自己愛性人格障害の被害に遭った人は劇的に人生を変える可能性がある


こんにちは♡

今日は、

自己愛性人格障害の被害に遭った人は

劇的に今までの人生を変える可能性がある

ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の被害に遭われた人は

長い間自分の人生を失ってしまいます。

 

今まで、先があると思って

一生懸命頑張ってきたことが

すべて無駄になってしまったと

いう人がほとんどです。

 

 

ですが、自己愛性人格障害という病気がある

ということに気付けたあなたは

もし誰にもわかってもらえなかったとしても

あなた自身、自分は悪くなかった、ということに

気付けたと思います。

 

あなたはもう、

自分に自信を無くす必要もないのです。

 

それどころか

あなたの中には普通のひとには

ないほどの強い共感力と優しさがあり

人に否定されるようなものはいっさいない

尊い存在だったということが

理解できたのではないでしょうか?

 

そしてあなたを否定する人たちは

自尊心のない、人を否定することでしか

ドーパミンを出して

少しでも自分を気持ちよくしていないと保てない

可愛そうな人たちだった、ということを理解して

温かい目で見守ってあげてください。

 

あなたは彼らを笑って許しますが、

彼らはあなたを笑って許してはくれません。

 

自己愛性人格障害でなくても

自尊心の低い人たちというのは

慢性的に爆発しそうな不満を

もともとおなかの中に持っています。

 

 

あなたの共感力の高さや優しさを

利用しようとする人は

いくらでもいるのです。

 

彼らはあなたを使って

自分が気持ちよくなりたいだけです。

 

 

あなたを否定することにより

自分があなたよりも上だと思います。

 

 

あなたに優しくすることで

あなたを夢中にさせることができ、

自分の価値を感じることができます。

 

あなたが堪えるところを見て

まだこいつよりも俺のほうがましだと

ほっとして安心します。

 

 

そのために共感力が異常に高く

優しすぎるほど優しく、

寛大で人のいいあなたを

いくらでも利用して

自分の中のドーパミンを出して

おなかの中の不満や不安、

大きな怒りを何とか静めようと

しているだけなのです。

 

それを成功させるためにも

あなたの言うことを周りの人に

信じてもらうと困るので

自己愛性人格障害のひとが

怒っても仕方がない、

という空気を作り出すために

周りに常にあなたが

ダメ人間だと印象づけておく

コントロールもしています。

 

あなたが

ありのままのあなたを

受け入れてもらいにくいのは

そのためです。

 

 

自己愛性人格障害のひとの

被害に遭わないためには

彼らに満足をさせないことです。

 

彼らは満足することにより

あなたから離れなくなるのです。

 

 

いつも周りに

自己愛性人格障害のひとばかりを

寄せ付けていると

あなたは本当に生きにくくなります。

 

才能を認められることもありませんし

頑張っていることも

すべて否定されてしまいます。

 

本当は普通のひとよりも

優しいあなたの優しさを

利用されてはいけないのです。

 

 

優しいあなたこそ

付き合うべき人間は選ぶべきです。

 

 

そうでないとあなたは

本当にどんどん落ちぶれていって

しまいます。

 

自己愛性人格障害のひとは

自分のことをすがってくる人間は大好きなので

彼が自己愛性人格障害だと分かった時点で

もうあなたはその彼についていってはいけません。

 

そして、自己愛性人格障害のひとに

バカにされたときは

怒ったり落ち込んだり

悔しがったりしてはいけません。

 

そうすると自己愛性人格障害のひとは

あんたに自分の攻撃が効いていると思い

ますますあなたから

離れられなくなってしまいます。

 

 

 

Tiaraは

自己愛性人格障害という病気を知って

劇的に変わりました。

 

年齢は結構高くなってしまいましたが

それまでのTiaraha

幼いころからほとんど変わらず

生きてきたと思います。

 

劇的に変わったことは

自分を傷つける人物を

極端に寄せ付けなくなったことです。

 

今まで起きてきたトラブルも

親との関係も

自己愛性人格障害の彼との関係も

その他職場や学校であったトラブルの原因が

ほぼ1つだったと分かったのです。

 

自分を傷つける人物にも寄り添い

寛大でいて、許してしまい

深く付き合いをしてしまっていた

これだけです。

普段のものの考え方や

性格などはまったく変わっていないのですが

自分を傷つける人物を

極端に寄せ付けなくなったことにより

自分のやりたいことができるようになり

誰にも文句も言われず、

嫌な思いをすることがほとんどなくなりました。

 

 

その中で切ってきた友達もいます。

 

 

ですが、今のほうが平和で穏やかです。

 

自己愛性人格障害のひとがいれば

すぐにカンが働き、警戒するようになりましたし、

自分にある一定の境界線を設けて

それ以上は近づけないようにしています。

 

 

そのうえで必要なことは話し、穏やかで

常に冷静に生活をすることができます。

 

 

自己愛性人格障害のひとに攻撃をされたり

周りのひとへの印象をコントロールされなければ

いつも一定の感情でいられて

普通に生活をすることができます。

 

