自己愛性人格障害の被害から逃れるために心がけることとは?

こんにちは♡

今日は自己愛性人格障害の人に

都合のいい世の中

という事について

お話ししたいと思います。

 

実は今までの世の中というのは

自己愛性人格障害の人に

都合よく作られています。

 

なぜ、そのようなことになっているのか

と言いますと

戦争に都合のいい教育が

そのまま

長年続けられているからなのです。

 

昔日本でも

第二次世界大戦までは

人は15歳になると

健康な限り、徴兵令というものが

存在しました。

 

位の高いものが

自分達の命を守る為に

都合のいいように

下のものが上のものに

逆らわないように

物事の善悪を決めていました。

そして、それが

正しい事だと

教育されてきた人たちが大人になり、

子供ができて、その考えをまた、

正しい事だと教えて、

普段、あなたは

あまり意識していないかもしれませんが、

上のものに従うことが正しい事だと

なんとなくみんな思うことが

常識のようになっています。

 

ですが、上に立つものが

正しいことを言っていない場合もある事は

気づいている人もいますよね。

 

そこで

その人が上に立つ人に逆らって

言い方やその表現の仕方では

その人が悪い様にされたり、

または認められて

上の人が考え方を改めたりしています。

 

ですが、大体は

ほとんどの方が常識に従って動いているでしょう。

 

自己愛性人格障害の人は

無意識に

この常識と言うものを使いながら

自分が悪く見えないことに全力を注ぎながら

その場の都合に合わせて

言うことをコロコロと変えることができるので

その場その場で自己愛性人格障害の人が

正しいことを言っているように見えるのです。

 

だから自己愛性人格障害の人は

一見すると

常識的な人間にみえ、

人格者であり、立派な人に見えます。

 

周りの人は

人のことをそんなに深く考えていないので

大体の人の事をイメージで捉えています。

 

だから自己愛性人格障害の人が

ターゲットに

ひどいことをしていても

気付かないのです。

 

また、被害者になるような人は

本当に善人が多いので

相手のいいところを探してしまうし、

自責の念が強いために

自分の悪いところを探して

相手に寄り添います。

そして、

自分でもひどいことをされていると

認めたくないので

たまたま機嫌が悪かったのかな?と

許してあげようとしたり、

一旦は受け止めても

そういう時もあるよね、と

人のことは簡単に許してしまいます。

 

相手が普通の人ならそれで良いのですが

もし、相手が

自己愛性人格障害だったとしたら

これが大変な事になります。

 

悪いことがあればそれは全て被害者のせいにされ

いい事があると全て

自己愛性人格障害の人のおかげになります。

 

 

いい事も悪い事も両方起きたりしますから

いいことが起きるたびに

自己愛性人格障害の人のおかげになり、

またあなたもそれを認めてしまうため

自己愛性人格障害の人の印象はどんどん上がっていき

悪いことがあるたびにあなたのせいにされ

あなたもそれを認めてしまいますから

あなたは何もしていなくても

いい人がゆえに

どんどんイメージは悪くなっていきます。

 

なんでも

「ごめんね。わたしがいけなかったの。」

といえばまるく収まるわけでは無いのです。

 

あなたの人の良さが

まさに

自己愛性人格障害の人が

貴方のイメージを悪くするのに

好都合なわけです。

 

そして印象の悪くなったあなたのことを

自己愛性人格障害の人が責めていても

周りのイメージは

自己愛性人格障害の人の方が

正しいとされていますので

あなたが叩かれていても

誰も見向きもしなくなります。

 

そのため、自己愛性人格障害の人は

堂々と

あなたに

自分の心の中の怒りを

ぶつけることが出来るのです。

 

こんな恐ろしいことになりたくなかったら

きちんと物事を判断してください。

 

被害者体質の人は

事なかれ主義の人が多いのですが、

自分が悪者になる事で

物ごとをまるく収めようとします。

 

ですが、今後は

めんどくさいようですが

いちいち1つ1つの出来事に対して

これは自分が責任を負うべき事なのかな、

と考えてみてください。

あなたが負うべき責任でないことは

受けないようにしてください。

 

これを言うと

私じゃない!

