苦しいし

彼との穏やかな時間が忘れられず、

もう一度

あの頃の優しかった彼に

戻ってくれないかと

どこかで期待してしまっていると思います。

 

ですが、

嫌なことをされても

彼のそばに居続けて笑っているあなたを見て

彼の攻撃はどんどん強くなっていき

元に戻ることはないのです。

 

 

それに、彼にひどいことをされても

自分の努力で彼にわかってもらい

穏やかな生活をしていくことを望んでいる場合

あなたは自分のことを大切にしていません。

 

自分の気持ちよりも

相手の気持ちを大切にしてしまうのです。

まず、

自分のことを大切にすることが

先なのです。

 

自己愛性人格障害の人を

好きになるような人は

自己犠牲欲が強いです。

 

自分が犠牲になることで

相手にわかってもらおうとして

彼に認めてもらうと満足するのです。

 

どれだけ犠牲になることが出来るかによって

相手をどれほど思っているかを

分かってもらおうとしますが

それが、自己愛性人格障害にとっては

とても都合がいいのです。

 

逆にそういった人でないと

自己愛性人格障害の人と

付き合うことは不可能なのです。

 

だからあなたが

自己愛性人格障害の彼から

「あなたは俺のことを

何もわかっていない。」と言われ

苦しんでいるとしても

そんなことないとTiaraは知っています。

 

分かっていないのは

自己愛性人格障害の人本人と

あなただけなのです。

 

それなのにあなたは

彼から言われたことを真に受け

反省し、

さらに努力して彼に寄り添い

分かってもらおうとします。

 

あなたも

自分は価値がないと思っていて

大事にしてもらうためには

彼に尽くすしかない、と思っていますが

そんなことはありません。

 

あなたは、

相手の為に自分を犠牲にしてでも

相手の為に尽くすことのできる人なのです。

 

その代わり、自分がひどい目にあっていることは

なかなか気づけません。

 

自分のことはわからないのです。

 

そして

自己愛性人格障害の人も同じく

自分には価値がないと思っています。

 

そしてそのことに耐えられないので

それを認めることが出来ず、

そんなはずはないと立派な人物を

演じ続けているのです。

 

そして相手の上に立つことで

自分のほうが価値のある人間だと

思うことで、気分が高揚しているので

被害者になってくれる人を

そばに置くことで

落ち着いていられるのです。

 

あなたが犠牲にならなくても

あなたがいることで

幸せを感じてくれる人は

世のなかにたくさんいますし、

普通の人はあなたが犠牲になることを

できれば避けたいと思うはずです。

 

そもそも男の人は

女の子が嫌がることは

できないようにできているのです。

 

動物など弱い者にも

無意識に嫌がることは

良心が傷んでしまうのでできません。

 

あなたが犠牲にならなくても

楽しいのが一番だし、

もしあなたが

自分の為に犠牲になって努力してくれるとしたら

本当にうれしく思い、

あなたのことを本当に大切にするでしょう。

 

普通の人は自分の為に

犠牲をはらって努力してくれるあなたを

無下にはしないのです。

 

 

一度経験してみると

いかに被害者の人が

相手の為に相手を分かってあげようと

最大限努力する人かわかってしまうので、

自己愛性人格障害の経験をした人にしか

この話はしたくないのです。

 

世間の常識が、いかにいい加減なもので

固定されたものなのかが

よくわかりました。

 

ちゃんと自分の頭と感覚で理解し、

彼は本当に

あなたのことを思っていてくれるか

考えなければならないのです。

自己愛性人格障害の被害に遭ったことにあるひとは付き合うひとは選ばなければいけない

こんにちは♡

 

今日は、だれにでも

初めから心を開いてはいけない

ということについて

お話ししたいと思います。

 

被害者になったことのある人は

特に人を選ばなければならないと

思います。

 

大人になればなおさらのことです。

 

だれにでも心を開けばよいと

いうもではないのです。

 

特に優しいひとこそ

人をえらばなければいけません。

 

優しすぎるひと、というのは

自分を殺してまでも

相手のために尽くそうとするので

利用してやろうと思う人から見ると

とても簡単に利用できます。

 

それくらいよりそえば

向こうもあなたのことを

大切にしてくれると思いますが、

実はそうではないことのほうが

多いのです。

 

優しいひとはなにかされても

めったに怒りません。

 

だからちょっとくらい

嫌なことされても

さらっと水に流し、

なかったことにしてくれますよね。

 

だから安心してやるひとが

多いんです。

 

自己愛性人格障害でなくても

そういうひとはけっこういますよ。

 

はじめのうちは気に入られていても

だんだんと言いたいことを

言われるようになり、

それでも笑っていると

「全然怒らないもんねえ~♡」と

笑いながら肩をバシッと

叩かれることもあります。

 

 

優しいひとこそ

自分がどんなふうに扱われているか

きちんと相手をみてくださいね。

 

本当に

お互いがふざけあって

笑いあっているならいいのです。

 

それに見せかけた

嫌がらせではありませんか?