あなたがもし、

今後幸せになりたいのだとしたら

自己愛性人格障害のひとに

これ以上足を引っ張られてはいけません。

 

 

それには自己愛性人格障害のひとが

満足するような反応をしてはいけないのです。

 

自己愛性人格障害のひとが攻撃をしてきても

あなたには効かない、と思えば

あなたには攻撃をしてこなくなります。

 

もし、自己愛性人格障害のひとが

彼だったとしたら

その関係は終わってしまうかもしれませんが

自己愛性人格障害のひととは

いずれは関係が終わるのです。

 

終わらなければ

あなたはきっと精神病になってしまうか

自殺してしまうか

病気になってしまうかのどれかです。

 

カサンドラ症候群になってしまい、

一生苦しい思いをして生きるか

自己愛性人格障害のひとに

都合が悪くなってしまったときに

何の感情も持たれずに

バッサリと一方的に切られて終わりです。

 

それならできるだけ早く

あなたから離れたほうがいいのです。

 

あなたの人生はあなた自身のものです。

 

あなたがあなたらしく生きるためにも

あなたを尊重してくれる人を

選んでいかなければならないのです。

共感力の強い人ほど巻き込まれなくてもいいトラブルに巻き込まれやすい

こんにちは♡

今日は、共感力の強い人ほど

巻き込まれなくてもいいトラブルにまでも

巻き込まれやすい、ということについて

お話ししたいと思います。

 

共感力は人間にとってとても大切な

感情だと思います。

 

共感力がなければ

人と人との付き合いはできないと思います。

 

思いやりも大切な共感力の1つです。

 

愛情も共感力の1つで

共感力がなければ

相手に対して

本当の愛情はかけられないでしょう。

 

だから共感力がある、ということは

とても大切なことなのです。

 

ですが、共感力が強ければ強いほど

あなたには関係のないトラブルにまで

巻き込まれやすいって

知っていましたか?

 

あなたには関係のないトラブルが起きても

気になってしまいますし、

誰か他人のトラブルだとしても

何とかしてあげたい、とか

あなたが何とかしてあげようと思ってしまい

本来ならあなたに関係のないことにまで

深くかかわってしまいます。

 

そして、時には

あなたがトラブルを

引き受けてしまうことになるときも

あるのです。

 

人は意外とずるい生き物で、

自分の責任を

他人に取ってもらおうと考えている人は

意外と多いのです。

 

そばに共感力の強い優しいあなたがいたら

自分のトラブルをすべて

あなたに押し付けることも

簡単でしょう。

 

こうやって共感力の強すぎる人は

その優しさゆえに

トラブルだらけになってしまうのです。

 

逆に共感力がなければ

トラブルに巻き込まれたとしても

すぐに切り離すことが出来ますし、

なんとも思いません。

 

どうでもいいので

関係のないこととして

とらえることが出来るからです。

 

逆に共感力の強すぎる人は

自分に関係のないことまで

自分が何とかしなければと考えてしまい、

あなたはへとへとになって疲れてしまいます。

 

バランスの問題なのです。

自分に関係のない問題にまで

いちいちかかわってしたら

あなたが本来やらなければならないことの

支障になりますし、

心を引っ張られすぎて

やらなければいけないことまで

出来なくなってしまいます。

 

共感力のバランスが取れている人は

自分に関係のないことは

きちんと切り離すことが出来ますし、

自分に関係のあることは

きちんと責任を取ります。

 

共感力の強すぎる人は

なんでも自分の責任にして

しまいがちなのです。

 

その結果、あなたのせいではないことで

あなたが信用を落としていることもあります。

 

あなたは、あなたに責任のあることだけを

しっかりやればいいのです。

 

そうでなければ

あなたは余計なトラブルで

自分の時間と自分の信用を

失ってしまうことになりかねないのです。

 

自己愛性人格障害の被害にあうような人は

意識して自分を傷つけるような人には

無関心になってみてください。

 

あなたのその共感力の強さを

利用する人がいるのです。

 

誰にでも心を寄り添わせてはいけません。

 

あなたのその優しさは

あなたに優しくしてくれる人だけに向けて

それ以外の人には

少し無関心になることに慣れると

それだけで

少し生きるのが楽になるのかもしれません。

自己愛性人格障害のひとに執着してしまうあなたへ

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の彼に

執着心を持ってしまう被害者の心理について

お話ししたいと思います。

 

 

毎日たくさんのコメントや相談をいただきますが、

その中で被害者になってしまった方が

自己愛性人格障害のひとに

強く執着心を持ってしまうことが

よくあります。

 

これはさんざん優しくされて

いかにも将来があるようなことを

さんざん夢見せられた挙句に捨てる、

という自己愛性人格障害のひとが

本当によく(というかほぼ全員?)