と声を荒げて今までとは

極端に真逆の対応をしてしまい、

自分の立場を

さらに悪くしてしまう被害者が

よくいるのですが

これはやり方がまちがっています。

 

自己愛性人格障害の人に

敵対心を見せてしまうと

これまで以上にたたかれる

原因になってしまいますので

絶対に敵対心を見せないでください。

 

自己愛性人格障害の人に

敵対心を見せてしまうと

とても恐ろしいことになります。

 

あなたのせいでない事は

そっと相手にお返しをしてください。

 

あなたは引くだけでいいのです。

 

これがイメージしにくい人は

その場は黙って

ちょっと驚いたような顔をして

後ろにすこしだけ引いてみてください。

 

え?!

と驚くような感じです。

 

自己愛性人格障害の被害に合っていると

理不尽な気持ちがどんどん溜まっていきますから

初めはあなたの優しさから

折れてあげているかもしれませんが

ずっと我慢していると

被害者の方が攻撃的になってくる事があります。

 

周りの人はそれをみて

さらに被害者のほうが

悪く思ってしまうのですが

Tiaraは見ていて

それが本当はどちらが悪いかわかります。

 

ですが、ほとんどの人は

そんなことを知っている人はいないので

被害者の方が悪者にされて

立場はさらに悪くなります。

 

そうならないためにも

他人の罪を

ずっとかぶるのはやめましょう。

 

自己愛性人格障害の被害者になるような人は

自分が傷つくことへのブレーキが壊れていますので

自分が酷いことをされることは

わりと平気です。

 

ですが、本当は心の中で

積み重なっていきますので

気付いた時にはあなたが

深く傷ついていることに気づくでしょう。

 

そうなってからでは遅いのです。

 

普通の人は

自分が傷つけられることに

あなたよりも敏感です。

 

きちんと自分の身を守っているのです。

 

普通の人にトラブルがないのに

あなたには

あなたが何もしていないのに

トラブルばかり引き起こされている時は

この自分が傷つけられるブレーキを

直さなければいけません。

 

あなたには

自分を守る力が足りません。

 

あなたが自分で自分の心を守れないと

あなたは無意識の内に

あなたを守ってくれる存在を

探してしまいますが

あなたの周りには

いい人ばかりではありませんし、

残念ながら

あなたのような人の周りには

自己愛性人格障害の人が

寄ってきやすいのです。

 

人は自立したもの同士がくっついて

初めて幸せになれるものだと思っています。

 

あなたの心はあなた自身で守れるように

今日からあなたを少しでも傷付ける人を

寄せつけないでくださいね。

モラハラの被害を受け続けている人は、だんだんと他人に対して攻撃的になっていく


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとから

モラハラの被害を受け続けている人は

だんだんと他人に対して攻撃的になっていく

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

モラハラの被害を常に受け続けていると

だんだんとあなたの方が

ストレスが溜まっていき

自分でも気づかないうちに

自己愛性人格障害のひとではない

関係のない他人に

だんだんと攻撃的になっていきます。

 

彼からは嫌われてしまうのが怖いので

彼に逆らうことができないのですが

その分どんどんあなたの中に

フラストレーションがどんどんたまっていき

だんだんと日常的に

イライラするようになります。

 

自己愛性人格障害のひとから向けられる

攻撃が理不尽なものだとなんとなく分かっていても

自分のほうにそういう態度に出られる理由に

納得ができていないので

少しづつイライラするようになるのです。

 

 

そして、その怒りをあなたはなぜか

自己愛性人格障害のひとには

その怒りを向けられないので

なんとなく日常的にあなたは

イライラをおなかの中に変えやすくなるのです。

 