 

嫌がっているのにやめない、

とか初めのうちはよかったけど

もうやめて、ってなっているのに

なんで?いいじゃん。

冗談だよ?と言ってやめないのはもはや

ふざけているのではありません。

 

だんだんと

自分がやられるようになってきて

苦しくなると、

あなたの優しさは消えてしまいます。

あなたの魅力はすべてなくなっていて

気づいたら

どんなに嫌なことをされても

無表情に、

何の感情も持たないあなたがそこにいます。

 

本当に怖いので

あなたのまわりに寄ってくるひとを

よく見てお付き合いをしてくださいね。

 

 

なにかおかしいと感じたら

できるだけ早く離れることが

被害を最大限に小さくする

最大のポイントです。

 

あんなにステキだったあなたの魅力が

いつの間にかなくなってしまっています。

 

すべて奪い取られてしまい

あなたから魅力がなくなり

誰もあなたを相手にしなくなると

自己愛性人格障害のひとは

満足して捨てるのです。

 

あなたにまだ魅力があるうちは

誰かに拾われてしまうので

絶対に捨てようとしません。

 

こうやってどんどん魅力も

感情も吸い取られてしまうのです。

 

Tiaraはたまに

自分がすごく嫌なことを言っているなあと

怖くなる時があるのですが

これを教えてくれる人はなかなかいないので

みんな自己愛性人格障害でも

前向きにひたすら頑張ってしまうのです。

 

もっと早く離れることができたら

もっと早く気づけたら

こんなにも苦しまずに済んだのにと

思う被害者を1人でも無くすために

本当のことを知ってほしいのです。

 

あなたはあなたの魅力の

邪魔をするような人のそばに

いないでください。

 

本当はあなたはもっと

素敵な世界へ行けたかもしれないのに、

せっかくの楽しい人生を無駄にしてしまいます。

 

 

自己愛性人格障害のひとも

邪魔をしているつもりもないので

気づきにくく、

どうしてこんな風になってしまうのか分かりません。

 

だから被害者のほうができるだけ

自分の気持ちに早く気づいて

あなたを大事にすることができれば

あっという間にまた楽しい世界が

始まるのです。

モラハラ被害をばねにする

こんにちは♡

今日はモラハラ被害をバネにする

ということについてお話ししたいと思います。

 

 

毎日本当にたくさんのモラハラ被害の

ご相談を受けていますが

みなさん大変ショックが大きいです。

 

そんなことがあるのかと

信じられない気持ちもあるようですし、

自己愛性人格障害のひとが彼だった場合は

あまりの突然の彼の変貌ぶりに

驚いている方も見えますが、

自己愛性人格障害のひとの心理を考えてみると

それが普通なのです。

 

自己愛性い人格障害のひとは

ずっとそうやって生きてきているので

自分の何がおかしいのか分かりません。

 

だから普通の人から見てびっくりすることも

彼にとっては普通なのです。

 

だから被害者にできることは

自己愛性人格障害という共感力を持たない

自分の立場を保つことで必死な人たちがいる、

ということを理解しなければならないのです。

 

自己愛性人格障害の特徴が

よく理解できていない人は

彼に考え方を変えてもらおうと思って

必死に話し合ったり

お願いしたり、

気持ちを分かってもらおうとしてしまいますが

自己愛性人格障害のひとにとって

他人の気持ちはいっさい理解できません。

 

自分の気持ちしか分からず

他人がどう感じていようが

辛かろうが悲しかろうが

どうでもいいのです。

 

これは、自己愛性人格障害のひとにとって

恋人も友人も奥様も自分の子供も同じです。

 

自分以外はどうでもいいのです。

 

これは性格が悪いわけではなく

本人も覚えていないほど幼いころに

相当辛い思いをして

共感力を使わないほうが

楽だという生き方を覚えてしまい、

ずっと共感力を使っていないので

人の気持ちが分からなくなってしまったのです。

 

だから彼を責めることはできません。

 

そうやって育ってしまい、

共感力以外のほかの部分は使って生きてきていますので

ほかの部分は成長しています。

だから見た目には

普通の大人と何ら変わりはないので

外見上が違いが分からないのですが

それだけでとてもひどいことが

罪悪感なくできてしまうのです。

 