やる行為から

納得できない被害者がおちいってしまう

心情です。

 

納得できないのは当たり前なのです。

 

だって納得できないほど

不自然な別れ方だからです。

 

 

Tiaraも自己愛性人格障害の彼以外にも

普通の人と何度も恋愛をしていますし、

もちろん、Tiaraの周りにいる友達からも

いろいろな恋愛の話を聞かせれているのですが

別れ話の1つや2つ、

だれでも経験していることです。

 

でも、たまに今までうまく行っていたのに

彼(もしくは彼女)の突然の心変わりから

納得のできない別れ、

というものは存在しますが

たいてい、必ず別れるにあたり

それなりの原因があり、

別れたくないにしても

しかたなく納得するしかない(できる)

別れがほとんどで

そんなにいつまでも執着しません。

しばらくは誰でも失恋の痛みというものは

ありますが、

時間とともに薄れていきます。

 

ですが、自己愛性人格障害のひととの別れは

明らかに不自然なのです。

 

Tiaraの友達も1人だけ、今はもう結婚して

幸せな生活を送っていますが、

若いころ、Tiaraから見たら

そんなに魅力的でもない彼になん股もかけられ

それでもいいと彼に執着して

しばらくしたらフラれて

何年も忘れられなかった子がいます。

 

その時、同級生の間では

「いつまでこだわってるの。」とか

「たいして魅力的でもない人だったのに

ドン引きするほど引きずっている」など、

本当にひどい評判でしたが

その子のその時の彼は

自己愛性人格障害だったのではないか、

と今になって思います。

 

被害者になった人が

彼が嫌がっているのに

こんなにもこだわっていて

自分のほうがおかしいのではないか、

という質問をたまにいただきますが

そんなことはありません。

 

しっかり忘れられないように

自己愛性人格障害のひとの

引き寄せ行為によって

惹きつけられています。

 

ですが、被害者になった人が

彼のことを忘れられなくなってから

拒絶するので

被害者のほうがおかしく見えてしまうのです。

 

Tiaraはそれが分かっていたので

彼のことをまだ好きでしたが、

一切興味がないようにふるまっていました。

 

そうすると逆に自己愛性人格障害のひとが

強烈にしがみついてくるのです。

 

疑問に思うのでしたら

試しにやってみてください。

 

あんなに拒否していたのに

ドラマさながらのセリフで

「強がりだったんだよ!」とか

「あなたがいないと生きていけない。」

とか言ってきますから。

 

不自然すぎることがよくわかると思います。

 

 

あなたとはやっていけない、とか

あなたとやっていく自信がない、

とどれほど言っていても

コロッと態度を180度変えてきますから。

 

そこであなたもおかしいと

気付くかもしれません。

 

逆に彼が自己愛性人格障害だと

はっきり分かっていて

それでも彼からのしがみつき行為がなかったら

そのまま別れてしまったほうが

楽かもしれません。

 

どちらにしても彼は

あなたと幸せになりそうなタイミングで

捨てようとしてきますから

自己愛性人格障害のひととの幸せは

あり得ないのです。

 

 

あなたの幸せにも自己愛性人格障害のひとは

強烈に嫉妬してつぶそうとしてきますので

彼といたら

幸せそうにできないのです。

 

あなたはそれでもいいですか?

自己愛性人格障害の彼と一緒にいたら

あなたは将来的にみじめな人になるのです。

 

それでもあなたは彼と一緒にいたいですか?

 

あなたが幸せになれる人は

自己愛性人格障害のひととは

別のところにあるのです。

自己愛性人格障害のひとと一緒にいると知らない間にあなたの中に自立心が育っている

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとと

一緒にいると

あなたの中に知らない間に

自立心が育っていることについて

お話ししたいと思います。

 

あなたは

自己愛性人格障害の彼との付き合いの中で

苦しんだり我慢をする癖がついていることに

気づいていますか?

 

自己愛性人格障害のひとの被害に

遭うような人は

我慢強い人が多く

あなたも知らない間に

彼とうまくやっていくために

かなり我慢強くなっています。

 

本来、そこまで我慢はする必要がなく

自己愛性人格障害のひとの

極端に低い自尊心を保つために

あなたにとことん寄り添ってもらわなければ

我慢できなくなっている彼に

強要されています。

 

あなたは、どれだけ苦しくても

その先に彼との未来があるのなら

我慢してしまうでしょう。

 

しかも、その我慢は報われることなく

一方的にあなただけが

寄り添っていることに気づきます。

 

あなたは相当なショックを受けますが、

そのおかげでかなりの自立心が

知らない間に身についているのです。

 

彼に別れ話をされ、

放置される期間が何度もあり

もう彼が戻ってこないのなら、と

あきらめようとすると

期待をしてしまうようなことを

言われたりして忘れることすらできません。

あなたの努力では

どうしようもないほど引き寄せられているのに

まるであなたが

勝手に引寄せられていたようなことを

言われる場合もあるでしょう。

 

それを何度も何度もされるのです。

 

あなたは、してもいないようなことで

なん度も責められ、

心はズタズタに引き裂かれています。

 

あなたは一見、心が壊れてしまったように

感じる時期もあるかもしれませんが、

同時に心がだんだん落ち着いてきて

彼が自己愛性人格障害だったことに

納得ができるようになると

あなたは1人でも行動できるように

なっていることに気づきます。

 