これは、あなたが

普通のひとよりも優しいために

我慢してしまうため

そのせいで余計にイライラが

たまってしまうのです。

 

それでも自己愛性人格障害のひとは

容赦なくあなたを攻撃してきますから

あなたはだんだんと怒りが

爆発しそうになってくるまで

あなたを攻撃することをやめません。

 

自己愛性人格障害のひとは

いくらあなたが優しくても

どれだけでも限度なく

落ち込ませるようなことを言ったり

あなたの自尊心や品格を

損ねるようなことを言ったりするのです。

 

そのままあなたが我慢をし続けてしまうと

自己愛性人格障害のひとだけでなく

あなたに優しくしてくれた人たちにまで

あなたは攻撃的になってしまうので

だんだんとあなたから人が離れてしまいます。

Tiaraの恋愛相談室を訪れる方にも

あまりにも彼にイライラするために

攻撃てきになってしまったという人は

ごくたまにお見えになります。

 

でも、その中でも

別れた彼に怒りをぶつけることができた人は

まだ自尊心を失ってはいないので

彼が自己愛性人格障害だと気付いた後は

意外とさっぱりとしているのです。

 

自己愛性人格障害の彼とは離れたくないあなたは

あなたのことを分かってくれる人に

あなたのその怒りをぶつけてしまうのです。

 

自己愛性人格障害の被害にずっと遭い続けてしまうと

あなたの心がどんどんすさんでいきます。

 

あなたは本来普通のひとよりも優しいのに

あなたが攻撃的になってしまっては

誰もあなたのことを

救ってあげることができないのです。

 

 

こうなってしまうと

被害者のほうが

だんだんと魅力を

失っていってしまうのです。

 

我慢できないときは

黙っていてもいいことは何一つないでしょう。

 

かといって面と向かって注意してしまうと

今度は自己愛性人格障害のひとから

敵認識されてしまいますから

本当に怖い目に遭ってしまうのです。

 

あなたは

自己愛性人格障害のひとのために

輝きを失ってしまうのです。

 

もう少し早く

あなたは自分が傷ついていると

考えるべきなのです。

自己愛性人格障害の人は自分が何をしているのか本当はなんとなくわかっている

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は

自分がなにをしているのか

なんとなくわかっている

ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人は

自尊心があまりにも低いことに耐えられず

他人を自分よりも下に見て

自分を持ち上げようとしますが

そのたびに他人をつぶしてしまいます。

 

それは、自分の生きる価値を

必死に作り出そうとして

無意識にやっている行為なのですが

たまに気づいている自己愛性人格障害の人を

見かけます。

 

 

自分でも、何となく付き合いが

長続きしないことを分かっていて

関係性が深くなりそうになると

距離を置こうとするひとを

回避依存症と言います。

 

関係が深くなり、

自分が激化することが怖いのです。

 

回避依存症とは束縛を嫌い、

本当の自分が見せられないと

いわれていますが、

自己愛性人格障害の症状と非常に

よく似た特徴を持っていることがあります。

 

その場合、自分が関係性が深くなると

激化してしまい、本当の自分を魅せるほど

関係を深くするのが怖くて

逃げてしまうのではないかと思います。

 

Tiaraの自己愛性人格障害の元彼も

自分で「これ以上続くと俺がもたない。」と

言っていたことがありましたが

その時は何を言っているのか

よくわかりませんでした。

 

そのあとしばらくして激化したわけですが

あの段階で別れていれば

自己愛性人格障害だと

気づかなかったかもしれません。

 

回避依存症と自己愛性人格障害の

類似する特徴も多く

もしかしたら回避依存症とは

自分が自己愛性人格障害だと知っていて

激化して醜いところを見られる前に

離れてしまおうとする人たちのこと

ではないかと思います。

 

この症状がもっと続いて

自分の異常性に気づき

何とか自分で抑えようとするところまで来ると

治療ができる段階まで来るのかもしれません。

[ad#co-1]