そのため、世の中のすべての都合を

自分に合わせて生きているため

彼に都合がいいように

世界が回ってしまっています。

 

だからなぜか、不思議なことに

彼の世界の周りの人は

彼の都合がいいように発言するし

彼の都合のいいように動いてしまったり

彼を絶賛したり彼に意見には反対しない、

という現象が起きてくるのです。

 

だからとても立派に見える人が多く

素敵なのですが、

極端に彼都合で物事が動いてしまっているだけなのです。

 

このことを心底分かって物事を見ることができる人は

彼からの被害を直接受けた人だけです。

 

ようはターゲットなのですが、

臨床心理士など

机上の弁で知識を得た人よりも

はるかに高く実践として学んでいるので

そういった種類の人間がいるということを体感し

誰よりも分かっているのが被害者なのです。

 

でも、わざわざ

自己愛性人格障害のひとの被害になんて

誰も遭いたくないと思います。

 

だから普通の人には

理解できなくて当たり前の世界なのですが

意外と身近にたくさんいるので

理不尽な出来事は

毎日いろんなところで起きているのです。

 

あなたは一度体験しているので

苦しい思いをしたと思いますが、

次からは見抜くことができ、

それなりに対処ができると思います。

 

だから

一度、自己愛性人格障害のひとの被害に

遭ってしまったことをばねに

今後は自分のことを

本当に思ってくれる人だけを選んで

付き合っていき

あなたの素晴らしい未来を

築いていってください。

モラハラ被害はひどくなると犯罪まで発展することもある

こんにちは♡

今日はモラハラと犯罪について

お話ししたいと思います。

 

毎日Tiaraのところには

たくさんのモラハラの相談が来ますが、

中には、本当にひどいものもいくつかあって

世間的には分かりませんが、

これは犯罪に限りなく近いのでは?と

思うほどのものもいくつかあります。

 

コメントをくださる方の中にも

弁護士さんの方もいて、

モラハラについての心理を

調べているといった方もみえます。

 

会社を辞めさせられたり、

暴力をふるわれたり、

お金を取られたりといった方もいて

しかも何にもしていないのに

そんなことになっていても

周りのだれからも信じてもらえて

いなかったりするのです。

 

 

これは明らかに人権侵害になると思うので

中には起訴を起こされるケースも

あるようですが、

被害者がそうしている、というふうに

見せかけられているため、

なかなか証拠を出す、ということが

難しいのです。

 

 

モラハラ専門弁護士とうたっている弁護士事務所も

中にはあるようですが、

モラハラの被害を立証するのは

本当に難しいことなのではと思うので、

もしできる弁護士さんがお見えになるのでしたら

その方は相当な腕前だと思います。

 

 

自己愛性人格障害の特徴として

脳は正常なので犯罪に手を染めることはない、とか

暴力は犯罪に当たるので

手を出すことはない、と言われていますが

密室で行われ、被害者が一切外部に漏らさない、

という自信のある場合や

これは被害者のほうが悪いので正当防衛だと認められる

といった場合は、手を出したり

犯罪に結果的に導かれることもあるようです。

 

本当にひどい被害に発展してしまった方は

これは自己愛性人格障害なのかサイコパスなのか

分からない、と思う方もいるようですが、

本当にひどい場合は犯罪まで発展していることも

あるようなのです。

 

どうして

そこまでひどい状態までに

なってしまったのかというと

自己愛性人格障害のひとは

限度なく

時間とともに、年齢とともに

どんどんひどくなりますので

あなたが許せば許すほどどんどんひどくなります。

 

 

それがエスカレートしてくると

本当に犯罪にまで発展してしまうのです。

 

それを防ぐには逃げるしかありません。

 

精神的に逃げるか、

物質的に離れるかのどちらかです。

 

あなたがこれ以上受け付けない、

と思えば、

自己愛性人格障害の被害は止まります。

 

あなたが許せば許すほど

どんどん加速していきます。

 

あなたが嫌がっているけど

「やめてね。」と言っている程度では

おさまりません。

 

あなたがこれ以上されると嫌だから

あなたのことが嫌いになる、

とわかればやめるのです。

 

たとえば嫌いになったところで

会社が同じだったりすると

嫌がらせ行為はおさまります。

 

ですが、例えば恋人で別れた後も

あなたが彼を気にしている、とわかれば

嫌がらせ行為はおさまりません。

 

嫌いになる、とは無関心になり

彼が何をしてもどうでもいい、

という状態にまでならないとおさまらないのです。

 

たとえば夫婦だったとして

暴力を振るっても

夫婦仲が悪いと思われたくなくて

世間の人には黙っていたり、

経済的な事情から別れたくない、といった場合も

ひどくなるケースがあります。

 