 

自己愛性人格障害の被害に遭った人は

すぐに新しい恋人と巡り会い

穏やかな関係にこれでよかったと

納得できる人もいますが

あまりに強烈な出来事だったため

すぐに次の人にいけない人も

けっこう大勢います。

 

 

Tiaraも彼と付き合うまでは

甘えん坊で1人ではいられなかったので

すぐに違う人と付き合ったり、

付き合えるほど好きになれる人が

なかなか現れないときは

友達に連絡をして常に誰かと会っていないと

さみしくてたまらないことがほとんどでした。

 

ですが、

自己愛性人格障害の彼と付き合ってから

ほっておかれることも多く

途中から、彼と別れたり

間が空いたときこそ自分の時間だと思い

ショッピングに出かけたり、習い事をして

スキルアップを図ったり

休日は彼とほとんど会っていて

自分のことはほとんどできませんでしたので、

色々することで

彼と一緒にいなくても

楽しめる技を初めて身に着けました。

 

今では、1人でいることも平気ですし、

自己愛性人格障害を知ってからは

嫌な思いをしている人間関係に

わざわざ分かってもらおうと

入っていくことはしませんし、

その中の誰が自己愛性人格障害なのか

ある程度は分かります。

もし、自己愛性人格障害のひとが

いないグループでも

自分が楽しいと

心の底から感じることができない付き合いには

顔を出さなくなりました。

Yesマンでどんなに嫌なお誘いにでも

断ることのできなかったTiaraが

嫌だなと感じたお付き合いには

きちんと断ることができるようになり

今では自分が本当にいいな、

と思っている付き合いにしか顔を出しません。

 

 

おかげで本当に楽しい付き合いしか

しなくなり悩むことが

ほとんどなくなりました。

 

自己愛性人格障害の

被害に遭うような人のお話を聞いていますと

嫌な付き合いにも

断ることのできない人がたくさんいるのです。

 

 

自己愛性人格障害の彼と

付き合っているときは、

他にもTiaraのような過ごし方をしている人が

たくさんみえますし、

1人で過ごすほうが自由でいいと

おっしゃる方もおみえになります。

 

強制的に1人にさせられる中で

あなたの中で

いつの間にか自立心が芽生えているのです。

 

初めのうちは悲しかったり苦しかったり

大変つらい思いをしますが、

何回も繰り返すうちに1人で過ごすすべを

知らないうちに身に着けているはずです。

 

嫌な付き合いは

断ってもよいのです。

 

むしろ嫌なのに

無理やり、断れずに付き合っているより

悩みごとが少なくて済みます。

 

嫌だと思った付き合いの中に

無理やり行っても

いいことは何もないのです。

 

嫌な人間関係を無理やり我慢して続けても

いいことは何もありません。

 

優しい人ほど

その優しさを利用されたり、

優しいから少しくらい嫌なことを言っても

文句も言わないだろうと軽くみられることも

多いのです。

 

優しい人ほど

人づきあいは選ばなくてはなりません。

 

あなたに嫌なことをする付き合いを

断っていけない理由など

1つもないのです。

 

 

そのほうが本当に生きやすくなります。

 

自己愛性人格障害のひとに

あなたの大切な人間関係を

つぶされるくらいなら

断っても平気なのです。

 

 

あなたはあなたを大切に扱ってくれる人だけと

お付き合いをして

あなたに嫌なことをする人たちとは

自己愛性人格障害でなくても

距離を置いたほうがいいのです。

自己愛性人格障害のひとが突然不安定になるとき

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとが

突然不安定になるときについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の彼と

付き合っていると

彼の様子がアップダウンしたり

とても不安定な関係になると思います。

 

上手く行っていたと思ったら

突然別れ話を言い出す、なんていうことも

日常茶飯事だと思います。

 

本当に彼は別れるつもりなんでしょうか?

という質問や

彼がまた戻ってきそうな気がします

というコメントは

毎日のようにいただいています。

 

この不安定な感情は彼自身にも

分からないのです。

あなたと別れる、と言い出し、

辛くても別れを飲むことを

自分の中で消化し始めると

彼から突然連絡が入り

「別れたくないんだ。」という出すことも

本当によくありますので

あなたは揺らいでしまいますが

これがまさにマインドコントロールで

あなたが彼を忘れられない理由になります。

 

 

彼のことが本当に好きなのではなくても

気になってしまい、

期待をかけてしまうような言葉を告げて

あなたを揺らがせます。

 

これは恋愛テクニックというより

もう精神的な拷問です。

 

そしてあなたが彼を心配になり

支えてあげようとか

彼のことばかり

気にしだすタイミングを見計らって

「あなたとはもう会わない。」と言い出したり

連絡がつかなくなったりするのです。

 

いったんは別れを受け入れたあなたが

また彼のことが気になってしまうように仕向け

そして姿を消すのです。

 

今のTiaraは

自己愛性人格障害の

このような習性が分かっていますので

なんてひどい仕打ちなのだと思います。

 

ですが、人に話しても

これが虐待だということは

分かりづらいですよね?