それには本人の自覚と

自分の症状への恐れ、

人との関係を壊してしまうことへの恐怖を

克服したいと願う本人の強い意志が必要です。

 

そうすると自己愛性人格障害よりも

もっとつらい状況を味わうことになるのですが

この段階まで来ることが

治療の第一歩と言われています。

 

自分がひどいことをしていることを

自覚してしまうと

自分が尊大な存在だと認めていないことになり

虐待を自覚をすると自分が

ひどい人間だと認識することになりますので

麻薬患者を治療するのと

同じくらいの苦しみを

味わうといわれています。

 

 

中には自分で自己愛性人格障害だと

気づいている人たちがいるので

気づいている人が

一番苦しんでいるのかもしれません。

 

自分の中の怒りを抑え、

周りにいる人に危害を加えないように

平穏を保って知ることは

何よりも難しいでしょう。

 

自己愛性人格障害とは

本人も知らない間になっているものであり

幼いころの体験が原因と言われています。

 

あなたにもし子供が出来たときには

暖かい愛情を込めた環境を

子供の為に用意してあげることが

必要不可欠であり

そうでない環境の場合は

その子の将来を考えると

子供は作るべきではないとTiaraは思うのです。

自己愛性人格障害の人の攻撃を受けない方法

こんにちは♡

今日は自己愛性人格障害の攻撃を

受けない方法について

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとの嫌がらせは

無視や揚げ足とり、

からかいなどがありますが、

理不尽にこれをされることにより

ショックをうけます。

 

あなたがショックを

うけることによって

すこし高揚し、満足します。

 

でも、その満足はほんとうに一瞬で

またすぐにわきあがって来るので

彼の気分が悪い時に

彼が一番安心できる人に向かって

嫌がらせ行為をします。

まず、自己愛性人格障害の人に

突然怒られたり、

あなたがやっていないようなことで

責められたりするので

びっくりしてしまうことが、

彼に対する恐怖を

強めていると思います。

 

あなたの予測不可能な行動や

心理を彼がもつので

訳が分からなくなり

びっくりするのです。

 

人は

分からないものには

恐怖心を持つのです。

 

もし、はじめから彼がやる行為について

予想していたら

彼が突然怒りだしても

心の準備ができているので

前よりは怖くないと思います。

 

だから自己愛性人格障害を理解することで

彼がしてくるだいたいの行動を

読めるようになると思います。

 

そうすると、

彼が攻撃を仕掛けてきても

今までよりは

少し冷静に対処できると思います。

 

あなたがショックを受けて

彼をどうして怒らせてしまったのか

悩んだり

あなたが悪いと、自分を責めてしまっていると

あなたはだんだん彼といることが

苦しくなってきます。

 

だから彼とあなたの関係の味方を

変えてみて下さい。

 

もともと自己愛性人格障害の人は

怒りをかかえて生きているので

おなかの中にその怒りを隠し持っています。

 

それを

ぶつけても自分から逃げていかない人に

ぶつけてストレスを

発散させているだけなのです。

だからもともとあなたが何かしたから

彼が怒った、ということではないのです。

 

共依存症の人は

すべての責任は自分にあると

考えがちです。

 

少し冷静に考えてみて

本当に自分が何かしたのかを

考えてみてください。

 

自己愛性人格障害の人は

もともと何があっても他人のせいにします。

 

そんな人が共依存症の人のそばいいたら

共依存症の人は

常に何もしていないのに

自分を責め続けてしまいます。

 

それでは共依存症の人はたまりません。

 

でも苦しくなる原因は

自分の中にあって

よく考えもせず、すべての責任が自分にあると

思い込むことです。

 

そんなことをしたら

イライラした人に

感情をぶつけられただけなのに

自分が何かしたからではないのか、

と永遠に考え込んでしまうし、

自己愛性人格障害の人にしても

あなたに責任をなすり続けていれば

すべての責任から逃れることが

できます。

 