だから経済的な事情も

本当は自分で何とかできることは何とかして

出てこられるようにしなければ

ひどいことになる可能性はあるのです。

 

経済的な事情でなくても

浮気なども同じです。

 

結婚していても、浮気を知っていても

離婚したくないからとずっと耐えていれば

自己愛性人格障害のひとは

ずっと外部の女の人とも付き合い続けたり、

ひどい場合は人数が増えたりするのです。

 

モラハラ被害をひどくさせないためには

相手をやめさせようと思っても無理です。

 

自己愛性人格障害のひとは

自分でも自分がコントロールできないのです。

 

ですから彼をやめさせるためには

自分が受け付けないようにしなければなりません。

 

浮気をしてもどうぞ!と無関心になれば、

「やめて。」と言わなくても

自分から浮気をやめるかもしれません。

自己愛性人格障害の被害はあなたのせいじゃない

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の被害は

あなたのせいじゃない、ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

あなたは自己愛性人格障害の彼との

トラブルの連続で悩み、

Tiaraのサイトにたどり着いたのだと思いますが、

みなさんの彼がもし、

自己愛性人格障害でなければ

言われなくてもいいようなことを

言われています。

今までのトラブルでいっぱい泣いたと思いますし、

心を傷つけられることをされたことも

何度もあると思います。

 

そしてあなたのせいにされ何度も何度も

言葉や態度で責められたでしょう。

 

もしかしたら

あなたに本当に非があるときも

ないときもすべて

あなたのせいにされているんじゃないか

と思います。

 

どれだけ彼に気を使っても

とても理不尽で腹の立つようなことをされ

それでも我慢して彼に言うこともできないのに

責められるということも何度もあるでしょう。

 

 

自己愛性人格障害の人にとって

あなたがやったことも

自分がやったことも

悪いことはみんなあなたのせいなのです。

 

そして、

あなたがいいことをした時や

彼の為にやったことは

まったく忘れられています。

 

というよりも

貰ったその時も

彼はちっともあなたに感謝していません。

 

それどころか

あなたにいいところを持っていかれたと

強烈に嫉妬している可能性もあります。

 

自己愛性人格障害の人にとって

あなたの為にしたことは

いつまでも覚えていてあなたが彼にしてあげたことは

全く頭に残っていないのです。

 

これは彼とプレゼント交換をした時などを

思い返してみるといいでしょう。

 

自己愛性人格障害の人は

すべてにおいて

目の前の相手よりも上でなければならず

すべてにおいて勝ちでなければなりません。

 

それは恋人のプレゼントに対しても

同じなのです。

 

これは彼にしてもらったことがどれだけかではなく

あなたが彼の為にしてあげたことを

彼がどれだけ感謝してくれたかを見ればわかると思います。

 

普通の人ならば

ものをもらったり自分の為に

相手が何かしてくれた場合、

そのものももちろんうれしいのですが

何より相手が自分の為に

してくれた気持ちがうれしいのだと思います。

 

自己愛性人格障害の場合、

自分がやったことに

あなたが感謝しないと怒りますが

あなたがしてくれたことには

ちっとも関心を持たないのです。

 

これに気づくと

とてもみじめな気持ちになるでしょう。

 

自己愛性人格障害の人は

相手の価値に全く興味がありません。

 

興味があるのは自分の価値だけで

相手を見ることはできないのです。

 

むしろ相手に価値があると嫉妬をして

それをつぶしたくなるでしょう。

 

だから自己愛性人格障害の人に

あなたの価値を見せてはいけません。

 

見せるとただやきもちを妬かれ

つぶされて捨てられるだけなのです。

 

あなたが彼の為に一生懸命やったことは

すべて無駄になるのです。

 

自己愛性人格障害を理解することがあなたのためになる

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害を理解することが

あなたのためになる、

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

今もTiaraの周りには

数人の自己愛性人格障害のひとが

いますが

その人たちと接するときは

この人は自己愛性人格障害のひと、

ときちんと認識しながら

付き合っています。

 

 

だからその人が

急に怒鳴り声をあげたときも

挨拶を無視したときも

やたらとTiaraの周りをうろついて

話しかけてくるときも

どうして今、そんな行動に出ているか

きちんと意味を把握しながら見ているので

特にびっくりすることはありません。

 

自己愛性人格障害のひとが

今どうしたくて優しくしたり

怒鳴ったりしているのかが

分かるからです。

 

あなたがもし、

まだ、自己愛性人格障害のひとが

ふいに機嫌が悪くなったり

無視をしだしたりしたときに

彼のことが怖い、と思う時は

まだ、自己愛性人格障害のひとの

感情がどうしてそうなるのか

理解できていません。

 