 

恋愛が絡んでいると

彼も不安だから

そんなこと言いだすんじゃない?

とか

誰だって不安定な時はあるから分かってあげなよ、

とか言われてしまいます。

 

自己愛性人格障害という病気があることを

知らない人からしたら

それが常識だと思ってしまいますが、

その常識をくつがえす、症状があるのです。

 

これは自己愛性人格障害のひとも

わざとやっているわけではなく

脳の構造上、どうしてもそうなってしまっていて

相手を苦しませるためにやっている、というよりは

自分が自己愛性人格障害という病気の症状から

抜け出すために

必死でやっていることなのです。

 

ですが、これは被害者にとって

とても残酷な思いをさせることになるのです。

 

自己愛性人格障害のひとのこの症状が

被害者からすると

何を考えているのか

分からなくなり、不安になるのですが、

また尊大な自分を魅せつけて

好かれていなければ自分が嫌われるかもしれないという

自己愛性人格障害の不安により

優しくされたり、素敵なところを見せられたりするので

また惹きつけられたりして

同じことを繰り返していくのです。

自己愛性人格障害はよくなることはあるのか?

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は

よくなることはあるのか

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害の彼と付き合っていて

あるいは、結婚していて

その後よくならないのか?という質問を

よく受けるのですが、

自己愛性人格障害は年齢ともに

だんだん悪くなるといわれています。

 

年齢だけでなく、

付き合いの長さにも比例しますが

それは自己愛性人格障害の人が

あなたを信用する気持ちが

だんだんと深くなるので

ひどくなるのです。

 

世間の自己愛性人格障害について

何も知らない人は

よく、被害者の人にも何か原因があるから

自己愛性人格障害の人も悪くなっていく

と思っているようですが、

実際には真逆です。

 

あなたが自己愛性人格障害の人の

意見を聞きすぎるから

悪くなるのです。

あなたが彼に従順であればあるほど

なんでもわかってあげようとすればするほど

自己愛性人格障害の人の攻撃は

ひどくなります。

 

 

そして世間の人に親切にすればするほど

あなたへの虐待もひどくなりますし

あなたに虐待すればするほど

世間にばれることを恐れて

世間の人には今まで以上に親切に

優しく接するようになります。

 

 

その方が、自己愛性人格障害の人が

疑われにくく

あなたがより悪いと思われるからです。

 

あまりにも自己愛性人格障害の人が

世間の人に親切だと

世間の人は、あなたのことをよく調べもせずに

自己愛性人格障害の人のことを信頼します。

 

つまり、あなたは確認されることもないままに

評判が悪くなってしまうのです。

 

この事実には

被害者自身も気づきにくく

あなたも自分にどんどん自信がなくなっていき

自尊心をつぶされていきます。

 

ということは

あまりにも印象のいい自己愛性人格障害の人が

いる場合、

すぐそばに何もしていないのに

評判を落とされている人がいる、

ということになるのです。

 

そして自己愛性人格障害の人の

マインドコントロールも入っていますが

被害者自身の性格も彼に寄り添うことで

相手に認めてもらおうとしてしまうので

自己愛性人格障害の人に寄り添っているので

よけいにあなたが悪く見えます。

 

 

あなたが嫌なことをする人に

寄り添うわけがない、というのが

世間の常識だからです。

 

だからあなたは

自分にひどいことをした人に

寄り添ってはいけません。

 

そうすることにより

あなたは自分の評判を落としてしまうのです。

 

あなたは

あなたにひどいことをした人からは

ちゃんと離れないといけません。

 

自分のことを

もっと大切にしないといけないのです。

 

あなたは今まで人に寄り添うことで

その人に認めてもらおうとしていたと

思いますが

自己愛性人格障害の人は

あなたが寄り添えば寄り添うほど

どんどんあなたを追い込んできます。

 

そしてあなたのその行為こそが

あなたが世間から悪くみられる原因を

作っているのです。

 

寄り添えば寄り添うほど

自分が認めてもらえる、

ということはありません。

 

あなたは自分をもっと大事にすることで

世間の人からの信用を得ることが

出来るのです。

あなたが攻撃されないためにはもう少し自分の痛みに敏感になってみる

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は

他人の心の痛みはわからないが、

自分の心の痛みに関しては

ひどく敏感ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人は

コミュニケーション能力も高く

周りの人とうまくやっている人が

とても多いです。

 

ちょっと横着をしても

不思議と自己愛性人格障害の人がすると

なぜか許してもらえます。

 

被害者になるような人は

そんなに大したことをしていなくても

ちょっとしたことで

知らない間に

誰からも

口をきいてもらえなくなっていることも

あります。

 

不思議だと思いませんか?

 

なぜ自己愛性人格障害だと

許されるのでしょうか?