そして自分は人に

感情や責任を押し付け続けてしまい、

変われるチャンスを無くしてしまいます。

 

 

お互いに潰しあうことになるので

自己愛性人格障害の人の怒りを

ぶつけられているだけだと

理解しましょう。

 

それが分かってくると

自己愛性人格障害の人に

八つ当たりをさせても

冷静に見ることができます。

 

つまり自己愛性人格障害の人の

責任を受けないで済むので

あなたは幾分楽になれます。

 

あなたが冷静になれると

彼からの攻撃に堪えることもなくなるので

自己愛性人格障害の人が

1人でやっていることになります。

 

 

それを繰り返していると

自己愛性人格障害の人も

何も高揚感を感じることができないので

あなたに攻撃するのをやめてしまいます。

 

メリットのないことはやらないのです。

 

自己愛性人格障害の彼に攻撃されて

たまらない人は

一度この方法を試してみてください。

関係が深くなると離れようとする彼の心理について

こんばんは♡

今日は、関係性が深くなるとなぜかそっけなくなったり

連絡が途絶える回避依存症についてお話ししたいと思います。

 

 

最近、Tiaraのサイトを訪れて恋愛相談をされる方が爆発的に増えて

1人1人対応をしているところですが、1日に来る件数があまりに多いため、

予約制とさせていただきます。

 

Tiaraは1人しかいません。

他にTiaraと同じように自己愛性人格障害の人に

詳しい方がいれば分散できるのですが、

今のところ、それは無理ですので、なるべくみなさんに

お答えしていきたいと思っていますので

ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。

悩みが深いため、Tiaraにしか分からないことを真剣にお伝えするため

お時間がかかってしまいます。

ご協力のほど、よろしくお願いします。

 

お待ちになっている方は、もうしばらくお待ちくださいね。

 

ご希望の方は、サイト上部のメニューバー「Tiara恋愛相談室」より

必要事項、ご記入の上、お申込みください。

 

Tiaraが、あなたの例1件1件、真剣に解決の糸口までご案内いたします。

その中で、彼の症状が、自己愛性人格障害だけでなく

回避依存症の症状もある方がお見えでしたので、

少しお話しさせていただきますね。

 

回避依存症と自己愛性人格障害は非常によく似ていて

少し特徴の違うものです。

 

関係性が深くなると、自分の気持ちが強くなってしまうのも

相手のの気持ちが強くなってしまうのも怖くなり、不安になってしまい

離れてしまうという症状です。

 

回避依存の男性が社交的な場合、

関係性が深くなりそうになると、すぐにほかの人に

声をかけて逃げてしまうので、

他人から見たら、浮気性の男性、という風にも見えます。

 

ただし、回避依存の男性は、ただの女好きな男性とは

ちょっと違うのです。

 

回避依存症の人は、関係性が深くなってくると

怖くなり、何かと用事を作ったり、体調が悪い、などと言って

あなたと会うのを避けようとします。

 

自己愛性人格障害の人の中に

回避依存の症状も持っていると、

あなたを口説いてあなたが夢中になると

コントロールしたくなって嫌がらせをしてしまうのですが、

自分が激化して、彼女を潰してしまうことが分かっているため

それが怖くて関係性がこれ以上、深くならないように

あなたを避け始めます。

自己愛性人格障害の人は

突然なるわけではなく、

幼いころから、ずっと同じことを繰り返しているので、

自分でもなんとなくこれ以上一緒にいるとあぶない、という

タイミングが分かります。

 

それで、

別れ話をしたり、ほかの女の子と親しくなり

ターゲットをほかに移すことによって

あなたへの激化を避けるのです。

 

これが回避依存であり、どちらにしても

一緒にいると激化して同じことを繰り返すので、

一緒にいることは避けたほうがいいでしょう。

 

どちらにしても激化した後は、

自己愛性人格障害の人も、苦しんでいるのです。

 

ただ、彼にもそれを止めることはできません。

 

自分の意思ではコントロール不可なのです。