怖かったり、腹が立ったりするのは、

自己愛性人格障害のひとが

なぜそういった感情の動きになっているのかが

分からないからです。

 

分かってしまえば、

無視をしたときに

ああ、おなかの中の怒りを爆発させているんだな、

とか

威嚇して相手を怖がらせようとしているんだな、

とか

しばらく不安にさせて

しばらくしてから優しく声をかけ

取り込もうとしているんだな、

とかが分かるからです。

 

怖かったり不安になったり

辛かったりするのは

まだあなたが心のどこかで

彼も普通の人間と同じような感情を持っていて

何かあなたに腹を立てているから無視しているんだ

とか考えてしまうからなんです。

 

もしかしたら

自己愛性人格障害のひとを

理解していないだけでなく

あなた自身の強すぎる責任感も

関係しているのかもしれません。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

あなたを責めることで

自分のほうが優位に立とうとしています。

 

[ad#co-1]

自己愛性人格障害のひとは

本当は、あなたを嫌いなわけではないのです。

 

ただそうやって

常に人の上に立っていなければ

不安でおなかの中の恐怖と

自分には価値がないと

思い込んでしまっている恐怖で

常に押しつぶされそうなのです。

 

プライドが高いので

そんな風には見えないのですが

それもそんな自分を隠すために

必死で虚勢を張って生きているので

常に苦しいのです。

 

本当の自分を見せられないので

いつも疲れています。

 

その不満をぶつける相手を

いつも探していて

自分が悪く思われることには

とてつもない恐怖をいだいているので

ほかの人には分からないように

ターゲットになった人のみに向けて

一直線に発射します。

 

だから、ほかの人も

周りで見ていて気付くこともあるのですが

その恐怖はターゲット本人にしかわかりません。

 

もし周りの人が見ている場合は

気づかれていたとしても

自分が悪く思われることには

極端な恐怖心をいだいているので

見ていた人やそばにいた人には

よく思われるように全力で優しくします。

 

だから周りで見ていた人は

あなたが悪かったのかな?と思ってしまったり

こんなにいい人だけど虫の居所が悪い時もあるんだな、

と思うだけで自己愛性人格障害に気づく人は

非常に少ないのです。

 

これが自己愛性人格障害のひとが

コミュニケーション能力が高いと言われる理由で

それを真のものにするには

あなたが悪者になる必要があるのです。

 

こうやって必死で自分の立場を守りながら

自己愛性人格障害のひとは生きていますので

そばにいると何もしていなくても

とんでもない悪者になってしまうのです。

 

だからTiaraは

自己愛性人格障害のひとのそばにいることは

お勧めしません。

 

 

自己愛性人格障害のひとも

辛いですが

それをまともに受けて彼のために

犠牲になろうとしてしまうと

その辛さは想像を絶するものになります。

 

どんなに好きでも耐えられないほどの苦しみを

自分の彼から与えられることは

あなたにとっても非常にショックなことでしょう。

 

だから彼のそばをそっと離れて

あなたはあなたの人生を生きてください。

 

自己愛性人格障害のひとに潰されて

職場も友達も家族も

自分の明るい未来も失ってしまい

精神科に通う人が非常に多いのです。

 

あなたはあなたの責任でないことを負わされて

世間の人から除外されます。

 

そんな風に扱われるようなことは

何もしていないのに。。。

 

 

あなたはあなたの人生を生きてください。

 

そしてあなたのことを

本当に考えてくれる人とだけ

一緒にいるだけで幸せになれるので

我慢してまで誰にでも好かれる必要はないのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

あなたが何もしていなくても

あなたを恨む心の病気なのです。

 

自己愛性人格障害の人は自分の責任を無意識にあなたの責任にしてしまう

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は

どうしても自分の責任から逃れてしまう

仕組みについてお話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害は

自責の念がないといわれていますが、

そもそも自分がしていることの

自覚がありません。

 

 

自尊心が驚くほど低すぎるために

それをごまかすために常に

尊大な自分を演じていますので

そもそもが日常的に

作った毎日を過ごしています。

 

外観は責任感がありそうに見えますが

そもそもそれ自体が

尊大な自分を演じているため

中身がありません。

 

作ったうわべだけの尊大な自分に

責任など取れるはずもありません。

 

だから責任が取れないことをごまかすために

自分のしたことを

常にだれかに擦り付けています。

 

そうやって必死で生きていかないと

いけないような習性になっていますので

幼いころからそれが日常化されています。

 

だからやっていることすべてに

責任が取れないのです。

 

それが自責の念がないといわれる由来で

他人に責任を押し付けながら

尊大な自分を演じているわけです。

 