 

おなかの中にあんなにも

大きな怒りを抱えているのに

自己愛性人格障害の人は

不思議と過ごしやすそうにしています。

 

 

理由は

自己愛性人格障害の人は

自分を傷つける本当にちょっとした行為も

極端なほど許さないからです。

 

自己愛性人格障害の人は

病的なほど自尊心が低いため

心の中は恐怖でいっぱいになっています。

 

そのため、ちょっとした批判も

批判と呼べるほどのものでなくても

彼と違う意見を言っただけでも、

彼よりも目立ってしまうときでも

自己愛性人格障害の人は

驚くほどの恐怖が湧き上がってきて

怒りをあらわにします。

周りの人もそれが分かっていて

なぜか自己愛性人格障害の人には

ちょっと気を使って動いています。

 

少々怒鳴っていても

長時間誰かを叱咤していたとしても

誰も何も言いません。

 

特に上司に注意されることもなく

延々と怒り続けていたりしても

誰も何も言いません。

 

これに比べて被害者になりやすい人は

嫌なことをされても我慢してしまいます。

 

荒波を立てたくないのです。

 

そうすると

自己愛性人格障害の人でなくても

被害者になりやすい人は

荒波を立てたくないことが分かっているので

あなたにはなんでも言いやすくなります。

 

 

理不尽なことをされても

さらっと水に流してあげたり

許してあげたりしていませんか?

 

あなたのそんなところは

寛大だったり優しさだったり

いいところではあるのですが、

そのことによってあなたは

まあいいや、と思われがちになります。

 

気を使わなくても済むので

あなたとは

付き合いやすい人が多いと思いますが

そのことによって

ちょっと軽く見られてしまっているのです。

 

それに比べて自己愛性人格障害の人は

自分の痛みには

ものすごく敏感に反応しますので

周りの人も自己愛性人格障害の人には

少し気を使ってしまうのです。

 

Tiaraはどうしてあんなにも

自己愛性人格障害の人が言うと

説得力があるのだろうとか

自己愛性人格障害の人の都合のいいように

周りが動いてしまっているのは

なぜなんだろうと思っていました。

 

 

周りの人が気を使う環境になっていることが

自己愛性人格障害の人が

過ごしやすい理由なのです。

 

あなたももう少し自分の気持ちに

敏感になってはみませんか?

 

あなたは周りの人に気を使えるあまり

今までは、あなたのことは

軽くみられるようになってしまっていました。

 

そのことによって

あなたには攻撃しやすくなります。

 

 

あなたが子供のころから教わってきた

みんな仲良くしなさい、とか

ちょっとしたことは

水に流してあげなさい、とか

相手の気持ちを分かってあげたりしていると

あなたは相手を大事にしていますが

相手はあなたを大事にしていません。

 

きれいごとだけを守っていてもだめなのです。

 

あなたが親切にしても

相手があなたを大切に扱っていないと

感じたときは

あなたはその人とは

少し心の距離を置くようにしてください。

 

あなたが付き合うべき人間ではありません。

 

あなたはもっと大切に扱われるべきなのです。

 

 

子供のころに教わった

やられてもやり返してはいけません、

とは何もしないことではありません。

 

やり返すのではなく心の距離を置いて

付き合うべき人間を選ぶべきなのです。

 

あなたがもっと自分のことを大切にしていれば

そんな人とは付き合ってはいけないことは

本能で分かります。

 

あなたが自分を大切に思い始めると

だんだんとあなたには

攻撃しにくくなるのです。

 

あなたは自分が思っているように

他人にも扱われます。

 

あなたが自分を大切にしていなければ

相手もあなたを大切にしてくれません。

 

あなたが自分を大切にしていれば

あなたを大切にしてくれない人は

寄せ付けないのです。

動機があってやるのが被害者で動機がなくてもやるのが自己愛性人格障害

こんにちは♡

今日は、動機があってやるのが被害者で

動機がなくてもやるのが自己愛性人格障害

ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人は

そのコミュニケーション能力の高さと

魅力で、普段はそんな風に見えませんが

本当はおなかの中に

大きな怒りを持っています。

 

 

自己愛性人格障害の人は

自分がどう見えるか、というところに

一番に重きを置いていてそれがすべてです。

 

笑っていても穏やかでも

本当はおなかの中の怒りを持っていて

出してもいい場面以外では

それを常に隠しています。

 

その怒りは人の気持ちが

本当には理解できないイライラと

その自尊心の低さから

自分は本当は存在価値などない、と思っていて

常に大きな不安と怒りに震えています。

 

 

ですがそれをどこでも出してしまうと

世間では受け入れられないことを

知っていますので

隠していることが辛いのです。

 

ですから自分よりも弱い人間や

逆らえない人間がいるときには

その人の何か悪い理由をこじつけて

怒りを発散させます。

何も理由がないのに怒りを発散させると

周りの人から受け入れてもらえないことは

知っていて

自己愛性人格障害の人は大変臆病なので

普段は奥に隠しているのです。

 

そして自分が尊大な人間だと思われるように

ふるまっているので

怒りを持っているようには見えません。

 

でも、自己愛性人格障害の人を

実際に知っている人は

自己愛性人格障害の人が、

イライラしているところや

ピリピリしているところ

怒鳴りつけたり、長時間叱咤しているところを

見たことがあると思います。

 

だから自己愛性人格障害の人は持っている

おなかの中の怒りを見たことがないという人は

ターゲットではないひとか

周りにターゲットがいない人です。

 

自分自身がターゲットではないとしても

ターゲットがそばにいれば

ターゲットにイライラをぶつけている

自己愛性人格障害の人を

見たことがあるはずです。

 

自己愛性人格障害の人の怒りは

周りで聞いていても怖いので

わかると思います。

 

 

自己愛性人格障害の人がもともと持っている

このおなかの中の怒りを発散させるのに

発散する理由がいります。

 

これが自己愛性人格障害の人の

イライラなので

あなたが彼を怒らせたわけではないのです。

 

これが分からないと

いつまでも苦しみ続けることになります。

 

だからあなたを怒るのに

本当は動機がないのです。

 

自己愛性人格障害の人は

自分のおなかにたまった怒りを

あなたの何かにこじつけて

あなたにぶつけます。

 

怒れる理由があれば何でもいいのです。

 

とても怒る理由とは考えにくいことでも

それを理由に怒ったといいます。

 

よくTiaraが言われたことは

なぜ彼が怒るのかわからないTiaraに

「俺がどうして怒っているのか

わからないんだね。もういいよ。」

と言って

連絡を絶たれていました。

 

この言い方なら

何もしていなくても何度でも使えて

しかも彼が不自然なことに

なかなか気づくこともできません。

 

自己愛性人格障害だった場合

動機は出てきません。

 

自己愛性人格障害の人は

嫌がらせを動機なしにやります。

 

これに対して被害者は

理由があって怒ります。

 

 

こんなことを繰り返されているうちに

悲しむ被害者が多いですが

怒る人も出てくるでしょう。

 

ですが、自己愛性人格障害の人が

理由を明確にしていない場合、

被害者もそれを説明することが出来ませんから

被害者のほうが

ほかの人からは悪く映ることもあります。

 

「あなたが彼を怒らせるようなことを

したんじゃないの?」

と言われることもあるでしょう。

 

だから、自分以外の人に相談しても

わかるわけがないのです。

 

自己愛性人格障害の人の怒りは

自分に対する怒りで

自分はそんな人間だと思うことに

耐えられないので

自分がしたことをすべて相手のせいにします。

 

だからあなたは自分がしていないことを

したことにされてでっち上げられ

しかもそれをしている本人から

責められるのです。

 

自己愛性人格障害の人を

まともに相手にしていて

さらに自分が悪いと思ってしまうと

非常につらい状態になってしまいます。

 

彼の罪はそっと彼にお返ししてください。

 

そのやり方は、あなたがしたんでしょ、と

はっきりということではなく

あなたはただ、自分がしていないことを

受けないだけでいいのです。

 

あなたは、責任感が強すぎるので

相手の責任まで

自分の責任にしてしまうようなところが

あります。

 

それが自己愛性人格障害の人にとって

非常に都合がいいのです。

 

そしてあなたはやってもいない罪を

背負うことになり

自己愛性人格障害の人に責められ

周りに責められ、

そしてあなた自身も

あなたを責めて、

追い詰められていきます。

 

よく考えてみてください。

 

それはあなたのしたことですか?

 

わざわざ敵対心を見せたり

あなたが怒りをもってイライラしたり

泣いたり、

苦しんだり、

悲しんだりする必要はないのです。

 

それは自己愛性人格障害の人の

心の中にあるものなので

あなたは受けないで

彼にそっとお返しをしてください。

 

自己愛性人格障害のひとは被害者の魅力を奪う

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

被害者の魅力を奪う

ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の被害者の中には

本当にひどい人もいて

彼から離れられない、

どんなに傷ついても

自分から彼のそばに

行ってしまう人がいます。

 

そんな人もよく話を聞いてみると

自己愛性人格障害の彼と出会う前は

とても魅力的な人だったことが

分かります。

 

お医者様だった方や

学校の先生だった人、

多趣味で旅行好きなひとだったり

友達も多く、いろんなイベントに

参加していたような

アクティブなひともいます。

 

いろいろな習い事に挑戦し

インストラクターの免許を

持っている人など

楽しい人生をおくっていた

魅力的なかたもとても多いです。

 

そんなひとが

自己愛性人格障害の被害に遭い

精神に大きなダメージを負い

混乱して何もできなくなり、仕事も辞めてしまって

部屋で1人、

ただ彼からの連絡を待つだけの人に

なってしまっている人もいます。

 

彼以外のことが

何も頭に入ってこなくなって

しまっているのです。

 

ひどい人だと

まだ自分から彼に連絡を取ってしまい

ののしられたり無視をされ

さらに傷つく、という行為を

してしまっている人もいます。

 

そんなに素敵な人を

こんなにしてしまうなんて

よほどひどいことをされたのだろうと

思ってしまいます。

 

それが世間の人にわかってもらえず

弁の立つ自己愛性人格障害の人のいうことが

信用されてしまうことが何よりも悔しいですが、

自己愛性人格障害の被害は

常識では考えられないことですので

信用されないのも無理もないと思います。

 