その責任をなすり付けられる相手は

たいていの場合、ターゲットとなり

あなたは彼のそばにいると

細かいことも何もかも

常に彼の責任を

取り続けていなければならないのです。

 

だから苦しくて

あなた自身も他人のことを

自分のことのように感じてしまう

共依存の体質なため、

自分の責任としてとらえます。

 

自分でも気づかない間に

どんどん苦しくなるのです。

 

これはここまで深く考えないと

分からないことで

普段は面倒くさいので

ま、いっか、というように

すべての責任を取り続けて

あなた自身も気づかない間に

どんどん苦しくなっています。

 

だから自己愛性人格障害の人の責任は

あなたが受けてはいけないのです。

 

わざわざ彼に言う必要はありません。

 

あなたが受けずに

彼にそっとお返しをするだけでいいのです。

 

自己愛性人格障害の人は

無意識に子供のころから習慣として

その行動をしてしまっているので

自分がひどいことをしているという概念が

そもそもありません。

 

そんなことを彼に言っても分からないのです。

 

脳の構造によりどうしても

責任から逃れてしまうので

あなたが人の責任まで

引き受けてしまう習性を変えないと

どんどん自己愛性人格障害の人の責任を

引き受けてしまうのです。

 

 

あなたが受けないだけで

彼はその責任のことについて

考えなければならなくなるのです。

 

ですが、あなたが彼の責任を取り続けていると

二人の中で成立してしまい

それが表だって出てきません。

 

彼もそれでいいと思ってしまっているので

なんとも思わず、

それが普通のことだと思ってしまっていて

そのまま大人になってします。

 

だから今さら彼に間違っていると教えても

無理なのです。

 

本人の自覚があってやっているうちは

分かるかもしれませんが

自己愛性人格障害の人は

自覚なくやっているのでわかりません。

 

今までそれが普通のことだと思って

生きてきてしまっているので

今さら違うといったところで

彼に理解はできないでしょう。

 

だからあなたは

彼の責任を受けずにそっとお返しするだけで

ずいぶんと楽になることが出来ます。

 

あなたの彼が自覚があるかないかは

病気の症状の程度によりますので

あなたがみてある程度は判断できるでしょう。

自己愛性人格障害のひとは被害者の魅力を奪う

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

被害者の魅力を奪う

ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の被害者の中には

本当にひどい人もいて

彼から離れられない、

どんなに傷ついても

自分から彼のそばに

行ってしまう人がいます。

 

そんな人もよく話を聞いてみると

自己愛性人格障害の彼と出会う前は

とても魅力的な人だったことが

分かります。

 

お医者様だった方や

学校の先生だった人、

多趣味で旅行好きなひとだったり

友達も多く、いろんなイベントに

参加していたような

アクティブなひともいます。

 

いろいろな習い事に挑戦し

インストラクターの免許を

持っている人など

楽しい人生をおくっていた

魅力的なかたもとても多いです。

 

そんなひとが

自己愛性人格障害の被害に遭い

精神に大きなダメージを負い

混乱して何もできなくなり、仕事も辞めてしまって

部屋で1人、

ただ彼からの連絡を待つだけの人に

なってしまっている人もいます。

 

彼以外のことが

何も頭に入ってこなくなって

しまっているのです。

 

ひどい人だと

まだ自分から彼に連絡を取ってしまい

ののしられたり無視をされ

さらに傷つく、という行為を

してしまっている人もいます。

 

そんなに素敵な人を

こんなにしてしまうなんて

よほどひどいことをされたのだろうと

思ってしまいます。

 

それが世間の人にわかってもらえず

弁の立つ自己愛性人格障害の人のいうことが

信用されてしまうことが何よりも悔しいですが、

自己愛性人格障害の被害は

常識では考えられないことですので

信用されないのも無理もないと思います。

 

自己愛性人格障害という病気は、

病的なほど自尊心がなく

そのことが世間にばれると

恥ずかしくて生きていけないという症状により

ごまかして生きているわけですが

なぜかその真実よりも

肥大して尊大な自分を見せかけている方が

真実味を帯びてしまっています。

 

被害者自身も自己愛性人格障害の人に

惹きつけられてしまっているので

彼の理不尽な態度に気づいていながらも

自分を責めてしまい

どんどん傷ついていきます。

 

そして、魅力的だった被害者の魅力はなくなり

どんどん落ちぶれていってしまうのです。

 

まるで自己愛性人格障害の人が

被害者の魅力を吸い取っているかのように

自己愛性人格障害の人は

被害者をつぶすたびに高揚し、

目をキラキラと輝かせて

いるように見えます。

 