自己愛性人格障害という病気は、

病的なほど自尊心がなく

そのことが世間にばれると

恥ずかしくて生きていけないという症状により

ごまかして生きているわけですが

なぜかその真実よりも

肥大して尊大な自分を見せかけている方が

真実味を帯びてしまっています。

 

被害者自身も自己愛性人格障害の人に

惹きつけられてしまっているので

彼の理不尽な態度に気づいていながらも

自分を責めてしまい

どんどん傷ついていきます。

 

そして、魅力的だった被害者の魅力はなくなり

どんどん落ちぶれていってしまうのです。

 

まるで自己愛性人格障害の人が

被害者の魅力を吸い取っているかのように

自己愛性人格障害の人は

被害者をつぶすたびに高揚し、

目をキラキラと輝かせて

いるように見えます。

 

ですが、自己愛性人格障害の人も

その苦しみは人をつぶしたからと言って

消えるわけではないのです。

 

人前では、

尊大な自分を見せつけていないと

嫌われることへの極端な恐怖から

逃れられないので

とても感じのいい人見えますが、

実は1人になったときや、

自分が信頼できる人の前では安心して

脱力することができますので

極度の不安状態におちいっているのです。

 

その状態が彼の素の姿で

本来の自分がなく、極度のたまった怒りだけです。

 

それが安心できるターゲットにのみ

ぶつけられるので

本当に怖いのです。

 

 

それでもその大切な

ターゲットに逃げられることは

怖いので

優しく大事にして自分の魅力を魅せつけ

引き寄せながら

自分のたまった自分でもよくわからない怒りを

ターゲットにぶつけます。

 

だからそのパワーは絶大で

人に寄り添いすぎる被害者は

恐ろしいほどの体験をしなければならないのです。

 

そして魅力的なあなたの

魅力も幸せも周りの人間関係も

すべて奪われていくので

あなたの精神は壊れていってしまうのです。

 

自己愛性人格障害の人に選ばれたあなたは

幸せだったはずなのに

いわば自己愛性人格障害の人の

犠牲者にならなければならなくなるのです。

自己愛性人格障害とは性格の一種である

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害もサイコパスも

共依存もすべて病気という名の性格の種類

ということについて

お話したいと思います。

 

 

昔は特に病気だと認識されていなかったものが

近年では病名がついて仕訳されてきたので

昔は分かりにくかったことも

今ではずいぶん分かりやすくなっています。

 

自己愛性人格障害も共存も

サイコパスも世間の人は面白がって興味を持ちますが

人間関係で悩んでいる人が

ただ単に分かりやすく病名を付けて

分かりやすくしたものだと思います。

 

 

特に、病気だと言って怖がるものではなく

むしろだれでも何らかの病名に当てはまると思います。

 

何が正常で何が異常だということではなく

人間の個性というものを分かりやすく

種類別に仕分けたものだとTiaraは思っています。

 

いろいろな病名に分けられたことで

分かりやすくなっており

それぞれの個性が大変分かりやすくなっていますので

今まで苦しんでいた人も

本人も

その人と関わる全ての人が

理解できてどういった人には

どういう対応をするべきなのか

分かりやすくなると

大変生きやすくなると思います。

年齢が若いとまっすぐなのと同時に

信じたい気持ちもあり

正義を信じてTiaraの話を受け入れがたい人もいると

思いますが

これがTiaraが今まで逃げずに

真剣に人と向き合ってきたからこそ

分かったもので

若いころは確かに人格障害なんて

受け入れられなかったと思います。

 

でも逃げないかったせいで

今人間の真実が分かるようになり

そんなにいろんなことが怖くなくなりました。

 

苦しんだ分

しっかり身について

周りにいる人の感情や言葉も

ある程度どうしてそうなってしまうのか

分かるようになりました。

 

自己愛性人格障害の被害に遭った人は

本当に不幸だと思うのですが

自己愛性人格障害の事を理解できてくるようになると

人間の感情の本質が分かるようになり

意味もなく怒る人がいる、ということに

気づいてくると、自分に原因があったわけじゃないんだと

納得できてくるので

これ以上自尊心を傷つけなくて

済みますし、

自分の感性に自信を持って生きられるようになります。

 

しかも、今までよりも

今まで生きてきた中で、

起きてきた理不尽な出来事にも

納得できますので

自分に自信ができて来るのです。

 

自分に自信ができてくると

いろいろなことを

冷静に判断できるようになりますので

周りの人に分かってもらわなくても

堂々としていられ、しっかりと

地に足をつけて歩いていけるようになります。

 

そして誰かの助けがいらなくなり、

本当に自分と気の合った人とだけ

つながりたいと思うようになりますので

無理して人間関係を続けなくてもいいことに気づきます。

 

自己愛性人格障害のことを知ると

人間関係に

無理をする必要はない、ということに

気づけるようになるでしょう。

 

 

今はまだ、苦しいかもしれませんが、

その特徴が自己愛性人格障害のひとの

感情の流れだと本当に理解できるようになると

仕方のないものだということも

納得できるようになると思います。