ですが、自己愛性人格障害の人も

その苦しみは人をつぶしたからと言って

消えるわけではないのです。

 

人前では、

尊大な自分を見せつけていないと

嫌われることへの極端な恐怖から

逃れられないので

とても感じのいい人見えますが、

実は1人になったときや、

自分が信頼できる人の前では安心して

脱力することができますので

極度の不安状態におちいっているのです。

 

その状態が彼の素の姿で

本来の自分がなく、極度のたまった怒りだけです。

 

それが安心できるターゲットにのみ

ぶつけられるので

本当に怖いのです。

 

 

それでもその大切な

ターゲットに逃げられることは

怖いので

優しく大事にして自分の魅力を魅せつけ

引き寄せながら

自分のたまった自分でもよくわからない怒りを

ターゲットにぶつけます。

 

だからそのパワーは絶大で

人に寄り添いすぎる被害者は

恐ろしいほどの体験をしなければならないのです。

 

そして魅力的なあなたの

魅力も幸せも周りの人間関係も

すべて奪われていくので

あなたの精神は壊れていってしまうのです。

 

自己愛性人格障害の人に選ばれたあなたは

幸せだったはずなのに

いわば自己愛性人格障害の人の

犠牲者にならなければならなくなるのです。

自己愛性人格障害の発症の時期

こんばんは♡

今日は、

自己愛性人格障害の発症の時期について

お話ししたいと思います。

 

Tiaraの恋愛相談室をおとずれる方の

相談を聞いていますと

人によっては、20年間なんともなく

どちらかというと仲がよかった

という方がいたり

結婚して5年ほど一緒にいたが

今まではわりと平和なほうで

最近になって発症した、という方もみえます。

 

もしかしたら

自己愛性人格障害ではないのではないか

と思うことがあります。

 

ですが、よく聞いてみると

やはり自己愛性人格障害の症状が

はっきりと出ていて

共感力がないことが分かります。

 

では、この、人によって

こんなにも長い間症状が出ないのは

どうしてなんでしょう。

 

それは、自己愛性人格障害のひとと

あなたとの関係性の違いから

早くに症状が出てしまう人と

長い間、

穏やかな関係を続けてこれた人に

分かれます。

 

自己愛性人格障害のひとが

あなたに対して

モラハラをしたいと思わない、

または、モラハラできない

と思ってた可能性があります。

 

それが、何かのきっかけで

あなたの弱さを見たり

自分のほうが上だと感じたりすると

あなたに攻撃しても大丈夫、と

自己愛性人格障害のひとの中で

Goサインが出ます。

そして、あなたが従順すぎる場合も

突っ込みたいと思うところがなかったり

もしくは外部に別のターゲットがいる場合も

自己愛性人格障害の症状を

出さない可能性もあります。

 

自己愛性人格障害のひととあなたの間に

モラハラをしても大丈夫、という

Goサインが出るか出ないかで

発祥の時期が変わるのです。

 

自己愛性人格障害かどうか判断するために

注目すべきところは

彼のあなたに対する共感力のなさにあります。

 

例えば、あなたが嫌がることを

やめようとしてくれたり

あなたの好みを聞いてくれて

それを実現しようとしてくれると

彼は自己愛性人格障害ではないです。

 

プレゼントや素敵な場所に

連れていってくれることもあるのですが

すべて彼のセレクトです。

 

Tiaraはそういったこともうれしく感じるし

いろいろ聞いてくれるのもうれしいですが

やはり彼の好みでセレクトしてくれるのも

素敵なので

まったく気づかなかったです。

 

悪いところや少し機嫌の悪いところを見ても

誰だってそんなときあるよね、

って思ってしまって。。。

 

発症するまでは、

それで結構続けてこれたりするんですよね。

何の疑いもかけずに。

 

ですが、Tiaraの得意なことは

いっさい触れようとしてくれませんでした。

 

昔からの友達に聞かれて

彼とそれをしたことがない、と言ったら、

ありえん、と言われてしまいました。

 

Tiaraがそれを好きなことは

みんな知っていることだからです。

 

Tiaraが輝きそうなことはいっさいせず、

彼の得意なところを見せてくれたり

やってくれたり教えてくれたり。

 

それも素敵ですよね。

 

だから気づかなかったんです。

 

自己愛性人格障害のひとは

自分の得意分野を見せることは

大好きですから。

 

それでなり立ってしまっていると

長い間わからないこともあるんだ、と

いろいろな人の症状を聞くようになって

分かるようになりました。

 

自己愛性人格障害のひとも

満足している時期もあります。

 

ただ、やはりTiaraの知らないところで

別のターゲットがいたり物に当たったりして

Tiaraの前では出ていなかっただけなんだな

と今では思います。

 

あなたの彼も

長い間自己愛性人格障害の症状が

出ていない場合は

そうやって別のところで

ターゲットがいたり

ストレスを発散している場所がなかったか

考えてみてください。

 

自己愛性人格障害のひとは

おなかの中に大きな怒りを持っていますが

その怒りを出してもいい人のところまで

我慢して出さないように

コントロールすることができます。

 

今ここで自己愛憤怒を起こすと

相手に疑われる、とか

自己愛性人格障害だとばれてしまう、

またはこの人には嫌われると

自分の立場が追いやられてしまう、

と思ったときも、上手に

自分のおなかの中の怒りを隠して

いい人でいることに専念できます。

 

 

そうやって怒りを出したり

引っ込めたりすることが

自由自在なのです。

 

ここで出したらまずい、という人や

場所では

いっさい出しません。

 

だから分からないのです。

 

 

そしてその、モラハラ行為を

あなたに出すようになったということは

あなたは怒りをぶつけても

自分から逃げていかない人

と彼に認定されてしまったのです。

 

いったん認定されてしまうと

彼が怒りを発散させたいタイミングで

いくらでもこじつけて

あなたを責め立てることができるのです。

 

自己愛性人格障害の人があなたの評判を落とす目的は何?

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人が

あなたの評判を落とすのは

あなたが周りの人に被害を訴えたときに

信用してもらえなくするため

ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の被害で

よく聞くのが社内恋愛の後に

自己愛性人格障害の彼に

悪い噂を立てられ、

会社を辞めなければならなくなった

という話です。

 

自己愛性人格障害の被害者は

会社を辞めているという人が

非常に多いのです。

 

 

なぜそんなことをするのか。

 

それは、

被害者の職を奪いたいわけでも

追い詰めたいわけでもなく

ただ、

被害者の人が本当のことを言うことを恐れ

自分のしたことがばれてしまう前に

被害者が周りの人から

信用されなくするためです。

自己愛性人格障害の人は

普段は虚勢をはって

立派な人物を演じているため

そうは見えませんがとても臆病です。

 

そのため本当は自分がしていることを

何となく自覚していて

それがばれることを恐れています。

 

だから被害者が周りの人に

いうつもりがあってもなくても

本当のことを言われることを恐れて

被害者の信用を無くしてしまうのです。

 

そのため

自己愛性人格障害の被害にあった方たちは

なぜか誰にも受け入れてもらえず

相談することさえできなくなるのです。

 

そしてどんどん追い込まれていきます。

 

あなたは

自分では何もしていないはずなのに

周りの人たちに信用してもらえず

自分の人格を疑ったり、

自信を無くしてしまったり

自分が人から受け入れてもらえない

価値のない人間のように思えてしまい

辛くなることがあると思います。

 

ですが、それは

自己愛性人格障害の人が

周りの人を言葉巧みに

操作しているからなのです。

 

周りの人も被害者ではなく

周りの人を操作している人を

信じてしまいがちですが

そろそろ気づいたほうがいいと思うのです。

 

被害者ばかりが

なぜ追いやられていくのか、

コミュニケーション能力の高い人間が

必ずしも正しいかどうか

もう一度、判断してほしいと思います。

 

自己愛性人格障害の被害者は

その堪えやすさや優しさ、

弱さや信じやすさから

あらよるところを追いやられて

居場所を無くしている場合があります。

 

もちろんめんどくさいことには

誰しも関わりあいたくありませんが

何となく追いやられていることは

周りの人たちも何となくわかっているのですが

関わって自分まで被害にあいたくはないので

気づいていても知らん顔をしている人が

多いです。

 

あなたは、彼のことが好きで幸せだと

思っていたはずなのに

天国から一気に地獄まで

突き落とされるのです。

 

Tiaraは、あなたが傷つかないためにも

できるだけ早くその場を離れることを

おすすめしていますが、

本来そんなことでいいはずがありません。

 

ですが、自己愛性人格障害の人は

話が通じず、すべてあなたが悪いと

思っているので

逃げたほうが早いのです。

 

一度崩れた印象は

あなたが言い訳しても

聞いてもらえる状況ではないので

好転することはありません。

 

そんな中で必死に耐えて

辛い思いをするよりも

新しい環境で

新しい未来を作ったほうが

早く楽になれるのです。

 

周りの人にわかってもらえないことは

とてもつらいことです。

 

ですが、その環境にいつまでも

こだわっているよりも

新しい一歩を踏みだしたほうが

壊れた環境に居続けるよりも

あなたが新しい世界を作り出す

チャンスなのです。